α9 ILCE-9 ボディ レビュー・評価

2017年 5月26日 発売

α9 ILCE-9 ボディ

  • 新開発のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能なプロ向けミラーレス一眼カメラ。
  • 最高1/32000秒(※電子音「切」設定時)の電子式アンチディストーションシャッターで、無音・無振動のサイレント撮影が可能。
  • 読み出し速度が従来機種「α7」比20倍以上に高速化した、世界初のメモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを採用。
α9 ILCE-9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥375,116

(前週比:-15,714円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥375,118

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥233,450 (31製品)


価格帯:¥375,116¥468,347 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥375,116 〜 ¥390,830 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2830万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:588g α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、マルチインターフェースシュー部の無償修理が告知されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

α9 ILCE-9 ボディSONY

最安価格(税込):¥375,116 (前週比:-15,714円↓) 発売日:2017年 5月26日

  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

α9 ILCE-9 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.44
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:90人 (試用:2人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.21 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.50 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.13 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.48 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.48 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.53 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.44 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.93 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:人物」で絞込んだ結果 (絞込み解除

digijijiさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:292人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
10件
298件
レンズ
5件
69件
デジタルカメラ
7件
49件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

2020年になってやっと購入。始めっからα9にしておけば無駄な投資をしなくてよかったかなあと実感。
α9発売当時は、Nikonの一眼レフをメインに使っていました。
α7RIIを購入後、α9を見送り、α7RIIIを購入、さらにα7IIIを購入、さらに、α7RIVを購入。今年になってα9の価格が下がったので、ほとんど出動のないα7RIIとα7IIIを下取りに出して、「3年前の機種をいまさら」と思いながら購入。
使ってみて驚きました。3年前にこれを買っていたら、α7RIII、α7III、α7RIVは購入しなくても良かったかもしれない。
α7RIVの高画素画像とは別の意味で、α9の画質は良いと感じています。
α9のAFはやはり素晴らしい。α7RIII、α7III、α7RIVでは合焦をかなり意識してシャッターを切りたくなりますが、ある意味 α9 はいい加減にシャッター切ったとしても、ちゃんと合焦した絵が得られます。
α7RIVの高画素画像は素晴らしいものですが、実際の仕事ではα9の2400万画素で十分です。
 
機器トラブルと点検・修理を考えると最低3台は必要ですが、今後α9がどうなるかに注目しています。α7RIIIを下取りに出して、α9をもう一台購入するか、α9IIを購入するか、α9IIIの発売を待つかを考えています。
ここまで安くなっていますから、α9を2台とα7RIVの3台体制で良いのかもしれません。
ひとつだけ、USB Type-C へのアップグレードサービスとかしてくれないかなあ。と思っています。

レベル
プロ
主な被写体
人物
室内
スポーツ

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

syurisyuriさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

NAS(ネットワークHDD)
2件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
8件
プリメインアンプ
1件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
特筆すべきことはなし
【画質】
初めてのフルサイズなので大満足
【操作性】
普通?
【バッテリー】
アマチュアなので困らない
【携帯性】
アマチュアなのでこれでも重くて大きいが、出てきた画を見ると我慢できる。
aps-cは画質、大きさが中途半端。
割り切ってスマホにした方がシャッターチャンスは逃さないかと。
【機能性】
動画撮影中の瞳AFが無いのは最近知った。不満点。
【液晶】
晴天だと見えない
【ホールド感】
慣れれば特に何も感じない。
ジンバルとか、そんなのと比べれば軽いし持ちやすいですよ。
【総評】
以下、感想です。フルサイズ自体を迷ってる方は参考にして下さいください。

EOS M3, EOS kiss Mからの買い替え
用途は子供の撮影です

買い換えて本当に良かった!
回り道せずに、最初からこれを買えばよかった!
高価なので迷っている方がいたら、
「お金に困ってないなら一番いいやつ買ったらいいよ。時間は買えないから。」
と先輩から頂いた言葉をそのままお贈りします。

私はいわゆるプロが撮ったような写真を撮りたかったので、買ってよかったです。
適当に撮っても同じような画が勝手に出てきます。
プロはフルサイズ以上が主流ですよね?
カメラが違うと違う画が出てきます。aps-cとフルサイズ悩んでいる方はフルサイズ買った方がいいです。aps-cでも「良い写真」は取れるでしょうが、フルサイズと同じ絵は出ません。レンズやメーカーの違いより大きな違いです。

プロと同じ画が出てくると、もっと上手に撮ろうという意欲が出てきます。使ってる機械は同じなのですから同じように撮れるはずです。

ただ、同じように撮ろうとするとレンズはもちろんのこと、三脚や照明を当然同じレベルにしなくてはいけないですからお金がとてもかかります。覚悟しておいた方が良いかもしれません。動画も始めるとジンバル、定常光、マイクと商用の写真や動画が何故お金が掛かるのか分かってきます、、、




レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SOH Martonさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
デジタル一眼カメラ
4件
0件
バッテリーグリップ・ホルダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感2
機種不明ニュートラル性が高く、フラットな場面でも階調豊かです
機種不明ハイライトの伸びがよく、日陰から背景が白く飛んでいても戻ってきます。
当機種オールドレンズでも色の破綻なくニュートラルに撮れます※エルマー90L

ニュートラル性が高く、フラットな場面でも階調豊かです

ハイライトの伸びがよく、日陰から背景が白く飛んでいても戻ってきます。

オールドレンズでも色の破綻なくニュートラルに撮れます※エルマー90L

α99のAマウントの雲行きが怪しかったのでEマウントへ移行しました。

あれこれものすごく比較検討の上、乗り替えました。
個人的なレビューと乗り換えた見解と現状Aマウントのまま方に役に立てばと思いまとめました。


〇悪い点
おおむね満足していますが一番の違いはグリップです。
見た目は小さいですが非常に重い(700gほど)ので手首はもとより指が痛くなってくる感じです。
というのもグリップが非常に浅いので持ちづらいのですね。
その点R4などでは深くなっていて疲れない印象なので要注意ポイントと思われます。
サムレスト、縦グリや純正のエクステンショングリップGP-X1EMをつけてもグリップ深さは変わらないので注意ですが持つ部分が増えるので多少改善します。
また塗装が割と剥げやすいです、リュックの中に雑に入れるのは避けましょう。
重量バランスがレンズがトップヘビーになるので私はMマウントやEマウントの小型レンズに切り替えたところ幾分が改善いたしました。
※動画でPPがないのが不便だなと感じました。
※α99に比べるとファインダーが少し見づらい気がします。
※電源ボタンがレリーズをひねるタイプで爪が飛び出しているので鞄の中で勝手に入るときがあってバッテリーが使用するタイミングで亡くなるときがあります、パワーセーブしてても駄目なようですのであまり干渉しない部分にしてほしかったですね。

〇良い点
今までは連射する機会が多かったのでα99ではフリーズは多発しておりましたがこれがなくなったのでストレスフリーになりました、キャノンなみにガンガン切れるのはメリットです。
動画もEでは実絞りで撮れるので楽ですね。
LAEA3でSSMで動作するレンズはα99よりきびきび動いてますしあまり使用感が変わらず使用できるので便利です。グリップは悪いですがリグ組んだり縦グリップをつけて解消したりとシステム的に大きさを変えて操作感を変えれるのは便利です。afは噂通りすごいですね。
自分が動きながら追跡して撮るような場面で真価がでます。
望遠は置きピンが多いのでそんなに活用の場面はありません。。。
オールドレンズでは色々ありますがMマウントレンズを好んで使ってます。
噂のマゼンダかぶりもそこまで目立ちません、LRでプロファイルを当てれば問題ないですが使用中は少し感が狂いますね。バッテリーも長寿で一日でもなくなりません。
※歪みが少ないので無音電子シャッターが活きます、私はこれとバッファが多いのが決め手でした。


〇アダプターの使用感(LAEA3)
Aマウントは24ZA、50Z、135ZAの資産を持っていましたがこれはアダプター超しに役に立ちました
特にSSMが入ってるモデルレンズでは瞳AFや制御も問題なく動作するので問題なく使用できます。
常に絞り開放となりまして撮影の瞬間だけ絞りが動作するので深度確認しながら撮影が難しくなります。動画撮影の時は常に絞りは実絞りになるので問題ありませんがAF動作がちょっと怪しくなります。
ただしトップヘビーになるので結局処分していくことになりました。やはりアダプター超しではハンドリングが悪いので大人しくEへ乗り換えている最中です。
またモーターがSSMでないモデルはAFは動作しませんのでMFになりますがLAEA5が発売するのでその辺りは変わってくるかもしれませんね。

〇総評
動作がもっさりしていたαの弱点を上手くカバーしてくれています。
きびきび動作するのでストレスフリーで便利です。
グリップが悪いですがあれこれアクセサリーをつけるとちょっと改善しますが余計な出費がかかるのがネックでした。
Aマウントから乗り換えで操作感をそこまで変えず滑らかに移行し、またオールドレンズを今までフランジバックの都合であまり使えなかった方におすすめです。
画の描写非常にニュートラル性が高く、仕上げやすいですがα99はこってり系だったのでちょっと勘が狂うかもしれません。階調はLRで編集するとハイライトやシャドーが凄い戻ってきますので後編集に強いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiro487さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:194人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1164件
レンズ
4件
99件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
77件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

他社からも似た様なカメラが出て来たので改めてレビューします。
このカメラはポトレからモータースポーツや航空祭、色んなシチュエーションに対応出来る万能機だと思います。
優秀な瞳AF、リアタイムトラッキング、そしてシームレスなブラックアウトフリーによる20コマ/秒
の高速連写と歪みの少ない電子シャッター。
ソニーのメモリー積層センサーの技術、言わば家電屋の技術の結晶が撮影結果を向上させています。
バッテリーもハイエンドフルサイズミラーレスの中では持ちが良く、撮影中もモバイルバッテリーからの給電が出来ます。流石は家電屋です。

α9Uの影に隠れて型遅れ感は否めませんが、価格もこなれておりコスパの高いカメラになってると思います。
初心者から上級者まで、何方にもお薦め出来る家電屋が造ったハイエンドカメラです。

さぁ、次はグローバルシャッター搭載のα9Vに期待しましょう。
家電屋しか造れない未来のカメラに。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
スポーツ

参考になった72人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

vader12さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
62件
レンズ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

子供が活発に動き出したのでα7iiiから乗り換えました。
期待していたトラッキングの使い勝手はもちろん素晴らしいです。また電子シャッターをベースとした連写撮影は、初めは違和感がありましたが慣れると連写の中からベストな一枚を探す楽しみと歩留まりのよさ、シャッターショックのなさからもはや戻れる気がしません。
残念な点としてはみなさんの挙げているメニューの複雑さです。他社の見やすくカラーリングされたタブと、タッチメニューはなぜ第四世代になっても採用されないのか、、、
ホールドは第四世代には及びませんが、ピークデザインのクラッチをつけているので問題は感じません。
キャッシュバックで新品で購入しましたが、最近中古価格が非常にこなれているので7iiiからのステップアップも十分視野に入る、満足度の高い機種です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

根賀源三さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4

【デザイン】
申し分有りません。大きすぎず、カクカクした感じの、カメラらしい形をしています。

愛用のレンズは
1st. zeiss loxia 2/50 ☆☆☆
2nd. SEL35F28Z
3rd. SEL2470Z
4th. SEL70200G
です。一通りは押さえたつもりです。

デザイン性で言いますと、やはり、zeiss loxia との組み合わせが最高です。
オレンジラインと重なり合うzeissの青ライン。マニュアルフォーカスレンズらしいレンズ側面の目盛り。
そしてゴールドの「α9」。
最近ほとんどこの組み合わせでしか使用していません。

【画質・操作性】
α9の超高速フォーカスに負けないくらいの、超拘束マニュアルフォーカスを発揮しております。
ピントの合う確率がようやく20分の1に改善されました。ピントが合ったときの素晴らしさは、息をのむほどです。
シャッターについては、最近はほとんど、電子しか使っていません。連写性能はさすがです。
1秒に1枚、ピントが合う勘定になります。

たまに物撮りでフラッシュをたく際にメカニカルを使うのですが、
カシャッというシャッター音と心地よい振動が、カメラらしくて、とても新鮮に感じます。

操作性で特筆すべきはやはり、SEL70200G を装着したときの、さすがの、超高速フォーカスです。
ごくたまに、子供達の写真を撮るためにこの構成に変えるのですが、
「オートフォーカスとはこんなにすばらしいものなのか」と、思わず唸ってしまいます。
ピントの合う確率は100%。子供に「動くな」と命令して拘束する必要は全くございません。

【バッテリー】
1つあれば十分です。2つ持って行くと、だいたい空港の手荷物預かり所で止められてしまいます。
あっ、いけねぇ、入れちゃった。

【携帯性】
以前使っていたのが α6500。変えた直後は気になっていましたが、今はno problemです。
敢えて言うなら、loxiaのフロントキャップが取れやすく、行方不明になってしまうことが多々。
おっと、これは携帯性とは関係ないですね。

【機能性】
マニュアルレンズを愛用している私に、このカメラの機能性を熱く語る資格は無いでしょう。
敢えて言うなら、LANケーブルを繋いでPC操作で物撮りをすることが多いのですが、
Wifiで出来れば楽だな、と思います。iPadでは Wifiで出来るのですが。実は出来るのだったらごめんなさい。
それ以外では十分高機能です。というか、高機能になりました。

【液晶】
とても綺麗です。
MF操作時にはもう少し鮮明であれば、と思うこともあるのですが、まあそれは自業自得ですね。
ファインダーを使うと、驚くほど鮮明です。

【ホールド感】
上々です。小指も気になりません。軽いレンズしか使っていないからでしょうか。

【総評】
このカメラとは長い付き合いになりました。
私が使い慣れたと言うよりもむしろ、成長したんです。カメラが。
AFでもMFでも、使っていてとても楽しいですよ。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内
その他

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

M4Cさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
0件
レンズ
2件
1件
コンバージョンレンズ・アダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感3

購入して4ヶ月がすぎましたのでレビューを投稿します。撮影対象は、鉄道9割、ポートレート1割です。キヤノンと併用しています。
【デザイン】
ごくごく普通のデザインです。どちらかというと角ばった昭和時代の一眼レフみたいです。
【画質】
本機を購入後も併用しているCanon EOS-1DXとの比較になりますが、高感度、Dレンジともに本機の方が良好です。撮って出しの色味は、Canonに比べるとあっさりした感じです。が、rawから現像すればほぽ同じ感じにはなります。
あと気になるのはRAWで撮影時、圧縮モードで撮影すると、これが不可逆圧縮である点です。CanonのC-RAWのようにならないものか。
【操作性】
マルチセレクターが使いにくい。フォーカスエリアの移動時、マルチセレクターを倒した方向に移動するのですが、押してしまうと中央に戻ってしまいます。倒したつもりが押してしまい、せっかく動かしたフォーカスエリアが中央に戻ってしまい、イライラすることが多々あります。α9IIでは改善されているようです。
AFは、1DXと比較すると暗所での安定度で1DXですが、正確性ではこちらが上のように感じます。1DXの周辺のAFの正確性には?な時が時々ありましたので。α9は、AFがきちんと反応していれば、ほぼジャスピンです。しかもフォーカスエリアがほぼ全面にあるのは壮観です。
気になるのは、電源を入れてから撮影できるようになるまでが1DXより遅く、撮影モードを変更しても即座には変更されず一呼吸必要です。
【バッテリー】
1DXより持ちません。ミラーレスなので仕方ないですね。縦グリに2つバッテリを入れておくと、1本あたり1日150〜200ショットで2〜3日は持ちます。かなり安心して使えます。
【携帯性】
軽くて小さいのはいいことです。1DXの出番が減っています。
【機能性】
スチル機としての機能は一通り揃っています。動画は私は重視していないので十分です。
【液晶】
普通にキレイです。が、1DXの方が好みです。
【ホールド感】
縦グリを付けると良好です。縦グリがないと小指か余ります。
【総評】
ミラーレスもここまで来たのね〜。という感じです。普通に使う分にはレフ機との差はありません。私の撮影対象の鉄道にも十分対応出来ています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジ99さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:1人
満足度3
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー2
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3

無音撮影が出来てピントが合いやすい
一眼レフより軽い
悪いところ
長時間の撮影にはバッテリーが持たない
スペア機を持つと高い価格に見合わない 
まぁ会社の存続が危ないNikonよりはまし
書き込みスピードが遅く次のシャッターチャンスに間に合わない
湿度に弱く電気的な故障が起きる 所詮電気製品
大事な撮影には使えない不安
SONYだけの力ではカメラ機材としては未完成品
Canonあたりと協業すれば最強のカメラ機材になると思うが
結論としてメイン機としては使えない

参考になった23人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

首がこるさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
2件
8件
レンズ
4件
3件
デジタル一眼カメラ
3件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

それぐらい、自分にとって大事な相棒になってる。それまではα9とα7m3の2台体制でした。しかし、やはりα9じゃないと!、と思います。
ポートレート撮影を仕事でしてますが、主な被写体をみて頂くとどんなジャンルの写真か想像出来ると思います。暗い時もあるし、動き回るし、沢山人がいるし、、と書くのが面倒なのでここまでにします。

不満なのは操作に対してのレスポンスの遅さ。最新ファームウェアがだいぶ良くなっていたので驚きましたが、正直まだまだです。とっさの時はraw現像前提の撮り方になることも。
そして、屋外、雨天時の撮影も当然あるのでこれに対して不安がある作りなのは正直残念です。自分は入念に対策してますが、使い勝手が悪くなるので、堂々と使える作りにして欲しいです。
我々は雨天時の撮影もあるんですよ!!!天候なんて選べないんですよ!!!

最新ファームウェアでかゆいところに手が届く使い勝手になってきてるので、このままどんどん進化してほしいですね。

レベル
プロ
主な被写体
人物
夜景
室内
スポーツ

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

でぶねこ☆さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:543人
  • ファン数:44人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
4674件
レンズ
14件
911件
デジタルカメラ
2件
488件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

追記2回目です。
動物瞳AFを実装して、今まで難しかったシーンにピントが合うようになりました。率直に嬉しいです。課題はまだまだ有りますけどね。
例えば、瞳AFを動物用に切り替えると、シーンにも寄ると思いますが、シャッター半押ししてから、AFが動き始めるまで、ワンテンポ、いやツーテンポ無反応な時があります。プログラムのバグでしょうか?
どうやら、カメラを構えたときにピントが大きくズレている時程AF始動までのラグが大きいような気がします。これは、大切なシーンの取り損ないに直結する大問題なので、対処して欲しいです。
一度、ターゲットを捕らえると、その追従性は良好です。今までトラッキングでは瞳にロックするのが難しいシーンでもバッチリ瞳を追い続けます。これは素晴らしいです。
作例は、SEL135F18GMで撮りました。


ファームウェアを更新して、益々快適になったのでコメントを更新します。

今回の目玉はやはりリアルタイムトラッキングの採用ですね。
今までのロックオンAFの欠点だった、追尾し始めたらAF枠が広がってピント精度が落ちると言う挙動がかなり収まりました。(意地悪テストでAFポイントを周りと区別がつきにくい所に設定すると、相変わらず、AF枠が広がります。)
まぁ、私が撮るような猫ちゃんの追っかけ写真程度であれば、瞳とはいかないまでも、瞳を含むポイントにAFを合わせて連写すると面白いようにピントの合った写真が撮れます。
今までは、フレキシブルスポットSでAFポイントを外さないようにカメラを猫ちゃんの動きに追従させるのに苦労していましたが、リアルタイムトラッキングだと、カメラを猫ちゃんの動きに同調させなくても、フレームがずれたなりにAFポイントが動くのでとても楽です。
また、猫ちゃんの顔つきによってできる出来ないがあるようですが、正面を向いてくれると、今のファームウェアでも瞳AFが作動します。

以下、前回のコメントを消さないでおきます。

無音シャッターに興味があってα7IIIを購入したものの、シャッタースピードを上げていくと、LED照明の下ではフリッカーによる多数のシマシマだ出ることにがっかりし、α9に買い換えました。
これで、室内でも安心して無音シャッターが使えます。
α9はこれ以外にも毎秒20駒の高速連写が楽しめますから、猫カフェでの撮影がとても楽しくなりました。

決して安い買い物ではありません。
無音シャッターとか、高速連写とかに興味がない方は、α7IIIを買って、余ったお金で良いレンズを買った方がよいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった38人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

_kazuU_さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1件
ヘアドライヤー
1件
1件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

ファームが上がる度にフォーカスの精度や操作性が良くなってきました。
初期ファームのカメラとは別カメラに生まれ変わってます。(最初はたまにフォーカスが迷うことが有りました。)
特に5.0以降はリアルタイムトラッキングの機能も加わってからは、このカメラより凄いカメラって他社には有るのかな?と思うくらいです。
最近、最新の6.0にアップデートしました。
動物撮影にも対応したので早速愛犬で何枚か撮影しました。
今までオートフォーカスですとどうしても犬の鼻先にピントが合うことが多かったのですが、
瞳AF対応によって、人物の瞳AFのように簡単に撮影出来ます。
このAFの進化は、かなり凄いと思っており
ペット撮影が誰でも簡単にできます。
瞳AFの検出率と、検出出来ない場合のフォーカスの切替がとても早くて、とても感心しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
スポーツ

参考になった25人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zzz@zzzさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
5件
レンズ
4件
3件
コンバージョンレンズ・アダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

主にカワセミ撮影に使用してます。
次のファームウェアバージョンアップではISOオートでの上限設定をもう少し細かくしていただきたいですね。
今現在は上限800→1600→3200
希望500→1000→1500→2000
1000以下で撮りたい場合もあれば2000以内で撮影したい時もあります。今後に期待します。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みのぷうさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:683人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
33件
レンズ
4件
23件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
第一世代のα7R、α7S、第二世代のα7R2 、α7S2
と使ってきて、自分がインターフェースの進化に、
なかなか追いついていないなと思っていました
α9になって大幅な変更がありましたが、デザイン的には
第3世代α7R3、α73とほとんど同じです
α9には左肩にドライブ・AFモードダイアルがあるためか
裏側のα9のロゴの部分が1ミリぐらい厚くなっています
α7R3では露出補正ダイアルと後ろダイアルの間の形状が
若干変更されています
底面を比べると全く同じで縦位置グリップを共有できます

【画質】
基本jpeg エクストラfineで撮っています
α7R3では4200万画素の高解像写真が撮れますし
APSCクロップしても1800万画素
A3nobi に印刷しても遜色ありません
α9では2400万画素で十分解像しますが
APSCクロップでは1000万画素
32インチ4kモニターで見るには問題ないです
なんといってもα9は、AFでのジャスピン率が非常に高いので
くっきりした、眠さの皆無な画像を量産できます

【操作性】
メニュー画面でFnボタンを押すとタブを移動できるのは非常に便利
カスタムキーの設定画面で背面の図面が表示され選択した番号を
アニメーションで表示してくれるようになりました
マイダイヤル機能が追加され、前ダイアル、後ろダイアル、
コントロールホイールが有効に使えます

【バッテリー】
容量2.2倍のFZ100バッテリーにスケールアップ
α9で一日持たなかったことはありません、非常に快適です
ポートレート撮影会で、連射を主に半日使いましたが
4000枚ほど1個のFZ100で撮れました

【携帯性】
α9本体の小ささは圧倒的です
それに比べGMレンズは重厚です
タムロンのA036/A046などを使うと携帯性が生きてきます
ツァイスのBatisシリーズ も重量バランスが素晴らしく
とても軽快に抜群の写りで撮影できます
大きさで言えばMFになりますが
ツァイスのLoxiaシリーズ非常にコンパクトです

【機能性】
ブラックアウトフリーかつサイレントな
アンチディストーション20連写
タッチパネル
UHS-U・UHS-T対応の、ダブルスロット
画素加算なしのフルサイズ4K
フルサイズ初の4Dフォーカスシステム
リアルタイム瞳AF
光学式5軸ボディ内手振れ補正5段
jpegエクストラfineで360枚以上の連射持続性
AIを活用した「リアルタイムトラッキング」機能を搭載
リアルタイムトラッキングは、タッチパネルで指定できるので、
主に液晶を見ながら使っています

【液晶・ファインダー】
背面液晶、ファインダーとも格段に解像度が上がり視認性も向上
ビューファインダーで動きものを捕捉するのが
ブラックアウトフリーもあり非常に容易になりました

【ホールド感】
グリップエクステンダーは使い心地が悪いので下取りに出しました
その代わりに使ったのがREALLY RIGHT STUFFのL字プレートです
縦位置と横位置のアルカスイス互換プレートになっていて
素早く三脚にセット可能です
グリップも1センチほど底上げされて70200GMなどを
振り回すときにも使っていました
1年ほど前、右手の小指と薬指をけがした関係で
今までは素のままでグリップすると安定しない気がしていましたが
小指のリハビリを兼ねて素のまま撮影してみると数か月で
意外と小指がギリギリフィットしてきて70200GMなんかも
そのままで振り回せるようになりました

【総評】
ソフトウェアアップデートであたかも新しいカメラになったような対応
リアルタイムトラッキング、
リアルタイム瞳AFシャッター半押対応、
コントラストAF枠を25点から425点に、
像面位相差AFの絞り上限をF16に拡大
SDカードの容量オーバー時のリレー記録
リアルタイム瞳AFが動物にも対応
タイムラプス用の画像撮影がカメラだけで可能に
2019年秋に出るといわれているα9Uはどこまで深化するのか

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった70人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

6084さん

  • レビュー投稿数:159件
  • 累計支持数:1117人
  • ファン数:69人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
7825件
レンズ
19件
470件
フラッシュ・ストロボ
5件
117件
もっと見る
満足度3
デザイン1
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感3
当機種1)BMXフリースタイル
当機種2)インラインスケート
当機種3)BMXフリースタイル

1)BMXフリースタイル

2)インラインスケート

3)BMXフリースタイル

当機種4)FMX(ナイトセッション)
当機種5)FMX(ナイトセッション) ダンサー
当機種6)FMX(ナイトセッション)

4)FMX(ナイトセッション)

5)FMX(ナイトセッション) ダンサー

6)FMX(ナイトセッション)

α9の詳細な評価に関しましては以前の私のレビューをどうぞご参照下さい。


“何故ミラーレス機が登場したのか”

多分、各社のミラーレス化の推進力は「コストカット圧力」が主だと思います。第二には一眼レフを作る技術を失ってしまった会社があるという事。今までのミラーレス機は、本来まだ必要だったパタパタミラーやピントスクリーン、ペンタプリズム等を取り去ってしまった為に、一眼レフに追いつけなくなってしまった「劣化一眼レフ」だったと言えるでしょう。

そのため動体撮影時のAF能力やファインダー表示に多くの不満が出たと思います。私達消費者がミラーレス機より遥かに先にファインダーが滑らかに表示される「ビデオカメラ」を経験してしまったのも一因と思います。

各社のミラーレス化の進行は消費者側からの要求ではなくて、メーカー側の都合だったという事です。

しかしながら、理由はなんであれ、カメラのミラーレス化は避けられない歴史の流れであるとも私は感じています。それならばより私達に使い易いミラーレス機を消費者の側から要求する必要があると思います。

α9の発売で、8割方これに目途が付いたと実感しました。まだ「こんにゃく現象」の根本的解決策であるグローバルシャッターは搭載されていませんが、ファインダー表示はビデオカメラの様であり、これが動体撮影に威力を発揮するならば、カメラ界でのミラーレス化を更に推進する鍵となるでしょう。

しかしこれも基本的な部分では最新技術とは思えず、既にメーカー各社には有った技術で、ただコスト的な問題で中々製品化しなかったのだと思います。ですから、α9は手の届きにくい大変高価な製品となりました。

コストカットの為にミラーレス化したのに高コストのミラーレス機を製品化するにはそれなりの理由づけ(=プロ機)が必要だったのだと思います。

言い方を変えるとミラーレス機でも真面目に作ればこうなるというのがα9で、真面目に作ると高価になるとも言えるでしょう。

α9を境にミラーレス機は「旧来のミラーレス機」と「本来あるべき、ミラーレス機らしいミラーレス機」に分かれて行くと思います。

ニコン、キヤノン、パナソニックもある意味追従を余儀なくされ、フルサイズミラーレス機を投入して来ました。

α9から始まる「本来あるべき、ミラーレス機らしいミラーレス機」は劣化一眼レフではなく、一眼レフの構造的限界を乗り越えて行くでしょう。

ただしこれはセンサーサイズを意味するのではなく、カメラ内部の信号処理がα9と同等以上となり、本当の意味でのブラックアウトフリーのファインダーを実現することだと思います。

ただし、私達消費者は動体撮影や高速連写を必要とする方ばかりでは無く、また、フイルムカメラの経験の少ない或いは無い方には必ずしもフルサイズである必要も無いと感じます。

“α9の評価”

私はα9を現状のミラーレス機で一番完成度が高い機種であると考えています。
しかしながら、此処で詳論は避けますが、それでも人肌の色の再現に重大な問題を抱えており、照度変化で色味が変わる様に感じられるので、α9はデジタルカメラのもっと基本的事項に未熟な部分を未だに抱えているのだと思います。

ソニーは放送機器分野では権威であり、放送機器ではそういう問題はあり得ないので、静止画のカメラに於いても、最優先課題として根本的にこの問題を改善される事を強く要望します。

作例について

α9は「動体撮影機」であると言う事は衆目の一致する所ですが、動体撮影の作例が非常に少ないです。

私も平素スポーツを撮影していますが、選手の肖像権、競技団体のパブリシティ権にリスペクトしなければならないのでそうした写真は価格コムに貼る事は出来ません。

お仕事でスポーツ撮りをされているプロの方々も当然クライアントに権利のある写真は貼れないでしょう。

先般開催されましたストリート系のスポーツのエキシビジョンイベントである「キメラゲームvo.7」はステージのミュージシャンと一般観覧者以外の写真は掲載可能との事で、貼らせて頂きます。以前も同イベントのvol.3の写真を貼らせて頂いた事もあります。

最初の3枚は日中行われたBMXフリースタイルとインラインスケートの選手、後の3枚は夜に行われた、フリースタイルモトクロスでの、ダンサーの女性と選手です。

機材

日中:α9、SEL70200G(F4)

夜間:α9、メタボーンズ5型アダプタ、シグマ105mmF1.4キヤノン用
*フラッシュは禁止なので使っていません。



REV4.0:20190521:文書の改訂、作例のさしかえ
REV3.0:20170616:文書加筆、作例への差し替え
REV2.0:20170616:文言の一部修正

比較製品
CANON > EOS-1D X ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
スポーツ

参考になった130人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

geysirさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
5件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

ファームアップで再レビュー。

事前に予告があったので、わざわざ再レビューする程でもと思うかもしれないが、ちょっと予想外の方向に良かったので書いておく。

正直ファームアップ後とファームアップ前では、カメラそのものが変わったのでは無いかと思う程、目に見える部分に変化があった。
α9はその衝撃的なスペックと衝撃的な価格で鳴物入りしてきた時から、気付けばかなり時間が経っており、未だにその連写枚数とブラックアウトフリーは他の追従を許さない性能であるものの、細かな点では後発の下位機に遅れをとる部分もあり、どうもフラッグシップ感が薄れてしまった感が否めなかったが、今回はその点、殆どの点で最新機種と同等に使える機材に進化した。

一言で言えば、カスタム性が向上し、メニュー構成が現行期に追いついたと言ったところだが、事前に知っていたにも関わらず、え?そういう事?と思ったのはリアルタイムトラッキングの凄さだ。

リアルタイムトラッキングとは、使えねぇ、、、でお馴染みのロックオンAFの進化版で対象を認識し、被写体または撮影位置が動いても、対象物を追い続けてくれる機能だが、それって特殊な動体追う時用で普段使い絶対しないヤツと見限っていた訳だが、ところがどっこい(表現が古い)フォーカスエリアはコレだけでも俺文句言わないよ、くらい良かった。。。

今までは主に何を使っていたかと言うと、フォーカスエリア【ワイド】と【フレキシブルスポットS】だ。極端な話、前後に障害物の少ない場合はワイド、障害物の多い場合はフレキシブルスポットS。この使い分けで良かった訳だが、フレキシブルスポットの欠点は、被写体を中央で捉え、端に構図を持っていった場合、コサイン誤差が生じるのでAFを中央でロックしたまま、構図を端に持っていくのは、不適切であり、その都度、マルチセレクターでAFポイントを隅から隅まで動かす必要があった。

また、ワイドで撮影した場合も中々欲しいところにピンが行かないと言うことがあり、フレキシブルスポットとの切り替えに試行錯誤していた訳だが、その、両方の痒いところに手が届くのが、まさにリアルタイムトラッキングで、殆どの場合、中央で合わせてしまえば構図を端に持っていこうが焦点距離をを前後に調整しようが、AF-ONを押し続けている限り、画面の殆どの範囲でずっとピントがあっている。快挙!、、

と言う事は、テーブルフォトで、ケーキのイチゴにピントを合わせたら前後左右に動いても画面に映っている限りどの位置でもイチゴにピントが合っている。なんて事も可能だし、何だったらマルチセレクター無くても、AFスポットを常に中央で合わせて、構図ずらしちゃえば好きなところで合わせられる。

なんせマルチセレクターは便利ですが、俊敏さに欠ける。右下から左上まで行くのにそこそこ時間が掛かる。

今回のアップデートでAFポイント循環ができるになったが、それでもリアルタイムトラッキングを覚えてしまうと、マルチセレクターに触りたくないと思わせる程、完成度は高い。

また初心者にありがちな最短撮影距離を把握できておらず、ピンポケになってしまうような事も、リアルタイムトラッキングであれば、AFポイントの色が白であれば近すぎる。緑であれば合焦している。と、毎回AF-ONをカチカチ押さずとも、一度ロックしてしまえばあとはAFボタンを押し続けて、合焦を色で判断すれば良いので、よりイージーになっている。

そんな訳で、新しく搭載されたAFエリアの限定は【ワイド】【フレキシブルスポットS】【リアルタイムトラッキング】の3つに絞ってしまった。

で、改めてこのα9とはどんな機材かと問われれば、完全に次世代のスタンダード機に必要な要素を兼ね備えており、プロ用のフラッグシップというよりか、むしろバイパースタンダード機という訳のわからない名称が思い浮かぶ程、撮影の常識が変わってしまった機材であり、これぞ初心者向き?!と思ったところで、その値段に愕然とするわけだが、ははぁん、α6400はそういう意味では相当お得なカメラだなと、良からぬ事を考えてしまう。危険な今日この頃なのであった。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった59人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α9 ILCE-9 ボディ
SONY

α9 ILCE-9 ボディ

最安価格(税込):¥375,116発売日:2017年 5月26日 価格.comの安さの理由は?

α9 ILCE-9 ボディをお気に入り製品に追加する <1268

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意