VPL-VW1100ES レビュー・評価

2013年12月 5日 発売

VPL-VW1100ES

HDMI 2.0に対応した4Kプロジェクター

VPL-VW1100ES 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥1,700,000

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:17:9 最大輝度:2000ルーメン VPL-VW1100ESのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VPL-VW1100ESの価格比較
  • VPL-VW1100ESの店頭購入
  • VPL-VW1100ESのスペック・仕様
  • VPL-VW1100ESのレビュー
  • VPL-VW1100ESのクチコミ
  • VPL-VW1100ESの画像・動画
  • VPL-VW1100ESのピックアップリスト
  • VPL-VW1100ESのオークション

VPL-VW1100ESSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年12月 5日

  • VPL-VW1100ESの価格比較
  • VPL-VW1100ESの店頭購入
  • VPL-VW1100ESのスペック・仕様
  • VPL-VW1100ESのレビュー
  • VPL-VW1100ESのクチコミ
  • VPL-VW1100ESの画像・動画
  • VPL-VW1100ESのピックアップリスト
  • VPL-VW1100ESのオークション

VPL-VW1100ES のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.25
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:5人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.00 4.22 -位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 4.50 4.46 -位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.75 4.29 -位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 4.25 4.02 -位
静音性 動作音の静かさ 4.75 3.90 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 2.50 4.25 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW1100ESのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
2件
653件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
575件
映画(DVD・ブルーレイ)
0件
408件
もっと見る
満足度5
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ3

4K宮古島

リアル4Kと高性能レンズの威力

ブレ無くクッキリ

自分がプロジェクタ購入にあたってまず考慮に入れるのが動画ブレです。
もともと2K24pの映像は、非常になめらかで安心して見ていられる物でした。
VW1000ES購入時の視聴で、2K60iの映像では時々ブレが見られ、
3回上京視聴ののち妥協しての購入でした。

エプソンEH-LS10000、ビクターはDLA-X750Rは気になり、上京都度視聴しています。
この時、スカパー4Kのサッカーの映像をみて、この2機種ではパンした時の
サッカー場に引かれた白線がブルブルと震えて見え、視聴に耐えません。
一方、VW1100ES(基板アップデート)では非常になめらかで、
特に最近では、放送品質が上がって以前見たときの様な、
動きのある映像がボケる事無く「この4K映像が見たかった」と感無量の心境です。

皆さんも是非スカパー4Kのスポーツ物、舞台コンサート物を見比べてください。
具体的には【4K】2016 J1リーグ 1stステージ、Kバレエ カンパニー『白鳥の湖』等です。
【百聞は一見に如かず】  VPL-VW1100ESが今でも一番です。

もっとも楽しみにしていたUHD BDですが、2KDIマスターや35mmフィルムからの4Kのため精細感の期待は満足にいたりませんでした。
ビコムの「4K夜景」もスカパー4Kのような精細感がありません。
また、パンした時のブレが発生するため、がっかり感すらあります。
これでは、ビクターとかで見ても優位性が見出せません。
ともかく、4K超えのデジタル撮影での4KDIマスターや75mmフィルムの映像が見てみたいです。

「宮古島 癒しのビーチ」が来ました。
ソニー製 CineAlta 4K カメラ「F65」による60P、RAW 収録をメインとのことで、いかに高画質かとの購入です。
結果は想像を超えていました。

「スカパー4K」で見慣れていると思っていた風景物とは一線を画す凄いと言えるものでした。
何が凄いのかと言うと、写真が動いていると言うレベルでは無いのです。
正にその場に居るような実在感。
目の前に広がる現実的な空間そのものを感じることができました。

主な用途
自宅

参考になった13人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

HDMstさん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:206人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
674件
日本酒
33件
61件
プリメインアンプ
1件
91件
もっと見る
満足度3
デザイン4
発色・明るさ4
シャープさ4
調整機能5
静音性5
サイズ2

現在愛用しているビクターDLA-HD350が不調で本日東京サービスセンターに
預けに行った帰りに秋葉原に寄りアバックさんで各社フラッグシップ機種全て
と気になるプロジェクターを比較視聴をしてきました。

エプソンはEH-LS10000、EH-TW8200W、EH-TW6600W 
ビクターはDLA-X750R、DLA-X550R 
SONYはVPL-VW1100ES
を試視してきました。

ホームプロジェクターには 140万、70〜80万円、50万円、25万円、15万円
10万以下と性能が分かれるクラスがありSONYはいつも100万超えの高級機種
を備え、マニアの心をくすぐります。
このVPL-VW1100ESは光学系に非常にコストがかかっているとアバックさんで
言っておりました。
しかし発売より3年も経ってしまった今 他のライバル機種たちと比べてどうなんだ?
とお思いのシアターマニアの皆様も多いんじゃないでしょうか?

その結論から言うと エプソンEH-LS10000 ビクターDLA-X550Rのとても明るい
ながら深く沈み込む黒表現に比べると 全く黒が黒く見えず、色表現も非常に浅く
スターウォーズで視るハリソンフォードの顔がエプソン ビクターの2機種は色数が
多く、顔の中心が赤っぽく複雑に表現されるのに対してVW1100ESは色が少なく
単調な表現でした。

じゃあコストがかかっているレンズの威力はどうなんだ? とフォーカス感や細部
の解像具合を見てみると さすが悪くはないのですが、色の引き出しが少なく
コントラストのメリハリが少ないせいか、ビクター2機種と変らず EH-LS10000、
EH-TW6600Wといったエプソンよりも劣って見えます。

黒衣装の登場人物が頭に巻いてある金属の輪っかもビクター機だとキラキラ金属
光のキラキラ感が表現できるのですが、VW1100ESだとタダの金属の輪にしか
見えません。

3年の歳月は残酷なもので 150万の機種でも 50万のDLA-X550Rの足元にも
及ばない映像にはユーザーでもないのにいささかショック
清水の舞台から飛び降りるつもりでVW1100ESを買ったユーザさんには申し訳
ないのですが、私のような素人目では相当な差がありました。

アバック 桜庭さんが言うには 
「これでも これだけを自宅で視てれば 結構いいんですよ!」と これまで同店で
VPL-VW1100ESを買われたユーザーさんの気持ちを考えてか 若干いたわる
コメントを言っておられました。

もしこの VPL-VW1100ES を実力から今現在の買っていい価格をつけるとした
ならば いったいいくらなら買っても損をしないんだろう? と考えてみたところ ・・
エプソンEH-TW8200Wよりは間違いなく上だし4Kモデルですから25万以上の
価値はあります。

ただビクターDLA-X550Rよりは全ての面でとは言わないまでも明るさ コントラスト
色の出し方など主要項目ほぼ全てでだいぶ劣るので DLA-X550Rが中古で
あった場合の価格 おおよそ50万ぐらいが 今の画質レベルでみた SONY
VW1100ESの適正価格でしょうか? ただ画素数正味4Kパネルを考量すると
それで付けても60万程度まででしょうか?!

ちなみに この日は視聴しなかった最新モデルのVPL-VW515は画作りの違いで
VW1100ESよりも見た目のコントラスト感は良くなっていますと桜庭さんは
言っておりました。

余談になりますが レザー光源のエプソンEH-LS10000は凄いですよ。
これまでコントラストでは一人勝ちだったビクター機と隣並びで比べても黒色の
沈み込みで引けをとりません。

僅かにDLA-X750R、DLA-X550Rのが黒く沈みますが、EH-LS10000はビクター
が黒潰れしてしまう暗部の諧調にとても優れた表現で暗い暗部が全て見通せます。
どちらも甲乙付け難い高画質なんですが、解像感のみEH-LS10000のがビクター
より勝り、今の時点ではEH-LS10000が最も満足度が高いシアタープロジェクター
ではと感じた次第です。

【百聞は一見に如かず】 と言いますが VPL-VW1100ESが今でも一番と思って
いるマニアの皆さん アバック行ってその疑問スッキリしてきてください。
もしかしたらVPL-VW1100ESでも新品のランプで追い詰めて調整さえすれば
後発のライバル機に肉薄できるやもしれません。

しかし個人的にいま最も欲しいプロジェクターは EH-LS10000を置いて他には
有りません。 JVC DLA-X750Rも総合的にはとても優れたモデルなのですが
EH-LS10000の映像を視てしまうと どうしてもエプソンに魅かれてしまいます。

最後に単純な疑問なんですが SONYほどのメーカーが なぜビクターやEPSON
が達成できる黒浮きの感じない漆黒の闇が表現できるのに今をもって それが
できないのでしょうか?
確かにアバック(桜庭)さんの設定がベストとは言いませんがビクターやEPSON
は いとも容易くそれを見せてしまうのにSONYのプロジェクターは 昔から総じて
コントラストが弱いように感じ、今もなおそれが続いています。

薄型テレビはSONYの75インチなど素晴らしい画質ですのでプロジェクター
で高い満足感を得られる製品が出てこないのは非常に解せないのですが・・

参考になった16人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

るね・うぉーかーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
18件
プロジェクタ
1件
10件
タブレットPC
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ3

【デザイン】
とにかく、でっかいレンズが高性能を期待させます。
筐体前面(レンズ側)だけに艶があり、他の面は艶なしでカッコいいです。
ただし、自動開閉のレンズカバーがプラスチックで、開閉時の音も"パカッ"とちょっと安っぽいです。

【発色・明るさ】
使用環境は、ダイニングと一体化しているリビング。
プロジェクターはダイニングの天井に天吊り。
プロジェクターの後方には、ダイニングを灯すダウンライトがあります。
そこから5.5mほど離れたところに、150インチのスクリーンがあります。
ダイニングの照明をやや暗くして、映像を観ながら食事をすることがあるのですが、ランプ輝度を"高"にしていれば映像を暗く感じることはありませんでした。
明るさに不足はないので、発色にも余裕がある印象です。
明るい環境用に調節は必要ですが、満足のいくレベルに追い込めたと思います。
真っ暗にした環境での明るさは、"高"では十分過ぎるほどと感じました。

【シャープさ】
デフォルトでも、結構、シャープだったと思います。
このまま最近のPIXERアニメなどを観てみると、かなりキレッキレのシャープさと感じました。
ここは好みの分かれるところで、映画をフイルムライクに観たい場合は調整が必要ですね。
私は、よりシャープさを目指しましたが…。

【調整機能】
調整項目の少なさを指摘されたレビューを拝見しましたが、私のスキルからは十分でした。

【静音性】
静かです。ランプパワー“高”でも気になりません。

【サイズ】
前述のように、ダイニングテーブルの斜め上に天吊りをしています。
前機がDLA‐X90Rでしたので、ふた周りくらいサイズアップした感じです。
不意に天井を仰ぎ見たときの存在感はハンパないです。
こんな大きなモノを天吊りしてていいのかな?
大地震がないことを祈るばかりです。

【総評】
先にも記しましたが、暗室ではなく、リビング・ダイニングにおける使用ですので迷光が多い環境です。
DLA‐X90Rを導入した当時、1300ルーメンというパワーでどれほど迷光に対応できるのか判りませんでした。(インストーラーからのアドバイスもありませんでしたし・・・)
夜、真っ暗な環境で映し出す分には申し分ありません。
しかし、ダイニングに明かりを灯して、スポーツ(主にサッカー)を観ようとすると、満足な映像とは言い難く…。
DLA‐X90Rは、暗室でこそ生きるプロジェクターなのだと、痛感させられたワケです。

そこで我が家の使い方に合うような機種として、2年前からVPL-VW1000ESもしくはVPL-VW1100ESへの買い替えを検討しておりました。

某ショップの閉店に伴って売りに出された展示品のVPL-VW1100ESが残っていたので、即決で購入。支払い後10日ほどでスピード設置が出来ました。
しばらく店舗で使われていたわけですが、購入の直前にランプ交換をされていたため(ランプ使用時間2ケタ!)、コンディションは良好な新古品という印象です。

映画については、まず「ベイマックス」を2Dで観ました。
色彩を、コントラストを、これでもか!というくらい鮮明に描出するため、スクリーンから2.5mのビューポイントにいると、圧倒されてしまいます。
また、DLA‐X90Rで気になっていた“斜めの動きの気持ち悪さ”は、全く感じられませんでした。
嗜好する映画がアクション・SF・アニメに偏っているため、これは本当に助かります。

メーカー情報で黒をおとしこむ設定があるそうなので、近いうちに情報を入手し、「ゼロ・グラビティ」をチェックしたいと思います。

あと、前機種との決定的な機能差。4Kアップコンバート!
これには驚きました。
90Rで地デジを観ると、ドットがわかるというか、ガッタガタの粗い映像でした。
しかし、本機ではそれがない! 今どきの2Kテレビと同等くらいの画質に描出されました。
こんなに違うのか…と愕然としました。

購入する頃に、○psonのレーザー光源プロジェクターが発売されました。
メーカーの説明会を拝見し、クロの出し方が魅力的ではあったのですが、やはり暗室向け。さらには、"ずらし4K"の弱点が認められたこともあり、我が家の使用環境には合わないと判断しました。
最終的に本機を購入して良かったと思います。

比較製品
JVC > DLA‐X90R-B [ブラック]
主な用途
自宅

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

新・元住ブレーメンさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:530人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
444件
ビデオカメラ
5件
264件
ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
163件
もっと見る
満足度4
デザイン4
発色・明るさ4
シャープさ5
調整機能2
静音性4
サイズ2
   

   

2011年の発売当時に購入したシリアル30番のVPL-VW1000ESからのアップグレード品です。

【デザイン】黒基調で前面以外はつや消しのボディは全暗のシアタールームで使いやすい。電源ランプが前面にあり、スクリーン面に影響を及ぼす。私は黒いビニールテープを上から貼ってしまいました。

【発色・明るさ】ランプが新しい時の発色や明るさは良好。4K試験放送のコンテンツでBT.709では見られなかった色が見られることがある。ランプの寿命による変動が大きいので、キャリブレーションをしている際は手間が増え要注意。

【シャープさ】パネルのアラインメントをきちんととれば未曾有の解像感を見せてくれる。

【調整機能】本体のみではこの値段の製品とは思えないベーシックな調整項目で非常にがっかり。PCソフトのイメージディレクターは調整項目は多いが、リファレンスに合わせる目的には非常に使いづらい。真剣にキャリブレーションに取り組んでほしい。

【静音性】天吊使用で問題なし。

【サイズ】一人で天吊設置するのは無理なくらい重い。

【総評】なんだかんだ言ってリアル4Kプロジェクターが欲しければソニーしか選択肢はなく、この機種はその中で家庭用として手に入るベストの機種。4K60pにもHDCP2.2にも対応したことで長く使える安心感が増した。全暗のシアタールームや大きなスクリーンを所有し、何よりも画質最優先のマニアにオススメ。BT.2020にもアップグレードで対応して欲しい。

主な用途
自宅

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能4
静音性5
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

グレースケール

色域

Image Director 3 のPC画面

メーカーデモ機によるレビューです。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、製品公式ページに掲載の写真や専門店で実機の確認を頂ければと思います。
個人的には、レンズ周りの波動砲のようなデザインが個性的で気に入りました。
本体は艶の無い黒で、迷光低減の観点からも好ましいです。質感は良好です。

【発色・明るさ】
2D映像は非常に明るく、100インチクラスの投写で約70cd/u(設定やスクリーンにもよるのであくまでも目安)程度ありました。暗室なら200インチクラスでも余裕でしょう。
発色はピュアで、これは色域の広さがDCIに近い事からも明らかです。

【シャープさ】
リアリティークリエーション機能で、2Kのブルーレイ映画もボヤけず細部まで4K品位でクッキリ表示できます。何より、レンズのキレの良さは特筆に値し、コントラスト感がシャープな映像をさらに引き立てているようです。
映像はBD映画「オブリビオン」で確認しましたが、ソースが2Kとは思えない解像感で、ボケ味の柔らかさも失わず、立体感に富んだ驚くべき高画質です。ドキッとする場面の連続でした。


【調整機能】
レンズ周りは、フォーカス、ズーム、シフトが電動で、ポジションを記憶させ、ワンタッチで切替も可能です。
映像調整ですが、色温度はプリセットからの選択に加え、カスタムでRGBのバイアスとゲインの調整が可能です。
ガンマはプリセットから選択が可能です。キャリブレーションしたい場合、ソニーが無償で提供している「Image Director 3」というPCソフトが使えます。PCと本機をLAN接続すれば、RGBのガンマをそれぞれ詳細に調整でき、グレースケールトラッキングとガンマを整えられます。
一方、色域については、DCI、BT.709などのプリセットから選べるのみで、RGBCMYの各色度点を追い込む手段はありません。測定したところ、出荷状態そのままで、ユーザー側でのキャリブレーションが不要なレベルに調整されている事が分かりましたが、スクリーンの違いやランプの劣化などを考えると、「Image Director 3」のようなソフトでも構わないので、調整の余地が欲しい所です。
因みに、下位モデルのVW500ESは、RGBCMYの色相、彩度、明度が、リモコンで調整可能です。

参考までに、調整前と後の測定データを添付しています。
Pre-Calibrationは、映像モード「リファレンス」の出荷状態。
Post-Calibrationは、「リファレンス」をベースに、色温度のカスタム3でRGBのバイアスとゲインのリモコン調整、加えて、Image Director 3を使って、グレースケールトラッキングをキャリブレーションした後の状態です。(センサーはコニカミノルタCS-200、スクリーンはOSのWF203で、投写光を測定しているので、スクリーンの特性も含みます)

グレースケールは、色温度ターゲットがD65、ガンマターゲットが2.2です。キャリブレーション後、RGBバランスもガンマもほぼ完璧に整える事ができました。本機は精度と安定性が高く、キャリブレーションはし易いです。
色域(RGBCMYの色度点)は調整ができませんが、出荷状態(Pre-Calibration)で、RGBCMY全てのポイントがほぼΔ2以下と、人間の視覚では誤差が識別できないとされるΔ3を下回っているのが分かります。非常に優秀で、調整の必要は無いです。
グレースケールのキャリブレーションを行うと、色域にも若干影響が出たようですが、測定誤差なども含めると問題の無い範囲です。


【静音性】
工場出荷時は、どの映像モードもランプ輝度が「高」ですが、非常に静かです。暗室で150インチ程度までなら、ランプ輝度は「低」でも充分に明るい映像が楽しめると思います。「低」ならさらに静かです。

【サイズ】
現在ホームシアター用に発売されている民生用モデルでは、最大かつ最重だと思います。
小型軽量を求めるユーザーには適していません。
一方、三管式に比べると、小型軽量と言えます。三管式と置き換えるなら、サイズや重量は問題にならないでしょう。

【総評】
本機は高価ですが、家庭用プロジェクターとして、2D映像は間違い無く最高画質です。良質なブルーレイ映画作品を観ると、ワンシーンワンシーンが、良いカメラで撮影した写真を鑑賞するように、心に響きます。下位のVW500ESに比べると価格は2倍と高価ですが、予算に余裕の有る方は、それ以上の価値を感じると思います。
本機のベースになっているVW1000ESは、ソニー初の4Kモデルでフラッグシップ機でもあるので、光学系を中心に、力の入り方は並々ならぬものを感じます。今後、こうした超ド級の製品が登場するかどうかは分かりませんので、そういった意味では、今買ってお買い得と言っても良いかもしれません。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW1100ESのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

VPL-VW1100ES
SONY

VPL-VW1100ES

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年12月 5日

VPL-VW1100ESをお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意