α9 ILCE-9 ボディ レビュー・評価

2017年 5月26日 発売

α9 ILCE-9 ボディ

  • 新開発のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能なプロ向けミラーレス一眼カメラ。
  • 最高1/32000秒(※電子音「切」設定時)の電子式アンチディストーションシャッターで、無音・無振動のサイレント撮影が可能。
  • 読み出し速度が従来機種「α7」比20倍以上に高速化した、世界初のメモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを採用。
α9 ILCE-9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥350,000

(前週比:+92円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥350,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥265,000 (96製品)


価格帯:¥350,000¥493,768 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥350,000 〜 ¥493,768 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2830万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:588g α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、マルチインターフェースシュー部の無償修理が告知されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

α9 ILCE-9 ボディSONY

最安価格(税込):¥350,000 (前週比:+92円↑) 発売日:2017年 5月26日

  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

α9 ILCE-9 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.42
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:79人 (試用:2人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.22 4.52 54位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.55 4.54 28位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.19 4.29 29位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.54 4.16 5位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.57 4.26 8位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.52 4.42 22位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.48 4.33 21位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.99 4.43 48位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
619件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
74件
レンズ
0件
69件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

【追記】
Ver.6になり航空祭の撮影も行ったので再レビューします。
航空祭の撮影はカメラのAF性能が試される場だと思います
高速で飛翔する被写体を超望遠、高速連写で捉え続ける。
このカメラはブラックアウトフリーかつ優秀なAFでこの課題を容易くクリアします。
UPした写真は全てMC-11 シグマ150-600CでAF-C Hi連写で撮った物ですが、純正レンズ以外でもここまでやれる事にこのカメラのAF性能の高さが解ります。
雨に弱い等、弱点は色々有りますが、AF性能に関しては信頼出来るカメラだと思います。

>
Ver.5になって一通り撮影したのでレビューします。
私の場合はタイトルのとおりモータースポーツ撮影メインです。
モータースポーツ撮影において重要なのはAFの食い付きと追従性ですが、このカメラはそれを高い次元でクリアしてくれます。
ブラックアウトフリーで高速で動く被写体を見失う事無く追いかけることも出来ます。

また、Ver.5で追加されたリアルタイムトラッキング
は追従性能が極めて高く、UPした4枚目の写真の様に
車のバンパー部分にピンポイントでAFを合わせたまま追従する事も可能でピントの精度も高いです。
UPした写真は全てリアルタイムトラッキングで撮ってます。

兎に角このカメラのAF性能は素晴らしく、モータースポーツ撮影においては最良のフルサイズミラーレスカメラであると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
スポーツ

参考になった30人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

デジ99さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:88人
  • ファン数:0人
満足度3
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー2
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3

無音撮影が出来る
一眼レフより軽い
悪いところ
長時間の撮影にはバッテリーが持たない
高い価格に見合わない
書き込みスピードが遅く次のシャッターチャンスに間に合わない
湿度に弱く電気的な故障が起きる
大事な撮影には使えない不安
結論としてメイン機の撮としては使えない

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

でぶねこ☆さん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:465人
  • ファン数:40人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
3973件
レンズ
14件
689件
デジタルカメラ
2件
301件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

追記2回目です。
動物瞳AFを実装して、今まで難しかったシーンにピントが合うようになりました。率直に嬉しいです。課題はまだまだ有りますけどね。
例えば、瞳AFを動物用に切り替えると、シーンにも寄ると思いますが、シャッター半押ししてから、AFが動き始めるまで、ワンテンポ、いやツーテンポ無反応な時があります。プログラムのバグでしょうか?
どうやら、カメラを構えたときにピントが大きくズレている時程AF始動までのラグが大きいような気がします。これは、大切なシーンの取り損ないに直結する大問題なので、対処して欲しいです。
一度、ターゲットを捕らえると、その追従性は良好です。今までトラッキングでは瞳にロックするのが難しいシーンでもバッチリ瞳を追い続けます。これは素晴らしいです。
作例は、SEL135F18GMで撮りました。


ファームウェアを更新して、益々快適になったのでコメントを更新します。

今回の目玉はやはりリアルタイムトラッキングの採用ですね。
今までのロックオンAFの欠点だった、追尾し始めたらAF枠が広がってピント精度が落ちると言う挙動がかなり収まりました。(意地悪テストでAFポイントを周りと区別がつきにくい所に設定すると、相変わらず、AF枠が広がります。)
まぁ、私が撮るような猫ちゃんの追っかけ写真程度であれば、瞳とはいかないまでも、瞳を含むポイントにAFを合わせて連写すると面白いようにピントの合った写真が撮れます。
今までは、フレキシブルスポットSでAFポイントを外さないようにカメラを猫ちゃんの動きに追従させるのに苦労していましたが、リアルタイムトラッキングだと、カメラを猫ちゃんの動きに同調させなくても、フレームがずれたなりにAFポイントが動くのでとても楽です。
また、猫ちゃんの顔つきによってできる出来ないがあるようですが、正面を向いてくれると、今のファームウェアでも瞳AFが作動します。

以下、前回のコメントを消さないでおきます。

無音シャッターに興味があってα7IIIを購入したものの、シャッタースピードを上げていくと、LED照明の下ではフリッカーによる多数のシマシマだ出ることにがっかりし、α9に買い換えました。
これで、室内でも安心して無音シャッターが使えます。
α9はこれ以外にも毎秒20駒の高速連写が楽しめますから、猫カフェでの撮影がとても楽しくなりました。

決して安い買い物ではありません。
無音シャッターとか、高速連写とかに興味がない方は、α7IIIを買って、余ったお金で良いレンズを買った方がよいと思います。

参考になった33人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くちびるかんださん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
58件
レンズ
1件
23件
バッテリーグリップ・ホルダー
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン1
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性2
機能性無評価
液晶無評価
ホールド感4

前提条件:室内動体メイン。

■カード書き込み時間が絶望的に長すぎる
ソニー公式動画のSF-GのSD(write299MB/s)によると、バッファフル(RAW240枚、12秒連写分)から完全開放まで35秒。最高の条件でもこれだけかかる。
手持ちのwrite260MB/sは最速で40秒、場合により60秒超えることがある。

書き込み中はAPS-Cモード切替不可。死んだ機能と言って過言ではない。
そしてUHS-II対応スロットは1つだけ。こちらも1つスロットが死んでます。

連写残量表示が適当。書き込み待ちが相当数残ってる段階で、ゲージが満タンになる。色が地味すぎて撮影に必死なときは分からない。
ファインダー内、左上の書き込み待ち枚数表示もAF-ON中は表示されず、シビアな撮影中はバッファの状態の把握が非常に困難。

連写速度を落とせばバッファフルまでの時間が稼げるが、20fpsの次は10fpsしかない。15fpsは純正の中でも良いレンズに限って選択できない。20fpsはバッファ詰まりに怯えながら慎重に使わざるを得ず、気持ちよく連写できるものではない。

ロスレス圧縮、実現させてね。

■レスポンスは良くない。
出来ることは多いが、瞬時の切り替えは、こちらの要求する厳しい応答速度に満たない。ストレス。

■手振れ補正の挙動。
超望遠時にファインダー像を安定させるためにシャッター半押しで手振れ補正を効かせながら、半押しのままAF-ONボタンを押すと、再度手振れ補正スタートしたように、構図がズレる。

●最小1点AF+顔検出ON(任意ターゲットへの瞳AF)は割と信頼できる。
顔の位置が縦横無尽に動くケースでなければ、対人はこの設定で良いと思う。
ただし、顔の前を障害物が横切る時は、まだ運が絡む。反応できれば置きピンで対応。

●撮影時の静音性(設定効果反映ON時)
70-200GMのフォーカス駆動音以外は完璧な静音性。
70-200GMに関しては、相当な静寂の環境なら、隣の人に聞こえるかもレベル。

※電源OFF後に、ランダムでメカシャッター音が鳴ります。撮影当日は控室等で1度電源ONOFFして、鳴らしておきましょう。鳴らないこともあります。鳴っても鳴らなくてもONOFF作業すれば、その日は経験的に鳴らない。

▲リアルタイムトラッキング
個人的にはお遊び機能です。実戦では使えません。
想定外の場所に食いついた時のリカバリーが、レスポンス的に厳しい。
絶対に失敗したくない時には、絶対に使わない機能。

▲動画機能
フォーカスリングの方向変えれませんか?70-200GMはバイワイヤではないので、絶望の方向固定。

フルタイムDMFを、少なくともバイワイヤ方式のGMレンズ全てに可能にしてもらえませんか?

三脚検知しても、手振れ補正を自動OFFにせず、常時効かせ続けられませんか?

AF-ON押してる時だけ、AF効かせられるようにできませんか?

▲デザイン
縦グリの形状的に、出先での着脱は極めて面倒です。端子カバーくらい標準で付けてください。

ボディ側のマウント指標は、マウント表面でなくボディに表示してください。暗い場所では見づらい。

白レンズやテレコンの指標、白地に白ポッチは、史上最低の指標です。

白レンズは大嫌いです。マウント替えの大きな理由になりえます。

★注意点
APS-Cモード使用に関する注意。
撮影前に必ずAPS-CモードON/OFFの確認をしましょう。
ONなのに気付かずOFFのつもりで撮影すると、画素数は落ちるわ(1000万画素)、不必要なF値でISOは上がるわで、非常にもったいない。※ズームレンズで使用した焦点距離に依る。
ファインダー内情報をシンプル(SS、F値、ISOのみ)設定にすると、全くON/OFF分かりません。

★最後に
他社がやる気ないから、α9を使うしかない。
電子シャッター機としては最高で唯一の存在。27か月、休日だけで15万枚、気楽に撮影できます。

レベル
アマチュア
主な被写体
室内
スポーツ

参考になった32人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

_kazuU_さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1件
ドライヤー・ヘアアイロン
1件
1件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

ファームが上がる度にフォーカスの精度や操作性が良くなってきました。
初期ファームのカメラとは別カメラに生まれ変わってます。(最初はたまにフォーカスが迷うことが有りました。)
特に5.0以降はリアルタイムトラッキングの機能も加わってからは、このカメラより凄いカメラって他社には有るのかな?と思うくらいです。
最近、最新の6.0にアップデートしました。
動物撮影にも対応したので早速愛犬で何枚か撮影しました。
今までオートフォーカスですとどうしても犬の鼻先にピントが合うことが多かったのですが、
瞳AF対応によって、人物の瞳AFのように簡単に撮影出来ます。
このAFの進化は、かなり凄いと思っており
ペット撮影が誰でも簡単にできます。
瞳AFの検出率と、検出出来ない場合のフォーカスの切替がとても早くて、とても感心しました。

参考になった21人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

hosozoo1さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
41件
レンズ
12件
29件
コンバージョンレンズ・アダプタ
3件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種
当機種室内でキャッチ 今迄では不可能写真
 

室内でキャッチ 今迄では不可能写真

 

とにかく、高感度 連射 そして EFマウントレンズの使用勝手

どれをとっても文句なし!

口コミに投稿しましたが、EOS6D 7Dmark2が統合したような感覚で

バリアングルモニタ付き 大満足の一言です。

でも、アダプター作ったシグマがすごいのか?

逆光も上手く持ち上げてくれるし 室内のワンコも結構撮れます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった16人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Laciaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
11件
レンズ
1件
10件
自動車(本体)
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

こちらのクチコミなどでアドバイスいただき、当商品を購入となりました。
以下の評価はすべてRX10M4と比べての評価になります。(RX10M4とα9しか使ったことがない為)

【デザイン】
とても軽くて小さい、この高機能でこの小ささにはびっくりしました。

【画質】
フルサイズのセンサーのすごさをすぐに感じました、ISO800以上を普通に使える事の快適さは格別です。

【操作性】
メニュー構成などほぼ変わりませんので、違和感なく使えました。

【バッテリー】
容量が2倍とのことで一日撮影しても半分以上残っています。 予備バッテリーはほぼいりません。

【携帯性】
小さいです。以前使っていたカメラバッグに余裕があります。

【機能性】
連射枚数は減りますが(24枚から20枚)フルサイズセンサーなので仕方ないでしょう、AF-Cのときにフォーカス電子音がないのは不思議です(AF-Sにはあります)
フォーカス速度については、あまり違いを感じません(RX10M4がすごいのかも)
MC-11経由でシグマのレンズを使っても、普通にAF-Cでカワセミの撮影を行えます。

【液晶】
綺麗になった感じはしません。

【ホールド感】
違和感は感じません。

【総評】
最初からこのカメラにしておけばよかったと思いつつも、RX10M4でカメラの設定やISOを上げない撮影方法を学べたのは無駄ではなかったと思います。
やはりなんでも中途半端なものを買うと、上のものが欲しくなるので最終的に損をするような気がします。

レベル
初心者
主な被写体
子供・動物

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dirty_white_boyさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:149人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
30件
レンズ
9件
24件
スマートフォン
3件
22件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】 いつもの、SONYのデザイン 僕は好きです。

【画質】 高精細のR3にも食指は動きましたが、僕の用途ではこれで十分です。

【操作性】 SONYになれたので、ほぼ満足。 ただ、ダイアルロックは、プロ仕様っぽいけれど、逆に不便。

【バッテリー】 FZバッテリーになってからは満足しています。

【携帯性】 本体は小型。 フルサイズレンズはやや大振り。

【機能性】 満足しています。 

【液晶】 不満ありません。

【ホールド感】 手が小さいので大丈夫。

【総評】 総じて満足度は高いです。 あえて言えば、ドライブモード、フォーカスモード、撮影モードのいずれもロック付きのダイアルでしか操作できないことです。 ファインダーをのぞきながら、コントロールダイアルなどで調整できるのが良いです。

少なくとも、ロックがあることで、ブラインドで変更するのが難しく、リズムよく変更できないので。

慣れればよいのだとは思っていますが、でも、不便だなと思いました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zzz@zzzさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
5件
レンズ
3件
3件
コンバージョンレンズ・アダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

主にカワセミ撮影に使用してます。
次のファームウェアバージョンアップではISOオートでの上限設定をもう少し細かくしていただきたいですね。
今現在は上限800→1600→3200
希望500→1000→1500→2000
1000以下で撮りたい場合もあれば2000以内で撮影したい時もあります。今後に期待します。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kkfronさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
10件
レンズ
1件
5件
タブレットPC
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性2
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感1

キャノン1DXUの購入を考えてましたが
ミラーレス一眼が気になりこちらを購入しました

ボディは軽くていいのですが
小さすぎてもち手が薬指小指が余ります
その為か指の腹が知らずにISOに触れてしまい不具合を感じます。
露出補正ダイヤルも何かに触れるたびに動いてしまいます
固定できるように改善してほしいところです
バッテリーのもちも良くありません一日中撮影するなら
予備は必要です。
100−400GMレンズをつけてのバランスは最悪です
これはレンズのレビューに書くことでしょうが・・

AF精度画像の解像度は流石に素晴らしいものがあるだけに
以上の件が残念です



レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

みのぷうさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:623人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
27件
レンズ
4件
19件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
第一世代のα7R、α7S、第二世代のα7R2 、α7S2
と使ってきて、自分がインターフェースの進化に、
なかなか追いついていないなと思っていました
α9になって大幅な変更がありましたが、デザイン的には
第3世代α7R3、α73とほとんど同じです
α9には左肩にドライブ・AFモードダイアルがあるためか
裏側のα9のロゴの部分が1ミリぐらい厚くなっています
α7R3では露出補正ダイアルと後ろダイアルの間の形状が
若干変更されています
底面を比べると全く同じで縦位置グリップを共有できます

【画質】
基本jpeg エクストラfineで撮っています
α7R3では4200万画素の高解像写真が撮れますし
APSCクロップしても1800万画素
A3nobi に印刷しても遜色ありません
α9では2400万画素で十分解像しますが
APSCクロップでは1000万画素
32インチ4kモニターで見るには問題ないです
なんといってもα9は、AFでのジャスピン率が非常に高いので
くっきりした、眠さの皆無な画像を量産できます

【操作性】
メニュー画面でFnボタンを押すとタブを移動できるのは非常に便利
カスタムキーの設定画面で背面の図面が表示され選択した番号を
アニメーションで表示してくれるようになりました
マイダイヤル機能が追加され、前ダイアル、後ろダイアル、
コントロールホイールが有効に使えます

【バッテリー】
容量2.2倍のFZ100バッテリーにスケールアップ
α9で一日持たなかったことはありません、非常に快適です
ポートレート撮影会で、連射を主に半日使いましたが
4000枚ほど1個のFZ100で撮れました

【携帯性】
α9本体の小ささは圧倒的です
それに比べGMレンズは重厚です
タムロンのA036/A046などを使うと携帯性が生きてきます
ツァイスのBatisシリーズ も重量バランスが素晴らしく
とても軽快に抜群の写りで撮影できます
大きさで言えばMFになりますが
ツァイスのLoxiaシリーズ非常にコンパクトです

【機能性】
ブラックアウトフリーかつサイレントな
アンチディストーション20連写
タッチパネル
UHS-U・UHS-T対応の、ダブルスロット
画素加算なしのフルサイズ4K
フルサイズ初の4Dフォーカスシステム
リアルタイム瞳AF
光学式5軸ボディ内手振れ補正5段
jpegエクストラfineで360枚以上の連射持続性
AIを活用した「リアルタイムトラッキング」機能を搭載
リアルタイムトラッキングは、タッチパネルで指定できるので、
主に液晶を見ながら使っています

【液晶・ファインダー】
背面液晶、ファインダーとも格段に解像度が上がり視認性も向上
ビューファインダーで動きものを捕捉するのが
ブラックアウトフリーもあり非常に容易になりました

【ホールド感】
グリップエクステンダーは使い心地が悪いので下取りに出しました
その代わりに使ったのがREALLY RIGHT STUFFのL字プレートです
縦位置と横位置のアルカスイス互換プレートになっていて
素早く三脚にセット可能です
グリップも1センチほど底上げされて70200GMなどを
振り回すときにも使っていました
1年ほど前、右手の小指と薬指をけがした関係で
今までは素のままでグリップすると安定しない気がしていましたが
小指のリハビリを兼ねて素のまま撮影してみると数か月で
意外と小指がギリギリフィットしてきて70200GMなんかも
そのままで振り回せるようになりました

【総評】
ソフトウェアアップデートであたかも新しいカメラになったような対応
リアルタイムトラッキング、
リアルタイム瞳AFシャッター半押対応、
コントラストAF枠を25点から425点に、
像面位相差AFの絞り上限をF16に拡大
SDカードの容量オーバー時のリレー記録
リアルタイム瞳AFが動物にも対応
タイムラプス用の画像撮影がカメラだけで可能に
2019年秋に出るといわれているα9Uはどこまで深化するのか

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった68人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いーくん@E-1板さん

  • レビュー投稿数:94件
  • 累計支持数:909人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
40件
286件
レンズ
37件
42件
自動車(本体)
2件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
フルサイズα共通のデザインで、好き嫌い別れる所ですが、私は機能美を感じて好きです。
【画質】
まだ高感度域を試したわけではないのですが、ゴミがつきやすくとれにくい点と、アンチフリッカー機能が未だ搭載されない点(他の機種と較べて問題になるケースは少ないといいますが…)以外不満はありません。
【操作性】
1点引いたのは左肩のダイヤル。格好はいいですし、正直α7系を使っていて羨ましいな、かっこいいなぁと感じたことはあります。
しかし、ニコンDfを使っていたときの苦い教訓を思い出してしまいました。「デジタルカメラにはデジタルカメラの操作体系というのがあり、フイルムカメラと同様に機能を割り付けたら不便きわまりないことというのもある」ということ。α99IIのマウント右下のダイヤルみたいに多機能を割り付けられるダイヤルにしてあればよかったのですが、やっぱりここはα7系列のようにFnボタンのメニューに割り付けて使いたい。割り付け出来るのに使えないとか、アホスペックだろと思わざるを得ません。
他はほぼ文句なしです。カスタマイズ力も素晴らしいし、4ダイヤルの操作系は大好きです。
【バッテリー】
比較的よく持ちますし、USB充電ができるのは本当に便利。車で撮影地を移動している間にチャージ出来る/寝ている間にモバイルバッテリでチャージ出来るなんて、夢のようです。次期改良機ではUSB-Cの端子も実装されるでしょうから、そこは次に期待します。
【携帯性】
最高。カメラバッグが小さくなりました。90年代にOMシステムを持ち歩いて夜行列車連泊の旅をしていた頃を思い出しました。
【機能性】
AマウントレンズをEマウント機で使おうとしたらα9しか無いなということでα99IIとα7IIIを手放して購入したのですが、SSMを積んだレンズは(SAL2470ZとSAL70400G2を使用)いずれもストレス無くAFが動き、ピントも来ますし連写もいけます。トラッキングAF連動で秒8〜10コマ、AF-Sで15〜20コマいければ現実的には充分なのでこれで一応満足とします。そりゃGマスターは素晴らしいのでしょうが、今あるレンズを二束三文で手放すのは、撮れる絵を考えたら勿体なくって…
欲を言うなら画面拡大時のAFがAマウント+LA-EA3でも出来たらいいのになぁ、という程度です。
アンチディストーションシャッターは、今のところ不満無しですが、新幹線を真横から撮ったりした際にどうかなと、一抹の不安は残ります。
【液晶】
一切不満ありません。
【ホールド感】
大変よいのですが、小指余り対策にLIM'Sのカメラケースを検討しています。アルカスイス互換のプレートが内蔵されているのがよさそうで(^o^;)
【総評】
一眼レフを凌駕する「気」のこもったボディで、大変気に入りました。
特に気に入っているのは
1.Aマウントでも、条件こそあれ卓越したAF連写性能を発揮出来る点
2.小型軽量ボディで、アンチディストーションシャッター、ブラックアウトフリー高速連写を実現した点
です。
組み合わせるボディは本来ならばα7RIIIかα7IIIなのでしょうが、Aマウントのいいレンズを安く導入出来ますから、α99IIという選択肢もありなのかなとも思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

6084さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:991人
  • ファン数:66人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
7588件
レンズ
19件
459件
フラッシュ・ストロボ
5件
99件
もっと見る
満足度3
デザイン1
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感3
当機種1)BMXフリースタイル
当機種2)インラインスケート
当機種3)BMXフリースタイル

1)BMXフリースタイル

2)インラインスケート

3)BMXフリースタイル

当機種4)FMX(ナイトセッション)
当機種5)FMX(ナイトセッション) ダンサー
当機種6)FMX(ナイトセッション)

4)FMX(ナイトセッション)

5)FMX(ナイトセッション) ダンサー

6)FMX(ナイトセッション)

α9の詳細な評価に関しましては以前の私のレビューをどうぞご参照下さい。


“何故ミラーレス機が登場したのか”

多分、各社のミラーレス化の推進力は「コストカット圧力」が主だと思います。第二には一眼レフを作る技術を失ってしまった会社があるという事。今までのミラーレス機は、本来まだ必要だったパタパタミラーやピントスクリーン、ペンタプリズム等を取り去ってしまった為に、一眼レフに追いつけなくなってしまった「劣化一眼レフ」だったと言えるでしょう。

そのため動体撮影時のAF能力やファインダー表示に多くの不満が出たと思います。私達消費者がミラーレス機より遥かに先にファインダーが滑らかに表示される「ビデオカメラ」を経験してしまったのも一因と思います。

各社のミラーレス化の進行は消費者側からの要求ではなくて、メーカー側の都合だったという事です。

しかしながら、理由はなんであれ、カメラのミラーレス化は避けられない歴史の流れであるとも私は感じています。それならばより私達に使い易いミラーレス機を消費者の側から要求する必要があると思います。

α9の発売で、8割方これに目途が付いたと実感しました。まだ「こんにゃく現象」の根本的解決策であるグローバルシャッターは搭載されていませんが、ファインダー表示はビデオカメラの様であり、これが動体撮影に威力を発揮するならば、カメラ界でのミラーレス化を更に推進する鍵となるでしょう。

しかしこれも基本的な部分では最新技術とは思えず、既にメーカー各社には有った技術で、ただコスト的な問題で中々製品化しなかったのだと思います。ですから、α9は手の届きにくい大変高価な製品となりました。

コストカットの為にミラーレス化したのに高コストのミラーレス機を製品化するにはそれなりの理由づけ(=プロ機)が必要だったのだと思います。

言い方を変えるとミラーレス機でも真面目に作ればこうなるというのがα9で、真面目に作ると高価になるとも言えるでしょう。

α9を境にミラーレス機は「旧来のミラーレス機」と「本来あるべき、ミラーレス機らしいミラーレス機」に分かれて行くと思います。

ニコン、キヤノン、パナソニックもある意味追従を余儀なくされ、フルサイズミラーレス機を投入して来ました。

α9から始まる「本来あるべき、ミラーレス機らしいミラーレス機」は劣化一眼レフではなく、一眼レフの構造的限界を乗り越えて行くでしょう。

ただしこれはセンサーサイズを意味するのではなく、カメラ内部の信号処理がα9と同等以上となり、本当の意味でのブラックアウトフリーのファインダーを実現することだと思います。

ただし、私達消費者は動体撮影や高速連写を必要とする方ばかりでは無く、また、フイルムカメラの経験の少ない或いは無い方には必ずしもフルサイズである必要も無いと感じます。

“α9の評価”

私はα9を現状のミラーレス機で一番完成度が高い機種であると考えています。
しかしながら、此処で詳論は避けますが、それでも人肌の色の再現に重大な問題を抱えており、照度変化で色味が変わる様に感じられるので、α9はデジタルカメラのもっと基本的事項に未熟な部分を未だに抱えているのだと思います。

ソニーは放送機器分野では権威であり、放送機器ではそういう問題はあり得ないので、静止画のカメラに於いても、最優先課題として根本的にこの問題を改善される事を強く要望します。

作例について

α9は「動体撮影機」であると言う事は衆目の一致する所ですが、動体撮影の作例が非常に少ないです。

私も平素スポーツを撮影していますが、選手の肖像権、競技団体のパブリシティ権にリスペクトしなければならないのでそうした写真は価格コムに貼る事は出来ません。

お仕事でスポーツ撮りをされているプロの方々も当然クライアントに権利のある写真は貼れないでしょう。

先般開催されましたストリート系のスポーツのエキシビジョンイベントである「キメラゲームvo.7」はステージのミュージシャンと一般観覧者以外の写真は掲載可能との事で、貼らせて頂きます。以前も同イベントのvol.3の写真を貼らせて頂いた事もあります。

最初の3枚は日中行われたBMXフリースタイルとインラインスケートの選手、後の3枚は夜に行われた、フリースタイルモトクロスでの、ダンサーの女性と選手です。

機材

日中:α9、SEL70200G(F4)

夜間:α9、メタボーンズ5型アダプタ、シグマ105mmF1.4キヤノン用
*フラッシュは禁止なので使っていません。



REV4.0:20190521:文書の改訂、作例のさしかえ
REV3.0:20170616:文書加筆、作例への差し替え
REV2.0:20170616:文言の一部修正

比較製品
CANON > EOS-1D X ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
スポーツ

参考になった128人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

geysirさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
5件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

ファームアップで再レビュー。

事前に予告があったので、わざわざ再レビューする程でもと思うかもしれないが、ちょっと予想外の方向に良かったので書いておく。

正直ファームアップ後とファームアップ前では、カメラそのものが変わったのでは無いかと思う程、目に見える部分に変化があった。
α9はその衝撃的なスペックと衝撃的な価格で鳴物入りしてきた時から、気付けばかなり時間が経っており、未だにその連写枚数とブラックアウトフリーは他の追従を許さない性能であるものの、細かな点では後発の下位機に遅れをとる部分もあり、どうもフラッグシップ感が薄れてしまった感が否めなかったが、今回はその点、殆どの点で最新機種と同等に使える機材に進化した。

一言で言えば、カスタム性が向上し、メニュー構成が現行期に追いついたと言ったところだが、事前に知っていたにも関わらず、え?そういう事?と思ったのはリアルタイムトラッキングの凄さだ。

リアルタイムトラッキングとは、使えねぇ、、、でお馴染みのロックオンAFの進化版で対象を認識し、被写体または撮影位置が動いても、対象物を追い続けてくれる機能だが、それって特殊な動体追う時用で普段使い絶対しないヤツと見限っていた訳だが、ところがどっこい(表現が古い)フォーカスエリアはコレだけでも俺文句言わないよ、くらい良かった。。。

今までは主に何を使っていたかと言うと、フォーカスエリア【ワイド】と【フレキシブルスポットS】だ。極端な話、前後に障害物の少ない場合はワイド、障害物の多い場合はフレキシブルスポットS。この使い分けで良かった訳だが、フレキシブルスポットの欠点は、被写体を中央で捉え、端に構図を持っていった場合、コサイン誤差が生じるのでAFを中央でロックしたまま、構図を端に持っていくのは、不適切であり、その都度、マルチセレクターでAFポイントを隅から隅まで動かす必要があった。

また、ワイドで撮影した場合も中々欲しいところにピンが行かないと言うことがあり、フレキシブルスポットとの切り替えに試行錯誤していた訳だが、その、両方の痒いところに手が届くのが、まさにリアルタイムトラッキングで、殆どの場合、中央で合わせてしまえば構図を端に持っていこうが焦点距離をを前後に調整しようが、AF-ONを押し続けている限り、画面の殆どの範囲でずっとピントがあっている。快挙!、、

と言う事は、テーブルフォトで、ケーキのイチゴにピントを合わせたら前後左右に動いても画面に映っている限りどの位置でもイチゴにピントが合っている。なんて事も可能だし、何だったらマルチセレクター無くても、AFスポットを常に中央で合わせて、構図ずらしちゃえば好きなところで合わせられる。

なんせマルチセレクターは便利ですが、俊敏さに欠ける。右下から左上まで行くのにそこそこ時間が掛かる。

今回のアップデートでAFポイント循環ができるになったが、それでもリアルタイムトラッキングを覚えてしまうと、マルチセレクターに触りたくないと思わせる程、完成度は高い。

また初心者にありがちな最短撮影距離を把握できておらず、ピンポケになってしまうような事も、リアルタイムトラッキングであれば、AFポイントの色が白であれば近すぎる。緑であれば合焦している。と、毎回AF-ONをカチカチ押さずとも、一度ロックしてしまえばあとはAFボタンを押し続けて、合焦を色で判断すれば良いので、よりイージーになっている。

そんな訳で、新しく搭載されたAFエリアの限定は【ワイド】【フレキシブルスポットS】【リアルタイムトラッキング】の3つに絞ってしまった。

で、改めてこのα9とはどんな機材かと問われれば、完全に次世代のスタンダード機に必要な要素を兼ね備えており、プロ用のフラッグシップというよりか、むしろバイパースタンダード機という訳のわからない名称が思い浮かぶ程、撮影の常識が変わってしまった機材であり、これぞ初心者向き?!と思ったところで、その値段に愕然とするわけだが、ははぁん、α6400はそういう意味では相当お得なカメラだなと、良からぬ事を考えてしまう。危険な今日この頃なのであった。

参考になった59人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yzvegetaさん

  • レビュー投稿数:124件
  • 累計支持数:554人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
15件
0件
デジタル一眼カメラ
6件
3件
マザーボード
8件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明
   

   

α9 ファームウェア Ver.5.0にアップデートしたので再レビューします。

きっかけは、α7RUの夜の動画撮影でノイズが目立ち気になりはじめ、α7RU、α7Sの2台を統合できる高感度性能を持ち、高速性能も両立するα9なら1台で全て済むのではと考え、購入しました。

α9レビュー動画の再生リストです。
動画は35本あり、ボディ・レンズレビューと作例集、ホタルなどの高感度性能テストも含まれております。

世界最速・最強 究極のカメラに進化!SONY α9 Ver 5.0 徹底レビュー 51:22
https://www.youtube.com/watch?v=MVRgCKiDs9g&index=35&list=PL04ADkJRWr4UyWs-KwwQ_DKxaTPT89Nav

主な動画
SONY α9 (ILCE-9)開封 α7RVではなくα9にした理由 11:14
SONY α9レビュー1 山形、松島、仙台ドライブ α9、α7RU 写真、動画比較(4K)33:07
SONY α9レビュー2 α7RU, α9, α7S ISO高感度性能対決! 23:56
SONY α9レビュー3 ボディ外観・機能詳細編(4K) 52:57
SONY α9レビュー4 三島市 カワセミ 2018/3/3 α9+SEL24240 高速連写の世界(4K)17:33
SONY α9レビュー5 α9, α7RII, α7S & SEL24105G 連写、動画比較(4K)14:36
SONY α9レビュー6 三嶋大社 夜桜 α9, α7RII高感度対決!写真・4K動画比較 15:08
SONY α9レビュー7 α9,α7RU,FDR-AX30,FDR-X3000R動画AFテスト 11:52
SONYカメラ・レンズ撮影機材紹介 α9,α6500 25:07

【デザイン】
初代から使っており、お気に入りの無骨で硬派なデザインがお気に入りです。

【画質】
画質は、α7RUよりも、ピントの精度も高く、高感度に強いのでダイナミックレンジが広いで、結果的に快調豊かな画質が得られます。写真と動画共に画質は素晴らしいです。

【操作性】
マルチセレクター、タッチフォーカスによる操作性向上と、ドライブモード、フォーカスダイヤルが増えて、キーがα7シリーズより多いので、操作性は良いです。
ただし、フォーカスダイヤルのロックは外してほしかった。

【バッテリー】
α7RUに較べて格段に撮影時間が伸びました。容量は2.2倍ですがそれ以上の撮影時間が確保できています。素晴らしいです。

【携帯性】
バッテリー容量は増えたが、携帯性は従来モデル同様に抜群に良い。

【機能性】
Ver.5.0アップデートに伴い、リアルタイムトラッキングが追加され、フルサイズ機 世界最速・最強性能に更に進化し、究極の性能になっちゃいました!
いやー、カメラを買い換えずにα9Uを手に入れたような感じです。これは凄いです!
SONYさんほんとにありがとうございます。
ただし、Ver.5.0でもフリッカーレス撮影、S-Log撮影のピクチャープロファイル、3世代から廃止されたアプリ機能がないのは、やはり受け入れられない。

【液晶】
以前よりもファインダー・液晶はキレイになりました。

【ホールド感】
α7RUに較べてグリップがより深くなり、握り易くなりました。小指余りは元々気にならないので、このボディで問題ないです。

【満足度】
α7RU、α7Sのちょうど中間の画素、高感度性能を持ち、メモリー内蔵フルサイズセンサーにより、全画素を1/160秒で読み取れる、AF/AE追従演算を秒間60回行い、フルサイズ機最速の秒間20コの驚愕の性能を達成した唯一無二の存在!
更にVer.5.0でリアルタイムトラッキングが追加され、フルサイズ機世界最速・最強カメラに更に進化しました。
このカメラはほんとに革新的な異次元の体験を可能にしたカメラであることを使うたびに実感しています。
当分、他のカメラは全く興味なしで、このカメラを長く使い倒せそうです。
ほんとに買って良かったです。
★はオール5です!

参考になった44人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α9 ILCE-9 ボディ
SONY

α9 ILCE-9 ボディ

最安価格(税込):¥350,000発売日:2017年 5月26日 価格.comの安さの理由は?

α9 ILCE-9 ボディをお気に入り製品に追加する <1321

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意