スズキ スイフトスポーツ 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル

スイフトスポーツ 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフトスポーツ 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ベースグレード 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 34人
ベースグレード (MT) 2017年9月20日 フルモデルチェンジ 71人
満足度:4.65
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:115人 (試乗:41人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.15 4.34 89位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.89 3.93 90位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.66 4.13 29位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.66 4.21 23位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.14 4.05 100位
燃費 燃費の満足度 4.16 3.89 47位
価格 総合的な価格の妥当性 4.78 3.88 2位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:エコ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

トイレットペーパさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

この車の評価をご覧になられているおかたは運転が楽しくて窮屈感のないホットハッチをお探しですよね?
なので見た目や使い勝手は省きます。
使い勝手はトランク小さめの普通のコンパクトカーです。

ザ・ライトウエイトスポーツ。横方向のグリップが高く、コーナーをスパスパ気持ちよく曲がれる
軽い車重に16インチブレーキなので、飛ばしても思った以上に止まれる(ミニサーキットにて)
軽自動車に140ps積んだようなものなのでコーナーの立ちあがりにホイールスピンしながら加速できます
だらしなくザーっと滑るのではなく、トラクションが掛かりながら進むので快感。

以前は中古で運転の楽しい車を探しておりました。
中古のシルビア、スカイライン、シビックなどを物色しておりましたが、どれも20年落ちで修理やメンテナンス、燃費など大きな費用がかかってしまいます。
燃料タンクが腐ると悲惨です
ポンプやフィルター、ヒューエルラインにインジェクター。数十万コースです泣
他にも心配は尽きません。

そんなところに現行スイフトスポーツ君!新車で保証付きで税抜き170万円!安い!笑

それなのに筑波のノーマルでのタイムはシビックtypeR(ek9)の1秒落ち!表現が難しいのですが、三次元的に速いんです。
下駄車として使う私にはもったいない性能です。

走り以外はいろんな不満があるかもしれません。
ですが、デザインが美しければ走りが良いのでしょうか?
5コートパール塗装で内装のスイッチの感触が良ければ走りが良いのでしょうか?
ダッシュボードに革を張ったら気持ちよくなるものなのでしょうか?

見栄を捨てれば安くて楽しい車が出来るんですね

もうトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルは海外市場しか見ていません

トヨタ「顔厳つくして内装豪華にさえすれば車音痴にバカ売れ笑」

ホンダ「日本?軽かステップワゴンでも乗ってろ。シビック乗りたきゃ輸入してやる。」

日産「日本?ああ、新型出すの忘れてた。まぁいいや」

マツダ「車はこのデザインが美しい!こういう骨格でこういう運転をしなさい!ナビはマツコネな!」

スバル「日本?北米のオマケかな」

初めてスズキの車を新車で買いましたが、スズキさんにはこれからも日本向けの楽しい車を造っていただきたいです。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
静岡県

新車価格
187万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった124人(再レビュー後:88人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

元・窓際測定員さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

6.7(金)〜6.8(土)の丸2日間、スイスポのレンタカーを拝借して走らせてみたので、今回はそれのレポート。
但し私は普段先々代のスイフト(ZC11S・2007年式)に乗っているため、それと比較しての見方が主となってしまうことを最初に断っておきたい。


性能の割に安いという評価がすっかり定着した感のある今作のスイスポ。
そこは自分も同意である。
しかしあえて難を挙げるとすれば、以下の3点

・何故ショッピングフックを省いた?

今作のスイフトシリーズ全般に言えることだし、実用面を敢えてどうこう言う車種じゃないのは重々承知の上だが、いくら軽量化したいからって、何もわざわざ助手席シート背面のショッピングフックまで廃止することもなかったと思うのだが。ま、ブックポケットはついているので、それを活用すれば良いだけなのだが。
それにしても今作の開発陣の軽量化に賭ける意気込みは凄まじいなあ。フロアマットまで薄っぺらいんだもの。


・フィーリングがガサツなブースタージェットエンジン

昨年のこの時期にレンタカーで借りたRStもそうだったが、今回乗ったスイスポの4気筒1.4Lバージョンも、振動はともかく音の質感は今ひとつと感じた。スイスポに求められているものはその面の性能の良さではないとは思うし、エスクードに積まれているレギュラーガソリン仕様ではまた違うのかもしれないと思いたいが、もしかして、このK型エンジンはターボとの相性があまり良くないのだろうか。もしそうなのだとしたら改善が必要かと思われるが、如何だろうか。
ただこのエンジンのトルクは本当に凄く、地元の三ヶ根山スカイラインの狭くて曲がりくねった登り坂を、ヘアピンカーブに近い曲率のコーナー以外の大半の区間で3速固定でヒラヒラと駆け上がっていくのは楽しいひと時であった。

・ハンドルの中立付近の手ごたえがちょっと変

標準車、特にRSのMTを試乗してみた時はそんなことはなかったのだが、スイスポの場合はハンドルの手ごたえがちょっと変なのだ。
どう変なのかと言うと、まず、コーナーを旋回している最中に、アクセルを踏み足してもいないのにハンドルがセンターの位置に戻りたがろうとする。『直進安定性の良さを演出するための小細工か?』と思ったが、元々軽量な車重も相まってか、直進安定性もさほど良いとは感じられず、普通に真っ直ぐ走るのにはさして問題なかったが、ちょっと変な感触ではあった。

とまあ所々でまだ詰めの甘さは正直感じたけれど、それにしても運転が楽で楽しい車だったことは確か。ただ、この車を運転初心者に勧められるかと言うと、うーんどうなのかな。私は反対ですね。本来ならこの車に興味を持ってもらえるってだけでもありがたいことなのかもしれないけれど、これだけトルクが豊潤な車を最初に選んでしまうと、少々状況判断がいい加減でもまともに走れてしまうことも考えられるので、正確な状況判断の能力を養うには不向きかと。判断ミスを車が補ってくれるから安全で良いのかもしれないけれど、そういうスタンスとは真逆と言えるでしょうね。

なお丸2日間208.1km走り回り、燃費は満タン法で15.75km/L、ディスプレイに表示された平均燃費は15.9km/Lであった。ハイオク指定のハイパワーターボ車としては異例の好燃費と言って差し支えないのではないだろうか。改めて、こういう車を出してくれたスズキには敬意を表したい。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

miurincaさん

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:649人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
341件
薄型テレビ・液晶テレビ
7件
8件
ノートパソコン
4件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

納車1.5年 1万キロ走りました
途中何度もECUやマフラー交換を考えたけど結局ノーマルのまま

思い通りの運転が出来る車って意外と少なくて他メーカーのライバル車はエアロや足まわりに固執しすぎて肝心なエンジン性能が物足りない 外車勢は価格差ありすぎなので この車は良いところを突いています 思い通りの加速減速やコーナーリングを思い通り以上にこなしてしまうスイフトスポーツは私が何台も車を乗り継いできた中でも最良の車かも知れません

軽量ボディにターボエンジン 乗り心地が悪すぎない足回りの組み合わせの結果 運転が楽しい車です

燃費や排ガス規制がどんどん厳しくなってゆく現在 このような車は販売停止に向けて既にカウントダウンが始まっている可能性もあり いつか名車として語り継がれるかも知れません

免許取得した頃はZやスープラ セリカ シルビア シビック全盛期の時だったので あの頃の良かった時の思い出が蘇って来るとともに新しい時代を感じさせてくれる そんなクルマです

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
群馬県

新車価格
187万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった106人(再レビュー後:49人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

★わんたさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
21件
車ガラス用品
0件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

約2ヶ月乗ってみて、気がついた事をまとめます。

・タイヤが小石を拾いタイヤハウス内でコツコツ、カラカラという音が気になります。
 前までの車のタイヤハウスだとザラザラした少し柔らかい素材だったので吸音効果があったのだと思います。

・ドアミラーヒーターが標準と思っていたが霜が溶けないので無いみたい。

・後部ガラスの熱線で霜が溶けるのに今までの車より時間が掛かる気がする。
 ハッチバックなので空気が当たらないのが関係してるのかも知れませんが・・・。

・FF軽量なのでトラクションがかかり難い。
 理解して買ったのですが、MRや4WDと比べると発進時だけは同じように踏めない。
 路面が悪いと、軽く踏んでも思ってた以上にタイヤが滑る。

・安全装置で横断歩道をセンターラインと間違えるなどは理解できるのですが、何もない所でブレーキ踏むようにとピピピと鳴った事が3回程あります。
 勝手にブレーキ操作して止まった事は無いので、「まあ、いいか」で済んでいますが気になります。

・最初の頃は、速い車だと感じていたが、慣れてくるので普通に感じてきている。

・左足の置き場が、あまり居心地がよくない。

・アクセルの右横の壁が邪魔だ。
 もう少しアクセルが右側であって欲しかった。

・運転姿勢や視線の高さが、全然スポーツ感が無いので、何か物足りなさを感じる。

・サスペンションが、スポーツにしては柔らか過ぎる印象。
 これ以上硬くするとファミリーカーとして欠点になる可能性はあるけど。

・燃費が良いので、それ程気にはならないが、惰性で進む時にギアをガンガン落としてエンジンブレーキを使うので予想よりも減速してしまいアクセルを踏み足すか、惰性で進みたくてもある距離までつめてからアクセルを離すように乗り方を変える必要がある。

価格的には、大変満足していますし、上記の内容を修正して車体価格250万〜だとなれば買いません。
無い物強請りみたいな感じと思ってください。
今購入を考えている方で参考になれば・・・。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
三重県

新車価格
194万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった49人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakurai2216さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:167人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
49件
イヤホン・ヘッドホン
6件
3件
タブレットPC
4件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

とりあえずノーマルで半年ECU交換で3か月乗ってからのレビューになります。
【エクステリア】
フロントが絞ってありコンパクトさを強調するつくりになっていると思います。ただスイフトスポーツは色によって印象が変わってしまうので、黄色や、赤などの派手目の色とほかの色ではまた感じが変わると思います。
【インテリア】
派手過ぎず地味すぎず、落ち着いたつくりになっています。
【エンジン性能】
90点を挙げていい官能性の高いエンジン。この価格で作れるのは奇跡。あえて抑え気味のエンジンをECUを交換すると上まで上がってレスポンスがよくそして燃費も変わらないような神エンジンになります。変更後は100点。びっくりするぐらい速くなります。
【走行性能】
軽いのでスイスイ向きが変わります。エンジンが勝っているので我慢する場面も多いですが軽量高出力コンパクトの車はほかの日本車にはありません。
【乗り心地】
トントントンと段差をこなしていきます。重さがないため振動が多いと感じる場面もありますが重くてしっとり走れる車とは向いてる方向性が違います。
【燃費】
50キロ往復の通勤で使っていて結構飛ばしますが飛ばしたからと言って燃費はそれほど変わりません。16〜17。ECU交換後も一緒か若干よくなったぐらい。速くなってレスポンスがよくなって燃費が上がるからくりはもともと純正は燃料が濃いらしい。
【価格】
発売直後の込々180万で買った私からすれば適正価格は220万が妥当。スズキの値札のつけ方間違ってます。
【総評】
案外競合するようでしない、同価格帯で敵なしの車。比較するというより指名買いのほうが多いのでは。ロードスター、86が300万を越え、軽自動車が200万する時代に高出力、軽量コンパクト、低価格、ターボ、高燃費すべてそろっています。正直もう一回同じ車買ってもいいと思いますがマイナーチェンジがあれば間違いなく価格が上がります。今迷っている人にぜひ即買いしてほしい。そしていじるのであれば、サスよりもマフラーよりも、まずECUを変えるべき。封印が解けます。ああそれと迷ってる、または迷うぐらいならMTを買うべき。ATしか乗れない、乗らない人はATでも遊べますけど。理由はセカンド、サードで引っ張って飛ばした時の加速感が違う味を感じてほしいのと、高パワーなので雑に乗ってもATでも十分早いのですがECU交換後のアクセルワークで3000回転〜6500回転をキープしながらのコーナリングや繊細なアクセルワークを若い人に覚えてもらってもっと車を好きになってほしいから。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
大分県

新車価格
187万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった59人(再レビュー後:58人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hobby555さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
43件
タイヤ
0件
4件
スタッドレスタイヤ
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】

コンパクトカー感が少ないデザインで気に入ってます。特にリアから見た
ボリューム感がGood。SUV的なアルミホイールは?だったんですが
見慣れてきたらこれも有かなと思えてきました(笑)
腰高感を気にして車高調を入れる方もいますが自分は塊感があって好きです。

【インテリア】

PWの照明が運転席のしかも運転席側だけとか、後席の照明
リアドアのアームレストガーニッシュが無いなど割り切った部分も
有りますが、全体的なデザインとしては奇をてらったところもなく
違和感なくなじめると思います。
また、姿勢を崩さなくても手に届く位置に各スイッチが在ったりと
コンパクトならでわのメリットも感じます。
FULL乗車で利用されることが少ない人には充分じゃないでしょうか。

【エンジン性能】

ブーストがかからない低回転から十分ななトルクがあり乗りやすいです。
マニュアルモードで高回転まで回した時の伸びは+500回転欲しいところです。
MTの方はその辺が物足らないのではと推測しますが、逆にATとの
相性は良いと思います。

【走行性能】

ダイレクト感の強いATとリアの接地性が高いことが実感できます。
直進性もFF、コンパクトでありながら問題なく高速道路もリラックスして走ることができました。
ブレーキ容量も充分ですし基本的によく走り、よく曲がり、よく止まる車だと思います。
また、下り坂でエンジンブレーキを使うときの制御も良くできていると感じます。

【乗り心地】

柔らかくはありませんが車の性格を考えると納得できます。
前車のLEVORG GT−S(A型)よりはいい感じですが
子供、女性からは堅いと評価されるかも知れません。
路面の情報はよく伝わってきますが自分は好みです。
3000kmを超えてサスも馴染んできたのが実感できるので
もう少し距離が延びれば更に角が取れて良くなりそうな感じです。

【燃費】

坂の多い処に居住していますが思いのほか良いです(13〜15q/L)。
ハイオクとの違いがありますが嫁車のKターボと遜色ありません。
カタログ値と実燃費の差が少なく、高速ではカタログ値越えもあります。
ただガソリンタンクの容量が37Lしかなく警告灯点灯前に500qに
届きません、あと5L多ければ良いのですが...


【価格】

これはもうバーゲンプライスとしか言いようがないですね。


【総評】

初めてのSUZUKI車ですが走る、曲がる、止まるの車としての基本部分に
コストをかけ、削れるところは削るという割り切りが素晴らしいと思います。
LEVORGからダウンサイジングしましたが走りにおいては遜色なく良い選択
だったと思っています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
兵庫県

新車価格
194万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった38人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:649人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

スイフトRSt ZC13S (1.0ターボ+6AT)オーナーです。
スイスポ6AT、6MT、両車に試乗しましたので比較します。

結論から言いますと、悩むくらいならスイスポを買いましょう!!

 私は車検のタイミングでスイスポを待てませんでしたが、試乗した結果、もし同時に選べたら断然スイスポを選びました。
総支払額が50万円違ってくるとしても、輸入ホットハッチに手を出す必要がなくなるのですから安いもんです。

【 スイスポAT VS スイフトRSt 】

● 快適性

 タイヤの扁平率がRStより下がっているのに乗り心地は悪くなってません。テネコの恩恵?

 RStは自動シフトアップが早いくせにパドルシフトでのシフトアップを受け付けなかったりしましたが、スイスポのシフトスケジュールは賢くなりました。こちらの意図を汲んでるかのようです。ほとんどパドルシフトに触れる必要がありません。

 エンジン音・排気音は残念ながら3気筒のRStよりうるさくなっています。
 4気筒だからもっと静かで抜けが良く、官能的な音質を期待していたのですが、常時ボコボコ言ってるんですよ。
 この音質が気になるなら現行スイスポ6MT、先代スイスポ、現行スイフト5MTを検討してください。

 なお、アイドリング時の振動はRStより少なかったです。

 前席シートのホールド性か向上しましたが、後席のホールド性の悪さはRStと同じです。今思うとソニカの後席は前席とおなじくらい座り心地がよかった。

● 動力性能

 最大トルクの発生回転数はRStの方が低いですが、実際にはスイスポの方がターボラグが少なく感じるのは圧倒的なトルクの太さゆえでしょうか。

 RStでさえ先代スイスポCVT並みの加速感がありますが、現行スイスポでフル加速すると、もはやクルマというよりバイクに近い加速感があります。

● 制動力

 RStはブレーキペダルを踏んでいようが踏んでいまい(エンジンブレーキ)が40km/h付近で回生ブレーキが作動したかのようなカックン現象が生じます。そしてそれらしきチャージ音も実際に聞こえます。RStはそれ以外でもブレーキペダルの反応が強すぎるのが
私の好みではありませんでした。

 スイスポは絶対的な制動力も増してますが、制動フィーリングも向上し、カックンブレーキじゃないのもデカいです。
 
● 直進性

 ハンドルが良い意味でRStより重くなっています。RStは低速域で微妙に修正舵を当てていないとまっすぐ走らないのですが、スイスポは低速域でも“座っています”。接地感も高いです。コンチネンタル製タイヤの恩恵?

● 旋回性

 乗り心地は悪くなっていないのに、スイスポは一段と気持ち良く曲がります。FFなのに振り回せますね。スイスポが四輪駆動車になったら更にスタビリティが増すんじゃないでしょうか?

● 取り回し

 車幅約4cm拡大、トレッド約3cm拡幅は普通に走る分には影響ありません。室内から見える風景も全く変わりません。

 車庫入れで据え切りをするような状況でやっと回転半径がRStより大きくなったと感じますが、それでもZC11/21/31S時代に戻ったと思えば、特に小回りが効かないとは思いません。スイフトはもともと小回りが苦手なコンパクトだったわけで、今回RSt以下が一般的なコンパクトカー並みにハンドルが切れるようになったんです。

● 経済性

 同じディーラーに置いてあった試乗車の平均燃費計はRSt(9.2km/L)、スイスポ6AT(7.7km/L)、スイスポ6MT(8.7km/L)を示していました。短時間の試乗で皆さん結構エンジン回してますから実際の使い方より悪い数字だと思いますが、現時点でのレギュラーガソリンとハイオクガソリンとの価格差を加味しても、RSt と スイスポ6AT で燃料代30%増し程度に収まっています。RSt と スイスポ6MT でも燃料代15%割増し程度に収まっています。重量税は全て同じ、自動車税もわずか年5,000円増し。 本体の価格差も意外と少ないです。

 スイスポを選ばない手はないでしょう?


【 スイスポ6MT VS スイスポ6AT 】

 6AT か 6MT にするか、悩むくらいなら 6MT にして欲しいです。

● 動力性能

 スイスポ 6MT と 6AT の動力性能差は スイスポ6AT と スイフトRSt ぐらいの差があります。
 スペック的にはほとんど同じですが、 6MT と 6AT では ダイレクト感=加速のキレ が全然違います。
 
 そして1,000回転からでも再加速できるトルクの太さゆえズボラな運転も可能なのです。スイスポMTは、3人乗って、クラッチミートするだけでエンストせずに発進できる低回転トルクを持っています。 スイフトZC83Sで同じことをすると即エンストしてしまいます。

 シフトタイミングの自由度もMTの方が高いです。AT車 はハンドルといっしょにパドルシフトスイッチが回転してしまうので旋回中のシフトがほぼできません。

● 快適性

 快適性もMTの方が高いです。エンジン音・排気音がMTの方がかなり静かで濁りが少ないです。

 スイスポは MT であることの負担がほとんどないくせに走る楽しさは増し増しなんです。
 それでいて値段も安いのですから MT を選ばない手はありません。

 唯一惜しいのが、MTのシフトフィールですね。クラッチペダルもシフトもチャカチャカ軽すぎておもちゃっみたいなんです。軽自動車じゃないんだからもう少し手応えがあって欲しいです。

 そしてクラッチペダルの位置はZC11/21/31S時代より良くなりましたが、アクセルとブレーキペダルは5cmずつ右に移動して欲しいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった63

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まめたろさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費1
価格4

本日ZC53Sの1ヶ月点検のついでに試乗させてもらいました。そしたらスイスポが2台納車日やったみたいですw

新型素イフトと較べて

エクステリア
外観はフロントグリルもドッシリとした構えになっており、ミリ波レーダーが分かりにくく下側に配置されてたのが良かった。
アルミホイールは残念の一言、バックカメラも地上高が低いため出べそは治らないんだなと思った。

インテリア
タコメーターがスポーツ感が出ていた。シートは素イフトの方が快適と思った。

走り
当たり前ですが、加速が素イフトと較べると段違い。坂道が多い地域なのですごい楽に走行出来ました。乗り心地は素イフトの方が上ですね、あと排気音がすごくうるさく感じました。

燃費
許可を頂いてリセットしていただき、5キロほど走りました。9.6km/Lでした。
坂道が多いということもありましたが、今乗ってる素イフトが1000キロ走り20km/Lほどに対してハイオク仕様だし維持費が、、、て感じです。

値段に関してはターボ付きをこの値段で出すなら、素イフトもっと安くせえよて思うくらいの破格です。


街乗りメインの自分は正直にスピード出す場所がないし、燃費が、、、

他の車より早く走りたい、山道をガンガン登りたいていう人にはオススメですが、エコで静かに安全運転したいという人には素イフト向きですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

晴国蒼空さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:659人
  • ファン数:63人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5
   

スイフトスポーツのロゴ!!

   

先日、試乗してきました。
まだ、免許取得2ヶ月目でなおかつ、ペーパードライバーが運転した感想ですが、参考程度にどうぞ!!

【エクステリア】
オーバーフェンダーによって、3ナンバーになったが、5ナンバーよりも自然に見えますね。日本仕様以外ではRSや通常のグレードも3ナンバーサイズだそうです。
ふっくらした感じが迫力に感じます。リアスタイルはラパンに通じる雰囲気を感じられ、個人的には好印象。
フロントスタイルはスイフトをベースに、グリル部分は地味ですが、チャンピオンイエローのボディーにはこのぐらいが中和して良い感じです。
ネット上ではスポーツらしくない!って言われており、画像では個人的にないなぁと思っていた、アルミホイールのデザインがむしろ、個人的には気に入りました。
サイドガードがブラックですし、リアドアのノブがボディではなく、上の方にあり、同じ位置にあるC-HRやヴェゼルといったクロスオーバーSUVのような雰囲気があり、ハスラーのアルミホイールを基にしたようなアルミホイールのデザインがSUVのような雰囲気を演出させていました。

【インテリア】
これはベースであるスイフトとはほぼ変わり映えはしないんですが、シンプルで洗練されたインテリアだと思います。
ステアリングは日産のセレナ(ランディー)に近いデザインですが、グリップ力があり、持ちやすかったです。ただ、下がピアノブラックであり、指紋が目立つのがマイナスかな。
あとはATだと、シフトレバー周辺がピアノブラックになっているため、埃が目立ちやすく、傷が付きやすいです。(店舗に行く前に店舗近くのイベントホールにて全国産メーカーの展示会をしていてそこにATが展示されていた)
個人的に評価したいのがメーターです。
左右ゴーグル状のメーターで真ん中に液晶が配置されているのですが、バランスがよく、高級感があり、とても見やすいように感じました。
ただ、標準車でも220km/hまでありますが、180km/hまでしか基本的には書いていない日本では260km/hも必要はないかな。

シートは2代目以来再び、ヘッドレスト一体型になりましたが、これはこれでいいと思いますね。ワークスではレカロですが、レカロまでは要らないです。第一に私は体格が大きいので・・・。

【エンジン性能】
運転してい楽しいなぁとは思いますが、市街地ではオーバースペックかも・・・。
1.4Lのターボエンジンですが、ターボが入ることで動力性能は2000cc相当なので、軽量化によって970kgになり、1tを切るボディで2000ccのエンジンがあるようなものなのでそりゃ、速い!
だから、気をつけないと4速であっても80km/hは余裕で出てしまいます!しかし、走らない!鈍亀!と言ったストレスを感じるよりはいいと思います。

【走行性能】
操作には不慣れな私ですが、運転しやすかったですね。ボディサイズもオーバーフェンダーなだけであとは5ナンバーサイズですし、軽四、ミニバンよりも安定性があります。
これは通常のスイフトでは分かりませんが、スイスポのAT仕様でも健在だと思います。

【乗り心地】
スポーツタイプにしてはムチャに硬くないなぁって印象です。
長時間走行しているわけではないので、分かりませんが、3km程度の試乗では何ら問題なしです。
リアシートは少しフロントに比べるとやわらかい印象を受けました。

【燃費】
数値としてみれば、10数年前にクルマのレベルですが、実燃費は運転の仕方によりけりだし、3kmそこらでは分からないので無評価。

【価格】
MT仕様でノンオプションで約184万円。
それに自動ブレーキをつければ+86400円、ATに変更すれば+70200円高くなりますが、FITRS、ノートNISMO、ヴィッツのGRでは軒並み200万円越えですし、ガソリンはハイオク仕様で燃費数値はよくありませんが、ライバルよりも設計が新しく、この動力性能なら買いでしょう。

【総評】
免許を取得して約2ヶ月の初心者ですが、運転を上達させるならばこのようなクルマでやりたいなぁと感じさせてくれました。
動力性能のみならず、様々な部分で私の想像を超えていました。
踏みすぎると動力性能が高いため、危険ですが、安全運転で運転するという最低条件の下で楽しさを大いに感じられるのは良いなぁと・・・。
税金も2代目・3代目とは異なり、1500cc以下のクラスに格下げになり、1600ccに比べると税金面では有利になりました。動力性能の高さと引き替えで失った燃費とハイオク仕様ということが課題ですね。

画像は幾らかありますが、諸事情により、スイフトスポーツのロゴだけになります。ゴメンナサイ。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はるしょさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア無評価
インテリア無評価
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5

過去、HT81S及びZC32Sを所有していました。中回転から炸裂するトルクに圧倒されました。結構ドッカンな感じです!過去所有のスイスポは程よい加速感が心地よく扱いきれるパワーでしたが33Sはかつて友人が所有していた550ccのアルトワークスを思い出させてくれます。回転落ちがターボ車とは思えないくらい早いため、シフトダウンが非常にしやすく、ペダルはヒールアンドトゥーがしやすいように配置されています。足回りもロールが少ないように感じましたので好印象です。過去のスイスポと比べるとキャラ変したのかと思うぐらい変わった印象でしたが値段はお手頃のままですので、またスイスポオーナーに戻りたいと思わせる試乗体験でした。ただ、レッドゾーンが6200回転と低いです。やはり7000回転は回って欲しいですね。それでも、過去にインプ、ランエボを所有していた方も満足出来ると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった19人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スイフトスポーツ
スズキ

スイフトスポーツ

新車価格帯:187〜194万円

中古車価格帯:119〜355万円

スイフトスポーツ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <512

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意