OM-D E-M1 Mark III ボディ レビュー・評価

2020年 2月28日 発売

OM-D E-M1 Mark III ボディ

  • 小型・軽量と高画質を兼ね備えた、「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ。
  • 7.5段手ぶれ補正と画像処理エンジン「TruePic IX」により高画質を実現。「プロキャプチャーモード」や手持ち4K動画など多彩な撮影機能を備えている。
  • 防じん・防滴、耐低温設計により過酷な環境下でも安心して使え、「星空AF」や進化した「顔優先/瞳優先AF」など、高速・高精度なAFシステムを搭載。
OM-D E-M1 Mark III ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥183,487

(前週比:-2,754円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥189,800

アキバ倉庫

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥172,700 (12製品)


価格帯:¥183,487¥230,700 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥183,488 〜 ¥195,969 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:504g OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのオークション

OM-D E-M1 Mark III ボディオリンパス

最安価格(税込):¥183,487 (前週比:-2,754円↓) 発売日:2020年 2月28日

  • OM-D E-M1 Mark III ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのオークション

満足度:4.34
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:22人 (試用:1人)
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.70 4.52 7位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.17 4.54 52位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.18 4.29 27位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.10 4.15 19位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.77 4.26 3位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.70 4.41 5位
液晶 液晶画面は見やすいか 3.30 4.33 57位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.87 4.42 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark III ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:696人
  • ファン数:35人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
982件
レンズ
34件
194件
デジタルカメラ
4件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種購入初日の撮影
当機種桜とオリンパスブルー
当機種ボケ味

購入初日の撮影

桜とオリンパスブルー

ボケ味

当機種藤
当機種新緑
当機種ちょっと苦手な赤飽和では、何とか粘っていると思う

新緑

ちょっと苦手な赤飽和では、何とか粘っていると思う

 初代から三世へジャンプアップ。よって、初代との比較となります。

【デザイン】
・初代と違うのは、回転式の液晶モニター。初代は、モニター面に鼻の汗とか付く。三世は、裏返せるし自撮りも可能。

【画質】
・パット見は、初代と変わらないと思うが、感度は1600も許容範囲。

【操作性】
・マルチセレクターが、便利。AFターゲットを素早く変更できるのは、ストレスフリー。

【バッテリー】
・もちが良くなった。ただし、感度をLOW(約64相当、100相当)にすると減りが速くなる傾向がある。
・USBで充電可能となった。

【携帯性】
・初代と変わらず。
・LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7で、小型軽量お散歩システムが現在のお気に入り。

【機能性】
・ハイレゾが使える。

【液晶】
・パット見、初代と変わらず。

【ホールド感】
・グリップが深くなり持ち易くなった。
・初代はバッテリーグリップを使用していたが、三世はバッテリーのもちがいいように思うので使わないかな。

【総評】
 初代から比べるとダイヤルのクリック感も好み。初代は、ダイヤルが空回りすることがあった。

 二世を飛び越してのジャンプアップで、しばらくフォトライフを楽しみたいと思います。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

水とブルースさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
0件
2件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5
当機種写真 RAWから調整
   

写真 RAWから調整

   

別の日に散歩がてら撮影しました。

うす曇りの干潟で野鳥の撮影です。
nikon 、panaも使ってますが、撮って出しでは色が出辛い状況だと思います。
(写真も撮影したので、添付します)

OM-Log400で撮影して、彩度、コントラスト中心に調整しています。
彩度は結構のってくれます。lutを当てた画調がbmpcc4kみたいな雰囲気が
個人的にはしました。
テスト撮影(OM-Log400 with grading)
https://youtu.be/UL4AoguyW1I

動画に関しては、gh5の方が調整の幅は広いと個人的には思いますが、
写真を撮る気持ち良さがこのカメラにはありますね。




【デザイン】
手元に持っていたくなります。
サイズ感も圧倒的に小さい訳ではありませんがちょうど良いのだと思います。

【画質】
写真は高感度での絵面(ディテール)が良くなったと思います。
gh5と比較しても良いと思います。
動画はレンズと合間ってシャープだと思います。

【操作性】
動画と写真の切り替え時に、少し手間取ることと、
切り替えた後に、わずかながら待たされます。
(nikonユーザーでもありますが、その感覚だと少し待たされる感覚です。)

【バッテリー】
悪いとは思いません。
移動中にusbで充電できるのは想像以上に便利です。

【携帯性】
ちょうどよいです。

【機能性】
風雨の中、防備なしで使用しました。
全く問題なしです。
通常撮影の際もそうですが、エラーっぽい挙動が
ないです。

【液晶】
新しく進化してない、という意見もありますが、十分ピンはわかりますし、
問題ないです。動画でもピンはわかります。

【ホールド感】
いいです。

【総評】
フィールドで動植物に出会う際、何故か持ち歩きたくなります。
何故そう思うのかはサイズ感やシステム全体の重さ、またシャッターのフィーリングや
音の質かなと思っています。これは一個人の感想ですが。

参考になった8人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パランティカさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:384人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
20件
デジタル一眼カメラ
3件
11件
フラッシュ・ストロボ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種@手持ちハイレゾ(30MB以下にしています)
当機種A手持ちハイレゾ(30MB以下にしています)
当機種B被写界深度合成

@手持ちハイレゾ(30MB以下にしています)

A手持ちハイレゾ(30MB以下にしています)

B被写界深度合成

当機種CライブND
当機種D魚眼広角補正
当機種Eプロキャプチャー

CライブND

D魚眼広角補正

Eプロキャプチャー

MKUを2台所有していますが、MKVを買い足しました。
以下、主にMKUとの比較です。

【手持ちハイレゾショット】
@の猫は、結構暗い夕暮れで試してみました。
 こんな時間帯でも、手持ちで840mm相当のハイレゾが可能でした。
 レンズの手ぶれ補正性能と相まって、失敗はほとんどありませんでした。
Aの蝶も三脚は使えない状況なので、手持ちで5000万画素のハイレゾができるのは重宝します。
 翅の付け根にピントがありますが、そこの解像度はやはり2000万画素より贅沢です。

【被写界深度合成(フォーカスブラケット撮影)】
MKUでも被写界深度合成はできますが、手持ちだと合成の失敗が多く、使うのを躊躇していました。
しかし、「MKVではハイレゾさえ手持ちができるのだから、被写界深度合成も成功確率が上がるだろう」という考えが当たりました。
被写体が風や動きでブレブレにならない限り、ほとんど合成失敗はありません。
Bは60mmマクロで、このレンズで最も被写界深度合成が効果を発揮します。
 虫が苦手な人にはすいませんが、足のトゲトゲが前から後ろまでクッキリ写ります。
 こういう場面はローアングルなので、手持ちでこれができるのが大きいです。

【ライブND撮影】
Cは晴れた日の真昼の近所のドブ川ですが、8倍NDでシャッタースピード1秒にして、滝っぽい流れになりました。
 ちなみに手持ちです。昼間でもスローシャッターが切れると表現の幅が広がります。

【魚眼補正(フィッシュアイ補正撮影)】
 ここからは「改善してほしい点」です。
Dは魚眼補正をワイドマクロで行っています。被写体との距離が十分にあるときは問題ありませんが、近いと周辺が雑な流れ方になります。
 中央はいいですが、周辺の解像度を改善してほしいです。

【プロキャプチャー】
 Eの蝶の飛翔で問題なく使えますが、MKUと同じく、5〜7回ほど続けてプロキャプチャーをやってると、ファインダーで覗く画像がトビトビになって、撮ってもレリーズから前の35枚を正確に残せなくなります。
 おそらく熱を持つためだと思うので、ここはM1X並のピートパイプを導入してほしいところです。

【その他、MKUと比べて】
 操作面でMKUより進化したのは、マルチセレクターが付いた事と、モードダイヤルのカスタムが3から4になったことです。
 これで動く被写体に対して、ピントの正確さ・複雑な設定への素早さが向上します。
私はこの2つだけでもUからVへ変える価値があると思いますが、上記@〜C他の新機能にも嵌っています。
 外見はさほど変わりませんが、中身は撮影者の要望を叶える工夫が3年分詰め込まれていると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Dunecさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
7件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
フラッシュ・ストロボ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶1
ホールド感5
当機種S-AF(シングルAF)動作はターゲットを正しく選んだがAF距離が間違った写真
当機種C-AF(コンティニュアスAF)動作はターゲットを正しく選んだがAF距離が間違った写真
当機種C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真

S-AF(シングルAF)動作はターゲットを正しく選んだがAF距離が間違った写真

C-AF(コンティニュアスAF)動作はターゲットを正しく選んだがAF距離が間違った写真

C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真

当機種C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真
当機種C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真
 

C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真

C-AF(コンティニュアスAF)動作が失敗した写真

 

私は祭りと景色を専門とするカメラマンで、PanasonicのLumixシリーズのカメラとオリンパスのM1シリーズカメラを同時に使っています。Lumixとも比べながらレビューを書きたいと思います。

注意:Lumixより優れている場所が凄く沢山あるがレビューに2500文字数制限があってスペース足りないから改善してほしい場所をメインして書きます。別に悪いカメラではありません。

特徴
1) ハイレゾショット機能は素晴らしいです。手持ち撮影も可能

2) ライブND機能は便利です。フィルターが装着されないレンズにも活用できます

3) 写真撮影にもビデオ撮影にも位相差AFを使えます

4) 7.5段の手ぶれ補正

5) 星空AF


問題点
1) 祭りでこのカメラを使って一番気になる問題はピント精度です。ピンボケした写真が結構多いです。ピンボケした写真をサンプルとしてこのレビューに添付します。AF精度改善してほしいです。特にC-AF(コンティニュアスAF)。

2) Asobinetサイトのレビューによると「撮影距離の離れた小さな被写体(例えば鳥類)をC-AFで追いかけると、微妙にピントを外したカットが多くなります。このあたりの挙動は本当に改善して欲しいところ。まだLUMIXのほうが使いやすいです。」 https://asobinet.com/review-om-d-M1-mark-iii-shooting-experience/

3) ミラーレスカメラをレビューする海外サイトは飛んでいる鳥を撮影した時のピントが合う確率を比較しました。サイトによるとミラーレスSony A9 IIはピントが完璧に合う確率は96%ですがM1 Mark IIIよりも優れているM1Xは74%です。https://mirrorlesscomparison.com/best/mirrorless-cameras-for-birds-in-flight/

4) 祭りで使って二番目の問題としてはC-AFの低輝度限界が悪いです。夜の暗い祭りで使うとC-AFはピントが合わない場合が多いです。オリンパスによるとS-AF(シングルAF)でAF低輝度限界は-6EVです。C-AFの低輝度限界は正式に発表されていません。比較してみましたがC-AFのAF低輝度限界はS-AFよりかなり悪いです。C-AFの低輝度限界が改善してほしいです

5) フラッシュを使って連写すると高速チャージできる外部電池が便利ですがオリンパスの外部フラッシュの中で使えるのはFL-50とFL-50Rだけです。FL-50とFL-50Rに強いAF補助光もありますが、M1 Mark III では使えません。このフラッシュを付けるとM1 Mark IIIの内蔵AF補助光しか使えません。でも内蔵AF補助光は弱くて距離が短いです。更にオリンパスの12-100mmとかズームレンズを使うと内蔵AF補助光はレンズに当たって影になります

6) Lumixでバルブモード(B)で手ぶれ補正を使えますが、M1 Mark IIIでは使えません。バルブモードで手ぶれ補正が無効になります。花火をきれいに撮るためにはバルブモードが必要ですが、三脚を使えない場所で手持ちで花火を撮る時は手ぶれ補正も必要です。三脚を使っても風で三脚がちょっと揺れる場合がありますが、その時も手ぶれ補正がすごく便利です。M1 Mark IIIに強い手プレ補正があるのにバルブモードで使えないのはすごく残念です

7) カスタム撮影モード(C1など)で連写でいっぱい写真を撮るとSDカードに書き込みが終わるまで他のモードに切り替えができません

8) SDカードに書き込みが終わってもモードダイヤルを回してモードを変更するとM1 Mark IIIはモードが切り替えるまでちょっと遅れが生じます。Lumixの方は一瞬に切り替わります

9) ボディ下の三脚穴の位置がレンズ側の端に凄く近いですのでカメラを三脚乗せるとちょっと不安定です。三脚穴はレンズ側にありますのでちょっと重いレンズを付けるとカメラが下に向いてしまいます。もしかして手ブレ補正機能を内蔵しているので、M1 Mark IIIは三脚穴の位置を真ん中にできないのかもしれません。でも、手ブレ補正機能を内蔵しているLumix G9もLumix GH5も三脚穴の位置がM1 Mark IIIより端に遠いし、レンズ側ではなく反対側にありますのでM1 Mark IIIよりもっと安定しています

10) 撮影した画像全体をサムネイルで再生する時に、Lumixのモニター画面の右にあるスライドバーがタッチパネル式なので指で動かして一気にジャンプできますが、M1 Mark IIIではできません

11) M1 Mark III にISO AUTOの上限値は6400です。Lumix G9とGH5には25600、GH5Sには51200です

12) 手や物がレンズの手ぶれ補正スイッチに当たって気付かずに手ぶれ補正がオフになる場合があります。Lumixの場合は画面に赤色のIS OFFお知らせが見やすく表示されますので、すぐ分かって手ぶれ補正スイッチをオンに設定できます。でも、M1 Mark IIIの画面には何も表示されません。IS OFFのお知らせがLumixみたいに赤く分かりやすく表示されるか、レンズの補正ボタンを無効にする設定が追加されるか何かの方法で解決されてほしいです

13) Lumixでマニュアルフォーカスに設定してフォーカスリングを回すとピントの距離がレバーで表示されます

14) Lumixのファインダーの方が綺麗に映ります

15) モニターは最近のLumixとM1 Mark IIIはスペックが一緒です。でもライブビューはLumix GH5Sの方がもう少し高精細的に映ります。だからマニュアルでピント合わすのもM1 Mark IIIより楽です

16) Lumixで連写するとバッファがどのぐらい残っているか画面に表示されます

17) Lumixには重要データ(絞り、ISO、露出補正値とシャッタースピード)がフルサイズの写真の上に分かりやすく表示される再生モードもあります

18) ハイレゾショットは白飛びやすいです


希望
1) ハイレゾショット合成処理時間をもっと短く

2) メニューに連写Lでライブビュー式のオン・オフできるオプションが欲しいです。オフにすると連写Hのように直前に撮影した画像を撮影中に表示してほしいです。それでブラックアウトもなくなりますし、フラッシュで連写中に写真の露出を即時に確認できますし、C-AFも使えます

3)ライブNDにND64とND128も欲しいです

4) ライブNDは滝や川などに使えますが光跡には使えません。光跡にも使えるように改善してほしいです

比較製品
パナソニック > LUMIX DC-GH5 ボディ
パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ
パナソニック > LUMIX DC-GH5S ボディ
レベル
プロ
主な被写体
風景
夜景
スポーツ
その他

参考になった45人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

純米吟醸50さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
6件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種三脚ハイレゾ40-150のレンズでトリミング。このくらいまで写ります。
当機種レンズ次第でしっかりボケます。
当機種瞳をしっかり認識してくれるので構図に集中できます。

三脚ハイレゾ40-150のレンズでトリミング。このくらいまで写ります。

レンズ次第でしっかりボケます。

瞳をしっかり認識してくれるので構図に集中できます。

当機種
機種不明解像比較。EM1mk3はISO800、Z6はISO1200
 

解像比較。EM1mk3はISO800、Z6はISO1200

 

EM1初代、ニコンD810所有してまして、ニコン一式手放して購入しました。
ですがフルサイズロスに陥り、Z6を購入。結局2台体制ですが、使用頻度はEM1mk3が9割です。

【デザイン】防塵防滴、実績のあるタフさに見合った、どこでもガンガン使えそうなデザイン。
EM1初代はシャッター幕が下りないという初期不良があり海外で相当痛い目にあいました。ですが、修理後は屋久島の雨の中や厳冬期のアルプスでもしっかり耐えてくれました。マーク3も堅牢性、防滴性能はニコンに負けないトップクラスだと思っています。

【画質】マイクロフォーサーズに求める画質は十分クリアしてます。ここぞという時のハイレゾは相当使えます。
が、フルサイズと比べるとダイナミックレンジなのか、フルサイズの方が空気感があり良く見えます。
高感度に関しては圧倒的にフルサイズの方が良いのですが、マイクロフォーサーズの方がシャッター速度を稼げることが多く、結果ブレも少なく失敗写真が圧倒的に少ないです。
ハイレゾを使えばフルサイズ以上の解像感のある撮影が可能。想像以上に実用性があります。ですが、Z6以上に解像しても暗所を持ち上げるとダイナミックレンジはZ6には敵いません。

【操作性】カスタマイズ次第で相当使いやすくなります。各ボタンの割り当て機能がもう少し制限なく選べたら良いなと思います。

【バッテリー】十分です。USB給電ができる安心感のおかげでバッテリー2つで十分です。

【携帯性】昔のシステムと比べると重くなりましたが、バランスの良い大きさです。

【機能性】センサーが小さいというデメリットを最大限にメリットに変えた素晴らしい機能が満載かと思います。

センサーが小さい分、手ぶれ補正機構が強力だったりハードウェアの堅牢性に貢献してる気がします。
センサーが小さい分、ハイレゾショットという技術で解像度をフルサイズ並みに上げてます。
ライブND、星空AFなど、他のカメラにはない手軽さで表現の幅を広げることが出来ます。
レンズ交換もセンサーにホコリがつく面積が小さい上にホコリを弾く機能も搭載してる安心感はかなりのアドバンテージです。
オリンパスのいう機動力、という言葉が納得です。

【液晶】必要最低限です。個人的にはバリアングルは嫌いです。理想はフジのXT3の縦横チルトですが、チルト式が好みです。
EVFもZ6や他の数年前に機種に比べると明らかに劣ります。理由はあるかと思いますが頑張って欲しかったです。理想は丸型ファインダーです。

【ホールド感】文句なしです。

【総評】
フルサイズには同じ条件では画質、ダイナミックレンジ、高感度は敵いません。
ですが、日常の子供撮影、旅行写真、趣味の山岳写真、夜景スナップなど、フルサイズよりも使いやすいことが多いです。
失敗写真が圧倒的に少ないのは本当に助かります。
オリンパスの手ぶれ補正は他の機種が使えなくなるくらいの中毒性があり危険です。
手軽に多彩な表現ができ、レンズ交換が安心してでき、ここぞという時は手持ちハイレゾショット。

ボケの量も少ないと言われますがそんなことはないと思います。持ち歩く際に適した重量、ということを前提に考えると、フルサイズとそんなに変わりません。
例えばニコンZ6に50-1.8 だと675+415で1090g
EM1mk3に25-1.2だと504+410で914g
Z6のF1.8に合わせるとF2.4でボケ量は多少負けますが十分です。ボケが少ない分、寄れるのでボケ量は増えます。
そして、軽量なのとシャッター速度を稼ぎやすいメリットは大きいです。

明るい場所でも電子シャッターのおかげで開放でボカした撮影、逆に手ぶれ補正とライブNDのおかげで明るい場所でのスローシャッターなど今までに経験したことのない撮影スタイルが可能になります。

EM1 mk3はどんな場面にも対応できる機動力があり、フルサイズに勝る万能なカメラだということを確信してます。
EM1mk4には新センサーはもちろん丸型大型EVF、チルトモニタをお願いしたいです。

レベル
アマチュア

参考になった47人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

naonaonaona333さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:325人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
34件
デジタル一眼カメラ
3件
30件
レンズ
3件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶2
ホールド感5

OM-D系は、M5初号機、MKIIから、M1初号機、MKIIと使い続けて来ましたが、M1-Xはがっかりだったので、購入を見送ってましたが、M1 MKIIを既に売ってしまったので、1年位はG9ProのみがMFT機でした。後、α7RIVもメインで使ってます。
この度、MKIIIの発表では正直、ややガッカリだったのですが、オリンパス機もそろそろ使いたくなり、やや妥協して購入に至りました。

【デザイン】
リアルタイムに銀塩のOM-1やOM-4を知る世代としてはこのデザインは嫌いではないです。
今後も下手に奇をてらわないでこのままで行って欲しいですね。

【画質】
M1 MKIIと撮像素子は全く一緒と言われてますが、多分、中身は進化していると思いますが、実際、高感度特性は良くなっている様ですし、チュードが広がっている感じなので、確実に画質は良くなっていると思われます。

【操作性】
ボタン配置は世代ごとに変わっていってますが、基本はオリンパス機なので、全く違和感はない操作性ですし、各ボタンなどのカスタマイズ性はとても高いので、ほぼ満足の行く操作性が実現できます。
後、新設のマルチコントローラもやっぱり便利です。ただ、確かにMENUボタンは右手で押せる位置のほうがいいと思います。
それと、電源ボタンは割り当てを変えていますが、やっぱり、右側に持ってきて欲しいですね・・

【バッテリー】
バッテリーは大きい割にはやや持ちが悪い気がします。MKIIと変わらない感じかな?
今どきのαなんて、フルサイズなのに1日の撮影でもほぼ電池を交換が要りませんが、OM-Dは予備バッテリーが必要なのは要改善だと思います。

【携帯性】
携帯性はこの手のカメラとしては文句なしだと思います。
重量含めてよくキープされていると思います。

【機能性】
やっぱり、手ブレ補正はカメラ業界1と言っても過言ではないほど、ほんとブレません。
ここは、他のメーカー(特にソニー)にも見習って欲しい部分です。手持ちハイレゾは、私はそれほど必要性は感じてませんが、意外だったのは手持ちHDRの出来が良くなっている点。
前機種でもよく使っていましたが、MKIIIになってかなりいい感じの仕上がりになっており、結構な頻度で使っています。

【液晶】
EVFはやっぱり、残念感があります。今どき、LCDではしょぼく感じます。(確かEPSON製?)
よくOLEDがギラついて嫌いという方が居ますが、私は理解が出来ない感覚です。絶対、EVFにはOLEDがいいですね。黒がしまってコントラスト感がある方がEVFとしては妥当だと思います。
これもα7RIVに使っている高解像度OLED(ソニー製)だったら完璧でしたが、ここはとても残念な部分です。

【ホールド感】
全く問題ないです。前機種より確実に持ちやすくなりました。
重いレンズでもガッチリとグリップできます。このサイズでこのホールド感は秀逸だと思います。

【総評】
やっぱり、オリンパス機は他のメーカーにはないカメラとしての魅力があります。私的には、オリンパス機での撮影は楽しくてGoodです。
正直、G9Proも悪くないのですが、いかんせん、撮影している際の楽しさが足りない。何となくイラッとすることが多い。実は、α7RIVも、ややそんな感じ。
多分、暫くの間はメイン機になると思います。それくらい、撮影が楽しい。
もちろん、画質面で言ったら、ハイレゾで頑張っても、α7RIVのほうが遥かに上ですが、カメラは画質だけで決められないといのが、オリンパス機を使うと改めて再認識させられます。
これでEVFがよくなって、4k@60P動画が撮れれば完璧なんですが・・次世代機に期待・・

参考になった23人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまちゃん@8148さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
4件
レンズ
2件
1件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感5
当機種手持ちハイレゾでチューリップを撮影
当機種ライブNDと手ぶれ補正を駆使し滝を手持ち撮影
 

手持ちハイレゾでチューリップを撮影

ライブNDと手ぶれ補正を駆使し滝を手持ち撮影

 

かつてPanasonic LUMIX G9 PROを使用していて、フルサイズミラーレス LUMIX S1Rにマウント移行しましたが、機動性の確保と強力な手ぶれ補正、ライブNDや手持ちハイレゾといった機能性に惹かれ再びマイクロフォーサーズに戻ってきた次第です。
本機ではレンズはLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25o/F1.7 ASPH.のみ使用しています。

【デザイン】
E-M1 MarkUと変わらないデザインは完成度の高さの証かなと。

【画質】
手持ちハイレゾ撮影を行ってもフルサイズのLUMIX S1Rには敵いませんが、LEICA DG VARIO SUMMILUX 10-25o/F1.7 ASPH.との組み合わせでは、APS-Cクラスの上位機を凌ぐ画質は確保されているように感じます。
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25o/F1.7 ASPH.での撮影においては若干ハイライト側が白飛びしやすいので、次期モデルではこのレンズの性能が100%発揮できるセンサーの搭載を期待したいですね。

【操作性】
Panasonic LUMIX G9 PROと比べるとメニュー階層が深く、ワンタッチで設定が変更できるボタンが少ないですが、マイメニュー設定を駆使すれば問題ないかと。

【バッテリー】
Panasonic LUMIX G9 PROよりも持ちはいいです。USB給電に対応させてきたのは嬉しいポイント。

【携帯性】
フルサイズミラーレスのLUMIX S1Rと比較すれば全然軽い(レンズとセットで約500g減)。このカメラを持ち出して出かけようと思えるサイズですね。

【機能性】
強力な手ぶれ補正、ライブND、手持ちハイレゾショットは本当に使えます。これらの機能のおかげで三脚やNDフィルターの携行が不要となる場面が増え、旅行時にカメラ専用のバッグを持っていく必要がないといってもいいくらいです。

【液晶】
普通です。欲を言えばもっと画素数が欲しかったですね。

【ホールド感】
抜群です。本体より100g以上重いLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25o/F1.7 ASPH.を装着していても手首への負担は感じません。このホールド感は確実にLUMIX G9 PROよりも上であると言えますね。

【総評】
カメラのキタムラの展示品で手持ちハイレゾショットを試し、この機能が思った以上に実用的だったことからフルサイズミラーレス LUMIX S1Rから思い切って買い替えました。フルサイズとマイクロフォーサーズでは画質差は確かにありますが、強力な手ぶれ補正、実用的な手持ちハイレゾ、ライブNDは確実に手持ちでの撮影領域を広げてくれ、改めてカメラで撮影する楽しみを感じています。

レベル
初心者
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった43

このレビューは参考になりましたか?参考になった

telchan54さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
159件
レンズ
4件
72件
デジタルカメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】洗練されている完成系のデザインで好きです。

【画質】4/3なのでフルサイズと比べるのは可愛そうです。でもギリギリ頑張っていい画を出してくれます。

【操作性】今回マルチコントローラーが追加されたのでボタンの位置が変わりましたが、全く不自由を感じません

【バッテリー】旧来からのバッテリーなので機能が増えるごとにもちは若干悪くなるのでしょうが、ほぼ問題なく、予備を持ってれば安心みたいな感じです。次機でバッテリー新型に代わるんでしょう。

【携帯性】全く問題なく満足です。

【機能性】これ以上を望むことはないのではないでしょうか。

【液晶】皆さんがおっしゃってらっしゃるように若干古いかなあと言う感じはしますが、コストを考えるとどこかを犠牲にしないとということであたりさわりのない液晶に落ち着くのかなと思います。でも私的にはこれでも問題ないです。

【ホールド感】U型より良くなりました。

【総評】canonのフルサイズも持ってますが、毎日もち歩くには重たいので、M1MarkUをサブ機のつもりで購入したら軽く性能がいいのでこちらがメインになりつつあります。すべての場面に満足いく出来だと思いますので満点評価です。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
スポーツ

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

浅利さかむしさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:139人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
321件
ビデオカメラ
2件
297件
デジタルカメラ
3件
177件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
別機種E-M1 markVとE-M1 markU
別機種マルチセレクター
別機種顔認識(斜めからでも瞳AFが機能)

E-M1 markVとE-M1 markU

マルチセレクター

顔認識(斜めからでも瞳AFが機能)

別機種顔認識。横からは瞳AFが外れる。
当機種オリンパスらしい抜けの良い画像
当機種吐き出される画像は、E-M1 markUと同じ

顔認識。横からは瞳AFが外れる。

オリンパスらしい抜けの良い画像

吐き出される画像は、E-M1 markUと同じ

プライベート&仕事(Webサイト用画像の撮影)でE-M1 markUとE-M1(初代)を保有していましたが、E-M1をE-M1 markVに置き換えました。

【デザイン】
Proレンズをつけた時のカッコよさは、他メーカーにはない魅力です。
敢えて難点を言うと、前面にあるE-M1 markVはなくてもよかった。
【画質】
良くも悪くも、E-M1 markUと同じです。
高感度耐性は、マイクロフォーサーズ機としては目いっぱいのところだと思います。
通常ISO3200まで、室内で動くものを撮るときにはISO6400まで使います。
【操作性】
待望のマルチセレクターが搭載されたことで、操作性がアップしました。
少し押し込むことでAFを上下左右に動かせるので、慣れが必要かと思います。
【バッテリー】
E-M1 markUと同じですが、最大撮影枚数がほんの少し減ったので★4としました。
手振れ補正が強力になった影響でしょうか?
【携帯性】
そもそもマイクロフォーサーズ機としては大きい部類にあるので★4。
E-M1 markUより6g重くなりましたが、実際持った感触では、少しだけズッシリ感が増した感じです。
【機能性】
アートフィルターにプロキャプチャーモードと、E-M1 markUの時点で機能性は十分すぎるくらい。
加えて、E-M1Xで実現した「手持ちハイレゾショット」も実現。これ以上望むことはありません。
あと、個人的に一番うれしいのは、顔認識・瞳AFが強化されたことです。
【液晶】
E-M1 markUと同じで、必要十分に見やすいです。
EVFは進化してほしかったところ。モニター画像を覗いたような感覚は拭えません。
【ホールド感】
私の手ではちょうどよい感じ。
大きい手の人だと、小指が少し余るかもしれません。
【総評】
E-M1 markUの発売から3年余り、その割に進化点が少ないという印象を、私も確かに持ちました。
しかし、顔認識・瞳AFの強化やマルチセレクターの搭載といった、E-M1 markUの不満点を着実に改善してきているのも確かです。
あと発売直後の価格は、E-M1 markUの時より抑え気味の19万円台。
そのあたりを考慮に入れて、機能が一層充実したE-M1 markVを購入するか、よりお値打ちなE-M1 markUを買うか、判断の分かれ目になるかと思います。

※より詳しい記事をブログ記事に書いてみました。参考までに、ぜひこちらもご覧ください。
https://kuon.ensan-blog.net/entry/2020/03/24/110526

比較製品
オリンパス > OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yoidore3さん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:138人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
31件
デジタルカメラ
5件
27件
レンズ
4件
18件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感5
機種不明所有してるオリンパスカメラ
   

所有してるオリンパスカメラ

   

【デザイン】E-M1からの継承デザインなのでgoodです

【画質】
オリンパス購入きっかけは画像が好みだったので、満足してます。
現像エンジンはWに進化してますが、PEN-Fとは目立って変わらないです。

【操作性】オリンパス独特の深い階層には勘弁してもらいたい。
前後のダイヤルは使い勝手が良い。
ジョグも慣れれば使いやすそう。
メニューボタンが左上にきたのは少し戸惑う。

【バッテリー】持ち時間はデカイわりにはPEN-Fとそんなに変わらない。

【携帯性】小型、軽量でよろしいと思う。この点も魅力のポイント。

【機能性】手持ちハイレゾが最大の購入ポイントでした。処理時間に約6
〜7秒要する。しかし三脚ハイレゾは4〜5秒ぐらい。
【液晶】と【ファインダー】は相変わらずダサイです。次のMarkWに期待しましょう。

【ホールド感】EーM1やPEN-Fにくらべれば遥かに持ちやすい。

【総評】手持ちハイレゾ(5000万画素)、三脚ハイレゾ(8000万画素)、ライブND(2〜32まで5段階のライブNDフィルター)、7.5段の手振れ補正(シンクロ手振れ補正レンズ使用時)等々魅力溢れるカメラに進化していると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

I LOVE m43!さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
127件
レンズ
5件
41件
フォトストレージ
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

友達や子供を撮るカメラとして活用してるMarkIIから買い足しました。
全般的に満足していますが、敢えて改善提案をします。

なぜ両手操作を基準に考えるのか?
小型軽量が特長のマイクロフォーサーズ。荷物を持って移動中でも片手で気軽に撮影できる機能も満載です。例えば手振れ補正や防塵防滴。
しかし、電源を入れる時は左手操作が必要という謎仕様です。右手でアクセスできるレバーに電源機能を割り振れますが、それはそれで、大切なレバーがひとつなくなってしまいます。

スマホでの撮影は、片手では難しいですよね。
雨の日に傘をさしながら、、、
荷物を持って移動中に、、、
スキーをしながら、、、

電源を右につけるだけで、片手撮影の最高機種なのにモッタイナイですね。
電源位置のせいで取り損ねたシャッターチャンスは数えきれません。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

YSXR15さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感4

【デザイン】良い
【画質】良い(ISO800以下限定)
【操作性】普通(Menuボタンの配置が本当に残念)
【バッテリー】良い
【携帯性】良い
【機能性】良い
【液晶】普通(EVFは時代遅れで話にならない)
【ホールド感】良い(MarkUより滑りやすい)
【総評】良い(ツッコミどころは以下に記載)

※前提として、私はMarkUからの買い換えではなくG9PROに追加です。

その上で、トータルではやはりOLYMPUSのフラッグシップなので当然良いです。

ただ、Menuボタンが左上にあることで実質両手で操作せざるを得なかったり、ユーザー目線とは思えない仕様も目立ちます。

せめて十字キーのどれかにMenuボタンを割り当てられたら…というのも無理です。

それ以外にも各ボタンに割り当て可能な機能も制約が多く、自分好みにカスタマイズするのも難しいです。

この辺りはパナソニックの方が遥かに上と言わざるを得ません。(逆にパナソニックが使いやす過ぎる)

あとは電源オフ時しか給電出来ない点も痛い…。


マイナス面ばかりになってきたので肝心のプラス面を。
・手持ちハイレゾ
→打率は低く使える場面はあまりありませんが、決まればフルサイズも目じゃない超解像度です。
正直決まった時の感動はこれありきで買う価値すらアリ。

・手ぶれ補正
→G9PROと同じように撮っても打率が良いです。

・パッケージング
→私がMFTに求めること、軽量・コンパクト、そしてちゃんと良い写真が撮れること。
防塵・防滴を始め、この小さなボディに全部詰め込んだ素晴らしい最高のパッケージング。

その他は仕様用途によって評価が別れるので割愛。


確かに細かいマイナス点も多いですが、間違いなく魅力的な機種です。

私はこれから常に持ち歩きますし、今後もE-M1を使い続けます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

新宿区在住さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:473人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
214件
レンズ
13件
48件
デジタルカメラ
0件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー無評価
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
   

   

フルサイズミラーレスについてはEOS R、NIKON Z 6の両方を購入し約1年間運用しました。主にRでは単焦点(50F1.2、35F1.8)を、Zではズーム(24-70F2.8)を利用。どちらもそれぞれよいカメラだと思いましたが、結果的にフルサイズはライカだけを残し、レンズシステム構築はm4/3(E-M1 Mk3)に統合した格好です。
現時点では12-100mm、25mmF1.2、8mmF1.8fisheyeに加え、つけっぱレンズとしてはパナライカ15mmなどを使っています。

■デザイン
当然新味はありませんが、質実剛健でカメラとしては文句のないデザインだと思います。主観を言いますと、凝縮感があるところが好きです。

■画質
画質を何で評価するかですが、高感度ノイズについては今どきのフルサイズ比できっちり2段分〜の差はあります。
ただし、手振れ補正についてはそれ以上の差があります。
またAPS-C機との比較では半段程度も差を感じません。

■操作性
マルチセレクターの追加は明確にプラス。正直これがあったのでm4/3へのシステム統合を決めました。あえて言えばもう少し上にレバーがあるとよかったですが、好みの差の範囲です。

妙に階層の深い複雑なメニュー構造ではあいかわらず。とはいえ急に変えると混乱しますし、モードダイヤルで選択できるカスタムモードが4つあり、M1X譲りのダイレクトに登録できるマイメニューも備えたので独自の使いやすさがあります。

一番評価できるのはMk2に引き続き露出補正専用ダイヤルを「備えていない」こと。他メーカーや、オリ自身もPEN-Fなどでファンクションアサイン不可の専用露出補正ダイヤルを付けていますが、汎用のコマンドダイヤルのほうが100倍よいに決まっています。

■バッテリー
一眼レフとは比べるべくもありませんが、ミラーレスとしては標準的。

■携帯性
何と比較するかですが、提供している機能に対してやはりコンパクトです。ボディだけで比べることには意味がなく、レンズまで含めると本機と12-100mmF4を組み合わせた際の汎用性に対するコンパクトネスは唯一無二だと感じます。

■機能性
他メーカーに頭二つは差を付けている手振れ補正、手持ちハイレゾ、ライブNDなど、使える機能を多く備え、かつそれぞれが噛み合って高次の撮影体験を提供しています。手振れ補正を生かし、ライブNDかまして、日中に人体をブラした街スナップなど楽しいです。

加えてオリンパス共通のダストリダクション(SSWF)は運用において非常に安心感を覚えます。他の機種だと、屋外でのレンズ交換は非常に気を遣うか、初めから諦めていたところ、躊躇なくガシガシレンズ交換できます。楽しいです。やはりカメラ遊びはこうじゃなくちゃ。

■液晶
表示品質は周回遅れと言えましょう。ただし、液晶を引き出した際のアイセンサーの挙動を制御できる点は他メーカーも見習うべきです。本機の場合、ウェストレベルで撮影するとアイセンサーに反応してEVFに切り替わる・・・なんていうことはありません(逆に、反応するようにも設定できる)。

■ホールド感
グリップ部が下に行くにつれてラウンドしているのが奏功し、小指の余りがありません。このサイズとしては珠玉のハンドリングだと感じます。グリップについてはRよりZのほうが好ましく感じましたが、それを超えていると思います(E-M1 mk2から超えていたということになりますが)

■総評
フルサイズじゃないと表現が難しい領域というのは確かにあって、わたしにとってはそれは「準広角〜標準の焦点域で、中距離からの撮影で、被写体をすっと浮かび上がらせ、雰囲気重視の仕上がり」を狙った撮影となります。そしてそれにはNoctiluxがベストです。

それ以外の撮影は本機で賄えるし、むしろ「三脚いらず・NDフィルターいらず・センサーダストを気にする必要なし」といった優位点が、際立ちます。

重さもサイズも費用も、そして撮影に必要な周辺機材も、全てに妥協せず最高画質を望むならフルサイズ(あるいはその上のフォーマット)が優れているでしょう。でも、ほとんどのシーンで80点以上をもたらしてくれる合理的な撮影パッケージを求めるなら、本機は現行最優だと感じます。m4/3には10年以上の歴史があり、各種レンズも揃い、ユーザーベースが広汎であることも安心感につながっています。

デジカメ市場がシュリンクする中、各社とも新機種は前モデルに対して値上げしリリースする傾向にありますが、キャリーオーバーする部分はそうすることで値段をステイあるいはリーズナブルにして本機を市場に投入したオリンパスの選択は、アリだと思います。それが、好調な初速販売にもつながっているのでしょう。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった83

このレビューは参考になりましたか?参考になった

14114さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
6件
デジタル一眼カメラ
1件
5件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

初代E-M1からの変更になります。
殆どの方がE-M1MarkIIからの変更かと存じますが、私のように初代からの変更で考えている方もいると思いますので、参考になればと。

【デザイン】
以前より全体的な変更点は少ないので、以前から使われている方なら問題ないと思います。

【画質】
初代からですと当然かもしれませんが大幅に改善されています。
高感度耐性もそうですが、シャドウのノイズ感はかなり良くなったと感じます。
作例がなくて申し訳ありませんが、以前より青みが抑えられているように感じますが、それでもいわゆるオリンパスブルーは健在です。

【操作性】
ここも使い慣れている方は問題ないかと。相変わらずメニューの階層が深いです。
しかし、カスタムが4つに増え、今までなかったマイメニューが非常に使いやすく助かっています。
初代にはなかったAEロックが撮影の幅を増やしてくれます。
また、AFターゲットパットが使いづらかった私としては、マルチセレクターは存在だけでもかなりありがたいです。確かにもう少し柔らかく動いてくれるといいですが。

【バッテリー】
初代からですと容量は上がっていますが、体感では極端に増えた印象はありません。
USB給電などありますので、常にANKERの20000mAhのモバイルバッテリーを持ち歩いている私には電池切れの心配はなさそうです。

【携帯性】
初代から多少重くはなっていますし、E-M5系統と比べたら大きくはなっていますが、コンパクトなレンズと組み合わせることによりスナップでも楽に持ち出せる大きさと感じます。
これは初代から変わらずなので、いいところがいい意味で変わっていないのは安心感があります。

【機能性】
MarkIIからでも手持ちハイレゾ、星空AF、ライブNDなどが増えてますが、初代からですと機能がめちゃくちゃ増えて毎日意味もなくいじってしまいます。
今までより顔認証はかなり向上はしていますが、マスクをしていると全く反応はしません。犬猫など動物の顔認証なども欲しかったところです。
手ぶれ補正は初代でもだいぶ効いていたので、最大7.5段分と言われても正直向上しているのかどうかわかりません…。

【液晶】
初代からですと、EVFの色味が少しあっさりした感じがします。
他の方も仰っていますが、EVFも背面液晶ももう少しドット数を上げても良かったのでは、とも思います。
OLEDにする事でさらに薄型化できる可能性もありましたので。
ただOLED特有のギラつき感が苦手でもあるので難しいところ。

【ホールド感】
個人的にはE-M1シリーズのグリップは1番持ちやすいので、40-150mm/F2.8などm43でも大型レンズと組み合わせても持ちやすく感じます。
ベストバランスはパナライカの200mm/F2.8ですね。

【総評】
申し上げた通り初代からの変更ですので、MarkIIからの変更の方と比べると甘めの評価になると思います。
しかし初代からMarkIIに変更された方も近いような評価をされた方もいると思います。個人的にはかなり劇的な変化となりました。
あえて初代から変更される方へのネガティブな点は、階層の深いメニューの設定をもう一度やり直す事になる、ということです。
しかしながら、カスタムやマイメニューのおかげでよく行なう撮影スタイルをすぐ呼び出せるのはとても便利。
そしてその設定を弄っているのもまた楽しい時間かもしれません。

初代を使っていて、
・極端ではない暗部のノイズ
・顔認証
・MarkIIにはない手持ちハイレゾなどの機能
・マルチセレクタ
・マイメニュー
この辺りが気になるなら購入を強くオススメします。
私はMarkIIをスルーした分の機能と画質の向上は得られたと感じています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しもじものしもさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:188人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
40件
レンズ
7件
12件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5
当機種JPGそのまま
当機種
当機種

JPGそのまま

【デザイン】
先代からお馴染みで好きです。
【画質】
こんなもんだと思います。
高感度耐性はやはりもう少し欲しいですね。
【操作性】
AFポイントを変えれるジョイステックが面白いです。
これを調整してる間は親指AFが使えなくなるのでシャッター半押しでAF起動にしたり変化を楽しんでます。
【バッテリー】
従来通りです。
もう少し長く使えると嬉しいです。
【携帯性】
ここ大事ですね。
オリンパスを愛用する最大の理由。
雨などに強くコンパクトで三脚いらずなのはフィールド向けです。
【機能性】
手ぶれ補正は先代から優れているので文句なし。
バッファなど処理速度も進歩なし、もう少し頑張って欲しかった。
【液晶】
これは、周回遅れ感が半端ないです。
3年で進歩なし。
【ホールド感】
先代と変わらず最高です。
【総評】
基本野鳥用お散歩カメラとしての偏った総評になりますが
近くを飛んでるカワセミを適当に撮ってみたらそれなりの写りなので満足です。
他の場面でも背景にAFが持ってかれるのが減ったので先代と比べて撮影しやすくなりましたね。
ただし、先代の発売から3年経過を考えるともう少し進歩が欲しかったです。
飛んでる野鳥が撮りたいとかでなければ、お手頃な先代で十分ですね。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった9人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark III ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark III ボディ
オリンパス

OM-D E-M1 Mark III ボディ

最安価格(税込):¥183,487発売日:2020年 2月28日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark III ボディをお気に入り製品に追加する <451

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意