UDP-LX800 レビュー・評価

2018年11月中旬 発売

UDP-LX800

  • Ultra HD ブルーレイ再生対応ユニバーサルディスクプレーヤー。さまざまなディスクやUSBメモリーを読み込める。
  • ベースモデルのUDP-LX500をより高剛性化、低重心化し、振動・騒音を抑制。すぐれた制振性により、ディスクの信号の読み取り精度を高めている。
  • パーツ・素材を厳選し高S/N設計を徹底。HDMIを高品位再生する「トランスポート機能」、アナログ音声を高品位再生する「ダイレクト機能」を採用。
UDP-LX800 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥318,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥318,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥318,000¥360,800 (15店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥365,000

店頭参考価格帯:¥― (全国737店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • UDP-LX800の価格比較
  • UDP-LX800の店頭購入
  • UDP-LX800のスペック・仕様
  • UDP-LX800のレビュー
  • UDP-LX800のクチコミ
  • UDP-LX800の画像・動画
  • UDP-LX800のピックアップリスト
  • UDP-LX800のオークション

UDP-LX800パイオニア

最安価格(税込):¥318,000 (前週比:±0 ) 発売日:2018年11月中旬

  • UDP-LX800の価格比較
  • UDP-LX800の店頭購入
  • UDP-LX800のスペック・仕様
  • UDP-LX800のレビュー
  • UDP-LX800のクチコミ
  • UDP-LX800の画像・動画
  • UDP-LX800のピックアップリスト
  • UDP-LX800のオークション

UDP-LX800 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.16
レビュー投稿数:9人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.78 4.08 1位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.45 3.62 1位
再生画質 映像の鮮明さなど 4.73 4.40 2位
音質 音質の良さ 4.83 4.17 1位
読み取り精度 低品質なメディアでも読み取れるか 4.94 4.12 1位
出力端子 端子の数 4.66 4.01 2位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.17 4.33 5位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-LX800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
3件
0件
HDMIケーブル
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ3

【デザイン】
・どっしりした雰囲気で高級感があります。
 
【操作性】
・特にリモコンが使いにくいとかは無いです。
(慣れだと思います。)

【再生画質】
今まで所有していたDENON DBT-3313UDとの
比較となります。
・今まで気が付かなかった映像に気が付いたり
します。 (例えばライブのBDを鑑賞して
いてライトアップで何かに反射した時)
・全体的に映像の解像度がUPし楽器を演奏して
いる時の動きもスピード感がありボヤケたり
しません。(ギター、ベースの手の使い方
なんか最高です。) 生のライブを見ている様と
まではいきませんがワクワクします。
・分かりやすく言うと2kが4kになった感じてす。

【音質】
 DENON DBT-3313UDとの比較となります。
 使用機器はYSP-5100です。
・DBT-3313も音は悪くありませんでしたが
UDP-LX800では今まで 聞こえなかった音が
聞こえる様になりこちらも映像と同じく
ワクワクします。YSP-5100の性能を極限まで
引き上げてくれてます。
 使用しているHDMIケーブルはサエクの
 SH-1010です。
・ピュアオーディオモードでは映像はカット
 されます。2chオーディオとして十分満足
 できると思いますが私の様にデジタルサウンド
 プロジェクターで2chオーディオとして使用
 するのであればどうしても低音が出ないので
 サブウーファーは必要です。 
 AVアンプとスピーカーで鳴らすのであれば
 中級機クラスでも十分かと思います。
     
【読み取り精度】
・読み取りは問題なしです。

【出力端子】
・接続はHDMIでしています。
 端子の数は十分です。

【サイズ】
・DBT-3313UDと比較するとデカイです。
(良い映像、良い音を出すには仕方がないかな)
     

【総評】
・Panasonic DP-UB9000も価格の面で
 気になりましたが音質を重視した結果
  UDP-LX800を選びました。


 

     

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

みやびチャンネルさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:129人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
4件
476件
自動車(本体)
2件
95件
ドローン・マルチコプター
1件
79件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ2

パナソニックのビエラ(TH−49EX850)に本機をパナソニックの4Kプレミアムハイグレードケーブルを使ってHDMI接続させただけのレビューになります。ご了承下さい。


パナソニック HDMIケーブル 4Kプレミアムハイグレード 1.5m ブラック RP-CHKX15-K
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B016U2TEW6/



当方、オーディオマニア程でも無く、ただの個人的な素人レビューとして受け取って頂ければ幸いです。

早速設置作業が終わり、バージョンアップも完了したところで下記タイトル作品の視聴を行いました。


Ultra HD Blu-ray 4K 宮古島【4K・HDR】 〜癒しのビーチ〜 Ultra HD ブルーレイ&ブルーレイセット
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01DZ1YZI8/


もちろん、一番最初にUDP−LX800からの視聴です。

もうオープニングの時点でこのテレビでは現時点で体験した事が無かったぐらい、最高な画質と音質を表現してくれました。

繊細な表現をする高音と、低音はかなり下の方までしっかりと鳴らしてくれてる感じです。

色鮮やかな海の色、まるで現地の砂浜を眺めてるような綺麗で真っ白な砂浜。

もうこれは現地そのままです。

一旦停止させ、今度はパナソニックのDMR−SUZ2060に切り替えて宮古島のBDを見てみました。

違いは歴然。

わずか数十秒の視聴で「テレビで見る宮古島」に戻されてしまい、再生を止めてしまったほどです。

私にはこれぐらいの表現力による差が感じられました。

是非、「現地で見る宮古島」を手軽に体験してみたい人はこのプレーヤーがお勧めです。

まだ4KウルトラHD対応のソフトはこれ1本だけですが、またちょくちょくと時間を見つけてアマゾンで色々な作品を見てみたいです。

私にはかなり高い買い物でしたが、今後10年は使っていこうと考えています。

これは非常に良く出来た、世界一のプレーヤーです。

比較製品
パナソニック > おうちクラウドディーガ DMR-SUZ2060
接続テレビ
液晶テレビ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

AV&PCfanさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
8件
プリメインアンプ
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子4
サイズ5

暑さ厳しき折、流石に昼間帯は避けて、夜間視聴しております。

早い物で、購入後、約半年が経過しました。
その間、プリメインアンプの交換(L-507u → L-509X)や、
スピーカー(S-71)の位置の再調整などを行いました。

全体的には、画質、音質共にしっとりと落ち着いてきた感じがします。
派手さはあまり無いものの、安心して視聴していられる感覚を覚えます。

XLRバランスケーブルで接続し、SACD、CD等を聴きますと、本機の底力を感じます。
当初は、僅かに感じた低域のだぶつきやもたつきも無くなり、
L-509Xの高SNのキャラクターと相俟って、
タイトで張りのある低音を奏でるようになりました。
高域の透明感も、増したように感じます。

本機の特徴でもあるZERO SIGNAL 端子は、AVアンプ(SC-LX801)のデジタル端子(コアキシャル)に、
GND側だけを接続したケーブルを用いて接続しています。
僅かな差異ですが、無音時の静穏性の増加や、映像ノイズの減少がみられました。

接続テレビ
その他

参考になった16人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

『ありがとう御座います』さん

  • レビュー投稿数:166件
  • 累計支持数:1084人
  • ファン数:17人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
62件
0件
デジタル一眼カメラ
20件
0件
自動車(本体)
10件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性4
再生画質5
音質4
読み取り精度5
出力端子4
サイズ5

2019年6月現在
LX800
OPPO 203
OPPO 205の3台を使用しています。
203は4Kテレビ専用機
800と205はプロジェクター専用です。

※シアターマニアでも音響ママニアでもありません。
素人の個人的なレビューですのでご了承下さい。


【デザイン】
スッキリしていて良いのですが、
メイン電源オン時に何もランプ点灯が無いのがわかりにくい

【操作性】
リモコンは使いやすいのですが、
OPPO 203 205のリモコンは振動でランプがつくので便利

【再生画質】
OPPO UDP-205もPioneerLX800も、
同じ光HDMI20mを二本で映像再生しています。
映像と音声はセパレートです。
800の方がスッキリしている印象ですが、
ここまで来たら好みの問題かな?


【音質】
LX800にはSilver Starlight 7 SSH7を使ってます。
205は落ち着いた音色で800は元気良い感じですね。

【読み取り精度】
問題ありません。

【出力端子】
HDMIのみ使用

【サイズ】
筐体はちゃんと作られています。
そこそこの重さとサイズ

【総評】

@映像
205より少しだけ明るめに出ます。
個人的にはアッサリしてる感じなので、
MVやライブなどの映像に良いと感じます。
映画の映像と言う部分では205の方が好みです。


A音響
JBL S9900で鳴らしていますが205と比べると、
少し腰高なのかなぁ?と感じます。
高音部分は少し耳につく感じで、
低音部分は少しボヤけて出てきます。
好みとしては205です。

B総合的
格安価格で購入出来たので追加購入しました。
映画は205でMVなどは800と言う使い方も、
満足出来る使い方かと。
205も800もどちらも良いプレイヤーですからね。

Pioneerさんありがとう御座います


接続テレビ
プロジェクター

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハニカミシアターさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
2件
28件
ブルーレイプレーヤー
2件
4件
スピーカー
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質4
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

稼働時間がそろそろ頃合いかと思いレビューさせて頂きます。

価格.com の評価項目通り採点(小数点第1位まで)及びコメント(素人なり)させて頂きます。

先ずは機材、
DLA-V9R-B、UDP-LX800、VX-HD1200LC、Platinum Starlight7 PSH7/1.0m、
6NPS-NEO GRANDIO 5.5Hi、ACOUSTIC REVIVE RTP-2 ultimate
リファレンスディスク(JVC 4K HDR DEMO DISC、DOLBY ATMOS DEMO DISC、フォールアウト、インフィニティ・ウォー)

デザイン:5.0(フラッブシップモデルに相応しいフォルムで圧倒的な所有感が得られると同時に使い倒さねば!と言う使命感に駆られます。)
操作性:5.0(素人的には満足です。)
再生画質:4.9(解像度、動画の描写力、色の艶・再現力には脱帽です。今年の春のHDR+10規格対応に期待大。)
音質:5.0(臨場感のある音ですね。また映画の無音シーンでは思わず息を止めてしまう・・・そんな雰囲気までも再現されます。)
読み取り精度:5.0(今現在、読み取りエラーなしです。)
出力端子:5.0(特に問題なし。)
サイズ:5.0(高剛性・低重心、質量14.5kgは伊達じゃありません。)
その他:アナログ音声回路完全オフのトランスポート機能には拍手です。

立上速度:5.0(OPPO UDP-205 からの乗換えになりますが苦になりません。)
製品リスク:2.5(今後のメーカーの先行きを考えると心配かな?パイオニア光ディスクプレーヤーの集大成・ラストモデル??)
品質管理:5.0(特に問題なし。)

備考:どんな高級車を乗っていても足下のタイヤがふがいなければ、その車のポテンシャルは引き出せません。同様にHDMIケーブル、電源ケーブルは適切なものを選定する事を推奨します。特にHDMIケーブル…世界が変わります。

接続テレビ
プロジェクター

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ginevoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
操作性4
再生画質4
音質5
読み取り精度4
出力端子4
サイズ4

LX88から買い替えです。
画質が良くなりました、UBが観れる。
音質は、別ものでした。
CDプレーヤーとしても使えますね。

接続テレビ
有機EL

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

一郎パパさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
1件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ無評価

【デザイン】
オーディオ装置としても存在感がある

【操作性】
Pioneer BDP-LX58の買い増しのため操作は慣れている
機能分離として、映像と音声の分離操作が分かり易い
映像と音声を分離させるHDMIモード:セパレート設定 (主)映像、(sab)音声
SACD・CD鑑賞時:「ダイレクト機能」 常用 

【再生画質】
現在 2K TVでの評価
Blu-rayソフトより解像度が高く自然な色調、2K TVでも十分満足できる画質
液晶テレビ設定:16:9ノーマル、解像度:自動、その他の項目も自動
TV接続ケーブル:SONY DLC-HX10XF/C (4K 60p 18Gbps対応)
Zero Signal 端子はTVの映像入力端子に接続
4K ULTRAHDソフト オペラ 「フィガロの結婚」で評価

来夏、S社とP社、4K Tuner内蔵TV対応確認、
またHDMI 2.1の各社対応を確認後、4K or 8KTV購入で再評価

【音質】
音の解像度が大変良く、プラチナ・S席鑑賞の雰囲気です
2ch、XLR端子接続でSACD・CDソフトの音、素晴らしいの一言です
先入観として、ESS DACの使い方
oppoが採用した 「ES 9038PRO」2基は、ステレオ・アナログ音声出力
マルチチャンネル・アナログ音声出力に各独立して搭載
UDP-LX800の場合、「ES 9026PRO」 2個各チャンネル 8chパラレル駆動
DACチップ単体の性能が劣るので、少し残念な気持ちでした

しかし、2018/6発売 Accuphase SA-CD Player DP-750
「ES 9028PRO」 各チャンネルそれぞれ8回路の並列処理で
高精度、高S/Nとしている 
回路設計に違いはあるが、扱いやすいDACを8chパラレル駆動
これ、賢い選択ではと 勝手に納得

購入判断は、聞き慣れたSACDソフトを持参し、LX-500も含めた聴き比べ
即購入! Pioneerの音へのこだわりが確認できた

【読み取り精度】
4K ULTRAHD、Blu-ray Disc、Blu-ray Audio Disc、SACD、CD
各種確認したが、現在まで読取りエラーなし。

【出力端子】
XLR端子は、プリメインアンプLUXMAN L-550AXUに接続
Pioneer AVアンプ HDMI (sab) 音声 SC-L78に接続していない
プリメインアンプとの音質の差が大きい(音質優先)

【サイズ】
オーディオ機材寸法に対応したリビングボードのため問題にしない
参考:リビングボード
ハヤミ工産(株)製 ワイド1720mm リビングボード B-3572(完売)
幅:1720×奥行き550×高さ418(mm)
*.奥行き550mmがポイント、内寸470mmのためオーディオ機器も対応

【総評】 音がよい!
SACDソフト ピアノソナタ演奏で、いままで雑音として聞いていたのが
ピアニストの息づかいであった  分解能の良さ、きらめく高音 すばらしい
特に、SACDクラシック音楽ソフトを優先購入するため Pioneer製しかない
各種ソフトを1台で、高音質で鑑賞できる 楽でよい

2K TVでも十分満足できる画質であり、4K TV購入前でも購入効果はある
音も映像も素晴らしい

【鑑賞環境】 16畳 洋室リビング
液晶テレビ  SONY KDL-65HX920 2K (来年夏4K or 8KTV購入)
TV接続ケーブル:SONY DLC-HX10XF/C (4K 60p 18Gbps対応)
Universal Disc Player Pioneer UDP-LX800
XLRケーブル     Zonotone 7NAC-Shupreme1 1m
プリメインアンプ    LUXMAN L-550AX U
スピーカーケーブル Zonotone 7NSP-Grandio 10 2m
スピーカー       SONY  SS-NA2ES

『鑑賞ジャンル』
クラシック、オペラ・声楽曲も含む、ミュージカルも鑑賞 
若い時の遺産、ロックやフォークソングもある
*.時々演奏会へ行く (生音鑑賞)、自身歌教室:月2回受講

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった48人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Strat Blackieさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
2件
11件
プロジェクタ
1件
7件
AVアンプ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
再生画質5
音質5
読み取り精度無評価
出力端子5
サイズ4

【デザイン】
BDP-LX88とほぼ同じ外観で真新しさはありませんが、しっかりとした筐体で高級機らしさはあります。

【操作性】
LX88より向上してます。特にネットワークプレーヤーとして使用した場合、読み込みがlx88では15〜16秒かかっていたハイレゾファイルが数秒で読み込み可能となっていました。また、BDの読み込みも速くなっています。(ただし、もう一台所有しているUHD BDプレーヤーのUBP-X800に比べると遅い。)
プロジェクターユーザーとしては、リモコンの点灯ができる点はやはりありがたい。

【再生画質】
プロジェクター(EH-LS10000)で見ています。HDRには対応していませんので、SDR変換した画像ですが大変綺麗です。BDの画質もLX88よりもノイズレスになって綺麗です。また、トランスポート設定にすると画質も向上するので、AVアンプでサラウンドを楽しむ際には活用してます。

【音質】
HDMI出力をAVアンプ(SCーLX85)に、アナログ出力をプリアンプ(EXCLUSIVE C7a)に接続し、それぞれのプリ出力をパワーアンプ(M-AX10)に入力してサラウンドと2chを切り替えて楽しんでいます(スピーカーはECLIPSE TD-712Zmk2、サラウンドはTD-307で統一)。音質はHDMIもアナログ出力もLX88に比べ大きく向上したと思います。S/Nが良く奥行き感が向上して、これまで以上に音が前後に広がるようになりました。特にアナログ出力で音楽を聞くと、音の分離の良さから音のきめ細かな表情が良く聴き取れるようになりました。

【読み取り精度】
未評価

【出力端子】
4k非対応のAVアンプを使用しており、HDMI出力2系統が必須でしたので、満足です。

【サイズ】
コンパクトではありませんが、プレーヤーとしては許容範囲内のサイズです。

【総評】
BDP-LX88からの乗り換えですが、画質も音質も大変満足しております。更に、ファイルやディスクの読み込みも速くなり、扱い易くなりました。
特に、我が家ではSACDプレーヤー及びネットワークプレーヤーとしても使用するため、視聴前はLX88から音声用DACのグレードが下がって音質低下を心配していましたが、DACの世代は新しくなっており、また、2個使いもあって音質が大きく向上した点は、購入して本当に良かったです。

ただ一点だけ、“ディスクプレーヤー”としては大変良いのですが、amazon videoやyou tube等が見れない点が惜しいところです。

接続テレビ
プロジェクター

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MCR30vさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:320人
  • ファン数:163人

よく投稿するカテゴリ

プラズマテレビ
2件
1139件
AVアンプ
3件
351件
ゲーム機本体
1件
299件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
再生画質4
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

【デザイン】
見ての通りLX88から基本的に変わっていません。
個人的にはPD-70AEやN-70Aのように全面が四角い平面のヘアライン仕上げの方が好きです。

代り映えが無いのでせめて色がシルバーやシャンパンゴールドなどであっても良かったのではと思います。



【操作性】
リモコン・本体共に反応も良く操作性も良いです。テレビ画面を点けなくてもダイレクトボタンだけでアナログとHDMI出力の切り替えができるのでCDやネットワークオーディオプレーヤーとして使いたい時に便利です。

アプリでの操作もN-70Aで使用している「PIoneer Control App」が使えますが、NASの音楽フォルダーをランダム再生出来なかったので「Technics Music App」を使っています。

ソース情報や字幕位置設定などリモコンボタン長押しで表示・設定できるのも良いですね。ただ字幕位置がBDを変えたり電源切っても記憶されているのですが、シネスコの黒帯位置のままビスタサイズを再生すると画面から字幕がはみ出てしまうので直す必要があります。


【再生画質】
私の環境が2008年製の2Kプラズマで、LX800本来の性能を出しきれていない上での評価になりますのでご了承下さい。


KURO KRP-600MでBDP-LX91との比較になりますが、暗部ノイズの処理やフィルムグレインの見せ方などは91の方が上手です。800はスッキリ・クッキリさがありますがその分ノイズが目立ってしまします。
800の設定である程度91に寄せられますが元々の絵作りが違うため91のような落ち着いた品のある映像にはならないです。


91の映像設定はプリセットの他にマニュアルでノイズリダクションの細かさとシャープネスがHiとMidに分かれており、尚且つディテール調整までができる事でライブ映像などはボーカルにフォーカスを合わせ背景をぼかし暗部ノイズも抑えるという事が出来てしまいます。
もしLX800で同じ画質設定が出来たならもっと良くなったのではないかと思い設定項目の少なさが残念です。


91と比べて800の絵作りで良い点だったのが実写とCGが合わさった映像を違和感なく表現出来ているところです。91はCGの部分がいかにもCGに見えてしまうストレートさがありつい気になってしまうので、CGの多い映像には800の方が合っていると思います。


あまりネガティブなことを書くのも気が引けるのですが、もう一つ800よりも91が優れている点はセパレート出力で「HDMIは映像のみ」「音声はアナログのみ」にした場合に映像の純度が上がりさらにSNが良くなる部分があります。
800の音声はHDMIとアナログが同時出力されてしまいこの部分も完全セパレート化できていれば映像がさらに良くなったのではと思ってしまいます。


4kUHDBDを2kディスプレイで再生すると全体的に暗くなりバンディングが目立ってしまいまともに観れませんので、2kディスプレイには2kBDで観ることをお薦めします。

だいぶマイナスな事を書いてしまいましたがLX800はやはりUHDBDプレーヤーですので本来の画質評価は4k環境にしてから改めてしようと思います。


【音質】
oppo205・UB9000と比べLX800が優れているのは音質の良さではないでしょうか。

正直意外だったのがHDMIの音質の良さでした。セパレートモードにゼロシグナル接続によって91とは明らかに次元の違うクリアな音質になります。
ゼロシグナルはAVアンプのCD入力に接続。プリメインよりもAVアンプの方が効果有りです。


パイオニアのAVアンプを使っている方でしたらPQLSによってさらに高純度な音が楽しめますので、ぜひLX800でこの音質を味わって頂きたいです。
私が使用している古いSC-LX82(PQLSは2chまでロスレスPQLSは非対応)ですら感動できる音質なので新しいパイのAVアンプをお使いの方はもっと良いかもしれません。SACDのDSD音質もピュアオーディオとして楽しめるレベルです。


アナログ出力の音質も良いのですが、何度も試聴していてその度に欲しくなるPD-70AEの音質には今一歩届かず。
押し出しの良さと音の分離の良さはDCD-SX1より上ですが、70AEやSX1にあるような音の艶や潤いが足りてない感じです。
ただLX91のアナログ出力より音質が良いので音楽BDやロックなどを聴くには非常に良いです。

ネットワークオーディオとしてもN-70Aより音が良いです。本体液晶にジャケット表示ができない事がデメリットなぐらいでしょうか。
現行N-70AEの次期モデルに期待ができそうです。


【読み取り精度】
起動速度としての比較をしようかと思います。
LX800にディスクを入れた状態で、電源オンからCD&BD(イノセンス)再生の音が出るまで約17秒と早いです。CD再生はSX1とほぼ同じレスポンスです。

また電源オンの状態からトレー挿入でもCD&BDの読み込み速度は17秒です。読み込みに時間のかかるBD-Jなどのアバターではトレー挿入から映像が出るまで70秒ほどかかります。
LX91のアバター読み込みは3分以上かかりますのでLX800はまあまあ良いのではないでしょうか。

4kUHDイノセンスは約50秒、UHDグレイテストショーマンは30秒ほどでした。


【出力端子】
91のアナログマルチ出力も結局使ってこなかったので、アナログは2chでアンバラとバランス出力が有れば十分だと個人的には思います。
HDMIのセパレートはもはや必須ですね。


【総評】
今回パイオニアはLX500とLX800の二台を差別化して出してきましたが、どうせならフラッグシップの方はもう少し頑張って欲しかったと言うのが正直な気持ちです。

oppo無き後現時点のUHDBDプレーヤーとしての画質音質はトップクラスだと思いますので、特に音質を求める方にはLX800をお薦めします。
HDMIが出た当初の音質の悪さからするともはや雲泥の差で、よくぞここまで良くできたなと感心するレベルの音です。

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-LX800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

UDP-LX800
パイオニア

UDP-LX800

最安価格(税込):¥318,000発売日:2018年11月中旬 価格.comの安さの理由は?

UDP-LX800をお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ブルーレイプレーヤー]

ブルーレイプレーヤーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意