α7R II ILCE-7RM2 ボディ レビュー・評価

2015年 8月 7日 発売

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

  • 新開発の有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載した、プロ・ハイアマチュア向けのフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • フルサイズ領域での4K動画記録に対応し、フルサイズの表現力そのままに高解像な4K動画を記録できる。
  • 大幅に進化した「ファストハイブリッドAF」を搭載。さまざまなシーンや被写体において、高解像度性能を生かした撮影を実現する。
α7R II ILCE-7RM2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥192,323

(前週比:+2,523円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥109,800 (17製品)


価格帯:¥192,323¥213,950 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24.0mm/CMOS 重量:582g α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディSONY

最安価格(税込):¥192,323 (前週比:+2,523円↑) 発売日:2015年 8月 7日

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.53
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:99人 
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.27 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.85 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.80 4.28 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.62 4.14 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.40 4.25 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.41 4.40 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.34 4.32 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.15 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

そうやなあさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
517件
デジタルカメラ
3件
63件
レンズ
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶無評価
ホールド感5
当機種FE85mm/f1.8 
当機種等倍画像
当機種稚エビのヒゲも撮れます

FE85mm/f1.8 

等倍画像

稚エビのヒゲも撮れます

当機種ISOオート低速限界を使っています
   

ISOオート低速限界を使っています

   

ミノルタからの流れでEマウントに流れ着いていますが
最近はコンデジを使うことが多くてチョット出かけるときはG5X、
ちょっと撮り鉄のマネごとにはFZ300、野鳥にはSX70HSを使い分けています。
ペンタックスやミノルタの古いレンズの母艦という意味でα7無印を使っていて、
EマウントのフルサイズレンズはFE24-240mmとFE85mm無印だけです。
最近は機材の高騰や、体力の衰えもあり将来的にはAPS-Cへ移行すべく
E10-18mm/F4ほかNEX-6用に数本APS-Cレンズを所持しています。
私の場合、露出補正ダイアルとフロントダイアルは必須なのですが
メーカーは待てど暮らせどAPS-C機の操作性には手を付けてくれそうにありません。
私の写真趣味のレベルでは高画素機も高機能機も必要ないのですが
APS-Cクロップで1800万画素という点でいちど7RUを使ってみようと思いました。
中古AB品が9.5万、α7+キットズームの下取りが4.5万、乗り換え費用は5万でした。


【デザイン】
最新機種まで変わらない一貫性はいいと思います

【画質】
4000万画素を評価できるレンズやモニターを使っていませんが
トリミング耐性があるのは実感します
体長1センチに満たない稚エビを撮影してもヒゲが克明に描写できます

【操作性】
α7に比べてシャッターボタンの位置は自然になりました。
ボディの厚みが増えてリアダイヤルと露出補正ダイヤルは指がかりが悪くなりました

【バッテリー】
みなさんご存知のとおりです
私はバッテリー込でで50グラム増えるより別にスペアバッテリーを持つほうがいいです

【携帯性】
α7に比べて150グラムほど増えました
体力的に軽量化したい思いとは逆行しますが
手ブレ補正とのバーターなので仕方ありません
ボディ自体は良くコンパクトに凝縮してあると思います。

【機能性】
α7に比べて世代が違うことを実感します
マウントアダプターを使ってもAマウントなら手ブレ補正が
焦点距離に自動で対応してくれるのはいいです。

時々撮り鉄をやりますが、α7と同じ5コマ/秒はちょとね、
使用レンズがFE24-240mmですのでクロップ1800万画素前提で
焦点距離、画質ともにちょうどいい感じではあります。

レンズマウントの剛性が上がったことでレンズによっては交換がかなりきつくなりました
私の手持ちではシグマのレンズが持ち方を変えないと入らなくなりもともと持ちにくい
16mm/F1.4DCDNはいつか落とすんじゃないかと。

【液晶】
ほぼほぼ使いませんので無評価です
撮影も確認もファインダーを使います
ファインダーはα7無印より大きく見やすくなりました。

【ホールド感】
グリップしたときのレンズと指の間が少し広くなって窮屈感は改善しました。
ボデイが厚くなったせいか前後に厚くなってC1,C2ボタンは遠くなったように思います。

【総評】
α7の470グラムは軽快なフルサイズ傑作機でした、
150グラムの増量と引き換えに手ブレ補正、高画素、高感度、進化したなあと感じます。
すでにα7Rは4世代目になり更にマイナーチェンジ版が出ていますが
私にとってはこの上何が要るんだろうと思うほどによくできたカメラです。
もともと1800万画素APS-C機として使うつもりでしたが
今更ですが軽い単焦点を1本買ってもいいかなという思いも湧いてきます。

実際の使用感などをブログに綴っています
https://mypac.exblog.jp/

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nkkuraさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
別機種
   

   

すでに生産終了したILCE-7RM2の在庫限りの新品をAmazonにて購入。発売当初は30万円台だったのが今や10万円台までに下がり、買い得感が高い高画素機である。主に風景撮影やポートレート撮影に使用。

【デザイン】
他社のミラーレス一眼カメラよりコンパクトに纏まっているが、存在感のあるデザインである。ボタンやスイッチ類の質感も高いと思う。

【画質】
さすが高画素機といった感じで、色調のダイナミックレンジが広く、且つ解像度が高い写真が取れる。

【操作性】
これまでソニー機しか使ったことが無いが、操作ボタンのカスタマイズも出来て、前機種からの乗り換えでも違和感無く操作することができる。

【バッテリー】
高画素機だけあってバッテリー消費は早めである。300枚程度撮影してバッテリー残量は半分程度。やはり1日は使えないので、バッテリーを複数個持っておく必要はあると思う。

【携帯性】
他社に比べて小型軽量であることか大きな強みである。レンズと合わせて1キログラム以下で収まるところが撮影での機動力に効いてくると思う。

【機能性】
ボディ内手ぶれ補正により他社のレンズ資産を活用できる。但し、最新の機種に比べて処理能力が劣るため、画像処理にもたつく傾向もあった。

【液晶】
液晶及び電子ファインダーは明るく見やすい画質である。

【ホールド感】
通常は軽量の単焦点レンズを装着しており、この組み合わせではホールド感は特に問題は感じなかったが、重量の大きい望遠レンズを装着した場合、小型ボディのために重心が前寄りになりホールド感が悪くなるかもしれない。

【総評】
最新機種に比べれば画質やバッテリー持ちの面では劣るとは言え、それでも高画素機として十分に満足出来る写真が撮れる。且つ中古で10万円台半ばで購入可能であり、手頃な価格で高画素機が欲しいユーザーにとってはコストパフォーマンスに優れた機種だと言える。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

玄人じゃない素人志向さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
5件
2件
プレイステーション3(PS3) ソフト
1件
2件
自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

中古価格が近いEOS RPと迷ったがカタログ上で性能が良く、そもそもの操作性がEOS M6の様にダイアルがついており良かったためこの機種を購入。
【デザイン】
ソニーらしい角ばったデザインです!
すごい好き
【画質】
これは風景などの写真や白以外の動物では4240万画素ですので天下一品ですが、白い(動物)被写体での鮮明さが急激に低くなる。(素人ですので設定が誤ってるかもしれません)
ただし1枚あたり無圧縮RAWで80MB喰う
【操作性】
右手で操作ができるシンプルさで良いです
【バッテリー】
持たないけど前使ってたEOS M6よりは程度ですのでバッテリーを3つ持てば1日遊べます。
【携帯性】
小さいので何処にでも持って行けるためEOS M6を売却するか迷ってる
【機能性】
瞳AFなどが有る!追加でアプリ入れれるので使い切れない(笑)
【液晶】
見やすい。
EVFと再現度が異なるが直射日光でも問題なく見える。
タッチパネルでは無いけど全く問題なし
【ホールド感】
グリップ感は良いけど小指が余る
【総評】
中古で11万なら安いし十分高性能

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

寂しがり屋の単身赴任さん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:895人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
21件
622件
レンズ
17件
76件
デジタルカメラ
5件
36件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー1
携帯性4
機能性5
液晶2
ホールド感2
機種不明
機種不明カスタムボタン多いのは嬉しい。
機種不明キヤノンEFレンズでも十分なAF精度と高画質を得られます。

カスタムボタン多いのは嬉しい。

キヤノンEFレンズでも十分なAF精度と高画質を得られます。

当機種緻密で滑らかな諧調、広いダイナミックレンジの画質と思います。
   

緻密で滑らかな諧調、広いダイナミックレンジの画質と思います。

   

普段、サーキットでのバイク撮影、綺麗なお姉さん撮影、時々物撮りやってます。

【デザイン】
NEX-5Rの頃はそこそこ好みのデザインでしたが、αになってからカッコ良いとは思いません。

まぁデザインなんて個人の好みなので・・・

【画質】
過去に所有したカメラの中でD850と並び最高画質です。

過去に50台近くデジカメ買いましたが、画質で感動したのはシグマのDP1以来です。

逆に言えば、DP1はコンデジ400万画素なのに驚異的な画質だったんですね。

非常に緻密で滑らかな諧調。

RAWでのレタッチ耐性も高く、好みの画質に追い込んで行けます。

画素数も多いのでトリミングも安心して行えます。

知人のプロのレタッチャーさんが、「ソニーのRAWは本当に画質最高」と話してましたが、まさにその通りと思います。

以前、初代無印α7を使ってましたが、その時は「え?これでフルサイズ画質?」とガッカリしてました。

画質だけならα7よりもAPS-Cのα6400の方が良いと思います。発売時期が違うからでしょうね。

α7の経験からα7R2にはそれ程期待してなかったのですが、実際使ってみたら感動画質で大満足です。

なお、自分はMC-11経由でキヤノンEFレンズを結構使います。

EFレンズで撮っても、非常に高画質だと感じます。

FEレンズは安いレンズしか持っていないので何とも言えませんが、EFレンズでも十分な気がします。

【操作性】
これはα7R2に限ったことではないですが、ソニーのデジカメで使い勝手が良いと思ったことないです。

ボタンは小さく数も多いです。キヤノンのEOS kiss Mなんて凄くボタン数が少なく右側に集中配置してますが、本当に良く練られていて、サーキットでの撮影中でも素早く設定変更できます。

富士フィルムデジカメは直感的な操作が可能です。

ソニーもデジカメに全然詳しくない方にテストしてもらうなどして、初心者でも分かり易い操作性にして欲しいです。

【バッテリー】
この項目が最悪。

時々「みるみるバッテリーが減る」という表現を見かけますが、本当このカメラにピッタリです。

「さっき満充電したのに!もう80%切っている」や「あれ?5日前に満充電して一度も使っていないのに、結構残量減っている」ということがあります。特に冬場はビックリするペースで減ります。

機動力は落ちますが、大容量もモバイルバッテリーを繋いで給電しながらの撮影をしてます。

α7R2の性格からしてじっくり撮ることが多いでしょうから、機動性を二の次にしてでもモバイルバッテリー給電撮影を選びます。

【携帯性】
カメラ本体はフルサイズカメラとしては小さいですね。

ただ毎度同じこと書きますが、レンズ交換式カメラはレンズによって大きさ、重さが大きく変化します。

【機能性】
機能テンコ盛りです。

自分は取説読まないので、メニューの中には全然使い道が分からない機能も多少あります。

【液晶】
イマイチです。

EVFはもっと最低です。

動き物撮影には全く向きません。

【ホールド感】
並み以下ですかね。まぁ気になるレベルではないですが・・・

【総評】
良い点
・超高画質。特にRAWで撮れば自分好みに追い込めると思います。
・やや旧いカメラなので、今でもPlayMemories Camera Appsが使えます。これ結構楽しい。ただすぐ飽きますけどね。スマホ連携の方が多機能だし。

悪い点
・MC-11経由でEF70−200mmを使った場合、動体撮影はまず無理(あくまでも個人的感想)。AF追従全然追い付かないです。ソニーの純正なら分かりません。
・ファインダーが動体撮影向きでない。
・バッテリーのもちが激悪い。

やや辛口のことを書きましたが、そんなことを吹き飛ばす超高画質は魅力。

動体撮影向きではないと思いますが、じっくり丁寧に撮る方向きでしょうか。

一度使うと手放せない高画質カメラだと思います。



レベル
初心者
主な被写体
人物
スポーツ

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちちさすさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:304人
  • ファン数:110人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
403件
イヤホン・ヘッドホン
1件
73件
スピーカー
0件
69件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感3

このα7R II は、写真を勉強中である中学生の長男のための、教材としての側面が強い選択です。長男はマニュアル露出、マニュアルフォーカスでの撮影を修行中で、我が家のミノルタ銀塩機用のオールドレンズをはじめとするマニュアルフォーカスレンズの母艦として、またミラーレス機ならではの機能は露出やピントの勉強にもなること、近い将来高画素が業界主流と見られ、写真を続けるなら中学生である今から高画素機が扱えるスキルを身につけた方が良いという判断でした。

ところがいざ実機がやってきまして、長男以上に母親の私の方がα7R II を気に入ってしまった、という始末です。
何が気に入ったかと言いますと、このα7R II は、父から譲られて子供の頃から愛用してきたミノルタ銀塩一眼レフ機と、撮影感覚が良く似ているのです。
撮ることが楽しくてしょうがなかった小学生、中学生時代の記憶と感覚がオーバーラップしてくるのです。
自分の子供時代の楽しかったことや苦労したことの撮影体験を、我が子がα7R II を通じて共有してくれる形になるという、思いがけない嬉しさも与えてもらった気がします。

では、α7R II のレビューを、私にとって重要な項目に絞って記しておきます。

α7R II の撮像センサーは有効画素数が4240万画素という高画素であり、等倍鑑賞をしてもこれまでに経験したことがない精細な描写。本当に細かいところまで被写体の造形が判ります。もちろんこれがα7R系ボディの最大の売りモノです。
もっとも、これだけ高精細な画を必要とするシチュエーションは思ったほど多くなく、人や物といった主題のフィーチャリング撮影を好むユーザーにとっては、感激する要素ではないのも事実。高画素機はやはり高画素が必要な撮影目的用という認識も新たにしました。
画質ですが、光量がほどほど確保できている状況では、白トビから黒つぶれまでのダイナミックレンジが広く、特に暗部の印象が良いです。

映像エンジンBIONZ Xは色彩表現としては写実系でレタッチありきですが、シャープネスとノイズリダクションの補正はかなり良い落とし所で、「キレイな写真」として十分合格です。
ですがBIONZ Xでの補正がRAWでは反映されません。カメラ設定反映無しがデフォルトの現像ソフトで開いて等倍表示しますと、ボヤけた上に低感度から輝度ノイズが乗った画像ですが、これがα7R II の素の状態のRAW画像なのです。
搭載撮像センサーそのものも、キヤノンやパナソニックのセンサーと比べるとノイズは多めと見られ、ノイズリダクションの強さとディティール保持の妙でカバーしている印象です。どのメーカー製にしろデジタル画像はノイズリダクションまったく無しで可にできるほど甘くありませんので、ディティールをなるべく保ちながらノイズを抑えられる落とし所が存在するかが問題。実際映像エンジンの画像は良いので落とし所があるのは間違いないのですが、そのパラメーターを現象ソフトで再現できるかが評価の分かれ目になろうかと思います。
その観点では、シャープネスについてはどの現像ソフトを使おうが再現可能という所感。回析ボケもまず問題なく補正できるでしょう。
問題はノイズリダクションで、ソニー純正のEditは効きすぎない節度を持つ一方、補正しきれない場面にも多々遭遇します。Adobe Lightroomは強力にノイズ除去ができますが、ディティールの飛び方も大きく、良い落とし所はなかなか見つけられません。
我が家はAdobeのフォトグラフィプランという、月々1,000円強でPhotoshopとLightroomが利用できるサブスクリプションを契約していましたが、これを解約し、ノイズ除去のアルゴリズムを複数持ち、調整幅単位も細かいDxO PhotoLab 4 Elite版を購入しました。これでも自在に調整というわけにはいきませんが、これまでより遥かに落とし所を見つけやすくなっております。


操作性としてボタンカスタマイズに触れておきます。
一般によく使われるであろう機能に限ってはカスタマイズしやすいです。個人個人の独自撮影スタイルの援助機能と考えるとできないことが途端に増えてきますが、オーディオビジュアルやプレイステーション等のゲーム機でもそうであるように、裾野のユーザー層にだけ目を配りがちなソニーというメーカーの伝統でもあり仕方ないでしょう。


マニュアルフォーカス撮影が目的の購入ですので、EVFの視認性や解像度は重要な要素です。
236万画素は後継機のα7R III や IV 、α9系、ニコンやキヤノンのEVFと比べると見劣りは明らかなのですが、表示画質を高画質に設定すればまずまず見やすいです。これでも発売当時は業界最高峰のEVFでしたし、現在においても水準ギリギリはクリアしていると思います。


ボディ内手ぶれ補正は公称で最大4.5段分ですが、実効は最大で2段程度です。焦点距離が長いほど効きは大きく、短くなるほど効きません。30mmでは手ぶれ補正効果はほぼ無くなります。また、どのレンズでも最短撮影距離に近づくほど手ぶれ補正は弱くなります。


何かと問題にされるバッテリーの持ちですが、驚くほど減りが早いです。我が家では1回の撮影は30-40枚程度、多くても70枚くらいですので1つのバッテリーで十分ですが、ほとんどのユーザーは複数持ち必須でしょう。


我が家にはメインカメラたるキヤノンEOS 6Dがあります。
画素ピッチおよそ6.5μmmという広い受光面積をもつEOS 6Dは階調や質感の表現を得意とし高感度撮影にも強く、これらはα7R II にもっとも不足しているファクター。
4240万画素の高画素撮像センサーをもつα7R II は広いダイナミックレンジを生かした明暗差の大きい場面、細かい造形を描写したい風景を得意とし、細密なピント合わせができる機能を備えており、これらはEOS 6Dでは望めない要素。
この2台を状況に合わせて選択すれば、移動の大きい動体撮影と連写以外の項目はほぼ網羅できます。それぞれ魅力的な長所を持ち、お互いの欠点を補い合えるα7R II とEOS 6Dは、最高の凸凹コンビ。良いカメラを選べたと自己満悦中です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

monofocalyさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
画質5
操作性1
バッテリー2
携帯性3
機能性1
液晶3
ホールド感3

現在では旧機種であり、Nikon Z6に買い替えた比較となりますので、厳しめの評価になります。
【画質】
今現在でも最高水準だと思います。
【操作性】
RUはデータ量が多くレスポンスが悪いです。
再生プレビューと拡大操作の反応が1~2秒かかります。
電源ONからの起動が遅いです。
【バッテリー】
カメラに入れていると待機電力がで少しずつ消費します。
保管時は外すか、使う前日に充電した方が良いです。
【機能性】
α7U系はNikon Z6と比較して細かい撮影設定自体が少なく、良く言えばシンプルで馴染みやすいですが、今では不満に感じます。
【総評】
R系は高画素モデルで風景には適してますが、旧機種でもあり融通が利きません。
フルサイズモデル初購入の方には不向きと思います。
Nikonに買い替えたのはEマウントのレンズ着脱ボタンが右手側でありそこにカスタムボタンが実質的に配置出来ない点が、操作性に関する設計上の欠陥だと感じた為でした。
またα7RUは、ノイズ特性が天体用のIR改造には不向きらしく、某ショップで改造受付してませんでした。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シャンプーハットAさん

  • レビュー投稿数:165件
  • 累計支持数:1016人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
131件
820件
デジタル一眼カメラ
12件
437件
デジタルカメラ
10件
258件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

パナソニックのG1が登場して、ミラーレスカメラが世に出てから9年。
ソニーは、APS−CのNEXシリーズでスタートして、α7シリーズで35mm判フルサイズのミラーレスまでやっとたどり着いたと思ったら、Uになって、とんでもなく高機能なカメラに仕上げてきました。
はじめ、フルサイズ撮像素子にボディー内手振れ補正が付いて、しかも画素数が42MPなんて、無理があるのでは?と思っていました。
しかし、使ってみると画質はもとより、高精細EVFの見やすさ、チルト液晶の使いやすさ、手振れ補正の効き具合などなど、当初の不安は全く気にならない素晴らしいカメラに仕上がっていました。
その後、新モデルがどんどん発売されて、α7Rシリーズも2世代進んでしまいましたが、α7U/RUが、ニコン・キヤノンのフルサイズ1眼レフを完全に蹴り散らしたことは、間違いないことになりましたね。
当初指摘されたレンズのラインアップ不足も、今では十分そろってきましたし、マウントアダプターで沢山の他社レンズも使えるので、カメラライフがいちだんと楽しくなりましたよ。

添付写真は、α7RUとEマウントレンズ色々での撮影です。
マウントアダプターの物は避け、EXIFデータにレンズ名が残る物を選んでおきました。
ご参考まで。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

文鳥マニアさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
11件
デジタル一眼カメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種MC11+EF400 F5.6
当機種同じく
当機種頭ばっかりww

MC11+EF400 F5.6

同じく

頭ばっかりww

当機種スカイパークで400は長すぎかも
当機種鳥ミングあり
 

スカイパークで400は長すぎかも

鳥ミングあり

 

万年初心者ですが、つい高画素機のα7rUに手を出してしまい、レンズまで手が出ませんので
MC11にEFレンズをつけて伊丹空港で遊んでみました。

AF-Cのワイド設定で撮ってみましたが、手振れの無いEF400 f5.6 で結構解像した
写真が撮れたので、びっくりです。
旅客機でしたらAFも全然いけると思いました。
こんど野鳥を撮りに行ってみたいです。

お目汚しに駄作を貼っておきます。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガラっぺさん

  • レビュー投稿数:153件
  • 累計支持数:1280人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
98件
745件
スマートフォン
13件
9件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種
当機種深く意識せず、シャッタースピードを落としました。
当機種

深く意識せず、シャッタースピードを落としました。

購入して3年ほどたちます。以前はα7Uを使っておりました。
レンズはSEL2470Zを使用しています。
【デザイン】
フルサイズミラーレス。フルサイズ搭載ながらコンパクトで、ソニーならではのデザイン。α7Rのロゴがかっこ良すぎです。
【画質】
4240万画素。恐るべしです。それでいながら、階調豊かで、大変鮮やか。どんなシチュエーションでも満足の写真が撮れます。人をとっても、風景も、夜景も大変綺麗です。
【操作性】
慣れたら快適ですが、直感で使いこなすには難しいかも。慣れたら、問題ないです。
【バッテリー】
これは唯一の弱点。非常に持ちが悪いです。最初から2つついてくるのがある意味、潔いかも。
私は、予備含め3つ持ち歩いています。
【携帯性】
フルサイズミラーレスにしては軽いのでは?
個人的には気になりません。
もっと軽いの、コンパクトなの、となると、APS-Cで選ぶことになりますね。
【機能性】
オートフォーカス、とても速いので、このカメラに変えてから失敗写真がとても減りました。
【液晶】
あまり綺麗ではないものの、ファインダーがとても綺麗で見やすいので、満足しています。
【ホールド感】
不満はないですが、最新の機種だと、グリップが深くなっており、さらに改善されています。
【総評】
私が購入したときや、発売時と較べると、びっくりするほど安くなりました。なんかショックです。笑
とはいえ、この画質が今の値段で買えるのなら、間違いなく「買い」です。α7Cと大差ない値段です。
十分、候補にいれても良いのでは、と思います。

もちろん、最新のα7RWなどになると、これより画質、フォーカス、スマホ転送の快適さなど、様々なてんでかなり良くなってます。
実際さわってみて、そこまで差を感じないなと思えるなら、このα7RU、大変おすすめです!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

赤7号さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:380人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
33件
レンズ
5件
10件
自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー1
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感3

【デザイン】
いまのデザインはここからスタートしたコンセプトですから、悪くはないですね。
このサイズ感が理想ではあります。

【画質】
今だに通用する画質です。
画質だけならR3、R5、Z7と大差はないです。
10年使えるセンサーとか言われていましたが、後4年は問題なく現役でしょう。10年使えそうですね。

【操作性】
マルチセレクター当時から欲しかったですよね。
あとメニューが使いづらいです。
ファンクションボタンは便利に設定できますから破綻はしないです。

【バッテリー】
持たないですねー。純正3個に社外品2個で運用してます。

【携帯性】
悪くないですね。
サイズとしてはこの頃か理想です。

【機能性】
AFはV以降ほどじゃないとしても十分に使えますし、Playmemoryアプリに対応してるので、ある意味でR4より便利です。
今から買ってもいいカメラですね。

【液晶】
問題ないです。綺麗に映ります。
EVFの品位も良いです。

【ホールド感】
小指があまりますね。
L字ブラケット付けて丁度いい。

【総評】
小型で4000万画素クラスDXOスコア98点のカメラが、新品で18万で買える世の中って凄いですよね。
サブにもいいですし、入門にもオススメできるカメラだと思います。
オールドレンズ運用にも適していると思います。
4千万画素あると。レンズの善し悪しがはっきりしますよ。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

AM3+さん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:292人
  • ファン数:17人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
1459件
デジタルカメラ
1件
101件
スマートフォン
1件
67件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

初フルサイズ機です。
中古で美品を買いました。
12万円弱也!やすっ!

【デザイン】
ソニーE特有の箱型ですね。

【画質】
文句無しに良いです。
今まで所有してきた中で最高クラスの画質です。

【操作性】
他のソニーEとほぼ同じ。

【バッテリー】
これは持たない。
予備2個以上は必須。

【携帯性】
このクラスでは良い方では?

【機能性】
機能は盛り沢山です。
殆どのメーカーがソニーを追随していますね。

【液晶】
まあまあ及第点。
見え辛いという事は無いかな。

【ホールド感】
これも及第点。
望遠付けた時がどうなるかですね。

【総評】
とにかく画質が良い。
暗所耐性凄いですよ。
勿論今まで所有してきた中で最高画質ですが、現行機種の中でも指折りだと思います。
というかα7RIIを抜かした機種って殆ど無いですよね。
そんな機種が12万円しないで変えるのだから良い時代になりましたね。
大満足の買い物でした。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しょうじゃさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
37件
レンズ
5件
15件
スマートフォン
1件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性3
液晶3
ホールド感4

長男が3歳〜5歳までのおおよそ3年間、子供撮り9割、その他1割で使用しました。
※2ヶ月前、子供の動きを追うのが辛くなったのでα9に買い替えました。

主に使用するレンズはTAMRON A036、SEL28F20、SEL2870、SEL55F18Z、SEL24240、SELP18105Gです。
他にα6300も持っています。

RAWで撮ってPhotoshopLRで現像していまして、Jpegの撮って出しはしないので発色等は気にしません。

購入した3年前のことを思い出しつつ書いていまして、比較対象は主にα6300、α6000になります。
※既に使ってしまったのでα9も一部混ざってしまっていますが。。。

【デザイン】
個人的にはα6000系の方がシンプルで好きですがこちらも嫌いではありません。
新旧のα7もすべて似たようなデザインですし特に何も思いません。

【画質】
初めてα7Riiに55f18zをつけて写真を撮った時は、産毛まではっきりと分かる解像度にとても感動しました。
高感度耐性も非常によく、4KTVでの鑑賞においては、ISO3200までは綺麗で6400程度でも十分に見れます。
室内でSSを上げてとる事が多い私にとっては本当に頼もしかったです。
また、4200万画素あればクロップにはとても強いので柔軟な撮影ができたのも◎です。
現在、α9を使っていますが画素数の差は色々な面でかなり大きいと思います。

【操作性】
もともとα6300を使っていたのでカスタムボタンが多いということだけで十分使いやすかったです。
ただ、コントロールホイールのISOが割り当てられているボタンがいつのまにか押され、変わってしまいっているといったこともよくありました。
少し忘れかかっていますが、最近のαシリーズと比較するとボタンの割当の柔軟性は少し低かったように思います。

【バッテリー】
電源をいれっぱなしにするとどんどん減っていきます。
ただ、バッテリーパックが2個付属しています。
子供撮りなら無くなれば入れ替えればいいだけなので気にはなりませんでした。

【携帯性】
最高です。購入した2017年当時、フルサイズ一眼で抜群の携帯性を誇っていました。
標準ズームレンズをつけても1kgに満たないのでちょっとした散歩でも躊躇わずに持ち出せるのはとても良いです。

【機能性】
・AF
購入当時は子供は3歳のになってすぐでしたが、AFの追従はそれほど問題ありませんでした。
こちらに向かって走ってくると初発はピントが合い、2発目以降もそれなりに合います。
α6000と同程度でα6300には劣る、、、感じでした。
ただ、子供の成長と共に段々と辛くなってきて5歳になる頃には、走ったりすると2発目以降はほぼ合わなくなりました(^_^;)
画素数を活かして引いて被写界深度稼いで撮って後でクロップ等で対応できなくもないですが、、、

・手ブレ補正
子供撮りは高SS必須ですのであまり気にしないですが、、、動画を撮る際には助かります。
ただ、、、あまり効きは良くないです。
広角で撮影しても歩きながらの動画はグラグラで見れたものではありません。

・動画
最高画質で撮影した場合、α6300とα9は4K24Pでα7Riiは4k30pです。
TV側で120pまでフレーム補完が入った状態ですが、
この6pの差が大きいのか、α7Riiの映像が一番見やすいです。

【液晶】
EVFもあわせてこちらで書きますが、、、両方ともとても綺麗です。
ただ、シャッターを連続で切ると切ったタイミングで映像が止まり、パラパラ漫画のようになります。
子供も含めた動体撮影は非常にストレスが貯まります。
α9への変更はAFで追いきれなくなったのもありますが、こちらが主要因かもしれません。

【ホールド感】
長時間撮影もあまりなく800gぐらいまでのレンズしかつけませんので特に問題ありません。

【総評】
素晴らしい画質、高感度耐性で長男との思い出を非常に綺麗に残すことができました。
購入当時、非常に満足したのを覚えております。
また、複数のフォトコンで賞も頂き、私にとって思い出深いカメラになりました。

今なら価格も下がっていますので、風景や動きの少ないポートレートならば最高の選択肢の一つだと思います。
子供撮りに使うならば、4歳ぐらいまでは動きが遅いので良い選択肢になると思いますが、今なら同じ価格でα7iiiがありますのでそちらの方が無難かと思います。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サンタウナギさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
33件
デジタルカメラ
0件
4件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感4

購入してから1年経ちましたので、再レビューです。ちなみに、レンズはSEL28F20→SEL35F28Zに変わってます。

【1年経っての感想】
(良いところ)
・森林や石垣などを撮影して思ったことは、やはり解像度が素晴らしい。細かい葉や石の凹凸がきちんと描写されています。
・白飛び、黒潰れがほとんどありません。
・(うちの子供に限ってですが)AF-C、顔検出は問題なく使えます。

(気になるところ)
・撮像素子のゴミ付着が多い。サービスセンターにてクリーニングしてもらった時に見せてもらったクリーニング前のゴミ状況を見て唖然としてしまいました。レンズ交換時は細心の注意が必要だと感じました。(たぶん、α7Vも同じだと思います)
・AF-C時に像面位相差AFが効くのはF8以下。このため、流し撮り時はNDフィルター必須。(α7VはF11以下)
・連写時の書き込みが遅い。(α7Vはもっと早いかも?)



【以前のレビュー】
 これまで旅行や街歩きの時はNIKON D7100に35mm F1.8を付けて撮影していましたが、D7100では嵩張るのでもっと小型のミラーレス機が欲しくなりました。
 色々なミラーレス機の中でもα7RUは高画素かつローパスフィルターレスかつ高感度のフルサイズであり、デジタル信号の情報量が豊富な画質が得られると考えました。かつ値段も下がってきてキャッシュバックも始まったため、購入に踏み切りました。

【デザイン】
 店頭で比較しましたが、他社のハイエンドミラーレス機やα7Vに比べて、α7RUのボディはこじんまりして、とてもスタイリッシュなミラーレス機だと思います。

【画質】
 D7100との比較になりますが、α7RUはシャドーの画質がとても良いです。D7100の時はアクティブDライティングをオートにしてもシャドー部の黒つぶれに悩まされていましたが、α7RUは黒つぶれも無くシャドー部が諧調豊かです。
 なお解像度については、2560×1600の13.3inchディスプレイやL判サイズのプリントでは、正直D7100との差は感じられませんでした。両機種共にローパスフィルターレスなので、解像度の違いが見えにくいのかもしれません。

【操作性】
特に複雑とは感じません。ただ、最新機と比較するとタッチパネルが無いので星一つ減点しました。尤も、タッチパネルがあると指紋が付いて画面が見にくくなるとも思いますが。

【バッテリー】
これはD7100に比べて持ちませんので、星二つ減点しました。ただ、コンデジ並には持つので、普段使っているところでは支障ないです。また、最初からバッテリー2つ付属していて苦笑しました。

【携帯性】
フルサイズミラーレスとは思えない小型軽量で携帯性抜群です。SEL28F20との組み合わせは旅行に気軽に持って行けます。

【機能性】
 α7RUはボディ手ぶれ補正が有り、手ぶれ補正無しの単焦点レンズでも安心して使うことができます。防塵防滴も有って、不意の雨でも安心できそうです。EVFはあまり使ってませんが、いざという時は便利です。
 ただ、動体撮影やポートレート撮影向け機能は最新機種に比べると見劣りするので、星一つ減点しました。
 尤も、自分の使用用途では充分すぎる機能は備わってます。

【液晶】
 D7100と比べると画面の見え方は大差ないように思えますが、α7RUの液晶はチルト式のため便利です。

【ホールド感】
 D7100に比べると小型薄型ボディのため、ホールドしにくいと思います。このため、星一つ減点しました。
ただ、ノーブランドのボディケースを付けたらホールド感は良くなりました。

【総評】
 動体撮影や撮影会等のポートレート撮影用途の場合はα7Vが良いと思いますが、風景やスナップ撮影用途ならα7RUで充分かと思います。うちの子供は基本的にカメラ向ければポーズとってくれるので、特に瞳AFの性能は気にしてません。
 4000万画素ローパスフィルターレスのフルサイズミラーレス機が20万円切る価格で購入出来、キャッシュバックも付いていて、とてもお買い得なカメラでした。
広角単焦点レンズのSEL28F20と組み合わせ、小型軽量スタイリッシュを活かして、ガンガン外に持ち出して撮っていきたいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった23人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鹿鷹さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:188人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
49件
デジタルカメラ
4件
19件
レンズ
8件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性2
機能性4
液晶3
ホールド感4
当機種電車ぐらいなら問題なくAF追従してくれます
当機種高感度にも強いのである程度光があればフラッシュ要らないです
当機種解像度は凄いです。

電車ぐらいなら問題なくAF追従してくれます

高感度にも強いのである程度光があればフラッシュ要らないです

解像度は凄いです。

当機種
   

   

【デザイン】
見た目はそんなに悪くないですが、もう少し
ごつい方が好みですね。
【画質】
言うことなしの素晴らしいですね。
もう他のカメラには戻れないかも。
今までは2.4Mあれば問題ないと思ってましたが、
全然違いますね??

【操作性】
カスタムすればかなり使いやすくなります。
縦位置グリップの操作性がよろしくないです。
コントロールホイールが遠いです。指がとどきずらい。
【バッテリー】
一本で2〜300枚位撮れるので問題ないです。
まあ、確かに減りは速いですが、予備バッテリー
あれば解決できるので。
自分は9本持っていますが、そんなにバシャバシャ
撮らないので、電池がなくなって困ったことは
無いです。
【携帯性】
デジイチに携帯性は求めていないので、この大きさは問題ないです。
むしろこの性能でこのサイズは超コンパクトです。
【機能性】
手ぶれ補正が付いているので、光が足りないときには
便利です。
瞳AFは7Uよりは良くなっています。
AF性能事態が7Uよりは結構良くなっています。
モードダイヤルにロックボタンが付いたのがマイナス
ポイントですね。
OLYMPUS見たいにロックオフが出来るように
してほしかったです。
【液晶】
EVFは最新機種に比べるとかなり劣りますが、
見にくくは無いです。
但しカスタムで高画素にする必要が有ります。
背面液晶は綺麗です。
【ホールド感】
小さいのでグリップを着けないと指が余ります。
自分は少し大きくなるけどグリップつけています。
【総評】
今までのカメラのなかで一番満足していますね??
動態AFがダメと言う人もいますが、電車ぐらいなら
普通に撮れます。
転写するとパラパラマンガ見たいになって
結構厳しいですが、とりたい瞬間にシャッター切れば
問題ないです。
今のこの値段でこの性能は凄すぎです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
室内
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ラジオジイサンさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
9件
レンズ
1件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性5
液晶無評価
ホールド感5
機種不明六義園 Nikkor50m F2(→F8設定)
機種不明六義園 Nikkor50m F2(→F8設定)
機種不明六義園 Nikkor-P105m F2.5(→F11設定)

六義園 Nikkor50m F2(→F8設定)

六義園 Nikkor50m F2(→F8設定)

六義園 Nikkor-P105m F2.5(→F11設定)

投稿の写真加工がお粗末でした。写真だけ入れ替えます。

【選択の経緯】
EVF型は明暗に拘わらず撮影対象を一様な明るさで確認でき、また即座に拡大表示することもできる優れもの。老人の眼に優しい機能である。一眼レフ機は自然光だけの確認が基本なので、暗くて老人の眼には辛い。
7年前に6*7cm版フィルムカメラから乗り換えたが大きく重いのが原因、だが画質は譲れない。軽さと焦点距離が短いことで被写界深度を深くしたい気持ちでAPS-Cの X-Transを選択した。しかし次第に解像感の欲が出て高解像型の欲が高まった。鏡の無い機種から選択し始め35mm版に落ち着いた。選択に6年も掛かったが価格が高いことが原因。
漸くα7RUに絞り込み銀座展示室で比較の試写を行いX製品群゙との違いを確認し、決めた。今はRWまで進化しているがRUで充分。焦点距離ではAPS-Cと比べると1.5倍にはなることが気がかりだった。
・高解像42M型は有り難い。 ・高解像型なのでブレ防止機構付きは有り難い。
・一眼レフ機(1971年購入、NikomatFTN)等のレンズが再利用できるのは有り難い。
・一眼レフ機に比べて質量が軽いのは有り難い。足腰が弱くなり総重量5kg以上を背い歩き回ることはもう無理。
・価格は決して安価ではなかった最後の現金還元宣伝活動対象になりやっと懐に優しくなった。
9月末の消費増税前が最後の機会と観念し購入を決めた。
【デザイン】
初代のα7から見てきたが、特に好き嫌いは無い。道具は慣れも有り機能設定のSWボタンが複数あり、利便性が良い。
【画質】
添付した絵はNikonの古いレンズを使ったものでレンズ補正は無いし画素数を減らしている。今までの16Mから42Mにした違いは明らか。鑑賞はA2版の紙で行っている。遠方の松の葉の描写は格段に向上した。古いレンズでも判別できる。PCで簡単に等倍にできるが紙にして見るのが王道かな。色合いを言うならコダカラーの臭いがする。Xシリーズは写真館展示の花嫁写真の色。各社が培った世界の違いが色にも出て、それぞれに良いところは有る。
・ISO感度は3,200も有れば充分。1万、2万で使うことは無い。
・ノイズの目安はISO1,600迄の使用で気にならない。
・解像感の目安はWeb上のOpticaLLimitsを参照している。
・写りの比較はDPREVIEW を参照している。
・参考にした図書はアサヒカメラ(‘15年12月号)、日本カメラ(‘16年2月号)の試験報告を繰り返し読んだ。
☆レンズの実性能はSEL24105GとNikkor50mmF2を銀座展示室で試写比較した。昔のものが意外に頑張っていた。
 但し最新のコーティング技術、新種ガラス材等を使った今時のものは確かに良い。またSEL55F18Zは格段に良かった。
【操作性】
RWに迄、改良された現在、RUの欠点は有るが、それを理解した上で選択したので後は慣れだけで不自由は無い。
【バッテリー】
一度の撮影で200枚程度なので電池一個で間に合う。蓄電池は充電したまま、単独で放置しても少しづつ減るので注意が必要。出かける前夜に充電する様に心掛けている。連写でバシバシ撮る方ではないので添付の二個が有れば充分。足りなければ余分に持っていけば良いだけのこと。
【携帯性】
小さく軽いことは良いこだ!。カメラは持ち歩いて機能するもの。重いと気持ちまで委縮して出かける回数まで減る。
大きい・重い・レンズは嫌だ。EVFが有るからF4.0でも充分。撮影対象が風景なので一日、背負って、歩き回ることを考えている。本体にブレ防止機能付きなので三脚は殆ど要らない。これが非常に助かる。アイピースカップを目の上の骨にピタット当て、『息を吸ってそのまま止める。ガッチャン、はい終わり』のシャッター操作作法に従いブレは無い。
【機能性】
通常の使い方としてMODEダイヤルはMにしている。F値は後ダイヤル、SSは前ダイヤル、ISO値は自動、後は焦点
を合わせれば事が済むので何の不自由も無い。C1はクリエーティブスタイル、C2はピント拡大に設定。
【液晶】
機能設定の使用が殆どで後は撮影後に撮れたか確認するだけ。不自由は無い。
【ホールド感】
機構が小さいが故に、小指が遊んでしまうことはあるが、握り難いと言うことでは無い。まずまずの出来。
【総評】
撮影対象が寺社・風景なので解像感と絵作りに即した機能を搭載していれば良いし、それを具備している。
α7RIIを入手してからで約500枚程度しか撮影していないが、結果は良い。A2版の鑑賞に充分応えている。
画素数が24Mでも良かったのかも知れないがこれから先、二度と買える機会は無いと思い、冥土への土産と思っている。
この製品が2015年7月に新製品案内が出てから時間が経つがこれだけの機能があれば古びた感じは無い。
これから10年以上は使い続けるつもりである。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった18人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

最安価格(税込):¥192,323発売日:2015年 8月 7日 価格.comの安さの理由は?

α7R II ILCE-7RM2 ボディをお気に入り製品に追加する <1542

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意