日産 スカイライン 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > スカイライン 2014年モデル

スカイライン 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スカイライン 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
400R 2020年9月14日 特別仕様車 2人
GT Type SP 2020年9月14日 マイナーチェンジ 1人
400R 2019年9月17日 特別仕様車 6人
GT HYBRID Type P 2019年9月17日 マイナーチェンジ 1人
GT HYBRID Type SP 2019年9月17日 マイナーチェンジ 3人
GT HYBRID Type SP 4WD 2019年9月17日 マイナーチェンジ 2人
GT Type P 2019年9月17日 マイナーチェンジ 1人
350GT FOUR HYBRID Type P 2017年12月20日 マイナーチェンジ 1人
350GT HYBRID Type P 2017年12月20日 マイナーチェンジ 1人
200GT-t Type SP 60th Limited 2016年11月7日 特別仕様車 1人
200GT-t Type P 2016年4月18日 マイナーチェンジ 2人
350GT FOUR HYBRID Type SP 2016年4月18日 マイナーチェンジ 1人
350GT HYBRID Type SP 2016年4月18日 マイナーチェンジ 2人
350GT HYBRID Type SP クール エクスクルーシブ 2016年4月18日 マイナーチェンジ 1人
200GT-t 2015年12月21日 マイナーチェンジ 1人
200GT-t Type P 2015年12月21日 マイナーチェンジ 1人
350GT FOUR HYBRID Type P クール エクスクルーシブ 2015年12月21日 マイナーチェンジ 1人
350GT FOUR HYBRID Type SP 2015年12月21日 マイナーチェンジ 1人
350GT HYBRID Type SP 2015年12月21日 マイナーチェンジ 1人
200GT-t 2014年6月5日 フルモデルチェンジ 5人
200GT-t Type P 2014年6月5日 フルモデルチェンジ 6人
200GT-t Type SP 2014年6月5日 フルモデルチェンジ 5人
350GT FOUR HYBRID Type P 2014年2月28日 ニューモデル 3人
350GT FOUR HYBRID Type SP 2014年2月28日 ニューモデル 4人
350GT HYBRID 2014年2月28日 ニューモデル 4人
350GT HYBRID Type P 2014年2月28日 ニューモデル 11人
350GT HYBRID Type SP 2014年2月28日 ニューモデル 8人
満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:81人 (プロ:2人 試乗:20人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.35 4.33 16位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.89 3.92 69位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.36 4.12 2位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.22 4.20 21位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.08 4.04 58位
燃費 燃費の満足度 3.89 3.88 68位
価格 総合的な価格の妥当性 3.86 3.87 15位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スカイライン 2014年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

nyantamaruさん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
0件
マウス
4件
0件
SSD
4件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

納車後ちょうど1年です。
先週、1泊2日で東北道で往復1300km走行して、12.5km/Lでした。
燃費は気にする車じゃないので、期待していませんでしたが、思ったより良かったです。
市街地では7km/L、郊外では10km/Lくらいです。
R30から、ターボ車を5台乗り継いで、23年乗ったJZX100ツアラーVがコンピューター異常が出て純正部品がないため、代替えしました。元々ケンメリに憧れて免許を取った世代なので、いつかはGTRと思っていましたが、手が届かなくなってしまいました。400Rがたまたま2週間で納車できるのがあり、即決しました。(R34終了後V37マイナーチェンジ前のダウンサイジングターボまでは、スカイラインだと思っていなかったので買う気になれませんでした)
最初はハンドルが軽すぎると思いましたが慣れれば気になりません。発進では、全開すると簡単にホイールスピンしてVDCが作動します。高速でもどこからでもスーっと加速してくれます。
人生最後の車になると思うので、大事に乗ろうと思います。

使用目的
レジャー
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年12月
購入地域
東京都

新車価格
562万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

灯里アリアさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:900人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
446件
デジタルカメラ
4件
334件
デジタル一眼カメラ
2件
272件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

納車1か月で約1000キロ、プロパイロット2.0も堪能できましたので、
改めてレビューになります。
過去の経緯などは端折りますので、過去レビューを参考にしてください。


【エクステリア】
当初、カーマインレッドは派手過ぎるのでは・・・と思っていましたが、
合いますね。素直にカッコいい。年齢考えるとここまでの色味は
次回以降は無いかもしれないので、敢えてこの色を楽しみたい。

エクステリアは今更ながらですが、ぱっと見は普通のスポーティーなセダン。
中身は化け物。というのが良い。
いかにもなウイングやエアロパーツを付けている車よりも遥かに早い。
この満足感はなかなか無いですね。


【インテリア】
ここに関してはインフィニティ版から大きく変わり映えはしない
(電子パーキング位)ので、ほぼ無評価で良いかなと。
コンソールトレイをいい加減純正で出そうよ。という位ですかね。
加工してインフィニティ版のを使ってます。

上質、無駄のないスタイルです。
難点としてあがるのが「収納が少ない」でしょうが、じゃあゴテゴテと
物を置くのか?という気もしています。それこそこの車の
スマートさが犠牲になりそうなので、別に良いかな。というのが個人的な意見。


【エンジン性能】・【走行性能】
3.5 SP。300psプラスハイブリッドで+50ps。不満があるわけがない。
走りは極上。常に余裕があるので、高速ではなく普段使いでもストレスなし。
ここは非常に重要だと思っています。

正直、高速でキックダウンするケースもないし、普段の下道では3割くらいしか
踏み込む機会は無いかもしれません(笑)0-100kmが4秒台というのは
伊達じゃないです。


【乗り心地】
インフィニティ版の時はアドバンdBに履き替えていましたが、
やはり純正のダンロップランフラット良いですね。
地面に喰いつくようなグリップがあるので踏んでも安心感が凄い。
これが重たいと感じる人もいるかもしれませんが、この車のキャラクター的には
こういうどっしり感のある方が合っている印象です。


【燃費】
口述しますが、インフィニティ版より良化しています。
現状、約1000キロですがトータルで11キロを維持しています。


【価格】
中古購入なので何とも言えませんが、この内容で1年落ちを探せば
2割以上値落ちしているパターンが多いので、お買い得としか言いようがないです。


【総評・プロパイロット2.0】
さて、この車を買うときに重視していたのは、
ナビ機能の重視、電子パーキングを掛け合わせたクルコン性能の向上。
が主なところで、正直なところ、プロパイロット2.0には全く興味が無いし
気にもしていませんでした。

CMでもキムタクが
「スカイラインだって自分で走るほうが絶対楽しい」という言葉に共感し、
「でも意外と、スカイラインのプロパイロットの自動運転もかなりイケてる」
って言われても、んなこたーない。
と思ってたのに・・・・。ヤバいですね。楽すぎます。

最初こそおっかなびっくりステアリングから手を放して、
でもいつでも修正舵を切れるように準備していましたが、所謂
「機械が運転してる」感を感じない。特にカーブは人より上手いかも。
1回角度決めたらカウンターを当てることもなくスイ〜っと曲がる。

住んでいるところの関係上、高速道路としては難易度の高い首都高で
何度も試しましたが、2車線、3車線いずれもそれなりに交通量が多くても
ハンズフリー。ディスプレイで周りの車の状況がリアルタイムで変わるので
安心してみていられる。

もちろん、目線を切れないし制約もあるものの、
「常にハンドルを持っていないといけない」ということが無意識に
ストレスがかかっているというのが使ってみればよくわかります。
落ち着いて飲み物を飲み音楽を聴き。という空間に早変わり出来るのは本当に凄い。

運転を試した友人は「高速でタクシーに乗ってる感じ」と例えていましたが、
まさに言いえて妙。

速度については制限速度+10キロまでなので、首都高であれば
70キロ+10キロで80キロなどがザラ。
当然左車線を走り、抜かされるシーンも多いですが「自分で運転している」という
感覚が薄いので抜かされてもなんとも思わない。
タクシーに乗ってて、他の抜かれた!!なんてあまり考えませんよね。

こっちはコーヒーでも飲んでるからどうぞ頑張って踏み込んで走ってね。
位の感覚で見ていられます。そしてその結果燃費もどんどん良化。
ナビの最新化、日産コネクトでの燃費管理もスマホですぐわかる。
これが1か月2000円かそこらで使えるのは安すぎる!と感じました。

当初一番軽視していたプロパイロット2.0がここまで実用的だとは・・・。
まだ遠出はしていませんが、田舎の方に行くときの空いてる高速道路で
長距離乗らないといけない。というようなシチュエーションが
プロパイロット2.0の真骨頂なんだろうなと思いますが、出口や合流まで、
手を添える必要はあるものの、ほぼオート。
これは運転の概念が変わりますね。
一方で「スカイラインだって自分で走るほうが絶対楽しい」と思ったら
踏み込めばあっという間に爆速スポーツセダンになるわけで、
1台で2度美味しい!という感じです。


CM見るとプロパイロット1.0と2.0の違いが非常にわかりづらく、
スカイラインやアリヤ以外でも手放し出来そうな感じで流してるのが
ちょっと気になりますが(笑)

こればかりは、良いから乗って!買って体感して!としか言いようがないです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった42人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バイクも車も結局国産だべさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】
 カッコイイです。Vモーションがーと言われますが、自分はこちらの方が好み。前期はフーガと区別しにくいと感じてます。

【インテリア】
 質実剛健。派手さは無いが、マメに使うエアコン、オーディオ等のスイッチが物理的に操作出来ていいと思います。
 しかしながら、やはり収納が少なすぎ!
 あとシートベンチレーションが欲しい。この価格でシートベンチレーションがあればもっと売れると思うな。

【エンジン性能】
 コレは文句ありません。
 400Rが欲しかったですが、パワー的にはコレで充分です。

10/22追加
 8月にHKSのパワーエディターを付けました。約50馬力アップとの事でコスパバツグンなので早速取り付け。
 3500rpm辺りからかなり変わりましたよ!!
 もともとはCPUいじって500psにしてやろうかと思ってましたが、足やブレーキまで手を出す気はないのでパワーはココで終わり。
 それでも満足度が増しました。
 CPU書き換えに貯金してたお金は奥様の財布になりましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【走行性能】
 ボディ剛性が高いと感じます。ちょっと良い感じにワインディングを走っても気持ち良い。
 勿論軽量な車には全然かないませんけどね。
 しばらく4WDターボ車に乗ってたので、立ち上がり加速時はやはり気を使います。
 何気にFRは10代の時に乗ったクレスタ以来なので、ハイパワー+FRはビビりますw

【乗り心地】
 硬めだけどコレは仕方ない。
 車に何を求めてるかですね。
【燃費】
 ECOモードで普通に街の流れに乗ってると10km/lいきます。
 これにはビックリ!
 
【価格】
 性能・機能を考えるとしょうがないでしょうね。
 いろんなものが付きすぎww

【総評】
 文句があるのは収納の少なさ、シートベンチレーション位でしょうか??
 その位気に入ってます。
 2人でゴルフ場に行くには最高の車です。

 10/22ココから修正。
 4人でも行けますが、トランクにスタンド式キャディバッグ2つと9.5インチのキャディバッグが2つ+ボストンバッグ2個を載せられますが、残り2人分のボストンバッグを車内に載せなきゃなりません。
 真夏のクーラーボックス持参の場合はセレナ出動で♪

 

乗車人数
5人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年4月
購入地域
栃木県

新車価格
490万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fm_Tさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

納車されて3ヶ月が過ぎ、走行距離も2000kmを越えましたのでいろいろと書き足しました。なお 元の文も残しましたので★以下が再レビュー部分です。
【エクステリア】
一見 車高短に見えますが標準でこの低さとバランスというスポーティーなスタイルです。19インチのでかいホイールから覗く前後の真っ赤なブレーキキャリパーがとてもお洒落です。
★400Rだけはブレーキディスクが前355mm:後350mmという超大径になり、前後ともアルミ製の対向キャリパー(前4ポッド、後2ポッド)になります。見た目の迫力も凄いですが、制動能力も強力です。一目で速い車だとわかります。
【インテリア】
落ち着いた高級感のある内装です。16スピーカーのBOSE(223,300円)は高いだけあって高音質で、ライトにOFFポジションがあることや、物理スイッチが多い点もとても気に入っています。ナビや操作パネルも出しゃばらない大きさで収まりも良く、視認性も悪くありません。また こういう車は 小物入れの数とかはあまり重要ではないと思っています。
★400Rの本革シートは堅さも程よく、スパイナルサポート機能のおかげで長距離でも疲れづらいです。ただ、黒(グレー)の革シートは意外と汚れが目立つので迂闊に荷物とかは置けないです。ちなみに、助手席の電動シートにも珍しくリフト機能が付いていて便利です。前席のシートヒーターには3段階の温度調整の他にAUTOポジションがあって、熱くなっても自動で温度が下がります。
 8インチのナビタッチパネルは大きさも解像度も充分で、必要な機能はみんな付いており反応も早いです。ダッシュから3cmほど奥まっているので明るい昼間でも見やすいです。個人的にですが、高級車のナビはやはりインダッシュが基本かなと思っており、あとから取って付けたように大きく出っ張ってたりダッシュの真ん中で景観を損なうほど大きく存在されてしまうと、ちょっと引いてしまいます。
【エンジン性能】
圧倒的ハイパワーとアクセル反応の良さが、いろいろな場面での運転しやすさや精神的余裕に繋がっており、疲労感も少ないです。カタログでは405馬力となっていますが、450馬力くらいあるのではないかと感じられるパワーです。
★3ヶ月運転して右足がエンジンに慣れてきました。停止からも40キロからも80キロからも、ヒューンと反応してタイムラグ無くグーンと前に出ます。これは、当然専用にチューンされたエンジンの能力によるところが大きいのですが、このクイックな加速感(特に停止から)は400Rだけ下げられた減速比の影響もありそうです。(最終減速比、HV 2.611、V6 2.937、400R 3.133 ミッションギヤ比は全車共通)V6より100kg以上重いHV車が加速よりも燃費重視でハイギヤードなのは仕方ないとして、1600rpm〜5200rpmまで48.4kgf・mという高トルクの400Rにこのローギヤード設定。これは速くて当たり前で、燃費も悪くて当たり前です。
【走行性能】
電子制御のインテリジェント ダイナミックサス(IDS)はスポーツプラスモードが高速で安定感があって気に入っているのですが、普段はスポーツモードでも全然いけると思います。ブレーキ性能も高次元ですが、ステアリングのキレも進化したDASのおかげで高次元であり、路面からの嫌な挙動も全く伝わってきません。
★400Rは要所々々が補強されていてボディー剛性が高く、燃費規制で無理に軽量化してる最近の車よりも車重に見合った強度のシャーシーのような気がします。強力なブレーキもモンロー製電子制御ダンパーを使っているIDSもステアバイワイヤのDASも皆400R専用に特別セッティングされており、その感覚も操舵感もアクセルフィールも毎日乗り続けているうちに段々と体に馴染んできます。
 電動パーキングブレーキは、無くてもまったく困りません。足で踏めば済むだけのこと。価格増、重量増、凍結やいきなり故障のリスク、高額な修理費、整備性の悪さ、タイムラグ、しかも片押しキャリパーにしか付かない。走りの400Rなので電動パーキングブレーキよりも、リヤにも剛性と安定性で有利なアルミ対向キャリパーと大径ディスクの装着のほうを選択したという日産の判断は正解です。
【乗り心地】
245/40RF19 のランフラットを履いている割には悪くない乗り心地です。
★これも細かく制御されているIDSのおかげなのか硬すぎず柔らかすぎずにコントロールされており、うまく騙くらかされているという感じです。400Rは案外室内の静粛性が高くて、舗装のよくない道路ではタイヤの音が少し気になります。
【燃費】
納車してからまだ1000qしか走っていませんが、市街地で平均 6.1km/l という。
★2000kmを過ぎて、最近は市街地で平均 6.3km/l〜6.5km/l になりました。
【価格】
この性能でフルオプションに諸経費足して645万円は妥当。
★特別塗装色代、BOSE、サンルーフ、セキュリティ、ドラレコ、フロアマット他。
【総評】
スカイライン400Rは 無理してまで買う車ではありません。その良さがわかるひとが買って大事に乗り続ける、そういう価値がある数少ない車です。この 他車では味わえない特別な感覚と半端ない満足感は、所有しているひとだけが体感でき納得できるもののような気がします。いい車です。
★とにかく、走る・曲がる・止まるという基本性能が非常に優れた車です。もちろん多くの先進技術と必要十分な運転支援や安全装備も搭載されていますが、それらはあくまでも補助機能であってメインはドライバーによる運転操作です。400Rは自らの意志で車を自在に走らせたいという車好きにはうってつけの車で、実際そういう御仁が購入していると思います。400Rを所有するということは、自分は車が好きで車の運転が好きなんだということを内外にアピールする機会を得るということなんです。いい車ですよ。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年6月
購入地域
千葉県

新車価格
562万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった36人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Z_KHさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

購入から一年半程、システムの制御やメカ的な側面も踏まえつつ乗ってみて分かったことや感想を書きます。
(書き始めたら真面目になってしまい長文になりましたが検討中の方の参考になれば)

【エクステリア】
シルエットやプレスラインも考えられていて、純粋に良いと思ってます。後付のエアロは一切なし(純正OPも含め)で少しのローダウンとホイール交換のみで個人的には満足してます。

【インテリア】
インパネデザインは嫌いではなく、ドアトリムやソフトパッドなど質感も良いです。
積載性や利便性はセダンとして見てもイマイチ。灰皿には基本設計の古さを感じます。
また着座位置からはAピラーが邪魔で右側の視界が悪く、気持ちよく走ることを阻害される時があります。

大人4人乗車は問題なく快適で、チャイルドシートも意外と余裕がありました。

ナビの処理等はお粗末ですが、ハードスイッチの配置は結構良いです。

シートはホールド性がありませんが疲れにくいです。

サイドブレーキは物理的な仕組みが良いと思っていて足踏みでも問題なし。

あとは何故か電動のシートベルト巻取機能が付いてますが初めて乗る人はだいたい少しビックリしてます。付いてると思わないよね…

【エンジン性能】
システム出力360馬力程、トルク50kgf-m以上、0-100km/h 5秒切り。改めて数字を並べると速さにも納得します。
低速域から60km/hくらいまでのエンジンとモータが最大出力に近い時は5Lエンジン並かそれより速いです。
後軸付近に搭載されたバッテリーがトラクションに貢献してる感じです。(ISFにも以前乗っていましたが低速域からの瞬発力はHV37が上)

アクティブサウンドコントロールで余計なノイズを減らし良い音だけが盛られていて、車内は中々良い音です。周りへの騒音は気になるのでありがたい機能です。

夜の帰宅時はエンジン掛かることもほぼないので近所迷惑を気にしなくていいのは良いとこですね。

【走行性能】
7速ATでトルコンは排除されていて、エンジン側に1モータ、乾式クラッチと湿式クラッチでモータとミッションを挟んで、かなり難しいと思われるミッション制御をしていますが基本的にスムーズです。低速域低温時はたまにギクシャクしますが構造的にしょうがない部分があるかなと思ってます。パドルシフト操作の反応も速くはないです。
エンジンが始動するとき、車速と比べ低いギアが選択されている状況(モータ走行中に変速をコッソリしています)だと結構な音、エンジン回転数で始動します。人によっては不快かもしれません。

加速時の変速自体は速く、アシストをOFFにすれば更に激しくなる印象で、測ったことはありませんが上手くやれば0-100タイムも縮みそうな感じです。全開時はシフトショックも結構あり、2速シフトアップ時タイヤが鳴く時もあります。

車体剛性も高く、発売当時は世界初レベルの高張力鋼板が使われていたのは話題…にはなってないですね…。内装やボディーのきしみ音等も全然無いです。

ステアバイワイヤで余計な振動がカットされるため限界付近が分かりにくく、楽しくはないです。
また、負荷がかかった時の足廻りも心もとない時があります。(特にリアの入力があった際の収まりが悪い)ダイレクト感に楽しさや重きを置く人には向いてないかなと思います。

たまに誰も見てないところで6割くらいの感覚で走りますが、十分ハイペースで安心して楽しめます。ただ、限界走行を楽しむような車ではないです。

【乗り心地】
シャシP/Fが古いことよりも純正装着ランフラットがタイヤのゴロゴロ感や振動を助長していて、車の雰囲気や印象と乗り味があまり合っていないのと、市場で唯一のステアフィールと特殊なハイブリッドシステムの組み合わせでちょっと試乗してみたって人の評価が微妙なのかなと想像しています。

脱ランフラットとステアリング設定を自分好みに変更したらかなり良くなります。

また、車重がそこそこある車なので自分はダンパーをビルシュタインにしました。
普段乗りで乗り心地も良く、硬さと車のバランスが好みで個人的に現状不満は特にないです。

賛否両論あるステアバイワイヤですが、車の総合的な疲れにくさにかなり貢献しています。普段はステア切れ角が多い設定にしてステア操作量自体を少なくしてます。
最初はステアリングの中立点の遊びが少なく違和感がありますが慣れたらむしろ直進安定性の恩恵を感じられます。(轍やデコボコにハンドルを取られない)
70km/h以上から使えるアクティブステアリングも有能でステア舵角とは別に勝手に微調整してくれる感覚に慣れればかなり疲労軽減になります。

BOSEパフォーマンスシリーズについても流石の専用設計で、音楽流しながらのドライブも疲れが溜まりにくい事に貢献してる感じです。

【燃費】
通勤メインで11から12km/l、高速使ったり長距離だと15km/lくらいです。
加速性能を踏まえればかなり良いです。
燃費に気を使えばもう少し伸びます。

航続距離は何も気にせず700km以上行きますがエンプティランプがかなり早めに点灯します。そこからも10L近くガソリンが残っているので余裕があります。

【価格】
前期のタイプSPが好きで狙っていたところ、希望の個体を3年落ち中古で結構安く買えました。今は少し相場が上がりましたが、それだけ不人気ってことでもありますね。

【総評】
快速快適セダンで満足しています。入手できた価格が割安ということもありますが、特に大きな不満もなく(細かいところは少しあり)良い評価しかありません。

発売当時に試乗した時も良い印象で欲しいなーと思っていましたがジャーナリストさんとやらやネットでの評判があまりよくないのは不安でしたが杞憂に終わりました。

未だに市場で唯一なシステムが載っていたり、当時の開発に気合が入りすぎたのか細かいところにチグハグ感や盛り込み過ぎた部分もある感じが否めませんが(素人には分からん世界があるのであくまで感想)
仮に当時新車価格で買ったとしてもコスパはかなり良い部類だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nao400さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
R32から、いつかはスカイラインに戻ると決めてました。ようやく綺麗な丸目が復活したので購入にいたりました。
【インテリア】
全体的に黒基調なのでシートを白色にして良かったと思います。
【エンジン性能】
低速時からの吹き上がりは最高です。中高速時も全く無理なく、再加速できとても気に入っています。
【走行性能】
操舵性はとても良く、どんなカーブでも減速しなくても曲がれるように感じます。危険ですからもちろん減速はしていますが。
【乗り心地】
シートポジションを細かく調整できるので、自分に合った形に出来ると思います。
【燃費】
納車1ヶ月で2000キロで、リッター9.4Km。ハイブリッドでもなく、エンジンストップ機能がないにしては上出来だと思います。
【価格】
安くはないけど良い買い物だったと思います。
【総評】
通勤で使っているわけではないので、毎日乗れていませんが土日が来るのがとても楽しみになっています。コロナの影響で長距離運転が出来ていないので、はやくコロナ明けがくるのが待ち遠しいと感じています。
当初、スマホはアンドロイドだっのですが、iPhoneに替えると日産コネクトやドラレコとの相性がとても良くなりました。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年3月
購入地域
香川県

新車価格
562万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みみみ626さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

【エクステリア】
後期モデルに乗ってます。完全に好みでVモーショングリルが嫌いな方もいるようですが(前期、中期が好きな方)、わたしはVモーションが好きなのでいいです。
サイドやリアもいいですよね。まぁ、最近のスポーツセダンはだいたいこんな漢字ですが。

【インテリア】
マイチェンしてますが、もともとの設計が古いので、デザインが古さを感じます。ただ、高級感とかはそれなりにあると思います。

【エンジン性能】
ハイブリッドとの制御も違和感がなく、踏めば踏んだだけ走ります。おそらくこの価格帯の車としては最強クラスで、おそらくこれを超えるには1000万クラスか、ロータスやスーパーセブンなどのスペシャリティカーしかないと思います。

【走行性能】
ちょっと重いですから、そこが難点でしょうか。あと、小回り効かず、ちょっと大きいので狭いとこでの街乗りは不便です。
また、走行性能かわかりませんが、プロパイロット2はいいです。実際にはハンズオフなんてしなくていいんで、スカイラインのACCとレーンキープはめちゃくちゃいいです。高速道路を使うグランドツアラーとしては、すごく良い車だと思います。
(もちろん、もっと良いグランドツアラーもあるでしょうが、1000万超えるものがほとんど)

【乗り心地】
私は19インチのランフラット履いているので、ちょっと硬いです。めちゃ硬いわけではないですが、やっぱりスポーツセダンって感じです。

【燃費】
街乗りの超短距離で8km/lくらい、普通の街乗りで10km/lくらい、高速では16,17km/lくらい。

【価格】
エンジンやパワーに価値を見るならばお安い価格。そこに価値を見ないなら、内装や質感なども考えると、別の車のほうがいいかな。

【総評】
踏んで楽しい車だと思います。高級感もそれなりにあります。ただ、この価格帯だと、他の選択肢もいろいろあるので、踏んで楽しいをどこまで見るかがこの車のポイントでしょうか。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
愛知県

新車価格
581万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

若葉 (´・_・`)さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
2件
0件
スマートフォン
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

カムリ(DAA-AXVH70) WSレザーパッケージから
スカイライン(5AA-HNV37) ハイブリッド GT タイプSP 4wd へ乗り換えです。
その他候補は以下の2車種でした。
クラウン(6AA-AZSH21) G Four
レクサスES(6AA-AXZH11) versionL
主にスカイラインについて、可能であれば他と比べた感想を書きます。

【エクステリア】
・見た目
  好みだとは思いますが・・・あえて好きな順番を挙げると
  フロント:ES>カムリ>スカイライン>クラウン
  サイド:ES>スカイライン>クラウン>カムリ
  リア:ES>カムリ>スカイライン>クラウン
・機能性
 @スカイラインは最低地上高が120mmと非常に低いことに注意です。
  雪の降る地域だと、轍以外のわずかな盛り上がりですら擦ることがあります。
 Aスカイラインは自動ワイパーの検知が甘いようです。
  ウォッシャー液がきれいに広がるよう霧吹き状で噴射されるのは〇でした。
 Bドアは任意の位置で開きっぱなし固定できません。
  狭い駐車場などでは注意しないとドアパンチしそうです。

【インテリア】
・ボタン配置
  スカイラインのボタン配置はおおよそがかなり良いです。
  物理キーが多いのも〇です。
  プッシュスタートボタンがステアリング左にあるのは少し不便を感じます。
  欲を言えばステアリングに曲一時停止ボタンが欲しかったです。
・メーター
  スカイラインのものが最も好みでした。
  速度メーターとタコメーターがアナログで、
  さらにハイブリッドインジケーターもあり完璧です。
・本革シート
  質感高くてよいです。
  トヨタ系車の本革よりしっかりしているように感じます。
  逆に言えば、柔らかい革を求める場合はトヨタ車のほうがいいと思います。
・ステアリングヒーター
  スカイラインにはなぜかありませんでした。ちょっと乗りの時に冷たい・・・
・ナビ
  スカイラインとクラウンはナビサイズが小さいです。
  ESは非常に大きく分割も可能、かつ非常に綺麗でした。
  スカイラインはナビ操作時の動作に若干のラグ・重さがあります。
・収納
  めちゃくちゃ少ない・あっても小さいです。
  試乗して確認すべきです。
・室内灯
  ちょっと暗いです。
・BOSEスピーカー
  低音の利きはかなり良いです。
  クリアさはイマイチです。カムリのJBLが最もクリアに感じました。
  大人しくスピーカー交換しましょう。

【エンジン性能、走行性能】
・加速時
  最高。
  少なくとも現行の自分が購入できるトヨタ系車では味わえない加速です。
  たまにリヤが振れるため少し怖いです。
・高速走行時
  最高。
  80km/hでもEV走行可能で極めて静かです。
  エンジン走行の場合でも回転数は1.5krpm程度に抑えられて静かです。
・低速走行時
  いまいち。
 @ATやハイブリッドの切り替え時にショックがあります。
  トヨタ系のハイブリッドではCVTでスムースな切り替えでした。
 A信号発進などの加速が必要な場面では、
  モーターのトルク不足のためEV走行はなかなか難しいです。
  徹底すると後続車を待たせる羽目になります。
 Bエンジンを動かしたがる制御になっているようで、
  モーターを使わせるよう気を使わないと
  常にバッテリー容量最大になりもったいないです。

【乗り心地】
・静粛性
  ESが圧倒的に静かでした。
  クラウンやカムリよりはスカイラインの方が静かでした。
・高速走行時
  最高。
・低速走行時
  いまいち。
 @ATやハイブリッドの切り替え時にショックがあります。
 A小さい振動がよく伝わってきます。
  路面を感じたい人には良いかも・・・
 B大きい振動があると酔いそうなくらいグワングワンします。
  ESは@〜Bの欠点が全てありませんでした。
  カムリはAのみありました。

【燃費】
 ・市街地 夏 気を使って15km/L
       気を使わないと10km/L
 ・市街地 冬 気を使って11km/L
       気を使わないと8km/L
 ・高速道路 17km/L

【価格】
 ・このエンジン、内装で600万円台はお買い得だと思います。
  新車で買うならほかの選択肢はなさそう。  

【総評】
 ・内装の良さ、加速の良さを重視するならこれで決まり。
 ・乗り心地、静粛性を重視するなら他をあたるべき。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
644万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニックultraさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
0件
5件
スマートフォン
2件
1件
ゲーム機本体
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格無評価

【エクステリア】
現状は満足。3年後に飽きが来ないデザインかと尋ねられたらわからない。
昔の車のように普遍的なデザインではないと思う。だが個人的には気に入っている。
【インテリア】
必要十分。高級すぎて傷などを気にするというレベルではない。一方コンパクトカーやファミリーカーのような安っぽさはなくロングドライブを快適に演出してくれる。
【エンジン性能】
3.5Lで都内通勤リッター16は大変優秀だと思う。高速だと20は行く。
しかし、ATのマニュアルモード時のラグと、モーターとエンジンの切り替わるタイミングでのショックはいただけない。
欠点はあるが3.5L NAの吹き上がりの良さ、燃費の良さ、などを鑑みれば不満はない。
【走行性能】
車高が低いからコンビニの段差や急な坂道が気になる時が多い。
高速でのクルーズは最高。ダイレクトステアリング?(正式名称忘れた)の恩恵もあり本当に疲れない。一日1000q程度のドライブは睡魔さえクリアできれば肉体的な問題はなかった。
【乗り心地】
初期モデルは噂にたがわず固い。今はレグノをはかせています。まぁまぁ満足のいく乗り心地です。
【燃費】
前述の通り、都内街乗りで16q程。高速巡行になると20は超える
【価格】
中古車として購入のため無評価。
【総評】
国産セダンとしてとても優秀。
よく大柄すぎて日本には合わない車格などといわれるが、結局は運転技術の問題。ヤマト運輸などの4tトラックが通れる道ならどこでも行ける。
新宿、銀座などでも大手百貨店や劇場などの駐車場でサイズ的に入庫拒否を受けることは全くない。

NAで高排気量のセダンとなると現状スカイラインしか選択肢がない。消去法でたどり着いた人間からすれば想像以上に熟成が進んだこの車に驚かされるだろう(私自身がそうだった)。
メルセデス、BMWを筆頭にダウンサイジングターボを採用しセダンの排気量がコンパクトカー程度になっている昨今、こういう馬鹿馬鹿しい車は最高に楽しい。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった11人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

むさたろうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費2
価格4

【エクステリア】
丸目テールが復活したのは良いと思います。
フロントのVモーショングリルは好みが分かれる所です。
【インテリア】
シートに皮を使ったりと、下のクラスとの違いが表れていますが…ナビだけは一世代前ですね。時代を感じます。
【エンジン性能】
400Rに搭載されたエンジンは日本発登場だそうですが、これは気持ちいいです。ターボラグをあまり感じません。アクセルを踏んだ分だけ反応してレスポンスが良いです。個人的には某ドイツ車メーカーの直6より好きです。
【走行性能】
エンジンは抜群に良いのですが、
シャーシは少し古く感じました。
【乗り心地】
柔らかく感じました。
サスペンションの味付けは中高年の方々が好む様な、”落ち着いた柔らかさ”です。
【燃費】
3,000ccですから目を瞑りましょう。
リッターおよそ7キロでした。
【価格】
エンジンスペックを考えると破格だと思います。
【総評】
上級モデルでナビの古さやプロパイロット2.0の不搭載など、”何故?”と感じる程に省いている機能がありますね。シャーシも一世代前、足回りも柔らかいです。強力なエンジンで武装して古さをカバーしている感じです。しかし乗ってみると、細かい事がどうでも良くなるぐらい良いエンジンだと思います。乗り心地も良く、家族には好評です(飛ばすには柔らかい)。完璧じゃない所が何故か可愛く思えてきます(笑)

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
東京都

新車価格
562万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XJSさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:90人
  • ファン数:8人
満足度2
エクステリア1
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能3
乗り心地4
燃費2
価格2

試乗記後、乗り換えたので追記

【エクステリア】
見た目は少し慣れてきた。前作よりスポーティーイメージになったため、400Rならまあ許してもいいかな、と言う感じ。
ハイブリッドだったら断然、前作の方がいい。イメージにマッチしてるし仕事用でも違和感少ない。
グリル中央の日産マーク裏にはレーダーがあるようで前作のバンパーや市販のグリルに交換は難しいと思われる。前作はここでなくグリル下のナンバープレートの横あたりにレーダーがあった。

【インテリア】
よく見れば合皮の割合は前作と変わってなかった。
ダッシュボードのステッチは正直我慢ならない。革でも合皮でもない部分にステッチを入れてしまう なんちゃって度合い はどうかと思う。こういうことをするのは日本車くらいか。
レクサスにもこれやってる車種がある。そのなんちゃって手法をパクったと思われる。
以前トヨタ車ではステッチを成型で表現してた車もあったが・・・

【オーディオ】
今回はBOSEを付けなかったが初代のBOSEより全然クリアで聴きやすい。比べて低音の量感が足りないくらいだがどっちにしろボワボワしてるだけのBOSEよりいい。
BOSEは3ウェイで中音域用スピーカーがドアだけでなくダッシュボードにもあるくせに中音がよく聞き取れない。特にTVのニュースを聞いてるときは音楽に比べてかなり音量を上げないとならなかったが今回の標準オーディオではその必要もほぼない。
今回のBOSEがどうなのかはわからないが、どちらにしてもオーディオに拘る人には選択肢から外れる車種になるだろう。
標準オーディオの調整項目は低音、中音、高音、バスブースト、バランス、フェーダーくらい。初代BOSEに中音の調整項目はなかった。
ちなみに取説にはスピーカー交換、デッドニングはしないよう書かれている。

本体に音楽を保存するミュージックサーバーは今回、曲数重視モードと音質重視モードがあるが大差無さそう。曲数に大きな差がないから。
保存では曲間が途切れる仕様になってしまった。また、前モデル同様に「録音順に再生」の項目はあるがどういうわけかそのように再生できない。表示すら録音順にならない。
保存した曲を全て自動で再生させるには全てごった煮の状態のあいうえお順っぽい曲名の並びで再生させるしかない。アルバム順や録音順だと次のアルバムに進まない。さらにボリュームつまみの左側のボタンでアルバム飛ばしが出来なくなってる。右側の曲飛ばしのボタンと同じ挙動しかしない。
乗り換えた人は皆、不具合と思って日産にクレーム言うと思う。
USBで再生なら前モデルに近い感じで再生できると思われる。アルバム飛ばし、というかフォルダ飛ばしは可能。曲間は途切れるが。

【ナビ及びシステム】
自車位置、地図の動きがシームレスに近い感じになったのは良い点。
納車された直後は下画面下中央のメニューボタンの左側のエアコンスイッチと右側のオーディオスイッチが効かず、これが噂の不具合レベルなのかと驚愕したが30分ほど経過したらスイッチが効くようになった。
また、調整項目も最初は出てこない部分があったが次第に表示されてきた。電子機器のくせに馴染みが必要という摩訶不思議な現象。しかし、いまだに設定が戻ってしまう項目もあり、初代と似た雰囲気の不具合がある。
ちなみに発売からすでに数回のリプロがあったらしい。

モデルチェンジで最も嬉しい追加機能?レインセンサーは精度がちょっと悪い感じがする。感度レベルがあるからあまり問題ないが。センサーが1個しかないように思える。
今回もミラーに被せるタイプのレー探を付けたがルームミラー付け根付近にそのレインセンサーなどが付いたことでギリギリだった。かなり座高が高い人やシートをかなり前にして乗る人は注意が必要、レー探被せるとミラーを上に向ける方向と右に向ける方向に限度がある。

ヘッドライトはオフの位置がまだある。オートでの感度調整が画面での操作で設定可能になった。最も低くすると昼間トンネル入ってしばらく点灯されない場合が多い。感度中がいい感じ。

ドアロックが速度等で自動的にされなくなった、など見た目の違いがほぼ無い割には意外と変わってる部分、省略された機能がある。

Wifi接続ができるようになったが感度、というか接続がかなり悪い感じ。
地図更新は日産コネクトの契約が必要ということだが今はそれなしでも可能。ただし、Wifiでの更新はかなり時間がかかる上にその最中はナビが使えない。さらに更新中はエンジン切らないよう表示されてた気がする。地方ごとに更新になるが1地方で1時間以上はかかってた気がする。
PCでダウンロードしてUSBで更新もできるはずだが上手くいかなかった。こっちなら日本全国一括更新可能らしいが。

【走行性能】
車検切れに納車が間に合わなかったため、2週間ほど他のガソリン車に乗っていたせいか、試乗時に感じたハンドルの軽さや足の柔らかさの違いはよくわからなくなってた。
しかしハイブリッドのアクセル踏んですぐ前に出る感覚はやはり忘れられない。ハイブリッドの方が加速の調整がしやすく、普通に乗る分には機敏で自在に走らせやすい。
ちなみに自分は走り屋でもないんでコーナリングなどの限界特性や細かい部分は良く分からない。

排気音はこれも車内スピーカーからも作って出してるようで外で聴く音はわからないが 若干、高音側に振ってる。回した際のフィーリングはハイブリッドよりこちらが明らかに良い。

【総評】
ハイブリッドの値上がり度合いが大きいこととピストンキャリパーが付かないこと、400Rの黒い天井とピラーの内装を求めた結果、こちらを選んだわけだがまあ納得はしている。
本当はこの見た目と装備とエンジンでハイブリッドにしたものが欲しいけど。
あとシートヒーターでなく冷やす方のやつが欲しい。この車の皮シートはほんとに暑い。
ちなみに5年で10万km乗った初代ハイブリッドは最後まで何の劣化も感じない車だった。

レビュー対象車
試乗

参考になった45人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にすのさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:258人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3
   

   

※一日レンタカーとして利用してみました
ワインディング、一般道、高速道路全てでテストして観ました
以下※のところ追記します

短時間の試乗と展示車を見ての感想です
点検待ちの間に試乗させていただきました
全て独断と偏見なのでご了承を

【エクステリア】
全体的に好きなフォルムです
theセダン という雰囲気
リアがお気に入りです
※レンタカーは白でしたが、白が似合うスタイルだと思います

【インテリア】
流石に古さを隠しきれないインパネとナビ周り
FRなので後席の広さはそれなりですが狭くはないですね
※小さな子供がいるファミリーには使い勝手悪いですね

【エンジン性能】
吹けるエンジン
大排気量NAは魅力的です
ハイブリッドなので静かなのも好印象
※遮音が効いていて、特にエンジン音が相当抑えられてます かなり静かな故に高速道路ではロードノイズが気になります


【走行性能】
短時間の試乗では把握しきれません
DASに少し違和感ありました
※セレナと比べるとハンドルがよく切れます
街中よりは郊外や高速道路に合わせたチューニングのように感じます
意外にロールします

すべてが手の内に収まるような運転のしやすさには感動しました

【乗り心地】
コツコツコツコツ振動きますね
ランフラットタイヤと硬めのサス
そして重い車体 この辺が悪さしてるのでしょうか
シートは硬めで小柄な私にはちょうど良かったです
※グレードが試乗車より低いせいかシートが柔らかく 乗り心地はマシでした
低速でのコツコツはやや気になりますが高速道路は安定感あります
シートの形状が合わず腰が痛くなりました


【燃費】
試乗なのでわかりません
ただ気にする車ではない
※リッター10超えました ビックリです

【価格】
技術にコストがかかり、内装まで回らず
不満を覚える人が多そう
マイナーチェンジなのて仕方ないかもしれませんが
※高いですね たまにレンタカーで走るのが楽しくていいかもしれません

【総評】
あくまで試乗なので偉そうなこと言えませんが
「運転しやすいクルマ」これだけは断言できます
普段がセレナだからでしょうか、無理のない運転姿勢と見切りの良さに「セダンいいな」と実感しました
コツコツする部分は気になります
400R試してみたいですね

※走行距離1000`の下ろしたてにしては中速域のロールが大きいなと感じます
高速域になると安定します
“GT”と名が体を表すということでしょう
プロパイロットも含めて高速移動の多い人にピッタリかもしれません

レビュー対象車
試乗

参考になった7人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プラド5VZさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
スマートフォン
0件
2件
カーナビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格5

【エクステリア】サイドの造形が美しい、ボンネットも低く、車高も低い。精悍な感じです。

【インテリア】前車が20年前のプラドだったので、素晴らしく感じます。シートもバケットシートに似た感じで座りやすくホールド感が良いです。

【エンジン性能】文句なし、思い通りに加速します。ただし発熱がすごいので悪影響が無いのか心配です。

【走行性能】普段はノーマルモードで十分、スポーツモードにするとハンドルが重くなり足回りも固く変化します。ハンドル操作もし易く、ブレーキも良く効くし、サイズも大き過ぎないので運転しやすいです。

【乗り心地】ノーマルモードでは固さは感じず、かといってロールもせず、乗りやすく感じます。スポーツモードでは少し固くなりますが安定性が増します。

【燃費】街乗りで6KM/L前後

【価格】400馬力で込み込み600数万なら妥当だと思います。

【総評】若い頃からトヨタ車が好きで還暦過ぎてから初めての日産車です。クラウンRSと比較しましたが、クラウンは「社内が狭くてサイドガラスに頭が当たる・シートの座面が短くて座りにくい・狭い割りに全長が長い・室内のプラスチック感丸出しの部品が気になる」等が嫌でスカイラインに決めました。速いけど乗り易い車です、気になる点はタイヤの価格が高い事とプラドのつもりで走ると段差で車体の下部をぶつける事位です。

レビュー対象車
新車
購入時期
2020年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
562万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nemu_pikkyさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地無評価
燃費無評価
価格4

30台前半男の素人目線でのレビューになります。
稚拙な内容もあるかと思いますが、参考レベルで眺めて頂けたら幸いです。

これまで、アルトエコ→86(前期型)→ハスラー→S660→スイフトスポーツ(ZC33S)→レヴォーグ(VMG, STIスポーツ)→S4アバント(B9)と所有してきております。

普段はスポーツ施設(テニスコート)の行き来と買い物(主に業務用やコストコ)に使用しています。
そのため、ある程度(目安500L)以上のトランク容量と個人的な趣向としてスポーティーさの性能を求めています。

【エクステリア】
個人的には好みで格好良い。

【インテリア】
3Lターボと異なり、パーキングはスイッチ式だったりプロパイロット2.0が備わっていたりで充実している。
ただ個人的にはここが致命的な残念なところで、トランク容量が小さすぎる。
全長4.8m級のセダンで385Lはさすがに寂しい。もちろんトランクスルーもなし。
3Lターボ車は500Lオーバーなので尚更そう感じてしまう。

【エンジン性能】
クラウンの3.5ハイブリッド車CVTと比較してスカイラインはATだし、ここは本当に満足!

【走行性能】
試乗レベルであるが、速くて愉しいと感じた!
世界一速いハイブリッドカーを自負しているだけのことはある!!

【乗り心地】
ランフラットタイヤを履いていることもあって、やや硬いが悪くはないと思う。

【燃費】
試乗のため、無評価。

【価格】
type SPの本体価格が616万円。
似たエンジンスペックであるクラウンの3.5LハイブリットRSアドバンスで703万円。
ATとCVTの差はあるが、内装の豪華さやトランク容量、ブランド力云々…
を鑑みると、同じ3.5Lハイブリッド車なら自分はもうちょい頑張ってクラウンを買う。

【総評】
客に購入させるためには、もうひとパンチ欲しいところ…

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kiyomasa-yukimuraさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

前車は2016年式スカイライン・ハイブリッドtypeSPの4WDでした。十分気に入っていたのですが、ビッグマイナーチェンジで400Rが登場したので買い換えました。

【エクステリア】
スタイリングは前車から引き続き素晴らしいと思います。カラーはホワイト、美しい(前車のブラックも良かったが)。賛否両論あるフロント顔はインフィニティ顔ではなくなりましたが、結構気に入っています。リアもスカイラインらしくなっていいですね。レッドのブレーキキャリパーがとてもかっこいいです。

【インテリア】
400R特有のレッドステッチとキルティングシートによって、1ランク車格が上がったように感じます。シートのホールド感は前車とは雲泥の差です。また、ナビの反応が速くなったことは良い点です。上画面がアイフォンと連動出来るようになったのも素晴らしいです。BOSEも良いです。

【エンジン性能】
これは3500ハイブリッドとは全く性質が違いますね。出だしは3500ハイブリッドの方がやや速いですが、踏み込むと50q/hくらいからは400Rが圧倒的に速いですね。0-100q/h加速では3500ハイブリッドと同等と言われていますが、実車の感覚では400Rが1ランク速く感じます。最高のエンジンだと思います。

【走行性能】
これは3500ハイブリットよりも2ランクくらい上がっているように感じます。インテリジェントダイナミックサスペンションの威力でしょう。運転するのが楽しい車です。

【乗り心地】
これも3500ハイブリットより良くなっていますね。

【燃費】
納車されて3日で500q走行しました。郊外路と高速道を半々くらいでしたが、やや荒い運転でリッター10qを切るくらいですから十分良いです。高速のみだと12qくらいでしょうか。大人しい運転をすればさらに伸びるはずです。

【価格】
オプションはムーンルーフとBOSEを付けて総額630万円。前者よりも少し高くなりましたが、輸入車でこの性能を求めると1000万円オーバーですから大満足です。

【総評】
スカイラインとして生まれ変わりましたが、スポーツセダンとしての走りは国産最高レベルではないでしょうか。メルセデスAMG、BMWMシリーズに対抗出来ると思います。今のところ不満はないです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年4月
購入地域
福岡県

新車価格
562万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

スカイラインの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった36人(再レビュー後:33人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

スカイライン 2014年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

スカイライン 2014年モデル
日産

スカイライン 2014年モデル

新車価格:435〜644万円

中古車価格:98〜743万円

スカイライン 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <221

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意