マツダ CX-3レビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

CX-3 のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
CX-3 2015年モデル 4.30 自動車のランキング 120 284人 CX-3 2015年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

CX-3 2015年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.66 4.34 26位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.06 3.93 96位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.17 4.13 110位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.23 4.21 118位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.88 4.05 132位
燃費 燃費の満足度 4.41 3.89 72位
価格 総合的な価格の妥当性 3.57 3.88 118位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

グレードは1.8L 4WD 6MT

燃費は荒い運転でも19kmをキープ(アイドリングストップ機能は不使用)
MTの燃費は運転者の技量によるので、丁寧に走る方ならもっと燃費は稼げるはず。

グイグイ加速し、とっても気持ち良い。

6MT で楽しい車です。
パーキングブレーキが電子ボタンになった事で肘置きが刷新され、常時シフトノブに手を掛ける人には嬉しいレイアウトになっています。

寒い冬は座席が温かくなる機能が嬉しいです。
オススメ機能の一つです。
だだハンドルを温かくするボタンが助手席に近い側にあるのが謎。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
群馬県

新車価格
300万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

がんばれひろちゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
11件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格4

【エクステリア】カッコいい というよりは美しさを感じさせるデザインですね。


【インテリア】質感はいいと思います。パワ−シ−トもいいしシートヒ−タ−3段階調節もいいですね、同乗者との温度差(暑がり・寒がり)がある場合などエアコン対応が難しい時に重宝してます。ステアリングヒ−タ−についてはAWD車装備でよかったのではと思いますその分価格が下がればな・・・。  で  わかってはいるんですがやはり後部座席は狭いですね、アームレストが唯一の救いかと。
    

【エンジン性能】悪くはないですが、緩やか加速をしてもシフトアップが2800回転あたりなので、2L並みのスイ−ッ ていう感覚がなくエンジン音がうるさく感じます。もう少し下の回転数でシフトアップしていってくれたらと思います。動力性能としては’こんなもんでしょう’って感じですかね。


【走行性能】Gベクタリングが効いてるのかコーナ−リングは自分の描いたライン通りに曲がってくれますし、ブレ−キもカックンにならない程度適度に効いてくれるので丁度いい感じです。


【乗り心地】可もなく不可もなく。言い方変えれば丁度いいということになります。コ−ナ−リング重視すれば硬くなり乗り心地は悪く、フワフワセッティングだとコ−ナ−リングに恐怖を感じます。乗り心地に不快を与えない程度の固めセッティングでGベクタリングでコ−ナ−リング特性をよくしているのかな? と解釈できるような感じですね。


【燃費】高速14.8km/l  (これについては総評で)



【価格】平均をみると25万位の値引きみたいですが15万値引きを頑なに譲りませんでした。ただ持込み車の査定を想定より20万以上つけてくれたので恐らくそこで調整したのでは・・?と思います。ちなみにトヨタとは28万の査定の差がでました。



【総評】スズキ スイフトRstよりの乗り換えです。ですので意見的にスイフトに比べてという感想になっていると思います。年齢的にもっとも保険料が安い時期になっていることもあり、世の中ハイブリット及びEVに変わろうとしている中やはり2リッタ−相当の車に乗りたかったことから、このあたりがラストチャンスかなと思い当該車を決めました。ただ家内が通勤で使用しているのがメインとなりますので(CX-30を勧められました)極力ボディ−サイズのコンパクトのなかから選定しました。他候補はエスク−ド(実はこっちが本命)とVEZELです。3車ともそれぞれ一長一短がありその中での最大ポイントは運転支援システムの充実さです。スズキ・ホンダに限らず他社にくらべマツダが頭一つ分先行している実感がありました。

動力性能他ーーーデミオ1300よりの乗り換えであればエンジン性能は多分もっと高い評価になっていたと思います(デミオはマンスリ−契約で30日乗りました)。故にスイフトのポテンシャルが高いことの証明になるかと、止まる・走る・曲がるとしての性能はバツグンでしたので実感として当該車による感動はあまりありませんでした。

燃費ーーースイフト時の高速での燃費はカタログ値と一致してましたが、CX-3の18km/lには程遠い結果です。冬タイヤに2名乗車という悪条件ではありますがせめて16km/l台には到達してほしかったです。市街地についてはまだ計測できてませんが、2ケタには到達してほしい限りです。試乗車の燃費を見るのが一番合っていて(市街地計測)試乗した時12km/lを示していたので、これなら十分だと思ったのですが、何か小細工?した? まっ 本件夏タイヤ交換後改めてモニタ−していきます。

運転支援他ーーーもしこの項目があれば満点の5です(残念)。まず右寄りオルガン式ペダルですが市街地運転ではさほど何が良いかわからないと思いますが、長距離の場合その位置のよさが痛感できます。スイフトの時はすぐACCを作動させていましたが、CX-3ではACCを作動させなくても右足が楽な姿勢を保てました。そして’ALH ’これは最高ですね。これも市街地だとわかりませんが、高速時ではほんと重宝します。スイフトもライトのオ−ト切り変えはありましたが、高速では中央分離帯の反射板に反応してまったく役にたちませんでしたし、マツダのシステムのいいところはハイとロ−の中間があるところです。前方に車間距離の開きすぎている前車があるときちょうどテ−ルの下当たりを照らしていましたので、思わず’お見事’と叫んでしまいました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
大阪府

新車価格
247万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

飛龍原爆固めさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】
全高のある車は好きではないので丁度良い高さ
フロントは良いがマツダ車共通でリアが微妙
18インチタイヤがカッコいい
【インテリア】
デミオと変わらず目新しさはないですが
シートや内装色が白から黒に変わり落ち着いた
感じになりました
アームレストが標準装備になったのが嬉しい
【エンジン性能】
デミオ1.5Dと比べて1.8Dは静かで加速も良い
DPF再生が1.5Dは約20分、1.8Dは5分くらいで
終了しDPF再生中も静かです
【乗り心地】
デミオよりも車重があるので跳ねる感じは少ない
後席が広くなり頭上にも余裕があるので
圧迫感はなく同乗者からも苦情はない
【燃費】
平均17km
【価格】
デミオベースだから高く感じるが1.8Dになり一通りの
安全装備が付いて適正価格になったと思う
1.5Dの時は割高に感じましたが…
【総評】
デミオは一年で飽き買って失敗したがCX-3は見た目も良いし
1.8Dになり走りにも余裕があります
乗り換えて正解でした
大事に乗りたいと思う車です
ただ抱き合わせオプションだけは考えてもらいたい

乗車人数
2人
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
北海道

新車価格
300万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BMSさん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:132人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
プリンタ
1件
1件
トースター
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

【インテリア】
極端に安っぽくはないけど、ルームミラーも自動防眩ではないなど、もろにデミオベースの部分が出ていて、デミオの最高級パッケージと違いが無いか。
これは価格を考えると致命的。

【エンジン性能】
不満という程ではないけど、若干パワー不足気味。
ATのギア比と変速プログラムの関係で、市街地走行(40km/h程度)では回転数が上がり気味。
もう少し早く上のギアになるといいのだけど。

【走行性能】
GVCの恩恵でコーナーリングはもちろん、直線でも疲れが圧倒的に少ない。

【乗り心地】
全席はいいが、後部座席に乗ると狭さとクッションが気になる。
ベースのデミオよりも明らかに余裕がある。

【燃費】
平均18km/L
この車格にしてはエンジンが小さく燃費は若干不利です。
2.2LのCX-5の方が燃費は良くカタログ燃費以上の19km/Lだった。

【価格】
駐車スペースを気にしないなら、CX-5と買った方がいいかもしれない。
小型高級志向で開発されたのだろうけど、明らかにバランスが悪い。
乗り比べればデミオよりも数段良いのはわかるのだけど、パット見たインテリアとかデミオの最上級グレードと変わらないのが残念。

【総評】
今のマツダ車の欠点はやはり、ナビに尽きる。
余裕のあるペダル配置(その分ボンネットが長い)やアクティブ・ドライビング・ディスプレイやコマンダーコントロール等のインターフェイスは優秀なのだけど、ナビの性能が残念。
ハードウエアもソフトも国内では数世代前のものに感じる。
市販ナビが世界的にはガラパゴスで高性能すぎるのかもしれないけど。
あと、ナビやオーディオ周りソフトウエアの立ち上がりが遅く(特に携帯電話と接続すると)、起動直後に若干の誤作動がある。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
北海道

新車価格
281万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

majin sanさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
6件
スマートフォン
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格2

初回車検が済んだので、購入前に気になっていた点と購入後に気が付いた点についてお話します。
前車はプリウスです。

★購入前に気になっていた点

「ディーゼルエンジンの取り扱い」
ディーゼルは初めてだったので、オイル交換とか特別なメンテナンスが必要か等、不安な点がありました。ディーゼルオイルは割高だし、カー用品店での交換キャンペーン等のイベントになることも少ないので維持費アップについては覚悟していました。
しかしメンテナンスパックに加入すれば推奨オイル交換も安く出来るので解決です。初回車検込みのパックなので、車検時の出費は税金のみで抑えられました。また他社ディーゼルのように定期的な尿素点検の必要もなく、ガソリン車とほぼ同様に扱えます。音や振動もあまり気になりません。(ハイブリッドは静かすぎて、子供の脇を通る時など気を使いました)

「車内の狭さ」
最後まで気になっていた点です。プリウスに比べると後部座席が狭くなるので、アクセラと悩みました。ただ、二人家族で普段乗車するのはひとりかふたりですので、後部座席の広さは必要ないと割りきりました。イレギュラーで3人4人と乗っても狭いと言われる事はありません。カップルには丁度良い大きさ…かな?

「マツダコネクトは使えるか?」
色々と言われるマツコネですが、高機能ではないですが普通に使えます。ナビ自体はトヨタ製なので、プリウスの純正と遜色ありませんでした。更なる進化を望みます。

★購入してから気が付いた点

「燃料費が安い。ハイブリッド並み」
通勤に車を使いませんので街乗り中心ですがリッター平均15から16km位です。(さっき確認したら平均燃費は16.2km でした!)前車プリウスも同様の乗り方をして平均18km位でした。ただし軽油はレギュラーガソリンよりリッター20円安いので、燃料費としてはほぼ同等です。なお軽油はスタンドによって販売価格が大きく違うので、安い所を選ぶようにしています。

「ディーゼルエンジンならではの力強い走り」
私のディーゼルは1500なのですが、グイグイ、モリモリと加速する感覚は今までのハイブリッドでは味わえませんでした。高速の談合坂の長い登り坂を他車はひいひい言いながら登って行くのを横目に、追い越し車線を車速を落とすことなく走れるのは本当にキモチ良いです。またパワーがある分、一般道も快適に走れます。

「疲労感が少ない」
適切なドライビングポジションとオルガンペダルのためなのか、運転していても疲労感が少ないと感じます。助手席も快適なようで、昔はエコノミー症候群だと度々休憩を求めていた家内からの不満がこの車に替えてから全く言わなくなりました。
因みに会社ではヴェゼルに乗っていますが、あちらの乗り心地は最悪ですね。すぐに身体のあちこちが痛くなり、遠出したくなくなります。

こんな訳で私も家内もCX 3には満足しています。
家族構成とか使い道とか、それぞれあると思いますが、私たちにとっては良い選択肢だったと思います。
皆様の購入の参考になれば…

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
埼玉県

新車価格
280万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アドバーグ・エルドルさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

他社からの乗り換えです。
他検討はヴェゼル、ハリアー、XV、スイスポで
一通り試乗しました。
価格差はありましたが、今時はどれもそれなり
以上に出来が良く選定に悩みました。
結果、本車を選んだわけですが自分にとっての
決め手はデザインとパワートレーンでした。
納車から5000km走行した現在までで
特段の不満はありません。(ないわけではない…)

【エクステリア】
うーむ、素晴らしい。
フロントは美しく、リアは可愛らしい。
街中で対向の同車種とすれ違ってニッコリ。
降車して振り返ってニッコリです。
個人的にはcx系で一番好きなスタイルですね。

【インテリア】
内装シート、インパネ等の質感は
これといって高級感があるものではありません。
が、決して安っぽくなく、長く普段使いしても
ダサくは感じない小綺麗なデザインだと思います。
センタクラスタの操作系も、慣れれば手元を見ずに
ソラで操作できる配置であり使いやすいです。
不満はダッシュボード奥やフロント内窓が
掃除しにくいことでしょうか。
また自分の使い方ではドリンクの収納は
どうしても足元ドアポケットになりますね。
中央ポケットだとひじ掛けの上げ下げに
絡むことが多いのであまり使いたくないです。
静粛性については価格帯からすると並みだと
感じますが、タイヤノイズがやや大きいかと。
気になる人は18を諦めて16インチにしましょう。
乗り心地も良くなりますし。


【エンジン性能】
ディーゼルだけに普段からパワフルさを感じさせてくれます。特に登坂車線においてそれが顕著です。
踏めば踏むだけ応えて、なおかつ余力も感じさせてくれます。
応答速度や回転数、音からするとスポーティーではありませんが、そういう車ではありませんし
国内での運用ならば十二分な性能でしょう。
ただ発進時や急加速時に電子制御感ありありな
挙動を感じてしまうことも。
人によってはスロコンが欲しくなるかもしれません。

【走行性能】
市街、結構な傾斜の山道といったシーンでの、
加速、曲がる、止まる、で不満を感じることは
ありませんでした。
不満ではありませんがブレーキに若干癖が
あるかなとは思っています。
はっきりと効かせるには結構踏力が必要です。
もうちょっとリニアに効いてもいいと思う。
ですがi-mdのブレーキ評価の仕方を見る限り、
ドライバに減速後半で緩やかなGを一定時間
感じられるブレーキをさせたいようなので、
メーカの意図するところなのでしょう。


【乗り心地】
一般舗装路を走る限り悪くはありませんが、
やはり路面状態に大きく依るでしょう。
例えば幹線道路で大型貨物が常時走行して
路面が荒れているようなところだと、
露骨にピッチがきます。
揺れや傾きをある程度のラインまでは
押さえ込んでくれるけど、そこを越えると、
もういいやフィードバックさせちゃえみたいな感じですね。
個人的には、酔わない程度に路面状況を伝えてくれればイイよという考えなので、これでOKです。
GVCは自分の体感では効きが分かりませんでした。


【燃費】
市街地通勤用途のみの測定にて、平均16.4km/L。
片道14kmを45分という過酷なストップ&ゴーでの値です。
なお谷を越え山を越えの往復200kmの田舎道だと
22.4km/Lです。
高速はまだ乗り入れていないので不明。

【価格】
FWDでエントリークラスの価格帯で見た場合、
安全装備や年次改良の頻度、内容を勘案すると
妥当というかお安いです。
が、下にはデミオ、上には5と8といった色々と
優秀な仲間がいますのでコスパ比較されると苦しいですね。
私も車庫証明に引っ掛からなければ
5にしていたかもしれません。

【総評】
エクステリアが好き、
馬力はそこそこでいいからトルクが欲しい、
4人乗ることはほぼないので後席は考慮しない、
ラゲッジにはキャリーケースが2つ入れば十分、
そんな自分にぴったりなので満足しています。

cx-3は2018モデルでおそらくモデル末期でしょう。
装備的にこの車両価格で必要なものは
ほぼ揃い終えたとも言えるのではないでしょうか。
また次期モデルが出るにしても
このエクステリア感でこのサイズはもうないかも。
頻繁な改良に対して買い時を戸惑っている方は
一歩踏み込んでみては如何でしょうか?

(追記)
操安性、MGコートについて追記。

【操安性】
どうにも轍耐性が低めに思えます。
ワンダリングが月毎に何度かありました。
昔の車がレーンチェンジで食らっていたレベルの
怖いやつではありませんが、車体とハンドルを
取られることがあるのはやはり不快です。
(コンパクト〜ミドルで大径低扁平ならば当然と言えば当然ではありますが)
50扁平ならまあ大丈夫と甘く見たのが不味かった…
元々のホイールデザインは好きですし、
プロクセスR52のグリップ(登り急カーブも攻めていける)も悪くないと思いますが、
インチダウン検討を始めました。
可能であれば試乗の際に16、18インチ両方で
乗り味等を確認されるほうがよいでしょう。

【MGコーティング】
初マツダ車だったためディーラーとの付き合い初め
も含めて納車オプション施工してもらいました。
さてこのMGコーティングですが、専門業者の
施工する一般的なガラスコーティングと
機能的にも質的にも大差ありません。

耐キズ → 当然飛び石キズレベルには無力
防汚 → 花粉鳥糞には早い処置が必要は変わりなし
撥水維持 → 市販剤よりは持つがメンテ必須
ウォータースポット → 耐性は無施工と変わらず

隔週で付属のメンテ剤をちゃんと使うなら
初回車検までキレイキレイでいけそうですが、
それなら施工せずとも、隔週でプレクサスなり
バリアスなりブリスなりで代替できます。
普段からまめに洗車や市販剤コートをする方には
特に必要はないオプションかと思います。

4月時点で半年点検を通過しました。
内装の軋みや駆動系の鳴きもなく、
乗り心地もこなれてきて安心しています。
まずは初回車検まで大事に乗りたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
鹿児島県

新車価格
277万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドナイヤのグラブさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
17件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

下の子が高校生になり、野球の送り迎えがなくなったのでキレイめな車を検討。
嫁がメインなので小さくて運転しやすい車ということでCX-3を購入しました。

エクステリア
これが1番気に入ってます。
大手メーカーの同クラスみたいにゴテゴテしていないし、上品に見える外観に大満足です。

インテリア
価格以上の質感、コマンダーノブの使用感、シートヒーター、ステアリングヒーター、パワーシート(操作するリモコンキーによって判別してくれる機能が便利)等々便利機能満載です。
特に電動パーキング、センターコンソールが便利です。

エンジン性能
それなりです。
XDは走り始めがストレスですが、ガソリン中速から非力です。
嫁の車なので丁度いいと諦めてます。

走行性能
走らないエンジンの割にスポーティな足回りで、好き嫌いが分かれると思います。
男性が乗るには良いと思います。

乗り心地
良いとは言えません。
E52エルグランドに乗ってますが、かなり差があります。

燃費
ガソリンにしてはまずまずです。
街乗り、短距離でもリッター10kmは切らないです。

価格
総支払240万以下。
高級な機能満載なのに割安です。
これは販売員さんに頑張ってもらったお陰でもありますが・・。


セカンドカーとしては贅沢機能満載。CX-5との価格差、車格を考えるとCX-5の方が売れている理由がわかるような気がしますが、マツダらしい魅力溢れる車だと思います。

使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
愛知県

新車価格
247万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

再考ちゃんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
124件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

XDツーリング AWD MT

両親が80代となり、もしかしたら父親の免許返納により今後両親と遠出をする際にリヤシートの居住性が必要となる事も想定し、cx-5 への乗り換えを密かに計画していた矢先のディーラー担当のセールストークと相成り、年次改良前のモデルとはなりますが、2年半という短い期間となってしまいましたが、乗り換えることとなりました。

自分がcx-3 を購入したときは、ナチュラルサウンドスムーザが全車標準装備となったXDツーリングです。
当時は「ラッキー!」と浮かれモードでしたがまさかこんな頻繁に年次改良があるとは思いもしなかったので・・・

もし現在、cx-3 を検討されている方が見えれば、もちろん最新型(2018年7月ガソリン、ディーゼル問わず)を是非お勧めするのですが、お値打ちな中古車を検討されている方の参考になればと思います。

中古車を検討する場合

cx-3 に限らずですが、なるべく装備の整った上級グレードを選択しましょう。特に追従式のクルーズドコントロールはあると大変重宝します。

AWDは雪国以外では必要ないかと思われますが、MAZDAの場合はスバル車と違い、必要に応じてしか作動しないタイプでなので、AWD装備車でもさほど燃費は左右しないため、予算が許すのではあれば、AWD装備車をお勧めします。

初期型に関してはクリーンディーゼルエンジン一択ですので、個人的にはマニュアルミッションがお勧めですね。ATとの相性も良いのでごり押しはしませんが、排気量が1500ccということもあり、ドライブをより楽しみたいのであればマニュアルで!

Bセグ、ロングノーズということもあり、扉は4枚ありますが基本「2ドアクーペ」と思って下さい。リアシートの座り心地は結構良いのですが、長時間のドライブにはやはり狭過ぎますね。

ディーゼルエンジンですから、ゴロゴロ音は耳につきますが、気になるのはアイドリング時だけです(特にエアコンON時)
走り出せば殆ど気になりません。アイドリングストップ機能もありますので。

室内の小物をおくスペースは皆無ですが、基本車内には必要最小限のものが置ければいいと思います。
残念ながらトランク収納も厳しいです。更にBOSEステレオのオプションが装備されていると、トランク内底をウーハーが陣取ってしまうので、更に厳しい・・・
二人で2泊3日の旅行に行く際、大きめな旅行バックを載せるとリアシートを倒さないといけないレベルです。
因みに通常仕様のトランクルームは底板を一段下げることが出来るようになっており、若干ですが収納スペースが広く出来ます。

ディーゼルエンジンはメンテナンス(オイル交換)にお金が掛かると言われますが、マメに手を掛けることによりエンジンの延命に繋がるので、デメリットにはならないと考えましょう。MAZDAのディーゼルはオイル指定があるのでディーラーさんでメンテしてもらうのがベター。

リアの視認性はとても悪いですが慣れますよ。広角のバックモニターとの連動作業での後方確認を習慣付け必須!

タイヤが18インチと16インチの2種類があります。当然カッコいいのは18インチですが、雪国(サイズが特殊なのでスタッドレスが選べない)や乗り心地重視であれば16インチがお勧めかな。因みに18インチはサマータイヤでもTOYOタイヤ以外のチョイスは、皆無なのでぶっちやけ厳しい。

乗り心地は18インチは街中での走行については然程問題はないのですが、やはり高速道路走行でのロードノイズは厳しいですね。舗装路面にもよりますが。ただ新型から装着されているTOYOタイヤはかなりその辺が改善されたモデル(純正装着モデル)へと進化しているようなので、中古車で18インチ装着グレードを購入された際は是非、タイヤは最新の純正装着のTOYOタイヤに履き替える価値ありです。
因みに純正装着タイヤはカー用品でも品番を指定すれば購入可能です。その代わり費用は少々高め。

オーディオ・ナビゲーション共に選択は出来ません。MAZDAオリジナルの「マツコネ」システムとなっている為です。

【総評】

室内諸々不便な箇所はありますが、所有欲を沸かせる素敵なデザイン、ドライビングの楽しさを満たしてくれる一台だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年4月
購入地域
愛知県

新車価格
281万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

紫遠さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
流れるような美しいボディラインです。
試乗車はセラミックメタリックでした。
渋い色合いで好みでしたが、展示車の
ソウルレッドが綺麗で、買うなら赤かな?
と感じました。

【インテリア】
ダッシュボード付近は、やはりプラスチック
感が高いですね。しかしハンドルやメーター
周り、エアコン吹き出し口などは良く出来て
いると思いました。

【エンジン性能】
高速に乗ると分かりましたが、静かに回るのに
力強くて、ディーゼルエンジン凄くイイです。
ちょっとした坂道もアクセル踏み増しいらずです。

【走行性能】
ブレーキもしっかり効きますし、安全装置づくし。
自分の軽自動車と比べたら雲の上の存在でした。
ハンドルもしっかり重みがあり安心感が高いですが、
もう少しだけ直進安定性が欲しいと思いました。

【乗り心地】
普通に継ぎ目を通過する時も軽くいなしてくれます。
車内も静かで満足度が高いです。ただ、静か過ぎて
タイヤからのロードノイズが気になります。あとは
荒れた路面での微振動と、波打ちが続くような道路
では、揺れが収まりにくく感じました。

【燃費】
試乗なので正確な数値はありませんが、借りてから
返却するまでの平均燃費値は20.6km/lと表示されて
いました。高速8割、一般道2割で、全て法定速度内
での結果で、驚きました。

【価格】
試乗なので価格のコメントは控えます。

【総評】
車体もそれほど大きくなく、女性でも運転しやすい、
長距離移動してもそれほど疲労を感じず、安心感が
高い車だと思います。購入最有力候補にしましたが、
他の車にも是非試乗してみたいとも感じました。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DAIRUUDさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
スタッドレスタイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格5
 

 

2017年式、15000km走行
※基本的に乗車人数2人未満での印象です。
【エクステリア】
この車の最大の売り。デザインの良さとバランス。
ロングノーズで背の低いSUV。随所に曲線で立体的なボディ。車高を下げればハッチバックに見えなくもない。
ベースグレードの場合、グリルが樹脂系になるが、そこまで安さを感じない。
マシーングレープレミアムは、光の当たり具合で不思議な感じになる。ただし、マツダが言うような金属ではなくあくまでグレーカラーという範囲で。
外観、デザインは非常に素晴らしい。

【インテリア】
デミオと共通部分が多いため、微妙に感じる人が多いと思われるが、200万円代ならば合格点。
むしろデミオのコストパフォーマンスが良すぎるため、このような印象を持つ人が多いのではないだろうか。
ベースグレードでも日常的に人の手が触れる部分は本皮であり、こだわるところはこだわっている。

【空間】
残念ながら3ナンバーにしては狭い。室内はデミオとほぼ一緒なため車中泊は160cmの人でぎりぎりな雰囲気。
後部座席は特に狭いと言える。ファミリーユースには厳しいものがあるように思うので、2人以上乗せる場面が多い人は注意。
なお、5人乗りではあるが、真ん中の席は足場に困るのでお勧めできない。

【エンジン性能】
2.0LのNAはアクセルの反応がいい。実用的な範囲で追い越しではシフトダウンで余裕に追い越すことができる(乗車人数1人から2人の場合)。
MTモードでのシフトチェンジは意外と楽しい。シフトアップはかなりスムーズに繋がる。
雪道での性能は、可もなく不可もなく。
例えば右折時にきつい坂があるような状況(0km/hからハンドルを切っての勾配8%の坂を登るシチュエーション)では、何の問題もなく進んでいく。
勾配のきつい坂をバックで安定して登ることも可能。

追記2
マツダ車を検討している方はぜひ複数の車種、複数のエンジンに試乗していただきたい。


【乗り心地】
納車した車体はオプションの16インチ仕様ではあるが、十分硬い印象。
(トランザと思ってきたが、エナセーブEC300+を履いてきた。グレードにもよるかもしれないが)

あまりロールしないコーナリング。想像より少ない横Gに驚く。プラスでオルガンペダルの恩恵でアクセルコントロールしやすく、乗っている人が酔いにくい。

フレーム部分はデミオのディーゼル版を補強しているものとディーラーの営業から伺った。
ディーゼルももちろん素晴らしい印象だったが、ガソリンエンジンだと剛性の高さを感じることができる。
静音性は、とてつもなく静かではないが、この価格帯では十分静か。静音性をより求める方は、タイヤ選びを慎重に行ったほうがいい。

目線は普通。最低地上高160mmのため、乗り降りは比較的良好。
チルト&テレスコピックステアリングのおかげでドライビングポジションは安定している。このドライビングファーストはマツダらしい作りで素晴らしい。

SUVの雰囲気がしないため、求めるものがゆったり感などであるならばcx-5や8、静粛性ならアテンザがいいだろうし、スポーツならアクセラやロードスターなどになるだろう。いいとこどりな車であるため、正直言うとどっちつかずな感じである。



【燃費】
・パイロットスポーツ 3(225/45r18、グラムライツ57xtc)
山:13km/L、平坦:16km/L、一般道巡行:18km/L、高速:16.7km/L
冷房+一般道全般:15.4km/L(満タン法)
・VRX(215/60r16、純正アルミ)
轍:13km/L以下、乾燥路:16km/L

追記
高速の場合、100km/hでは十分であるが、それ以上の速度あるいは上り坂に差し掛かると燃費を維持できない。
高速に乗る割合が多い人は、ディーゼルがおすすめ。
また、MRCCは非常に使いやすいので合わせて検討していただきたい。

冬場、雪国では燃費が悪化する。
しかし、一昔前のオンデマンド4WD軽自動車と比較したら驚きの燃費である。
夏場は完全にFFになり、燃費がかなり良くなる。エコタイヤだともっと伸びるだろう。

【価格】
ベースグレードの価格でエクステリア、インテリア、安全装備を考えると安い。
(共通部分が多いデミオと比べてしまうと高さを感じるが、比較したらきりがないのでノーコメント)

【総評】
あくまで大衆車であり、スポーツカーでもないし、高級車でもない。評価が大衆車を出ることはない。
しかし、価格よりワンランク上の走行性能やところどころ素敵な質感がある車で、ある意味マツダらしい車である。

CX-3は積載や快適性よりデザインと運転重視をした車であり、SUVの中ではSUVらしくない変わった車である。
そして、何かに秀でた車でないので買う人を選ぶような気がする。販売台数も妥当な数字だと個人的に思う。

何度も書くが空間が狭いのでファミリーカーとしては少し厳しい。
自分のように独身であり、実用的でデザインが良く、それほど荷物を積まず、雪国でもそこそこ運転していて楽しい車が欲しいという人にはオススメの一台である。



・長点
運転していて楽しい2.0LNA高圧縮エンジンと4WDの制御で安全かつ燃費のバランス
直進安定性
安全性が高いため、保険料が割引になる
最適なドライビングポジション
ベースグレードでも皮のハンドルなどのドライバーファーストなパッケージ


・欠点
車内が狭い(ほぼデミオ)
デミオ共通な部分が多く、いまひとつプレミアム感が足りない
スマートフォンの置き場を考える必要がある
バックでの駐車はミラーとバックカメラの併用前提
ところどころ雑なインテリア
マツダコネクトが取り外せない
(特にマツダコネクトのナビは改良の余地がある。まず、Bluetoothが繋がなくなったりする。
他にずっと前からある通行止の区間を推奨ルートで通そうとする、ものすごく狭い道を通そうとするなど。
GPSの精度が甘い)

シートが合わない
(この点に関しては、個々の体系やフィーリングの問題ではあると思うが、NDロードスターのシートの方が背もたれは快適である。)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
秋田県

新車価格
233万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tetsu29438さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
7件
ノートパソコン
2件
4件
自動車(本体)
3件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5
   

   

18年5月のMCの発表後にMC前のモデルを購入しました。
MC後はMRCCが全車速対応になった以外はあまり実使用に変化がないと考え、値引き、下取り等で好条件だった旧モデルの購入を決めました。
比較対象は前車のBLアクセラ(後期タイプ)になります。

【エクステリア】
鼓動デザインモデルとしては一番カッコいいモデルだと思います。
前車より一回り小さくなって、車庫入れが少し楽になりました。

【インテリア】
デミオと同じインパネとの事ですが、安っぽさは感じません。
後席が少し狭くなりましたが、シートの乗り心地は前車より良くなっていて、家族からは特に不満は出ていません。

【エンジン性能】
エンジン、AT共前車とほぼ同スペックです。(ATはギア比も同じ)
ですので、重量が100kg軽くなった分軽快になり、実際スピードの乗りも良いと思います。
動力性能に不満はありません。

【乗り心地】
よく言われるタイヤの突き上げ感はあまり気になりません。
重心が高く、ホイルベースが短くなった感覚はありますが、それがネガティブには感じません。
社内も静かになりましたし価格なりの性能は十分持っていると感じます。

【燃費】
まだ2回しか給油していませんが、あまり前車と変わらない感じです。

【価格】
MC前の売れ残りモデルだったので値引きも普通より大きかったと思います。
この他下取り価格の上乗せや金利の優遇もあり、思ったより安く購入できました。

【総評】
駐車場の関係で次の車はアクセラより小さい車種で検討していましたが、タイミングよく良い条件で乗り換えることが出来ました。
MRCCも便利ですし、アクティブドライビングディスプレイの視認性もよく、特に大きな問題はでていません。
マツダコネクトだけはまだ慣れていませんが、車自体の設定機能も兼ねるというコンセプトは理解できます。
インターフェイスにもう少し慣れるといいのかもしれません。
車のスタイルも良く、全体的には満足しています。

比較製品
マツダ > アクセラスポーツ 2009年モデル
乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
埼玉県

新車価格
257万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アルバトラスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

【エクステリア】スタイリッシュな外観が気に入り、運転を始めて45年になりますが、初めてSUVを購入しました。

【インテリア】合成レザーシートがしっかりホールドしてくれ、2〜3時間の運転も余り疲れません。黒と赤の色調の内装もいいです。運転中は、ヘッドアップディスプレイが目線を変える必要がないので助かります。

【エンジン性能】70歳に近い年齢なので、制限速度内の運転です。1.5Dは普通道路、高速道路共にパワフルです。高速道路ではトルク力とMRCCで長時間運転でも疲れ難いです。仕事で欧州に出張する機会が多かったので、欧州ではディーゼルエンジン車が普及していたこともあり、ディーゼルエンジンに対する抵抗感はなかったです。

【走行性能】停止状態から動き始めた直後は少し加速タイムラグがありますが、すぐに1500回転以上になるので、いい加速をします。巡行速度で運転している時に、坂道にさしかかってもスピードは安定しています。


【乗り心地】タイヤが215/50R18と扁平率が高いので、正直乗り心地は悪いです。

【燃費】軽油を使って20〜22km/lは走るので経済的です。

【価格】オプションを付けて290万円余りの価格に対し、10万円弱の値引きでした。当時は補助金額が多かったので、不満はないです。

【総評】3年3カ月間に、3万5千km乗りました。運転するのは、95%私で5%は家内です。初めてのマツダ車ですが、気に入っています。購入後MCの度に進化しているので、最新のCX−3にも一度試乗してみたいと思っています。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
和歌山県

新車価格
259万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:586人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】
良くも悪くも一目でマツダとわかるフロントフェイス。
ややデミオ感が拭えていない感じがあるかな。
もう少しCX-3らしさというところをうち出せたら尚いいと思います。

【インテリア】
シンプルで居心地のいいインテリアデザインです。
シートのホールド感、質感も素晴らしく、さらにS Packageではシートヒーターとパワーシートが付いてくるので文句の付け所がないです。
ただ、ところどころ安っぽさを感じるところがあるのが少し残念なところ。

【エンジン性能】
流石のディーゼルエンジン、トルクはモリモリで、発進時から非常に力強く、かつスムーズに加速してくれます。
非常に楽しく快適なんですが、難点はエンジンノイズ。
結構ディーゼルの不快なノイズが車内に入ってきます。
CX-8ではこの辺りが完璧と言っていいほど抑えられていたのもあったので、残念なポイントです。

【走行性能】
剛性も高く、安定感も高いです。
ステアリング操舵性に関しても軽すぎず重すぎずで、運転はとてもしやすい印象でした。

【乗り心地】
標準で18インチタイヤを履いています。扁平率が低いタイヤを履いていますが、ロードノイズはかなり抑えられている印象。
エンジンノイズが勿体無いですが、それ以外の静粛性はかなり高いレベルにあると思います。
乗り心地に関しても、どっしりとした印象で、段差のいなし方なんかもいい感じです。
トーションビーム式のリアサスですが、そこの悪さというのは目立ってませんでした。

【価格】
今回試乗したXD S Package 4WDは車体価格で300万近く。
正直300万を出すなら、自分ならCX-5 XDを購入するかなという気持ちです。
CX-3ならでは!というものをもう少し押し出してもらって、CX-5の下位互換と呼ばれないような車に仕上がってくると尚いいかなと思いました。

【総評】
全体的なバランスはよくできていると思いますが、ディーゼルエンジン以外の大きな特徴がもう1つ欲しいところ。
CX-5には出せない良さが出せる車だと思っているので、そう言った部分に関してはフルモデルチェンジに期待しておこうと思います。

補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_cx3_xd_2018/

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高山正寛さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

全高を1550mmに抑えることで多くの立体駐車場への入庫がしやすいことが魅力です

ボディカラーは5万4000円高となる「マシーングレープレミアムメタリック」になります

Lパッケージはレザーシートを採用することでインパネカラーも2種類から選択できます

Lパッケージには運転席10ウェイパワーシートが標準装備、メモリーも可能です

2LガソリンエンジンはCX-5と同型ですが、スペックやセッティング自体は異なります

他のマツダのガソリン車同様、車両応答性を高めるドライブセレクションが装備されます

「この選択肢は十分あるな」。これがマツダCX-3に新たに搭載されたガソリンエンジン車に乗った印象です。

CX-3は2015年2月に発表した新世代商品群の第5弾となるコンパクトSUVです。プラットフォームこそデミオと共通化を行っていますが「次の時代のスタンダートを創造する」という開発陣の当時掲げた志からもわかるようにコンパクトでも内外装のデザインや質感、さらに装備面でのクオリティなどもデミオとは異なる価値観も提供してきました。

今回試乗したガソリン車は2017年6月に追加したモデルです。なかなか試乗する機会が無くレビューも遅くなりましたが、その分市街地から高速までかなりじっくり試乗することができました。試乗車はガソリンモデルの最上位となる「20S Lパッケージ(2WD,6AT)」です。

発売当初はデミオ(後にアクセラにも)に搭載された1.5L4気筒のスカイアクティブD、つまりクリーンディーゼルのみを搭載したCX-3。当時としては大胆な割り切りかと思いましたが、このクルマの商品性や価値を高めるためにもこの考え自体は有り!と感じていました。

ただ時間が経つ中、実際にセールスマンと話をすると「クルマは凄い良い。特にデザインで興味を持ってもらえる。ただそこでネックになるのはやや高めの価格設定です」という声でした。

先に言ってしまえば今回試乗した同グレード比較でも27万円の価格差が発生します。個人的には「この差額を何万km走れば元が取れる」という考えにはあまり同調しません。なぜなら価格が高い分、得られる走りの質なども異なってくるからです。

それでも今回のガソリンモデルの投入はユーザーの拡大にも十分効果がありますし、それほど遠距離を走らないけど、このデザインやサイズ感は魅力と思っている層にもミートします。実際、CX-3のユーザーには女性が多く、発売開始当初から比較すると女性ユーザーは約2倍に増えていることからも導入タイミングとしては良かったと考えます。

搭載するエンジンは2L4気筒の直噴で使用燃料もレギュラー仕様とおサイフにも優しいです。スペック自体は109kW(148ps)、192N・m(19.6kg-m)と特筆する部分は少ないですが、新しく表示が義務化された燃費モードである「WLTCモード」にもいち早く対応しています。

走り始めて感じたのは何よりもその軽快感です。そもそも車両重量はディーゼル車より30kg、前後重量を見てもフロント側は軽くなります。アクセルに対するピックアップの良さ、コーナリング時のスムーズさなどもディーゼルとはひと味異なるテイストに仕上げてあります。現在のマツダ車のほとんどに搭載されているGVC(G-ベクタリングコントロール)のおかげもあるのでしょう。高速道路などでのレーンチェンジ時などの挙動の収まりの良さなどはガソリン車でも同様です。

ディーゼルほどではありませんが、実用的なスペックを有しているガソリンエンジンなので高回転まで回して楽しむというよりは中回転域までを使って軽快に走るのが似合っています。パドルシフトも活用すればよりアクティブな走りも楽しめるでしょう。

個人的には少し乗り心地、特に不整地を走った時の突き上げは固いかな、という印象を受けました。タイヤの影響もあると思いますが、この部分はハンドリングとのトレードオフの部分もあるので後述する次回改良時にはさらに進化を期待したいところです。

気になる燃費ですが、今回600kmをWLTCモードに合うように「市街地」「郊外路」「高速道路」とその都度満タン給油→リセットして走ってみましたが、概ねカタログ値に近い結果でした。全行程でオートエアコンを25℃前後で設定、特にエコ走行は意識しないで市街地が12.6km/L、郊外路が15.2km/L、高速道路は19.6km/L、トータルでは13.8km/Lという結果でした。郊外路に関しては山道も含めて走ったこともありカタログ数値より落ちてしまっていますが、傾斜の少ない道路であれば燃費は向上するはずです。

前述したようにガソリンエンジンの投入で大きく魅力が向上したCX-3ですが、先進安全装備を含めた装備と価格のバランスの良さでは「20S プロアクティブ」がオススメです。FF車の6ATで228万4200円ですが、これにはレーダークルーズコントロール(マツダではMRCC)とスマートブレーキサポートが付いていません。これをメーカーオプション(5万4000円)で付けることをオススメします。また試乗車にもオプションで搭載されていたBOSEのサウンドシステム(6万4800円)もぜひ装着をオススメします。正直標準装備のシステムがやや物足りない部分もありますが、この価格でこれだけのシステムを組み上げるのは難しいと思えるほどコスパが高いです。元々静粛性の高いCX-3ですから車内でいい音は楽しみたいというのは誰もが共通した気持ちでしょう。

最後に魅力が増したCX-3ですが「常にその時に最良の商品を送り出す」という開発陣の言葉が気になっています。これまでのクルマのモデルチェンジサイクルとは異なるタイミングでアップデートを行ってきたマツダ車ですからそう遠くないタイミングで何かが起こりそうな予感もしています。実際の購入はその時まで待つ、というのも十分有りだと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ボンゴロデーチモさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
22件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
外観だけで決めたといっていいくらいそそりました。
いつもの車ならエアロを組んだりしてやっとかっこよくなるかんじですが
CX-3は何もしなくてもいいほど優れていると思います。

【インテリア】
魅せ方は上手いと思いますが素材に統一感がなさすぎと思います。
赤い革張り・フェイクカーボン・シルバーメッキなど
色々使いすぎてゴチャゴチャしています。ひとつひとつは良いものです。

室内が狭いかもれませんがそこがスキです。これぐらいの包まれたかんじがいい。
なんで室内広いが正義な風潮なんとかなりませんかね。。。


【エンジン性能】
やはりディーゼルのバラバラ音は気になります。が、それよりヒューヒュー
鳴る音のほうが気になります。バックタービンの音だとディーラーでは言われましたが。。。
走り出しは遅いですがいつのまにかスピードがでていて驚きます。いい意味で。

【走行性能】
直進の安定感が腰高の車のわりにすごいと思いました。前に乗っていた
インプレッサWRXよりもスピード出しても怖くありません。

【乗り心地】
サスは固いと評判ですがそれが好きです。ロールも少なく前に乗っていた
BKアクセラよりもフラフラしません。

【燃費】
今年の豪雪でのろのろ運転が続き燃費は決してよくありません。春から期待します。

【価格】
私には新車では手が届かない価格です。中古でやっと購入できる価格になってきました。。
何台か見て回りましたがどの中古車も綺麗なものばかりでした。この車の優雅さがそうさせているのでしょうか。
新車価格としては高いかなぁと感じます。

【総評】
国産車でコンパクトでデザインがよくて室内上質。全てが適った車だと思います。後悔はありません。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった37人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

CX-3
マツダ

CX-3

新車価格帯:216〜315万円

中古車価格帯:86〜278万円

CX-3をお気に入り製品に追加する <600

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意