『満足出来るカメラです』 CANON EOS R6 ボディ k68さんのレビュー・評価

2020年 8月27日 発売

EOS R6 ボディ

  • 有効画素数約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、映像エンジン「DIGIC X」を搭載した「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ。
  • 電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能を備えている。
  • 最大8.0段の手ブレ補正による快適な撮影が可能。4K/60Pの動画撮影ができ、臨場感のある映像表現を楽しめる。
EOS R6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥265,493

(前週比:-4,307円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥265,500

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥178,920 (262製品)


価格帯:¥265,493¥459,000 (48店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥265,494 〜 ¥301,950 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2140万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:598g EOS R6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

EOS R6 ボディ の後に発売された製品EOS R6 ボディとEOS R6 Mark II ボディを比較する

EOS R6 Mark II ボディ

EOS R6 Mark II ボディ

最安価格(税込): ¥336,600 発売日:2022年12月15日

タイプ:ミラーレス 画素数:2560万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:588g
 
  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

EOS R6 ボディCANON

最安価格(税込):¥265,493 (前週比:-4,307円↓) 発売日:2020年 8月27日

  • EOS R6 ボディの価格比較
  • EOS R6 ボディの中古価格比較
  • EOS R6 ボディの買取価格
  • EOS R6 ボディの店頭購入
  • EOS R6 ボディのスペック・仕様
  • EOS R6 ボディの純正オプション
  • EOS R6 ボディのレビュー
  • EOS R6 ボディのクチコミ
  • EOS R6 ボディの画像・動画
  • EOS R6 ボディのピックアップリスト
  • EOS R6 ボディのオークション

『満足出来るカメラです』 k68さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

k68さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
44件
デジタルカメラ
1件
0件
SDメモリーカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足出来るカメラです

EOS R6 MarkIIに買い替えましたので最後に再レビューしておきます。

これまでEOS 7D2をメインで使って来ましたが、1週間後に迫っていた暗めの体育館での撮影の為に思い切って購入。以前EOS Rを発売開始時に購入しましたがダブルスロットでない事と操作性の問題、バッテリーの保ちが気になり売却。今回は画像エンジンの進化に期待してミラーレス再チャレンジ。同時にRF24-240/4-6.3、パッテリーグリップBG-R10、LP-E6NHも4個購入。カメラの到着前からウェブの使用説明書を熟読、機材が届いてから色々と操作を確認し急ごしらえの状態で撮影に備えました。

運動会での結果はまあまあ。ストロボ不使用で撮影しましたがフリッカーが出るので電子シャッターは使えず、AFはデフォルト設定だったため顔認識+追尾AFは後ろの子にピントが合ったりして多少苦労しました。それでも手ブレはかなり低減でき、高感度でのザラつきはあるものの色味がしっかり残っていてそれなりの結果だったと思います。驚いたのがバッテリーの持ちで、3時間半4000枚ほど撮影して確認しバッテリー2本分をほぼ使い切る感じで予備は1個で充分でした。

翌週の中体連の撮影はナトリウム光源とLED照明併用の体育館でやはり盛大にフリッカーが出て電子シャッターが使えず苦労。EOS 7D2より少し連写が効くかなあと言うくらいの体感でした。もちろん高感度耐性についてはAPS-C機に比べて格段に良いと思えました。

さらに翌週、隣県の中体連の撮影では撮影して回った4会場とも全てLED照明に更新されていて電子シャッターのみ使用で撮影出来ました。AF設定を調整したお陰かAF追従もピントもかなり満足いく結果で、電子シャッターの高速連写でシャッターチャンスもほとんど逃さず捉えることができました。ただC-RAW+JPEG記録での撮影と高速連射のせいで64GのSDカードの容量があっという間になくなってしまい、バッテリーの持ちよりもそちらの方が心配になりました。

*個人的にはR6の性能で満足でしたが発売予定のスピードライトEL-5が使えないこと、ストロボ使用時は露出シミュレーションモードが機能しない事が不満でしたので思い切って買い替えを選択しました。

【デザイン】
電子カメラのデザインはどれもあまり好きではないですがR6は割と好きな方です。個人的にはニコンのミラーレス機はロゴ位置がやや間の抜けた感じですし、ソニーはなんか箱を載っけた感じに見えてしまいます。ただし好き嫌いの問題ですし大きなレンズをつけて前から見るとCanonのロゴが隠れてしまうのでその点はNikonの方が良いのかも?と思います。

【画質】
営業写真で使う分には十分だと思います。個人的には2500万画素くらい欲しかったのですが、高感度耐性を考えると妥当でしょう。24-240をつけると営業写真では無敵です。

【操作性】
EOS Rで苦労しましたのでレフ機に近い操作性に戻って有難いです。ダイヤルやボタンや機能が増えたり2ステップでの設定変更など半年ほど使ってやっと慣れたところです。慣れたけどやはり操作性は煩雑な気がしますね。

【バッテリー】
保ちが悪いとの評価ですが、私は敢えて保ちが良いと評価します。私の場合、撮影画面表示設定を省電力設定に、画面の表示先設定をAUTO2に設定、バリアングルは閉じてモニターも裏返してほとんど使わず、撮影直後の画像確認は4秒設定ながらファインダー表示しないに設定して使用しました。撮影した画像は撮影の合間に再生ボタンを押してファインダー表示で時々確認しバリアングルのモニターはたまに使う程度です。この使い方だと恐らくバッテリー2個で1日保つ感じです。あまり丁寧に撮っていたら電子シャッター使用で20分程で1000枚くらい撮ってたりして焦りました。

【携帯性】
24-240とバッテリーグリップをつけるとそれなりのデカさ・重さになります。ボディは確実にレフ機より小さく軽くなってるのに・・・バッテリーグリップはなくても良さそうですがEL-1など大きいストロボを装着すればバランスがとれます。

【機能性】
AFや手ぶれ補正、FVモードなどかなり満足です。低速連写で電子シャッターでストロボが使えればもっと良いと思えます。顔認識+追従AFではAF開始位置を設定しておかないと自動で顔を探すので、たくさんの人がいる場合は目的の人物にピントが合わない事が多々あるので注意が必要です。設定項目が多すぎる気もしますが、いろんな撮影ニーズがあるのでそれぞれに使いこなすには必要だろうと思います。顔認識やAFサーボの追従性はメニューで調整すれば結構改善できると思います。猿回しを撮影する機会がありましたが顔認識を人物にしておくとお猿ではなく猿回し師の人の顔をロックオンしてしまうので、対象を動物にしたらちゃんとお猿を追従しました。AF特性を色々と調整してやれば自分好みのカメラにできるように思います。

*このカメラの1番のウイークポイントはストロボ使用時には露出シミュレーションモードが機能しない事でした。MarkIIではR7同様、表示シミュレーションに変更されストロボ使用時でも定常光露出が確認できます。

【液晶】
さらに高級な機種には敵わないですが充分綺麗だと思います。一眼レフからの移行でもさほど気になりません。コントロールリングで露出補正するとフィインダー反映が少し遅い気がします。

【ホールド感】
手は小さい方ですが、個人的にはなかなか良いと思います。

【総評】
EOS Rを買ってみて「まだ暫くはレフ機だな」と思ってましたが、2年経ち思い切って購入して正解でした。年と共に人間の機動性が落ちていくのを補ってくれる機材だと思います。シビアな撮影をするわけでは無いのでほとんどFVモードで使用し楽させて貰ってました。以前はシャッター耐久30万回なので1回1円とすると妥当な値段かと思っていましたが最近は値段も下がっておりお買い得感がますます上がってきてます。アフターセールスを考えるとMarkII、使い潰すつもりならR6でしょうか。

レベル
プロ
主な被写体
人物
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった15人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
久しぶりに満足できるカメラに出会えました

プロローグ的に

これまでEOS 7D2をメインで使って来ましたが、暗めの体育館で幼稚園運動会撮影会の為に思い切って購入してみました。以前EOS Rを発売開始時に購入していますがダブルスロットでない事と操作性の問題、バッテリーの保ちが気になり手放していましたが画像エンジンの進化に期待して再トライ。2000万画素では少し足りない気がしましたが、R5では高価すぎるし高感度耐性はR6の方が優っているようなのでR6をチョイス。同時にRF24-240/4-6.3、パッテリーグリップBG-R10、LP-E6NHも4個購入・・・元を取るのに暫くかかりそうです。

運動会での結果はまあまあ。ストロボ不使用で撮影しましたがフリッカーが出るので電子シャッターは使えず、顔認識+追尾AFは後ろの子にピントが合ったりして多少苦労しました。それでも手ブレはかなり低減でき、高感度でのザラつきはあるものの色味がしっかり残っていてそれなりの結果だったと思います。驚いたのがバッテリーの持ちで、2時間半3000枚ほど撮影して確認したところバッテリー2本の残量は7割近くも残ってました。最終的に4000枚ほどの撮影だったのでバッテリー2個で充分でした。

翌週に中体連の撮影。AF設定などは引き続きデフォルトのまま使いましたが、個人対戦の撮影だったので運動会よりは追従性が良くピントも良い感じでしたが、今回も暗い体育館での室内競技でやはり盛大にフリッカーが出て電子シャッターが使えず苦労。EOS 7D2より少し連写が効くかなあと言うくらいの体感でした。もちろん高感度耐性についてはAPS-C機に比べて格段に良いと思えました。

さらに翌週、隣県の中体連の撮影に駆り出されました。前回までの経験を踏まえてAF設定を調整して臨みました。撮影して回った4会場とも新しい施設ではないものの全てLED照明に更新されていて電子シャッターのみ使用で撮影出来ました。調整のお陰かAF追従もピントもかなり満足いく結果で、電子シャッターで高速連写出来ることでシャッターチャンスもほとんど逃さず捉えることができました。ただC-RAW+JPEG記録での撮影だったので、高速連射のせいで64GのSDカードの容量があっという間に少なくなってしまい、バッテリーの持ちよりもそちらの方が心配になりました。結果64Gカード1枚で済みました(同時記録なので2枚)が128Gのカードも揃えておくべきだと痛感しました。

【デザイン】
電子カメラのデザインはどれもあまり好きではないですがR6は割と好きな方です。ニコンのミラーレス機のデザインはなんか間の抜けた感じであまり好きではないのでキヤノンの方がいいです。ただ大きなレンズをつけて前から見るとCanonのロゴが隠れてしまうのでその点はNikonの方が良いのかも?と思います。

【画質】
営業写真で使う分には十分だと思います。個人的には2500万画素くらい欲しかったのですが、高感度耐性を考えるとまず妥当でしょう。24-240をつけると営業写真では無敵です。

【操作性】
EOS Rで苦労しましたのでレフ機に使い操作性に戻って有難いです。ただダイヤルやボタンや機能が増えたり2ステップでの設定変更などはもうしばらく使っていかないと慣れないでしょう。電源スイッチですがバッテリー残量を気にして頻繁にON・OFFするので大きめの方が使い易くて故障しにくいのでは?と思います。確かに右側の方が良いかもしれませんけど。

【バッテリー】
皆さん保ちが悪いとの評価ですが、私は敢えて保ちが良いと評価します。私の場合、撮影画面表示設定を省電力設定に、画面の表示先設定をAUTO2に設定、バリアングルは閉じてモニターも裏返してほとんど使わず、撮影画像の確認は4秒設定ながらファインダー表示しないに設定して使用しました。撮影した画像は撮影の合間に再生ボタンを押してファインダー表示でちょくちょく確認しバリアングルのモニターはたまに使う程度です。この使い方だと恐らくバッテリー2個で1日保つ感じです。これまでのようにチャンスを逃さないよう丁寧に撮っていたら電子シャッター使用で20分程で1000枚くらい撮ってたりして焦りました。電子シャッターだとチャンスはほとんど逃さないので控えめに撮った方が良さそうです。

【携帯性】
24-240とバッテリーグリップをつけるとそれなりのデカさ・重さになります。ボディは確実にレフ機より小さく軽くなってるのに・・・バッテリーグリップはなくても良さそうですが、付けていると左手の掌の土手に乗せることが出来るので安定します。

【機能性】
AFや手ぶれ補正、FVモードなどかなり満足です。低速連写で電子シャッターでストロボが使えればもっと良いと思えます。設定項目が多すぎる気もしますが、いろんな撮影ニーズがあるのでそれぞれに使いこなすには必要だろうと思います。

【液晶】
さらに高級な機種には敵わないですが充分綺麗だと思います。一眼レフからの移行でもさほど気になりません。コントロールリングで露出補正するとフィインダー反映が少し遅い気がします。

【ホールド感】
手は小さい方ですが、個人的にはなかなか良いと思います。

【総評】
EOS Rを買ってみて「暫くはレフ機だな」と残念に思ってましたが、今回思い切って購入して正解でした。年と共に人間の機動性が落ちていくのを補ってくれる機材だと思います。確かにもう少し値段が安いと有難いのですが久しぶりに満足できるカメラに出会えました。

シャッター耐久30万回なので1回1円とすると妥当な値段かと思います。R5は50万回で45万ほど、R7は20万回で17万なのでそちらの方がずっとお得感があります。しかしそう考えると今の最安値価格はそれだけ世間のR6の評価が高いことの証左なのではないかとも思えます。

もう1台ある7D2もR6に買い替えたくなっています。

レベル
プロ
主な被写体
人物
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった12

 
 
 
 
 
 

「EOS R6 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R6 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EOS R6 ボディ
CANON

EOS R6 ボディ

最安価格(税込):¥265,493発売日:2020年 8月27日 価格.comの安さの理由は?

EOS R6 ボディをお気に入り製品に追加する <1981

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意