M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO レビュー・評価

2016年11月18日 発売

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

  • 5段の手ぶれ補正機構を搭載し、対応カメラボディ内の5軸手ぶれ補正機構と協調して6.5段の手ぶれ補正効果を発揮する。
  • レンズ先端1.5cmの近接撮影性能による最大撮影倍率0.6倍(35mm判換算)のマクロ機能を搭載。
  • 小型軽量・防塵防滴・耐低温(-10度)性能を備えた、プロユースのミラーレス用高倍率ズームレンズ。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥126,978

(前週比:+3,978円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥126,978

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥102,800 (41製品)


価格帯:¥126,978¥155,930 (47店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥175,000

店頭参考価格帯:¥129,480 〜 ¥138,600 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:標準ズーム 焦点距離:12〜100mm 最大径x長さ:77.5x116.5mm 重量:561g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのオークション

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROオリンパス

最安価格(税込):¥126,978 (前週比:+3,978円↑) 発売日:2016年11月18日

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのオークション

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.82
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:54人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 取り扱いは簡単か 4.80 4.52 89位
表現力 思い通りのイメージの写真が撮れるか 4.84 4.52 101位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.00 4.27 298位
機能性 AF精度やMF対応などの機能性 4.75 4.35 62位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
15件
レンズ
0件
3件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5

35mm判換算で24〜200mmの広いズームレンジでF4固定、
全域で非常に高い解像力、高倍率でありながら滑らかなボケ、
防塵防滴の堅牢さ、強力なシンクロ手ブレ補正、
更には最大撮影倍率が0.5倍以上という接写も出来てしまうスーパーズームレンズです。
レンズ交換の機会を極端に減らしてくれる驚異的な実用性を誇ります。

素晴らしい性能と実用性は多くのユーザーが実感しているなか、
サイズと重量は賛否両論あり、また購入を検討している人の懸念材料になっています。
システム全体が小型軽量を売りにしているマイクロフォーサーズにおいては、確かに大きく重いレンズです。
APS-Cの高倍率ズームレンズ並みのサイズと重量があります。

しかし他のフォーマットで、このズームレンジでF4通しの高性能システムを揃えるにはレンズが2本必要になります。
ハイテク系ズームレンズがどんどん巨大化していく傾向のなかにおいて、決して大きすぎるという事はないと思います。

これ程までに高い描写を誇る高倍率ズームレンズは他に存在しません。
小さく軽いレンズもマイクロフォーサーズならではですが、
他のフォーマットに比較対象が存在しないこのレンズもまた、
マイクロフォーサーズならではなのではないでしょうか。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

レトロとデジタルさん

  • レビュー投稿数:99件
  • 累計支持数:1384人
  • ファン数:146人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
1182件
レンズ
40件
265件
デジタルカメラ
6件
232件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種宇治の平等院
当機種お料理(ボケも素直)
当機種ガクアジサイ

宇治の平等院

お料理(ボケも素直)

ガクアジサイ

当機種滝の流れる風景
当機種燕(C-AF 連写L)
当機種晩秋の紅葉風景

滝の流れる風景

燕(C-AF 連写L)

晩秋の紅葉風景

使い始めて一年半が経過したので再々レビューさせていただきます。

----------------------

発売以来約3年となりますが、以下の要件を満たすレンズは、私の知る限り依然としてこのレンズのみです。

1.広角端      換算24mm
2.望遠端      換算200mm
3.開放F値      全域F4固定
4.最大撮影倍率   換算0.5倍以上
5.手振れ補正    6.5段(ボディ E-M1markU)
6.高速AF
7.防塵防滴
 
広角になり、望遠になり、マクロになり、動体にも強く、手持ちで夜景が撮れ、雨の中でも撮影できる。はっきり言ってカタログスペックだけでも凄いレンズです。

以下、項目単位にレビュー書きます。なおボディはE-M1markUを使用している前提です。

【操作性】
M.ZD 12-40mm/f2.8PRO に手振れ補正ボタンが付いたレベルで難しいことは何もありません。
MFクラッチがついていますが、E-M1markUも当レンズもAF性能が高い(後述)ので近撮でもAFで問題無いです。

【表現力】
高倍率でありながら、他のPROレンズ同様、良く解像し、開放からしっかり使えます。

<以下、他のPROレンズと比較しての個人的な印象>

解像力は12-40mm/f2.8と同等以上に思えます。もちろんどの焦点域も開放から十分な画質です。なお一部のレビューでテレ端が若干(?)甘い、という評価があるようですが、私はそういうことは感じません。
  
.線の細さは12-40mm/f2.8より太く、40-150mm/f2.8より細い位の印象です。
ただ、後述の通りブラインドテストでレンズを当てる自信は全くありません。

ボケ味は 40-150mm/f2.8より少し柔らかいかな・・という印象です。一部で画が硬いと言われることがあるようですが、ピント面シャープでボケは比較的自然だと感じます。実際、他のPROレンズと同じF値で撮り比べて、レンズを当てる自信は全くありません。
レンズから吐き出される画の硬さより、ボディ側でPortraitかNaturalかの設定で変わる方が大きく感じているので気になりません。 

【携帯性】
μ4/3にしては大きいというご意見もありますが、これだけの機能/性能を持ったレンズとすればむしろ小型と思います。
レンズ交換の手間もないので、春の花見、ハイキング、紅葉風景などがこのレンズ1本で賄えることを思えば機材の軽量化に多大な貢献をするレンズだと思います。

ただ大きさ/重さは個々人考え方が異なるので、気になる方は購入前に実店舗で確認された方が良いです。

ボディとのバランスですとやはり、E-M1markU(E-M1X)が良いのは間違いなく、PEN系だとレンズヘビーにはなります。なので私はPEN-Fでは軽量単焦点しか使わないと割り切っています。

【機能性】

.AFは高速、というか爆速です。C-AFで動体も追えます。試しにこのレンズでツバメを撮りましたが、C-AF連写で撮れます。(5枚目写真参照)。またS-AFスモールターゲットでは止まり物で瞬時にピントが合います。

AF精度については12-40/F2.8より高い印象があります。これは手振れ補正が強力なことによるAFターゲットが安定することも関係があるのではと感じます。

手振れ補正はE-M1markUと合わせて6.5段と強力です。スローシャッターが 三脚不要になるメリットはもちろんですが、上述のファインダー像安定にともなうAFターゲットの安定はありがたいです。4枚目の作例は1/5秒ですが、私のようなアマチュアでも1/2秒手持ちは大丈夫です。

最大撮影倍率は0.3倍(35mm換算0.6倍)とかなり寄れる点も評価したいです。花撮、昆虫撮影、テーブルフォト、物撮り・・手振れ補正が強力なこともありこれらも手持ちで撮れます。

.防塵防滴はありがたいです。ただ鏡筒はそれなりに伸びるので過度に信頼することは控えています。
  
【総評】
作例は、神社仏閣、テーブルフォト、花、滝、野鳥、紅葉として全面的に見直しました。他にも人物、夜景などは過去レビューで貼っていますので必要に応じてご参照ください。
便利で歩止まりもよく、シャッターチャンスにも強い、そして写りも文句なしという脅威的な実用性を誇るレンズです。

私自身は、ぶらりと単焦点で写真を楽しみたい時もあったので、反動でPEN-F+12mm/f2(+25mm/f1.8)を買いました。実用性と趣味性で使い分けできていて楽しいフォトライフを過ごしています。

参考になった50人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ryo Hyugaさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:335人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
102件
自動車(本体)
3件
102件
スマートフォン
2件
26件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性3
機能性5
当機種晴れでもOK
当機種雪でもOK
当機種風景もOK

晴れでもOK

雪でもOK

風景もOK

当機種キャラクターもOK
当機種夜景もOK
当機種もはや向かうところ敵なし

キャラクターもOK

夜景もOK

もはや向かうところ敵なし

TDRにはいつもこのレンズだけで突撃しています。
12-100という焦点距離がちょうどいいんですよね。
F4なので感度も低く保つことができ、M43でもノイズが抑えられます。
晴れでも雨でも雪でも全く問題なく動作しますし、
昼間でも夜でも対応できます。
特に手振れ補正が強力なので、夜の手持ち撮影もOKです。
なんというか、TDRのために発売されたのではないかと疑うほどです(笑)

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
スポーツ

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ksfilmさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
0件
ビデオカメラ
1件
0件
ドローン・マルチコプター
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性4
機能性5

※追記 2019/6/6
12-100mmのみで撮影した映像をアップ致しました。
https://youtu.be/LYbxcXwKoQE

--------------------------------------------------------------------------------------

https://youtu.be/v6Cx1Tw1HCw
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで撮った映像


マイクロフォーサーズマウントのカメラを手に入れたので、以前から気になっていたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを購入!
このレンズを実際に使用した感想は、なんて楽なレンズなんだ、この一言に尽きます。
今までフルサイズ一眼+70-200mm+単焦点数本+三脚+一脚など、フルセットを持ち歩くのに嫌気がさしてました。
このレンズを手に入れてからとりあえずボディと12-100だけで何とかなります。
予備として持っているだけでも安心感が半端ないレンズです。


BMPCC 4Kにて使用
(主に動画での感想となります)

【操作性】
AF/MFの切り替えも良いです
ズームするとレンズは伸びますが、然程気にならないです

【表現力】
高倍率ズームでこの解像度は文句ないですね。


【携帯性】
12-100mm、フルサイズ換算で24-200mmをF4通しでカバー出来るレンズは他にあるでしょうか?
旅行など必ず持っていく一本になりそうです

【機能性】
ISも5段の手ぶれ補正機構を搭載。
私の使用機材はボディ内手ブレが付いていないので、レンズ側の手ブレ補正はとても有難いです
一度OM-D E-M1Xでこのレンズを試しましたが、ジンバルすら要らないのでは、と思いました。
簡易マクロにもなり、防塵防滴・耐低温性能、万能レンズとはこの事ですね。

【総評】
最初にこの一本を手にしていたら他のレンズを買ってない可能性すらあります。
それほど優秀なレンズだと感じました。
マイクロフォーサーズのレンズは本当にワクワクさせてくれます。
これからもフルサイズでは作れないレンズをバシバシ出して欲しいです。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景

参考になった6人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジ好き555さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
6件
デジタル一眼カメラ
2件
1件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性3
機能性5
当機種上高地 大正池
当機種
当機種

上高地 大正池

当機種
当機種
当機種

E-M1markUでの使用
【操作性】
従来のPROレンズと同様にAF、MFの切り替えも素早く問題ない。
ズームのトルクは少し重め、望遠側にズームするとビヨーンと伸びてしまうが、撮影しているときはわからない。
高倍率だからこれは目をつむるところです。

【表現力】
評判通りキレキレの解像力で風景なら絞りはF4通しでなんら問題ない、花の撮影もテレ端でF4ならば十分なボケが得られた。
近撮もできるのでテーブル写真にも重宝します。
玉ボケはきれいな円形になる。旅行は迷わずこれ一本で十分と感じた、全域で満足な画質が得られる。
難を言えば少し硬い絵の傾向があるけど、スーパーレンズ!暗いシチュエーションはまだ試していない。

【携帯性】
高倍率PROレンズ、金属製を考えればこの重さ、大きさはやむを得ない。
12-40よりはかなり大きくなる、40-150よりははるかに携帯性は良い。

【機能性】
防塵防滴は安心できる、手振れ補正は対応ボディと合わせると6.5段と強力、ほとんどの撮影でもち撮影が可能。

【総評】
信州旅行に思い切ってこれ一本で勝負したが結果は十分に満足だった。
レンズ交換は特別な撮影をしない限り不要です、大きなカメラバッグもいらず、首からぶら下げて両手が楽だ。
高倍率でこの画質、値段は少し高いがきっと満足されるレンズと思います。
難を言えば12-40PRO、40-150PROの出番が減ってしまうこと。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ふぉとひろしさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
3件
デジタル一眼カメラ
0件
5件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
機種不明十和田奥入瀬 G9+12-100mm F4.0 f22.0 0.5sec +0.66
   

十和田奥入瀬 G9+12-100mm F4.0 f22.0 0.5sec +0.66

   

常にG9にセットして常用し満足度は5
操作性:AFとMFの切り替えが良くMF時の操作性も5
表現力:換算24-200mmで接写も出来、カメラ設定で柔らかくもシャープにも撮影出来る5
携帯性:換算24-200mmでプロ描写を一本で済む5
機能性:雨の中の撮影、手ぶれ補正が効き5
24mmからのズームレンズで最も優れているレンズと思う。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった10人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

6084さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:985人
  • ファン数:66人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
7583件
レンズ
19件
459件
フラッシュ・ストロボ
5件
99件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性3
機能性5
機種不明1)ポートレート 室内
機種不明2)ポートレート 室内 サンルーム
機種不明3)ポートレート 屋外

1)ポートレート 室内

2)ポートレート 室内 サンルーム

3)ポートレート 屋外

機種不明4)ポートレート 室内
機種不明5)ポートレート 屋外
機種不明6)ポートレート 室内

4)ポートレート 室内

5)ポートレート 屋外

6)ポートレート 室内

1.購入動機
私はズボラズームレンズ信者で、各社(オリンパス、キヤノン、ソニー、シグマ)のズボラズームレンズ(高倍率ズームレンズ)を愛用しています。オリンパス製ではm4/3用の旧14−150も愛用していて、そのレビューで防塵防滴化を要望していましたが、防塵防滴化した新型が発売されました。しかし同じレンジのレンズをまた買うのも芸が無く、如何したものかと考えていた所、このレンズが発売され約2年前購入。

2.操作性(4)
MFリングはとてもユニーク。通常は無限回転で、ボディ側でMFに切り替えるかレリーズボタンを半押しするとMFリングとして働き、MFリングをスライドさせるとリングの距離表示に従った動作となります。これはクラッチによる機械式ではなくアブソリュートエンコーダーかポテンションメーターとA/Dによる物に思えます。試しに、∞位置からAFに切り替え、至近距離で合焦させ、そのまま電源を切り、その後電源を切ったままMFリングをMF側にスライドさせても距離表示は∞のままです。

3.外観デザイン(2)
無駄に凸凹感のあるデザインでスマートとは思えません。金属鏡筒が宣伝されますが各所にエンプラが使われ、他社製品にも例は多いですが、鏡筒の伸びる部分がエンプラでチープに感じられます。
MFリング、ズームリング共にローレット仕上げで高級感はありますが、ローレット加工のザラザラした手触りは良くありませんし、皮膚の剥がれたゴミが溝に溜まります。見た目の高級感は損なわれるかも知れませんが、ゴム引きの方が、手触りが良く、ゴムが劣化しても簡単に張り替えられるのでその方が良いと思います。

4.表現力(5)
2年間使い込みました。高倍率ズームレンズとして高い水準に有る様に感じます。また接近能力が高く、物撮りにも重宝しています。

5.携帯性(3)
マイクロフォーサーズのレンズとしてはやや大型に思えますが、APSーCのソニーSEL18200と同程度に収まっています。

6.機能性(5)

・手振れ補正機構
大変良く働き、ファインダー像も安定し、満足です。手持ちでの物撮りも楽に出来ます。パナソニックボディとの組み合わせのため、レリーズボタン半押しで働くのでは無く、電源投入とIS−ONで常時働きます。ミラーレス機の場合、電池の消耗を考えるとレリーズ半押しでの動作が良いと思います。

・防塵防滴
レンズとしての防塵防滴仕様は私が一番期待する所です。ただ注意しなければならないのは防塵防滴仕様のレンズであっても鏡筒の伸び縮みするレンズはそれ自体ポンプの働きをしてしまい、空気が出入りする以上、水蒸気を吸い込み、それが液体の水に戻る=結露してしまう危険性があります。防塵防滴仕様はOリングやガスケットで水滴や埃の侵入は防ぐことが出来ますが、気体である水蒸気の侵入は全く防げません。私はキヤノンEF28−300Lで土砂降りの大雨に何回も耐えた事に過信して、湿ったジトジト小雨の日に内面を結露させ重修理となった苦い経験があります。
このレンズも注意して使うべきでしょう。

・AF
コントラストAFのみのパナソニックボディ(G9)のウォブリングに良く追従してくれます。

7.総評(4)
巷ではズボラズームを「画質はそれなり」「便利なだけ」と評価され、私のメインレンズであるキヤノンEF28−300Lも使った事の無い方が酷く言います。
こうした中、もう一つのカメラメーカーの老舗に意欲的な高倍率ズームレンズが存在するのは素晴らしい事だと思います。

しかし、宣伝に疑問を感じます。「フルサイズ」と単純に比較するのは如何な物でしょうか?センサーサイズが1:4で異なるので光学性能も含め単純に比較出来ないと思います。フルサイズ用のレンズと比べて小型軽量である事が強調されますが、センサーサイズが小さいので光学系も小ぶりになるのは当然です。更にもっとセンサーサイズの小さなビデオカメラならば手のひらに収まる程度の超小型の明るいズームレンズはざらにあります。
m4/3は電子カメラとしてフイルムとのしがらみを断ち切った規格であり、折角このレンズでも良い仕事をしているのに、「フルサイズ」を意識した子供だましの様な宣伝は全くいただけません。

8.作例

モデル:あるひさん 所属:Girls Photo Factory 秋葉原モデル撮影会
(用途をご本人、事務所にお伝えして掲載許可を頂いております。)

撮影場所:横浜洋館、椅子は座る事が禁止されている物があり、今回は禁止で無い物で撮影。

ボディ:パナG9

*多少レタッチしていますがご容赦下さい。

*ボディのレビューと共通のカットもあります。

Rev2.0:2019,05,16:本文修正、作例入れ替え、アイコンデザイン変更

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった25人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リモコン次郎さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
24件
レンズ
1件
0件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性3
機能性5
当機種
   

   

この度、ソニーへ引っ越すにあたり手放してしまったので「今までありがとう」の感謝を込めてレビューします。

2012年にキヤノンのEOS 60D を購入して始まった「一眼生活」でしたがその後の約5年間は大きな旅行の時に「便利ズーム1本」で持ち出す程度で過ごしました。
が、このレンズの各種レビューを見てどうしてもE-M1Uとセットで欲しくなり約2年程前に購入しました。

それからはちょっとした外出でもカメラを持ち出すことが多くなり、購入以前の趣味は「旅」でしたが「+カメラ」と言えるようにしてもらいました。

今更、便利ズームの範疇を越えた「解像度」や常識外れの「手振れ補正」についてはコメントしませんが「便利ズーム」の「便利さ」を手放せない人にとってこれ以上の選択は無いように思えます。(ハイレゾショットを諦めれば三脚も不要です)

添付の写真は、激混みのビクトリアピークで人込みをかき分けて「バンザイ」をしてファインダーはおろかモニターも見ずに(見れずに)ピントの合焦音とシャッター音を頼りに2枚連続で撮影したものを「パノラマ合成」してRAW現像したものです。

E-M1Uとこのレンズなら、誰でもモニターすら見ずにこの位の写真は取れてしまいます。(いいのかどうかは知りませんが)
とにかく、凄い組み合わせです。

あえて、弱点を挙げるとすれば「E-M1U+12-100」の組み合わせで1.2キロ近い重さという事でしょうか。
実際、100o付近(35mm換算200mm)の画角をあまり使わなくなってきたので望遠端を諦めるとセンサーサイズの大きなカメラでもさほど変わらない重量になってきます。
一度手放してはしまいますが、オリンパスには「解像度」や「手振れ補正」を現状のまま、12-70程度の焦点距離レンズ+新型E-M5Bの組み合わせでもっと軽いシステムを切に希望しています。

↑こんなのが出たら、出戻りするかもしれません。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆっきー。さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
2件
レンズ
2件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
機種不明簡易マクロ
機種不明桜望遠
機種不明ガラスの花弁

簡易マクロ

桜望遠

ガラスの花弁

機種不明望遠端
機種不明水面描写
機種不明少し暗所

望遠端

水面描写

少し暗所

Panasonic LUMIX G9とOLYMPUS E-M1を所持しております。レンズはPanasonicかSIGMAのみでしたが、E-M1購入に当たり思い切って購入しました。

結論は、買って良かった!です。
私のワーキングディスタンスには最高のレンズ。

E-M1はUではなく、初代ですがファームアップによるシンクロ手振れ補正が使え、機能を使うと使わないとでは全然違います。被写体が止まります。

APS-Cからの乗り換え時、最初に候補に挙げたレンズでしたが便利ズームに抵抗があったため1年間悩みました。
G9のキットLEICA12-60で初めは良かったのです。
ですが、子供撮影メインのためあと少しの距離が欲しくなりました。35-100は集合写真でポジションが後ろに下がり過ぎてフラッシュが届きにくい。室内撮影時子供が寄ってくると顔しか写らない…12-60にすると離れていく。
1年間迷った末に不要なレンズを処分し、買いました。
G9でも使用。便利ズームとしての倍率は当然低めですが、28-200mmで結構事足りると思います。
簡易マクロも使い勝手が良く、レンズ先端まで寄れるので桜の花粉が付いたりして面白かったです。
Panasonicからも防塵防滴の便利ズーム出ましたが、こちらが有るので買う気にはまだなれません。
OLYMPUSさん、すごい!

参考になった13人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちびりんc1さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
12件
レンズ
1件
6件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5

女性には少々重たいけど、omd5IIボディにこのレンズと25mm単焦点メインで持ち歩いてます。

大好きなイルミネーションもとても綺麗に撮れます。

まだまだ初心者なので技術はこれからですが、私は買って良かったです。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ロイメルさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
4件
レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
1件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
機種不明常用レンズ
当機種しおさい号
 

常用レンズ

しおさい号

 

PEN-Fと本レンズの組み合わせで撮影を楽しんでいます。
高価なレンズのため購入に躊躇しましたが、思い切って導入して正解でした。
曇天などの悪条件下でもしっかり模写します。プリントした写真を見て、思わず見入ってしまうほどの写り具合に満足しています。

撮影に行く時は、パナ100o−300oF4.0-5.6Uも一応持参しますが使用頻度は低いです。この2本で換算24o−600oまでカバーできるのですごいですね。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yt567さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5

全てに満足しています。購入してよかったと思います。カメラライフが大きく変わりそうです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニコちゃん小王さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
196件
レンズ
3件
57件
デジタルカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性2
機能性5

【操作性】
ズームリングは高倍率って事もあり、ちょっと重めです。
逆にフォーカスリングはバイワイヤなのでスカスカな感じです。
しかもどこまでも回ります。
ですが、MFクラッチにてMFにした場合は違います。
機械的にギア駆動になるのか、適度な重さになり、最短撮影距離と無限遠できちんと止まります。
17mmF1.8などのスナップモードは純粋なMFではないので、MF時のピーキング等の設定をカメラ側で設定をしていても対応してくれません。
しかし、ProレンズのMFクラッチは純粋なMFになるので、ピーキング等設定をしておけば自動で切り替わってくれますのですごく使いやすいです。
ただ、いつの間にかMFに切り替わっている事があるので、たまに「AFしない!?」って焦ることがあります笑

【表現力】
これは文句なしです。
高倍率ズームとは思えないです。
オリンパスらしいカリカリシャープ。
ですが、ボケは意外と素直です。
他のProズームほどうるさくないです。
以前使っていた40-150mmF2.8Proよりも柔らかい感じがします。
これは意外でした。
35mm換算24-200mmで、F4.0で、
この値段で、この重さ大きさで、
この写りは反則級です。

【携帯性】
標準ズームとして常用するにはデカ過ぎ重過ぎです。
ですが、小三元二本分と考えると逆転します。
F4.0ズームを二本持つよりも遥かに小さく軽いです。
しかも、レンズ交換なしにシームレスでズーム出来るので。
それを考えると携帯性はいいのかもしれません。
が、やっぱりデカいです笑

【機能性】
手振れ補正がチートレベルに効きます。
あり得ないほどです。
AFも速いです。
コントラストAFしか搭載してないE-M5mk2でも十分に速いです。
最短撮影距離もかなり短いので、すごく使いやすいですね。
焦点距離に連動して最短撮影距離も変わるのでそこは注意です。
しかも、防塵防滴。
オリンパスの技術全部載せって感じです。

【総評】
このレンズの評価のポイントは、
「小三元二本を一本にまとめたズームレンズ」
ということです。
それを考えるとこの重さも大きさも価格も納得です。
寧ろ、小さく軽く安いと思ってしまいます。
しかも、写りも高レベル。
手振れ補正なども異次元。
Proレンズを買うレベルの人なら買って損はないと思います。
特に
登山をする人、
旅行に持っていく人、
そんな人たちにオススメです。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

lp82145さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:292人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
13件
0件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
ノートパソコン
4件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
機種不明左が本レンズと初代E-M1、右が12-40mmPROとE-M10 MarkII
機種不明ワイド端(35mm判換算24mm相当)
機種不明テレ端(35mm判換算200mm相当)、ワイド端と同位置より撮影

左が本レンズと初代E-M1、右が12-40mmPROとE-M10 MarkII

ワイド端(35mm判換算24mm相当)

テレ端(35mm判換算200mm相当)、ワイド端と同位置より撮影

機種不明E-M10 MarkIIとの組み合わせ
機種不明簡易マクロ的な撮影
機種不明開放でのぼけ

E-M10 MarkIIとの組み合わせ

簡易マクロ的な撮影

開放でのぼけ

E-M1(初代)、および、E-M10 MarkIIに装着して使用しています。
E-M1ではシンクロ手ぶれ補正機能を“有効”(本体ファームウェアVer. 4.4)にして使用しています。
E-M10 MarkIIでは、シンクロ手ぶれ補正機能は使えませんが、本レンズと本体の手ぶれ補正機能が干渉し合って悪影響が及ぼされないよう、自動的に調整されます。

また、M. ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(以下「12-40mm」と略記)が、主な比較対象となります。

【操作性】
特に戸惑うところはありません。
12-40mmに比べるとかなり大柄のレンズで、鏡筒の伸び幅も大きいですが、便利ズームであることを踏まえると、そこは大人しく受け入れる必要があります。
なお、レンズのファンクションボタンに任意の機能を割り当てることができることは、地味に重宝します。

【表現力】
(ほかのレビュアーさんによって言い古されていることですが)“便利ズーム”の域を超えています。
解像力という点でいうと、12-40mmに決して劣っていません(むしろ、“よりパキパキ”という気も)。

「便利ズーム」というと、広角から望遠まで1本で済むがゆえに「便利」である代わりに、写りについてはお察しください、というのがお約束ですが(ニコンやソニー(Aマウント)で便利ズームを使ってきて、実感してきたことです)、このレンズは写りを全く犠牲にしていません。

このレンズは、写りとしては間違いなく「小三元レンズ」であり、「便利ズーム」というカテゴリーの常識で捉える方が、間違いなのかもしれません。


【携帯性】
マイクロフォーサーズのレンズとしては大きく、重いことは事実です。
12-40mmと比べれば、「大人と子供」状態です。

しかし、このレンズは「標準小三元+望遠小三元」を一本にまとめたものです(そして、他社にはそんな“無茶ぶり(!)”をしたレンズは、そもそも存在しません)。
「小三元ズームを2本持ち歩く」ことを思うならば、とてもコンパクトといえるのではないでしょうか(少なくとも私はそのように受けとめます)。

【機能性】
広角24mm相当から望遠200mm相当(35mm判換算)を「1本」でまかなう−−しかも、写りを犠牲にせずに−−ということを、ひたすらに絶賛するしかありません。

さらにいうならば、(これはオリンパスのレンズ全般にいえる傾向ですが)最短撮影距離が短いため、簡易マクロ的な撮影であれば難なくこなすというのも、万能ぶりに磨きをかけています。
そして、手持ちの簡易マクロ的な撮影においても、5軸手ぶれ補正−−OM-Dシリーズの現行機種であれば、どんな機種であってもその恩恵に与ることができます−−との組み合わせにより、このレンズは十分にその役割を果たしてくれます(5軸手ぶれ補正機能を持たないマウントでは、マクロの手持ち撮影など、全く考えられません)。

他方で、(あえて)ケチをつけるならば、以下の二点を挙げることができます。

(1)全域にわたって開放F値が「4」と、やや暗い
ただし、昼間に屋外で撮影する限りは特に困ることはありません。
夜間や屋内での撮影時には、シンクロ手ぶれ補正機能を持たないE-M10 MarkIIでは、厳しさを感じることもあります。他方で、シンクロ手ぶれ補正機能が有効になるE-M1であれば、ある程度は何とかなります(もちろん、E-M1 MarkIIのように、1秒を越えるようなシャッタースピードで手持ちでもぶれないという「万能」ぶりでは、ありません)。

なお、F値が大きい分、同じ焦点距離であれば単焦点レンズや12-40mmよりもぼけを出しにくいことは事実ですが、望遠レンズを兼ねることを活かして焦点距離を伸ばすと、このレンズでもそれなりにぼけを出すことができます。

(2)シンクロ手ぶれ補正機能と通常の手ぶれ補正機能の切り替えができない
E-M1(初代)では、シンクロ手ぶれ補正機能を使うか、手ぶれ補正機能を全部切るかの「2択」にしかなりません。できれば、「レンズの手ぶれ補正機能だけ使用/本体の手ぶれ補正機能だけ使用」という選択肢があると、バッテリーの持ち的な意味でありがたかったところです(これは、このレンズの問題とも言い切れないか?)。

【総評】
「究極の便利ズーム」、その一言に尽きます。
フルサイズやAPS-Cで標準小三元+望遠小三元を1本にまとめようとすると、レンズの大きさと価格的な意味で恐ろしいことになることでしょう。
マイクロフォーサーズのレンズとしては間違いなく大柄で高価ですが、「1本で標準小三元+望遠小三元」と思えば、コンパクトでバーゲンプライスとも思えてきます。

オリンパスは近年PROレンズシリーズを急速に拡充しているので、このレンズだけがとりたてて高価というわけでもないのですが、価格に見合う価値はあると断言します。
私が使っているのは某中古店で購入した「中古並品」ですが、中古品でもなかなかお値段が下がらないだけのことはあります。

とりわけ、レンズ交換の機会が限られ、荷物をある程度まとめる必要のある旅行時において、「写りも犠牲にしたくない」というのであれば、このレンズは間違いなく「強力な武器」になるでしょう。実際に、夏の四国旅行でデビューさせて、その後も出歩くたびに持ち歩いて、そのことを強く実感しました。

また、このレンズが真価を発揮するのは、やはり「シンクロ手ぶれ補正機能」をそなえたボディと組み合わせたときです。
エントリー機であるE-M10 MarkIIではシンクロ手ぶれ補正機能を使うことができず、夜間、室内、望遠時などには、正直もどかしいこともありました(たいていの場面で、十分な効果を発揮してはくれるのですが)。
「シンクロ手ぶれ補正機能が使いたいのだ!」という動機で、E-M1(初代)の中古並品を導入することになったのですが、さすがにシンクロすると撮影時の安定性が増します。撮影画像の歩留まりも上がりました。
バッテリーの消費量も増えましたが・・・(笑)。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

町の写真屋さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
操作性3
表現力5
携帯性5
機能性5

 フルで24-200mm、APS-Cで約18-150mm相当に跨る、比類無い超便利な標準ズームレンズ。
特筆すべきは、その携帯性。仕事用の定番ズームで2・3本分がこれ1本で足りてしまう点は驚異的。
しかも、単体で見てもF2.8系列、またはF4.0系列の大手ハイクラスレンズより、小型軽量。
 ロケ機材の軽量/小容積化に多大な貢献をもたらしてくれた。
このレンズが、重いの大きいのと言う人は、最初からハイクラスレンズなど不相応なのだから、文句を言う筋合いは無い。選択肢に入れ無ければいい。

 小型軽量ではあるが、描写力は大手のハイクラスレンズと互角かそれ以上。
極めてヌケが良くクリアで、色調は中庸。何よりキレの良さ、解像度の高さは、詳密描写が必要な商品・建築・学術系撮影に最適と言える。専用マクロレンズをも廃業させるかもだ。
 RAW撮影---デジタル補正は何を撮ろうが必須で当然と言え、光学性能が劣れば、いくらデジタル補正を掛けても、見えないものは見えない=再現できないので、このレンズの素性の良さがよくわかる。
 F4が暗いという変な不満があるが、一体F2.8のままで撮る仕事がどれだけあるのだろう?
ブツ撮り・建築・料理・乗物・・・普通はF4.0より絞るのが当然で、ポートレート専科か芸術でない限り、「大口径命」なんて仕事は無いので無視。 

 構造・操作性・外観はこの会社特有の、マニアに媚びた悪さがある。不要な部分に高い素材・加工をしている。いわゆる「質感が高い」らしいが、プロ用を名乗るなら、もっとフラッシュサーフェス化に徹して、埃や泥水の付着しにくさ、掃除のしやすさを優先すべき。
 ガタガタした引き出しヘリコイドは、せっかく決めた構図が動くのでやめてほしい。もちろんこの機能は、本体でカットしている。
 見た通り、レンズ同士で喧嘩するとガリガリになるのも困る。
 
 それはともかく、現時点で最高の仕事用標準ズームと評価したい。

レベル
プロ
主な被写体
風景
室内
スポーツ
報道
その他

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
オリンパス

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

最安価格(税込):¥126,978発売日:2016年11月18日 価格.comの安さの理由は?

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROをお気に入り製品に追加する <1133

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意