EOS R6 ボディ レビュー・評価

2020年 8月27日 発売

EOS R6 ボディ

  • 有効画素数約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、映像エンジン「DIGIC X」を搭載した「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ。
  • 電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能を備えている。
  • 最大8.0段の手ブレ補正による快適な撮影が可能。4K/60Pの動画撮影ができ、臨場感のある映像表現を楽しめる。
EOS R6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥300,000

(前週比:+680円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥272,000 (16製品)


価格帯:¥300,000¥340,300 (29店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥300,000 〜 ¥301,950 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2140万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:598g EOS R6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

EOS R6 ボディCANON

最安価格(税込):¥300,000 (前週比:+680円↑) 発売日:2020年 8月27日

  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

満足度:4.43
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:49人 (試用:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.97 4.52 47位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.63 4.54 27位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.36 4.29 17位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 3.49 4.14 36位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.16 4.26 37位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.49 4.40 23位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.13 4.32 30位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.55 4.42 25位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

フェザーフィンガーさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:554人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
17件
18件
デジタル一眼カメラ
12件
19件
コンバージョンレンズ・アダプタ
2件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種顔+追尾優先AF:サーボAFで全身から瞳に喰い付き追従
当機種顔+追尾優先AF:波をかぶり、サーボAFで瞳から頭部に追従
機種不明諧調豊富で奥行感あり

顔+追尾優先AF:サーボAFで全身から瞳に喰い付き追従

顔+追尾優先AF:波をかぶり、サーボAFで瞳から頭部に追従

諧調豊富で奥行感あり

当機種逆光撮影:フレアの無い際立つ立体感
当機種逆光撮影
当機種手振れ協調補正による手持ちマクロ

逆光撮影:フレアの無い際立つ立体感

逆光撮影

手振れ協調補正による手持ちマクロ

【デザイン】
少し小振りでガッシリとした武骨なスタイルは、道具としての魅力を感じますが、今一つ優美さに欠ける感があります。
個人的にはCANONの顔でもある、機能的で優美な1DXのエッセンスが欲しかった。

【画質】
キレ過ぎない解像感とグラデーションに富んだ描写は、以前使用していた低画素機の1DXやD4sに迫る立体感とリアルな質感を再現してくれます。
手振れ補正効果と相まって、更に、高感度でもノイズが出にくいので、SSを稼ぐ時や薄暗いシーンなどでもほとんど気にせず、ISOを上げて情景を壊さない撮影が可能です。
また、部屋で鑑賞の際は、A3ノビにプリントしますが、多少のトリミングであれば、十分精彩に感じます。

【操作性】
4個のダイアルと多くのボタンが配置されており、ほとんどの設定や変更が直感的に出来てしまいます。
撮影モードもダイアル式なので、シーンの変更に合わせた咄嗟の対応に重宝します。
特にお気に入りのFVモードでは、ISOオートの設定で3個のダイアルを使い、ファインダーを見ながらイメージに沿ってそれぞれSS、絞り、ISO、露出を自在にコントロール出来ます。
よく使うとっておきの設定は、綿密に練って予めカスタムモードC1,C2,C3にそれぞれインプットして置きます。

【バッテリー】
従来より強化されたバッテリーが搭載されているとのことですが、高機能満載カメラ所以、使い次第では消耗が激しいのは納得済みです。
なので予備を常時携帯して、最高のパフォーマンスでR6の驚異のパワーを享受しています。
(追記)フォーカスをサーボに設定していると、常に反応している為、移動中は電源を切るようにしました。
レンズキャップは外しているので、恐らく手振れジャイロセンサーも同様作動していたかもしれません。

【携帯性】
RPには敵いませんが、Łされどミラーレス機です。
キットレンズや「 L 」なし単焦点であれば、気軽に持ち出すことができます。
超望遠撮影においては、暗いレンズでもオートフォーカス機能全開で何不自由なく撮影が出来るので、大幅な総重量軽減になります。

【機能性】
撮影補助機能が満載で、どれを取っても驚きのずば抜けた進化があります。
特にレンズと同調制御するボディー内手振れ補正と動物瞳AFによる野鳥撮影は圧巻です。
テスト撮影でEF100-400mmズーム×2倍テレコンに照準器を装着して、高速で飛翔するカモを手持ちで追いかけてみましたが、フレーム内に1部でも入ると喰い付き、すぐさま瞳に喰い付くとそのままジャスピンで追いかけ続けます。ピント精度も驚くほど正確です。
絞りF11以上に絞っても安定して瞳に追従するので、1脚に据えてシャッター速度を落としてやると瞳に焦点を当てた流し撮りが簡単に出来てしまうと思います。
キットレンズのセンターフォーカスを使ったマクロ撮影では、8段の手振れ補正と併せてピント拡大機能がある為、三脚要らずの自由なアングルで接写が出来ます。
動画についても予め設定しておくことで、静止画からの切替がワンタッチでできます。
撮った映像は加工するまでも無く、BluetoothでiPhoneへ飛ばし、LINEを使用してサーフィン仲間で共有しています。

【液晶】
動体のカクツキを抑える「滑らか」設定によるレフ機並みの視認性や、ファインダー表示の色合いや明暗の設定、表示拡大や薄暗い場所での自動明暗調整等、レフ機を超えた「視える」機能を有しています
また、バリアングルモニターは、マクロ撮影や動画撮影ではかかせないアイテムとして重宝しています。(余談ですが…価格上、CANON得意の出し惜しみで、R5は更に改良された液晶になります)

【ホールド感】
しっかりと握れるグリップは極めてホールド性が高く、併せて400mmmズーム等の重いレンズを装着した際の操作時におけるボディーの剛性感は素晴らしいと思います。

【総評】
一眼レフ機をはるかに超えた究極の機能と使い心地には、とうとうCANONはここまでやったかと言う驚きがあります。
特にF11以上の暗いレンズでも、ファインダーいっぱいに展開する驚愕の瞳AF測距はCANONマウントに乗換えた最大の理由です。
特に連写を多用する動体撮影では、画素数を抑えたハンドリングの軽快さは計り知れないメリットがあります。
更にはフォトショップで画素数4倍に現像ができるようになったので、風景の全紙印刷をも高画質に仕上げる事が可能になり、あらゆるジャンルで大活躍しそうです。
もはや映像の世界は先端技術とソフト開発により、進化の先が神がかっている?
あとは優秀なRF‐Lレンズが欲しいのですが、ボディーも含めて高額なのがネックです。
しばらくはEFアダプターを使用することで、AF精度が上がり、手振れも軽減されて蘇った古いEFレンズで、今どきのレンズに無い「味」でも楽しみたいなーなんて思っています。

参考になった34人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

うまうまたてがみうらしまたろうさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
別機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
軍艦部がまるくeosらしいデザインです。
【画質】
なかなかいい絵を出してくれています。
【操作性】
キャノンに慣れている人はわかりやすいと思います。

【バッテリー】
普通ですが、予備が一個あれば一日撮影では充分です。

【携帯性】
フルサイズとしてはいい方だと思います。

【機能性】
連射速度、瞳AF、手ぶれ補正充分です。でもマスク顔認証がほしいのでファームアップに期待して
います。

【液晶】
普通です。

【ホールド感】
いいですが、omd-em1くらいしっくりくるとなおいいです。

【総評】
私にとって初めてのフルサイズはRでしたが、手ぶれ補正や連射速度がほしくて乗り換えました。
いい絵を出してくれて満足しています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さとあまさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:226人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
4件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種SLやまぐち
当機種秋田新幹線こまち
当機種ELぐんまよこかわ

SLやまぐち

秋田新幹線こまち

ELぐんまよこかわ

当機種カシオペア紀行
当機種磐越西線普通列車
当機種SLばんえつ物語

カシオペア紀行

磐越西線普通列車

SLばんえつ物語

【デザイン】
特に良くもなく悪くもないシンプルなデザイン。

【画質】
RFレンズとの組合せでは素晴らしいの一言。質感や高感度も驚くほど良い。
2000万画素もよほど解像度を求める場合でなければ全く問題なし。

【操作性】
使いやすい。カスタマイズが豊富でボタン配置もよく考えられている。慣れると相当使いやすい。

【バッテリー】
鉄道写真で使用する場合は、1日の撮影ではギリギリのこともある。
(背面液晶やEVFの設定で変わると思うが)
消耗状況を気にしつつエコモードで撮影することもあるので予備を1つ持つのはありかも。

【携帯性】
非常に高い。RFレンズも軽量なので持ち出すのが苦にならない。これがミラーレスに移行した最大の理由のため非常に満足。

【機能性】
・連写速度
鉄道写真としては十分な速度。RAWのみ記録、SONY TOUGH SF-G使用の場合12コマ/秒でも無限連写可能。
・AF
爆速の一言。レフ機に見劣りしないどころかもはやフラッグシップと肩を並べるほどの速さと正確性。また顔+追尾優先では一度捉えたら外すことは一切ない。画面の端から端まで捕捉し続ける驚異の性能。
・手振れ補正
極めて効果が高いと感じる。本体が軽量なこともあり夜間の手持ち撮影に何ら心配がなくなった。言い方は変だが「不自然なくらいに止まる」という印象。
・動画
使用する予定がないためノーコメント。

【液晶】
・背面液晶
可もなく不可もなく。
・EVF
他会社の機種と比較にならないほど良い。滑らかさ優先の場合遅延はほぼない。ただEVFに慣れていないためか見続けていると若干目が疲れる。

【ホールド感】
・持ちやすい。程よい大きさと掴みやすさ。

【総評】
・鉄道撮影で使用する分には全く隙のない機能と性能。この機種においてはミラーレスの弱点はもはや存在しない。それどころかAFの食い付きとエリアの広さはレフ機を凌ぐ。RFレンズの貢献度も高いと思うが画質も感動的なレベル。購入前は解像度とバッテリーが気掛かりだったがそれも杞憂だった。
・唯一の弱点は30万円という価格。キヤノンが新基準と呼ぶのならばせめて20万台中盤にして欲しかったとは思うが、それに見合うだけの性能を持っていると感じた。高い買い物ではあるが後悔することは決してないと断言できる。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった149人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

makota0528さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

仕事で人物の受諾撮影やスクールフォトの撮影、趣味で野鳥、風景撮影をしています。
昨年9月に導入したR5に加え、サブカメラとしてR6を昨年12月に導入しました。
4ヶ月使用しての評価になります。
【デザイン】
やや丸みのあるキヤノンらしいデザインは、私の好みです。
【画質】
2000万画素ですが、まったく不満を感じません。
高感度特性が抜群に良いです。
ISO25800でもノイズや色の破綻が小さく用途により実用レベルです。
ISO12800までなら全く問題なく使えます。
ストロボが使えない体育館やホールでの撮影は10000〜12800を常用しています。
ISO6400を超えると、むしろR5より画質が良いです。
【操作性】
良好です。Rからの移行ですが、R5と併用していて、まったく問題ありません。ただし、Rより割り当てられるボタンが減っており、カスタマイズ性はRより若干落ちます。
RATEボタンにも割当できるようにして欲しいです。
【バッテリー】
R5と同様、改善を望みます。ストロボ使用の場合、1000枚撮影して2目盛減る感じです。人物撮影、風景撮影では問題ありませんが、スクールフォトではシャッターチャンスを逃さない為、予備バッテリーを1日2個
持参しています。
【携帯性】
併用して使っているR5より若干軽く感じます。特に重いとは感じません。
【機能性】
瞳AFとAFスピードはR5と同様、感動物です。
野鳥撮影時の合掌率が、過去に使用していた5D4に比べ大幅に向上しています。
人物撮影も瞳AFのおかげで、構図に集中できるようになりました。
【液晶】
見やすいです。Rから大幅に改善されています(R5には敵いませんが)。
【ホールド感】
男性として標準的な大きさの私の手にはちょうど良いサイズで、グリップ感も良好です。Rの時は少し小さいなと思っていました。
【総評】
R5と同様、使っていて安心感があります。頼れるカメラ、使っていて、楽しくなるカメラです。
最初は、R5のサブと思って購入しましたが、スクールフォト撮影と野鳥撮影では高感度に有利なR6がメイン、スクールフォト以外の人物撮影と風景撮影では高画素のR5をメインに使い分けしていきます。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

真夏のライオンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
97件
レンズ
0件
2件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種きり
当機種くるしゅうない
当機種ぺろ

きり

くるしゅうない

ぺろ

当機種ふん
当機種からん
 

ふん

からん

 

M6→RP→R6と買い換えてきました。
基本Jpeg取ってだし好き(RAWめんどくさい)って思うような素人なので適当目線ですが自分が使ってきたカメラたちを思い出しながら書きます。

【デザイン】
いろいろ言われていますが確かに箱から出した瞬間は安っぽく見えました。本当にRPの方が高級そうに見えた。多分上から見たとき、厚みが増してボタンやスイッチの隙間が広くなったのでぎちぎち感がなくなったからかなと。ただ、レンズ装着しLプレート取り付けをした後は一言でいうなら、業務用カメラ。RPやkissのようなファミリーライク的な雰囲気は微塵もなく道具として使ってくれというプロっぽい佇まいがあって、あ、これ素人が買ってはいけない奴だと少し後悔した。
ちなみにRF24-105 F4の組み合わせより、RF24-240の組み合わせの方がツール感あってかっこよかったです。

【画質】
M6、RPも2400万画素超えなので2000万画素どうかなって買う前は思っていましたが、杞憂でした2000万画素でも画質めちゃめちゃ綺麗です。センサなのかプロセッサが優秀なのか細部までノイズがなく描写されていて、AFか手振れのおかげかビシッとした写真がとれてすごく満足しました。
SS確保でガンガンISO上げてもRPに比べ全然ノイズが少なくてきれいです。プロの方いろいろ言われますが素人なら25600でも全然見れる画質かなと。jpeg撮ってだしでも全然色合い自然で使いやすいです。4K60からの切り出しの静止画も綺麗で運動会とかはこれでいいんじゃないかと思えたほどです。

【操作性】
はい慣れですねこの辺りは、レフの経験がないので買い換えるたびに操作性が変わっててなんとも言えないけどM6のくるくるダイアルがかえってきて少しうれしかった。全体的なレスポンス部分はストレスなく操作できるしボタンが多いのでいろいろダイレクトに操作できて使い勝手は良いとは思う

【バッテリー】
予備のバッテリも買ったけど、1000枚くらいとってもメモリ半分くらい残ってた。フルから半分くらいになるまではヘリが早いなって思ったけど、メモリ半分からの粘りが長い感じで、素人が使う分には1日1個でも十分かなと思った。M6、RPよりは断然持つ(確信)

【携帯性】
はい、でかいです。RPにグリップつけてたけどそれに比べてもでかいと思う。ただ、RPが入るカバンであれば同じ運用は可能。重さも比べれば重いけど1日で慣れてRPの重さを忘れた。その程度の差です。自分の中のイメージはkiss x9とkiss x9iのくらいのイメージでお、なんかでかくなったね君って感じです。

【機能性】
AF性能、手振れ、連射、起動速度、高感度すべてが秀逸で一言で言ってバランスが非常に高い。カメラとしては文句がないと思います。
文句があるとすると業務用のカメラなのでRPについていたSCNモードやクリエイティブアシストがないこと素人から見るとあれ別になくす必要なかったんじゃないって思った。流し撮りモードとかもEF70-200 F4 2型との組み合わせで何も考えずにとれる別にROM余ってるなら入れとけばっと思ったけどプロから見ると邪魔なんすかね…

【液晶】
RPに比べて綺麗ですね。とった後の確認がしやすくなりました。
輝度が上がったのか白の発色が良くなっているのかなと感じました。

【ホールド感】
はい、自分は手が小さい方なのでRPのホールド感が至高でした。R6はちょっと多いというかグリップ部分が太い。大体中指が7.5cmくらいの人だとちょっと持ちにくいと思いますよ。(個人的な感想)

【総評】
今撮って綺麗に残しておきたいものがある人なら躊躇せずにすぐに買った方がいいと思います。
値段は安くはないですが後悔はないです。RPから買い換えてよかったなと感じました。



レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

C.M. Jonesさん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:443人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
32件
0件
デジタル一眼カメラ
17件
0件
コンバージョンレンズ・アダプタ
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種ISO100での作例です
当機種ISO1600での作例です
当機種ISO3200での作例です

ISO100での作例です

ISO1600での作例です

ISO3200での作例です

当機種ISO16000でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です
当機種ISO40000でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です
当機種ISO102400でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です

ISO16000でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です

ISO40000でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です

ISO102400でDxO PhotoLab 4のノイズ処理をした作例です

【デザイン】
EOS Rに近い感じですが、歴代のEOSのデザインを踏襲していますので、あまり変わり映えはしませんが、ずっと使っている側からすると違和感がないのでありがたいです。

【画質】
低感度の画質については、今までにないくらいの解像感です。高感度側も、ISO3200くらいまでは及第点、ISO12800くらいまでは家庭で楽しむ分にはOK、それ以上になると、DxOでノイズを除いていけば、ISO102400でもそれなりの画になります。
2000万画素という、今どきのカメラにしては低い画素数ではあるのですが、画素数が多ければ良い、というわけではなく、むしろ低画素機故に、高感度耐性は高くなっているように感じます。このカメラを導入するまで、5D MarkIVを使っていたのですが、ISO1600あたりからノイズが目立つようになり、ISO12800あたりではDxOの処理必須になりますので、その点はかなり進化していると思います。
作例は1枚目がISO100、2枚目がISO1600、3枚目がISO3200でいずれもJPEGからトリミング等実施→1920x1280ピクセルに圧縮、4枚目がISO16000、5枚目がISO40000、6枚目がISO102400のRAWをDxO Photolab 4でノイズ処理→トリミング等実施→1920x1280ピクセルに圧縮したものです。

【操作性】
EOS Rのシステムからかなり従来のカメラよりに戻されており、かなり使いやすくなりました。マルチコントローラー、サブ電子ダイヤルに慣れ切っていることもあり、従来の5D系を使っていた人にはかなり操作しやすいのではないかと思います。唯一の難点は、軍艦部にシャッタースピードと絞りが表示されない点ですが、そのあたりはファインダーと併用でなれるしかなさそうです。

【バッテリー】
最初にキヤノンから公式で「LP-E6NH使用、ファインダー使用時で250枚」という数字が出たときに、「1日の撮影に予備バッテリー4-5本は要るな」と思いました。実際に撮影してみると、すべてEVF使用時、平均で600-700枚程度は撮影できています。LP-E6NとNHの差は、若干NHの方が良いかな、というレベルで、そこまでの差は感じませんでした。連続で撮影するような場合は、1000枚弱という実績がありますが、たいていは平均の数字に落ち着きます。やはりミラーありの一眼レフと比較すると、5-7割くらいしかバッテリーが持たない、ということになります。

【携帯性】
決して小さくはないのですが、RFレンズを上手に組み合わせることで、かなりコンパクトにフルサイズのシステムを持ち出すことができます。R6とRF 24-240mmであれば、純正レンズとの組み合わせでは最もコンパクトに広角から望遠を持ち出せるということで、かなり重宝しています。

【機能性】
このモデルからIBISが搭載になり、レンズにISが搭載されている場合は、レンズによっては協調するということでした。実際に夜間撮影でいろいろ試してみましたが、確かに歩留まりは上がったように感じます。特に古いレンズでIS非搭載のものを使っている時に、最新のRFレンズほどではないにせよ、ISがきちんと動作していた時には、かなり衝撃を受けました。
EVFは連写してもパラパラ漫画にならなくなりましたが、やはりまだ少し不自然感は残ります。ただ、EOS RまでのEVFとは比較にならないくらい良くなったことを実感します。
オートフォーカスについては、かなり正確にピントを合わせてきます。特に人間はきちんと追尾でき、子供を追いかけてファインダーを見ていると、正確にピントが合います。ただ、飛行機を撮影している時に、正直全画面で追いかけると思わぬところにピントを持っていかれることがたまにあります。被写体がフレーム中央に来ることがわかっている時は、ピントを持っていかれないように中央のみに設定するなど、対処をしています。

【液晶】
最近のカメラの液晶で見づらいと思ったことはありませんので、このカメラの液晶についても同様かと思います。EVFで見えた画像でシャッターを押して、背面の液晶で確認すると、色合いがかなり違うことがありますが、基本的にEVFは「あくまでフレームするもの」ととらえる必要がありそうです。


【ホールド感】
従来のボディより小型になりましたが、もともと手が小さいのでホールド感は良くなりました。

【総評】
キヤノンのミラーレスは、EOS M2→M5→R→R6と使ってきましたが、今回のモデルで一つの完成形になったのではないかと思います。一度このモデルを使ってしまうと、EOS Rは使いにくくて仕方がなくなってしまい、残しておこうと思っていたのに、結局売却してしまいました。最近のキヤノンの商品は、メーカーの姿勢を疑うものが多かったのですが、このカメラについては、惜しみなく技術をつぎ込んできたな、と思わせるものがあります。おすすめの1台です。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sun&moonさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
24件
自動車(本体)
0件
9件
レンズ
0件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶3
ホールド感3
当機種追加画像;春の草原
   

追加画像;春の草原

   

現在使用機材はsony7RV、OMD E-M1X、と本機です。
現時点で、本機の動物の瞳フォーカスは素晴らしい。
(とはいえ、まだ、すべてに十分とは言い難く、今後の改善には期待している)。
使い始めて、約半月、鳥撮影の経験も3か月に満たないにもかかわらず、撮れてしまう喜び!
普通の景色はどのカメラでも同じように撮れるが、飛ぶ鳥を撮影するとなると高度なスキルが必要となる。
このカメラはそれほどスキルがない私のような素人でもなんとかしてくれる。
時々、自分で満足する写真が撮れる。
そして、明日はこんな写真を撮りたい、と願う、夢を抱かせてくれる。
そして、もっと、撮影技術を磨こうと思う気持ちを起こさせる、素人カメラマンにとっては得がたい魅力を感じさせるカメラである。
更に使ってみて、2000万画素万画素で十分に表現できています。
画素数に関して初めに持っていた危惧は薄れています。
小鳥など撮影したとき、トリミングの際に画素数が多いほうがいいなとは感じます。
でも、今のところ致命的な問題にはなっていません。
解像度の高いレンズが多いのでパノラマ合成などで処理すれば風景などでは1億画素くらいにはなります。
100−500RFレンズのコメント欄に載せましたのでご覧下さい。
その外、追加画像のような写真が簡単に撮れます。
いいカメラだと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった21人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

エックスドッグさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:276人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
15件
ゲーム機本体
0件
1件
PlayStation Vita ソフト
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー2
携帯性2
機能性3
液晶3
ホールド感4

【デザイン】
可もなく不可もなく、キヤノンらしいデザインだと思います。

【画質】
キヤノンらしい絵作りで違和感ないと思います。

【操作性】
一眼レフの操作とあまり変わらないので、普通に使いやすいです。

【バッテリー】
ソニーのミラーレスと比べると持ちません。

【携帯性】
ホールド感を重視していると思うので、その分携帯性は犠牲になっています。

【機能性】
ソニーがすでに動物の瞳AFを搭載済みで、AFの種類も豊富なので、これといって目新しいところは感じませんでした。ボタンカスタマイズの自由度も低いです。

【液晶】
可もなく不可もなくという感じです。

【ホールド感】
ほどよい大きさなので、持ちやすいと思います。

【総評】
ミラーレスとしては、ようやくキヤノンからまともな機種がでてきたという印象です。ただ、価格はソニーのα7 IIIより10万以上(実施中のキャッシュバックキャンペーンを使うと12万以上)高い割には、とくに抜きん出ているところはなく画素数も少ないです。専用レンズもまだ少なくソニーのほうが豊富なので、キヤノンのレンズ資産がある人以外で、現状選ぶ理由がないのが残念です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
スポーツ

参考になった76人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

a&sさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:260人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
849件
デジタルカメラ
1件
175件
レンズ
3件
106件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

現場投入して感じた点

・白飛びに強くなった気がします

・バッテリーですが、想像以上に持ちます
 先日のイベント撮影で1000枚は撮れてます。
 ここの掲示板の書き込みを見て、ビビッて2本買いましたが、全然大丈夫でした

・まだバグがある気がします
 Aモードの低速限界が、ストロボ使うとおかしくなる。
もともと1/250に設定しても、ストロボ使うと1/60とかになる
(ハイスピードシンクロにしてます)

・手前の目にピントが来てくれないことがけっこうある
 (結局、ONE SHOTとスポットAFで撮ってます)

・絵作りは5D4に似ている。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nakayuhaさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
58件
レンズ
7件
30件
ゲーム機本体
0件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

'21/3/1 高校の卒業式で使用しました!
瞳AFが素晴らしいです。
再レビューでも変わらずですが、最高のカメラです!
**
【デザイン】5D3からの乗り換えですが、引き締まってイイです
【画質】2000万画素、色々言われていますが、十分です。
【操作性】ここがRで悩んだところで、マルチコントローラー、この1択で決めました
【バッテリー】今日色々いじっていたら、減ってきました。撮影現場でも少し心配
【携帯性】十分軽いですね。いまアダプタつけているのでレンズ長めなのが、難点
【機能性】瞳AFのコンテイニュアスAF、すごい追従でPCモニター上を動く歌手の瞳を追ってくれています。
     これにはびっくりです。
【液晶】特に不満なし
【ホールド感】バッチリです。
【総評】
 値段は高かったですが、大満足のカメラです!これからドンドン使っていきたいです。
 個人的には、135F2がIS付きで更に活躍してくれることに期待です!

参考になった31人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

リンホフ2014さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:1人
満足度2
デザイン3
画質3
操作性2
バッテリー2
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3

6Dの後継機を考えており、R6を検討するためにすでに所有してる父から借りた上での印象です。
※一部誤りがありましたので再レビューしました。
【デザイン】
可もなく不可もなく
【画質】
最新機種の他機をよく知らないので比較はできませんが、こんなもんかと。
【操作性】
ボタン・ダイヤルなどはカスタマイズをして使うのが前提の設計なので、今まで40D→6Dのようなシンプルなカメラ(説明書を読まなくても一通りの機能は理解できる)に慣れたものとしては、にわかには理解しきれませんでした。
他人が自分用にカスタマイズしたものを借りたりすると混乱の元です。説明書をよく読んだ上で、自分用に調整すればいいのだとは思いますが。
自分はAF⇔MFの切り替えを頻繁にするため、切り替えが背面液晶のメニューでないと出来ないというのはマイナスに感じました。AF機能が充実してるので、MFは重視してないってことかもしれませんけれど。

【ホールド感】
軽いのはメリットです。
【総評】
一眼レフからの買い替えには違和感があり、信頼性・使い勝手が同じことを重視する自分は今回は購入を見送り、5DMK4を購入しました。デジタルネイティブなら私のあげたような使いにくい印象は、あまり感じないのかもしれません。

参考になった25人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

貧乏してます。さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:1209人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
16件
1528件
レンズ
23件
321件
ワイモバイル モバイルデータ通信(旧イー・モバイル)
1件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性1
液晶3
ホールド感3

やっぱり凄いと思う。
ポートレートで約束事なしに不規則でそこら中に暴れまわり動き回り走り回り
ぐるぐる回ってもピントを離しません

最強瞳オートフォーカス
変態的な動体ポートレート
めちゃくちゃ楽しいです。


やはりこのカメラのオートフォーカスは最高で神でした。
たぶん現状ではこれを超えるカメラは存在しないのではないのかというくらいです

まず言えることは圧倒的なオートフォーカス性能だと思います。
α7IIIを5とするとR6は10です。
5年先のフォーカスレベルです。
それはヒト以外にもトカゲや両生類にさえ種類によりけりと言えども瞳を捉えます。
飛んでるカモメやスズメなんて余裕のよっちゃんイカで瞳を追従します。

そう構図だけ考えれば良いだけなんです。

そしてキヤノンの色です。

ソニーやニコンではありえない色になるので常にRAW現像がセットでした。
しかしやはり色です。
R6はJEPGのままそのまま使えるレベルです。

追記で
高感度性能もiso25600でも満足いくものでした。
強力な手ぶれ補正と高感度の高画質でほぼ気軽に無双にスナップできる新しい時代のスタンダードカメラだと思います。

手軽に誰でも簡単に撮れるオートフォーカスと画質
高性能だからこそ初心者からプロまでお勧めします。

フラグシップ1DXmark IIIと同等のセンサーで
私はこのオートフォーカス性能だけでも30万は安すぎる感じます。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった135人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ARIIMAAVENSISさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:182人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
1件
デジタル一眼カメラ
3件
1件
三脚・一脚
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
SONYに比べて、おもちゃっぽくない、クラシックなキャノンらしい上品な感じがします。
但しアルミニューム合金ではないところからくる安っぽさはぬぐえません。
【画質】
小鳥、、すごく動くスポーツを被写体とする以外、すなわちスナップ、ポートレートには良いカメラです。
一方では国際コンテストのトリミング許容基準の30%までははっきり、言いまして無理があります。画質には27インチモニターで見ますとEOS-R5の画質とは明らかに大きな差があります。

【操作性】
EOS-R5と同じ設定が可能ですから、問題なく、いろいろなカスタム設定可能です。
【バッテリー】
EOSーR5と同じで高速連射や動画撮影すると、バッテリーのもちは悪いです。

【携帯性】
全く問題無しです。

【機能性】
1)これが、購入後の初めての小鳥撮影で判明してがっかりしている点です。
EOSーR6にはコンパクトフラッシュが使えないことです。致命的な欠陥です。

2)キャノン発表のEOS-R6の高速連射連続撮影枚数はRAWのみで160枚(SDカードSSDXC U使用、メカシャッター)と公式に書かれています。

3)しかしEF400mmF2.8L IS Vを使っての動物追尾優先での実撮影では78枚(6.5秒間)でした。しかも待機時間が 78秒間でした。

4)キャノンサポートにも電話しました、担当の方がキャノンの室内でEOS-R6を使って追尾優先で、同じ場所をRAW撮影した結果は100枚でした。書き込み終了までの時間は明かしてくれませんでした。私がこの担当の方が使った同じレンズで(RF35mmF1.8)で撮影したところ同じものを撮っているため、100枚でしたが、書き込みを待っている時間は100秒でした。実に約1分半以上です。

5)理由は簡単でした。現在売られているSDカード最高の能力でも書き込み読み込みが300MB/s以上の物はないためでした。

6)一方コンパクトフラッシュは1700MB/sがありますので、EOS-R5はRAWの高速連射連続撮影でも87枚ですが、書き込みがあっという間ですので、即再撮影ができますので、ストレスがありません。

【液晶】
普通です。EOSーR液晶は液晶が綺麗すぎるきらいがありました。

【ホールド感】
これも全く問題無しです。素晴らしいサイズです。

【総評】

スナップ、ポートレートしか撮らないoutuberの言葉の万能カメラの評価には要注意です。
またEOS-R6を購入した方、アマチュア、ハイアマチュアの言葉は、購入動機が好きという事です。
自分の購入したものは良い事だけしか書きません。
冷静に分析すべきです。

youtubeでEOS-R6,1DXMKVに迫る・・があります。
いかにも報道記者が高速連射でスポーツを撮っているように思ってしまう、
誤解を与えています。友人報道カメラマンでEOS-R6で高速連射で撮影している方は一人もいません。私が知る限りは誰もが1DXMKVか1DXMKUです。

一方では12ショット/秒ですからx60秒x60秒=1時間で43,200ショットになります。EOS-R6は最大撮影可能ショットはEOSーR5のように50万回ではありません。(常に高速連射撮影の場合ですが。。)

公益社団法人日本写真家協会正会員

レベル
プロ
主な被写体
風景
スポーツ
報道

参考になった45人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スマイル999さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
41件
レンズ
2件
26件
ドローン・マルチコプター
0件
6件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性3
機能性3
液晶2
ホールド感3
機種不明Exif情報は消してます
   

Exif情報は消してます

   

2021.2.13追記レビュー(画像添付あります)

下記組み合わせでスタジオポートレート撮影の瞳AF(AF-C)使用によるAF認識比べです。
EOS R6(レンズ/RF50mmF1.8 STM)
α7Siii(レンズ/FE50mmF1.8純正)
添付画像のように人の手が頬に入り構図を斜めにすると
EOS R6(レンズ/RF50mmF1.8 STM)は瞳AFが解除され顔全体のAF枠に切り替わる頻度が多くあります。
人物を真っ直ぐにすると瞳AFが復活しますが、左右の目を行き来したりして手前の目に安定的にAFがあいにくい状況が出ます。基本的に人物斜め構図は苦手なようです。

α7Siii(レンズ/FE50mmF1.8純正)は瞳AFが解除されることはなくAF-Cが合焦し続けます。ただ時折奥の目に瞳AFが合うことがありますが、シャッターボタンを二、三度触れ直すと手前の目に合い直します。α7Siiiはボタンに左右目を入れ替える機能が割振れるため、私はAELボタンを左右目の入れ替え機能にし、奥の目にピントがあった時は親指でAELボタンを押して手前の目にピントを合わせるようにしてます。

2000万画素と1200万画素の差、あとはキャノンとソニーの色の差など色々と好みはありますが、スマホやタブレット、PC画面での閲覧メインなら1200万画素で実用十分な画像数なので人物撮影中心な方はα7Siiiの方がAF-Cは快適なのは間違いありません。
ソニーの現行モデルで瞳AFがここまで高性能なのはα7Siiiと次に出てくるα1、今後でてくるαシリーズからみたいですね。α7iii、α7R4はα7Siiiの瞳AFには及びません。

-------------------------------------------

最初のレビュー
仕事でスタジオポートレートメインで撮影してるカメラマンです。
昔からキャノン党で1DXをメインに使用しております。
静止画はキャノン1DXで、動画はソニーα7S2を使っておりました。
このたび動画機をα7S3に新調し、静止画機にEOS R6を導入しました。
α7S3は像面位相差AFを搭載したとのことでAF性能が格段に上がり、瞳AFの性能も抜群らしくスタジオポートレート撮影にどの程度使えるのか試したところ、すこぶる快調で右左目のセレクトや追尾性能もストレスがなく非常に快適にスタジオポートレートが撮れました。
EOS R6はα7S3の瞳AFには及ばずα7S3を使ってからEOS R6を使うと若干ストレスを感じます。
左右の目の位置も後ろの目に合い続けたり、誤認識したり、α7S3ほどの性能はなくキャノンがソニーに追いつくには次の世代待ちかなと感じます。
ただキャノン製品の良いところはメニュー画面が昔から同じで買い換えても直感的に操作がしやすいというところです。しかしEOS R6は多機能過ぎてメニューに色んな項目があり、少し分かりづらくなってる気がします。
ソニーのαシリーズのメニュは見難いと不評でしたがα7S3からメニュ画面の配列等を変えて見やすくなりました。ただキャノンの方が慣れてるせいもあるのか見やすい気はします。
結局、スタジオポートレート撮影で1200万画素あれば十分な環境なため静止画のメイン機も動画機もα7S3になってしまった次第です。
キャノンのミラーレス機の中では最新モデルで抜群の性能でマルチに使える良いカメラだと思いますが、私の用途だとα7S3に軍配が上がりました。

比較製品
SONY > α7S III ILCE-7SM3 ボディ
レベル
プロ
主な被写体
人物

参考になった60人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じん303さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

再レビュー
購入して3か月、EOSRとの併用に限界を感じ、もう一台R6を導入しました。
RはとにかくサーボAFの性能が低く使い物になりません!
ただし、R6ではクロップした画素数の関係でNGの現場があるのでRは残しています。
1Dx3は使った事無いですが、多分瞳AFの認識が外れた場合のAF追従性は今の所劣っているのでしょうね。ファームアップで追い付いて欲しいです。
R1やソニーのα1は当然気になるけど、耐久性で劣る部分はもう1台買える価格なので。
直接のライバルはα7s3やα9A辺りかな?ファームアップ勝負ですね。
RF50mmF1.2,70-200mmF2.8,100-500mmF4.5-7.1とRFマウントにカメラマン生命を託したので、キヤノンさんには頑張ってもらいたいです!

【デザイン】
5D4と並べると、5D4の高級感が突出している。クライアントもR6を使ってると、見た目では不安しか感じないのではないか?四角いお弁当箱みたい。

【画質】
キャノン品質。ソニーに代えられない大きな理由の一つ。

【操作性】
5D系からでも安心して操作できる。だが不満が一つ。5D系で使った事がないRATEボタンが以前のMENUボタンの場所にあるという摩訶不思議な配置。一番押しやすい場所なのにR6最大の謎。
ボタンカスタマイズですが、僕はAF-ONボタンを押しながらメイン電子ダイヤルを回せば露出補正が変わる設定にしたのと、野外でモニターが見えない場合にAEロックボタンを押せば一時的にモニターが明るくなる設定にしました。

【バッテリー】
心配したよりは持ってくれている。僕の使い方なら2本あれば1日行けそう。

【携帯性】
抜群。Rのバリアングルは手振れが怖いが、R6は安心して片手で自由な構図を作れる。

【機能性】
AFがとにかく凄い!5D4やRでは8割は外す場面でも8割は粘るイメージ。コンティニュアンスAFに設定しておけば、即座に合焦可能。
条件が整えば瞳AFに全て任せてシャッターチャンスに集中できる夢の全自動AF撮影が可能。
高感度性能においては、ハイキーで撮影すればISO102400も十分スナップ納品に耐えられるレベル。
やっとクロップ機能が付き焦点距離が1.6倍するのも便利。

【液晶】
バリアングルである事が誇らしい!!

【ホールド感】
凄く手に馴染む。

【総評】
今のところ弱点が見つからない超性能。120%くらい期待に応えてくれてます!
ただ、電子ファインダーにはやっぱり慣れが必要かも。
何故か撮影してると時々ファインダーの画像が乱れてみえなくなる瞬間があって、でもその時にシャッターを切ってもべたピンという事がよくある。目下原因を究明中。

趣味で撮るなら一眼レフのほうが撮る喜びを味わえると思う。いきなりミラーレスだと機械に撮らされてるみたいで簡単過ぎて味気ない気がする。
だが仕事の現場では、ピント合わせという煩わしさから解放され、楽に歩留まりを上げられるのでもはや一眼レフは過去の物となって行くと思う。

参考になった74人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EOS R6 ボディ
CANON

EOS R6 ボディ

最安価格(税込):¥300,000発売日:2020年 8月27日 価格.comの安さの理由は?

EOS R6 ボディをお気に入り製品に追加する <1537

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意