α7R II ILCE-7RM2 ボディ レビュー・評価

2015年 8月 7日 発売

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

  • 新開発の有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載した、プロ・ハイアマチュア向けのフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • フルサイズ領域での4K動画記録に対応し、フルサイズの表現力そのままに高解像な4K動画を記録できる。
  • 大幅に進化した「ファストハイブリッドAF」を搭載。さまざまなシーンや被写体において、高解像度性能を生かした撮影を実現する。
α7R II ILCE-7RM2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥175,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥175,619

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥116,800 (42製品)


価格帯:¥175,000¥251,768 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥175,000 〜 ¥213,950 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24.0mm/CMOS 重量:582g α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディSONY

最安価格(税込):¥175,000 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 8月 7日

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.53
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:87人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.27 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.85 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.79 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.63 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.39 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.39 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.37 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.20 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:プロ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

とむひとさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
3件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
α7のデザインを踏襲していますが、右手で持ちやすいように厚みを増してあるなど、考えられています。

【画質】
文句ナシの高画質です。当然レンズによりますが、ツァイス(一部ダメなのもありますが)やGマスターレンズで撮影すればその高解像度さに驚くかと思います。α7S系が暗所に強いと言われていますが、本製品もかなり耐性があると思います。また4K動画のクオリティーも非常に高いです。s-log2で撮影してグレーディングすると、かなりの色情報が残ってます。log撮影の場合暗い所ではノイズが増えるので注意が必要ですが、log撮影を一度やってみたいという方は、テキトーな被写体で試してみるといいかと思います。いきなり本番は危険ですので。

【操作性】
特段素晴らしいとは思いませんが、ソニーのデジカメで統一されていると思うので、迷うことはないかと思います。C1、C2、C3などのカスタムボタンにどの機能を割り当てるかで操作感は変わるかもしれませんね。欲を言えば、右手親指でAFポイントなどを操作できる、ジョイスティックがあれば最高ですね。

【バッテリー】
持ちは悪いです。旅行中にスナップや風景を撮ろうと考えると、バッテリーは3個ほど持っていないと8時間くらい持たせることは厳しいかもしれません。動画も撮るなら、5個くらい持っていた方が安心です。

【携帯性】
このサイズ感ならいい方ではないでしょうか。Gマスターレンズなどをつけるとそちらが重いので携帯性は当然悪くなりますが。

【機能性】
パノラマ撮影や、オートなど、初心者向け機能もありますし、PlayMemories Camera Appsの対応など面白い機能もあります。

【液晶】
普通に使えると思います。晴天下ではEVFでフォーカシングしたほうが無難です。

【ホールド感】
デザイン部分でも述べましたが、ホールドしやすい方だと思います。

【総評】
子供の写真メインですでに約6万ショット(ムービーも含めファイル数を数えた)撮影していますが、素晴らしい機種だと思います。SDへの書き込みが少し遅いと思いますが、高画素化の影響なので仕方ないかなと思います。連写するとバッファ溢れが起きて書き込みが終わらなくなるときがありますので、ソコだけ注意してシャッターチャンスを逃さないようにするのが、撮影のコツかもしれません。普段は『Canon EOS5D MarkIII』を使っていますが、4K動画もAFが効いて、高画素な機種ということで仕事以外はほとんどこちらの『α7RII』を使っています。しかし最近は仕事でもこちらの機種を使い始めました。早いAF(AFの速さというより、AFポイントを頻繁に移動させて撮影するもの)が必要なものでなければ十分使えます。

【捕捉】
α7RIIは発売日に購入しましたが、使っているうちに本機だけで十分だとわかり、2017年夏に『Canon EOS5D MarkIII』を売り払いました。キヤノン機は本体のみならず、レンズもストロボもレリーズもムービー用のケージも、ムービー用のファインダーも『Canon EOS5D MarkIII』に使用するすべてのものを売り払いました。そのため仕事もプライベートもこのカメラ一本でこなしています。というか、動画に関しては本機のほうが使い勝手がいいので止められません。静止画も高解像度にものを言わせて、撮影後にトリミングで拡大させたり出来る分、私には好都合です。持ち歩く頻度がα7RIIのほうが明らかに多くなりました。それくらい楽しく撮影できます。手持ちでスチルも動画も気楽に撮れる恐ろしいカメラです……。

比較製品
CANON > EOS 5D Mark III ボディ
レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった44人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

bab3さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:306人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
別機種風景写真
当機種チャート
 

風景写真

チャート

 

風景写真等の実写による評価は皆さんにお任せして、テストチャートやプリント物の室内撮影で評価してみました。

添付写真について
 添付写真はニコンAI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDで撮影しました。

@風景写真:7Sと7R2の高感度側のノイズの違いを比較する画像データ。
 この4枚では、低ノイズ順に、7R2 ISO12800、7S ISO25600、7R2 25600、7S ISO51200になりますでしょうか。
 体感的には7SはISO25600位まで使えるかなという感じで、7R2は実写からもISO12800位まで充分使えます。画素が小さく、(7R2:4.5μ、7S:8μ)画素数が7Sの3.5倍ある割にノイズが低減されているのは、【裏面照射型構造の採用により、画素サイズが縮小しているにも関わらず集光率を大幅に向上】*メーカーHPから・・・笑
  のお蔭でしょうか。素晴らしいです。

Aチャート:どの程度のISO感度でデータがノイズでつぶれるか確認する為に撮影しました。真中上の小さいチャートは最小パターンが100ライン/mmになるように撮影。周りの5パターンは最小が75ライン/mmのチャート。
 7R2は画素サイズが約4.5μmなのでナイキスト限界は約110ライン/mmで、真中上のチャートの最小パターンがかろうじて解像しています。(チャートの出来が良くないのでちょっとバラついていますが)75ライン/mmはISO感度25600までは解像しているのが解ります。ISO51200になると怪しくなり、ISO102400ではノイズに埋もれてかなり潰れます。
  左下のRAW data to JPEGはRAWで撮影したものをフォトショでノイズ処理無しでJPEGに変換したもの。真中下のパターンは同時に撮影したカメラ内蔵JPEG画像で、ノイズ処理とJPEG変換で75ライン/mmのパターンはつぶれているが、解像度はよく出ているほうだと思う。7Sの内蔵JPEGと違い、デフォルトのJPEGで鳥撮影にも使えるかも。
 この撮影データから、メーカー推奨の常用感度がISO25600までというのは納得できる気がします。

【1】デザイン
 直線的でフィルムカメラを連想させます。マグネシウムボディになって質感的にかなり好印象です。

【2】画質・画素数
 高画素で画質は良好ですが、7Sとの比較ではハイライト側が若干弱い印象です。7Sの3.5倍の画素数は流石に拡大した時に迫力がありまた低感度領域の画質は素晴らしいです。
・α7Sで見られたカメラ内蔵JPEGのへんな癖は無く良好で、高精細側をそれほど気にしなければ内蔵のJPEG処理でも使える画質でしょうか。(添付チャート参照)

【3】操作性
・仕事でニコンの一眼も使っていますが、全体的に違和感はありません。*個人的にはキャノンの1Dシリーズが一番操作し易い。
・カスタムボタンは7S程押し難くなくなりました。
・コントロールホイールはちょっと触れたりするとモードが変わりやすく動作ロックを掛けておく必要があります。
・AFポジションの移動が1ステップで操作できないのは???
・ファインダー、液晶表示の切り替えが自動かファインダー、ディスプレイの三択なので改善を希望します。ファインダーでの撮影時、顔の動きでファインダー、液晶と交互に意図せず切り替わるのでシャッターチャンスを逃すことしばしば。ファインダーモードにしていても再生は液晶に自動で切り替わるような機能のほうが便利。

【4】バッテリー
・バッテリーはもちが良くないです。連続使用では一日最低3本は欲しい。

【5】携帯性
・たった百数十グラム重いだけなのにα7Sよりだいぶ重く感じます。マウントアダプターを付ける前提だと更に重くなり、携帯性は悪くなります。

【6】機能性
・手振れ補正について
 最近の補正レンズに見られるレンズ側に光学的負担(性能劣化等)やコストアップの負担を掛けない、ボディ内蔵手振れ補正はマニュアルレンズを使えるメリットもあり、非常に評価できます。ただ、この機種の場合、補正性能の過大な期待はできないようです。数値は示せませんが補正範囲のレンジは狭いという印象です。4.5段ってほんと?300mm以上で手持ちの手振れ補正ですが、あまり効いていないという印象です。(無いよりまし)それ以上のレンズでは三脚前提になる事が多いので三脚対応の手振れ補正が無い限り必要性を感じません。ちなみに長焦点側の補正は1000mmまで。
 
・一番評価できるのはファインダーの拡大表示です。マニュアルレンズのピント合わせが非常にやり易くバッチリピントが合います。
 ただ、画像拡大、ピント合わせ中にシャッターボタンに触れるとモードが通常に戻ってしまうのでせっかくの機能を活かしきれていない気がします。

・撮影時、SDカードへの保存スピードが遅い。特にJPEG+RAW保存時と保存画像の拡大時も遅い。これ結構イラつきます。笑

・基本、高感度なので、マニュアルモードにして、ISO感度オート、SSと絞りを条件によって設定すればあとは露出補正ダイヤルを使うだけで撮影できるのは極めて便利。

・マウントアダプターで様々なレンズが使えるメリットは大きい。

【7】液晶
・見易いと思います。変な色かぶりは無いと思いますが結構ハデ目でかつ表示が小さいせいか、PCでの見え方よりシャープに見えます。

【8】ホールド感
・α7Sよりも大きくなって持ち易くなっています。ホールド部分が小さいのですが、指に引っ掛かり易く特に不便は感じません。

【9】まとめ
 業務用に使いたいボディですが、レンズ及びその他周辺機器が充実していないので今一つ使えないと言ったところです。マウントアダプターで他メーカーのレンズがAFで使えるようになるとレンズの有効活用ができるので期待しています。業務用にも分野限定で使えるようになるかもです。一部の操作性はおいておいて、素晴らしいカメラですね。

レベル
プロ
主な被写体
人物
子供・動物
室内
その他

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Retina Photoさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:823人
  • ファン数:67人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
0件
レンズ
3件
0件
カメラバッグ・リュック
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性無評価
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明朝日が当たる直線6km
   

朝日が当たる直線6km

   

ここで書く事は当然ですが僕の意見です。
色々な考え方がある事は承知しております。
あくまで皆様の判断材料の一つにされて下さい。

さてこれまでに、SONYα7、α7R、α7Sと3台使ってきました。
そしてそれ以外にNikonを仕事で使っています。
α7R II は発売日初日に購入。

まずカメラを手にして、何よりも一番驚き感心したのがファインダーです。
『世界最大のファインダー倍率0.78倍を実現したXGA OLED Tru-Finderを搭載』
これは単なる宣伝文句ではありませんでした。
素晴らしい!
本当に素晴らしいファインダーです。
そしてその素晴らしいファインダーは「太陽撮影」で最高の実力を発揮します。

今回は僕のお気に入りレンズを使用して「太陽撮影」した感想を書きます。
「太陽を撮らせたら世界最高のズームレンズの一本」。
僕がそう感じているのは、SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA
このレンズとα7R II ILCE-7RM2とでシステムを組んで撮るなら、
まさにそこは別世界。

添付写真をご覧下さい。
Camera:SONY α7R II (ILCE-7RM2)
Lens  :SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA
ここは僕の大好きな6kmの直線道路。
朝日のRetina Photoに挑戦。
朝日を浴びて輝く畑とアスファルト。
自分の眼で見て感じた風景に限りなく近づける(Retina Photo)。

普段何気なく見ている逆光時の景色を写真で同じ様に表現するのは難しいです。
何故なら、これまでなかなか納得のいく自然な太陽が撮れませんでした。
そして青空の色も自然な色に撮るのが難しかったです。
…しかし、このシステムで撮るなら、
日常的な逆光風景も自然な絵にしやすいです。

空気まで解像する様な感じのシステムです。
圧縮してない生画像をご覧になったら驚きますよ!
4Kで見たら感動ものでした!!
素晴らしい。
毎日の撮影が楽しくて楽しくて仕方ない…。
(#^.^#)
尚、その他の項目(デザインや携帯性等)はどう評価したら良いのか分かりません。
おそらくプロとアマチュアの考え方、使い方の違いも大きいでしょう。
よっていつもと同様に無評価とさせて頂きました。

最後に、
もっと詳しい情報、このカメラを使って撮影した作品に興味のあります方は、
僕のブログをお読み下さい。
ここに書きました内容、貼付した画像が、
多少なりとも皆様の判断材料としてお役に立てれば幸いです。
(#^.^#)

レベル
プロ
主な被写体
風景
その他

参考になった180人(再レビュー後:64人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

α大使さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:200人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
18件
レンズ
0件
7件
デジタルカメラ
0件
5件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー1
携帯性3
機能性2
液晶4
ホールド感3

かつてα700発売記念座談会にも参加させて貰ったたとき、直接開発者の二人に
センサーの感度がキヤノンやニコンに比べて極めて弱いと伝え、AFの応答性や速さ、
ZEISSレンズの防塵防滴を要望し、苦々しい顔を見せていた開発者だったが、
ついにキヤノン、ニコンに並ぶレベルに仕上がってきた。本当に喜ばしい。

以下はSONYファンであることを第一に、厳しめにレビューした内容であることをご了承いただきたい。

【デザイン】
質感や形は軽量性のことを優先的に考えたとき低下していくのは仕方がないと思うが、新しい素材の開発などで
改善できるならば今後の製品に向けて向上してほしい。

【画質】
α7Rと比べるとISO6400がやっと印刷で使えるレベルになった。
しかし、裏面照射型をもってしてもノイズが上がることには変わりはなく、ディティールは失われてしまう。
約600万画素の高画素化はスペック上のアピールとしてはライバルとの兼ね合いもあり必要だったのかもしれないが
α7Rと同解像度で裏面照射型を実現させた方がよりバランスのいい結果が得られたのではないだろうか。
また、後記に書くが、カタログスペックに急ぐあまり、画質に対する細かなところに不誠実さが感じられるところは従来のSONYのままである。

【操作性】
この辺は慣れるしかないと思われるが、撮影後の画像確認の拡大の位置が微妙に押しづらい。
そしてRAW+JPEG時は特に再生までの時間がかかりリズムを狂わせる。
サイレントシャッター設定時の起動時間もきもち遅く、スナップ撮影には余裕を持った起動が必要になる。
メニュー画面は各社の中では一番使いやすい画面ではあると思う。
しかし詳しく理解するためには説明書は必要。

【バッテリー】
これはセンサーの消費電力とバッテリーの強化をしなければダメなレベル。
しっかりとピントを合わせながら撮るようなマニュアルレンズを使用した撮影では
みるみる残量が減っていくのがわかる。
この辺はデジタル一眼レフの高画素機の方が遥かに持ちはいい。
付属のバッテリーが2本なのでまだ2本は予備がほしいところ。
しかし本来は1本でまかなえる低消費電力が求められる。
きたる5000万画素時代を見据えればなおのことである。

【携帯性】
従来よりも少し重くなったがホールド感が上がった分、許容範囲内。
しかし、FEレンズのラインアップの軽量性には疑問があり、今後が心配である。

【機能性】
明るい場所でのAF速度はα6000が優勢だが、確実性や暗所での速さは当機が数段上。
α7Rとの差は公表40%アップ以上の差を感じる。
ニコンD810のような中核機に勝るとも劣らないレベルに仕上がっている。

通常シャッター音の下品さは半分くらいに低減されたが、未だ玩具のような音のまま。
ただ、シャッターショックは7割くらい改善されている。

RAW+JPEG撮影時には、JPEG画質がFINEに固定されてしまう。(上から2番目)
RAWの性能は圧縮型しか用意されていない。
サイレントシャッターモード時に、起動が遅くなる。
※1.サイレントシャッターモードでRAW撮影をすると12bit記録に制限される。
(※1.HP、サポートページ、カタログでは未記載。記載は説明書のみ。これはかなりの不誠実。)
手ぶれ補正の効きは、シャッタースピード1/15位でほぼ安定する

【液晶】
ピーキング機能の確認が非常に便利。

ファインダー画質は個人的には合格レベル。
Tスターコーティングにした意味はあまり感じない。
私の薦めで当機を購入した知人は「光学ファインダーに見慣れた者には
透明感がなく、ざらつきを感じる」と話していた。


【ホールド感】
サイズの割には良い。
α7Rよりは向上している
望遠やOtusレンズなどを使うとバランスは低下する。

【総評】

一般ユーザーの視点に立てば、ほぼ問題を解決したモデルといえる。
それは間違いがない。

4Kは現在発売されているハンディカムよりも高画質なのは価格的にも納得できる範囲。
しかし熱問題や連続撮影時間の制限はファームアップやアクセサリーなどでサポートすべきである。

また、静止画は業務レベルから判断すると、まだ改善の余地は十分にある。

まず不誠実なことはやめるべき。
サイレントシャッター時に14bitから12bitになることはカタログやHPの製品ページか
少なくともサポートページのサイレントシャッターの制約の欄で公表しておくべきことである。
一般ユーザーが気にも留めないこととしても価格面からしてもこのようでは評価は高くは上げられない。
こういうところはニコンに劣る姿勢のまま。

画素数と秒間撮影コマ数を稼ぐためにサイレントシャッターやRAWの画質に制限があるのは民生機のレベルを超えていない。

シャッター音があることで周囲に迷惑をかけてしまう時代。
スナップ撮影での高画質を求めて購入を検討している方は上記のことを考える必要はある。

サイレントシャッターモード時の起動の遅さや14bitの対応はファームアップで設定変更してほしいし、
RAWの非圧縮版も秒間コマ数が減るとしても追加してほしい。
この辺について気になる方も少なからずいるはずなので、製品登録後メールで送られてくる
製品アンケートで要望を皆さんからも出してほしい。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
その他

参考になった87

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Woman Photoさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
16件
レンズ
3件
4件
フラッシュ・ストロボ
2件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン5
画質5
操作性2
バッテリー2
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感3

当機が入荷し試し撮りした結果を報告します。
メインで使用しているE-M1との比較となります事をご了解ください。

悪い点
1.AFの位置をワンクッションで出来ない。
2.露出補正ダイヤルを使用すると角が当たり指が痛いので、露出補正をフロントのダイヤルに変更。
※±3の補正しかできないダイヤルは、要らないと思う。
3.バッテリー寿命の問題があり縦グリをセットしたが、縦グリが細く違和感がある。
4.撮影後画像不要と思った時の削除が2アクッションとなる。
SONYは、なんで各設定を2アックッションにするのか?
設計者は本当に写真を撮ったことがあるのかと疑問に思う。
安全のためと思うなら余計なお世話である。
なぜならこのカメラを購入するのは、あるレベル以上と思う。

良い点
1.ファインダーは最高である。
2.5軸手振れ補正はE-M1で体験しているので、良い。
3.液晶とホワイトバランスは良い。
4.サイレントで撮影できる。

SONYに望むこと
1.縦グリのデザイン変更と露出補正ダイヤル痛くて回しづらい!
 デザイン設計の方に言う!自分で使って違和感が無かったですか?
2.ソフト設計者の方へ撮影はリズムが大切です!AF位置変更、不要画像削除などワンアクションで出来るよう
 ソフトのバージョンアップでお願いします。
3.サイレント撮影を連射にお願いします。これもソフトのバージョンアップで。
4.ボディと関係ないが今回、一緒に注文した24-240oのレンズのズームの重さいくら防塵防滴にしたといっても
 余りにも重すぎる!一度、同じ大きさのオリンパスZD14-35mmF2.0のズームの重さを見てください。
 使ている時に本気でレンズの上から天ぷら油をかけようかと思った。

以上

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景

参考になった25人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

最安価格(税込):¥175,000発売日:2015年 8月 7日 価格.comの安さの理由は?

α7R II ILCE-7RM2 ボディをお気に入り製品に追加する <1581

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意