X470 Taichi レビュー・評価

X470 Taichi

  • X470チップセット搭載のAMD製CPU向けATXマザーボード。Ryzenシリーズにも対応。
  • デュアルバンド(2.4/5GHz)対応のインテル802.11ac WiFiモジュールが付属する。
  • ビデオカードの信号干渉を防ぐ固体カバーが付いたPCI-Eスチールスロットを搭載。
X470 Taichi 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥27,780 (前週比:+2,410円↑)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 4月19日

店頭参考価格帯:¥― (全国9店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X470 メモリタイプ:DDR4 X470 Taichiのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X470 Taichiの価格比較
  • X470 Taichiの店頭購入
  • X470 Taichiのスペック・仕様
  • X470 Taichiのレビュー
  • X470 Taichiのクチコミ
  • X470 Taichiの画像・動画
  • X470 Taichiのピックアップリスト
  • X470 Taichiのオークション

X470 TaichiASRock

最安価格(税込):¥27,780 (前週比:+2,410円↑) 発売日:2018年 4月19日

  • X470 Taichiの価格比較
  • X470 Taichiの店頭購入
  • X470 Taichiのスペック・仕様
  • X470 Taichiのレビュー
  • X470 Taichiのクチコミ
  • X470 Taichiの画像・動画
  • X470 Taichiのピックアップリスト
  • X470 Taichiのオークション

X470 Taichi のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.65
(カテゴリ平均:4.38
レビュー投稿数:6人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
安定性 4.58 4.50 40位 安定して動作するか
互換性 4.45 4.40 37位 パーツとの相性など
拡張性 5.00 4.09 4位 拡張性スロットやポートは十分か
機能性 4.29 4.24 43位 付加機能は十分か
設定項目 4.84 4.19 9位 設定項目は豊富か
付属ソフト 4.38 3.77 12位 付属ソフトの質と量は適切か
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X470 Taichi

X470 Taichiのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

昔からずっとAMDユーザです。
マザーボードにメーカーの拘りはなく、気に入った物を選んでいます。

【安定性】
今の所特に問題ありません。
もう少し暑くなったら色々分かるかもしれませんね。

【互換性】
X470なので全Ryzenに対応しています。
既に次世代向けのBIOSも配布されていますので、Zen2用に確保するのもありだと思います。
その場合はBIOSバージョンを確認後、必要に応じてアップデートしてください。(今店頭に並んでるのは殆どアップデート要だと思います)
そのままZen2を乗せても動きません。

【拡張性】
通常+αですね。
SATAポートも多いし、必要十分だと思います。

【機能性】
フェーズ数が多く、オーバークロック向けです。
CPUぶん回すには最適です。
見た感じ耐久性もありそうですし、長く使えるのではないでしょうか。

【設定項目】
項目が豊富すぎて現状使いこなせていません。
もうちょっとユーザフレンドリーだと良いかもしれません。

【付属ソフト】
使っていないので評価なし

【総評】
C7Hと比べると1万近く安く、コスパ抜群です。
間もなくX570が登場しますが、ファンレス希望の方はこちらをどうぞ。
ただし、現状PCIe4.0が使えませんので(将来使えるかどうかもわかりません)
新しい物や速度を求める方はX570版の taichi をご購入ください。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あがえここさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

【安定性】
コルセアのメモリーを初め使用していましたが、サポートメモリーのバージョンと異なっており、それが原因かは定かではありませんがブルースクリーンが頻発。
memtestは4パスという状況になり、G.SkillのAMD用にしたところそこそこ安定しています。

【拡張性】
SATAポートの数が他のマザーボードより多く、沢山HDDを積んでいるのでこれにしました。

【機能性】
M.2 SSDにヒートシンクが標準で着いているので安心です。

【付属ソフト】
APP SHOPで標準ドライバ類は更新が楽に行えます。

【総評】
見た目もカッコよく、機能性も問題ありません。
何か困った事があればTwitterのASRockアカウントに問い合わせれば直ぐ答えてくれるので安心です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Od4ngoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性無評価
互換性5
拡張性5
機能性3
設定項目5
付属ソフト3

今回初めてAMDのCPUを使用してPCを組んでみました。
Twitterで評判のいいASRockのM/Bなので長く稼働してくれることを祈っています。

【安定性】
今のところは安定して動作していますが、まだ組んでから1週間程度なので無評価とします。

【互換性】
Zen2対応のBIOS更新もすでに配信されていますし、今回使用したDDR4-3600のOCメモリも問題なく使用できたため文句なしです。

【拡張性】
今回はNoSATA構成なので、余り重視していませんが、M.2スロットも2つ備えており、SATAポート数も6以上と十分に思います。

【機能性】
M/B上のRGBLEDは制御可能ですが、シャットダウン時も消えてくれません。
DeepSleepを有効にすると消えるようですが、一部のデバイスで互換性問題が発生することもあるようです。
こちらに関しては、今後のアップデートで消せるようになるとのことなので、余り気にしなくてもいいかもしれません。

【設定項目】
OC時も安心の電源フェーズ構成となっており、OC関連の設定項目も充実しています。

【付属ソフト】
M/B上のRGBLED制御ツールとしてASRock Polychrome SYNCが配布されていますが、一部のゲームのアンチチートに誤検出されます。
A-TuningでAsrock - Saphire Boostを選択すると、適切なシステムではない場合BSoDとなります。

【総評】
付属ソフトに関しては改善の余地がありそうですが、M/B自体のとてもよくできていると感じました。
Zen2にも対応しいるので、今後も長く使うことのできる製品だと思います。
この価格でこれだけの製品を出していただいているASRockさんには頭が上がりません。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ericshenさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

前言:
AMDメーカーのCPUを使用したいからこそ、こちらのx470taichiを選びました。
感想と余談は以下になります。
【互換性】
基本はamdのSummit Ridge, Raven Ridge 又はPinnacle Ridge系列以上は使用可能。(こちらを選んだ理由は第三世代のcpuを使用可能らしいです。)
そしてddr4も3466以上支援。
今回はr7 2700xを例として
ddr4は3200以上おすすめです。じゃないとmb(マザーボード)やcpuなどの性能を無駄になるのです。
ほかのパーツでしたら、多分問題ないと個人に思います。
【拡張性】
m.2 mvne 2個まで支援(ただし、二個目の場合は
機能がダウンになること)
またもしグラボを二個目(sli)を付くとm.2 mvneの二個目が機能がなくなることも要注意です。
でも私にとっては今の状況だと結構十分だと思います。(自分はm.2 nvme*1,ssdsata3,hdd,グラボ*1。未来にまたパーツを追加する予定があるのです。)
【機能性】【安定性】
この値段だと品質、材質など他より良いと思います。また
16フェーズのVRM電源回路を実装されてあります。
つまり、OCを使用したい場合には、
ほかの(三万円未満)と比べると安定性が高いと思います。
(実際もそう思ってます。2700xを例として、4.1mhz 1.35vぐらいで設定してあリます。*このMBのおかげでしたら、もっと高いocを設定も大丈夫ですけど、自分はそこまでの需求はないので)
*ocを利用したいならばmbと電源ユニットは重要だと思っています。(自分の電源ユニットはCorsair RM850x。将来はまたパーツを追加する可能性があるので、850のを選びました。一般的に多分650wぐらいで大丈夫だと思います。)mbの電源回路もすごく重要だと思いますので、この値段でしたら、taichiのほうがコスパ高いと思います。

【総評】
今回pcを自作してみたくて、
様々なインフォメーションなどを調べていました。かなり大変でした。
でそこでなぜX470 taichi を選んだ理由について勝手にご説明をさせていただきます。
マザーボードを探すには本当に苦労しました。様々なメーカーがあり、どちらのほうがいいかどうかまったくわかりません。幸いなのは今の時代だと資源が豊富であり、本当に助かりました!で実ははっきりに言うとX470 taichiについての話は日本ではあんまり一般民の中で評価が少ないと思いました。理由は多分ほかのと比べると少々高いかなと思いました。しかし、海外では非常に非常に高い評価をされている製品だと思います。例えば安定性やほかのパーツとの相性が良いなどという評価をされています。さらに幾つの三万円ぐらいのマザーボードより評価が高いらしいです。従ってこちらのX470 taichiを選びました。
で実際に組み立てみたら、
上らに書いてある通り、安定に運転してあります。

デメリットは私にとっては無しです。
*もちろんocしない方々に少々高いですけど。
しかししたい方にオススメ
価値は相当三万円ぐらいのMbと同じだと思います。

私の専門領域ではありませんのです。データなどを詳しく説明できません。興味がありそうでしたら、webやyoutubeなどでもういっぱいテストデータがあると思っています。
最後の一言
日本で本当に評価が少ないです。こんなにいいものなのに…
真剣にx470のマザーボードを考える方にアドバイスをします。必ず海外評価をご覧ください。こちらのをお勧め致します。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Great_Takamachi_Vivioさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
 

組み上がった状況

組み上げ途中状態

 

ASRockを使ってみての感想
感想:元intelユーザーからAMDユーザーになって、良かったと思いました。
ASRock X470 Taichiがいいとこ取り・耐久性も有るし・憧れなど有ったので買いました。
TwitterでASRock Japan(@AsrockJ)さんがサポートしてくれます。
URL:https://twitter.com/AsrockJ

良い点:LEDのツールが使いやすい、音楽にも合わせて光っても良い、
     オーバークロックがしやすい・WIFIも使える。
     
悪い点:無し

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

メゾ・フォルテさん

  • レビュー投稿数:100件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

電源ユニット
5件
3件
CPU
4件
3件
CPUクーラー
6件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性3
拡張性5
機能性3
設定項目5
付属ソフト4

【安定性】
30分〜1時間くらいに1回音飛びするのでUSB関係の省電力設定を切ったら治りました。Windows10の問題かも知れませんがIntel環境では全く問題なかったので少し不安です。
【互換性】
初期BIOSでは手持ちの3200メモリはクロックやタイミングを弄ることも出来ずフリーズしましたがBIOSを新しいものに変えていったら徐々に改善され最新BIOSではXMPで3200で安定して動作しています。
【拡張性】
m.2も2スロットあり十分です。
【機能性】
400番台から無料で使えるStoreMIを使ってみましたが、自分の環境だけかも知れませんがスリープが出来ず落ちるので解除しました。まだ未成熟な機能だと思います。
【設定項目】
結構細かく設定出来るみたいですが自分にはあまり使いこなせそうにないです。CPU倍率は0.25ずつ設定できます。
【付属ソフト】
A-tuningとpolychrome syncしか使っていませんがシンプルで使いやすいと思います。
【総評】
デザインが好みだったので買いました。期待していたStoreMIが使えず残念でしたが、多コアで仮想マシンやエミュレータでコア数割り振っても安定しているのでパフォーマンス的には満足です。欲を言えばこの価格なら物理スイッチを付けて欲しかったです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

X470 Taichi
ASRock

X470 Taichi

最安価格(税込):¥27,780発売日:2018年 4月19日 価格.comの安さの理由は?

X470 Taichiをお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意