ルノー トゥインゴ 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ルノー > トゥインゴ 2016年モデル

トゥインゴ 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:トゥインゴ 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
GT ブラン 2018年9月6日 特別仕様車 1人
GT (MT) 2018年2月22日 マイナーチェンジ 1人
GT (MT) 2017年10月19日 特別仕様車 1人
ゼン (MT) 2017年1月12日 マイナーチェンジ 4人
インテンス 2016年9月15日 フルモデルチェンジ 8人
インテンス キャンバストップ 2016年9月15日 フルモデルチェンジ 6人
満足度:4.28
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:22人 (プロ:4人 試乗:8人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.73 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.13 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.77 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.35 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.74 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.71 3.89 -位 燃費の満足度
価格 4.40 3.89 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

トゥインゴ 2016年モデル

トゥインゴ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
26件
自動車(本体)
3件
0件
タイヤ
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地2
燃費2
価格4

趣味車としてエリーゼに乗っています
エリーゼはウェットで途端に怖くなるので雨の日に乗って面白い脚車を期待して選びました
ユーティリティその他は他の方の感想とほぼ同じなので私はトゥインゴGTはワインディングの楽しさにおいてエリーゼの代わりになるのか?しかもEDC(AT)で?という視点でレビューさせて頂きます

まずハンドリングは文句の付けようがありません!
RR(とは言え実際はほぼMR)だけあって鼻先が軽くFFのような「溜め」が無く「スッ」と鼻先が入ります
その際グリップ性能は高くガッチリ路面に貼り付きます
ヒラヒラと云った軽快感は希薄ですがリニア感はナイトロのストリートサスに交換したエリーゼに肉薄していると思います
関西エリーゼ乗りの聖地「布目〜月ヶ瀬」で振り回してもハンドリングはキッチリ期待に応えてくれます
もちろんこれはMRのセオリーに則って荷重移動をしっかり意識して乗ってこそで、漫然とコーナリングしているとアンダーが出ますがそれはエリーゼも同じ事
一般人向けMRは弱アンダーに躾けるのが鉄則です!でないと危険な乗り物になってしまいますからね

ブレーキングも秀逸!
ハードブレーキでもノーズダイブはほとんど感じず腰から前方斜め下方に沈み込む感じでこれもまたエリーゼの感覚に近く安心感がありしかも良く効きます
リアエンジンは前後均等のブレーキンググリップが得られると云う利点がありますがそのおかげでか雨の日に攻めていても今のところABSは作動した事がありません
ただ、ペダルの踏み込みスピードが速いとパニックブレーキサポートが作動して意思よりもブレーキが効き過ぎて慣れるまでは戸惑いました

エンジンは初めから期待はしていなかったし、1tあたり100psあれば十分楽しめると云う考えなので取り立てて言う事はありませんが、強いて言うならレブリミットが6200回転位と低いのであと500で良いから余分に回ってくれたら…

問題はミッションです
渋滞のトロトロ走行ではギクシャクしますがそれ以外はショックも少なく自動変速も的確でマニュアルシフト時のシフトスピードも十分に速く素性は良いと思いますがギア比が残念!
レブリミットが6200回転と回らないエンジンなのにギア比が低く、ほぼ直線が無い月ヶ瀬の様なタイトなワインディングではマニュアルシフトにしていても2速だとすぐにレブに当たり“強制”自動シフトアップされてテンポが狂わされる事!
逆に3速フル加速からのブレーキングでコーナーに突っ込む様な場面ではレブ防止の為に50km/hくらいに落ちるまでマニュアルシフトダウンを受け付けてくれません
結果3速でどんより立ち上がる事になり萎えます
マニュアルシフトを拒否した時はシフトインジケーターが点滅して知らせてはくれるのですがそんなの見ていられないのでアラーム音で知らせて欲しかった
EDCはファイナルが2個あり1,2,5,6側のファイナルがもうちょっと高ければそう云った事も無くなるし、燃費も良くなるはず
立ち上がりの加速は多少鈍くなるかも知れないがかったるい程にはならないと思う
インテンスのファイナルがGT比で少し高くなっているんで交換出来ないものか?と思ったらEDCは分解メンテ出来ないらしいのである…
ではMTだったらと思って調べてみると2,3速のギア比はEDCとほぼ同じ様なので変わらないと思われる
知る人ぞ知る「奈良ニュル」と呼ばれる中高速コースの農道では全く2速は使わないのでギア比のストレス無く走れるので見た目から独楽鼠的なキャラを連想してしまうがどちらかと言うと中高速ワインディング向きかも知れない
ただ、以前乗ったジュリエッタ1.4のTCT(AT)はもっと2,3速が離れていてとてもじゃないがワインディングを楽しめる代物では無かったのでそれよりはずっとマシ
ちなみにアクセル踏みっぱなしで加速すると3速以上のシフトアップで少しモタ付きますがMTと同じようにシフト時にアクセルを抜いてやればMTより早くシフトしますよ

で、トゥインゴGTはエリーゼの代わりになるのか?ですが私の答えはNO!
当たり前か(^_^;)
ただしエリーゼは極端にウェットに弱く雨の日は乗りたくないので雨の日限定で言えばYES!
ただ、ギア比が良ければ限定無しでもYESとなり得るポテンシャル有りと言えます
まぁ4人乗れて普段使いが出来てこの走りですから買って後悔はありません
ウソ(^_^;) 納車当初はあまりの乗り心地の悪さにちょっと後悔しました
が空気圧を疑いチェックすると0.5barほど多く入っていて規定空気圧まで下げたら大分マシになりました
それでも前車シトロエンC3(’10年式)と比べると相当乗り心地は悪い
まぁC3がコンパクトカーとしては破格な乗り心地だったので余計にそう感じるのかも知れません

それとワインディングを楽しむにあたって多少の工夫は必要です
フットレストが無いので自作しました
シートは細身(165p56kg)の私だとサイドサポートがガバガバなのでサポートクッションも自作しました
オプションでもタコメーターが付かないので後付けで対策が必要
エンジン音とパワー感でシフトタイミングを得るタイプの人間なので無くても良いちゃぁ良いのだが最低慣らしの間だけでもタコメーターが欲しくてOBD2接続の安いヘッドアップディスプレイを取り付けたがエンジン音が聞こえ難いのであった方が良いかも?

燃費は 高速16km/l 市街地〜ワインディング10km/lと奇しくもエリーゼ(ローバーエンジン)とほぼ同じ
現代のスモールカーにあるまじき悪燃費(^_^;)

比較製品
ロータス > エリーゼ 1996年モデル
アルファロメオ > ジュリエッタ 2012年モデル
シトロエン > C3 2010年モデル
乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
大阪府

新車価格
239万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

峠道さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

今回、凍結した路面での走行性能に関して感想を。
装着してるのはブリッジストンVRX215インチタイヤサイズは純正15インチと同じです。
発進時のトラクションは四輪駆動に比べてやや低いがFFよりはかなり良い。操舵に関してはFRのそれに似て加速すると少しぶれる感じでゆっくり加速しないとまっすぐ走らない感じ。特筆すべきはブレーキ性能。FFや四輪駆動に比べても非常によく効く。
15インチに変更したことで乗り心地がかなり良くなること期待しましたがあまり変わらずサスペンションの形状上、乗ってる人数によって大分心象が変わる。車の重量の変化にサスペンションが敏感なようで重量配分が変わると路面が滑る状態だと特に影響を受けやすいようだ。後ろの座席に座っている同乗者が後ろから左横に代わってもらうだけで大分まっすぐ走るようになった。
全体でいうならFFよりは走りやすく四輪駆動よりは操舵に気を遣うブレーキ性能はかなり高いという評価になりました。
今回のゴーン氏逮捕の件に関して
事の真相はこれから解明されていくでしょうがルノーに関しては大きな打撃を受けるのは避けられないでしょう。実はこれに関して予見めいた発言をしていたF氏という自動車評論家がいます。3年くらい前でしょうか。その記事ではルノーと日産が親子の縁を切って日本から撤退するよなことがあるかもしれないこういう情勢になってくるとこの先なにが起きてもおかしくないようなことが書かれていましたが
その予見は当たったようです。おそらくF氏は日産の元エンジニアとも仲が良いようで日産内部の状況もある程度知っていたのでしょうがこの事態で悲しいのは自動車に情熱を傾け真摯にくるま作りをしてきた現場の人々でしょう。作り上げてきた車自体に罪はないと思います。どんな車でも物を作るには大変な努力と技術が必要でそのことに敬意を持っています。願わくばルノーにしても日産にしても三菱にせよ安心して車づくりが出来る環境になっていくことを願ってやみません。
そのうえで良い車を買いたいという思いはあってもやはりその経営やアフターなどが大きくウエイトを占めていることを痛感する次第です。思いのほかこの件は自分には堪えました。車自体の評価はとても良いです。トゥインゴに関してはスマートフォーフォーと共用ですので不測の事態でもなんとかなるかとは思ってはいますが、今後とも情勢を見極めていきたいと思っております。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
北海道

新車価格
224万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みっさん!さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
 

 

【エクステリア】
 特にリアが、素晴らしい。

【インテリア】
 クラス、価格的に充分!
 キャンバストップが、デザイン的にも効いてます。

【エンジン性能】
 900ccとは思えないトルク
 上信越道下り線、横川SA手前の登坂車線、3人乗車でも、ストレスなく登ります。

【走行性能】
 とにかく、独特。しっかりした足回り。

【乗り心地】
 かためで、おさまりの良い感じ。
 細かい段差をコツコツ越えていく感じが、くせにな
ります。
 キャンバストップは雨の日、質の良いタープの中にいるようで、落ち着きます。

【燃費】
 市内15km、高速18km程度。

【価格】
 コンパクトな外車としては、破格!だと思います。

【総評】
 この4月異動があり、通勤のため車が必要になり、自分はファーストカーとしてゴルフ7(パリアンテ)で、妻にセカンドかーとして中古の軽自動車でも、と車屋さんを巡っていた時に、ルノー販売店である車屋さんで、トゥインゴ(新車)に遭遇!(o^ O^)シ彡☆

 「え、キャンバストップ!」「え、RR!」と、衝撃を受け、「予算的に新車は無理、試乗車落ちの中古車ないですか?」と持ちかけたところ、「近くのディーラーにあります」「これから試乗します?」と、トントン拍子に話が進み、乗ったが最後で、この車の面白さに取りつかれ、購入!

 最大の魅力は、キャンバストップ!
 カブリオレより気軽に開閉でき、サンルーフとは比べ物にならない解放感が、家族にも好評です。
(車に酔いやすい娘が「屋根開けてると酔いにくい」と喜んでます。雨の日は…どうしよう(´▽`))

 走りでは、高速道路、楽しいです!
 スピードが上がる毎に、ハンドリングが安定します。

 また、狭い道、狭い駐車場で、なんの不安もなく旋回できる安心感は、運転が上手くなったようで、優越感を感じます。

 低速でのちょっとしたギクシャク感や、エアコンの利きの悪さはありますが、「快適な車」<「運転して楽しい車」が欲しい方におすすめします。

結局、自分の車になりました…(^_^ゞ(笑)

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった16人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

厳選賭け流しさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:474人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
Aセグではダントツに素敵なデザインで、これだけでも欲しくなります。
渋いオシャレなジジイに似合いそうです。

【インテリア】
インパネは上手にまとめられて好印象ですが、タコメーターがないのが残念です。
相変わらず、シートのデキは秀逸です。

【エンジン】
必要にして十分な動力性能ですが、ホットハッチとしては刺激が足りないです。
フィアットアバルトと同レベルの動力性能があれば更に所有欲が高まります。
マフラー音は重低音でイイ感じです。

【走行性】
RRの特性を生かした軽快なハンドリングが素晴らしく、背中を押されてる感があり、他の車にはない感覚を味わえます。
マニュアルミッションの入りは良好で、無駄に変速したくなり、クラッチミートも許容範囲が広く扱いやすいです。
一般道のみの試乗でしたが、高速道路で直進安定性を試してみたかったです。
小回りは驚くほど良く、日本の狭い道路には最適だと思います。

【乗り心地】
ホイールベースが短くて、サスが固められてるので、お世辞にも良いとは言えませんが、サスの動きが良いので、街乗りであれば疲れないレベルの乗り心地だと思います。

【燃費】
試乗なので不明ですが、軽量で小排気量なので悪くはないと思います。

【総評】
この車の最大の特徴はセンスの良いエクステリアとRRのメリットを生かした軽快なハンドリングですが、衝動買いしたくなるようは刺激が足りないです。
キャンパストップ装備付きのRSの登場に期待してます。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Mオウルさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地無評価
燃費4
価格4

【エクステリア】
短いボンネットとグラマラスなお尻が気に入っています。
ヴァンデンアッカーさんは否定していますが、サンクターボをイメージしちゃいますね。
【インテリア】
ちょっと僕みたいなオッサンには、可愛らし過ぎる気もしますが使い勝手が良く出来ていると思います。
欲を言えば、本国みたくグローブボックスが引き抜けてトートバッグになるギミックが欲しかったのと、やっぱりタコメーター&水温計は欲しかったな。。。アプリでも問題は無いんだけどね。
【エンジン性能】
雑誌のレビュー等で散々非力と言われていますが、街中や高速では特に非力さは感じないです。
流石に、山道峠道の登りは「もっと力を!!」ですが。。。苦笑
もうちょっとレスポンスが良いと尚面白いんだけどね(笑)
【走行性能】
何と言っても小回り性能が凄いです、最初のころは交差点なのに何度かハンドルを切り戻しました。。。苦笑
後は加速時に感じる、後ろから押される感覚が堪らないですね♪
【乗り心地】
現在3800kmで5000km位からかなり変わるとの事なので無評価にしましたが、3500km位からしなやかさが出た気がするので期待します。
【燃費】
通勤メインで14km/l台で、福島に旅行したときは往復で20km/l台でした。
概ね満足しています。
【価格】
900km走った試乗車を149万円で購入したので満足感がより高いかな?
例え新車でも満足出来る価格だと思う。
【総評】
個人的にはMRの乗り味が全てってくらい気に入っています。
現実的には前後で違うタイヤサイズ等で割高な面もありますが、補って余りある車だと思っています。
ただ、国産コンパクトと同列に検討するとネガな部分が目立つかもしれないですね。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまねこ@釣り師さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:941人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
ポップでキュートで精悍さも感じられるデザインです。
極限まで削られたフロント・リアオーバーハング、ダイナミックなフェンダーラインによって、凝縮感と塊感が感じられます。
ミニマムコンパクトカーとして完璧なデザインであると思います。

【インテリア】
高級感はありませんし、使われている素材も高価なものではないでしょう。
ですが、車内にいるだけで楽しい気分にさせられるような、粋なセンスと上質さは感じられました。
今どきはスマホナビで充分でしょうが、社外ナビが容易に取り付けできるスペースは欲しいところです。
あと、せっかくの6速EDC(DCT)なのですから、タコメーターは付けていただきたいですね。

【エンジン性能】
897ccの排気量と、90ps/13.8kgmの出力から想像する以上に俊敏な加速性能です。
エンジン音も下手な4気筒エンジンよりもずっと静粛で、僅かに3気筒らしさは感じられますが回転フィールも極めて滑らかです。
ターボラグも僕が試乗した範疇では全く気になりませんでした。
ECOモードでも充分以上の動力性能が感じられますし、ECOモードをオフにすると「早い」と言ってもいいほどの加速感です。

【走行性能】
RR(リアエンジン・リアドライブ)の加速時のトラクションの良さのおかげでしょうか、
アクセルペダルと駆動輪が直結しているかのようなダイレクトな加速フィールは、非常に気持ちよく感じられました。
ハンドリングは非常にクイックで、フロントエンジン車では決して味わうことができないフィーリングです。
ちょっとした交差点を曲がるだけでも、思わずにやけてしまうほどに楽しいものです。
RR車はフロント荷重が不足しますので、どうしてもフロントの接地感やステアリングフィールが希薄になりがちなのですが、急な上り坂のカーブでも充分な接地感がありました。

【乗り心地】
ボディは、まるで金属の塊から削り出されたかのような、出来のいいドイツ車的な剛性感です。
一昔前のフランス車的な「ユルさ」は全くと言っていいほど感じられません。
強固なボディに支えられて、前後のサスペンションともに、しなやかに正確に動いています。
この3代目から、後輪はリジッドサスペンションである「ド・ディオン」へと変更されていますが、ドライブシャフトと車軸が分離した構造が功を奏しているのか、リジッドサスの悪癖は試乗した限りでは全く感じられませんでした。
乗り心地は基本的にはドイツ車的なゴツゴツ系なのですが、しなやかさも充分に感じられ、ボディのフラット感はAセグメント車とは思えないほどの高次元なものです。
ただ、フランス車的なふんわりとした乗り心地を期待されますと、肩透かしとなるでしょう。
あと、シートもドイツ車的な硬さで、初代、先代のふんわりと柔らかく身体にフィットするようなシートではありません。
決して出来が悪いとは思いませんが、正直その点は残念に感じられました。

【価格】
先代トゥインゴよりも大幅に安くなっていながら、エンジン出力は増えていますし、クオリティも非常に上がっていますので、かなりお買い得ではないでしょうか。

【総評】
200万円を切る本体価格で、これほどまでに運転が楽しく感じられるクルマは他に見当たりません。
運転する行為そのものが目的となりうる稀有な存在であると感じます。
ハイオク指定である点が残念ですが、日本国内での販売規模を考えるとやむなしでしょう。
日本車の至れり尽くせりの便利さに慣れてしまった方には、不満に感じられる点も多々ありそうですが、それ以上の魅力がこのトゥインゴには備わっていると思います。
この運転の楽しさは、なかなか文章で伝えきれるものではありませんので、興味を持たれた方は是非一度試乗してみて下さい。

僕のブログの試乗記事もご覧頂けたら幸いです。

【ルノー 3代目トゥインゴ 試乗記事】
http://www.syaraku913.com/2017/06/post-1499/

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Shinsyudaisukiさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
   

   

現在乗っている先代XV(2016)は腰が高くて、重くて走りを楽しむ感じではありません。
最近、時どき見かけるトゥインゴが気になって試乗してきました。

【エクステリア】
正に、このお尻がイイですね。
これだけでも欲しくなります(笑)

【インテリア】
簡素ながら、センスはフランス車♪
国産もこうあって欲しいです。

【エンジン性能】
ECOモードを解除すればとても元気!

[インテンスの前にZEN MTを試乗しましたが、ノンターボエンジンなのかMTとのセッティングの問題なのか?さっぱり走りません(><) Dラーの方からは、とにかくアクセルを目一杯踏んで下さいと言われました(笑]

【走行性能】
アクセルワークを優しくしてあげればEDCのギクシャクも気になりません(^.^)
マニュアルモードはCVTと違って気持ち良いし面白い!
久しぶりにクルマを操っている感じがしました。

[ZEN MTは2速が仕事をしないので頻繁に1速まで落とす必要があって、使い勝手が今ひとつです]

【乗り心地】
今までのフランス車と違って、足回りもシートも固めです。柔らかい方が好きですが、許容範囲内です。

後席ですが、以前乗っていたR2(軽)よりも前後方向は若干広いですが、頭上は手のひら一枚ととても狭いです(キャンバストップは頭が当たります)。
身長172cm 胴長の典型的日本人体型(><)

秋の薄曇り、最高気温31℃を過ぎたあたりの試乗でしたが、エアコンを最大にしても効きが悪いです。
真夏にエアコン設定を28℃に抑えて我慢している感じです。
リアエンジンの熱も若干感じるし、夏は家族から不満が出そうです(^^;)

【価格】
9月いっぱいがZEN EDC 購入20万サポートキャンペーン中で、慌てて出かけた訳ですが完売御礼と言われてしまいました(^^;)

インテンスの見積りはワンプライスと言われ値引き0円でした(>_<)

【総評】
2台所有できるのであれば、夏以外用として所有したいですね。

今後、ZENの取り扱いは無くなるそうです(ZENは売れて無かった)。
出力を高めたGTは9月28日発表の模様です。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Lion Headさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格4

【エクステリア】
トゥインゴの魅力はここにつきる。
なんと言っても、キュートの中にカッコ良さが
共存するデザイン。
日本車とは違うセンスを感る。
【インテリア】
これまた良い。
けして高級感はないが、
"らしさ"を実感出来る。
シートも硬めで、疲れにくい印象。
サイズ的に仕方ないが、後席は狭い。
背もたれは2段調整となっているが、
たちぎみで快適とは言えない。
【エンジン性能】
パワフルではないが、必要にして十分。
後方から聞こえるエンジン音も良い。
ただし、走行中は少々ディーゼルっぽい
エンジン音の印象。
【走行性能】
RR(リアエンジン・リア駆動)と言う、
珍しい方式ですが、
普通に乗る分であれば、
ステアリングが軽く感じる程度で、
意識するレベルではないでしょう。
ポルシェを意識したドライビングフィールを
望むのは酷。
EDC(DCT)はダイレクト感はあるものの、
低速時のガクツキが気になる。
【乗り心地】
硬めな乗り心地。
本国では柔らかい設定らしいが、
日本では立駐を意識して、車高を下げるため
スポーツモデルの足回りに変更したとか。
【燃費】
15km前後とのこと。
【価格】
輸入車にしては安価であり、
求めやすい戦略的価格。
【総評】
トゥインゴの魅力と言えば、
キュートなデザインと求めやすい価格の
スロベニア産の輸入車。
そしてなんと言ってもRRレイアウトと
EDC(DCT)ではないだろうか。
RRレイアウトについては先に書いた通りであるが、
DCTは高級スポーツカーにも使用される
コスト高なAT。
ダイレクト感があり燃費にも良く
変速速度が早いと言った特徴があるが、
クリープ現象がなく、低速時のガクツキを感じる為
近年の国産車の主流であるCVTに慣れていると、
DCTは少々扱いにくい印象もある。
(坂道発進に安心なヒルスタートアシスト付き)

近年の国産車の様な先進技術や
利便性や細かな配慮はトゥインゴにはない。
正直、国産車は良くできていると思ってしまうが、
デザインや人とは違うと言った優越感、
車を愛せるかなどを加味すると、
トゥインゴに軍配があがるのではないだろうか。
かつて、軽自動車のホンダZは似たような駆動方式で
ボンネット内には小物入れが存在したが、
トゥインゴには当然無い。
ボンネットやFフェンダーは樹脂で出来ており、
軽量化がなされているのは意外だが、
ドアミラーは電動で畳む事は出来ない。
更に、将来的にEV化を配慮して
バッテリースペースとの事でフロアーは高め。
ナビの埋め込みも出来ず、
プッシュスタートでもないしキーフリーでもない。
また、元が左ハンドル車なので仕方ないが、
ドアのキー差し込み口は左ドアにしかない違和感。
リアドアの窓も下には下がらない。
小物入れも少なく、
まともなカップホルダーもない。
給油リッドも手動で、
給油口もキー差し込みによる開閉。
モールなどゴム類は早期の劣化の心配もある。
国産車と比べてしまうと、当たり前が無く
不便と感じてしまうかもしれない。
しかしながら、それらを我慢出来てしまう可愛さや所有感がトゥインゴにはあるのではないだろうか。

110psにパワーアップしたトゥインゴGTが
日本導入との噂がある一方、
マーチベースにモデルチェンジするとの噂もある。
が、現行トゥインゴはその魅力的なデザインと、
リーズナブルな価格設定で、気軽に乗れる。
排気量も0.9L(ターボ車)で税金も安価だ。

国産車と比べてしまうと、色々とが不満に感じるかもしれない。
それらを、割り切る事が出来るならば、
かなりオススメな買いの1台と言える。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

どあちゅうさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
527件
レンズ
5件
215件
デジタルカメラ
2件
167件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

画像追加:クルマのデザインはフォルムが重要と感じます

純正でしっかりとしたスマホクレードル iPhone7Plusも問題なく固定できます

【エクステリア】
シンプルな面の構成ながら非常に個性が際立ち、でも決してクラシックに走りすぎたり奇をてらったスタイリングではない、頃合いの良いデザインだと感じてます。このスタイリングでなければ購入候補にはならなかったでしょうし、逆にこのスタイリングだったから買った。それくらい気に入ってます。似た系統のチンクエチェントよりも素っ気なく田舎臭い印象も普段使いにはいいですね。

【インテリア】
エクステリア同様にこのセンスは新鮮です。安価なクルマなのに高級っぽさを追ったデザインを目指し、結果的にスベってるものが少なくない中、トゥインゴのインテリアのセンスは群を抜いてると感じます。このクラスのクルマに高級感なんか必要ないですよね。今後の日本の軽自動車なんかにもいい影響があるのでは?それくらいインパクトのある方向性と感じます。

前席は空間設計も適度で気持ち良く過ごせますが、後席は一体型の前席シートバックのせいで閉塞感が強いです。常時3人以上が利用する向きにはちょっとお勧めできません。うちは基本的に夫婦二人で使うのでこの点は問題ないです。

【エンジン性能】
エンジンについて語れるほど知識もないですがお盆などの高速多用でも、もちろんハイパワーではないですが非力感は感じないですね。EDCのダイレクト感のあるトランスミッションも効いており、自分の使い方では過不足は無いと感じています。信号待ちからの発進時などはターボラグのせいか一瞬スピードが乗らない場合がありますね。

【走行性能】
RRという他にあまりない駆動方式ですが、普段使いでは意識しなくても大丈夫です。高速道路で一人乗車の時は制限速度域ではやや前輪の接地感が希薄になり、少し風なんかの影響を受けると直進安定性能がややネガティブになる印象があります。とはいえ目に見える修正舵を行わなければならないほどではありません。二人乗車だと重量配分が適正になるのか落ち着きます。

【乗り心地】
今回の購入にあたり最有力なもう一台がVWのUp!でした。以前9N時代のPOLOを所有していたこともあり、VWにはちょっとした贔屓もあったんですが、ボディの出来はやはりUp!の方が一枚上手な印象です。このクラスであそこまで剛性感の高いボディは素直にすごいと思います。ただやっぱりネックはトランスミッションでしたね。シングルクラッチのASGは自分も慣れそうにありませんし、妻もあの減速感が受け入れられませんでした。トゥインゴのEDCも発進時や渋滞ではややギクシャクしますけどそこはさすがツインクラッチ。1速〜2速以外は非常にスムーズです。

こういう言い方が適切なのかどうかわかりませんが、非常によく転がるスムーズな走行感ですね。慣れちゃうとあまり意識しなくなる部分でもありますが、実はひと月ほど、とある国産コンパクトをレンタカーで借りていた際、ドライブフィールがいちいち渋く「こんなに違うものか」ということを実感しました。トゥインゴの滑らかな走行感は段違いです。よく動く機械は気持ちいいですね。

足回りは「フランス車にしては硬い」と言われているようですが、自分の印象としてはとてもしなやかでよく動く足という印象です。フラット感は少ないですが路面の起伏をいなしつつ、ゆったり上下しながら進んでいく感じは車格感以上のものを感じます。質感の高い足の動きだと思います。このあたりはさすがフランス車ってところでしょうか。

【燃費】
3000km弱走り燃費計では16km/lくらいです。燃料タンク容量が35リットルと少ないので少し不安でしたが、自宅から実家まで高速を288km走り燃料の残りが半分弱。計算上は関西の妻の実家までも走りきれる(実際は途中で給油するでしょうけど)計算なのでまぁ問題はありません。

【価格】
インテンスとゼンEDCとの価格差が9万円。主にバックソナーやフロント雨滴感応式オートワイパー、オートライトなどが機能的装備の違いですが、その他にも地味に便利な後席シート下の物入れスペースやウーハーの追加など、あればうれしい装備でまぁ納得できる価格差です。

【総評】
非常に気に入っています。自分は基本的にAセグ〜Bセグのクルマを乗り継いでますが、ここまでスタイリング&走り共に気に入った車は初めてかもしれません。ただしこのクルマを選べるのはサブ使いとか我が家のように夫婦二人だけの暮らしだとか、かなり限られることは確かでしょうね、ファミリーユースは間違いなく無理と思います。前席の一体型バックシートのせいもあり後席の閉塞感は長時間乗車はきついです。その場合はルノーならカングーなんかを選べばいいのであって、はやり一目惚れしたクルマは愛着わきますね。

これまでPAやSAで人に見られるクルマなど所有したことがないですが、このトウィンゴ3はかなりの確率で覗かれたりしてますのでやっぱり人目は引くクルマなのは間違いありません。これからの数年間楽しめそうなクルマに、良いタイミングで出会えたと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
東京都

新車価格
189万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ばいあずーらさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格5

 ちょっとした外出用にAセグ車を検討しています。ゼンMTグレードに試乗しました。

【良い点】

・まずデザインが秀逸です。昨今のエッジの立ったエグいデザインと一線を画す、ほどよい脱力感と何故か感じるスポーティー感が同居する独特のデザインです。リアのルーフを絞っており、エンジンがないためボンネットが短く、サイドから見ると太った小動物のように見えます。それでいてリアフェンダーは張り出しており(5ターボのオマージュらしいです)、かわいいだけじゃない。参りました。

・本来欠点になりそうな特徴なのですが、床まで踏んでも超マイペースなエンジンも、デザインと相まって独特の世界観を形成しています。 乗っているとこれはこれでいいと妙に納得させられます。

・ラゲッジの実用性が高く、このクラスには珍しく後席を倒した時に荷室が平らになります。荷室の下にエンジンがあるので必然的にそうなっているのですが。加えて助手席も完全にたためるため、長尺物も入ります。カタログの写真だとコントラバスを突っ込んでます(Dセグワゴンでも厳しい)。

・装備は割り切ってますが、輸入車で171万円〜というのはやはり安いです。

【悪い点】

・エンジンとギヤ比が合っていない気がします。2速が重いため、駐車場内等で2速だとガクブルします。タコメーターもないので慣れが必要です。

・右ハンドルなので仕方ないですが、左足の置き場はありません。


 細かく見ていくと色々欠点はありますが、このクルマが気に入った人には「そこがいいんです」となってしまいそうです。ルックスの割にストライクゾーンは狭いと思うので、試乗をおすすめします。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hide5801さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
2件
0件
スピーカー
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

まだ納車されたばかりなので、評価というより感想です。

地方の、車が必須の、運転能力が落ちる前の、
最後の「財布の軽い車好き」選択です。
ポロは優秀な機械ですが、乗って楽しさが少ないのでこちらに。
とにかく、軽快感が楽しい。FFがブーツなら、スニーカーに履き替えたかんじかな。
細かいことは、これから使ってみてですが、あまり賢い選択にとらわれず
仲間が増えてもいいのではと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
新潟県

新車価格
189万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
15万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Jazzkakakuさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格5

約30年ぶりでマニュアル車を買いました。

最近の車にある普通の機能や装備を削ぎ落とした感じの車です。例えば、後部座席の窓はバックルみたいなやつでパワーウインドウとは程遠いアナログなやつです。ハロゲンライトです。ミラー格納は手動です。馬力もトルクも笑うくらいなさすぎです。でも、それがいいのです。大好きです。

高速道路は安定して走りますし、燃費が20キロくらいですから車両価格と相まって凄く経済的です。

スマホとの連動は面白いですが、タコメーターなどの機能は使わなくなりそうです。

回転数はエンジン音やミッションの繋がっているフィーリングで操るのが正しい乗り方だと思いますので、そういう乗り方をしたかった自分にはぴったりでした。

クルーズコントロールが意外に使えますし、マニュアルなのにアイドリングストップ機能があり快適です。

内外装のデザインが気に入って、かつ、昔ながらの車の乗り方をしたい人に本当にお勧めします。

とはいうものの、我が家は最新装備の揃ったメインカーがあり、その真逆を欲しくて買ったセカンドカーなので、渋滞の街乗り、遠出、複数人での旅行など、一年通してこれ一台であらゆる場面使うってのは、私や妻のようにアラフィフ世代には当初は厳しいかもと予測してます。

でも、自動運転に近づいた最近の機能は、確実に運転能力を退化させていくと思うので可能な限りこのアナログな車を乗りこなしていきたいと思っています。

フランス車は整備さえしっかりしてあげれば丈夫です。古くなってオンボロになっても乗ってたいと思わせる車です。







乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
新潟県

新車価格
171万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uncle josephさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
サンクターボを思わせる伝統造形と可愛らしさを両立させたモダンなデザインが俊逸。安っぽさのない美しいスタイル。
【インテリア】
カジュアル過ぎずシンプル過ぎないデザイン。国産車に慣れてしまうと収納スペースに不満が残る。
【エンジン性能】
非力でハイギヤードで、遅い。試乗レベルでは大抵そんな感想を持つと思われる。ところが、慣らし期間で体が慣れてくると、この車の走らせ方が分かってくる。1500回転以下でノッキング気味に感じる領域でも、ガスペダルを踏み足すとトルクが立ち上がるし、4〜5000回転まで回していくと雑味のないビート感と共に必要十分な加速を得られる。豪快さを求めなければ、リッターカーとは思えない高い質感。
【走行性能】
かつてハイパワーFFを乗り継いできた者としては目から鱗のバランス感覚。非力にして俊敏で爽快。山道を攻めるシチュエーションではリアにヨーを感じるニュートラルステアで振れ戻りの収束も極めて早い。限界性能は試していないが、そこそこまでの領域ではプアなタイヤにも負担を掛けず、身体能力の高さが際立っている。シフトフィールはプラスチッキーで平凡。長いストロークなりにゆったり目に操作するのがベター。
【乗り心地】
固めだが、ダンピングの効いた良質なもの。高速でも不満はなく、車格を忘れるほど。
【燃費】
市街地で16〜18km/L、高速で20km/L程度。エコ運転でそれぞれ1〜1.5割増し程度は十分に狙える。
【価格】
安い。
【総評】
車は乗せられるのではなく、意志を持って走らせるものであることを思い出させてくれる。試乗した時には本当に遅い車だと思ったし、スペック至上主義から卒業しようと覚悟を決めて購入したのだが、考えてもいなかった程に楽しい車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
東京都

新車価格
171万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ルノーのラインナップでベーシックラインを受け持つトゥインゴは、今回のモデルからダイムラー傘下のスマート・フォーフォーと姉妹車の関係を持つようになった。ダイムラーとルノーの提携の中で、共同で開発し、ルノーの工場で作ることになったためだ。

トゥインゴとフォーフォーは基本的に同じ工場で作られる同じクルマなのだが、実際に走らせてみるとやはり違いが感じられる。それはドイツ車とフランス車に起因するもののようだ。

トゥインゴにはルノー・ジャポンが港区のル・パン・コティディアン芝公園をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはインテンス・キャンバストップだ。

試乗した時点ではインテンスだけの単一グレードのモデルで、キャンバストップの有無の違いがあるだけだったが、その後2016年12月にゼンが追加されている。ゼンは0.9Lのターボエンジンに6速EDC(デュアルクラッチ)を組み合わせたインテンスと同じ仕様のほか、1.0Lの自然吸気エンジンに5速MTを組み合わせた仕様もある。

外観デザインはシンプルな印象ながら、可愛らしいものに仕上がっている。スマート・フォーフォーとは明確に異なるフランス車らしいソフトで軽いタッチのデザイン処理がなされている。従来の3ドアから5ドアに変わったのは、使い勝手などの面から歓迎されるべきポイントだ。リヤドアのドアノブはピラー部分に隠される形でデザインされている。これは最近いろいろな車種で見られるものだ。

内装も黒一色ではなく、6色のボディカラーに対して3色のインテリアカラーが設定され、試乗したブルードラジェと呼ぶ水色のボディカラーには、ブルーのインテリアカラーが組み合わされている。シート表皮などは白い部分が多く、かなり大胆な色使いである。

室内空間の広さはまずまずのレベル。駆動方式がRRになったこともあって、従来のモデルに比べると全長を80mmも短縮しながら、ホイールベースは125mmも延長し、室内長に至っては230mmも延長されて十分な居住空間を確保している。といっても、パッケージング技術の進んだ日本のコンパクトカーやハイト系軽自動車に比べるとやや物足りない感じもあるのだが、普通の体格の大人が普通に座れるだけの空間がある。

スマート・フォーフォーと姉妹車になったため、今回のトゥインゴはFFからRRに駆動方式が変わった。ボディの後部に搭載されるエンジンは直列3気筒0.9LのDOHC+インタークーラー付きターボ仕様で、66kW/135N・mのパワー&トルクを発生する。

コンパクトなボディのトゥインゴは車両重量も比較的軽く、キャンバストップ仕様でも1030kgにとどまっているから、66kW(90ps)の動力性能は必要十分といった感じである。ターボ仕様のエンジンらしく2500回転という低めの回転数で最大トルクを発生するので、低速域からトルク感のある力強い走りが可能である。

6速EDCのトランスミッションは全体にスムーズな変速フィール。低速域では多少のギクシャク感を感じさせるシーンもあったが、まあ大きなネガにはならない程度である。

動力性能よりも魅力的なのは爽快なステアリングフィールだ。RRの駆動方式を採用したことでフロントが軽く、操舵に応じて素直にノーズが向きを変えていく感覚がある。これはFF車では得られないもので、RRに変わったことの最大のメリットがここにあると言っても良い。ちなみに1030kgの車両重量のうち前輪荷重は470kgである。

乗り心地にもフランス車らしい良さがある。トゥインゴには前輪が165/65R15、後輪が185/60R15という前後異サイズのタイヤが装着されている。適度な偏平率のタイヤを採用していることも乗り心地の良さに貢献していると思う。

スマート・フォーフォーではこれよりもずっと太いタイヤを履いていることが、乗り心地の硬さにつながっている。

インテンスはキャンバストップでも199万円と200万円を切る価格設定で、標準ルーフ車なら189万円だ。スマート・フォーフォーに追加されたターボ車に比べると格段に安いので、買うならこちらという感じである。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

15インチのアルミホイールは標準装備

ルノー5ターボ譲りのフェンダーラインも特徴

アクセントカラーはボディに合わせた3色を用意

キャンバストップは電動開閉式

後席にもポップなカラーコーディネートを展開

荷室下に搭載された3気筒ターボエンジン

スマートとの共同開発・生産になったことで、リアエンジン・リアドライブ(RR)方式に転換したルノー・トゥインゴの上級グレード、インテンス・キャンバストップに、東京で行われた試乗会で乗りました。5月にフランスでもドライブした経験があるので、その印象を織り交ぜながら報告します。

ボディサイズは全長3620mm、全幅1650mmと、軽自動車より少し大きいぐらいです。しかも全高は1545mmと高めなので見晴らし抜群。加えてRR方式のおかげで最小回転半径は4.3mと、多くの軽自動車を下回るほどです。おかげで4人乗りの乗用車としては、トップレベルの取り回しのしやすさでした。

親しみやすい表情のフロントマスク、かつてのラリーカー、ルノー5ターボからヒントを得たというフェンダーライン、大きなガラスハッチを用いた後ろ姿などからなるスタイリングは、シンプルながらキュートで存在感にもあふれた、素晴らしいデザインです。

運転席はフロアもシートも高めで乗り降りは楽です。インテリアデザインもエクステリア同様、シンプルながらポップで好感が持てます。前席はタイトなサポート感を持ち、座り心地はそれほどソフトではありませんが、フランスでは1日で500km近い距離を走っても不満は抱きませんでした。

後席は軽自動車のハイトワゴンほど広くはないものの、身長170cmの自分が楽に過ごせるスペースは持ちます。荷室は下にエンジンがあるので床は高めですが、奥行きはこのクラスとしては十分でした。

0.9L直列3気筒ターボエンジンに6速デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせたパワートレインはスマートのターボ車と共通です。車両重量は1010kgに収まっているので、加速は十分です。トランスミッションは、スマートのターボ車同様、アクセルペダルを大きく踏み込んだ際に反応の遅れを感じたものの、エコモードを解除すれば気にならなくなります。

乗り心地は他のルノー同様、路面の凹凸をうまくいなし、揺れを最小限に収めてくれるもので、高速道路でも快適でした。前が軽いリアエンジンなので、高速道路では直進安定性も気になりましたが、こちらも問題ないレベルでした。

ハンドリングは、同じプラットフォームを使うスマート・フォーフォーよりも、リアエンジンらしさを感じる特性です。パワーステアリングのレスポンスはそれほどクイックではありませんが、舵が効いてからの動きはとにかく軽く、アクセルペダルを踏み込めば後輪がぐっと踏ん張り、路面を蹴りながら旋回していきます。

写真のキャンバストップ付きで199万円、ノーマルルーフなら189万円という価格は、ほぼ同じメカニズムを持つスマート・フォーフォーのターボ車より50万円以上安く、ひとクラス上の国産コンパクトカー、たとえばマツダ・デミオのディーゼル車と近い数字です。魅力的なデザインと走りを含めて考えれば、輸入車としては珍しく割安感がある1台だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

トゥインゴ
ルノー

トゥインゴ

新車価格帯:177〜239万円

中古車価格帯:109〜218万円

トゥインゴ 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意