ルノー トゥインゴ 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ルノー > トゥインゴ 2016年モデル

トゥインゴ 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:トゥインゴ 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
GT ブラン 2018年9月6日 特別仕様車 1人
GT (MT) 2018年2月22日 マイナーチェンジ 1人
GT (MT) 2017年10月19日 特別仕様車 1人
ゼン (MT) 2017年1月12日 マイナーチェンジ 4人
インテンス 2016年9月15日 フルモデルチェンジ 8人
インテンス キャンバストップ 2016年9月15日 フルモデルチェンジ 6人
満足度:4.28
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:22人 (プロ:4人 試乗:8人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.73 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.13 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.77 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.35 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.74 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.71 3.89 -位 燃費の満足度
価格 4.40 3.88 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

トゥインゴ 2016年モデル

トゥインゴ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「頻度:週1〜2回」で絞込んだ結果 (絞込み解除

naraxyzさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
26件
自動車(本体)
3件
0件
タイヤ
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地2
燃費2
価格4

趣味車としてエリーゼに乗っています
エリーゼはウェットで途端に怖くなるので雨の日に乗って面白い脚車を期待して選びました
ユーティリティその他は他の方の感想とほぼ同じなので私はトゥインゴGTはワインディングの楽しさにおいてエリーゼの代わりになるのか?しかもEDC(AT)で?という視点でレビューさせて頂きます

まずハンドリングは文句の付けようがありません!
RR(とは言え実際はほぼMR)だけあって鼻先が軽くFFのような「溜め」が無く「スッ」と鼻先が入ります
その際グリップ性能は高くガッチリ路面に貼り付きます
ヒラヒラと云った軽快感は希薄ですがリニア感はナイトロのストリートサスに交換したエリーゼに肉薄していると思います
関西エリーゼ乗りの聖地「布目〜月ヶ瀬」で振り回してもハンドリングはキッチリ期待に応えてくれます
もちろんこれはMRのセオリーに則って荷重移動をしっかり意識して乗ってこそで、漫然とコーナリングしているとアンダーが出ますがそれはエリーゼも同じ事
一般人向けMRは弱アンダーに躾けるのが鉄則です!でないと危険な乗り物になってしまいますからね

ブレーキングも秀逸!
ハードブレーキでもノーズダイブはほとんど感じず腰から前方斜め下方に沈み込む感じでこれもまたエリーゼの感覚に近く安心感がありしかも良く効きます
リアエンジンは前後均等のブレーキンググリップが得られると云う利点がありますがそのおかげでか雨の日に攻めていても今のところABSは作動した事がありません
ただ、ペダルの踏み込みスピードが速いとパニックブレーキサポートが作動して意思よりもブレーキが効き過ぎて慣れるまでは戸惑いました

エンジンは初めから期待はしていなかったし、1tあたり100psあれば十分楽しめると云う考えなので取り立てて言う事はありませんが、強いて言うならレブリミットが6200回転位と低いのであと500で良いから余分に回ってくれたら…

問題はミッションです
渋滞のトロトロ走行ではギクシャクしますがそれ以外はショックも少なく自動変速も的確でマニュアルシフト時のシフトスピードも十分に速く素性は良いと思いますがギア比が残念!
レブリミットが6200回転と回らないエンジンなのにギア比が低く、ほぼ直線が無い月ヶ瀬の様なタイトなワインディングではマニュアルシフトにしていても2速だとすぐにレブに当たり“強制”自動シフトアップされてテンポが狂わされる事!
逆に3速フル加速からのブレーキングでコーナーに突っ込む様な場面ではレブ防止の為に50km/hくらいに落ちるまでマニュアルシフトダウンを受け付けてくれません
結果3速でどんより立ち上がる事になり萎えます
マニュアルシフトを拒否した時はシフトインジケーターが点滅して知らせてはくれるのですがそんなの見ていられないのでアラーム音で知らせて欲しかった
EDCはファイナルが2個あり1,2,5,6側のファイナルがもうちょっと高ければそう云った事も無くなるし、燃費も良くなるはず
立ち上がりの加速は多少鈍くなるかも知れないがかったるい程にはならないと思う
インテンスのファイナルがGT比で少し高くなっているんで交換出来ないものか?と思ったらEDCは分解メンテ出来ないらしいのである…
ではMTだったらと思って調べてみると2,3速のギア比はEDCとほぼ同じ様なので変わらないと思われる
知る人ぞ知る「奈良ニュル」と呼ばれる中高速コースの農道では全く2速は使わないのでギア比のストレス無く走れるので見た目から独楽鼠的なキャラを連想してしまうがどちらかと言うと中高速ワインディング向きかも知れない
ただ、以前乗ったジュリエッタ1.4のTCT(AT)はもっと2,3速が離れていてとてもじゃないがワインディングを楽しめる代物では無かったのでそれよりはずっとマシ
ちなみにアクセル踏みっぱなしで加速すると3速以上のシフトアップで少しモタ付きますがMTと同じようにシフト時にアクセルを抜いてやればMTより早くシフトしますよ

で、トゥインゴGTはエリーゼの代わりになるのか?ですが私の答えはNO!
当たり前か(^_^;)
ただしエリーゼは極端にウェットに弱く雨の日は乗りたくないので雨の日限定で言えばYES!
ただ、ギア比が良ければ限定無しでもYESとなり得るポテンシャル有りと言えます
まぁ4人乗れて普段使いが出来てこの走りですから買って後悔はありません
ウソ(^_^;) 納車当初はあまりの乗り心地の悪さにちょっと後悔しました
が空気圧を疑いチェックすると0.5barほど多く入っていて規定空気圧まで下げたら大分マシになりました
それでも前車シトロエンC3(’10年式)と比べると相当乗り心地は悪い
まぁC3がコンパクトカーとしては破格な乗り心地だったので余計にそう感じるのかも知れません

それとワインディングを楽しむにあたって多少の工夫は必要です
フットレストが無いので自作しました
シートは細身(165p56kg)の私だとサイドサポートがガバガバなのでサポートクッションも自作しました
オプションでもタコメーターが付かないので後付けで対策が必要
エンジン音とパワー感でシフトタイミングを得るタイプの人間なので無くても良いちゃぁ良いのだが最低慣らしの間だけでもタコメーターが欲しくてOBD2接続の安いヘッドアップディスプレイを取り付けたがエンジン音が聞こえ難いのであった方が良いかも?

燃費は 高速16km/l 市街地〜ワインディング10km/lと奇しくもエリーゼ(ローバーエンジン)とほぼ同じ
現代のスモールカーにあるまじき悪燃費(^_^;)

比較製品
ロータス > エリーゼ 1996年モデル
アルファロメオ > ジュリエッタ 2012年モデル
シトロエン > C3 2010年モデル
乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
大阪府

新車価格
239万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

厳選賭け流しさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:476人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
Aセグではダントツに素敵なデザインで、これだけでも欲しくなります。
渋いオシャレなジジイに似合いそうです。

【インテリア】
インパネは上手にまとめられて好印象ですが、タコメーターがないのが残念です。
相変わらず、シートのデキは秀逸です。

【エンジン】
必要にして十分な動力性能ですが、ホットハッチとしては刺激が足りないです。
フィアットアバルトと同レベルの動力性能があれば更に所有欲が高まります。
マフラー音は重低音でイイ感じです。

【走行性】
RRの特性を生かした軽快なハンドリングが素晴らしく、背中を押されてる感があり、他の車にはない感覚を味わえます。
マニュアルミッションの入りは良好で、無駄に変速したくなり、クラッチミートも許容範囲が広く扱いやすいです。
一般道のみの試乗でしたが、高速道路で直進安定性を試してみたかったです。
小回りは驚くほど良く、日本の狭い道路には最適だと思います。

【乗り心地】
ホイールベースが短くて、サスが固められてるので、お世辞にも良いとは言えませんが、サスの動きが良いので、街乗りであれば疲れないレベルの乗り心地だと思います。

【燃費】
試乗なので不明ですが、軽量で小排気量なので悪くはないと思います。

【総評】
この車の最大の特徴はセンスの良いエクステリアとRRのメリットを生かした軽快なハンドリングですが、衝動買いしたくなるようは刺激が足りないです。
キャンパストップ装備付きのRSの登場に期待してます。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ばいあずーらさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格5

 ちょっとした外出用にAセグ車を検討しています。ゼンMTグレードに試乗しました。

【良い点】

・まずデザインが秀逸です。昨今のエッジの立ったエグいデザインと一線を画す、ほどよい脱力感と何故か感じるスポーティー感が同居する独特のデザインです。リアのルーフを絞っており、エンジンがないためボンネットが短く、サイドから見ると太った小動物のように見えます。それでいてリアフェンダーは張り出しており(5ターボのオマージュらしいです)、かわいいだけじゃない。参りました。

・本来欠点になりそうな特徴なのですが、床まで踏んでも超マイペースなエンジンも、デザインと相まって独特の世界観を形成しています。 乗っているとこれはこれでいいと妙に納得させられます。

・ラゲッジの実用性が高く、このクラスには珍しく後席を倒した時に荷室が平らになります。荷室の下にエンジンがあるので必然的にそうなっているのですが。加えて助手席も完全にたためるため、長尺物も入ります。カタログの写真だとコントラバスを突っ込んでます(Dセグワゴンでも厳しい)。

・装備は割り切ってますが、輸入車で171万円〜というのはやはり安いです。

【悪い点】

・エンジンとギヤ比が合っていない気がします。2速が重いため、駐車場内等で2速だとガクブルします。タコメーターもないので慣れが必要です。

・右ハンドルなので仕方ないですが、左足の置き場はありません。


 細かく見ていくと色々欠点はありますが、このクルマが気に入った人には「そこがいいんです」となってしまいそうです。ルックスの割にストライクゾーンは狭いと思うので、試乗をおすすめします。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uncle josephさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
サンクターボを思わせる伝統造形と可愛らしさを両立させたモダンなデザインが俊逸。安っぽさのない美しいスタイル。
【インテリア】
カジュアル過ぎずシンプル過ぎないデザイン。国産車に慣れてしまうと収納スペースに不満が残る。
【エンジン性能】
非力でハイギヤードで、遅い。試乗レベルでは大抵そんな感想を持つと思われる。ところが、慣らし期間で体が慣れてくると、この車の走らせ方が分かってくる。1500回転以下でノッキング気味に感じる領域でも、ガスペダルを踏み足すとトルクが立ち上がるし、4〜5000回転まで回していくと雑味のないビート感と共に必要十分な加速を得られる。豪快さを求めなければ、リッターカーとは思えない高い質感。
【走行性能】
かつてハイパワーFFを乗り継いできた者としては目から鱗のバランス感覚。非力にして俊敏で爽快。山道を攻めるシチュエーションではリアにヨーを感じるニュートラルステアで振れ戻りの収束も極めて早い。限界性能は試していないが、そこそこまでの領域ではプアなタイヤにも負担を掛けず、身体能力の高さが際立っている。シフトフィールはプラスチッキーで平凡。長いストロークなりにゆったり目に操作するのがベター。
【乗り心地】
固めだが、ダンピングの効いた良質なもの。高速でも不満はなく、車格を忘れるほど。
【燃費】
市街地で16〜18km/L、高速で20km/L程度。エコ運転でそれぞれ1〜1.5割増し程度は十分に狙える。
【価格】
安い。
【総評】
車は乗せられるのではなく、意志を持って走らせるものであることを思い出させてくれる。試乗した時には本当に遅い車だと思ったし、スペック至上主義から卒業しようと覚悟を決めて購入したのだが、考えてもいなかった程に楽しい車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
東京都

新車価格
171万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Pokochewさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:168人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
一見 3ドアハッチバックに見えますが、リアドアはちゃんと 2枚付いてます。さすがは欧州車の割り切りというか、リアドアのガラスは殆どハメ殺しです。従って、家族 4人で…というより、2人でお出かけ向きかな?と思います。くまモンみたいな愛嬌があるフロントマスク、ルノーのエンブレム「ロザンジュ」もさりげなく、往年の名車「ルノー 5(サンク)」をオマージュしたデザイン、なかなかオシャレです。

【インテリア】
大きなフロントウインドウ、アイポイント高めのシートポジションで見晴らしがよく、スポーティーなステアリングと視認性に優れたメーターパネル、全てが運転しやすさを感じます。またインテリアトーンがボディカラーに合わせて3種類用意されているので、何色の車に乗っているのか常に意識できてワクワクできます。

【エンジン性能】
0.9Lターボは高回転は期待できないものの ピックアップがよく、市街地の運転には適していると思います。RRがゆえの後席の振動や騒音は気になりませんでした。

【走行性能】
ウリの旋回性の良さはさすがですが、頭が重くない分、コーナリングも軽やかに安定していて、狙ったライン通りに曲がってくれます。またフランス車の特長である直進安定性も良好でした。三菱アイの理想をこのクルマで具現化したと思います。尚、アイドリングストップがすぐに掛かる傾向にあり、また発信時のストップ解除が体感的に遅く感じる人もいると思います。

【乗り心地】
初めは固めに感じましたが、サスペンションやダンパー、ショックのセッティングが絶妙で、すぐに馴染んでくると思います。芯のあるフンワリ感というか、大きめのゆったりシートと合わせて病みつきになりそうです。この乗り心地の良さが、優れた走行性能と相まって、運転するのが大変楽しく感じる要因になっていると思います。さらにキャンバストップ仕様なら、この楽しさが倍増されます。

【燃費】
まだ乗り始めて間もないので、統計学的な数値を言うことができませんが、だいたい15mL/kmいけばいいと思っています。但しプレミアガソリン対応策で、燃料タンクが35Lで小ぶりなのが気になります。

【価格】
キャンバストップ付きで車両本体価格が199万円というのは、かなりのバーゲンプライスだと思います。

【総評】
若かりし頃に所有していた「ルノー5ターボ」は、乗るたびにワクワク感を感じていましたが、
またこのトゥインゴに巡り会えて、再びあのワクワク感に出逢うことができました!

このクルマは運転初心者の奥さんにも、私のようなクルマ好きにも、運転の楽しさを与えてくれます。
「シトロエンC4カクタス」も同じようなオーラを持っているので、走りを楽しむ世代を卒業して、雰囲気を楽しむ世代になったシニアな人たちに是非オススメしたいと思います。

同じセグメントの UP! や FIAT500 の購入を検討している方々には、このトゥインゴは絶対オススメです。

ただ一つ残念な点をあげると、RRならでは…の話ですが、エンジンを整備するときにリアのトランクルームから荷物を全て下ろさなければならず、少々面倒です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
東京都

新車価格
199万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:585人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格4

トゥインゴの試乗ができました。インテンス・キャンバストップです。

 電動キャンバストップはとても良く出来ていて感心しました。スイッチひとつで静かに伸縮します。開いているときは場所をとらないし、閉じているときは室内外とも綺麗な面が出来る。わずか10万円で開放感UPなら付けて損なしです。

前回のレビュー、ひとつ訂正させて下さい。

 運転席のシートバック調整軸も助手席同様に座面よりだいぶ高い位置にありました。リクライニングしても背中とお尻の高さが合わず仮眠するのも苦しそうです。床が高くてペダル配置が左寄り、必然的にゴーカートのように足を伸ばす座り方になるのも姉妹車スマートフォーフォーと同じでした。

 走行性能。合理的で精密機械のようなVWポロ(4気筒1.2TSI)に対し、情緒的で躍動感のあるトゥインゴという感じでしょうか。
 0.9Lターボエンジンは、アクセルを踏み込むとフォーフォーの1.0L自然吸気エンジンよりわずかに遅れますが、徐々にトルクが込み上がってきて力強さを感じます。静けさも自然吸気よりわずかに劣りますが、うるさいと感じるほどではありません。むしろ回すほどに鼓動が増して生き物であるかのようです。3気筒もナイスチョイスだったかもしれません。

 6速EDCの変速は7速DSG(VW)に比べると変速ショックは大きめですが不快に感じるほどではありません。平均的なドライバーが操縦するMT車より変速ショックは小さいですし、むしろテンポ良く走っている気持ちにもなれます。ハンドリングは低速域で軽く、速度を上げていくと落ち着きが出てきますが、パワステの制御が良いかどうかは高速を含めてもっとじっくり乗ってみないと何とも言えません。オーナー様のレビューを待ちたいところです。

 タワーパーキング入庫対策で日本仕様は全車スポーツサスペンションを採用したようです。乗り心地はリアが少しバタつきます。板バネ車のリアサスをソフトにしたような感じです。ブレーキフィーリングは普通です。フォーフォーのカックんブレーキが改善されていました。

 試乗後に温かくなっていた荷室マットは標準装備のものでした。オプションで更に断熱効果の高い荷室マットがあるようです。

 後方から聞こえるエンジンビート、後方から路面を蹴り出す駆動方式、適度な変速ショック、バイクにも似た躍動感があり、運転していて楽しいことは保証します。ただしこの乗車姿勢で長時間運転に体が耐えられるか疑問です。左ハンドル、車重1トン切り、レギュラーガソリン仕様、こんなトゥインゴが出たら是非とも欲しいです。

 トゥインゴは車体の大きさに対して室内と足元が狭すぎる気がします。また、ゴーカートのように座らせるのに座席が高すぎると思います。ペダル配置の適正化だけでなく、RRを活かす低車高化が叶うなら、前後2人乗りまたは前席中央配置・後席2座の3人乗りのフォーミュラカーになってもいいと思います。せっかくRRにしたのだから徹底的に走りとデザインを極めて欲しいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった15人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

トゥインゴ
ルノー

トゥインゴ

新車価格帯:177〜239万円

中古車価格帯:108〜215万円

トゥインゴ 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意