α7S III ILCE-7SM3 ボディ レビュー・評価

2020年10月 9日 発売

α7S III ILCE-7SM3 ボディ

  • 35mmフルサイズ有効約1210万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • 従来比約8倍の処理性能を持つ画像処理エンジン「BIONZ XR」により、撮影しながらデータ転送するなど、負荷が高い状況でも快適な使い勝手を実現。
  • さまざまな撮影条件下で安定したAF性能を発揮する。動画撮影中の温度上昇を抑制し、1時間を超える高精細4K60p動画の記録が行える。
α7S III ILCE-7SM3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥395,500

(前週比:-2,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥398,915

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥368,000 (7製品)


価格帯:¥395,500¥456,500 (37店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥400,810 〜 ¥400,815 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:1290万画素(総画素)/1210万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:614g α7S III ILCE-7SM3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの価格比較
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの中古価格比較
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの買取価格
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの店頭購入
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのスペック・仕様
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの純正オプション
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのレビュー
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのクチコミ
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの画像・動画
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのピックアップリスト
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのオークション

α7S III ILCE-7SM3 ボディSONY

最安価格(税込):¥395,500 (前週比:-2,000円↓) 発売日:2020年10月 9日

  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの価格比較
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの中古価格比較
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの買取価格
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの店頭購入
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのスペック・仕様
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの純正オプション
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのレビュー
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのクチコミ
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディの画像・動画
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのピックアップリスト
  • α7S III ILCE-7SM3 ボディのオークション

α7S III ILCE-7SM3 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.74
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:20人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.12 4.52 40位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.58 4.54 31位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.58 4.29 5位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.02 4.14 18位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.17 4.26 37位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.55 4.40 18位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.54 4.32 18位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.48 4.42 27位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7S III ILCE-7SM3 ボディのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

C1000_takedaさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
3件
デジタルカメラ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4

動画目的で購入したが、静止画もこれ一つで済んでいる。写真用に残したa7Vの出番がほぼ無くなった。
【デザイン】
基本7Vと同じ。
【画質】
クリエィティブルック、S-cinetoneが動画だけでなく静止画でもかなり使える。一応rawも撮ってあるけど、撮って出しjpegでだいたい満足。ハイライトなど、もう少し各パラメータがスマホアプリみたいにやり過ぎ気味まで設定できると尚良い。
【操作性】
メニューが新しくなってわかりやすい。タッチ操作はフォーカス以外使わない。
【バッテリー】
動画だと予備バッテリー必須。モバイルバッテリーも使えるのでまあ我慢できるか。
【携帯性】
まあまあ
【機能性】
クリエィティブルックなどの他、動画手振れのアクティブモードが結構使える。
【液晶】
見やすい
【ホールド感】
良くなった
【総評】
動画メインの方が多いと思いますが、静止画もトリミング耐性低いことだけ我慢すれば、十分使えます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
夜景
室内

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

designxideaさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
21件
レンズ
7件
4件
カメラバッグ・リュック
5件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

発売日の翌日からおよそ半年ほど使用して、同時に買い増ししたR4との比較も含め、動画用途をメインに購入したが、写真もほとんどこちらで撮影をして、動画撮影時の2台使用時も満足して使用できています。
Canonの1DX、5Dmk4、EosRからの全面入れ替えになったので、写真に関してはノイズが目立つのでやや不満は残りますが、仕事が写真から動画にシフトしたこともあり、割り切っていますが、バッテリーの持ちが圧倒的で、長時間の動画撮影でも予備バッテリーの本数も倍くらい持つので安心です。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
室内
その他

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIEN_さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:436人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
15件
2件
デジタル一眼カメラ
4件
2件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
   

   

前回、ナイトスナップ用途で購入して期待はずれだったということを書きました。その後もSV使い続けていましたが、一つ根本的な利点を実感したので再レビューします。それは色再現性です。

αはα7V、RV、α9と使っておりますが、どのボディも肉眼とファインダー/写りの色が違うという問題がありました。特に花の赤色などが死にがちで、現像でもうまく再現できません。このことについては実用上はあまりレンズによる差でもないような気がしていて、たしかにちょっとだけ差がでるけど、ボディのせいで根本的にダメ、と思っていました。これのせいでよくCanonや富士と比較して劣位に置かれていたと思います。

ところがSVはそうではなくて、非常に肉眼に近い色が出ています。驚きました。鮮やかな発色が素晴らしい。赤がくすまずしっかりと出ています。

動画機の性能としては「スキントーンが出てる!」「10bitで一気に豊かな階調」みたいなことを認識していたのですが、写真ではしばらく意識していませんでした。トーンジャンプしているところがトーンジャンプしていない、みたいなケースにもあまり出会わず、露光量を上げたら黒飛び白潰れしているところが生きている、みたいな話もまあ他の機種並という手触り。しかし、色再現性だけは圧倒的に違います。これだけは本当にSONY機の中では別格に素晴らしいと思う。比較する機会はないですがα1がどうなのかは気になります。

ということで色を気にする人はこの機種を選ぶべきです。多分SUとかでは無理なんだろうな、と思います。

……なので、素晴らしいんですけど、そのためにこれを選ぶべきなのだろうかというと謎です。正直、自分が持ち合わせているSONYのボディの中ではいちばん楽しく撮れるボディだな、と思うのですが(前レビューで酷評したにもかかわらず)、色のためだけだったら富士やCanonを選ぶべきなのではないかと思ってしまう。GMなどのレンズ資産があるなら仕方なくこれなのかな。あと動画のいじりやすさもまあSONYなんだとは思う。うーん、帯に短し襷に長し。動画としてはα7Vでめちゃくちゃきれいに撮れるのはさまざまなYouTuberが実践上証明しています。

12MPもまあやっぱり気になるんですよね。ちょっとトリミングしたらジャギジャギです。5MPくらいのサイズに切り取ると悪いため息が出てしまう。24MPだったら10MPあるところですからね。ただ、8MPくらいだったら全然キレイだと思います。

SV、少し値段が落ち着いて、45万から37万くらいになっていますけど、それでも高いですよね。これが24万だったら、ぜひこれを選ぶべきだって心の底から推せます。残念だけどそこまでお金を出せるものではないんじゃないかな。性能は素晴らしいから評価を上げましたけど、ホント悩ましいです。

でもかといってBMPCC4Kとか6Kに行くかというと、そういうレベルの人はここでは悩まないから、あっぱり際どいところなんですよね。

まあ持ってて楽しいカメラであることは認めます。そして、最初は28-200などをつけて便利に使おうと思っていましたが、最近装着しているのは1635GMと2470GMと70180VXD、大三元ばっかりです。28-200も悪くないやろと思っていたんですが、大三元の方が写りはいいですね。そして最軽量の2870f2.8がシグマからも出ましたが、悩むことばっかりだなあ。まあシステムは好み用途ライフスタイルとの不断の調整が必須ですね……。


参考になった31人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SpGdさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

試用してみて即購入しました。
Cinetoneもアプデで使えるらしいですね。
小回りの利くFX6って感じでしょうか。
あまり違いがないように感じたので今回FX3ではなくこちらを購入しました。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

calamariさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
214件
レンズ
3件
64件
スマートフォン
1件
39件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種Zeiss Batis Sonnar T* 85mm F1.8 OIS
当機種Zeiss Batis Apo Sonnar T* 135mm F2.8 OIS
 

Zeiss Batis Sonnar T* 85mm F1.8 OIS

Zeiss Batis Apo Sonnar T* 135mm F2.8 OIS

 

α7SM3を使い始めて3ヶ月ほど経ち、レヴューを書ける時期になったので、一筆いたします。

0. 初めに

発表以来さまざまな方がさまざまなレヴュー記事を出していますが、動画面での性能・機能に傾斜し過ぎ感が写真撮影者としては拭い切れないのは確かです。ただ、それほど突っ込んだことを書ける技量もないので、色再現、高感度、バッテリーと設定メニューシステムについての感想以外はそちらに譲ります。コロナ禍で移動が不自由になっている今、店頭に出向いて実機デモ機で感触を得る機会も簡単ではないということから、ここでは、以前使用したα7SM2と現在も使用中のα7M3と比較しながら、物理的な感触やボタン類の操作感について触れていきたいと思います。


1. 色再現
色はかなり個人的嗜好に左右されるところですが、オートホワイトバランス(AWB)での色具合は個人的には悪くはない程度です。「オート」ですから個人的主観とやや離れることは仕方ないということもありますが、いまいち気に入らない色になることが未だに多いのは少し残念です(黄色や赤色の花をいつもベンチマークにしています)。基本的にピクチャープロファイルやクリエイティブルックを標準から変更したり、カスタム値を作り出すことは(なるだけ)やりたくない派です。カメラ各社の色彩思考がありますが、この色再現に対して私はお金を払っていると言ってもいいくらいなので、箱から出してそのままドンピシャにもっと近づければ嬉しいのですが。


2. 高感度
焦点検出がEV-6ならこうも凄いのかと驚きです。α7SM2も凄かったですが、このおかげで夕方夜間でも、絞りたいときに絞ったり、ISO値を下げたり、シャッタースピードを上げたりと自由度の幅が広いです。ただ、いろいろな方の記事でもあるように、2段階に分かれたISOノイズの増加パターンはちょーっと良くないですねえ。なぜこういう仕組みにしたのか、なったのか、不思議です。


3. バッテリー
バッテリーはエアプレーンモードにしている限り電源OFFの間でも減らずに長持ちします。第2世代の時は電源OFFにしていてもみ流みる電池が減っていくので困りました。ただ、WIFIを使い出すとかなり消費が速くなります。


4. 設定メニュー
刷新した設定メニューシステムはやはり使いやすいです。以前は設定項目のグループ化に論理性があまりなく、メニュー構造が使い辛かったです。色は敢えて原色系を数色、かつ細い線の文字などは使わない点は強い光源の元でも識別しやすいデザインです。写真モード時の設定と動画モード時の設定の切り分けがはっきりしているのも便利になりました。


5. 物理的な感触やボタン類の操作感

【リリースボタン】
押し具合が、「押し込む」というような押し圧より、むしろ「そっと押す」ような押し圧になっています。機械シャッター音もα7SM2やα7M3に比べ、より低音でシュパッと静かになります。

【握り具合】
私の手は小さく指も短い方ですが、α7M3と比べると、深みがましていることが握った瞬間にわかります。中指が収まる部分の凹みの形状が深まり、薬指・小指部分の山の形も高くなり、よりしっかりと握れる感触です。記憶の限りではα7SM2やα7RM3と比較しても握り具合は更に良いです。     

【露出補正ダイアル】
これも正解です。新しくロック付きになり、不意に触れていつの間にとんでもない補正値に変わっていて撮った写真が台無し、なんてことがなくなりました。

【コントロールホイール】
親指で表面を撫でて見て違いが分かり、不意に設定が変わることが少なくなりました。

【マルチセレクター】
硬すぎず軽すぎずでいい線行っています。表面が平坦な凹みと輪郭の突起があるジョイスティックボタンから、全面点ドットザラメ模様になっていて、親指の引っかかり具合が若干ですが向上していると思います。

【AF-ONボタン】
α7M3のそれより大きく、親指での操作がしやすいです。

【ショルダーストラップ取り付け穴】
α7SM3ではカタカタ音を出さない工夫が見られます。動画撮影には大変ありがたい改善点です。

【録画ボタン】
他のモデルではEVFの右脇にあり若干使いにくいと思っていましたが、今回はC2ボタンの外隣という理にかなった位置に置かれています。これでC1とC2で「どっちだったっけ?」と人差し指が行き来する原因が無くなりました。

【ヴァリアングルモニター】
写真でMFでEVFを覗いて撮影することが多いため、現在では全く取り出してモニターを見るという行為がありませんが、動画撮影を始める際には大変便利になることと思います。

【電池挿入蓋】
特別言及することはないです。普通に仕事しています。

【メモリーカードスロット蓋】
ロックレバーを下ろして蓋を手前に引く新しい構造で、移動や撮影中不意に開くことがなくなりました。

【メモリーカードスロット】
TOUGH GシリーズのSDカードは注意書きにもありますが、挿入時若干引っ掛かり気味ですけれど問題ありません。結構話題にもなったスロット1とスロット2の左右割り当て順序が人間工学的に普通の順序になっています。


6. 結び

以前のモデルに比べ、おそらく大多数の撮影者にとって、実際の使い勝手を著しく向上改善できたモデルに仕上がっているのではないかと思っています。どんなに解像度や色彩再現などの性能が良くても、使用を妨げる不確定動作が多いと欲求不満に悩まされ、写真を撮ると言う基本行動に支障をきたしてしまいます。これだけ高額な撮影道具ですから、そこまで詰めてもらえて満足しています。実際のところ、切磋琢磨の末性能や機能は多かれ少なかれ早かれ遅かれ肩を並べるのですから、こういったところで他社のカメラに移行するしないの分かれ道になるに違いありません。
以上、幾らかでも購入時の参考になれば嬉しいです。

参考になった15人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

TAKAZOWさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感5
別機種R3 ISO12800
当機種S3 ISO12800
当機種S6400

R3 ISO12800

S3 ISO12800

S6400

別機種C6400
別機種c6400
当機種S6400

C6400

c6400

S6400

動画特化といわれる本機ですが私はスチルメインで購入しました。
一応妻用にa7cも同時購入しております。

スチルメインでほぼ動画をやらない私にとってもs3はベストマッチの性能です。

拡大して解像度チェックをしない(R4持っていますがしたことが無い)
写真の印刷をA3以上のサイズで行わない
クロップも少な目で大幅にクロップをすることが無い
博物館などの暗めの室内で撮影することが多い
夜間の撮影が好き

上記の様な私にとってs3はまさにベストマッチです。
a7R4も所有していますが画質の違いは私の環境では見当たりません。あまりやったことない等倍表示してみたら解像度は雲泥の違いでした。この辺はR4も素晴らしいなと。
画面いっぱいの通常表示なら4kモニタでも見分けはつかなったです。気持ちR4の方が映りが良い!と念じながら見れば良いような・・・?という感じです。
ただ、色味というのでしょうか。うまく言えないのですがs3の方が上質で好みの色身を出します。これは完全に個人の感覚でしょうが。

広角気味の単焦点レンズでクロップを多めにするという使い方はs3ではできないです。R4なら50mmの単焦点でも鳥がいればとりあえずとっといてクロップすれば良いみたいな使い方も可能だったでしょうが(私自身はほとんどやっていませんでしたが)s3はそれは無理だと思います。
クロップするとしてもが画角を少し調整する程度であればったく問題はありませんが。

夜間の撮影が好きなのですが、夜の景色によくあるSS30秒〜とかの三脚使った写真だと動体は捉えられません。いてもブレブレで建造物等は綺麗に写りますが生活感は出せません。
それはそれで写真としては良いのですがs3で新鮮なのは暗い夜間公園でも歩いている人がブレずに映りますしISOも高くても劣化が少ないので画質が良い写真が撮れるという事です。
またF値も必然的に1.8とか1.4にせざるを得ませんでしたが(手持ちの場合)もっと絞っても撮れてしまいます。
今まで撮れない画が撮れるという部分でs3は非常に優れていると思います。

あと写真の容量が全く違いますね。画素数が低いのでPCへの転送が速いです。
ファインダーも恐ろしく精細で、前に使っていた一眼レフと同等で光学ファインダーということは知らされなければわからないレベルまで来ています。

バッテリーの消費関しては同バッテリーのa7cに比べて相当減りが速いです。a7cは一個で丸一日使用できましたがs3は2つか3つ必要です。おそらく高精細ファンダー等にバッテリーを使っているのだと思います。動画も撮る人なら確実に3つは必要になると思います。

動画には興味は無いですが、試しに夜に撮ってみたらおそろしく綺麗な映像が撮れました。動画をやらない素人なので機械が素晴らしいのでしょう。
すこし動画にも興味が湧いてきたいので最近は動画の設定やジンバルの購入も検討しています。

追記
s3の高感度はどの程度なのかR3と比較してみました。
レンズの明るさによりますが旅行などでお寺内の廊下や夕方以降の暗い時間ではISO6400もあり得ますのでISO6400 と ISO12800 でどの程度のノイズ差なのか見てみました。
なんとなくSで撮ってるときは6400、最悪12800でも耐えると思っていたのですが、やはり高感度に関してはRとSは目に見えて差があると思います。
何枚かISO別にとったのですがR3の画像が30Mを超えてしまうので運よくギリギリ30M以下だったISO12800のみ画像を載せておきます。Sの画像に関しては30M超えるものはないのでISO6400も載せておきます。Cの画像も30M超えなかったので参考までにCも載せておきます。

Rは全体的にのっぺりした映りでノイズの粒子が粗く見えます。またノイズが若干ピンクがかっているように見えます。
Sはノイズはあるのですが粒子が粗くなく、ギリ透明感(?)みたいなのを保っています。まぁ使える画質か?といわれれば微妙ですが。
Cはキレイにその中間といったところです
Rは少しISO上がってしまうと一気にパフォーマンスが落ちるので単焦点など明るいレンズを使うと良いのかなと思いました

個人個人の許容量にもよるかもしれませんが
ISO許容度はRが2500 頑張って3200 最悪5000
      Sが5000 頑張って6400 最悪10000
といったところでしょうか。完全に私個人の使用範囲での私見ですが。
友人はRの場合1000以上は見れたものじゃないと言っていたので、やはり個々の許容度の問題だとは思います。
Rで夕方以降もしくは暗めな室内は手持ちの場合無理と判断し使用しておりません。

ちなみに画像一枚につきの容量は平均で
R 41.2M
C 23.9M
S 13.6M
でした。同クラスのメモリーカードを使用していますがPC転送速度が違います。また写真撮った時のSDへの保存速度もSは0.5秒 Rは1.8秒ほど
かかりました。まぁよほど連打をしなければ関係はないと思いますが。

ISOが1000以下の時はクロップ耐性はRの方が段違いに良いです。ISOが6400とかになるとノイズで高解像度だろうがクロップすると劣化しまくります。(ノイズも拡大されるイメージ)
Sの1200万画素でもちょっとした画角調整程度のクロップであれば4KモニタでもRとの違いは見当たりませんががっつりクロップはSでは苦しいです。
Rであれば余裕のクロップができますしAPS-Cモードを使用してもR4なら2620万画素 R3なら 1800万画素程度も残るので(Sは明確な記載があるところが見つかりませんでした。おそらく1000万画素は余裕で下回り4Kモニタでは画像の劣化が確認できるレベルになると思います)
焦点距離を1.5倍運用できるので例えば
16-35GMレンズでも実質的に16-52という焦点距離運用も可能ですし、単焦点レンズでも2通りの焦点距離を選択できるという利便性の良さがあると思います。
タムロンの28-200便利ズームなら実質28-300 恐ろしい利便性です。
上記のメリットデメリットを考えると器用貧乏感は拭えませんが中間に位置する7cや7m3も十分選択肢に入ると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった30人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sacrilegeさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

a7s Uを5年程使ってましたが、ボタンが効かなくなったのを機会に買い替えました。

【デザイン】
a7s U と変わりないです。
【画質】
a7s U と変わりないが、ISO16000までであれば、ノイズが少なくなった印象。
【操作性]
タッチパネルが便利です。
【バッテリー】
a7s Uのときと比べるともちます。
【携帯性】
a7s Uと比べると、グリップ部分が大きくなりました。重さもa7sVのほうが大きく重いですが、それほど、重くなった感じはしません。
【機能性】
afが凄いです。しかし、下手くそなので失敗写真がSDにたまるだけです。EVFの画質は綺麗ですが、あまり、驚きがなかったです。
【液晶】
タッチパネル搭載のため便利です。しかし、ピントが気付くと勝手に端に移動していたりするので煩わしいなと思うときがあります。
【ホールド感】
男ですが手がめちゃくちゃ小さいです。しかし、問題なく、持ちやすいです。
【総評】
基本写真しか撮りません。子供がいるのでシャッタースピードを稼げるのは強みですね。
使いこなせるようにしていきたいです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チェ・エバラさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
5件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5

【デザイン】初代よりジワジワと進化。自分は手が大きい方ですがしっかり握れます。デザインもシリーズ通して統一感あって好きです。デザイン変えろってよく見ますがそれならSONYじゃなくていいんじゃね?と。

【画質】主に動画撮影に使用。今までsiiを使用していた身として10ビットの実力を実感。

【操作性】これも初代よりジワジワと進化。ボタンの押し心地、新しいメニュー画面も慣れると良い。

【バッテリー】7iiiより若干減りは早いかな?

【携帯性】他社のフルサイズ機に比べると良いのでは

【機能性】オートフォーカスはあんまり使わないけどとても優秀。タッチパネルと相まってかなり便利。
手ブレ補正のアクティブモードは助かる

【液晶】バリアングルには最初戸惑う。しかしゲージつけてストラップつける場所を変えると気にならなくなった。かな?

【ホールド感】初代よりジワジワと増すホールド感。

【総評】ずっと登場を待っていたカメラです。発表時は目新しい機能がないとかでイマイチ盛り上がってなかった記憶がありますが3ヶ月くらい使ってみて、買って良かったと感じています。
主にブライダルで使用しています。明るくなったり暗くなったりと様々な光源が入り交じる現場でホント重宝しています。
Rawはまだ挑戦してないのでぜひともやってみたいと思っています。

レベル
プロ
主な被写体
人物
夜景
室内
その他

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

6084さん

  • レビュー投稿数:179件
  • 累計支持数:1281人
  • ファン数:68人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
15件
8372件
レンズ
20件
493件
フラッシュ・ストロボ
5件
120件
もっと見る
満足度3
デザイン1
画質3
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3
当機種α7SV
別機種α9
別機種EOSR

α7SV

α9

EOSR

当機種α7SV
別機種α9
別機種EOSR

α7SV

α9

EOSR

T.購入動機=期待

私は動画から足を洗って久しく(アナログ時代、ソニー製の業務クラス3板ENGカメラEVW300等を愛用)静止画=写真のカメラとしてのみの期待から購入しました。
1.ファイルサイズが小さい事。
α9はミラーレス機として大変良好なファインダーの見え方と動体AF性能なのですが、スポーツ撮りの私は沢山撮影するので2400万画素でももてあまします。(後始末が大変なのです。)本機の新型センサーによる1200万画素は良いと思いました。

2.色見が改善されていると言われていた事。
α9等の私の手元のソニー機は全て晴天日中で人物の顔に緑被りするという問題を抱えていました。スポーツ撮りのプロの間から「α9Uでも色見は直してくれていない。」というお話が聞こえて来ました。そこで本機の色見の改定に期待したわけです。人物の肌色の修正の為の現像時の工数の増加は、撮影枚数の多いスポーツ撮りには大変苦痛でした。ファインダーの見え方はα9より劣るものの、ファイルサイズが小さい事と色見の改定によりスポーツ撮りには使いやすくなるだろうと期待しました。

3.像面位相差センサーの導入
以前より1200万画素まで抑えたα7Sシリーズは存在したのですが、コントラストAFのみであり、動体撮影には不向きと考えられました。本機では像面位相差センサーが導入された事により動体撮影に適用すると期待しました。

4.高感度耐性の向上
「夜間でも真昼の様に写る」様な事は最初から期待していません。屋外の競技で夕刻に差し掛かる事があり、そうした時にISO感度を上げた場合のノイズが少ない事を期待しました。

U.今回のテスト
今回は主に高感度耐性に対して、夜間の静止物、所謂夜景の類でのテストを行いました。
1.サンプル
1)サンプル:本機α7SV
2)対照機
 @ α9
 A EOSR

2. レンズ
1) シグマ、初代12-24F4.5−5.6 DG HSM キヤノン用
2) シグマ、24-35F2 DG キヤノン用
*それぞれメタボーンズ4型、5型、電子マウントアダプタ、キヤノン純正マウントアダプタを使用。
*シグマはソニーに対してもキヤノンに対してもサードパーティーです。

3.カメラ設定(各機共通)
 1)「日本丸」に対して
  @ ISO感度40000
  A 絞りF8
  B 絞り優先AE
  C メカシャッター
  D AWB
  E 非圧縮RAW記録
  F レンズ:初代12-24F4.5−5.6 DG HSM キヤノン用
  * 手持ち撮影
  * ISO感度は3機種共に可能な最大値としました。
 2)「錨」に対して
  @ ISO感度6400
  A 絞りF5.6
  B 絞り優先AE
  C メカシャッター
  D AWB
  E 非圧縮RAW記録
  F レンズ:シグマ、24-35F2 DG キヤノン用
  * 手持ち撮影。

4.RAW現像
シルキーピックスPro10(共通)全くレタッチを行わずストレートに現像。

5.被写体
横浜市に展示されている「日本丸」と「錨」です。どなたにでも自由にアクセス、撮影が可能=
追実験容易であります。

  *レンズ、カメラボディ等全て自費で購入した私物です。




6. 撮影結果に対する評価
1)「日本丸」に関しては各自ご覧になって評価をお願いします。私的にはこの程度の撮影ならば
 α6000+SEL10-18で、かなり低感度による手持ち撮影で十分対応可能でしたので、
本機のような大仰な機械は必ずしも必要とは思えません。

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23821991/ImageID=3474583/

2)「錨」
所謂夜景では高輝度の輝点と漆黒のみとなり、中間調の表現の評価が出来ないと考え、屋外展示の
「錨」を撮影しました。この「錨」は街路灯で照らされています。

この撮影で意外な結果を得ました。

ソニー機、α9、α7SVはキヤノン機EOSRと比べて異様に緑色が強いのです。

幾らかソニーを弁護しますと、街路灯は恐らく水銀灯だと思われます。水銀灯には厄介な「輝線スペクトル」が含まれ、アナログビデオ時代はおろか銀塩カラー写真の頃からの厄介物でした。

この「錨」の表面の塗色はグレーでしたが、EOSRでも緑がかりました。そしてソニー2機種ではそれとは比べものにならない緑がかりです。まるで周囲まで苔むしたようです。

カメラにとって理想的な筈の晴天日中での人物の肌色に関しては別途テストする必要があると思いますが、こうした困難な光源下での到達点で、デジタルカメラの基本的な所で、ソニーはキヤノンに追い付いていない部分が明らかになったと思います。

「水銀灯の様な特殊な光源で!」とお思いの方も居られるでしょうが、水銀灯は、演色性と言う点では全く劣悪な光源なのですが、街路灯や体育館内の照明として非常に一般的です。

オリンピックでは照明の光源の光の質や照度に関して詳細に規定されているので、その撮影にはどのカメラメーカーでも問題無いと思いますが、私達が選手として、カメラマンとして楽しむ一般のアマチュアスポーツではオリンピックの様な理想的な照明下で行われるとは限らないのです。偉いさんの演説の撮影でも、「フリッカーフリー」は必須でしたが、普通の体育館などでの演説の場合、こうした色味も問題になるかも知れません。

因みにストロボはキセノン管を光源としていて、これは太陽光に高近似の大変優秀な光源です。
しかし、ストロボが使えない条件でこそ高感度耐性に優れているとされる本機は期待されているのです。ですから、こうした根本的な問題の早期の解決を強く要望する物です。

レベル
アマチュア
主な被写体
スポーツ

参考になった101

このレビューは参考になりましたか?参考になった

つばめ徳さんさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:804人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
836件
レンズ
5件
50件
Mac ノート(MacBook)
6件
18件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種夜景
機種不明イルミネーション
当機種紅葉

夜景

イルミネーション

紅葉

当機種こんなとこにお地蔵さんが
当機種愛犬を
当機種瞳に木々が映ってます。

こんなとこにお地蔵さんが

愛犬を

瞳に木々が映ってます。

デザイン】SONYらしいメカニカルなデザインで私は好きです。

【画質】動画の画質は暗所に強くisoをかなり上げてもノイズが少なく色の破綻がないので素晴らしいと思います。
ではスチルではどうかと言いますと私のように家族、ペット、スナップを撮る分には1200万画素でも十分いやそれよりもノイズが少ない写真が撮れるので大満足です。流石にトリミングを多用する方とか大きなサイズで使用する方には不十分かも知れませんが一般的な方には良いと思います。1200万画素でスチルはという方もいますが使用用途によってはスチルでも満足できます。夜景はiso16000固定でも良いくらいにです。

【操作性】タッチパネルでメニュー項目も変えれるようになったのは非常にありがたいですね。ただSONY機に慣れているせいか最初は戸惑いました。しかし慣れると非常に扱いやすくなりました。

【バッテリー】今までどうり十分な性能だと思いますが、若干減りが速いので予備かモバイルバッテリーはあった方がいいです。

【携帯性】α7cに比べれば良く無いですが他のフルサイズ機に比べれば良い方だと思います。

【機能性】動画を撮っている時に赤枠で表示されるので撮り忘れが無くなりますね。是非他のαシリーズにもバージョンアップで対応して欲しいです。AF性能も追従性はα9系に僅かに及びませんがピントの合う速さはα9系よりいいように思えます。暗所のAF性能もα9Uよりいいです。またバリアングルモニター採用も自撮りも際に凄く役立ちます。これから発売されるα7Wに期待が膨らみます。

【液晶】EVFがともかく綺麗でMFがとてもやり易いです。この機種の後にα7cとか比べると世界が変わります。
α7rWにあったピントがあった瞬間にドットが荒くなることはありません(自分は今年4月にはα7rWを売却したので今現在はわかりません)液晶画面も綺麗で滑らかです。

【ホールド感】4型になってからは十分なホールド感です。

【総評】
今までαシリーズを使用してきましたがSシリーズは初めてです。
α7sVを使用してみて暗所性能の良さに改めて感心しました。
このカメラなら夜間でもF4クラスのレンズで十分いけます。
6k、8kにいかず4kを追求したSONYの1200万画素センサーは大正解だと思います。
ノイズ耐性も良い、DRが広いので色の破綻も少ないです。
また他機種のように動画時間の制限(オーバーヒートによる制限)も無くバッテリー、メモリーカード容量が尽きるまで停止すること無く撮影できます
動画機のイメージが強い本機でありますが使用用途によってはスチル機としても十分使えます。
自分のように家族写真、ペット、室内撮りが多くA4サイズ位までしかプリントアウトしない方は高画素機でなくてもこの1210万画素の本機の方が色の破綻もなくノイズも少なく綺麗な写真を残すことが出来ます。
トリミングを多用される方、A4より大きなサイズでプリントアウトされる方はもう少し画素数が多い方が良いですね。
CFxpressカードのお陰でバッファ詰まりもなく快適にシャッターが切れます。
スチルメインの私が購入したα7sVですが自分の使用用途では大満足なカメラです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった53人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

MBDさん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:624人
  • ファン数:80人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
1508件
レンズ
15件
169件
三脚・一脚
0件
22件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種レンズ:SEL24105G
当機種レンズ:APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
当機種レンズ:APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

レンズ:SEL24105G

レンズ:APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

レンズ:APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

当機種レンズ:SEL1635GM
   

レンズ:SEL1635GM

   

α7s2を持っていました。それからず―っとこのカメラを待っていました。
α7R4も目もくれないで待ち続けて、ようやくの発売です。
すぐに予約、発売日に手にしました。
高感度も良いのですが、α7s2も色の再現性が素晴らしく、画素数を除けば、どのαより写真がキレイに撮れます。
そして進化したファインダーとAF性能、4K/120P対応と現在のメインカメラです。
画素数が必要な方から見れば、たかが1200万画素ですが、それ以外では、最高のカメラと思っています。
是非、予算が許せば、素人の方の買って頂きたいお勧めのカメラです。たぶん素人が見たら、このカメラで撮影した写真が一番キレイと言わせるのではないかと思っています。とにかく色の再現性がすごいです。

ファインダーはとてもキレイに見えるのも良いポイントです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった49

このレビューは参考になりましたか?参考になった

2石レフレックスさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:540人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
425件
ビデオカメラ
3件
181件
レンズ
4件
25件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種妻と旅行したときの1コマ 写真機として使うと画素数が少し不満ではある
   

妻と旅行したときの1コマ 写真機として使うと画素数が少し不満ではある

   

カメラの評価は、
その購入者がどういう位置づけでそのカメラを使おうとしたかによって大きく振れ幅があると思います。
6000系や7V等はあくまでもサブカメラであって、適切な使える場所で適切な役割を全うしてくれれば良いと思って買いましたが、
この7sVに関してはそのスペックからして、メインカメラとして十分に使えると想像して購入したため、私の評価は厳しくなります事を最初にお断りしておきます。

422-10ビットを搭載したため、これはFX9とまったく互角に使えると思っていました。
このカメラでの私の使用用途は6000系や7Vとは違ってログでの撮影となります。
私の通常の撮影環境においてログ時のISO感度の使用範囲は2000〜6400くらいになります。
このISO範囲でのログの素材データのノイズが想像よりもかなり多い。
ログ素材のノイズはグレーディングの過程でシャドーをコントロールし、絵を締めることによって押さえ込むのではあるが、基本的なノイズ量は少ない方がその作業範囲を強制されることも少なくなり、目的に到達しやすくなる。
ネイティブがISO640とISO12800(この数値はメーカー公称していないのであくまで12800でノイズが減るという事実に基づいた仮定である)に設定されているが、これが私の現場では使い難い。
ISO2000〜6400までのログ時のノイズがフルサイズ1200万画素というスペックから想像していたものより遥かに多い。(FX9の半分程度しか画素数がないのだから、ノイズ量はFX9よりも絶対に少ないだろうと思っていたがそうではなかった)
画素数が多いにも関わらず、ISO800と4000にネイティブを設計してあるFX9のほうが確実にノイズが少ないため、FX9に置き換えるには役不足であり、サブカメラの位置づけになりざるを得ない。
ISO12800での高側ネイティブ以上を使いたい現場、確実に7sVが本領を発揮してくるのはISO51200からとかになる。これは夜景とか暗めの照明1発だけの室内とかの現場となるのだろうが、残念ながら私はそういう場所で撮るケースは少ないのが現状です。

ログ時のPPのディテール初期設定が-7に設定されているが、さすがにこのままでは絵が甘すぎるため、グレーディング作業においてシャープフィルターの運用を強制される。
後からシャープ処理の絵の感じが気に入らない場合は、撮影時のPPのディテールを上げざるを得ないが、これが、上げるとキレ感は得られるものの、ノイズ感がさらに強くなって編集時にノイズを押さえ込む作業幅が増えてしまう。
FX9を使用しておらず、または7Vよりも少し良い程度だと割り切って購入していればここまでの不満はないのだが、私の期待値が高すぎたと思う。考え方を変更すれば良いカメラだと思う。

いろいろと使ってみての以下追加追伸です
結局、SLOGはノイズの多さがどうしても妥協できず諦めました。
他の方法をあれこれテストしているとHLGだとノイズリダクションらしきエンジンが作動しており、絵を持ち上げてみてもSLOGより圧倒的にノイズが少なく収録できていることが判りました。
またHLGだとネイティブISOは640だけのようで、SLOGの時に12800でノイズが一旦減少する
というデュアルネイティブみたいな動きは全くないのも判りました。
HLGモードに関しては、よくよく素材を調べると、輪郭のディテールというよりも
被写体の面そのものの描写力が少し落ちて、例えば「紙」を映すと
その紙の質感が少しスポイルされる様子が見受けられます。
これはノイズリダクションのためだろうとは思いますが、
その代わりにノイズは非常に少なくなっており、HLG後はそんなに弄れませんが、HLG用のLUTが決まりやすく、良い感触でした。
このカメラで一般向けに映像を作る場合でDRが欲しい場合はHLGかなと思い、HLGで運用しています。422-10で撮影しておけば2020/709SDRへの出力も決まりやすく違和感はありません。もちろん2020のままでも決まりやすいです。

リグ組みしてみましたが、やはりFX9よりも小型で軽量で三脚も小型のもので済むし、
還暦誓い私には魅力的です。。。ある程度で折り合わせるってこともいいですね。

何度か現場投入した上での追伸です。これで私的評価は終わりにしたいと思います。
SLOGに関してはやはり3000から10000までのISO運用時のノイズが多いと感じていて
室内での撮影でSLOGが使えないという感想は変化ありません。
SLOGは12800固定にしたいと思ったりもしますが、光の変化する現場で
可変NDが無いこのカメラではそれは非常に難しくて断念しています。

HLGとスタンダードガンマでの描写は非常に良く感じています。
ディテール+5は人物だときつく感じられ、解像感が欲しい場合でも+3までにしています。
HLGでブライダルやインタビューを撮影してみて非常に綺麗だと思っています。
HLGはSLOGほどの安全なDRは得られませんが最終的には目的の範囲で表現させる編集をしての709SDR仕上げなので、撮影時にちょっと配慮すれば大丈夫です。
私は納品上、一般の人が好むrec709でありつつも少しDRが広い感じを求めていて、
ガチガチの709な絵まではやりません。
一般人の色彩感覚なものが多いのでPV系でよくあるシネ表現系の仕上げまではいかず、
DRのためにLOGを使いたいという趣旨です。
LOG撮影データでも暗部を少しは残したいためノイズが多いLOGデータは困るというのがありましたが、このカメラのHLGは暗部のノイズが少なくて使いやすいです。

ということで、メインに使うつもりだったSLOGが期待を裏切られて
当初は画質評価を★3にしていましたが、
HLGで自分の満足は得られるカメラだということでこれを訂正させて頂いて★4にさせて頂きました。

連続撮影時間に関しては室内であればバッテリーがなくなる1時間15分程度は
連続撮影できています。
その後、交換すれば再び1時間15分撮影できています。
発表物では朝から晩までぶっ続けというのもありますから、
すべてにメインに使えるってことは無いですが、けっこうメインとして使えるという印象に変化してきました。
ではこれで。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった90人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

james007さん

  • レビュー投稿数:125件
  • 累計支持数:857人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
29件
101件
デジタル一眼カメラ
5件
70件
デジタルカメラ
5件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種築地大橋夜景
当機種勝鬨橋夜景
当機種よみうりランド/マジックアワー

築地大橋夜景

勝鬨橋夜景

よみうりランド/マジックアワー

当機種よみうりランド/クリスタル・パサージュ
当機種よみうりランド/ジュエリー・ハーベスト
当機種よみうりランド/チューブスライダー

よみうりランド/クリスタル・パサージュ

よみうりランド/ジュエリー・ハーベスト

よみうりランド/チューブスライダー

【デザイン】α7s/α7IIIユーザーですが、違和感ないデザイン。

【画質】1200万画素ながら、高性能画像処理エンジンBIONZ XRは静止画でも進化。

【操作性】SDカード入れる時、開け方が少し変わりましたが、慣れれば問題なし。

【バッテリー】納得れべる

【携帯性】α7S(約489g)/α7III(約650g)より重いα7SIII(約699g)は許容範囲。

【機能性】暗所(EV-6)への進化は、α7S(EV-4)/α7III(EV-3)よりかなり暗さに強く、大満足。

【液晶】943万ドットは、圧巻の見やすさで大満足。

【ホールド感】α7IIIより、持ちやすく、重厚感とホールド感も改良されてます。

【総評】予約開始日に予約し、昨日の発売日、午前9:30頃佐川急便で届きました。
台風で雨の中、足元が悪い環境で??旧古河庭園の秋バラ??を撮影、BIONZ XRは動画のみならず、
静止画の色あいも改良。この後、東京駅前の夕景・夜景水面反射を撮り、私好みの色合いになってました。東京駅写真は、後日投稿予定。クリエイティブルック(ST/PT/NT/VV/VV2/FL/IN/SH/BW/SE)は
VVしか試してませんが、Vividは色鮮やかでした。PT(ポートレート)の肌色描写も楽しみです。
- 2020/10/19 東京駅前水面反射追記 -
α7SIII到着日、旧古河庭園の秋バラ??撮影後、東京駅前の水面反射に臨みました。
傘をさしながら、片手撮手持ち撮影。撮影後、写真をiPhone Xへ転送する速さに驚きました。
カメラの進化かSDカードのどちらの影響かは判断できてません。
因みにスロット1には、TOSHIBA EXCERIA PRO N502(米国リテール版)R270 W260 MB/S
V90 SD XCII
以前、α7Sで撮ったよりは、黄金反射の深みが増したように思えます。JPEG撮って出し、無修正

2020/11/30 勝鬨橋付近夜景、よみうりランドを追加
α7SIIIの超高感度特性は期待通りの描写力で、手持ち撮影の機会が増えました。
α7III(EV-3)と同じ環境で、α7SIII(EV-6)撮影比較すると、暗所向上、ノイズ改良を実感でき、
夕景以降のα7III出番が激減しました。
a7SIII内蔵のマイクもステレオ音抜群で、別売りのショットガンマイクロフォン(ECM-B1M)を持ち出すのが億劫になるほど、良好な音質。
1200万画素には、まったく問題なく、APS-Cクロップ画質でも許容範囲と言えます。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった62人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷっぷくぷーやんさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
157件
レンズ
2件
50件
その他カメラ関連製品
3件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

a7SVの驚きの高感度性能!
照明まったくない真っ暗闇で撮影しました。
目では何も見えていません。
もうすばらしすぎます。
レンズは、SEL50F14Z、SEL20F18Gです。
0:59からの映像は、2時間撮りっぱなしにしていた映像を速回ししました。
動画の最後の映像は、a7VとSEL1635Zで撮影した静止画のタイムラプスです。
動画の字幕で、ISO10000とあるのは、ISO100000の間違いです。

https://youtu.be/-ZKeqeBd9cY

レベル
プロ
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

maculariusさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:311人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
463件
レンズ
15件
155件
デジタルカメラ
1件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

10月中使用しての再レビューです。
今回の作例はカメラ内で微調整した クリエイティブルック IN Jpeg撮って出しです。
使用レンズ Tamron 2.8/70-180, Samyang 1.8/45, Sony 4/12-24  
                                撮影協力 MASH弦楽団

【色味とダイナミックレンジ】
可視光+IRセンサー と クリエイティブルック で自然な色合いと好みの色味が作りやすくなりました。
ダイナミックレンジに関してですが、このカメラを使うと 今までのカメラで撮ってきた絵が、妙にクッキリしているように感じます、レンジの幅で影の部分の落ち方が早かったのかもしれません、そのほうがシャキッとした写りに見え評価が下がることがなかったことも一因でしょう、撮影後ダイナミックレンジを狭く現像することはできても、広げるのは難しいと思うのでありがたいです。

【瞳フォーカス】
α7Vと比べ精度が良くなっています、ピントは全く気にせず 構図のみに集中して撮れています、「外すのが難しいほど」と実感できます。

以下過去レビュー
【デザイン】
α7cのデザインが好みですが、初代α7からのこの筐体にも慣れました。

【画質】
まだスチル機としてしか使っていませんが、十分な画質と思いました、ホワイトバランス、色合い共進化していて、自然になったと思います、作例は全てjpeg撮って出しですが、このままでも行ける感じがしました、画素数が…と心配される方もいるようですが、個人的には不足は感じません、トリミング耐性にしても、今や600%upの画素補間ソフトも出てきた時代、いざとなればそれで…。

【操作性】
新メニューは右側に行き先が見えるので、慣れれば素早くたどり着けそうです。

【バッテリー】
Zバッテリーになってからホント持ちが良くなりました、その分重いはずですが、700gを切ったのは流石ソニーと思います。

【携帯性】
頑張ってくれたとはいっても、さらなる軽量化に期待です、わがままですけど。

【機能性
まだ使って2日で色々試せていませんがが、ファインダー好いです、レンズの焦点距離にもよりますが両眼開けたまま覗いていても見やすいので、不意に死角から現れる野良猫等にも対応できそうです。
AFは動物瞳フォーカスのみの使用ですが、新エンジンのおかげなのか、α9と比べて勝るとも劣らない歩留まりになっています。

【液晶】
初バリアングルですが、縦位置ローアングル時の苦労がなくなりました。

【ホールド感】
日頃無くても良いと思っているグリップですが、左手猫じゃらしの片手撮影ではありがたいです。

【総評】
スチルでもメインカメラとして使うつもりです、画素数が云々という人は、高画素機と比べて本当に違いが解るのだろうか?とりあえずそう言っておけば…な感じがします、自分は違いの解らない男なので。

主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった69人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7S III ILCE-7SM3 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α7S III ILCE-7SM3 ボディ
SONY

α7S III ILCE-7SM3 ボディ

最安価格(税込):¥395,500発売日:2020年10月 9日 価格.comの安さの理由は?

α7S III ILCE-7SM3 ボディをお気に入り製品に追加する <984

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意