ルノー トゥインゴ 2016年モデル インテンス キャンバストップ(2016年9月15日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ルノー > トゥインゴ 2016年モデル

トゥインゴ 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:トゥインゴ 2016年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:インテンス キャンバストップ 絞り込みを解除する

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:24人 (プロ:4人 試乗:9人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.76 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.16 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.79 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.36 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.82 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.65 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.36 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

トゥインゴ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
 

 

【エクステリア】
 特にリアが、素晴らしい。

【インテリア】
 クラス、価格的に充分!
 キャンバストップが、デザイン的にも効いてます。

【エンジン性能】
 900ccとは思えないトルク
 上信越道下り線、横川SA手前の登坂車線、3人乗車でも、ストレスなく登ります。

【走行性能】
 とにかく、独特。しっかりした足回り。

【乗り心地】
 かためで、おさまりの良い感じ。
 細かい段差をコツコツ越えていく感じが、くせにな
ります。
 キャンバストップは雨の日、質の良いタープの中にいるようで、落ち着きます。

【燃費】
 市内15km、高速18km程度。

【価格】
 コンパクトな外車としては、破格!だと思います。

【総評】
 この4月異動があり、通勤のため車が必要になり、自分はファーストカーとしてゴルフ7(パリアンテ)で、妻にセカンドかーとして中古の軽自動車でも、と車屋さんを巡っていた時に、ルノー販売店である車屋さんで、トゥインゴ(新車)に遭遇!(o^ O^)シ彡☆

 「え、キャンバストップ!」「え、RR!」と、衝撃を受け、「予算的に新車は無理、試乗車落ちの中古車ないですか?」と持ちかけたところ、「近くのディーラーにあります」「これから試乗します?」と、トントン拍子に話が進み、乗ったが最後で、この車の面白さに取りつかれ、購入!

 最大の魅力は、キャンバストップ!
 カブリオレより気軽に開閉でき、サンルーフとは比べ物にならない解放感が、家族にも好評です。
(車に酔いやすい娘が「屋根開けてると酔いにくい」と喜んでます。雨の日は…どうしよう(´▽`))

 走りでは、高速道路、楽しいです!
 スピードが上がる毎に、ハンドリングが安定します。

 また、狭い道、狭い駐車場で、なんの不安もなく旋回できる安心感は、運転が上手くなったようで、優越感を感じます。

 低速でのちょっとしたギクシャク感や、エアコンの利きの悪さはありますが、「快適な車」<「運転して楽しい車」が欲しい方におすすめします。

結局、自分の車になりました…(^_^ゞ(笑)

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった18人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ルノーのラインナップでベーシックラインを受け持つトゥインゴは、今回のモデルからダイムラー傘下のスマート・フォーフォーと姉妹車の関係を持つようになった。ダイムラーとルノーの提携の中で、共同で開発し、ルノーの工場で作ることになったためだ。

トゥインゴとフォーフォーは基本的に同じ工場で作られる同じクルマなのだが、実際に走らせてみるとやはり違いが感じられる。それはドイツ車とフランス車に起因するもののようだ。

トゥインゴにはルノー・ジャポンが港区のル・パン・コティディアン芝公園をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはインテンス・キャンバストップだ。

試乗した時点ではインテンスだけの単一グレードのモデルで、キャンバストップの有無の違いがあるだけだったが、その後2016年12月にゼンが追加されている。ゼンは0.9Lのターボエンジンに6速EDC(デュアルクラッチ)を組み合わせたインテンスと同じ仕様のほか、1.0Lの自然吸気エンジンに5速MTを組み合わせた仕様もある。

外観デザインはシンプルな印象ながら、可愛らしいものに仕上がっている。スマート・フォーフォーとは明確に異なるフランス車らしいソフトで軽いタッチのデザイン処理がなされている。従来の3ドアから5ドアに変わったのは、使い勝手などの面から歓迎されるべきポイントだ。リヤドアのドアノブはピラー部分に隠される形でデザインされている。これは最近いろいろな車種で見られるものだ。

内装も黒一色ではなく、6色のボディカラーに対して3色のインテリアカラーが設定され、試乗したブルードラジェと呼ぶ水色のボディカラーには、ブルーのインテリアカラーが組み合わされている。シート表皮などは白い部分が多く、かなり大胆な色使いである。

室内空間の広さはまずまずのレベル。駆動方式がRRになったこともあって、従来のモデルに比べると全長を80mmも短縮しながら、ホイールベースは125mmも延長し、室内長に至っては230mmも延長されて十分な居住空間を確保している。といっても、パッケージング技術の進んだ日本のコンパクトカーやハイト系軽自動車に比べるとやや物足りない感じもあるのだが、普通の体格の大人が普通に座れるだけの空間がある。

スマート・フォーフォーと姉妹車になったため、今回のトゥインゴはFFからRRに駆動方式が変わった。ボディの後部に搭載されるエンジンは直列3気筒0.9LのDOHC+インタークーラー付きターボ仕様で、66kW/135N・mのパワー&トルクを発生する。

コンパクトなボディのトゥインゴは車両重量も比較的軽く、キャンバストップ仕様でも1030kgにとどまっているから、66kW(90ps)の動力性能は必要十分といった感じである。ターボ仕様のエンジンらしく2500回転という低めの回転数で最大トルクを発生するので、低速域からトルク感のある力強い走りが可能である。

6速EDCのトランスミッションは全体にスムーズな変速フィール。低速域では多少のギクシャク感を感じさせるシーンもあったが、まあ大きなネガにはならない程度である。

動力性能よりも魅力的なのは爽快なステアリングフィールだ。RRの駆動方式を採用したことでフロントが軽く、操舵に応じて素直にノーズが向きを変えていく感覚がある。これはFF車では得られないもので、RRに変わったことの最大のメリットがここにあると言っても良い。ちなみに1030kgの車両重量のうち前輪荷重は470kgである。

乗り心地にもフランス車らしい良さがある。トゥインゴには前輪が165/65R15、後輪が185/60R15という前後異サイズのタイヤが装着されている。適度な偏平率のタイヤを採用していることも乗り心地の良さに貢献していると思う。

スマート・フォーフォーではこれよりもずっと太いタイヤを履いていることが、乗り心地の硬さにつながっている。

インテンスはキャンバストップでも199万円と200万円を切る価格設定で、標準ルーフ車なら189万円だ。スマート・フォーフォーに追加されたターボ車に比べると格段に安いので、買うならこちらという感じである。

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

15インチのアルミホイールは標準装備

ルノー5ターボ譲りのフェンダーラインも特徴

アクセントカラーはボディに合わせた3色を用意

キャンバストップは電動開閉式

後席にもポップなカラーコーディネートを展開

荷室下に搭載された3気筒ターボエンジン

スマートとの共同開発・生産になったことで、リアエンジン・リアドライブ(RR)方式に転換したルノー・トゥインゴの上級グレード、インテンス・キャンバストップに、東京で行われた試乗会で乗りました。5月にフランスでもドライブした経験があるので、その印象を織り交ぜながら報告します。

ボディサイズは全長3620mm、全幅1650mmと、軽自動車より少し大きいぐらいです。しかも全高は1545mmと高めなので見晴らし抜群。加えてRR方式のおかげで最小回転半径は4.3mと、多くの軽自動車を下回るほどです。おかげで4人乗りの乗用車としては、トップレベルの取り回しのしやすさでした。

親しみやすい表情のフロントマスク、かつてのラリーカー、ルノー5ターボからヒントを得たというフェンダーライン、大きなガラスハッチを用いた後ろ姿などからなるスタイリングは、シンプルながらキュートで存在感にもあふれた、素晴らしいデザインです。

運転席はフロアもシートも高めで乗り降りは楽です。インテリアデザインもエクステリア同様、シンプルながらポップで好感が持てます。前席はタイトなサポート感を持ち、座り心地はそれほどソフトではありませんが、フランスでは1日で500km近い距離を走っても不満は抱きませんでした。

後席は軽自動車のハイトワゴンほど広くはないものの、身長170cmの自分が楽に過ごせるスペースは持ちます。荷室は下にエンジンがあるので床は高めですが、奥行きはこのクラスとしては十分でした。

0.9L直列3気筒ターボエンジンに6速デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせたパワートレインはスマートのターボ車と共通です。車両重量は1010kgに収まっているので、加速は十分です。トランスミッションは、スマートのターボ車同様、アクセルペダルを大きく踏み込んだ際に反応の遅れを感じたものの、エコモードを解除すれば気にならなくなります。

乗り心地は他のルノー同様、路面の凹凸をうまくいなし、揺れを最小限に収めてくれるもので、高速道路でも快適でした。前が軽いリアエンジンなので、高速道路では直進安定性も気になりましたが、こちらも問題ないレベルでした。

ハンドリングは、同じプラットフォームを使うスマート・フォーフォーよりも、リアエンジンらしさを感じる特性です。パワーステアリングのレスポンスはそれほどクイックではありませんが、舵が効いてからの動きはとにかく軽く、アクセルペダルを踏み込めば後輪がぐっと踏ん張り、路面を蹴りながら旋回していきます。

写真のキャンバストップ付きで199万円、ノーマルルーフなら189万円という価格は、ほぼ同じメカニズムを持つスマート・フォーフォーのターボ車より50万円以上安く、ひとクラス上の国産コンパクトカー、たとえばマツダ・デミオのディーゼル車と近い数字です。魅力的なデザインと走りを含めて考えれば、輸入車としては珍しく割安感がある1台だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nunsalamさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

初輸入車。バイクは四年前に買ったこれが初輸入車(KTM)

   

スズキ イグニスが発表された時、「これにする!」と息巻いて、家内の軽を売却し来年あたりに買おうかと思っていましたが、7月に新型トゥインゴが発表されると、「イグニスやめた。これにする!」と予約しました。ルノーディーラーのショールームにある実車に座っただけですが、RRに乗りたい!という思いだけで、イグニスをやめ、トゥインゴにしました。7月25日に予約しました。

そして、運良く初回入荷ロットに入ることができて、10月10日にめでたく納車となりました。

まだ500kmほどしか走っていませんが、簡単にインプレを。

デザイン
好きでも嫌いでもありませんが、リアガラスハッチが特徴のリアは好きです。車幅は、前後ともほぼ同じですが、リアに向かって前後上下が絞られているため、リアはワイド感があります。

インテリア
特に不満ありません。ステアリングのレザーの感触が気持ちいいです。

エンジン
900ターボなので、日常ユースで何の不満もありません。排気音が結構太い音で、気に入っています。やはり、リアから微かに聞こえるエンジン音が、RRを意識させます。この感覚が欲しかった。

ミッション
デュアルクラッチは、さすがに滑らかですが、インプレなどで書かれているように、街中のゴー&ストップでは、ギクシャクします。そこはマニュアルモードでカバーしています。

オーディオ
CDはありませんが、車内ではラジオもCDも聞かないので、ストック状態で問題ありません。オプションのクレードルにiPhoneをセットできるので、後付感がなくて良いです。

足回り
距離を重ねていけば、変わってくるとは思いますが、硬いながらも、ショックをうまく吸収している感じで、不快さはゼロです。

ハンドリング
アンダーに仕向けたとはありますが、やはり物理的に前が軽いので、市街地のちょっとした曲がり角でも楽しめます。スポーツ走行はしませんが、日常生活の中で十分楽しめハンドリングです。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
静岡県

新車価格
199万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Pokochewさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:183人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
一見 3ドアハッチバックに見えますが、リアドアはちゃんと 2枚付いてます。さすがは欧州車の割り切りというか、リアドアのガラスは殆どハメ殺しです。従って、家族 4人で…というより、2人でお出かけ向きかな?と思います。くまモンみたいな愛嬌があるフロントマスク、ルノーのエンブレム「ロザンジュ」もさりげなく、往年の名車「ルノー 5(サンク)」をオマージュしたデザイン、なかなかオシャレです。

【インテリア】
大きなフロントウインドウ、アイポイント高めのシートポジションで見晴らしがよく、スポーティーなステアリングと視認性に優れたメーターパネル、全てが運転しやすさを感じます。またインテリアトーンがボディカラーに合わせて3種類用意されているので、何色の車に乗っているのか常に意識できてワクワクできます。

【エンジン性能】
0.9Lターボは高回転は期待できないものの ピックアップがよく、市街地の運転には適していると思います。RRがゆえの後席の振動や騒音は気になりませんでした。

【走行性能】
ウリの旋回性の良さはさすがですが、頭が重くない分、コーナリングも軽やかに安定していて、狙ったライン通りに曲がってくれます。またフランス車の特長である直進安定性も良好でした。三菱アイの理想をこのクルマで具現化したと思います。尚、アイドリングストップがすぐに掛かる傾向にあり、また発信時のストップ解除が体感的に遅く感じる人もいると思います。

【乗り心地】
初めは固めに感じましたが、サスペンションやダンパー、ショックのセッティングが絶妙で、すぐに馴染んでくると思います。芯のあるフンワリ感というか、大きめのゆったりシートと合わせて病みつきになりそうです。この乗り心地の良さが、優れた走行性能と相まって、運転するのが大変楽しく感じる要因になっていると思います。さらにキャンバストップ仕様なら、この楽しさが倍増されます。

【燃費】
まだ乗り始めて間もないので、統計学的な数値を言うことができませんが、だいたい15mL/kmいけばいいと思っています。但しプレミアガソリン対応策で、燃料タンクが35Lで小ぶりなのが気になります。

【価格】
キャンバストップ付きで車両本体価格が199万円というのは、かなりのバーゲンプライスだと思います。

【総評】
若かりし頃に所有していた「ルノー5ターボ」は、乗るたびにワクワク感を感じていましたが、
またこのトゥインゴに巡り会えて、再びあのワクワク感に出逢うことができました!

このクルマは運転初心者の奥さんにも、私のようなクルマ好きにも、運転の楽しさを与えてくれます。
「シトロエンC4カクタス」も同じようなオーラを持っているので、走りを楽しむ世代を卒業して、雰囲気を楽しむ世代になったシニアな人たちに是非オススメしたいと思います。

同じセグメントの UP! や FIAT500 の購入を検討している方々には、このトゥインゴは絶対オススメです。

ただ一つ残念な点をあげると、RRならでは…の話ですが、エンジンを整備するときにリアのトランクルームから荷物を全て下ろさなければならず、少々面倒です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
東京都

新車価格
199万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

トゥインゴの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

黒ヒヨコさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格無評価

多少の山坂道も含めた一般道路を9km強、試乗しました。

【エクステリア】
フロントフェイスはくまモンの顔っぽいですね。
サイズは小さいし、全体的に丸っこくて可愛いです。
よろしいんじゃないでしょうか?

【インテリア】
デザインについてはエクステリアとの一貫性があって、とてもいいです。
素材の安っぽさを隠そうとするのではなく、ポップで楽しいデザインに仕上がっています。この車のキャラクターによく似合っています。

機能性については多少、不満があります。

・エアコンの吹き出し口(中央)が上下方向は固定、左右方向は少ししか動きません。

・ウインカーのインジケーターは視認性が悪いです。レイアウトの問題と、明るさが少し不足気味でしょうか?

・左足がセンターコンソール付近に少し当たります。

・シフトレバーの前にある、センターコンソールボックスは膝が当たって外れます。
取り外し可能なので、取っちゃえば問題ありません。

・シフトレバーのマニュアルモードは、押してUP、引いてDOWNです。私は逆のほうが好みです。

・ブレーキペダルのレイアウトはやや中央寄りです。よって、右足で操作するにはやや不自然感があります。
しかし、左足でブレーキを操作される方にとっては最適だと思います。

・フットレストがありません。

・ハンドルの調整は、高さ調整のみです。

・ヘッドレストはシートと一体なので、調整ができません。

・オープンルーフが故障した場合(ワイヤーの切断等)の費用(未確認)が、高額でなければよいのですが…。

逆に良いところは…

・前面の視界がいいです。

・ハンドルの直径が小さく、グリップの形状が少し独特で握りやすいです。

・ドアミラーの角度は、ルーテシアよりももっと内側に調整可能です。

・オーディオの音質は想像していたよりもいいです。高音質とはいえませんが、音楽を楽しむのに必要十分な質感があります。

・キャンバストップは(現行の国産車には無い?)魅力的です。1台でクローズドルーフ車とオープンルーフ車の2つが楽しめる、グリコ的な素晴らしい機能です。ルーフの開閉スピードは少し遅い感じがします。オープン時、風の巻き込みは全く感じられませんでした。
開口部は少し後ろよりなので、運転席から空を見上げるには体を少し後ろに反らす必要があります。
しかし、そんなことをしなくても感じられる外光と空気感は、オープンルーフ車ならでは賜物のです。

【エンジン性能】
・十分なトルク感があり、通常の上り坂程度であれば、失速することもないと思います。

・加速は穏やかで、速くはないです。

・気になる振動はありません。

・車内で聴こえるエンジン音は静かです。

【走行性能】
・車格に対して、ロールは少ないほうだと思います。オープンルーフ車であるにも関わらず、重心が低いということでしょうか?

・直進安定性は、車格が同じくらいの他車よりは優れているだろうと思いますが、ルノー車の中では低い方だと思います。
それでも、小さい車格かつ、RR車ということを考えれば頑張っていると思います。

・RR車であるがゆえ、フロント周りの軽さが光っています!回頭性が極めていいです。
気持ちいいほど"クルッ!"と向きを変えます。

・フリクションが小さいのでしょうか?Dレンジのまま惰性で走ってみたところ、速度はなかなか落ちません。

・ブレーキは十分に効きます。ブレーキペダルの踏み応えにカッチリ感はないですが、コントロール性も問題ないです。

・下り坂で停止状態からスタートするとき、アクセルを大きく踏んだわけでもないのに、後ろのタイヤが少し空転することがありました。
それだけ、後ろに積まれたエンジンが軽いということかもしれません。

【乗り心地】
・フランス車にしてはシートのクッションが固いです。乗り心地に関して、形状はいいのかもしれません。
運転のし始めは何の問題も感じませんでしたが、試乗を終える頃、背面はもう少し柔らかいほうがいいと感じました。

・サスペンションのストローク幅と、ダンパーの減衰感が絶妙です。
気になる突き上げ感はありませんし、かといってフワフワしているわけでもありません。
ルノーの長所は顕在といったところですね。

【総評】
運転して、なんだか楽しい車です。
何だろう、うまく表現できないのですが、生き物っぽい愛らしい車だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

トゥインゴ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

トゥインゴ
ルノー

トゥインゴ

新車価格帯:199万円

中古車価格帯:129〜190万円

トゥインゴ 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意