Ryzen Threadripper 3970X レビュー・評価

2019年11月30日 発売

Ryzen Threadripper 3970X

  • 32コア64スレッドで動作する、ソケットsTRX4対応CPU。基本クロックは3.7GHz、最大ブーストクロックは4.5GHz、TDPは280W。
  • 合計144MBのキャッシュにより、大容量のデータセットに迅速アクセスできる。
  • 倍率ロックフリーに対応している。
Ryzen Threadripper 3970X 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥235,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥253,544

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥235,800¥285,760 (23店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥235,800 〜 ¥257,180 (全国16店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen Threadripper 3970X クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket sTRX4 二次キャッシュ:16MB Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen Threadripper 3970Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3970Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3970Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3970Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3970Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3970Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3970Xのオークション

Ryzen Threadripper 3970XAMD

最安価格(税込):¥235,800 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月30日

  • Ryzen Threadripper 3970Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3970Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3970Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3970Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3970Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3970Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3970Xのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen Threadripper 3970X

Ryzen Threadripper 3970X のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 5.00 4.51 7位
安定性 安定して動作するか 5.00 4.72 7位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.29 4.27 45位
互換性 対応マザーボードは豊富か 3.43 4.36 45位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3970Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性2

◎ 良い所
◎ とにかく32c/64tである事。
◎ 2970x/2990x比較で処理能力大幅向上
◎ 2950x/2990x比較で至る所が全て「普通」になった。2950x/2990x比較でやれNUMAだコア間の遅延だを気にすることなく、3950x比較でも実際の運用では変な癖が全く無くなかった。
◎ クロック・電圧・電力の調整がかなり高度。280w以内に収まるようにありとあらゆる制御が自動で行われる。当然、280w以内であればシングルスレッド系・軽いマルチスレッド系もどんどんクロックを伸ばしてくれるので、「マルチコアではすごく速いけど、スレッドの軽い作業だとメインストリームに置いて行かれる」といったHEDTの負の宿命はほぼ背負わなくて済む。
◎ PCIe-4.0 x 64レーンの圧倒的な帯域の広さ。好きなだけ拡張カード・PCIeSSDなどを使える。

? メモリ周りの特性はRyzen 3xxx台とほぼ変わらず。メモリの限界はDDR4-3800前後 + Fclk 1900前後。タイミングを攻めれば攻めただけ報われるが、HEDT系で本格的に遊ぶ方がどれだけいるのかという疑問も…。

- 番外データ
定格 = 280w リミッター有り、使いやすい、現実的空冷 (例 Noctua NH-U14S TR4-SP3 / 追加ファンオススメ) で風通しが現実的なケースなら運用可。
PBO2有り = マザーボードによって変わるだろうが、ASUS ZUEaでは見事に実測500wを突破、現実的な空冷では限界時には対応不可。
マルチコア時の性能向上はPBO2状態でそれなりなので、PBO2・全コアOCをした上で全てのパフォーマンスを引き出したい場合は本格水冷+それなりの電源環境の準備が必要。

現実的なプランとして、空冷環境でとりあえず利用し、ケース・その他は「本格Ready」にしておき、更なるパフォーマンスを引き出したくなった場合は水冷にステップアップ、というのはどうだろうか。

× 悪い所
× お値段 (性能を考えると順当だが、絶対値が…)
× TR4であるが故に、冷却・クーラー選びには苦戦する。Enermax系の簡易水冷が腐水問題を抱えていて他社の簡易水冷はベースプレート・ヘッド部分の面積不足という根本的問題があるため、実質 空冷 or 本格水冷の2択に(この価格帯に行く人は即本格水冷が結局正解かと)
× X399ユーザーとしてはPCiE3.0環境へのダウングレードはあったとしても是非対応をして欲しかった。Epic系は載せ変えが可能な所を見ると、M/Bメーカーのサポートの面倒さを嫌って無理矢理互換性を切ったように思える。(…この価格帯のCPUを買う人からしたら新規M/Bの価格なんて…という事なのかもしれないが)


[総評]
◎ 買うべき人
◎ 32c/64t が使いきれる人
◎ 拡張カードをたくさん利用する人・帯域があると使い道が広がる人 (40GBe / 大量のPCI-e SSDなど)

× 買うべきでない人
× 32c/64tは使いきれない人 (高いから速いに違いない! という勘違いは捨てましょう)
× 消費電力を気にする利用方法な人

? HEDT系との利用頻度が増えてきたThunderboltへの対応はAMD系であるが故に未知数。Tb3は特に相性問題が激しいので、Tb3希望の場合は情報収集を怠らない事!

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ガリ狩り君さん

  • レビュー投稿数:238件
  • 累計支持数:664人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
18件
2016件
SSD
11件
797件
動画編集ソフト
11件
633件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性無評価

CineBench R20結果

Passmark10.0結果

Passmark9.0結果

CineBench R20利用時のクロックとCPU使用率

レビューに利用したソフト

CPU消費電力

趣味の映像編集用ワークステーション製作に向け、構想当初Ryzen3950Xを組込む予定としていましたが、販売延期を機に熟考の結果こちらのCPUを本格水冷で運用。
CPU用ラジエターサイズは【長さ480mm×幅120mm×厚さ60mm】となります。

ベンチマーク結果はALL定格運用によるものです。
有名処のベンチマークソフト(アプリ)を使ったレビューは多いものの、今回は映像編集に関連するソフトを使い、実際に利用した時の簡単な比較を加えてみました。
大まかなPC構成は以下の通り。


CPU:Ryzen Threadripper 3970X【水冷】

GPU:NVIDIA Quadro RTX4000【水冷】

MEM:Ballistix BLS2K16G4D32AEST(16GB2枚入り)×2【水冷】

SSD:PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF【水冷】、DC P3700(1.6GB)

M/B:TRX40 Taichi

PSU(電源):Toughpower DPS G RGB 1500W TITANIUM PS-TPG-1500DPCTJP-T

PCケース:TheTower900

OS:Windows10Pro

CPU等冷却クーラー:複数メーカー部品による構成にて、本格水冷運用のため詳細は省略。


【処理速度】

映像編集関連ソフト利用を前提としている事から、プロユース編集ソフトの【EDIUS PRO9】と【Mercalli V5SAL(手振れ補正ソフト)】を使っています。
比較対象は、カスタム加えレビュー済みのCore i7 8700搭載ゲーミングノートPC(Geforce GTX1060 6GB)を引き合いに出し、処理時間等を比べてみました。
スペックの差が大きすぎる事から、比較対象に挙げるべきなのか迷いましたが、ゲーミングノートPCの構成は以下の通り。


CPU:Core i7 8700

GPU:Geforc GTX1060(6GB)

MEM: BLS2K16G4S26BFSD(16GB×2枚)

SSD:WD BLACK SN750(1TB)、Intel SSD DC S3710(1.2TB)


チョット面白い結果となりました。
EDIUS Pro9の比較テストでは、タイムライン上にNewBlueFXとHitFilm(Ignite)の追加エフェクト加え、レンダリング処理時間はAMDとIntelどちらもCPU使用率低下している傾向です。
Threadripper 3970Xによるレンダリングを行った場面では、Core i7 8700の2倍近い速さで処理は終えていました。
遊びとしてThreadripper 3970X側にハンディ加え、編集内容にHitfilmのエフェクトを3つ追加。
Core i7 8700の方には、QSVによるハードウェアエンコーディング利用可能な設定、ハンディは無い状態。
出力設定はUHD解像度(フレームレートは59.94p)H264/AVCによる同じ内容の設定、mp4動画ファイル出力の時間を比較してみましたが次の通り。


Threadripper 3970X→60秒

Core i7 8700(QSV利用)→1分50秒


EDIUS Pro9利用時ネイティブ編集作業をメインとしていますが、再生プレビュー時の動画の滑らかさ等の編集作業全般を見ると、Threadripper 3970Xに軍配挙がります。

次にMercalli V5SALでは、双方のマシンにカメラで撮影した動画ファイルを15個使い、解析速度比較したところ面白い事に、早く解析処理終えたのはCore i7 8700でした。
しかし、Core i7 8700のCPU使用率を見ていると、ほぼ100%天井張付き状態です。
それとは対照的に、Ryzen Threadripper 3970XのCPU使用率は最大40%程度。
ソフト側ではThreadripper 3970Xを上手く活かせていない状況が伺え、Core i7 8700の解析処理速度比で約6〜7割程度の速さでした。
映像編集時に複数のソフトを立ち上げ並行作業行う場面では、Ryzen Threadripper 3970Xは用途に適している印象を受けます。

ソフト依存の部分は目立ちますが、映像編集に場面で全く使えないのか問われると、それとは全く違う答えになる事もあります。
Mercalli V5SALを利用している場面では、解析時間は動画ファイル数と各動画ファイルの再生時間に比例し、処理待ち時間も多くなってしまいます。
手振れ補正ソフトを利用しながら平行してEDIUS Pro9を使い、Titler Pro等を使った動画のタイトル作成から編集を始めていくと、Threadripper 3970Xは頼もしいCPUとして実感できる事でしょう。
Core i7 8700のPCで同様の平行作業行う事は、性能的に無理が生じる内容なので、このタイムラグの差で編集速度の大きな差が生じてしまいます。


【安定性】

コレについては、マザーボードや電源にOS等も係る事になる為、一概に語れるものでは無いのですが、メモリーも含めて定格運用上では安定しています。
シングル性能とマルチスレッド性能の中間バランスを考慮してみると、既にレビューされている内容を読む限り、Threadripper 3990Xよりもバランス良い印象を受けます。
私はDDR4-3200のメモリーを利用していますが、IFの特性上からCPU性能を引き上げるには、XMPを活かした場合はDDR4-3600辺りが無難。


【省電力性】

MSDTなCPU並みの省電力性を求めるのは、正直なところ無理な話となりますが、一昔前のHEDT構成と比較して、非OC運用で見ると省電力な部類なのでは?
この手のCPUを使われるユーザーでしたら、既に省電力性を求めていないと思うところなので、この項目については微妙です。
無駄なバックグラウンドアプリを起動しない様に管理し、OS側の電源オプション設定を触り、ブラウジング(※)している状態で消費電力を確認してみました。
HWinfoを使い確認してみると、水冷ループはリッチ構成なので相応に冷えますが、画像の消費電力は45~70W辺りに留まっています。

※ブラウスをスカートの中へ入れたときの”ブラウスの膨らみ”と意味が異なるIT用語。


【互換性】

ソケットsTR4チップセットTRX40となる事から、ソケットは同じ様に見えてもX399と別の様です。
互換性について、噂されていたTRX80(上位マザー)は販売されないアナウンスも出ている事から、正直なところ何とも言えません。
という事で無評価。


【総評】

映像関連ソフト利用による比較を加えてみましたが、このCPUは複数のソフトを立ち上げ作業行う、その様な映像編集ワークステーション用途を充分に満たす選択肢です。
【良い物は高価に】と言われていても、ベースクロックが低くコア単価が高値なXeon(Intel製CPU)と比較し、コスパも含めると良い印象を受けました。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

estpoさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
6件
PCケース
5件
2件
タブレットPC
0件
5件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
   

4000MHz稼働時の消費電力

   

【処理速度】
シングル・マルチとスキのない速さ。第1世代と比べクロックも上げやすい

【安定性】
低電圧化が非常に簡単で、定格だと電力・発熱もかなり抑えられる上に安定している

【省電力性】
通常で最大280W程度。低電圧化すればさらに下がるため、1950X+5,60W程度で済む
稼働率70%ぐらいだとこのくらい(画像)CPU単体ではTDP以下に抑えられる

【互換性】
各社より多くのマザーボードが出ており、電源周りは気を付けられているようでかなり自由に選べる

【総評】
ZEN+では大きなクロックの上昇や、コア数の増加で全体的な安定化が見込めなかったが見事に克服している
これだけのコア数で安定的にクロックを上昇させることができ、近年発売のコアの中でも最高の出来
ただし、発熱に関してはそうはいっても大きいので、十分に対策が必要
定格近くなら設定で空冷でも問題ないでしょうが、TR専用の最上位以外では危険

比較製品
AMD > Ryzen Threadripper 1950X BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった12人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3970Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen Threadripper 3970X
AMD

Ryzen Threadripper 3970X

最安価格(税込):¥235,800発売日:2019年11月30日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen Threadripper 3970Xをお気に入り製品に追加する <64

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意