Google Pixel 4 XL レビュー・評価

Google Pixel 4 XL

  • 64GB
  • 128GB

19:9の6.3型QHD+有機ELを装備したスマートフォン

<
>
Google Google Pixel 4 XL 製品画像
  • Google Pixel 4 XL [Just Black]
  • Google Pixel 4 XL [Clearly White]
  • Google Pixel 4 XL [Oh So Orange]

Google Pixel 4 XL のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.90
(カテゴリ平均:4.05
満足度ランキングGoogle Google Pixel 4 XLの満足度ランキング
レビュー投稿数:18人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.10 4.33 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.23 3.96 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.42 4.08 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 4.49 4.33 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 3.67 3.69 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 4.53 3.92 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

製品の絞り込み

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明グレースケール測定結果
機種不明色域測定結果
別機種ポートレートモード比較

グレースケール測定結果

色域測定結果

ポートレートモード比較

別機種夜景モード(iPhoneXと比較)
   

夜景モード(iPhoneXと比較)

   

価格com経由でメーカーサンプル機をお借りし、1週間試用しました。
当方、特に映像を専門にしているので、主に画質についてレビューします。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
前面と背面はガラス、筐体(見えるのは側面)は金属をマット仕上げ。ソリッドな印象で各社のハイエンドスマホと比べても互角以上の雰囲気です。

【携帯性】
6.3インチ(1,440x3,040画素)と大き目画面が本機の特長ですが重量は193gで、当方が普段持ち歩いているiPhoneX(5.8インチ/174g)と大差の無い印象です。
小型軽量を重視される方は、Pixel4(5.7インチ/162g)を選択されると良いと思います。

【レスポンス】
SoCはQualcomm&#8194;Snapdragon 855で、処理能力はハイエンドモデルとしても充分です。もちろん、画面のタッチに対するレスポンスや、スクロール時の追随性、3Dゲーム表示の滑らかさも、全く問題を感じません。
ロック解除は顔認証になりましたが、精度もレスポンスも良好。iPhoneXと比べても同等以上の印象です。


【画面表示】
6.3インチ(1440x3040画素)、537ppiのハイスペックです。
表示能力は測定でチェックしました。(センサーは簡易タイプのi1 Display Proを使用し、精度は民生レベルです。)
結果は基準(D65/BT.709/ガンマ2.2)に沿って素晴らしく良好。映像鑑賞だけでなく、写真のカラーグレーディングなど、クリエイターの利用にもおすすめできます。(明るさ最大、カラーモードはナチュラル、アンビエントEQはオフ)
もちろん、実際の動画映像でも確認しましたが、色再現が極めてナチュラルで、測定結果と符合するものでした。
ご参考までに、根拠として、グレースケールと色域の測定結果を添付しておきます。データの読み方は専門的で複雑ですので、詳しくお知りになりたい方は、以下の記事を参照お願い致します。

[測定]「iPhone X」の有機ELディスプレイを検証。テレビ調整の基準に使える驚異のクオリティ(https://www.phileweb.com/review/article/201801/17/2904.html

因みに、カラーモードを「ブースト」に設定すると、DCI-P3に近づきます。アンビエントEQをオンにすると、周囲の光環境に応じて色温度を自動的に調整し、昼白色(約5000K)の蛍光灯照明下では、オフ時に6753Kだった色温度が基準の6500Kに近づき、ちょうど良い感じになりました。通常は、出荷状態(アンビエントEQオン)で使われると良いと思います。

ほか、YouTubeとNetflix(Full HD)のHDR映像を確認しましたが、しっかりHDRの効果が感じられる高画質。HDR映像を再生すると自動で映像が明るくなり、ダイナミックな映像美が楽しめます。なお、Netflixで海外作品を見ようとすると、字幕が眩しく視聴に堪えません。これはアプリも含め配信側の問題ですね。
因みに本機の最大輝度(測定センサーの都合上、面積が25%の窓パターンを利用)は、437.4cd/m2と充分に明るく、HDR映像も映えます。(iPhoneXより少し暗い)
さいごに、当方、Amazon Prime Videoの利用が多いですが、画質は最高0.46GB/時で、iPhoneでのフルHDストリーミング視聴に対し明らかに解像度が劣ります。残念です。(一般的なAndroid端末と同じ)


【バッテリー】
短期間の試用で充分に確認できませんでしたが、特に問題を感じませんでした。気になる方は、各種の節電対策(機能設定)を行うと良いでしょう。

【カメラ】
描画はシャープでディテールの情報量も豊か。基本画質は、各社最新スマホと互角の印象です。
ポートレートモードによる背景のボヤケ具合は、距離差による変化を連続的に上手くシミュレートできていてナチュラル。iPhoneXのように2次元的で被写体と背景の境界が不自然にならず、本機は優秀です。添付の写真では、後方のイチジクと葉のボヤケ度合と、背景のボヤケ具合とで差があるのがお分かりいただけると思います。(iPhoneは被写体以外、画一的にボケる)
夜景も撮影し易いです。「夜景モード」を備え、光源の色が飽和して抜けてしまうような場面も、手軽にキレイに残せます。撮影画面で、明部と暗部の明るさをスライドバーで簡単に調整でき、見た目に近い雰囲気にし易いのも特徴です。多くの方は、カメラ(専用機)より手軽にキレイな写真を残せるでしょう。添付の写真では、iPhoneX(オート撮影/非HDR)に比べ、本機は手間なくライトアップされた壁面の白飛びや、LEDの飽和による色抜けも少ないのがお分かりいただけると思います。また、奥の木の幹など、暗部のディテールも、本機の方が豊かに残って、情報量の多い高画質と言えます。

【総評】
有機ELディスプレイで黒の沈みと暗部の階調再現性は良好。画面が大きく高精細で、色再現も基準に近いナチュラル仕様。YouTubeおよびNetflixなどの動画視聴用途、カメラ機能が目的の方には、良い端末だと思います。一点、Pixel4と比べると視野角特性が不利で、斜めから見ると色が大きくシフトします。このサイズの画面は正面から見ることが多いと思いますので、致命的な問題ではないと思いますが、視野角を気にされる方、気になる使い方をされる方は実機での確認をお勧めします。
さいごに、個人的な感想を。画面が大きくて高画質なので、移動中にドラマを見るのに活用したいと思ったのですが、当方の場合、Amazon Prime Videoがメインなので、やはりiPhoneが良いと思いました。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiro.coolverse.jpさん

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:471人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
77件
タブレットPC
2件
59件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
45件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ5

新しいオーディオプロセッサの影響でしょうか?
超高音質サウンドプレイヤーに匹敵するとの声を聞いて購入しました。

試聴時のサウンドフォーマット
iTunes や mora で購入した m4a を Lame Ver3.100 Streo 320kbps 変換
最新のLameで変換すると、とても音質が良くなります。

試聴時のオーディオ構成
アンプ Denon PMA-600NE Bluetooth入力 AAC
スピーカー FYNE AUDIO F300
SPケーブル 立井電線 T-4S6 1.5m バナナプラグ-バナナプラグ
スマホ Google Pixel 4 XL + foobar2000

すごく音が良いですね。オーディオ機材として使っても十分かと。
ネットラジオ Radio Tunes のJAZZサウンドは気持ちよく大満足でした。

試聴時のイヤホン構成
FiiO BTR3 Bluetooth入力 LDAC
audio-technica ATH-CKS1100X
スマホ Google Pixel 4 XL + foobar2000

あり得ないとつぶやいてしまったほど、超高音質です。
ネットラジオ DI.FM のEDMサウンドは気持ちよく大満足でした。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ma-yasuさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
docomo(ドコモ) モバイルデータ通信
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性2
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ5
機種不明
機種不明
 

 

Pixek4 XLの前に使用していた端末はドコモ版のXperia XZです。

できる限り公平な目線でレビューを書かせていただきますが、3年前の端末との比較ですので良い点ばかりになってしまう事をご了承ください。




・デザインについて
白い背面に側面と正面はすべて黒く仕上げてあります。側面まで黒い事に嫌悪感を持つ方もおられるので注意です。
私は側面が黒いのが手の込んだデザインで好きです。逆に黒くなければこの色を選ばなかったかなと思います。
電源ボタンはオレンジで良いアクセントになっています。背面はすりガラスでしっとりした手触りです。
全体的にサラサラしているのでカバー無しで使用すると滑って落としそうになります。



・携帯性について
以前使っていた端末は5.2インチでPixel4 XLは6.3インチですので、1インチアップです。

前の端末で慣れていた片手打ちはまだまだできそうにありません。
オフィスや自宅・室内の落ち着いた環境で使用できる方にしかおススメできない大きさです。
また結構な重量のためポケットに入れるのが躊躇われるサイズです。普段ポケットに入れて持ち運ぶ人は無印をおススメします。

再度書かせていただきますが、当端末はバッグに入れて持ち運びする人でないと厳しいと思います。




・レスポンスについて
World of Warships Blitzというゲームをしますが、XperiaXZは最低画質にしてもかなりの頻度でカク付いていました。当端末に替えてからは最高画質にしてもラグなど発生しておりません。
1日に1〜2時間もしないので、ライトなゲーマーの部類だと思いますが、今のところ動作に不満は一切ありません。

ただカメラをずっと起動していたり、ゲームを長時間していると予想を超える発熱があります。さすがにXperiaXZよりは熱くなりませんが、発熱に対する対処は恐らく液冷機構を搭載している中華スマホ、ヒートパイプを大きくしているGalaxyと比較すると、弱点だとと思います。

ゲームを長時間やるヘビーユーザーや4k動画を頻繁に使用する方にはおススメできません。
発熱についてはXperiaXZから替えても唯一改善できなかった点です。
カバーをしていると熱は感じませんし、クロック数がガタ落ちという事も今のところありませんので、私のような1日1〜2時間程度のゲームなら許容できる範囲です。



・画面表示
有機EL端末が初めてでしたので、XperiaXZと比較した最初の感想は『黄色くて薄暗いな…』でした。
色々と調べていたり質問した結果、白色の発色の数値は当端末のものが世界標準で、液晶のバックライトや日本向け端末は青白いものが多いそうです。それにしても中国のone plus 7などと比較してしまうと黄色くて薄暗いと感じます。

比較すると非常に気になりますが、当端末を使用していると1日で慣れて気にならなくなります。
『青白い系の画面が好き!』という人はよく比較して選ばれた方が良いと思います。

当端末はリフレッシュレートが90Hzに対応しており、SoCのレスポンスと相まってヌルヌルサクサクを体感できます。
今どきの端末はこれが普通なのかもしれませんが3年でこんなに変わるのかと感動するレベルです。


更に嬉しいのがドコモやソニーの要らない&消せないアプリが無いという事です。
ドコモ系のものは殆ど削除できない上に月に数回『位置情報が無効になっています』などと通知が来るので最悪でした。
無効化できないのでメモリーも無駄に食うし迷惑極まりないです。
キャリアの回線を使用していても端末はSIMフリーのものを使用する事をお勧めします。



・バッテリー
以前の端末よりバッテリー容量が1.3倍ですので、かなり持つようになったなという印象です。私の使い方だと今まで一日2回充電していたところが1日無充電でも余裕です。
ソニーの端末は何のこだわりなのか未だに3000mAh近辺ですので、Xperiaは今後選ばないと思います。



・カメラ
複数のレンズを持つ端末は初めてですが、子どもの写真を撮ると出来の違いに驚きます。
シャッターは一瞬だし、背景のボケはAIが自動で良い感じに仕上げてくれます。
また謳い文句通りに暗い場所での撮影に滅法強いです。

動画についてですが広角レンズが非搭載のために手ぶれ防止は他機種に比べてかなり弱いです。
定点で撮影する場合は問題なく、綺麗な画質で撮影できます。

カメラは少し暗めですので、曇天での撮影は少し明るめに設定すると良いかと思います。




・まとめ
携帯電話を利用し始めてからずっとSONY=ハイスペックというイメージでSONY端末を購入してきましたが、今回初めて他メーカーを選択して大正解でした。
以前の私みたいに『ずっとソニーだったから』というメーカー主体の考えを一度捨てると思わぬ出会いがありますよ。


私は今回下記のスペックを満たしてくれる端末を探しました。

1.防水
2.おサイフケータイ
3.電池容量は一日無充電で使える
4.私のやる3Dゲームがサクサク動く
5.カメラが綺麗
6.余計なアプリが入っていない

要求していたこれらをすべて満たしてくれるバランスの良い端末はこれしかありませんでした。
iPhoneも満たしてくれましたので迷いましたが、情報の移行などの手間を考えて今回もAndroid端末にしました。



ただ世界にはPixel4より高性能な端末がたくさんあります。

RAM12GBやROMが1TBなど大容量端末
最先端SoCSnapdragon 855 Plus搭載で3Dゲームが更に快適な端末
冷却を液冷システムや空冷で行い発熱が少ない端末
ストレージがUFS3.0規格で、Pixel4などのUFS2.1規格より読み書きが2倍早い端末
バッテリーが5000mAhの大容量端末
画面がGorilla Grass(ゴリラガラス) 6で更に割れにくい端末

自分の要求を全て満たす端末はなかなかありません。
その中で自分の利用シーンにバランス良く適合する端末を選ぶのが正解だと思います。


このレビューがPixel4 XL購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

比較製品
SONY > Xperia XZ SO-01J docomo

参考になった66

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意