スズキ スイフトスポーツ 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル

スイフトスポーツ 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフトスポーツ 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ベースグレード 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 34人
ベースグレード (MT) 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 66人
満足度:4.64
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:110人 (試乗:41人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.14 4.34 84位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.90 3.93 79位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.66 4.13 33位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.65 4.21 21位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.15 4.05 96位
燃費 燃費の満足度 4.16 3.89 34位
価格 総合的な価格の妥当性 4.77 3.88 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:169人
  • ファン数:5人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

ATの試乗車があったので、試乗してきました。
この車の評判がよく、マニュアルミッションに乗りたかったのですが、あいにく、ATでした。
しかし、乗ってみて目から鱗でした。
パワーのある車は、マニュアルミッションだと、クッラチの使い方に気を使います。特に、1速走り出しの時です。
しかし、ATなので、アクセルにのみ気をつければいい。
このトルクのあるエンジンにATは最高ですね。
ターボによる低速のもたつきは感じられませんでした。
しかし、気になったのは、ブレーキ。出だしから、効き過ぎてビックリしました。
試乗の後半では、少し慣れましたが、雪道では効き過ぎてちょっと、不安です。
しかし、総じて考えるに、ATだと、ストレスフリーで低速運転でも、楽しいです。
タイヤは、コンチネンタルの195/45R17でしたが、乗り心地が良くて、ほんと、何時間も乗っていたかったです。
思い出すに、この車にのった瞬間に、あまりに楽しく、あばたもえくばで、客観的に見れませんでした。
この車はATでも、峠にいったら絶対楽しいと思いました。
たぶん、ライバルは同じスイスポのマニュアルミッション車でしょう。
今度は、マニュアルミッションを試乗したいと思います。
しかし、スズキさんは、安くて楽しい車をつくりますね。感心しました。


レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

手羽先くんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

10,000kmを走った時点で6ヶ月点検を受けてきました。
こういうレビューを書くのは初めてなので、文章に変なところがあったらすみません。これから購入しようと思われてる方の少しでも参考になれば幸いです。

まず、自分は先々代(XG)、先代(RS)と乗り継いで今回が3台目のスイフトです。と言っても特にスイフ党といったわけでなく、なんとなく選んでいったら結果としてスイフトが続いた感じです。今回はVWポロにするか相当悩みましたが

・ポロの通常グレードは3気筒の上、リヤがドラムブレーキ
・ポロのRライン(1.5L 4気筒)でスイスポと同じくらいの動力性能だが価格はおよそ90万高くなってしまう。
・今回のスイフトスポーツも海外に輸出されてるがイギリスだとベースが270万円相当。日本の値付けが破格に安い

といった理由でスイスポになりました。他にもデミオやXVなど魅力的なクルマも候補だったのですが、今後ほとんどの車がハイブリッドか電気自動車になりそうで、今のうちにスイスポのようなにガソリンターボ車に乗っておかないと、何年後かには乗れなくなってしまうのでは、という思いもありました。

納車は3ヶ月かかりました。別車種のリコール問題と、GW10連休があったためみたいです。

さて、5ヶ月10,000kmを乗っての感想ですが、とても軽いスニーカーを履いているような気分で非常に爽快です。ある自動車評論家の方が"まるで軽量・筋肉質のアスリートにおんぶしてもらっているような乗り味"と表現されてましたが、まさにその通りかと思います。

トルクがすごく、先代RSで感じた非力さはまったくありません。ターボのレスポンスも早く、極めて快適です。また、ブレーキはかなり強力です。

乗り心地はやや硬く、タイヤの影響も大きいとは思いますが、これについては先代RSのほうがしっとりしなやかで良かったなあと思います。また、さまざまなレビューにある「ステアリングの中立位置が微妙にあいまい」というのはその通りだと思います。とは言え、他の部位の出来が高いので、比較してそう感じるだけかもしれません。

インテリアの赤の加飾は悪くなく全体に上手にデザインされてます。スピードメーターは260km/hまで刻まれてますが見づらいです。逆にタコメーターは目盛りが細かすぎてどちらも読み辛いのがちょっと。また、D型ステアリングは形は凝ってますが、下半分が樹脂なのは残念です。毎日触るところなので、全面を皮で覆って欲しいですね。マルチインフォメーションディスプレイは何種類かに切り替わりますが、意味不明なものも多く、ほぼオモチャです。でも子供のオモチャっぽいところは面白く、決して嫌いではありません。

安全支援装備はややもすると過剰反応も多く、たくさんの人が指摘しているように煩わしいです。でもこれはスイスポの問題というより、これらの装備やインフラがまだ過渡期なんだろうと思います。

日常の使い勝手ですが、ヘンテコな位置のリヤドアノブは実際使ってみるとむしろとても便利で、こちらの方が良いんじゃないか…と思います。カバンを持ったまま開けやすいです。また、スイフトの伝統的な短所である狭いトランクスペースは断然広くなり、相当パッケージングを工夫したんだろうな…と技術者さんに涙が出る思いです(笑)

ただ、トランクスペース確保のためか、ガソリンタンク容量が減らされ37Lと、軽並みです。燃費は通常13-15km/L、高速18km/L(満タン法)と悪くないのですが、頻繁に給油する印象です。ちなみにメーターディスプレイの燃費計の精度はかなり上がり、満タン法との誤差は0.3km/L程度です。

フルノーマルで乗ってますが、エンジンオイルを高いのにすると、とても良いです。パワー+滑らかさが上手く引き出される感じです。

総合的に、どこにお金をかけてて、どこはチープで良いか分かる車で、そういう設計理念がハッキリ分かる製品として素晴らしいと思います。楽しいです。

使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
愛知県

新車価格
194万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Demio Sportさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
660件
カーナビ
2件
100件
ドライブレコーダー
1件
49件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
   

Zero Water 雨天時

   

平成30年1月13日に納車され20,000qに達したので再レビューします。

【エクステリア】
チャンピオンイエロー4のボディカラーは、試乗車がシルバーだったので、実車を確認せずに決めましたが納車されてみると、蛍光イエローに近い鮮やかな色なので、手入れは大変ですが満足度は高いです。

虫が付くとか色褪せするといった前評判でしたが、洗車後に虫が寄ってくることはありますが、色褪せは今のところありません。

納車当時は撥水性のガラスコートを施工していましたが、現在はZero Waterの親水タイプを使用しています。

【インテリア】
黒を基調として赤の差し色を使用してスポーティーさを表現しており、200万円以下のコンパクトカーとしては良くできていると思います。
シートの着座位置が高めで最低に調整しても、最初は違和感を感じますが、慣れれば問題ありません。

【エンジン性能】
何度か高速も利用しましたが、トルクがあるので流入の際の加速もよく、ACC使用時も車間も的確に保ってくれるので快適でした。

【走行性能】
エンジン、脚回り、ブレーキ性能が上手くバランスされ毎日の通勤も楽しめます。

【乗り心地】
普通のクルマと比較すると硬めですが、このてのクルマとしては快適な方だと思います。
第二東名を使用した際に120km巡航しましたが、110kmまでとはうって変わって室内騒音が喧しく不快でした。

【燃費】
片道20qの通勤メインで、納車時からの通算燃費は満タン法で13.84km/L
10,000km時にリセットした車載燃費計は14.6km/Lを表示しています。

【総評】
運転が楽しめるクルマが少なくなった最近では、車両価格が200万円以下でこれほど高性能なクルマはないと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
千葉県

新車価格
194万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった55人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

愛一郎さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
177件
スマートフォン
3件
15件
ゲーム機本体
0件
12件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

レビォーグからの乗り換えです。CVTが最悪でした。
試乗は、MTで行いました。ATの評判が良かったので
通勤でも、渋滞がありますので、ATにしました。
まだまだ、納車 1週間ですので回していません。

【エクステリア】
先代からのキープコンセプト、すれ違ってもどっちか区別が付かないです。
ボリュームがあるデザインです。
【インテリア】
これは、200万円の車ですので、こんなもんかな
とにかく、いろいろな計器の表示が見づらいです。(小さい)
特に、速度計が見づらい(260km もいらないでしょう)
ディスプレイ表示ですが、未だしっくりくるものが無い。
室内灯が無い(運転席の所にあるものと兼用)
ミラーにヒーターオプションが選択できない。(これは、改善願いたいです)
【エンジン性能】
未だ、回していませんが、試乗でも思ったのですが
ターボが効いているのが、判らない。レビォーグはドッカンだったので
低回転からパワーが出ています。
【走行性能】
そこそこ走ります。
【乗り心地】
硬めですが、それほどの突き上げ感はありません。
【燃費】
100kぐらい走って、15km/lぐらいの表示になっています。
【価格】
適正価格だと思います。
【総評】
やはり、軽いのが一番です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
岩手県

新車価格
194万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

chibirin大魔王さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア4
インテリア1
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地1
燃費3
価格3

他の方のレビューを見て、買い替え検討で試乗。

ギアを入れて動かした瞬間から、こりゃあかん…と感じました。
節度感の無いミッションはまるで20年前のインプレッサのよう。
ゼロ発進はスルスルいくも、踏み込んだ瞬間のスカッ!としたレスポンスは壊れているのか?と営業に確認したくらい酷い。
シフトダウンで空吹かしすると、スカッ!のせいで全く回転が合わせられない。
ハンドリングも一昔前のシビックレベル。
あれを軽快でよいと言うのなら、軽自動車でも満足するのでは?
乗り心地をどうこう言う車ではないけれど、ヒョコヒョコした落ち着きのない足回りでスポーティではなく、安っぽいだけ。

良いのはワイドフェンダーでマッシブな外観だけですね。
質実剛健的な走りを期待していましたが、180度違う車でした。

残念ですが検討対象にすらなり得ません。

これなら中古のCR-Xでも買ってレストアしたほうが数段まし。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カラオケ爺さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
2件
レンズ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格4

今まで52年間で初めてトヨタ車以外の車を購入いたしました、22歳でカローラースペシャルを新車37万円で購入して今まで15台の車を乗り継いで来ました、

この車を購入する前はプリウスでした、年齢的にこのプリウスで最後と思いましたが、ひょんな事から近くのスズキアリーナーでスイフトスポーツZC33Sに試乗してもうたまらずこの車が欲しくなりました、直ぐに契約プリウスの下取り価格もよくて契約書に印鑑を押して正式に契約2月10日でした、車が来ましたのが6月15日納車までが長かったです、

早速遠乗りです、月に何度か行きます山の頂上にある温泉です、カーブが続く最高のドライブです、改めてこんなに運転が楽しくなる車は初めてです、いい車とはこの年になって初めて体で体感できました、

室内がゴージャスで装備が満載で運転席が飛行機の様な機能、エァーサスぺションで制御、こんな車を乗ってきました私がこの年になって初めて運転の楽しさが味わえる車に出会えました、特に道路は舗装されています山道を走るのは最高です、もうあと20歳も若ければマフラーを取り換えていますが、今は近所の事もありますので残念です、2日かけてガラスコーティングも致しました、
この車に出会う前は運転が嫌な日が毎日でしたが、スイフトスポーツZC33Sで車の運転がまた楽しくなりました、でもくれぐれも安全運転です、若いお兄さんに横に着けられても目をそらして無視です、

セーフティパッケージ全方位モニター用カメラパッケージ取り付け(ナビ8インチ)
ドライブレコーダー レーダー探知機取り付け

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
愛知県

新車価格
194万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった101

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コメコメ丸。さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:1693人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
15件
26件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
5件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
   

航続可能距離が…

   

スイスポに乗り始めて二か月間,気づいた事を書いてみます。

まずいい所

やっぱり運転していて楽しい。重さをほぼ感じないので峠を走ると軽快に走れます。(コーナー楽しい)
お買い物車としても使用できる。そこそこ荷物も積めるので買い出しなどもOK

エンジンにトルクがあるのでテンポよくシフトアップしていけます。大人四人乗車時でも余裕があります。
そして以外に燃費がいいかな?燃費は気にせず以前のポロGTI、デミオDと同じようなペースで走行しています。

ちなみに車の燃費計はポロGTIは14キロ、デミオDは20キロ位でした。スイスポは17キロ位です。
まだまだ、スイスポのポテンシャルを発揮出来ていない事なのか…
そしてブレーキの制動力がすごい。デミオDのブレーキの制動力は不満でしたがスイスポは文句なしです。

気になる所

燃料タンクが小さい。(航続可能距離が短い)デミオDの航続可能距離が800キロが当たり前だったので600キロ位は行ってほしい。あと5リットルタンクを大きくしてくれないかな?
自動車用ガソリン比重 0.75位だからタンク重量も合わせてもそんなに重くならないはずなんだけど。

マルチインフォメーションディスプレイに速度をデジタル表示してほしい。どうしてもタコメーターに目が行ってしまうので速度を把握しにくい。デジタル表示なら瞬時に把握できるので。

後退時の音が欲しい。バックする時は無音なので違和感がある。ドライブポジションからハザードスイッチが遠い。結構、押すのに苦労してます。

スズキさん、マイナーチェンジでお願いします。

こいつ以前の試乗レビューではスイスポの事、絶賛していたのに何言ってるんだ?
と思って方もいると思いますが、個人的に運転が楽しすぎました。

試乗後に家に帰って色々悩みました。今乗っているデミオDもとてもいい車です。

頭の中で天使がデミオはまだまだ乗れる乗り換えなんてダメ!と言い
逆に悪魔が欲しいんだろ?買っちまえよと囁きます。
普通の人なら天使と悪魔が大乱闘?すると思いますが自分の場合サクと悪魔が勝ってしまいました。

気が付いたら連休前に納車になっていました。( ´艸`)
まだ、余り走れてはいませんが気が付いたことを少し書きます。

ギアの入りが意外に渋い時がある。ドライバーがへたくそなのを考慮に入れてもなかなかね。
試乗した車は走行距離が結構いっていたのでスコスコ入ったのですが・・・その内に当たりが出てスコスコ入ってくれると思います。

エンジンはトルクフルで扱いやすいです。5速に入れたままでもそこそこの坂道も何事もなく登っていきます。
インフォメーションディスプレイをブースト計にして見ていると、普通に周りの流れに合わせて走行している時はブーストが掛る時がほとんどないです。

迷惑にならないところで少し踏み込んでみて、純正のマフラーも結構いい音を奏でてくれます。
車に詳しくない人から見たら、見た目は普通のコンパクトカーです。
本当に羊の皮をかぶった狼です。でもそこが好きなんですよ。

最後にデミオに使っていたアームレストの根元を少し加工して取り付けてみました。シフトチェンジやサイドブレーキ引くときも邪魔にならずなかなか良いです。

燃費を気にするような車ではありませんが、周りの交通の流れに合わせたときは意外にいいです。
満タン法との誤差がどの位あるかは解りませんがこのくらい走ってくれるのなら満足です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった94人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トイレットペーパさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

この車の評価をご覧になられているおかたは運転が楽しくて窮屈感のないホットハッチをお探しですよね?
なので見た目や使い勝手は省きます。
使い勝手はトランク小さめの普通のコンパクトカーです。

ザ・ライトウエイトスポーツ。横方向のグリップが高く、コーナーをスパスパ気持ちよく曲がれる
軽い車重に16インチブレーキなので、飛ばしても思った以上に止まれる(ミニサーキットにて)
軽自動車に140ps積んだようなものなのでコーナーの立ちあがりにホイールスピンしながら加速できます
だらしなくザーっと滑るのではなく、トラクションが掛かりながら進むので快感。

以前は中古で運転の楽しい車を探しておりました。
中古のシルビア、スカイライン、シビックなどを物色しておりましたが、どれも20年落ちで修理やメンテナンス、燃費など大きな費用がかかってしまいます。
燃料タンクが腐ると悲惨です
ポンプやフィルター、ヒューエルラインにインジェクター。数十万コースです泣
他にも心配は尽きません。

そんなところに現行スイフトスポーツ君!新車で保証付きで税抜き170万円!安い!笑

それなのに筑波のノーマルでのタイムはシビックtypeR(ek9)の1秒落ち!表現が難しいのですが、三次元的に速いんです。
下駄車として使う私にはもったいない性能です。

走り以外はいろんな不満があるかもしれません。
ですが、デザインが美しければ走りが良いのでしょうか?
5コートパール塗装で内装のスイッチの感触が良ければ走りが良いのでしょうか?
ダッシュボードに革を張ったら気持ちよくなるものなのでしょうか?

見栄を捨てれば安くて楽しい車が出来るんですね

もうトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルは海外市場しか見ていません

トヨタ「顔厳つくして内装豪華にさえすれば車音痴にバカ売れ笑」

ホンダ「日本?軽かステップワゴンでも乗ってろ。シビック乗りたきゃ輸入してやる。」

日産「日本?ああ、新型出すの忘れてた。まぁいいや」

マツダ「車はこのデザインが美しい!こういう骨格でこういう運転をしなさい!ナビはマツコネな!」

スバル「日本?北米のオマケかな」

初めてスズキの車を新車で買いましたが、スズキさんにはこれからも日本向けの楽しい車を造っていただきたいです。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
静岡県

新車価格
187万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった119人(再レビュー後:83人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

元・窓際測定員さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

6.7(金)〜6.8(土)の丸2日間、スイスポのレンタカーを拝借して走らせてみたので、今回はそれのレポート。
但し私は普段先々代のスイフト(ZC11S・2007年式)に乗っているため、それと比較しての見方が主となってしまうことを最初に断っておきたい。


性能の割に安いという評価がすっかり定着した感のある今作のスイスポ。
そこは自分も同意である。
しかしあえて難を挙げるとすれば、以下の3点

・何故ショッピングフックを省いた?

今作のスイフトシリーズ全般に言えることだし、実用面を敢えてどうこう言う車種じゃないのは重々承知の上だが、いくら軽量化したいからって、何もわざわざ助手席シート背面のショッピングフックまで廃止することもなかったと思うのだが。ま、ブックポケットはついているので、それを活用すれば良いだけなのだが。
それにしても今作の開発陣の軽量化に賭ける意気込みは凄まじいなあ。フロアマットまで薄っぺらいんだもの。


・フィーリングがガサツなブースタージェットエンジン

昨年のこの時期にレンタカーで借りたRStもそうだったが、今回乗ったスイスポの4気筒1.4Lバージョンも、振動はともかく音の質感は今ひとつと感じた。スイスポに求められているものはその面の性能の良さではないとは思うし、エスクードに積まれているレギュラーガソリン仕様ではまた違うのかもしれないと思いたいが、もしかして、このK型エンジンはターボとの相性があまり良くないのだろうか。もしそうなのだとしたら改善が必要かと思われるが、如何だろうか。
ただこのエンジンのトルクは本当に凄く、地元の三ヶ根山スカイラインの狭くて曲がりくねった登り坂を、ヘアピンカーブに近い曲率のコーナー以外の大半の区間で3速固定でヒラヒラと駆け上がっていくのは楽しいひと時であった。

・ハンドルの中立付近の手ごたえがちょっと変

標準車、特にRSのMTを試乗してみた時はそんなことはなかったのだが、スイスポの場合はハンドルの手ごたえがちょっと変なのだ。
どう変なのかと言うと、まず、コーナーを旋回している最中に、アクセルを踏み足してもいないのにハンドルがセンターの位置に戻りたがろうとする。『直進安定性の良さを演出するための小細工か?』と思ったが、元々軽量な車重も相まってか、直進安定性もさほど良いとは感じられず、普通に真っ直ぐ走るのにはさして問題なかったが、ちょっと変な感触ではあった。

とまあ所々でまだ詰めの甘さは正直感じたけれど、それにしても運転が楽で楽しい車だったことは確か。ただ、この車を運転初心者に勧められるかと言うと、うーんどうなのかな。私は反対ですね。本来ならこの車に興味を持ってもらえるってだけでもありがたいことなのかもしれないけれど、これだけトルクが豊潤な車を最初に選んでしまうと、少々状況判断がいい加減でもまともに走れてしまうことも考えられるので、正確な状況判断の能力を養うには不向きかと。判断ミスを車が補ってくれるから安全で良いのかもしれないけれど、そういうスタンスとは真逆と言えるでしょうね。

なお丸2日間208.1km走り回り、燃費は満タン法で15.75km/L、ディスプレイに表示された平均燃費は15.9km/Lであった。ハイオク指定のハイパワーターボ車としては異例の好燃費と言って差し支えないのではないだろうか。改めて、こういう車を出してくれたスズキには敬意を表したい。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

走れ8マンさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格5

現在の愛車(2014年購入A3 セダン1400cc+ターボ 以下AUと表記)と比較してのレビューを書かせていただきます。
スイスポはSSと表記
【エクステリア】
 AUの方は正統派セダンの代表的スタイル、SSはホットコンパクトスポーツのスタイル 個人的には可愛く、カッコイイSSがいいな。
【インテリアなど】
 ・AUの方が高級感でていますが、SSの方がメーターデザインや配色で「運転するぞ」という気持ちが高ぶります。
 ・AUの方が着座位置が低いのは意外だけど乗降時結構腰に負担きます、SSは比較して楽。
 ・フロントガラスも高さはSSの方が大きくて開放感大きい。
 ・運転席、助手席のサポート性はSSのほうがいいが少し窮屈ともいえる。 ワインディング道路を楽しむときぐらいにしか意味ない、
 後部に座る人の視界も悪くしているので、AUの勝ちとしたい。
 
【乗り心地】
 SSはレンタカー屋さんがタイヤ交換してつかまりがよいとか言ってNANGKANGのNS-2Rというタイヤに履き替えていたせいでしょうか高速のつなぎ目や一般道路の凸凹を超えるときは、おしりから体の芯まで衝撃が来て不快。 AUは重量に合わせたサスペンションの選択がいいのか重厚で上品な走行で不快感を感じたことなし。

【走行性能】
・ レンタカーの車両がマニュアル車だったのですが、スイスポ購入者の70%がマニュアル車だそうす。 普段AUでパドルシフトやシフトノブでのノークラッチシフトチェンジで運転を楽しんでいる私からしたら、マニュアルは面倒なだけという印象。 なぜマニュアルの方が売れるのか不思議です。 MTの方が運転が楽しいというのは妄想ではないでしょうか。 左足を使うのが楽しいのかな?
 ただしAUは7速もあるので、その意味でシフトチェンジが面倒。

・高速道路での安定性と乗り心地はAUの勝ち。 ワインディングでのハンドルの切れはSSの勝ち。 
 いい車だなあといつも感じられるAU、 一方加速時やカーブで いいなと感じるのがSS。

・SSは6000回転で頭打ちで残念とかいうレビューをたくさん見ましたが、頑張って高速で踏んでみましたが、6000回転以上なんて必
 要ないことがわかりました(笑)。 
 サーキットで運転したい人や法規制大幅違反で走行したい人の話だと納得しました。

【燃費】
 距離にして260km(高速120km)走行で15.1km/リッター でした。 AUなら16〜17は行くと思いますので、AUの勝ちです(いずれもハイオク)

【積載性】
 AUは後部トランクにゴルフバッグが斜めに入りますが、SSは後部座席を倒さないとダメ。 車長がある分当然AUの勝ち。

【室内広さ】
 身長181センチ、体重80kgの私が運転席に座ったとき、頭部の天井までの余裕はSSの勝ち。 後部座席に座った時の膝前の余裕は同点。 後部座席のらくちん感はAUの勝ち(それほどらくちんではないけどSSよりはよい)。

【総評】
 通勤やレジャーで普通に使う人には、どっちがいいのか?
 ・価格は新車ではAUにナビシステムつけると、SSのセーフティーパッケージ付より150万ぐらい高くなるので、これを考慮してどっ
  ち?を判断すべきですね。 (でもEUでは値段はそう違わないそうです)
 
 →お金に余裕あれば外車でステータスもそこそこあり、乗り心地の優れたスポーツ感ある運転もできるAUがおすすめです。 
 でもお金に余裕ある人でもスタイルや運転席のワクワク感ならSSですね。低価格で加速のよい車、ワインディング道路に出かけて
 まで運転を楽しみたいならSSがおすすめ。 
 余裕ある人はECU交換や、足回り調整して楽しみましょう、それでもAUよりお金かかりませんよ。

比較製品
アウディ > A3 セダン
レビュー対象車
試乗

参考になった13人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かっちゃんださん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】一目惚れでした

【インテリア】高級感はないですが十分です 慣れるまでエアコンの操作が難しいです

【エンジン性能】ここは文句なしです

【走行性能】とにかく楽しいの一言です 友達に運転させたら、みんな欲しいと言ってました(笑)

【乗り心地】締まってますが不快ではありませんし、これ以上固いと街乗りは厳しくなるので丁度良いです

【燃費】これも飛ばしても意外と悪くなく財布にも優しいですよ

【価格】これはありえない位安いです この価格だから家庭持ちでも買えました

【総評】久しぶりに車の運転が楽しいと思える車です 大事に乗っていきます ジムニーなどスズキは個性的で他のメーカーにはない車があるので良いですね

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
広島県

新車価格
194万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

miurincaさん

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:647人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
337件
薄型テレビ・液晶テレビ
7件
8件
ノートパソコン
4件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

納車1.5年 1万キロ走りました
途中何度もECUやマフラー交換を考えたけど結局ノーマルのまま

思い通りの運転が出来る車って意外と少なくて他メーカーのライバル車はエアロや足まわりに固執しすぎて肝心なエンジン性能が物足りない 外車勢は価格差ありすぎなので この車は良いところを突いています 思い通りの加速減速やコーナーリングを思い通り以上にこなしてしまうスイフトスポーツは私が何台も車を乗り継いできた中でも最良の車かも知れません

軽量ボディにターボエンジン 乗り心地が悪すぎない足回りの組み合わせの結果 運転が楽しい車です

燃費や排ガス規制がどんどん厳しくなってゆく現在 このような車は販売停止に向けて既にカウントダウンが始まっている可能性もあり いつか名車として語り継がれるかも知れません

免許取得した頃はZやスープラ セリカ シルビア シビック全盛期の時だったので あの頃の良かった時の思い出が蘇って来るとともに新しい時代を感じさせてくれる そんなクルマです

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
群馬県

新車価格
187万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった105人(再レビュー後:48人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ベレット9さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
2件
0件
スピーカー
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】
このデザインにはチャンピオンイエローが非常に合います。
チャンピオンイエローは若干色むらがあるのが残念ですが遠くから見れば分からないです。
ホイールハウスが他車に比べて広いのでどうしても隙間が気になりますね。

【インテリア】
同クラスのデミオと比べるとかなり安いっぽいですがこの価格ならしょうがないですね。
不満はビビり音がかなりすることです。
ダッシュボードやインパネ、ナビなどあらゆる所から音がします。これが有名なスズキクオリティってやつですか?

【エンジン性能】
140馬力もあると不満もないですね。
ただしもう少し回転リミットを上げて欲しかったですね。

【走行性能】
ストレスなく非常にスムーズに走ります。
ブレーキはみなさんが言うとおりカックンしてます。w 特に寒くなると酷くなりますね。
デザイン上の問題で後方視界が非常に悪いです。サイドミラーも小さいので車線変更やバックには気を使います。
全方位モニターを付けといて大正解でしたね。
不満は1速2速が離れてるので出だしの遅さが気になります。

【乗り心地】
ちょっと堅めですがこれくらいでしたら不満はないです。
シートも長時間乗ってても疲れないです。

【燃費】
自分は通勤に使ってて朝夜渋滞しますので11Km/Lしか走れません。
房総1周したときは16.8Km/Lでした。
渋滞しない場所に住んでるなら非常に燃費がいいですが渋滞が多い所では普通ですね。
あとこの車は低回転で走るより2000〜2300回転あたりが一番燃費がいいです。

【価格】
文句の付けようがなく安いです。

【総評】
1年半ほど乗ってるといろいろ不満も出てきますが、現状スズキはこの価格で出来る限りのことはしたと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
千葉県

新車価格
187万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

青い海風さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:175人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
   

黄色は趣味ではないですが、この黄色は鮮やかで素敵です

   

スイスポに魅せられて2度目のレンタル。

スイスポとデミオディーゼルという、とても限定的な枠の中で比較したものですが、再試乗で感じたことを追記しておきます。

共に庶民価格のコンパクトカーにしてはボディ剛性に優れ、MTもある稀有な存在。
どちらも走りのクオリティは高いが主張が全く異なる。

スイスポはターボ車の割に低中速域にムラを感じない、まさにスポーツ仕様。
FFだが接地感のある走りはリアの仕事がお見事。
故に、乗り心地については走りを良く知る人には心地よく感じるテイストかと。
反面、これまでファミリー志向で車を選んできた方には理解できないかもしれない。

今やスイスポはライトウエイトスポーツの代名詞になりましたね。
ノーマルのスイスポは街乗りとスポーツ走行を両立させた仕上がりだと思います。
楽しい車を造ってくれたスズキに感謝です。

一方、比較対象のデミオもターボ車だが、俊敏性のある速さはない。これは全くない。
ただ、「クラス概念を打ち破る」「人馬一体」はメーカーの謳い文句だが、これはオーナーとして実感している。
どこまでも走って行けそうな安心感、重厚感がハンドルを通して伝わってくる。
シフトチェンジも狙ったギアに吸い込まれるように収まる。車との一体感が際立ち、走りに1クラス上の上質さを感じる。

求めるのものは「スポーツ性」か「上質さ」か?

お互いの内装にすら、それぞれのメーカーが目指したもの、主張したいものが顕著に表れていると思う。

率直に感じた両車の違いを書き留めてみました。
誰かの参考になれば幸いですね。

〜以下、レンタル1回目の時のレビュー〜

各種レビューを拝見し、どうにも我慢ならなくなり、レンタカー試乗。

デミオディーゼル(6MT)のオーナーがスイスポ(6MT)をどう感じたかという視点です。

まず、フロントビューはどっちもどっち。
サイドビューはデミオの圧勝。魂動デザイン秀逸。
リアビューはスイスポ圧勝。マフラー2本出しもそうだけど、このリア見るとヤル気が出る。

内装はデミオかな。高級感あるし。この「感」を出すのはメーカーのセンスですね。
スイスポは高級感こそないけど、スポーティに仕上げてあって悪くない。写真より実物良し。スイスポはこの路線で良いと思う。

肝心の走り。
デミオディーゼルは立ち上がりゆっくりからぐんと加速が来る環境に優しい感じですが、スイスポはいきなり加速しますね。他レビューでよく見かけるホイールスピンも体験。マジでした、あれ。

あと、カックンブレーキにも気を付けたつもりでしたが、初めてのブレーキングでカックン急停車。後ろに車いなくて良かった(-_-;)

加速が乗った後の感想。
デミオはアクセルちょい踏みでも高トルク&エンジン音静かに対し、スイスポはエンジン回して音もそれなり出てますので、同じ速度域でも感じ方がだいぶ違うと実感。

総じて、ここまでの印象は予想通り。
デミオディーゼルに乗っているので、高トルクコンパクトカーは体験済、特別な驚きはなかった。

驚いたのはその後の峠道。平坦な直線では感じなかった車重の差と足回りの違いがここで明確に出る。

スイスポでのヒルクライム、登りの細い道をいとも簡単に、まるでゲームでもしているかのように簡単にクリアしていく。軽さと剛性を兼ね備えたボディの恩恵。コーナーワークが超楽しい。
ダウンヒルに差し掛かっても楽しさ変わらず。軽いって素晴らしい!

デミオはGVCが搭載されているので優しく曲がれる感がありますが、スイスポはもう一段踏み込んでいける。
調子に乗っていたらあっという間に前を走る車に追いついてしまい自重。楽しいひとときでした。

唯一、スイスポで残念なのがシフトフィール。
デミオは固いけど小気味良く入る、対してスイスポは何だかグラグラしてる感じが最後まで気になった。

燃費は両車が表示する航続可能距離を燃料満タンにして比較すると、デミオ660km、スイスポ430km。(いずれも冬場値)
ここは人それぞれ乗り方で変わりますね。
でも、スイスポはスポーツカーとしては優秀です。

長距離走行に適したデミオ、峠道のようなアップダウン激しくくねった道で最高に楽しいスイスポ。

同じ高トルクコンパクトカーでもこんなに違うのかと。。。良い体験ができました(^_^)

レビュー対象車
試乗

参考になった73人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夏男前さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
23件
ビデオカメラ
1件
4件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格5

【エクステリア】
購入当初は、さそほどでしたが、1年たった今、フロント正面から見ると結構いかついか。(良い意味で)
存在感がある感じ。リヤもすっきりしているが、ダブルマフラー-が迫力あるように見える。

【インテリア】
席(コクピット)に座った瞬間、一般車と違った躍動感(運転したくなる感)がある。

【エンジン性能】
低速回転域からのフラットトルク感が運転しやすくよい。
LSDがないので、1速ベタ踏みでホイールスピン傾向スルぐらいの、軽い車重に対してのパワー。
燃費は16km/Lぐらいが平均(約7000km走行)

【走行性能】
山道走行では、スイフトに比べスイフトスポーツは、ロールが少なくコーナーでの姿勢がしっかりとしている。
ステアリングを切ったときの反応もシャープ。
コーナーでの限界がまだつかめていない。
LSDがないので、特に雨天時コーナー立ち上がりでアクセルを踏みすぎるとトラクションが逃げる。
サスもそうだが、タイヤも良いとおもうので、一般公道では高いレベルにあると思える。

【乗り心地】
段差が大きいところでは、突き上げる振動がある。
気にしないので不快では無い。

【燃費】
平均16km/Lぐらい(約7000km)

【価格】
運転の楽しさから言って、満足。

【総評】
様々なメーカーから豊富なパーツが販売されている。
飽きたら、予算内ではあるが自分好みの車に仕上げていく選択肢が豊富。
楽しみが継続する車です。
満足しています。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
兵庫県

新車価格
187万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スイフトスポーツ
スズキ

スイフトスポーツ

新車価格帯:187〜194万円

中古車価格帯:119〜355万円

スイフトスポーツ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <509

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意