スバル レヴォーグレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

レヴォーグ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
レヴォーグ 2014年モデル 4.41 自動車のランキング 103 401人 レヴォーグ 2014年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

レヴォーグ 2014年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.39 4.34 75位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.96 3.93 63位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.47 4.13 38位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.61 4.21 22位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.14 4.05 106位
燃費 燃費の満足度 3.49 3.89 119位
価格 総合的な価格の妥当性 3.73 3.88 76位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3

主観ですのでご注意を。
【エクステリア】
リアサイドとstisportバンパーが好みでした。
しっかしリアが汚れやすい...泣
自分的にはレガシィBR系くらいの全長は欲しかったです。後部座席が狭いので。
しかし全体的なスタイルは気に入ってます。
【インテリア】
購入するにあたり他にも候補がある中で、ボルドーというのが決め手でした。
デザインはいい感じですが、装備が物足りないですね。
ステアリングヒーター、後席スペース、後席シートヒーター、パワーリヤゲートetc.
【エンジン性能】
試乗して1.6Lで十分と思ってしまった。
実際十分なんですが。
でも、購入当時に戻れたら2L買ってます。
【走行性能】
滑るような走りです。(ドムのような感覚w)
四駆は安定感抜群です。
四駆(BL5)からFR(S15)に乗り換えた友人が「四駆はつまらん」と言っていた意味が分かりました。笑
【乗り心地】
滑るような走りとCVTも相まって変速ショックがないので乗り心地は主観ではとてもいいです。(stiは。他は分かりかねます)
高級車には勝てるわけないですが。
【燃費】
5割街乗り、3割バイパス、2割高速くらいですが13〜14km/hくらいです。
良くはないと思います、気にしてませんが。
気にしてなくても財布にダメージ与えてるのは確かなので燃費良いに越したことはないですが。
【価格】
妥当な価格設定なのかもしれないが、高いものは高い。車の値段は上がっていく一方なんでしょうか。
【総評】
自分の、購入する候補に入る条件は第一に好みのエクステリア。
その候補内から次にインテリアデザイン、装備。
アテンザセダンと迷ってました。ワゴンではなく。
stisportの登場でレヴォーグに決めました。
レヴォーグ検討されてる方で予算に余裕がある方は2Lにしましょう。
前車がクルコンなどの先進装備が無かったのでアイサイトにとても感動しましたが、最近の車は似たような装備がほとんど付いてるのでアドバンテージにはならないと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
福島県

新車価格
356万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
25万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった42人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

1717yさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費2
価格5

【エクステリア】
STIエアロパッケージを付けました。いい感じです。

【インテリア】
まさにスバル。良いところも悪い所もあります。
【エンジン性能】
思ったよりうるさいです。
【走行性能】
これは問題なし。
【乗り心地】
車体が軽いぶん、よく跳ねます。
【燃費】
悪いのは知ってるので、気にならない。
【価格】
適正だと思う。
【総評】
レガシィツーリングワゴンを3台乗って、レヴォーグにしました。
最終型のレガシィツーリングワゴンに乗ってましたが、まさかの水没で乗り換えました。
最終型レガシィツーリングワゴンは何かと批判が多いですが、私はスバル車の中で一番完成度が高かったと思います。
それに比べ、レヴォーグは全て下になってしまいますが、勝ってるのは安全機能と最先端な技術がある事です。
好みがあると思いますが、ハッキリ言ってレガシィツーリングワゴンの方が安定した走りです。
でも、スバルは本当に良い車を作ると思います。
レヴォーグも慣れたら良い車だと思うので、これから楽しんで乗って行きたいと思います。

個人的に、スバリストのレビューが少ないと思います。スバル好きな人には納得できる完成度だと思ってます。
エクステリアがちょっと残念とか、遮音性とか、突き上げなど指摘する方がいますが、スバル車が好きな人にとっては、全く気にならないレベルです。
それよりも、運転を楽しくさせる車だと思います。
スバルは一般車としては、かなりの価格設定だと思います。それ以上を求めるなら、クラウンとかLEXUSとか、ベンツ、BMWを選んで下さい。
一般庶民からしたら、かなり完成度が高いと思います。
値段は高めですが…
でも、満足できると思います。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
東京都

新車価格
363万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
30万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ganpeichanさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

シェーバー
0件
11件
自動車(本体)
1件
8件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格3

BP5の初代に乗っており、廃車になるまで乗ろうと思っていましたが、さすがに15年経つとがたが来て、家族の安全のために買い替え決断しました。少し追記、修正し、再レビューします。※購入したのは、新古車(未登録の中古)で、ディーラー扱いのほぼ新車でした。
少し、追記と余分なところを削除し再レビュー

【エクステリア】
4代目レガシィツーリング譲りのカッコよさに惹かれました。エアインテークが少し小さければ上品になってなおよかったですが。。。

【インテリア】
D型以降は、黒基調の色使いもかなり洗練されていて非常に良いと思います。スバルらしい、シンプルな内装で好きです。ただ、今どきなのに、操作ボタンの配置がいまいち使いにくいところがあります、まず、センターディスプレイのボタンがその下にあるので、フロントの安全確認をするという設定なのに手元(ハンドル、あるいは、シフトのところ)にないので押しにくいです。AVHやアイドリングストップのボタンをシフトのところに置くよりは、全方向カメラの切替ボタンをシフト横か、ハンドル横のスイッチで切替できるようにしてほしかったです。また、シート位置の記憶が車格のわりにないとか、後部座席にエアコン吹き出しが無いとかちょっと古いです。

【エンジン性能】
試乗の時はあまり感じませんでしたが、1.6は、Iモードでは走り出しの反応が遅く、街乗りだと少しコツがいります。Sモードにしていればリニア感は問題ないですが、Iだと低回転でトルク感が不足し、踏みすぎるといきなり加速するので、慣れるまで運転しづらいと感じました。Sモードでも運転しやすいかというと、敏感になる分アクセルワークが難しいです。上り坂もトルクが無いので、1速固定で個人的に違和感あり、慣れが必要です。街乗り中心の場合、NAエンジンの自然な動きには程遠いですので、要試乗で確認ください。当然ですが、高速道路とか、スピードをある程度出す場合は、当然ながら問題ないとは思います。

【走行性能】【乗り心地】
以前乗っていたのが、KYB製サスで高級感ありつつ硬さもあり乗り心地最高だったので、そのイメージだけで、KYBのサスのグレードを選択しましたが、レヴォーグのGT(SmartEdition)は、ダンパー設定が緩すぎて、ピッチ(発進停止時)、バンピング(凹凸時)がすごく、収束も遅いです。30分以上運転していると、スプリングだけの状態で乗っている感じで気持ち悪くなるので、3か月目に耐え切れずに、
HKSのハイパーマックスGに付け替え、事なきを得ました。結果以前乗っていたレガシーに近い感覚の最高の乗り心地を手にしたので、一安心です(レヴォーグのAWD性能、剛性の高さによる安心感など、本領がやっと生かされています)
あと、以前のレガシーと比較すると、エンジン音とか、ロードノイズがかなり入ります。リアの荷室下の防音材追加と、エンジン音はボンネット裏の吸音材追加して、やっと同等になったかどうかですね。また、自分の場合はサスを変えたことで、かなり静かになりました(おそらく細かい振動が吸収されるようになったためと思います)。

【燃費】
正直思っていたよりかなり悪いです、レギュラーの1600ccでは落第。

【価格】
GTは、比較的、リースナブルなので、サス交換を考えても合格です。ただ、補償のこともあるので、最初からGT-S、STI、V-Sportを選択するのが吉かも。STIは、GTと比べ70万円も高いですので、GT-S、か、V-Sportがお手頃なところかもです。ただし、STIはのビルダンパーは、ダンプマチックが搭載されており、GT-S、V-Sportのビルシュタインよりも、快適度としては微妙に高いので、GT-Sの方が少し固めに感じるかもしれませんので注意です。

【総評】
スバルの車作りはトータルではすごいと思いますが、価格とかファミリー層向けの設定を無理やり設けて、GT/SmartEdition を作っているのは、お安い価格に騙される人が続出しているのではないかと感じました。ファミリーカーからの買い替えなら、GTでも良いかもしれませんけど、ファミリーカーを求めてレヴォーグ買う人も少ないと思いますし、走りを考える場合KYBサスのグレードは絶対買わない方が良いと思います。また、最近の車と比較すると、ボタンの配置とかインターフェースがあまり考えらえてない感じがします。

【グレード事選定視点】
★GT(SmartEdition): サスペンションがとにかく緩いです。街乗りで揺れても酔わないか、長めの試乗で確かめると良いと思います。シートはスポーツシートでないですが、レース場に行かない限りは良いレベルの座り心地が良いものがついてますが、ホールド感は今一つです。          
★GT-S:スポーツシートで包まれた感があります。また、ビル足なのでスポーツ感があり固めが好みの方は良いと思います。普段使いで問題ないかを、試乗等で確かめると良いと思います。青ステッチは、非常にカッコいいです。
★STI:ボルドーレッドの内装だけだったが、今はブラックエディションもあるので好みで選定できるので良い。STI専用の見た目と、ダンプマチック付きビル足で、硬さの中に乗り心地を両立させレヴォーグの付加価値を出していると思います。これに、70万円を出すかどうかですね。普通にオプションつけると乗り出しで400万円超えるので、体感する差と比較しても、普通はかなり悩むと思います。 お金があって無理できる人は、STIが良いかもです。

【追記】
もし、GTグレード(GT-Sもかな)を自分と同様に買ってしまって乗り心地の面で困っている方がいる場合、 GT+ハイパーマックスGは、おすすめです。このサスに乗ってみて思うのは、やはり、モノチューブの良さと、日本有数のサスペンションメーカーであるHKSのモノつくりはすごいと思います。個人的には、結果的にサスを変える後押しになったのと、乗り心地も正直STIを超える可能性もあると感じるので、GT(+ハイパーマックスG)を買ってよかったかと思ってます。GT-Sだと、サスを変える踏ん切りがつかなかった可能性があると感じる。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった51人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:127件
  • 累計支持数:1563人
  • ファン数:24人
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

気になっている新型インプレッサのカタログをもらいにいくついでに試乗してみました。フルモデルチェン時が予告された後で今更感はありますが、快速ワゴンとして何かと注目を集めてきたレヴォーグとはどんなクルマなのか、直感的なフィーリングを中心に書きます。

【エクステリア】
全体的なシルエットはきれいですが、フロントフェイスがあまり好きになれません。ヘキサゴングリルの硬質感と、エアインテークが何かわざとらしく、クドイ顔とサイドのしなやかなフォルムが戦っている感じがします。ボディカラーがホワイト系ならまだスマートな感じもありますが、シルバーになると、とたんにギークな感じがします。これが好みの人にはたまらないものがあるかもしれませんが、私には新型インプレッサのデザインのほうが格段によく見えます。エアインテークのないグレードも用意するなど、もう少し万人受けを狙ってみてもいいのではないでしょうか。あと、ツーリングワゴンなので仕方のないところですが、やや全長が長く、慣れないと取り回しに苦労しそうです。

【インテリア】
これは好みです。いかにも航空機を意識したような、スイッチやモニター類が凝縮されたコックピットですが、欲しい情報が目につきやすいところに表示されるので、ドライビングの楽しさと安心感を高めてくれます。また、室内空間の広さも魅力的。後席の膝前スペースはゆったりとしており、荷室容積も522Lと十分。価格が高いので若いファミリー層の需要が見込めるクルマではありませんが、基本的にはファミリーにも適したパッケージングだと思います。

【エンジン性能】
気持ちいいと評判の1.6Lターボに乗ってみましたが、インプレッサの1.6L NAの次に乗ってみたら、一瞬、「あれ?」と思いました。出だしはインプレッサのほうがむしろ軽やかで、ターボラグがあるぶん、街乗りではやや思い感じがしました。ただし、ターボがかかってからの加速は気持ちよく、レヴォーグは高速道路を使った長距離を走ってこそよさがわかる、生粋のGTカーだと思いました。とはいえ、以前アクセラスポーツの2.2Lディーゼルターボに乗っていた私からすると、期待していたほどのパンチ力はなかったです。そう考えると、マツダの2.2Lディーゼルターボはあれだけの荒々しい加速をしながら、普段使いではなめらかに回るので、改めてよくできたパワーユニットだと思いました。

【走行性能】
鉄の塊のような剛性感があり、頼もしい走りを見せてくれますが、街乗りではややオーバースペックだと思います。路面にへばりつくような接地感があり直進安定性は抜群。コーナリング時のロールも少ないので、長距離を乗っても疲れにくそうです。ただし、ビルシュタインダンパーがやや硬めのセッティングで、街乗りではややゴツゴツした感じがあります。動力性能は1.6Lで十分だと思いますが、むしろこのクルマは2Lでガンガン踏み込んだり、峠を攻める走り方が合っているのかもしれません。

【乗り心地】
正直なところ、インプレッサのほうがいいと思いました。安心感はありますが、なんせカタいです。いわゆる足グルマというか、10km程度の距離をちょっと乗るような、普段使いにはあまり向かない気がします。このクルマを好む人は生粋のスポーツ志向なのだと思います。

【燃費】
短時間の試乗なので具体的にはわかりませんが、かなり悪そうです。特にストップ&ゴーの多い街乗りではかなり燃料を食いそうで、このクルマの燃費評価は、飽くまで高速道路を含めて長距離を乗ったときにすべきだと思います。

【価格】
高級車にくくられるクルマではあるものの、高いですね。高剛性シャーシはいいとしても、ターボエンジンにビルシュタインバンパーといいタイヤ、エアインテークなどの空力パーツ、内装面ではいかにも高そうなステアリングやシートのレザーなど、走りのステーションワゴンとして独自の魅力があるのに、本当にそこまでしなければならなかったのかという気はしました。とはいえ、カローラツーリングのような目に見えるコストカットは不評を買うので、次期モデルでどこまでの内容と価格設定にするか、スバルとしては思案のしどころでしょう。

【総評】
確かにGTカーとしては秀逸で、長距離走行がメインならいい選択肢だと思います。ただし、街乗りではオーバースペックで、普段使いには向かないと思います。このクルマは、飽くまで所有欲を満たすGTカーであり、万人受けをするクルマではないと考えます。また、一見、目に見える競合車がないように思えてきたレヴォーグですが、今後はカローラツーリングHVのWxBがシェアを奪いにくるでしょうし、実は現状でも、“隠れた名車”と言えるホンダ ジェイドHVのRSがライバルになっているはずです。レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継なので、当初から知名度とブランドイメージがあったので、それほど台数は売れていないまでも、低迷するステーションワゴン試乗で息の長い人気を維持できてきたようですが、今後はどうでしょうか。あまり趣向性に走りすぎず、もう少しシンプルな内容のグレードを設定してファミリー層までターゲットを広げるなど、マーケティング上の工夫が必要になってくるはずです。ただ、次期モデルのあのデザインでは、ファミリーは難しいかもしれませんね。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

☆*6さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
7件
マザーボード
0件
5件
プラズマテレビ
1件
4件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

BR9、最終型からの乗り換えです。
 ・エクステリア
   ボンネットにあるインタークーラー用エアインテークの穴は、個人的には、先代フォレスターの様に無い方が好みですが、まあ、悪くは無いかと思います。
 ・インテリア
   スポーティな感じのファブリックシートは、あまり好きでは無いですが、革以外だとこれしか選べないので。
   フロアの内装材は、フェルト系で、耐久性がいまいちなので、グレードを上げて欲しいです。今のスバルの内装材は、これしかな い感じですが、そこそこの車格の車は、替えて欲しいです。フロアマットも、グレードの高い物が選べません。
後席用のエアコン吹き出し口がありません。エアコンのコンプレッサーもON−OFFだけの物なので、マグネットクラッチの音が安っぽいし、五月蠅く気になります。今時、可変容量コンプレッサーを採用して欲しいものです。風量も少なく感じます。
   ドアにカーテシランプがありません。4枚のドアに欲しいです、メーカーオプションでも良いので。
 ・エンジン
   レギュラーガソリン仕様、1.6ターボですが、普通に走るには十分な性能です。
 ・走行性能
   AWDは、雪は勿論、雨でも2WDとは安定性が全然違います。横風でも差があります。4輪にバランス良く駆動がかかっているのがコーナーでもわかります。
   古いSIシャーシですが、前車レガシィと違って、十分な剛性感が感じられ、タワーバーの必要性を感じません。
   直進性とコーナーの安定性が優れています。高速道のレーンチェンジでも非常に安定していて、スムーズです。
 ・乗り心地
   E型ですので、初期のA型と比べると、すごく良くなっています。ホイールベースがやや短いのでレガシィよりピッチングは有りますが、固めのサスの割には悪く無いです。SGPの採用モデルには、いなし方で劣りますが、ファミリーカーで使えるレベルには十分なっています。
 ・燃費
    燃費は、カタログ燃費の割には良く無いです。
   水平対向のターボでAWDだと考えると悪くは無いとも思います。
 ・その他 
    後席、両サイドにまでフォースリミッター付きプリテンショナーシートベルトが付いています。ただ、前車レガシィは、前席のみですが、テンションリデューサーが付いていたのですが、省かれています。せっかくなので、次期モデルには4席に付けて欲しいです。
    静粛性については、CVTの音と、ロードノイズが少し気になります。
    アイサイト・ツーリングアシストは、ver.2から大幅に進化していて、高速道の長距離移動が楽です。帰路は、特に助かります。
    後席の空間は、車体の全長とホイールベースの短さから、前車の様な広さは有りませんが、大人4人は普通に乗って移動出来ます。
    

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
兵庫県

新車価格
300万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジェットスライガーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

【装備内容】
GTSからSTI Sports BLACK selectionへグレード変更。
1600から2000へ排気量アップ。
ディーラー、メーカーオプションは前車と全て同様としA型で必要なかったものを削除。
A型は本革シートだったがレカロシートを選択。
A型では設定のなかったサンルーフを追加。

以下、私の個人的意見となります。

【エクステリア】
STI sportsのフロントデザインはノーマルに比べ戦闘的で良いがリアデザインがSTIのエンブレムだけと、さみしい。
ドアミラーカバーが黒になっただけで引き締まった感があるが、これはディーラーオプションで変更できる為advantage lineと同様に黒のドアハンドルとエンブレムもほしかった。
さらに言えば黒のシャークアンテナも付けてほしかった。
C型でウインカーのあった位置が空いてしまい何か付けてない感がある為、デザインをどうにかしてほしかった。

【インテリア】
ボルドー色が好きになれなかった為、BLACK selectionで内装が黒になり満足しているが、レカロシートオプションでシートメモリー機能が削除されているのが非常に不満(契約後に気づいた)。
シートのサイドサポートが擦れて傷つく為、運転時と乗降時でメモリーして傷防止していたが今は毎回手動操作でシートを前後している。
レカロシートの座り心地はサイドサポートが前車の皮シートより開いてる感じがするがスエードの為か皮シートよりもホールドが良く、半年に一度ギックリ腰になり、この車納車二日後にギックリ腰になった体でも腰の痛みを気にせず運転できた。
座面が狭く、左寄りに座らないとアクセルに足を伸ばした時、右太ももが座面右のサポートに当たり気になる。
ハンドルが前車のねっとりしっとりした感触から乾いたさらさらした感触になった。

【エンジン性能】
前車はターボがかかると一気にトップまで加速し頭打ちする感じだったが、現車は下からリニアに加速しあっという間に制限速度オーバー。
長い上り坂でアクセルを開けるとわかりやすい。1600は頑張ってる感が車から伝わってくるが2000は全然余裕だよと言わんばかりにスムーズに加速し上っていく。
昔の2ストバイクに乗っているようなドッカン加速の1600は通常アクセル開閉による面白みはあるが追い越しの際いきなり加速したり回転数が合わないともたつくところもあったのでエンジンは満足している。

【アイサイト】
アイサイトツーリングアシストになり、その進化が体感できます。
ハンドルアシストはエンジン始動時からONになっており結構な頻度で操作に介入してくるが迷惑ではありません。
それよりもオートクルーズにした際のハンドル操作には驚いた。ほぼ自動運転。
前車は高速道路移動時、車線中央維持がやや左による傾向があった為ハンドルを右に修正しつつ運転していたが、しっかり中央を維持し続ける。
その為ハンドルに軽く手を添える程度で運転していると約10秒置きに警告が発生し非常にウザイ。ハンドルの握り判定は過重で判断してるのだろうがちょっと厳しすぎる。
営業がD型になった際「できる事を少し開放しただけです。」と言ってましたが次期レヴォーグはほぼ全開放してミリ波レーダーを追加するんでしょうね。
現状、これ以上車がやってくれると会社の車やレンタカーを運転できなくなってしまうので、もうこれで結構です。

【乗り心地】
遮音性が高くなったと言われるがあまり感じない。ギャップの受け流しやコーナーのふんばりが良くなってる感じはする。

【燃費】
街中6〜8km/l、高速12〜14km/l位、前車と変わらない為、リッターあたりハイオク分10円増えただけです。

【価格】
総額約550万

【総評】
高い買い物でしたが他社の車を何台も見て乗って、カタログ並べてスペックや安全装備や機能を比較して次期レヴォーグの噂も毎日ネット上で確認し最終的に決めた車です。
満足しています!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
茨城県

新車価格
412万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

PleiadiBluさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
33件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】カッコいい。満足です。

【インテリア】シンプルで好き。運転席はお尻辺り早い時期に柔らかくなったことが300万円の車に許しにくいです。Dに申し入れたが解決に至らなかった。
また時々プレスチックの音をする。

【エンジン性能】高性能エンジンです。静かでパワフル、低領域からトルクが入るなので性能に満足です。但し、ハイオクを入れてもノッキングする。Dは正常範囲と言いますが本当かな。だとしてもガラガラの音はカッコ悪い。

【走行性能】オンゼレール感素晴らしい。ハンドル、ブレーキも自然で満足です。凸凹の道に向いてないことは理解できるけど、高速道路のつなぎ目を走ると車のリアーが大きく飛び跳ねることはあり得ない。

【乗り心地】凸凹の道以外心地がよく、疲れず長く運転できる。路面によってちょっとうるさいかもしれないけど全面的に満足です。

【燃費】都会で8km/l良くない。渋滞のない国道、高速道路には14/16km/lで満足です。とにかく出発のとき燃料をたくさん使ってしまうとの印象です。軽量化が必要かな。

【価格】40万円程度の値引きを入れたら正常な価格。

【総評】色々あるけど楽しい車です。

乗車人数
4人
使用目的
その他
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パイオツカイデーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格2

【エクステリア】
   黒のホイール、黒のミラー
   どうって事ないのですが、白の車体に黒のアクセントで
   何かエレガントの中にキッリとした感じがして満足です
   まだ、街中で同じ仕様のレヴォーグ に会いません
   発売されて間もないのとフルモデルチェンジ前のモデルなので
   この先、同じ仕様車に出会う事は無いような気がします

【インテリア】
   やっぱり内装は黒が落ち着きます
   ボルドーもいい感じですが個人的には黒が好みなので
   あとオプションのレカロ、標準のシートに「RECARO」の刺繍を入れただけの
   「なんちゃってRECARO」です
   腰痛持ちなので期待していたのですがRECAROの座り心地ではありません
   メーカーの思惑にまんまと・・・です

【エンジン性能】
   1600と2000で迷いましたが、試乗の際1600でも十分早いと思い
   1600にしました
   エンジン性能に関しては他の方々のレビューにも沢山あるので
   自分もその通りだと思います
   
   また、アイドリングストップをOFF設定してもエンジンを切ると
   ON設定に戻ってしまい
   乗る度にOFF設定しなければならないのは不便でしかありません
   いっその事オプションにするか、乗る度に設定しなくて済むように
   してほしい

【走行性能】
   アイサイトツーリングアシスト、非常に優秀です
   高速移動での疲労は半分以下になります
   レーンキープ設定中、ハンドルから手を離すと約20秒で解除され
   再度、ハンドルを持つと自動で再設定されます
   この「20秒」がなければ自動運転となる訳で
   20秒を30でも1分でもプログラム内の数値を書き換えれば
   容易にできそうですが
   次のフルモデルチェンジに期待です

【乗り心地】
   だいぶ良くなりましたSTIが出た当初は固くて
   購入に至りませんでしたが、まろやかになった感じです
   スポーティさと快適性の両方を求めるにはちょうどいいです
   フォレスターにも試乗しましたが乗り心地はフォレスターの方がいいです
   乗り降りも楽で視界も高くAdvanceは静寂性がいいです

   アクセルを離して惰性で進む時、何か抵抗を感じます
   購入候補のゴルフGtiに試乗した時はすぅーと何の抵抗も感じず
   静かに気持ちよく動きますがレヴォーグだと凄く弱い回生抵抗でも
   効いてるのか?と思うほど
   若干ノイズも気になり静寂性はゴルフの方がいいです

【燃費】
   燃費が悪いです
   他のレビューだと街中9km/L、高速10km/L位は走っていますが
   慣らし中なのに街中7〜8、高速8〜10位で何か不具合でもあるのでは?
   と心配です

【価格】
   総額450万
   オプション、点検パック、諸費用で100万弱
   もう少し安く設定してほしかった

【総評】
   色々、不満だらけになり
   価格も高くてフルモデルチェンジ前なのに
   結局は購入しています
   それには安全性、走行性能は国産車中トップクラスだと思っているのと
   A型からのノウハウが詰って成熟された最終型に乗りたかったからかな
   次もレヴォーグD型以降のStiを買えたらいいな

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年7月
購入地域
東京都

新車価格
363万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クー228さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
21件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
ほぼ一目惚れ状態なので文句無し。
賛否があるエアインテークも個人的には好み
【インテリア】
前に乗っていた他車のSUVに比べたら高級感あっていい
ただブラックのパネルはキズが心配
【エンジン性能】
ターボが効き始めるとあっとゆうまに法定速度に達する加速感はいい
【走行性能】
CVTだからか、滑らかな加速だが出足が悪く感じる。
踏み込めばいい加速感だけど、なんだかギクシャクする感じ。
【乗り心地】
KYBのサスだからかそこまで硬く無く、前車で不快だった段差のショックはほぼ無く好みの乗り心地。
【燃費】
現在2900q乗って平均12q/lで、前車CR-Vより3q/l程いい。乗り方にもよるけど、田舎でそれ程渋滞しない所でエアコン付けてこのレベルなら満足。
【価格】
気に入って買ったが、もう少し安かったら良かった。
しかし安全装備が充実してるから仕方ないのかな
【総評】
高速を利用した時にEyeSightのツーリングアシストを使用したが、今までの半分以下の疲労感だった。大袈裟かと思われるだろうけど、正直感動した。
1つ残念なのは、やたら煽られる。周りの流れにのってるのに 笑

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
岐阜県

新車価格
294万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pomn1234さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

クレジットカード
3件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
スーツケース・キャリーケース
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

エンジンは、ターボ車で300psなので、
フル加速時はパンチのある加速を味わえる。

乗り味が硬いと評価もあるが、スープラなどスポーツ車に乗っていたので、
まったく、硬い感じは受けない、

私のはSTI仕様ですが、メーカー担当者の話では、
通常グレードの方が、サスは硬い感じを受けると聞いた、
個人的には、300psの車なので、もう少し硬くても良いぐらいだと思う。

街乗りがメインな為、燃費は、15000km走って8.7kmと、
まぁ、満足はしていませんが、こんなものでしょうか、

高速を使って、長距離乗った場合は、15km/Lは走る。
アイサイトとオートクルーズは秀逸、
もう、着いてない車には戻れない。
車線維持は、信頼できないレベル、使えない・・・

価格は400万ですが、この価格で、この走りをしてくれる車は、
他にはないのでは?

購入して満足している。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
宮崎県

新車価格
394万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

よちよちさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地2
燃費4
価格4

中古で購入し1年半経過したので、そのレビューです。
また、前車はレガシィBL5 spec Bでしたので、少し比較してみます。

【エクステリア】
かっこいいと思います。
特にstiのフロントデザインには満足です。
途中でメッシュグリルに交換したのですが、少し雰囲気が変わり、これもまたいい感じです。
【インテリア】
ほぼほぼ満足です。
高級感があるかないかと言われるとよくわかりませんが、機能的で良い質感だと思います。
知人のCX-8に乗せてもらった事がありますが、旬の人気車にも負けてないと思います。
ただstiのロゴの数が少し多いかな。
昔のターボ車、いたるところに「TURBO」のロゴが貼ってあったのを思い出しました。
【エンジン性能】
下からトルクがあって乗りやすいです。
CVTの低速域でのネガ的な意見も目にしますが、前車EJ20ターボはATだと低速トルクが細い感じだったので、それと比べれば十分パワフルです。
【走行性能】
走る、曲がる、止まるの性能は素晴らしいと思います。
ただ、少し車が重いかなぁと思います。
今の車は安全のための装備が満載なので仕方ないですかね。
【乗り心地】
固いとの意見もありますが、私的には柔らかめだと思います。
前車spec BはA型で、固すぎて一般的に不評だったと聞いており、それとの比較ですのでそのように感じるのかもしれません。

【静粛性】
酷いです。
シャシ剛性のバランスなのか、タイヤの問題なのか、荒れた路面だとノイズが酷いです。
室内のカタピシ音はまだ我慢出来ますが、このノイズはいただけないです。
同仕様のE型に試乗した事がありますが、かなり改善されてましたので、購入を検討されている方は少し高額でもD型以降の購入をオススメします。

【燃費】
街中で9.5くらいです。
長距離、高速でアイサイト任せだとかなり伸びます。
13〜14くらいでしょうか、2.0ターボ車なら満足な値です。

【価格】
妥当だと思います。
ただ、安全性能や走行性能以外、快適性にもう少しお金をかけて欲しいなと思います。

【総評】
昔、スバルの営業マンが、レガシィはスバルの最上級モデルなので、クラウンと勝負する車です、と言ってました。
今や、レヴォーグとクラウンではキャラも価格帯も違う車なので比較する対象ではないと思いますが、ハイパワーステーションワゴンとして国産車ではライバルはいないと私は思います。
次のレヴォーグが楽しみです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

明日の風任せさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
マグネタイトグレーを選択しましたが、いい色です。
光の当たり方で車の表情が変わります。
【インテリア】
可もなく不可もなし。スバルだからそんなに期待してなかった。
【エンジン性能】
評判通り、出足はもっさりしてます。
ただし、気づいたらスピード出てます。
【走行性能】
固くなく粘る感じですね。まだ攻めてないのではっきりとはわかりません。
【乗り心地】
前車XVハイブリッドよりかなりいいですね。
【燃費】
距離走ってないのでわかりません。
【価格】

【総評】
モデル末期なので、かなり熟成が進んでいる印象です。
安全装備の進化も素晴らしいですね。
この車なら長く付き合えそうです。

使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
愛知県

新車価格
305万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちばにゅーさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
17件
スマートフォン
5件
11件
デジタルカメラ
3件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
モデル末期ですが、良いデザインだと。しかしながら自分には少し大きかった。

【インテリア】
古い感じですが納得してるので。
【エンジン性能】
1.6で十分です。前車の古い他社2.0より力強い。
【走行性能】
皆さんの言うとおり、出だしが重く感じる。
しかし流れに乗ってしまえば気持ちよく走るので、Sモードの出番はないですね。

【乗り心地】
カヤバ足のためか、ゴツゴツしません。
また、重たい車両なのでどっしり感があるので安定感がある。
【燃費】
街中で9kmくらいで、高速は18kmあたりをいったり来たりです。

【価格】
自分には高いです。最初の見積り見たときはびっくり。でも安全装備が満載なので、よしとします。
【総評】
長く付き合える車なんだろうと思います。


乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
294万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

soya sauceさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

これまで私の価値観は、常にドイツ車が最高、日本車はアメリカを向いているのとコスト重視で、どうがんばっても欧州車、とりわけドイツ車にはあと一歩及ばず、というある種の固定観念の持ち主でしたが、最近のスバル車、とりわけレヴォーグは、走りや内装ともに欧州車に負けないという情報を多数見聞きし非常に興味をもったため、暇をもてあましていた休日にディーラーで試乗させてもらいました。助手席にディーラーの方に同乗していただいた状態での約10qくらいですが、以下にインプレッションを書きます。

1.エクステリア
これは人それぞれと思いますが、自分の印象としては、かっこよく見えるときと、日本車特有のなんだかあか抜けない車にみえるときと両方あります。ただし、最近の特にドイツ車がなんというか、洗練されすぎでつまらないデザインだなとも感じていたので、少々の武骨さは逆に魅力的に見えるとも言えます。特にSTIは専用スポイラーなどがついていて車好きには魅力的です。ただしこれは、性能が良い車という前提だからそう見えるのかもしれませんね。個人的要望としては、ルーフレールをオプション設定してほしいです。

2.インテリア
少しの間のインプレッションなんで見た目の印象となりますが、非常に良いと思いました。以前のスバル車からは飛躍的に品質、デザインともに向上していると思いました。気になったのは、ナビの位置がもう少し高い場所にあったほうがいいと思いました。試乗中はナビが目に入ってきませんでした。(つまりは視線を大きくずらさないとよく見えない位置だと思います。)

3.エンジン性能
私にとってはびっくりするぐらいのパワーがありました。普通に流す分には2.0は不要というコメントをよく見かけましたがその意味がよくわかりました。ただ、羊の皮を被ったオオカミに魅力を感じる私としては、買うとしたら2.0だなとは思いました。古い価値観かもしれませんが、あの何とも言えないエンジン音とともに怒涛の加速は悪魔的なやみつきになるでしょうね。

4.走行性能
走行性能は、限界走行のタイムを除けば、ハンドリングとか、走行フィールとか、なかなかデータで表しずらいドライバーの感覚的な部分が多くを占める部分だと思います。なので、この、目に見えない部分で特に日本車はなかなかドイツ車に追いつけない、逆に言うと評論家諸氏に、ドイツ車は良い良いといわれても、どこかに、そりゃ高級車だからいいにきまってるじゃん、と口答えしたくてもちゃんと言い返せない部分だと思います。評論家の方々もプロなのですからもう少し伝え方に工夫をお願いしたところです。
本題のレヴォーグですが、結論として、はやり輸入車に負けない走行フィールだと思います。
何を基準に?ですが、以前、もう10年以上前になりますが、VWゴルフ(4代目末期モデル)GLE(2L、FF)と2代目フォレスターXTを乗り比べて、予算とスペック(若干安くてターボパワーと4WD付)でフォレスターXTを購入し、フォレスターには満足しましたが、ゴルフ試乗時の走行感覚は目からうろこ的に非常に良いもので、ゴルフが評論家諸氏にほめちぎられるのはよくわかった、という感覚が強く残っていました。
今回興味があったのは、あのなんともいえないゴルフのかっちり感や人馬一体感をレヴォーグが持っているか?同じフィールではないですが、レヴォーグでしか味わえない走行フィールがあったのは事実だと思います。もっと運転してその感覚を味わいたかったのですが、乗っていて気持ちいい、その気持ちよさも深みのある、上質なものだ、ということができると思います。

5.乗り心地
STIは乗り心地が固いというレヴューもありましたが、私はそうは思いませんでした。普通のGTSと乗り比べないとわかりませんが、乗り心地は良いと思いました。小さな段差などをサスとボディーで吸収する、それでいてふわふわじゃない、というよく輸入車に使われる表現がこの車にもピッタリ当てはまるとおもいます。

6.燃費
すみませんが、短距離試乗でしたのでよくわかりません。

7.価格
最上級グレードで405万円。決して安くはないですが、今の基準から言えば非常に公正な価格だと思います。
私バブル期に青春時代を送った人間なんですが、一世を風靡した2代目ソアラの3.0GTリミテッドが、確かほぼ400万円だったと思います。当時の高級外車とよく比べられてましたが、評価は、トヨタのマーケティング力と開発努力を評価しつつも、欧州高級車ライバルたりえるとは言えませんね、というのが評論家諸氏の評価だったと思います。
ジャンルもスタイルも違いますが、レヴォーグSTI2.0は、欧州車のライバル車として勝るとも劣らない品質、性能だと思います。スバルさん今後もよい車を宜しくお願いします。

レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

panda380さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

スバルといえば走りのイメージが強いですが、私(71歳の高齢者)は安全性を最優先しスバルをチョイスしました。
フォレスタかアウトバックかレヴォーグかで迷いましたが、決め手はツーリングアシストと後席フルフラットでした。
購入後14か月を経過した感想です。
安全に関するオプションはすべて装備しました。ツーリングアシストはもちろんですが、特に重宝しているのは、ハイビームアシストとスマートリヤビューミラーでしょうか。
趣味の写真撮影で使用することが多く、車中泊用の道具なども積みますので後方視界が確保できるのはありがたいです。
後席をたたむとフルフラットになりますので、車中泊でも使えます。ただ前車のエクストレイルに比べると天井が低いので、寝るだけが精一杯で、くつろぐという訳にはいきません。
気になる燃費ですが、1年ちょっとを経過し走行距離17,000km、実燃費で12.7km/l です。高速3、郊外6、市街地1、程度の割合でしょうか。
ちなみにエクストレイルは9.7km程度でしたから新しい車は燃費がいいですね。
走りは申し分ありませんが、アイサイト効果でしょうか、高速でむやみに飛ばさなくなりました。ツーリングアシスト中でも何故か眠たくなりません。ストレスを感じずに運転できて疲れが溜まらなくなりました。
もともと運転は好きなタイプですが、この歳になるとスピードよりも安全です。
最近高齢者による悲惨な事故がよく報道されています。勘違いによる運転ミスのリスクが高齢者には付きまといます。
自分は大丈夫と思っていても、より安全な車に乗るに越したことはありません。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
千葉県

新車価格
282万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
30万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

レヴォーグ
スバル

レヴォーグ

新車価格:291〜412万円

中古車価格:65〜440万円

レヴォーグをお気に入り製品に追加する <1226

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

レヴォーグの中古車 (1,342物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意