『2970x/2990xからの正常・順当な性能向上、高度な消費電力制御!』 AMD Ryzen Threadripper 3970X Serionさんのレビュー・評価

2019年11月30日 発売

Ryzen Threadripper 3970X

  • 32コア64スレッドで動作する、ソケットsTRX4対応CPU。基本クロックは3.7GHz、最大ブーストクロックは4.5GHz、TDPは280W。
  • 合計144MBのキャッシュにより、大容量のデータセットに迅速アクセスできる。
  • 倍率ロックフリーに対応している。
Ryzen Threadripper 3970X 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥244,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥254,980

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥244,980¥296,840 (15店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥269,800 〜 ¥269,800 (全国16店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen Threadripper 3970X クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket sTRX4 二次キャッシュ:16MB Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen Threadripper 3970Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3970Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3970Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3970Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3970Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3970Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3970Xのオークション

Ryzen Threadripper 3970XAMD

最安価格(税込):¥244,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月30日

  • Ryzen Threadripper 3970Xの価格比較
  • Ryzen Threadripper 3970Xの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 3970Xのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 3970Xのレビュー
  • Ryzen Threadripper 3970Xのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 3970Xの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 3970Xのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 3970Xのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen Threadripper 3970X

『2970x/2990xからの正常・順当な性能向上、高度な消費電力制御!』 Serionさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3970Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

Serionさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性2
2970x/2990xからの正常・順当な性能向上、高度な消費電力制御!

◎ 良い所
◎ とにかく32c/64tである事。
◎ 2970x/2990x比較で処理能力大幅向上
◎ 2950x/2990x比較で至る所が全て「普通」になった。2950x/2990x比較でやれNUMAだコア間の遅延だを気にすることなく、3950x比較でも実際の運用では変な癖が全く無くなかった。
◎ クロック・電圧・電力の調整がかなり高度。280w以内に収まるようにありとあらゆる制御が自動で行われる。当然、280w以内であればシングルスレッド系・軽いマルチスレッド系もどんどんクロックを伸ばしてくれるので、「マルチコアではすごく速いけど、スレッドの軽い作業だとメインストリームに置いて行かれる」といったHEDTの負の宿命はほぼ背負わなくて済む。
◎ PCIe-4.0 x 64レーンの圧倒的な帯域の広さ。好きなだけ拡張カード・PCIeSSDなどを使える。

? メモリ周りの特性はRyzen 3xxx台とほぼ変わらず。メモリの限界はDDR4-3800前後 + Fclk 1900前後。タイミングを攻めれば攻めただけ報われるが、HEDT系で本格的に遊ぶ方がどれだけいるのかという疑問も…。

- 番外データ
定格 = 280w リミッター有り、使いやすい、現実的空冷 (例 Noctua NH-U14S TR4-SP3 / 追加ファンオススメ) で風通しが現実的なケースなら運用可。
PBO2有り = マザーボードによって変わるだろうが、ASUS ZUEaでは見事に実測500wを突破、現実的な空冷では限界時には対応不可。
マルチコア時の性能向上はPBO2状態でそれなりなので、PBO2・全コアOCをした上で全てのパフォーマンスを引き出したい場合は本格水冷+それなりの電源環境の準備が必要。

現実的なプランとして、空冷環境でとりあえず利用し、ケース・その他は「本格Ready」にしておき、更なるパフォーマンスを引き出したくなった場合は水冷にステップアップ、というのはどうだろうか。

× 悪い所
× お値段 (性能を考えると順当だが、絶対値が…)
× TR4であるが故に、冷却・クーラー選びには苦戦する。Enermax系の簡易水冷が腐水問題を抱えていて他社の簡易水冷はベースプレート・ヘッド部分の面積不足という根本的問題があるため、実質 空冷 or 本格水冷の2択に(この価格帯に行く人は即本格水冷が結局正解かと)
× X399ユーザーとしてはPCiE3.0環境へのダウングレードはあったとしても是非対応をして欲しかった。Epic系は載せ変えが可能な所を見ると、M/Bメーカーのサポートの面倒さを嫌って無理矢理互換性を切ったように思える。(…この価格帯のCPUを買う人からしたら新規M/Bの価格なんて…という事なのかもしれないが)


[総評]
◎ 買うべき人
◎ 32c/64t が使いきれる人
◎ 拡張カードをたくさん利用する人・帯域があると使い道が広がる人 (40GBe / 大量のPCI-e SSDなど)

× 買うべきでない人
× 32c/64tは使いきれない人 (高いから速いに違いない! という勘違いは捨てましょう)
× 消費電力を気にする利用方法な人

? HEDT系との利用頻度が増えてきたThunderboltへの対応はAMD系であるが故に未知数。Tb3は特に相性問題が激しいので、Tb3希望の場合は情報収集を怠らない事!

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Ryzen Threadripper 3970X」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen Threadripper 3970Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen Threadripper 3970X
AMD

Ryzen Threadripper 3970X

最安価格(税込):¥244,980発売日:2019年11月30日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen Threadripper 3970Xをお気に入り製品に追加する <64

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意