スズキ スイフトスポーツ 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル

スイフトスポーツ 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフトスポーツ 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ベースグレード 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 29人
ベースグレード (MT) 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 62人
満足度:4.67
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:101人 (試乗:37人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.16 4.34 89位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.95 3.93 68位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.69 4.13 25位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.69 4.21 12位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.20 4.05 60位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.19 3.89 32位 燃費の満足度
価格 4.80 3.89 1位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデル

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:621人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
333件
薄型テレビ
7件
8件
ノートパソコン
4件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

納車1.5年 1万キロ走りました
途中何度もECUやマフラー交換を考えたけど結局ノーマルのまま

思い通りの運転が出来る車って意外と少なくて他メーカーのライバル車はエアロや足まわりに固執しすぎて肝心なエンジン性能が物足りない 外車勢は価格差ありすぎなので この車は良いところを突いています 思い通りの加速減速やコーナーリングを思い通り以上にこなしてしまうスイフトスポーツは私が何台も車を乗り継いできた中でも最良の車かも知れません

軽量ボディにターボエンジン 乗り心地が悪すぎない足回りの組み合わせの結果 運転が楽しい車です

燃費や排ガス規制がどんどん厳しくなってゆく現在 このような車は販売停止に向けて既にカウントダウンが始まっている可能性もあり いつか名車として語り継がれるかも知れません

免許取得した頃はZやスープラ セリカ シルビア シビック全盛期の時だったので あの頃の良かった時の思い出が蘇って来るとともに新しい時代を感じさせてくれる そんなクルマです

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
群馬県

新車価格
183万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった83人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コメコメ丸。さん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:1589人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
14件
25件
薄型テレビ
2件
5件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

アームレスト

   

燃費

   

こいつ以前の試乗レビューではスイスポの事、絶賛していたのに何言ってるんだ?
と思って方もいると思いますが、個人的に運転が楽しすぎました。

試乗後に家に帰って色々悩みました。今乗っているデミオDもとてもいい車です。

頭の中で天使がデミオはまだまだ乗れる乗り換えなんてダメ!と言い
逆に悪魔が欲しいんだろ?買っちまえよと囁きます。
普通の人なら天使と悪魔が大乱闘?すると思いますが自分の場合サクと悪魔が勝ってしまいました。

気が付いたら連休前に納車になっていました。( ´艸`)
まだ、余り走れてはいませんが気が付いたことを少し書きます。

ギアの入りが意外に渋い時がある。ドライバーがへたくそなのを考慮に入れてもなかなかね。
試乗した車は走行距離が結構いっていたのでスコスコ入ったのですが・・・その内に当たりが出てスコスコ入ってくれると思います。

エンジンはトルクフルで扱いやすいです。5速に入れたままでもそこそこの坂道も何事もなく登っていきます。
インフォメーションディスプレイをブースト計にして見ていると、普通に周りの流れに合わせて走行している時はブーストが掛る時がほとんどないです。

迷惑にならないところで少し踏み込んでみて、純正のマフラーも結構いい音を奏でてくれます。
車に詳しくない人から見たら、見た目は普通のコンパクトカーです。
本当に羊の皮をかぶった狼です。でもそこが好きなんですよ。

最後にデミオに使っていたアームレストの根元を少し加工して取り付けてみました。シフトチェンジやサイドブレーキ引くときも邪魔にならずなかなか良いです。

燃費を気にするような車ではありませんが、周りの交通の流れに合わせたときは意外にいいです。
満タン法との誤差がどの位あるかは解りませんがこのくらい走ってくれるのなら満足です。

以上追記でした。




【エクステリア】
そんなに悪くはないと思います。以前に乗っていたポロGTIの面影があるような?エンジンルームには遮音材をもう少し入れて欲しかった。コストとの兼ね合いがあるのでしょうがないと思いますが。
ターボエンジンですが意外にスペースに余裕があります。これだと放熱性も乗っているデミオDより良さそうですね。デミオはエンジンルームに隙間が無く夏は熱がこもりやすいです。
フロントには大径の16インチベンチレーテッドディスクを採用しているのでノーマルでも17インチアルミホイールで足元が引き締まって見えます。

【インテリア】
このクラスの車なら一般的なレベルです。少し安っぽい所も目につきますが問題ないです。プッシュスタートボタンが右側にあるのは評価高いです。
ペダルにもアルミカバーが装着されていますし、フロントは専用のスポーツシートでホールド性を向上させています。この事からも見た目よりもドライブしている時の事を考えて設計されているのが感じ取れます。

【エンジン性能】
この車の最大の話題がこのエンジンです。車両重量970kgに140PS、23.4kg・mのエンジンが搭載されていれば走りが楽しくないわけがありません。
デミオの方がトルクは上ですが100キロ以上重いのでスイスポみたいな爽快な加速はありません。ただエンジンの安全マージンが多めのに取られているせいか回す楽しみはそんなにありません。すぐにレブまで逝ってしまいます。ここだけが不満ですが贅沢ですね。

【走行性能】
パワーウエイトレシオ7キロ未満、0〜100キロ8秒以下
https://www.youtube.com/watch?v=QT_1krdOsgg
抜群に制動力の良いブレーキ。そして軽快なハンドリングこれだけそろえば同クラスの国産車は相手になりません。それを6速MTであやつる楽しみ、試乗中顔がにやけてしまって同乗していたディーラーの人は引いていたかもしれません。
ゴメンナサイ。

【乗り心地】
モンロー製ストラット&ショックアブソーバーを採用しているので角の無いほど良い硬さといいますか表現がむずかしいです。乗り心地が悪いわけではなく、コーナーでは柔らかくすぎず上手くロールを抑えてくれます。
試乗なのであまり無理はできなかったです。
デミオとの違いはコーナーではスイスポが、高速道路での快適性はデミオに分があります。デミオより車重が軽い分横風に少し弱い気がします。
あと地味ですがスイスポのホイールは5穴です。他の国産コンパクトカーは知る限り4穴でした。

【燃費】
ターボエンジンなのでハイオクですがおとなしく走れは14キロ位は行くそうです。

【価格】
あるたとえを言います。ヴィッツGR SPORT (MT)と比べて主な違いを書きます。
エンジンはスイスポの方が格段パワフル、ヴィッツはノーマルと同じ、6MTに対して今どき5MT。タイヤも17インチに対して16インチ。
マフラーも2本出しに対して1本。 でも販売価格ではスイスポの方が24万くらい安い。
足回りとボディー剛性を少し高めてあとエアロをくっ付けてGR なんちゃってSPORTで売り出してしまうトヨタにも驚きですが、スイスポのコストパフォーマンスには驚くばかりです。

【総評】
今の世の中ハイブリッド車、燃費燃費ばかりでつまらない退屈な車ばかりの中よく出してくれましたとお礼を言いたいくらいです。アイドリングストップが付いていないことを気にする方もいますが必要ですか?
確かに消費燃料は少し削減できますが、頻繁にエンジンをスタートさせるセルモーターの耐久性アップ、バッテリーの大容量化によるコストアップ(交換時の価格差を考慮してますか?)エンジン自体の負荷も含めるとアイドリングストップなんてまやかしに思えます。
古い車でもメンテナンスをしっかりして長く大事に乗っている人の方が環境には優しいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった64人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ベレット9さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
2件
0件
スピーカー
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】
このデザインにはチャンピオンイエローが非常に合います。
チャンピオンイエローは若干色むらがあるのが残念ですが遠くから見れば分からないです。
ホイールハウスが他車に比べて広いのでどうしても隙間が気になりますね。

【インテリア】
同クラスのデミオと比べるとかなり安いっぽいですがこの価格ならしょうがないですね。
不満はビビり音がかなりすることです。
ダッシュボードやインパネ、ナビなどあらゆる所から音がします。これが有名なスズキクオリティってやつですか?

【エンジン性能】
140馬力もあると不満もないですね。
ただしもう少し回転リミットを上げて欲しかったですね。

【走行性能】
ストレスなく非常にスムーズに走ります。
ブレーキはみなさんが言うとおりカックンしてます。w 特に寒くなると酷くなりますね。
デザイン上の問題で後方視界が非常に悪いです。サイドミラーも小さいので車線変更やバックには気を使います。
全方位モニターを付けといて大正解でしたね。
不満は1速2速が離れてるので出だしの遅さが気になります。

【乗り心地】
ちょっと堅めですがこれくらいでしたら不満はないです。
シートも長時間乗ってても疲れないです。

【燃費】
自分は通勤に使ってて朝夜渋滞しますので11Km/Lしか走れません。
房総1周したときは16.8Km/Lでした。
渋滞しない場所に住んでるなら非常に燃費がいいですが渋滞が多い所では普通ですね。
あとこの車は低回転で走るより2000〜2300回転あたりが一番燃費がいいです。

【価格】
文句の付けようがなく安いです。

【総評】
1年半ほど乗ってるといろいろ不満も出てきますが、現状スズキはこの価格で出来る限りのことはしたと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
千葉県

新車価格
183万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

青い海風さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
   

黄色は趣味ではないですが、この黄色は鮮やかで素敵です

   

スイスポに魅せられて2度目のレンタル。

スイスポとデミオディーゼルという、とても限定的な枠の中で比較したものですが、再試乗で感じたことを追記しておきます。

共に庶民価格のコンパクトカーにしてはボディ剛性に優れ、MTもある稀有な存在。
どちらも走りのクオリティは高いが主張が全く異なる。

スイスポはターボ車の割に低中速域にムラを感じない、まさにスポーツ仕様。
FFだが接地感のある走りはリアの仕事がお見事。
故に、乗り心地については走りを良く知る人には心地よく感じるテイストかと。
反面、これまでファミリー志向で車を選んできた方には理解できないかもしれない。

今やスイスポはライトウエイトスポーツの代名詞になりましたね。
ノーマルのスイスポは街乗りとスポーツ走行を両立させた仕上がりだと思います。
楽しい車を造ってくれたスズキに感謝です。

一方、比較対象のデミオもターボ車だが、俊敏性のある速さはない。これは全くない。
ただ、「クラス概念を打ち破る」「人馬一体」はメーカーの謳い文句だが、これはオーナーとして実感している。
どこまでも走って行けそうな安心感、重厚感がハンドルを通して伝わってくる。
シフトチェンジも狙ったギアに吸い込まれるように収まる。車との一体感が際立ち、走りに1クラス上の上質さを感じる。

求めるのものは「スポーツ性」か「上質さ」か?

お互いの内装にすら、それぞれのメーカーが目指したもの、主張したいものが顕著に表れていると思う。

率直に感じた両車の違いを書き留めてみました。
誰かの参考になれば幸いですね。

〜以下、レンタル1回目の時のレビュー〜

各種レビューを拝見し、どうにも我慢ならなくなり、レンタカー試乗。

デミオディーゼル(6MT)のオーナーがスイスポ(6MT)をどう感じたかという視点です。

まず、フロントビューはどっちもどっち。
サイドビューはデミオの圧勝。魂動デザイン秀逸。
リアビューはスイスポ圧勝。マフラー2本出しもそうだけど、このリア見るとヤル気が出る。

内装はデミオかな。高級感あるし。この「感」を出すのはメーカーのセンスですね。
スイスポは高級感こそないけど、スポーティに仕上げてあって悪くない。写真より実物良し。スイスポはこの路線で良いと思う。

肝心の走り。
デミオディーゼルは立ち上がりゆっくりからぐんと加速が来る環境に優しい感じですが、スイスポはいきなり加速しますね。他レビューでよく見かけるホイールスピンも体験。マジでした、あれ。

あと、カックンブレーキにも気を付けたつもりでしたが、初めてのブレーキングでカックン急停車。後ろに車いなくて良かった(-_-;)

加速が乗った後の感想。
デミオはアクセルちょい踏みでも高トルク&エンジン音静かに対し、スイスポはエンジン回して音もそれなり出てますので、同じ速度域でも感じ方がだいぶ違うと実感。

総じて、ここまでの印象は予想通り。
デミオディーゼルに乗っているので、高トルクコンパクトカーは体験済、特別な驚きはなかった。

驚いたのはその後の峠道。平坦な直線では感じなかった車重の差と足回りの違いがここで明確に出る。

スイスポでのヒルクライム、登りの細い道をいとも簡単に、まるでゲームでもしているかのように簡単にクリアしていく。軽さと剛性を兼ね備えたボディの恩恵。コーナーワークが超楽しい。
ダウンヒルに差し掛かっても楽しさ変わらず。軽いって素晴らしい!

デミオはGVCが搭載されているので優しく曲がれる感がありますが、スイスポはもう一段踏み込んでいける。
調子に乗っていたらあっという間に前を走る車に追いついてしまい自重。楽しいひとときでした。

唯一、スイスポで残念なのがシフトフィール。
デミオは固いけど小気味良く入る、対してスイスポは何だかグラグラしてる感じが最後まで気になった。

燃費は両車が表示する航続可能距離を燃料満タンにして比較すると、デミオ660km、スイスポ430km。(いずれも冬場値)
ここは人それぞれ乗り方で変わりますね。
でも、スイスポはスポーツカーとしては優秀です。

長距離走行に適したデミオ、峠道のようなアップダウン激しくくねった道で最高に楽しいスイスポ。

同じ高トルクコンパクトカーでもこんなに違うのかと。。。良い体験ができました(^_^)

レビュー対象車
試乗

参考になった57人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夏男前さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
22件
ビデオカメラ
1件
4件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格5

【エクステリア】
購入当初は、さそほどでしたが、1年たった今、フロント正面から見ると結構いかついか。(良い意味で)
存在感がある感じ。リヤもすっきりしているが、ダブルマフラー-が迫力あるように見える。

【インテリア】
席(コクピット)に座った瞬間、一般車と違った躍動感(運転したくなる感)がある。

【エンジン性能】
低速回転域からのフラットトルク感が運転しやすくよい。
LSDがないので、1速ベタ踏みでホイールスピン傾向スルぐらいの、軽い車重に対してのパワー。
燃費は16km/Lぐらいが平均(約7000km走行)

【走行性能】
山道走行では、スイフトに比べスイフトスポーツは、ロールが少なくコーナーでの姿勢がしっかりとしている。
ステアリングを切ったときの反応もシャープ。
コーナーでの限界がまだつかめていない。
LSDがないので、特に雨天時コーナー立ち上がりでアクセルを踏みすぎるとトラクションが逃げる。
サスもそうだが、タイヤも良いとおもうので、一般公道では高いレベルにあると思える。

【乗り心地】
段差が大きいところでは、突き上げる振動がある。
気にしないので不快では無い。

【燃費】
平均16km/Lぐらい(約7000km)

【価格】
運転の楽しさから言って、満足。

【総評】
様々なメーカーから豊富なパーツが販売されている。
飽きたら、予算内ではあるが自分好みの車に仕上げていく選択肢が豊富。
楽しみが継続する車です。
満足しています。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
兵庫県

新車価格
183万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Dtn66さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
15件
プロジェクタ
1件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格4

CVTのダメダメさに嫌気がさし、イグニスから買い換えました。
納車から約1年、4000kmを走行したのでレビューします。

【エクステリア】
フロントが少し厳ついですが気に入っています。イグニスもそうですがデザイナー新居さんの手腕は見事だと思います。ただ全長や全幅が少し拡大し3ナンバーになってしまったのは残念。たしかにトレッド拡大で走行安定性は上がるのでしょうが、スイフトの美点であるコンパクトさが少しでも失われてしまったのは惜しいと思います。また車幅増大によってボリューム感が出たせいか、全長とのバランスが少し悪いですね。竜頭蛇尾じゃないですけど、ちょっと減点。

【インテリア】
スポーティーな水平基調のデザインで良いと思います。歴代スイフトのなかでは一番垢抜けているのではないでしょうか。赤のさし色はオヤジにはちょっと恥ずかしいけど、色調が控えめなのでそれほど気になりません。シートは座面角度が私には前上がりすぎで、太ももの圧迫が強くて腰痛になります。座面前後にそれぞれリフターがあればよかったのですが・・・。あとみなさんが指摘されているとおり、たしかに小物入れが少ないですね。こんな所までヨーロピアンしなくていいのに! 社外品の小物入れつきアームレストで凌いでいます。

【エンジン性能】
いまどきの直噴ターボらしく低回転から太いトルクを発生しますが、上はたいして回りません。街中でのドライバビリティを考えれば、この出力特性は扱いやすく、一般ユーザーには受け入れやすいでしょう。この車のユーザーさんには競技車両として使用する方も多いようですが、そういう方には物足りないでしょうね。RACECHIPなるものを入れてみたのですが、低速域は大して変わりませんが、3000回転より上は明らかにパワー感が向上しました。結構伸びしろのあるエンジンのようで、好事家さんたちがもて囃す理由がわかります。

【走行性能】
足回りについてはよく出来ていて、ワインディングなどを少し速めのペースで走るには楽しく、挙動も安定しています。FFのクセもそれほどなく、トルクステアも出力の割には少なめです。ただ荒れた路面だとサス形式の限界なのか、リアの追従性が落ちてしまい挙動が不安定になるときがあります。また高速安定性も気になります。走りはじめはステアリングがセンターにずしりと座り、良く出来た欧州車みたいで好ましいのですが、速度が上がるにつれてステアリングの接地感が薄れてフワつき感が出ます。しかも振動で視線がたえず上下に振られる上に騒々しいロードノイズが加わり、疲れてしまいます。この辺は速度が高まるほど直進安定性が高まり、フラットな乗り心地にかわる欧州ライバル車に劣るところですね。整流板を下回りに入れるなど空力にも気を配っている様子はうかがわれますが、GTカーとしては今一歩と評価せざるを得ません。軽量化が仇になったのかも知れないですが、少なくともアンダーボディーやサスペンションの剛性、それにステアリングの支持剛性をもう少し上げるべきだと思います。
もうひとつ当方はセーフティーパッケージ(SP)付き車を購入したのですが、これが狭い道などでは自転車や歩行者に過剰反応してけたたましいアラーム音を出すので、運転意欲を削がれます。新型スイフトのSPはメルセデスと同じコンチネンタル社製と聞いて期待していたのですが、メルセデスよりも誤作動はかなり多いです。危険を知らせるのは結構ですが、もっと検出の精度を上げるなど改良を望みたいです。ただSP機能のなかでアダプティブクルーズコントロールとハイビームアシストは良いですね。とくに前者はMT車でも装備できるのが素晴らしいです。クラッチを切っても解除されないので高速走行での実用性も高いです。またハイビームアシストも反応が速くて、この点ではメルセデスよりも優れていると思います。

【乗り心地】
走行性能を考えると、このくらいの硬さは致し方ないのでは。というより街乗りに関してはよく頑張って煮詰めたと思います。高速走行については上で述べたとおりで改善を期待します。

【燃費】
通勤ほか毎日使用で10km/l程度です。郊外を淡々と流すと16〜18km/l、この数値は高速走行でもほぼ同じです。動力性能からしたら良いのかな?

【価格】
性能からすると妥当かと思います。激安との意見もありますが、ZC31Sも32SもMTは発売当初、確か税込み168万円でしたね。人生初の新車だったN14型パルサー1.8GTI(当時のゴルフを越えたと言われる名車です)もこのお値段くらいでした。若者が乗るなら、これくらいの価格が限界でしょう。

【総評】
いろいろとネガティブな点を書きましたが、これはスズキならもっとできるでしょう、という期待を込めての評価です。これでZC33Sの価値が下がるかと言えばそんなことはありません。少し昔ならいくらでも選べた「若者が少し背伸びすれば買える元気な車」が、現在でも選択肢としてあるだけで、この車の存在価値はあります。スズキに感謝と畏敬の念を抱かずにはいられません。ただ本来ならば飛びつくべき相手は若者であるはずなのに、フタを開ければ年齢層の高いこと! かく言う私もその一人ですが、少しでもあのよき時代を知る親父世代は、この車を買うべきでしょう。買ってそのまま乗るもよし、アフターパーツが豊富なのでイジる楽しさもあります。そしてスズキさんにお願いしたい。現行モデルはこのままベースグレードとしてもう一つ、ゴルフRが真っ青になるくらいスズキの技術と意地と夢と職人魂をつぎ込んだ、突き抜けた(だけれどもスズキ良心価格←これ大事)グレードを用意してください。もちろんガソリンタンクも容量アップで。これってまだお金持ってる親父世代には絶対ウケると思うのですけど・・・。少なくとも出してくれたら私は買います!

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
三重県

新車価格
183万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ピーvanさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
26件
腕時計
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

   

   

2018/11/8 契約、 2019/2/3納車、6AT スピーディーブルー

【エクステリア】
 コンパクトボディ―にグラマラスなボリューム感が有り、特にリアビューは迫力を感じる!
ドアミラーから見た後輪オーバーフェンダーのボリュウムは良い!
【インテリア】
 可もなく、不可もないが、小物収納が殆んど無い、260Km刻みのメーターが無意味!
【エンジン性能】
 流す感じでのドライブはそこそこ流れに乗り気持ちの良いドライブが出来るが、
 いざ、本気で踏み込むと遅い!、出だしこそ出るけど、後半の伸びがない!
 本来本気モードで、飛ばす車ではない!
 スズキ、お得意のエンジンより足回りが上回る、日常使いのスポーティー
 ワインディングをプラスαで駆け抜ける、爽快さを求めた車で有り、
 チューニングしてレースで使う車では根本的に違うと思う。
 そこを求める人は、別の車をチョイスした方が、手っ取り早いと思われる!
【走行性能】
 ワインディングをプラスαで、流すととても気持ちの良いドライブが出来る。
 それなりにロールする足回り、踏ん張るタイヤそのバランスが良いと思う!
 特に後輪の追従性は素晴らしい! 単純なシステムなのに? バランスが良いせいなのか?
【乗り心地】
 初期の突き当りは、角が取れているが、ゴツゴツ感は体にひびく!
 でも、マイルドな乗り心地を求める車では無いので・・・
【燃費】
 アクセルを踏まずに流れに沿って運転だと、15〜17、踏み込むと10〜13
【価格】
 オプションをそれなりに付けると、240〜になるけど、全方位カメラは、
 走行中、左下がアップで観れるので便利かな? 路肩ぎりぎりに止められる
 ホイールをキズつけないで!
【総評】
 31、 32は、鈍亀で話にならなかったが? 音だけで本体が進まない!
 33は、音が静か? ターボ独特の音がしないので、本体が後から来る感じが無い!
 ワインディングを、気持ちよく流すには、とても良く出来ている(本人の能力次第)
 でも、本気で踏み込む車とは、根本的に違うと思う!
 ローダウン、ECUチューニングを考えている人は、他の車をチョイスすべき!
 ある程度ロールして、タイヤの踏ん張りを感じて、ワインディングを
 流す気持ちよさを、わかる人が乗る車だと思います!
 ただ、スズキはこの車の本来の性能を封印している気がする、
 エンジンの安全マージンを取りすぎている!
 それが、260刻みのメーターに表れている気がする!(技術者のプライド)
 ドイツの車に対して、性能を抑え過ぎている気がする。
 車高調、ECU,排気系を変えると恐ろしい車に変貌するかも?
 それを感じさせるものが有る。(走りや好み)
 ノーマルは気持の良いドライビング(スズキ好み)
 そこは完成されていると思うほどに、気持ちの良いドライブが出来る!
 私は、基本ノーマルで良いと思うが・・・

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
千葉県

新車価格
190万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

愛犬2号さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

AT、白、セーフティ+全方位パッケージ、ナビ、ETC、ヘッドランプガーニッシュ、フードデカール、フロントフェンダーデカール
12/下旬に注文し、2/18納車になりました。

車歴はアウトランダー(初代)、パジェロ(4代目ロング3.0)、フィットシャトルハイブリッド

【エクステリア】
斜め後ろから見たボリューム感がお気に入りです。
デカール無しでもシンプルで価格に対して高級感があるように感じます。デカール等付けると不機嫌なフレンチブルみたいで勇ましい可愛いです笑

【インテリア】
前に乗っていたアウトランダーやパジェロ、フィットシャトルに比べると、赤の加飾やセミバケットシートなどでスポーティ+ちょっと良い車感を感じます。
フロントガラスへの映り込みは気にならないレベルです。

【エンジン性能】
imive並みのググッと鋭い加速をしてくれます。
1500回転までは市街地でも使いやすいです。それ以上になるとグイグイ加速して頼もしいですね。常識の範囲内で走らせる分には楽しく、ストレスのない車です。

【走行性能】
足回りがしっかりとしているので、カーブでも不快感がないです。ハンドルを切った分だけ曲がる、素直な操作性に感じます。

【乗り心地】
道路の継ぎ目や凹凸でゴツゴツと突き上げますが、腰骨に響くほどではないです。
良くも悪くも正直な感じ?です。決して不快感はないです。

【燃費】
通勤で毎日使用。市街地30%、郊外40%、山道30%往復30kmほどで、平均燃費14km/lくらいです。
満タン法でも同じくらいでした。

【価格】
性能やデザイン、安全性に対して割安かと。

【総評】
田舎の必需品なので、ストレスなく走れる車は大切な存在です。日々の生活を少し楽しくしてくれます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
静岡県

新車価格
190万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

C70 あんどんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
購入前はZC32のスタイルの方がコンパクト感があって好きでしたが、今では見慣れてきたのもあって不満はありません。シルバーを選びましたがよく「おやじくさい」と言われます。おやじなので仕方ないですがやはりイエローがかっこいいですね。
【インテリア】
安っぽさはありますが金額相応だと思いますし、高級感を求める車ではありませんのでこれで十分だと思います。妻のソリオと比べると収納が少ないのがちょっと残念です。トランクはそれなりの広さですが、通常の買い物で困ったことはありません。リアシートを倒してスノーボードを積んで滑りにも行ってます。
【エンジン性能】
試乗してトルクの太さに納得し購入に至りました。頭打ちの早さが少々残念ですがそんなに回すこともないですし、不満であればECU、マフラー交換なんかも今後検討するかもしれません。ターボのパワフル感ももちろんですが何より低中速でのトルク感が良く、ターボが効き始まる前の2000rpm以下での扱いやすさが優れていると思います。MTですが街中でもそんなにストレスを感じません。ずぼらなシフトチェンジでももりもり加速していく感じです。
【走行性能】
あまり比較できるような車に乗ったことがありませんが中低速での旋回性はとても安定していると思います。個人的には固いサスだとは思いませんしよく踏ん張っている感じが気に入っています。軽い車体のため雪道は不安定さを感じますが、逆にFFの走りを楽しんでいます。
【乗り心地】
2〜300km/日程度の走行ではさほど疲れは感じませんが、長く高速走行するには向かない気がします。6速100〜120km/hだと意外と回転数が高くせかされる感じです。(高速でかっ飛ばすような年齢でもないので個人的主観が大きいと思いますが)
【燃費】
通常の街中での通勤、買い物などでは14〜15km/L前後、長距離ドライブでは20km/Lいくこともよくあります。田舎でもあり当然ですがストップ&ゴーの回数が少なければ燃費は良くなると思いますが、ここまで伸びるとは思いませんでした。高速道路オンリーだと18km/L位でしょうか。現在1インチダウンのスタッドレスですが燃費自体はさほど変わりません。
【価格】
6MT、シルバーSP付、オプションはETC、マット、バイザー、1DINのCD/USBプレイヤー+4スピーカー化、メンテナンスパック、4月登録で220万で購入しました。同等他車種でこの金額は出せないと思います。もともとメーカーのこだわりもなく、高級志向でもありませんのでスズキのがんばり、モノづくりの考え方も加わり大変満足のいく買い物でした。
【総評】
パンク修理キットだけでは心配でしたのでテンパータイヤを後から買い足しました。

タイヤの減りが早いように感じます。スタッドレスとの併用で3年持てばいいかなといった感じ。こんなもんでしょうか。

これまで趣味であるバイクレース用のトランポがメイン車でしたが、現在は軽トラ+スイスポの生活を楽しんでいます。スズキ車は車もバイクも初めての購入となりましたが、歴史もある良いメーカーだと実感しております。乗っていてこんなに楽しい車はあまりないと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
新潟県

新車価格
183万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リョータくんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格5

【エクステリア】
納車当初は前モデルのほうが良かったと思いましたが、慣れてきたら愛着が湧いてきました。
【インテリア】
インパネ周りの赤が主張しすぎているような気がしましたが、マットを黒に変えてからは落ち着いた感じになりました。
【エンジン性能】
パワフルの一言。
街なかではターボの必要性を感じません。
【走行性能】
文句なし。
ただブレーキは注意しないとカックンにななります。
【乗り心地】
荒れた路面では硬さを感じますがこの手の車にしてはいい方じゃないでしょうか。
【燃費】
片道20kmほどの通勤メインで14 から15kmくらいです。
高速に乗ったらもっと伸びそう。
【価格】
皆さんおっしゃってますが破格ですね。
【総評】
10数年ぶりにMTに乗りましたが毎日の単調な通勤が楽しく感じられるようになりました。
全車は軽四のCVTで燃費や維持費の面でスイスポより安かったのですが楽しさは皆無。
単なる移動のための道具でしたが、この車に乗り換えてから趣味はドライブと言えるくらい満足しています。
ひと月で2000kmも走ってしまいました。
万人にオススメできる素晴らしい車です。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
兵庫県

新車価格
190万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

中年オヤジだよんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
   

   

MT車を無性に運転したくなり、レガシィBN9から乗換、7月末納車し約1700km走行。他の方々レビュー同様に、購入検討されてる方の参考になれば幸いです。
走行性能・感じ
 ターボ車なのにタービンの音がしません。街乗り、峠道、高速、意のままに走らせる事が出来ます。メーター読み直ぐに100超えるので、速度違反で捕まらない事が、運転時に最も注意事項です!でもこの加速感を体感したら笑いが止まりませんよ!
本体価格200切りでこんな走りを味わえる。スズキに感謝しかありません。価格設定間違えたのでは?
トルクフルなので街乗り5速、高速6速入れ放しで流せます。ACCも街乗りで使え、MT車なのに半AT車みたいです。初採用の車線逸脱防止含めスズキの制御設定は、スバルのアイサイトVer3に充分迫ってます。コスパからも、購入するならSP仕様ですよ!
装備品等
 価格が安いのに、オートライト、リヤフォグ、
シートヒーター、マルチインフォが標準は凄い!他社も価格見直すべきでは?
燃費
 13〜17q/Lハイオクですが、この走りなら文句無しの値です。
その他
 54のメタボなオヤジがチャンピオンイエローです。周りからは?な視線感じますが、気にしてません。ただ花と間違われるのか、虫が寄ってきます。走り好きや若い人達に乗って貰いたい車です。国産車が忘れた、安くてコンパクトで走る曲がる止まるの、基本性能が優れた車はスイスポならではと思います。85kgの体重を減量しないとスイスポに申し訳無いですね!通勤には使用せず、週末のドライブにハンドル握りながら、にんまりの中年オヤジです。

再レビュー投稿です。
7ヶ月経過、8200km走行。走りは流れを先行したい時などストレス皆無です。後の車両がすぐにミラーに点になりますから!自分にはバイクの感覚に近い乗り物です。燃費が更に良くなり15から19km/lです。時期柄シートヒーターが重宝してます。冬タイヤは185/55-16インチダウンですが、凍結、圧雪路など雪道の運転で緊張強いられる感じ無く走ります。BN9と比べ吹雪の高速など、絶対に4WDじゃなきゃ駄目と感じる程でも無い安定感ある走りです!1月から通勤にも使い毎日走りを堪能中。職場からはいい歳して、イエローには乗れないなど冷やかし浴びてますが、これが自分では小気味良く思います。TV-CMイメージ?出先で前車に道譲られたり、後から煽られたりもします。急ぐ車には道譲り、車間距離詰める様な運転はしない様にしてます。また横断歩道に人見たら、停止し渡らせる様にしてます。ゴールド免許は健在!移動式オービスが宮城はまだ導入されてないので?購入を迷ってる方へ、軽自動車TOPグレードにフル装備より、安い買い物です。この車はジキルとハイドの様な性格で、どちらも楽しめるはずです。55になったメタボなオヤジの散文、読んで下さりありがとうございます!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
宮城県

新車価格
183万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった87人(再レビュー後:49人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kond77さん

  • レビュー投稿数:184件
  • 累計支持数:453人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
32件
13件
スマートフォン
5件
17件
Bluetoothスピーカー
7件
10件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】若くないのでホワイトパールにしました。個性的でカッコイイですね!

【インテリア】200万円以下とは思えないほど高級感があり好感が持てます。

【エンジン性能】まだ慣らし中ですが低回転から図太いトルクで力強いです。高回転があまり回らないようで楽しみが半減する?ようですのでECU交換を検討中です。

【走行性能】車体剛性が良いせいでメカニカルグリップが良いのが体感できます。ステアリングからのインフォメーションも程よくスピードを感じずに走行が可能です。

【乗り心地】よくはありませんが、剛性が高いおかげでギャップ、穴に落ちても角の取れたしっかりした乗心地で非常に満足しています。

【燃費】このパワーにしては、かなり満足できるものですね!

【価格】200万円以下で、この性能が買えるのは、ほかの車種には見当たりませんね!?
決して欠点、不満が無いわけではありませんが、これからチューニングなどの楽しみを考えると、かなりお買い得ではないかと思います。

【総評】12月15日に注文し、2月6日に納車になりました。早いほうですかね?

Keiワークス4WD MTからの買い替えで、まだ1週間です。当方札幌ですので、タイヤは純正ホイールにブリザックVRX2(195/45-17)で、ほとんど凍結路面でしか乗っていない状況です。
発進はFFなのでやや滑るのは仕方ありませんが全体的にグリップは良いすね!
ただESPの挙動は頂けないことが多々あります。発進時は、まだ我慢できますが、雪の轍から出た時やコーナリングで滑り始めた時など、リアタイヤに一瞬ブレーキがかかることがあるので驚きました。
スノーブレードもKeiワークスの物がそのまま使えました。フロントは若干短めですが、また逆にリアは長めですが、どちらも問題ありません。

Keiワークス4WDは小さいので滑りながらでも結構振り回せましたが、スイスポはKeiワークスに比べれば車体が大きいですし、駆動方法の違いもありますが、違和感無く振り回せるので楽しいです。なにより安定性が格段に違いますね!またESPをOFFにすると、自由自在にコントロールできるので、いかにも操っている感じになれます。

雪道を走ると空力が良い?せいかリヤゲート、ウインドウに雪がかなり跳ね上がるので後方視界がすぐに無くなります。テールランプもLEDなので付着した雪が融けなく後続車は見づらいかも知れません。

あとシフトフィール、クラッチの感覚は最初違和感があり、かなり慣れましが、クラッチのストロークは大きいので要改善ですね!
シフトフィール(ストローク)も改善したいので、ショートストロークシフトが発売されるのが待ち遠しいです。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
北海道

新車価格
190万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ピーセブンセブンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
272件
カーナビ
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

先日12ヵ月点検が終了しましたので、改めて再レビュー致します。
結論から先に言いますと、小生にとって最高の高性能実用コンパクトカーということです。

日本の道路事情ではとても使い易いサイズであり、日常のちょっとした使い方でも何も難しいこと無く気軽に使えます。
一方、その気になればホットハッチらしいキビキビとした楽しい走りも堪能できます。

価格も皆様が仰っておられるように、当にバーゲンプライス。セフサポをオプションでオーダーしても200万円ちょっと。この価格でこの性能と安全性が手に入る、内外見渡しても全く見当たりません。

そしてとにかくライトウェイト。それが動力性能や燃費など大変良い効果をもたらしています。しかし軽量だからと言ってシャーシやボディの軟さは全く感じません。

但し超軽量故に、個人的には若干ネガに感じることもあります。特にミッションとの関係においてですが。
例えば雪道などの低ミュー路では、発進時に少々気を使いますね。小生のスイスポはATなのでMTより1速2速はギア比が低いですから、Dモードでのお任せスタートではなく、Mモードにして2速スタートを多用しています。1速スタートですとアクセルの踏み加減次第では、容易にトラクションが掛かり難くなります。
また通常のスタートでも直ぐに吹けきってしまいますので(アクセルを多少踏み込んでもギア比が低いので大したスピードはでません)、もう少しギア比が高くても良いと思います。その方がスピードの乗り感が良く感じるでしょうし、このエンジンはどちらかと言うと中回転域を上手く使って走った方がスムーズに走れると思います。少しスタンディングからのロケットスタートを意識し過ぎた設定に思います。
一方、MTの方はもう少し高回転も使いたい方もいらっしゃるでしょうから、コンピュータチューンでレブリミットを上げたくなるのは理解できますね。
プジョーの208が同じようなギア比ですが、あちらはスイスポより大人2人分重いですし、エンジンも一回り小さいですからそれで合っていますけどね。
今は意識的にパドルでシフトダウンせずに、3速から5速を上手く使い、エンジンに負荷を掛け、緩くブーストを利用してスムーズに走ることを心掛けています。

軽さとミッションとの関係を少し述べましたが、まぁ強いて言えば位の感じと思って頂ければと思います。

何れにしましても、一年間乗ってきて大変便利に楽しく使っています。
細かい?はあるにせよ、ディーラーにも気さくにお付き合いさせてもらっていますので、100点満点ではありませんが充実したカーライフを送ることができています。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
埼玉県

新車価格
190万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった39人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

trtr101さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア無評価
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格無評価

スルスル発進しました
加速いいけど、2000rpm以下はスロットルレスポンスイマイチ

レスポンスは欲しい一方でマニュアルモードは億劫だから、シフトスケジュール変えたりアイドル回転変更する事で2000以下にならないボタンが欲しい

試乗なので、あまりグリグリ曲がる運転できなかったのだけど、軽いからグリンと曲がるのが楽しいはず

アイドリングストップ欲しい

シートヒーターせっかく付くのだから調整効くといいなと思う、だって暑すぎて切っちゃったから

レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Boys Bikerさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:1737人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5

スイフトスポーツ(MTとAT)に試乗しました。ベンチマークは、以前試乗したスイフトHYBRID RSです。以下レビューします。

【エクステリア】視覚的に際立つ個性はなくなりました。チャンピオンイエローの出で立ちで現れましたが、これまでのような「学校のレモン石鹸」っぽさは感じられません。
とは言え、スタイリッシュになり、準備されたカラーどれを選んでも、映えそうです。むしろ、カラー選びは、かなり迷いそうです…。
気になる点は、後部ドアノブの使い勝手が悪そうなところと、SUVチックなホイールです。スポーティーなホイールの方が似合いそうです。

【インテリア】ベンチマークとほぼ同様の印象ですが、更にスポーティーです。赤のパネルは、やりすぎな印象ですね。黒系の色でまとめた方が好みです。

【エンジン性能】高回転エンジンで官能的なエキゾーストサウンド、と言うようなエンジンではありません。しかしながら、トルクフルなエンジンであり、低速でも粘るため、MTでのシフト操作が苦にならりません。またアクセルを踏み込むと、シートに吸い付けられ、パワフルなエンジンだと感じます。

【走行性能】スズキのお得意な「軽量×ターボエンジン」の組み合わせ。そのため、アクセルを踏み込めば、しっかりと加速します。ハンドリングでは、入力に対して、素直に反応するところが良いですね。またカックンブレーキと言われますが、このクルマの動力性能に対して、このぐらいのブレーキ性能がないと、むしろ、クルマを制御できない恐怖を感じそうです。

【乗り心地】ベンチマークに比べれば硬く、ファミリーユースとして使用するならば、家族の同意が必要となりそうです(ゆったりとしたドライビングならば、かろうじて許容範囲か!?)。
また軽量化やコスト削減のためか、タイヤが巻き上げる小石が、タイヤハウスへカラカラと当たる音がよく聞こえます。この辺りは、安っぽく感じられます。

【燃費】試乗のため評価なしです。このクルマの愉しさで、13km/l程度(ハイオク仕様)ならば許容範囲です。

【価格】バーゲンプライスです。コスト削減されている箇所は多々見受けられますが、走りの愉しさを損なわないように、また安全性能にも配慮されており良心価格です。

【総評】当初はAT車に興味があり、MT車には恐る恐る試乗しました(YouTubeでMT車の運転方法を復習しました、笑)。しかし、MT車の方が運転していて愉しく、試乗後には「まだまだ運転したいな」と思いました。理由としては、MT操作に焦らず、エンストする恐怖から解放される@軽いクラッチペダル、Aスコスコと入るシフトフィール、B低速でも粘るトルクフルなエンジンなどが、挙げられます。
一方、AT車は、パドルシフト操作で、MTのような変速フィールが味わえ、愉しく走れます。完成度が高いATと評判であることが理解できました。更に、愉しさを演出するために、パドルシフトのみならず、シフトレバーにマニュアルモードがあれば良かったです。やる気にさせるクルマなのに、シフト操作がないと左手が暇なんですよね、笑。
充実した安全性能があるため、MT車でも臆することなく運転できそうですが、やはり、仕事帰りの疲れた状態で乗ったり、家族が運転する場合などは、断然AT車の方が良さそうです。
試乗では、ポジティブな面ばかりが見えましたが、私のように、T社系列のクルマばかり乗り続けてきた人間からすれば、このクルマを所有すると、スズキクオリティーに閉口することがあるかもしれません。
とは言え、ガチガチのスポーツカーに乗るのではなく、日常でも気軽に乗れるため、また価格的に見ても手に入れやすく運転しやすいため、イチオシなクルマです。MT車を選べば、MTの良い練習ができそうですし、クルマ好きになれそうです。
最後に、スイフトスポーツに試乗して、ベンチマークのスイフトHYBRID RSの完成度の高さも感じました。スイフトスポーツに対し、ベンチマークは、マイルドでユーザーフレンドリーなクルマです。スイフトスポーツに試乗して、「ちょっと、スポーティーすぎるな…」と感じられたならば、ベンチマークに試乗して見ると、しっくり来るかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフトスポーツ
スズキ

スイフトスポーツ

新車価格帯:183〜190万円

中古車価格帯:129〜348万円

スイフトスポーツ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <489

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意