トヨタ ノア ハイブリッド 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ノア ハイブリッド 2014年モデル

ノア ハイブリッド 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ノア ハイブリッド 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID Si W x B II 2019年1月7日 特別仕様車 1人
HYBRID Si W x B 2017年11月24日 特別仕様車 2人
HYBRID G 2017年7月3日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID Si 2017年7月3日 マイナーチェンジ 2人
HYBRID X 2017年7月3日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID Si W x B 2016年7月6日 特別仕様車 2人
HYBRID G 2016年1月6日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID X 2016年1月6日 マイナーチェンジ 1人
X Delight Plus 2015年4月2日 特別仕様車 2人
G 2014年2月24日 ニューモデル 16人
X 2014年2月24日 ニューモデル 15人
満足度:4.32
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:48人 (プロ:1人 試乗:7人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.29 4.34 42位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.16 3.93 5位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.04 4.13 109位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.09 4.21 98位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.09 4.05 78位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.47 3.89 32位 燃費の満足度
価格 3.88 3.88 82位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノア ハイブリッド 2014年モデル

ノア ハイブリッド 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
2件
1件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
2件
携帯テレビ・ポータブルテレビ
0件
2件
もっと見る
満足度2
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費3
価格2

ハイブリッドGに乗って半年たちました。メーカーには次回のモデルチェンジでぜひ次の点を改良してもらいたいと思います。

・サスペンションが固くて乗り心地が悪い。もっとしなやかな乗り心地にしてほしい。
・遮音性が低く車外の音が入り不快である。遮音性を高めた快適な車内空間をつくってほしい。
・エンジンがとても非力である。エンジンの馬力及びモーターの出力を高めて、坂道でも余裕をもって登れる車にしてほしい。

以下各項目ごとの感想です。
【インテリア】
Gクラス以上で内装色が黒であればピアノブラック仕上となり質感もよい感じです。チープさは感じません。
【エンジン性能】
とても非力です。坂道ではエンジンが高回転でうなってストレスが溜まります。エンジン、モーターとも非力すぎて走りに余裕がありません。モーター走行ではすぐに電池が減って電池の容量も少なすぎる感じがします。
【乗り心地】
サスが固く乗り心地が悪いです。路面の凹凸を全部ひろいます。非常に不快です。せめてカローラ並みの乗り心地にしてください。一番の不満点です。
【静粛性】
遮音性が低く外部の音が入ってきます。特に路面からの音がよく入ってきます。60キロ以上出すと静かな音楽は聞けません。不快です。300万円以上する車なのに残念です。
【燃費】
信号の少ない郊外でリッター当たり冬場17キロ、初夏20キロでした。冬場はエンジンの温度を上げるため暖機運転を頻繁に行うので燃費が悪いようです。
【車内の広さ】
車内は広く感じます。どなたも不満は感じないと思います。
【取り回しのしやすさ】
5ナンバーサイズの車体なので取り回しがしやすいです。スーパーの駐車場とめや自宅の車庫入れも楽です。ノアは今後も5ナンバーサイズを維持していってほしいです。ハンドルも軽くて操作しやすいです。
【価格】
300万以上する車ならもっと上質な乗り心地にしてもらいたいです。品質が価格相応だとは思いません。トヨタならもっと完成度の高い車を作ってください。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
埼玉県

新車価格
314万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gx9900さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
0件
11件
自動車(本体)
2件
6件
ノートパソコン
2件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

プリウスからの乗り換えでした。
ハイブリッドのエンジンストップからの発進の制御が好きで
ハイブリッド一択です。

価格
価格は高いです。装備もあれこれつけた自分も原因ですが、値引きなしだと400万を軽々超えてびびりました。

パワー
エンジンのパワーについては評価が分かれると思いますが、
あまりモーターだけで走れる機会はないと思います。
そう行った意味では、余裕のパワーで走っていると言うわけではないと感じました。
powerモードにすれば軽快に走ることはできますのでエンジンも積極的使った場合のパワーはあまり気にしなくていいと思います。

内装
そこまで高級感を求める車じゃないので相応だと思います。

外装
すごく綺麗。さすがはトヨタ

ハイブリッドの静粛性はなかなか。これがあるからハイブリッドはやめられないが、いかんせん少し高かったです。


乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
愛知県

新車価格
338万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
0円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

心の中にドナドナさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:455人
  • ファン数:27人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
16件
389件
デジタルカメラ
3件
107件
レンズ
14件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格3
 

外観です

塗装が違う

 

2017年 HYBRID Si WxB(寒冷地仕様)に乗っています。
60系に10年、70系に3年乗ってこの車を買いました。
値引き等は忘れました。

現在所有しているのが他にNV200GX MT仕様
過去に乗ったのが 60系、70系、MPV、プレオRM、プレオRSです。

【パワーが無い】
これに関しては様々な意見があると思います。
個人の主観が入るので当然だと思いますが、私ははっきりとパワー不足と言い切ります。
必要最小限のパワーって感じです。パワーモードにすれば力を感じることはできるのですが、ハイブリッドのメリットが無くなります。
セレナやステップワゴンに大きく差がつけられているんじゃないでしょうか?
プリウスのシステムがノアに載っているのですから当然と言えば当然です。(ギア等が最適化されてはいます)
特に感じるのが高速道路。パワーに余裕を感じることが出来ません。
高速は100kmが法定速度で最高速度(一部120km)ですが、そこの領域に余裕が無いのです。
余裕が無いと言う事は、クルージングにも余裕を感じることが出来なくなります。

【基本静かな車】
バッテリーにスタミナがありませんが、うまく使ってあげれば静かで快適な運転が出来ます。
特に家族以外の人を乗せる時、ちょっといい気分になりますね。

【乗り心地と足回りは過去最高】
これは本当に良くなりました。同価格帯のセダンにかなうはずもありませんが、かなり乗用車に近づいてきています。
段差があった時、60系みたいな跳ねる感じでも70系のふわふわする感じでもなくしっかりと吸収します。
コーナーの安定も歴代最高です。

【小回りはどうかなぁ】
NV200の小回りの良さを知っているので、それと比べたら小回り効きません。あのサイズでは普通なんでしょうし、不便さを感じてはいませんが。

【オートクルーズが良い】
一番好きな機能がオートクルーズです。
今まで殆ど使ったことがない機能でしたが、ノアのオートクルーズは優秀で、多用しています。速度の微調整が簡単で、解除も簡単です。コラムシフトっぽい感覚になります。

【安全補助装備満載】
何もない見通しの良い直線で誤作動でブレーキ!と言う警告が出たことが一度ありますが、(条件反射で急ブレーキ踏んだら事故っちまうぞ!)いろいろ安全の補助装備が満載です。
ただ、運転の責任はドライバーです。責任を自動車会社が負ってくれると言うなら安心装備ですが、そんなはずないので。

【燃費は良くて17.5】
燃費は16〜17.5です。分かってはいたのですが、せめて18〜19だろうと思ってました。
カタログと実燃費は違うのは知っていますが、不満です。

【視界良好】
実は前方の視界はNV200の方が良いです。サイドミラーの視界も同様ですが、視界は過去3台のノアで一番良いと思います。

【特別仕様車】
車って自己満足な部分がありますが、ノーマルと特別仕様はシートとかメーター周りとかこだわりが無ければ全く差がありません。

【ファミリー用途では不満が無い】
これが一番肝心な話で、家族を乗せて走るには、普通に走るし、乗り心地は悪くないし、静かだしと、特に燃費以外で不満はありません。そういう意味ではこの車種は歴代最高の普通です。

【謎が多いEVモード】
時速30kmまでパワーがある方のEVモードで走れます。実は60km近くまで引っ張ることもできます。

【塗装が良い】
この車、タイヤワックス以外でワックスをかけたことがありません。元々そういう仕様ですが、ゼロウォーターを3回くらいしか書けたことがありません。さっと洗って良くふき取る位です。コーティングが良いのでしょうが、流石のトヨタです。
逆にNV200はワックスがけを時々していますが、太刀打ちできません。

【長い付き合い】
60系から、ノアとは実に2002年からの付き合いになってしまいました。
本当はエスティマを買うつもりだったのに、何故か80系 妻がエスティマは怖くて乗れないと言うのが理由でした。
ここまで来ると、この車種はもはや恋人ではなく家族みたいなもんなので、不満を言いながらも乗っていくと思います。
電気系統やら足回りやらトラブル続きで、最後はちゃんとオイル交換もやっていたのに、エンジントラブルで半べそ状態で手放した60系から見たら、80系はだいぶ大人になりましたよ。次のモデルはたぶん買いません。この車を長く乗る予定です。多分。

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
宮城県

新車価格
332万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

isao!さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

勢いで買いましたけど、買って満足です。

【エクステリア】
奇をてらったデザインでないことに好感を持てる。
まぁまぁシンプルでカッコよくまとまっていると思う。

【インテリア】
安っぽさは感じない。

【エンジン性能】
パワー、レスポンス十分です!

【走行性能】
前に乗ってたシエンタハイブリッドに比べて加速が良い。
アクセルのレスポンスが良くて、クルコン付いてるし高速道路の運転が楽になりました。
シエンタでも書いたけどエンジンのオンオフ時のショックが無くて良い

【乗り心地】
前車シエンタハイブリッドとの比較
・エンジン、ロードノイズの遮音が比較的しっかりしていて高速道路でも後部座席の子どもと普通に会話出来る。
・3列目までエアコン吹き出し口があって夏、冬も快適

ただし、天井のスピーカーは煩くて残念過ぎる。無くて良い。

【燃費】
リッター12ぐらい。もう少し走って欲しいかな

【価格】
高いっすね。
このサイズでこの装備ならまぁ仕方ないか…

【総評】
家族4人でゆったり移動出来て、3列目を出しても窮屈さはほとんど感じない。
天井のスピーカーを除いて本当に良くできている。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
神奈川県

新車価格
332万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゴウ666さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3

非常に運転しやすい。
7人乗りで探していてベルファイアと悩みましたが
ノアにして正解でした。
5ナンバーなので街中細い道も駐車場も特に気にしなくていいです。
買って正解!

乗車人数
6〜7人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

もっち39さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
4件
Nintendo Switch ソフト
2件
0件
カーワックス・コーティング
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格5

【エクステリア】
あくまで私見ですが、三兄弟の中では一番無難で飽きのこないデザインと思います。
【インテリア】
前車エスティマ、現車アルファードと比べると、さすがに…ですが、不便さはまったく感じません。
【エンジン性能】
非力です。坂道 高速ではストレスが溜まります。
【走行性能】
普通の運転なら、山道もストレスなく走れます
【乗り心地】
車外の音が気になります。長時間運転すると疲れるときがあります。
【燃費】
平均16ぐらいでした。
【価格】
コスパは良いと思います。
【総評】
前車エスティマが災害で廃車になり、仕方なく乗り換えました。4年乗りましたが、家族四人でいろんなところに楽しくお出かけできました。アルファードに買い換えた理由は、街中にあまりにもあふれていたからです。でも、それだけ人気のある車、理由がある良い車だと思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年9月
購入地域
山口県

新車価格
305万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fightingnimoさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

WxBの黒を購入して2ヶ月近くたちました。WxBは内装に上質感があり、特にシートは気に入っています。毎日乗るのが嬉しくなります。ハイブリッドの滑らかな加速と出だしの力強いトルクも最高です。年末年始帰省しましたが、高速道路も快適でした。

今回ミニバンを購入するにあたって色々調べたりしましたが、調べるほどに迷ってしまいました。購入にあたって自分なりに考察した経緯を書くことで、迷っている人の参考になれば幸いです。

調べる中で、ステップワゴンの評判が高くて良さそうだったので、最初はステップワゴンにしようかと考えていました。しかし、あまり売れていない理由が気になり、逆になぜ最新安全装備で劣るトヨタのミニバンがいまだに売れているのか疑問に思いました。(2019年1月からはトヨタも安全装備は充実しましたが、購入検討時は大分差がありました。また、前車追従機能はまだない)

最初は、トヨタというブランド力や販売店の数などが理由かと考えました。しかし、現行モデルになる前の2012年や2013年などでは、ミニバン販売ランキングは1位セレナ、2位ステップワゴンで、トヨタはノアとヴォクシーを足してもセレナには勝てなかった。

2013年 セレナ96407台(41.4%) ステップワゴン62206台(26.7%) ヴォクシー&ノア74224台(31.9%)でした。

ところが現在、ネット上ではトヨタのミニバンはモデル末期で基本設計が古く、ライバル社に劣ると言われながらも、実際には好調な売上げを上げ続けています。

最新の2018年でも、トヨタ三兄弟の合計が187702台(54.5%)、セレナ99865台(29%)、ステップワゴン56872台(16.5%)で、セレナとステップワゴンを足してもトヨタの勝ちという完全に逆転現象が起きています。

明らかにネット上の評価と現実の消費者の評価が乖離しているように感じました。先代モデルではトヨタは負けていたのに、現在はモデル末期で安全装備も劣るのにトヨタが勝っている。この事実から「トヨタだから」ということが一番大きな理由ではないように思い、試乗したりパンフレットを見比べたりしました。

また、ステップワゴンはネットの口コミや専門科から絶賛されているのに、売上げ台数で一人負け状態です。こうした事実から考えると、「ミニバン」に求めるものは何かという点で、ステップワゴンには何かが欠けているのではないかと感じ始めました。「車」としてはいいけど、「ミニバン」としては物足りない。ノア3兄弟、セレナにあって、ステップワゴンにはない点はどこか。

「価格」ならセレナの方が高い場合も多いし、「デザイン」ならステップワゴンもマイナーチェンジでよくなった。CMなどの「プロモーション」は昔から上手ではないし、今はネットで調べる人が多いのでネット上はステップワゴンが優位。「新しさ」ではトヨタが一番不利なはず。「燃費」も負けていない。どれも決定打ではない。というのも、今述べたものは「ミニバン」以外にもある魅力だからかなと考えました。

ミニバンにしかない魅力は何か、に対する明確な答えの1つは「スライドドア」+「スペース」による使い勝手の良さだと思います。そもそも加速力、走行性など車としての性能を求めるのならミニバン以外の車の方が物理的にも、圧倒的に優れています。スペースを有効活用するという点では、トヨタ3兄弟とセレナには、2列目のロングスライド機能があるが、ステップワゴンには左右のスライドすらありません。また、スライドドアに関しても、トヨタ3兄弟が開口幅は一番広いし、トヨタ、セレナには予約ロックがある。一般の人は車の性能よりも、「スライドドア」と「スペース」の使い勝手がいい方を選ぶと思います。「ミニバン」を買いにきたのに、そこを妥協して走行性などを選ぶという人は少数派なのかなと。

また、2列目への乗降や空間の使いやすさではトヨタが頭1つ抜けています。それは、現行の3兄弟はプラットフォームを完全に再設計しているからです。スライドドアの開口部は805mmと一番広いし、ステップの高さは360mmと一番低い。ちなみに、360mmと390mm(ステップワゴン)ではわずか30mmの差かもしれないが、身長150cm以上の人が苦労なく乗り降りできる高さが360mmで、390mmでは身長160cm以上必要になるということで、開発にはこだわったようです。わずか30mm下げたところで開発の苦労が増すだけで「売れる」わけではないが、最高の「ミニバン」を作ろうという意気込みが伝わってきます。また、全長が一番短いトヨタ3兄弟が、開口部805mmを実現するのはさぞ大変だったろうと想像できます。さらに、トヨタは2列目のロングスライド状態でも3列目の跳ね上げたイスと干渉しないように工夫されています。セレナはプラットフォームが古く、ステップが最も高い上に、2列目ロングスライドもトヨタ810mm,セレナ690mmとトヨタほど下がらないし、跳ね上げたイスは2列目と干渉してしまいます。

ネット上では「古い」と言われてるトヨタのミニバンは、プラットフォームとしては圧倒的に「最新」で、「最良」だと思いました。高速道路での前車追従機能(ACC)がないのがトヨタのミニバンの弱点ですが、まだまだACCは運転者にとっては「楽」なだけで、減速や加速が人間ほどタイミングよくスムーズにできないので、同乗者にとって「快適」ではないように思います。

家族全員にとって最もストレスなく、楽しく快適にお出かけができる車、それが「ミニバン」だと思います。そういった意味で、家族のための車を探している人には、自信をもってトヨタのミニバンを私はお勧めしたいです。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
愛知県

新車価格
336万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
25万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちゃむがりさん

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:320人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
3件
60件
自動車(本体)
9件
19件
プリンタ
6件
16件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】
私は気に入っていますが、SIの外見も選べると良かったのかな?と思います。

【インテリア】
良いと思いますが、Gにすると黒の内装が選べません・・・
少しかゆいところに手が届かないと言う感じです。
収納は今どきの見える収納もあり、財布などを置くのは便利だと思います。
あと、ティッシュが入る所があると言うことなしでしたが、残念ながらありません。
私が言うまでもないですが、底床で乗り降りが便利ですね。二列目が広々と使えるのも
すごく良い感じです。
サイドミラーも大きくて見やすいですね。
運転の視界は良いですが、車庫入れはやはりバックモニターがないと不安ですね。
コーナーセンサーもあると便利だと思います。

【エンジン性能】
悪くは無いですが、もう少し力強いと文句ないのですが・・・
2リッターにモーターと言うわけにはいかなかったのでしょうか?
もう少しパワーがあれば吸音材を増やすなどしてもう一つグレードが高い車が
出来るような気もします。総額350万なのでこれくらいして欲しかったですが
欲張りすぎでしょうか?
ちなみに高速でパワー不足とおっしゃる方が結構いますが、100キロや120キロ位なら
全く問題なく走ることができます。エコモードでも特に不満はありません。
確かにグイグイ加速しないので物足りないと言えば物足りませんが、家族を乗せて流れに
沿って走る車という感覚であれば文句はないと思います。


【走行性能】
すごいなと思うのが山道でそれなりのカーブでもロールが少なく安心して運転出来ます。
車体の剛性が高いと言われていますが、そういった所が良い働きをしているのでしょうか?
ブレーキも踏めば素直に止まります。ミニバンもここまで来たかという感じですね。
ただ、その分ハンドリングがもう1歩という感じです。
なんだか、すこしハンドルの遊びが多いような感じですね。
アルファードまでとは言いませんが、あれに近い位のものを期待していただけに少し残念です。
高速も100キロまでなら何の問題もありません。
ただ、それ以上となると風切音も大きくなりますし、風に負けて少しフワフワして来る感じがあります。風の流れを・・・なんて宣伝していたので、どんなものかと思って期待しましたが、高速時はあまり想定していないようですね。
120以上だして巡航する車ではない気がします。
(そもそも120以上は違反なので必要ないですが・・・)

【乗り心地】
足回りは固めでカチッとしていているが段差なども上手く処理しているようです。
HVだとかなり静かに走りますし、エンジンがかかるタイミングも気にしなければわからない程度です。
【燃費】
14キロ位です。まだまだ数百キロなので、また追加レポートします。
【価格】
微妙な所ですね。もう少し安くしてもらうか、逆に20万高くても良いから、上記のネガを減らしてくれれば満足度が高かったかもしれません。
【総評】
さすがトヨタで、非常に無難にまとめて来た気がします。
練りに練ってギリギリの所で出してきたのだろうと思います。
デザインも無難で性能も無難です。トヨタなのでマイナートラブルもほぼ無いという安心感も
ありますし、ハイブリッドの電池も10年以上持つ事もあり、安心して購入できます。
リセールも高いでしょうから、お得感もありそうですね。

つけて欲しかったもの
バックドアを自動開閉して貰いたかった。少なくとも自動で閉まるのは欲しいですね。
ハンドルスイッチで選曲など出来ると良かった。ディーラーオプションだから仕方ないか・・・

5年乗ったので車検前に再レビューです。
マイナーチェンジでもセーフティセンスPが付かなかったのは残念で仕方ありません。
これがついていたら買い替えていたかもしれません。
燃費は15キロ程度でそれなりに走ってくれるのですが、エンジン音、ロードノイズ、外の音などがかなり入ってくるので
車両価格の割にはイマイチな部分があると思います。
あと数十万を出せばアルファードが買えてしまいます。
もちろん、燃費は悪くなりますが、乗り心地がワンランク上になるので、そちらを選ぶのも手かもしれません。
しかし、色々大きい荷物も乗せることができて、本当に重宝しました。
ミニバンが売れるには訳がありますね。

乗車人数
4人
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年5月
購入地域
愛知県

新車価格
305万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kimco43さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

買って4年のレビューです。
前の車は110系マーク2 2,5Gからの乗り替えでした。
子供が3人で、後部座席では窮屈な思いをさせていたので、買い替えました。
まずは気になる燃費は普通車と違って、夏場は伸びて、冬場は悪くなる傾向にあります。夏場はエンジン始動からの暖気運転の時間が短く、走行状況にもよりますが、モーターでの走行が比較的多くなります。また渋滞中でのクーラーも、コンプレッサをモーターで回している為、効きが良くエンジンの始動が少ないのが特徴です。また、渋滞中の走行もほぼモーターでの走行が多くなります。(バッテリー容量が40%以上もしくはエンジン温度が40度を下回るとエンジンが始動するようです。)
逆に冬場はエンジン始動からの暖気運転が長く、ヒーターの効きも普通車に比べると良くはありません。しかも冬場はエンジンが停止している間にエンジンが冷えて暖気運転をしますので、当然の様に燃費は下がります。
燃費は私の車両は夏場は約19km/l 冬場は17km/lで毎日の走行は片道22kmです。
次にエンジンのパワーですが、街乗りで不自由を感じた事はありませんが山道や高速、出足で力強い加速を求めるには、「パワーモード」の使用をお勧めします。1800ccハイブリッドエンジンの割には良い加速をしてくれます。
ただ、モードボタンに「EVモード」があるのですが、動作条件がバッテリー容量が40%以上、走行速度60km未満の条件があるのでほぼ役にたちません。
むしろ要らないくらいです。
次に内装や外観はトヨタの作りそのもの、「無難な作り」です。ただこれは良いと感じたのは3列目シートの格納が跳ね上げ式になっている。しかもワンタッチ。これはとても楽に格納できます。
あと、運転席に乗り込む際にワンボックス車にありがちな「グリップを握って乗り込む」必要がなく、ヒップポイントを低く作ってあるため、乗り込みが非常に楽です。
とりあえず4年間乗った感想をレビューしてみました。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年9月
購入地域
熊本県

新車価格
310万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まゆるどんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
18件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

3000kmほど乗ったので追記します。
また、ユピテルのレーダーを購入し、OBD2接続したので車の色々な情報を見る
ことができるようになりました。その中で気づいたこともコメントします。

<全体評>
セレナeパワー、ステップワゴンHVと比較しノアHVに決めました。
気に入っているのはセカンドシートの居住性とデザインです。
また、当初、弱いと思っていた動力性能も、静粛性やモーターとエンジンの賢い
コントロール、燃費とのバランスを考えると当初よりも満足度が上がりました。


<エクステリア>
デザインは本当に気に入っています。品が悪すぎなく、キリッとした所が良いです。標準でLEDヘッドライトなので、ここら辺も顔の良さにつながっているのだと思います。また、ホイールがBBS製のアルミホイールということで、よいものらしいです。

スライドドアを閉めるときに、以前の車だと閉まり終わるまでロックできませんでしたが、予約ロック機構ということで、閉めている途中でもロックして離れられるのが何気に便利です。


<インテリア>
スーパーリラックスモードで尚且つシートリクライニングができるのはノアだけだと思います。これがうちの車の使い方的には最適で、子供たちがいつの間かおやすみモードになっています。ノアを選ばれる方は、ここが一番のポイントになるのではないでしょうか。うちは犬を飼っていますが、セカンドシートの前のスペースにハーフサイズの毛布を敷き詰めて、犬も座席の子供たちも、本当にリラックスして遠出ができるようになりました。


<乗り心地>
低重心設計なので、乗り降りがとてもし易いです。ステップと同等ですね。当然コーナーリングもよくなります。カーブでの体が外に流されて行く感覚が少なくなり、カーブに入るときに以前のミニバンに比べて怖く感じにくくなりました。これもノアの魅力的な所といえると思います。


<エンジン、走行性能>
ノアハイブリッドの良い所は静粛性と、エンジンとモーターの賢いコントロールだと思います。街乗りでは、エンジンが掛かってもあまり気づかないくらいの静粛性があります。セレナeパワーに試乗した時は、発電のためにエンジンが動き出すと、いきなりかなりの回転数で速度と関係なく動き出すのでとても違和感がありましたが、ノアに関しては、80kmくらいの速度までならエンジンがうるさいなと思うことはあまりありません。ただし、坂道での加速や、速度をそれ以上出そうとすると、エンジンが頑張り始めるので、ここはちょっと音の品位が下がります。(ここがノア最大の欠点だと思います)

また、OBD2接続でわかったのですが、ノアのディスプレイ表示で、モーターとエンジンの駆動状況がわかるのですが、それがエンジン駆動だけになっていても、モーターがちゃんとサポートしているときもあることがわかりました。すなわち、かなり細かいコントロールで、エンジンとモーターの最適な駆動配分を実施しているということがわかりました。ここら辺が、燃費や静粛性といったところに効いているのだと思います。

また、トヨタのハイブリッド方式が良いなと思った点がもう一つあります。
OBD2接続で瞬間燃費、エンジン回転数、エンジン出力、モーター出力、モーター発電などを見ていますが、最も、燃費が良い運転は、回転数1100程度で、時速5,60kmくらいで走行すると、真夏でもエアコンかけて、充電しながら、燃費20kmくらいいきます。これで思ったことは、5、60kmくらいのスピードでも、エンジンの方がモーターより効率が良いんだなということです。(排気量1800ccという所のバランスもあると思いますが)
ゆえに、モーターとエンジンの適材適所での最適な駆動バランスを目指しているトヨタのシステムはとても理にかなっているのだと、改めて、ハイブリッドのパイオニアであるトヨタのすごさを感じた次第です。

あとついでに、充電の状況も表示と実際に違いがあることがわかりました。ディスプレイ表示で残1メモリくらいの時は、実際は残量40%くらい、最大から一つ少ないくらいの所で、残量60%くらい、すなわち、バッテリーのディスプレイ表示はかなり余裕をもって表示させていることがわかりました。バッテリーが空になったり、一杯になったりすると、それなりに車のコントロールが難しくなるということでこのような配慮がされているのだと思います。


<燃費>
今の、過酷な真夏の状況で、エアコンつけて、田舎の街乗りで、18km弱といったところです。以前のミニバンに対して、1.7倍くらい良くなりました。年間1万kmくらい乗るので、十分元が取れる計算です。最近ガソリンが高くなりましたが、月々のガソリンの支払いが本当に少なくなりました。とても満足です。


<価格>
見た目のスペックが他社に劣る今はもっともお買い得だと思います。条件揃えるのは難しいですが、感覚的にeパワーと比較して40〜50万円?、ステップに対して30〜40万円?くらい安く買える気がします。あくまで個人的な経験での感覚ですが。


乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
愛知県

新車価格
326万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
0円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちょまげさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
車載モニター
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

年間走行距離が7000`くらいで普段会社のガソリン車に乗ることも有り
ガソリン車を考えていましたが、試乗してみて静かで非常に快適だったので
これなら両親が死ぬ前に一度乗せてみたいなと思いました。
オプションは電動両側スライドドア、リアオートエアコン、ETC、バイザー、マット類。
ナビ、フリップダウンモニター、リアカメラ、ドラレコはネット購入して自分で取り付け。

【エクステリア】 外観は自分じゃ見えないので特に拘りなし。

【インテリア】 色んな所にポケットが有り、室内高があるので車内の移動が楽。数字以上に広く感じます。
シートはもう少しホールド感があったら嬉しいですね。
3列目のシートが比較的すっきり畳めるのがgood。セレナはこの問題で真っ先に候補から消えた。

【エンジン性能】 エンジン自体は1.8Lで99PSですが、82PS 21.kgf/mのモーターのおかげで全く問題なし。
EVモードにすれば60`くらいまでモーターのみでの走行が可能。

【乗り心地】 リアのサスはもう少し硬くてもいいかなと思います。

【燃費】 --

【価格】 先進技術でどんどん価格が上がってきてますが、他社よりは安いと思います。

【総評】 サイドミラーが広角気味で距離感掴みづらい。平面と選択させて欲しいです。
それ以外は満足してます。新車の匂い久々なので嬉しい。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
301万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かばさーるさん

  • レビュー投稿数:47件
  • 累計支持数:203人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
13件
ノートパソコン
1件
11件
タブレットPC
2件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

SUVからの乗り換えで、いまさらですが3年落ちの中古のGグレード購入しました。ミニバンがこんなに便利な乗り物だったとは…。ミニバンなんてダッセー!牙を抜かれたマイホームパパが乗るものっ!などと思っていた時期が自分にもありました、ええ…。今思えばあの頃の自分を戒めたい。ミニバンはダサい。という考え方こそがダサかったと。もっと早くに乗り換えるべきだったと感動&後悔してます。小さい子どもがいる家庭にとってこれほどスマートな乗り物はないでしょう。

さてこの時期になぜ話題の新型のセレナを避けたのか?
セレナにはノア、ヴォクシーにない便利装備が満載です。レーンキープのACC(プロパイロット)、自動パーキングブレーキ、アラウンドビューモニター、スマートミラー、足で開くスライドドア、上部だけ開くリアハッチ、7人と8人の可変なシートレイアウト、分厚い3列目シート、リアトレイにUSBコンセント…もう書いてて嫌んなるくらいてんこ盛りです。もっとあったかな(笑)
でも、エンジンや低床設計でないプラットフォームは前モデルから進化しておらず、そしてなによりこれらの先進機能をすべて享受しようとすると中古車でも乗り出し300万は必要になってきます。にも関わらず燃費は決して良くない。街乗りで10km/lを超えることは無いでしょう。
対するノア、トヨタのハイブリッドエンジンを積んだ上級グレードが中古で約240万です。いずれも試乗車上がりで走行距離は数百キロから数千キロといったところ。その差額60万円。さてどうするか?

色々悩みましたが…
・高道路を走行する機会が少なく、
→プロパイロット不要
・チョイ乗りがメイン
→ハイブリッドが燃費に効きそう!
・ふだんは家族4人で使用
→三列目シートの肉厚さはそれほど求めず二列目はロングスライドして悠々と乗りたい(セレナの「超ロングスライド」は折りたたんだ3列目が邪魔)
・乗りつぶす気満々。リセールバリューは求めない。
→60万円差が下取りで埋まることはない。むしろ燃費差でランニングコストでノアが優位。

こんなわけでノアになりました。エクステリアデザインが結構気に入ったということも一因です。

実際乗って見て…とても良いです。
ミュイーンというEVな走り出しに今更ながら未来を感じます。欠点は冬に寒いことくらいでしょうか…温熱シートですがさすがに暖房は弱いですね。期待していた燃費は真冬の片道数キロの通勤で15km/lほど。正直期待を下回りましたがまずまずかと。
この選択が間違ってなかったことを信じつつ、末長く付き合って行きたいと思ってます。

【追記】
乗り始めて15ヶ月経過しました。全ての季節を通じて非常に快適に乗ることができています。
さて先日旅先で現行セレナハイウェイスタープロパイエディションの非epower モデルをレンタカーで四日間乗る機会がありました。…というかどうしても気になるライバル車だったので大枚叩いてわざわざレンタルしたんですね(笑)。
やっぱり社内の細かいユーティリティーと車体デザインはとても良かったです。しかし良い面はそれぐらいで、高速道も合計で150キロくらい走行しましたが、期待していたプロパイロットにそれほどの効果は認められませんでした。きちんと使えていなかった可能性もありますし、慣れが必要なのかもしれませんね。
また、四人で乗車してましたが三列目のシートが立派すぎて荷物の多い旅行中は邪魔でした。上でも書いてますが跳ね上げた状態だと2列目を目一杯下げられません。そして最も看過できなかったのがアクセルを踏んでも全く進んでくれない点です。信号待ちからの再スタートやわずかな傾斜でもものすごく重くなります。これはいかんな…という感じです。ここだけで買わない理由になり得ます。
ノアは安全装備で遅れをとりまくってるので今買うにはどうかなとも思いますが、すくなくとも現行セレナはお勧めできません。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった52人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

陸屋さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】ノアに決めた理由は3兄弟のなかで フロント部分と テールランプ が一番好みでした

【インテリア】皆さんが言うように プラスチック感が強いですね 指で押してみても 柔らかくないです
W×Bにしたおかげで ハーフレザーのシートが 良かったです エスクワァイヤと同じ感じですかね 二列目のロングスライドシートは家族が喜んでいました
【エンジン性能】全体的に 非力ですが 馴れます 今は 不満が少なくなってきました

【走行性能】以前C25セレナに乗っていたのですが コーナーリングのロールが少なく 横風もセレナ比べて ハンドルの取られる感じが少なく 怖さが少なくなりました 子供の車酔いもなくなりました 低床のおかげだと 思います

【乗り心地】C25より ゴツゴツ感はありますが シートがc25より 大きめでしっかりサポートしてくれるので 長距離でも疲れが減りました

【燃費】住んでいる地域が バイパスや橋があり坂道になっているのと 片道 約10キロの通勤など 燃費が伸びる条件は少ないですが16くらいです セレナの倍くらいなので満足してます

【価格】ステップhV セレナeパワーよりは 安く購入できるとおもいます

【総評】買ってよかったと思っています 運転支援のレベルは 低いですが 私には C25セレナからの 買い換えなので 全て 最先端に感じてますし 燃費が良くなりよ疲れにくい車になったので 満足です

使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
336万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
15万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kusakawainuさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:645人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費4
価格3

マイチェン後のノアのエスクテリアが好きで(ヴォクシーより遥かに上品かつ上質で良い)試乗しました。

といってもこのモデルは何度か試乗や代車で使ったことがあり、以前プリウスαに乗っていたことから操作性はほぼ同じだとわかっていました。
今回の試乗は知り合いのディーラーと話しながら主に予防安全装置について正直な意見を聞いた物を書きます。

今回、トヨタ3兄弟はマイナーチェンジによってセーフティセンスのPを搭載しませんでした。
コレで、Mクラスミニバンの中ではトヨタだけ自動ブレーキ等の性能がひと世代前のものとなり、ガラパゴス状態となりました(実は私もこのマイチェンでPを搭載したら即購入しようと考えていました)。


簡単に言えば、セレナやステップワゴンに標準でついている自動ブレーキは、「人にも車にも反応してブレーキをかける」ものですが、セーフティセンスCを搭載したトヨタ3兄弟は「車にしか反応しない」ものとなります。
この違いはかなり大きく、もちろんセーフティセンスPよりCの方が圧倒的に安価です。
プリウスαにはマイチェンでPがついたため、期待していただけにディーラーとしては残念とのこと。

今どき他社ではミニバンだけでなく軽自動車ですらこの歩行者検知機能が当たり前のように付いています。
任意保険も予防安全装置の段階に応じて安くなる商品も増え、今後数年で歩行者検知機能がついていない新車は(廉価版を除いて)売れない時代になるでしょう。

特にステップワゴンは自動ブレーキの他にも標識読取りや誤発進抑制、ACCなど様々な予防安全装置、運転支援装置が含まれたホンダセンシングを9月のマイチェンにより全車標準装備とし(セレナはオプションで選べる)、商品力が格段に上がりました。
トヨタだけ置いていかれた状況で、値引きで対応するしかないと嘆いていました。
とはいえ、次のモデルチェンジでは間違いなくセーフティセンスPを搭載するはずです。


何故、今回Pを搭載しなかったんでしょうねぇという話をしていたら、納得する話を聞きました。

確かに予防安全装置の分野では他社に遅れを取っているが、トヨタにその技術力が無いわけではない。
現にアルファードやヴェルファイアには搭載してるでしょう。
おそらくだけど、今回はPを搭載しなかったのはコストアップを嫌ったのもあるかも知れないけど、1番はアル・ヴェルとの差別化ですよ。
ノア・ヴォクシーが装備でアル・ヴェルに追いついちゃったら、アル・ヴェルが今のように売れなくなっちゃうでしょう。だって日常使いでデカすぎるんだから。
デカくても最上級というステータスがあるから売れるんですよと。

納得。

結果的に兄貴分に気を遣って、ライバルに遅れを取っているということですね。

確かにノア3兄弟はMクラスミニバンの中で1番モデルチェンジから時間が経っており、予防安全装置だけでなく電動パーキングブレーキや防音対策など明らかにステップ、セレナに置いていかれています。

ただ、何もフルスペックではなくても、価格を含めて良い買い物が出来さえすればそれで良いという人の方が多いと思います。
このあたりの事情をよく知り、それを盾にディーラーで値引き交渉をすれば、思わぬ値引きが引き出せるのではないでしょうか。
 「色々と装備が遅れてるのに、ホンダやニッサンより値引かないなんておかしいでしょ。他社より頑張ってくれないと乗り換えるよ。」
と言われたら一番辛いと知り合いのディーラーも言っていました。

もちろん、値引きには限度があるのであまり度を過ぎた値引き要求をしたら嫌われますが、上記装備の違いをきちんと把握し、「それでも私はノアが好きで乗りたいのだ」と訴えたら、ディーラーも人間なので響くものがあると思います。

試乗記というか、値引き交渉術になってしまいました(笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダンゴ三兄弟パパさんさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
4件
17件
その他ネットワーク機器
3件
6件
ノートパソコン
2件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格3

15年乗った60系ノアから乗り継ぎました。その旧ノアとの比較基準でのレビューです。
なお60系ノアのレビューも退役記念に投稿(ノーマル・ノアの板)していますので宜しければご参照を。

【エクステリア】
60系のなんかほのぼの系の外観が好きでした。80系は実用性重視のためでしょうが「箱」感が強くなっている感じがします。
色の選択でアゲハにするためにSiにしました(そうでなければGにするつもりだった)が、そのアゲハはカタログではカッコいいけど、実物はくすんだダークグレーでちょっとがっかりです。

【インテリア】
2列目シートのロングスライドがすばらしいです。ハンドル名のとおりの家族構成ですが、長男は自分の車をすでに持っており、次男三男の送迎用途が多いのですが、シートをいっぱいに後ろに下げて超広々と使っており、大好評です。
小物収納がずいぶん減ったのが60系からのマイナスポイントです。

【エンジン性能】
これがこのクルマの評価の分かれるところと思います。
はっきり非力です。でも交通の流れに乗るのに不足はありません。ミニバンとしての用途(スポーツ走行なんかしない、後ろに乗る家族の安全と快適第一)には必要十分と思います。
高速道路(および坂道)ではエンジン回転数も上がります。でも、ハイブリッドとして出来るだけ効率の良い回転域でエンジンを使う設計思想なので当然ともいえます。室内消音はよく出来ていて、回転数が上がっても不快ではありません。
高速道路は法定速度+αが実用限度域です。+αααで走りたい人は、別の車にするべきです。
低速域でのモーター主導のシルキーさ、エンジンとの連携の滑らかさは、さすがトヨタの熟成されたハイブリッドシステムです。このためにハイブリッドを選ぶ価値はあると思います。

【走行性能】
ここは60系から格段の進歩。グリップ、ブレーキング、どれも安心できます。

【乗り心地】
広い室内と良好な視界が、乗り心地も良いものにしてくれます。これがあるから、自分はもうセダンには戻れない体になってしまいました...(^^;)

【燃費】
ひとこえ、60系ノアの2倍くらいいきます。街乗り中心で12-15km/Lくらい。ガソリンスタンドにめっきり行かなくなりました。

【価格】
装備や性能もいろいろと進歩しているから仕方ないでしょうが、ノアに限らず車は少々高くなりましたね。
込みこみで乗り出し400万弱は、昔は高級車レンジだったような...

【総評】
満足度を星4にした理由は、先進安全装備の不足。マイナーチェンジでTSSPになるのを期待していましたが、歩行者検知のないTSSCのままでがっかりです。
エアバックと同様に、一度も使わないものかもしれない。だからこそ車種・グレードにかかわらず全車標準にして量産効果でコストダウンに持っていくべき。SUBARUは実際にほぼそうしていると思います。トヨタがいちばん遅れをとっている分野ですが、追いつき追い越していくポリシーが見えない。この先に自動運転技術があるのに、トヨタは方向性を見誤っていると思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
岐阜県

新車価格
326万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

ノア ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ノア ハイブリッド
トヨタ

ノア ハイブリッド

新車価格帯:300〜338万円

中古車価格帯:91〜403万円

ノア ハイブリッド 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <247

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意