三菱ブレッドオーブン TO-ST1 レビュー・評価

2019年 4月25日 発売

三菱ブレッドオーブン TO-ST1

  • 焼きたてのパンのような香りやうまみを引き出す1枚焼き専用のブレッドオーブン。5段階の焼き加減やメニューを選択するだけで、自動で焼き上げる。
  • 上下フラットヒーターの熱を密封する「密封断熱構造」により、焼くと逃げてしまう水分や香りを庫内に留めることで、耳までふんわりとした食感に。
  • 手入れが楽なプレートや、パンが取り出しやすいへら付き。出し忘れのお知らせ、盛り付けの目安(高さ制限表示)など、使いやすさにこだわった設計。
三菱ブレッドオーブン TO-ST1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥28,700

(前週比:-100円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥28,700¥33,000 (18店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーブン 同時トースト数:1枚 消費電力:930W 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の価格比較
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の店頭購入
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のスペック・仕様
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のレビュー
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のクチコミ
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の画像・動画
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のピックアップリスト
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のオークション

三菱ブレッドオーブン TO-ST1三菱電機

最安価格(税込):¥28,700 (前週比:-100円↓) 発売日:2019年 4月25日

  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の価格比較
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の店頭購入
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のスペック・仕様
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のレビュー
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のクチコミ
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1の画像・動画
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のピックアップリスト
  • 三菱ブレッドオーブン TO-ST1のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > トースター > 三菱電機 > 三菱ブレッドオーブン TO-ST1

三菱ブレッドオーブン TO-ST1 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.89
(カテゴリ平均:4.23
レビュー投稿数:9人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.67 4.30 6位
使いやすさ ボタンの配置や、取り出しやすさなど 4.44 4.22 5位
焼き上がり 焼き上がりの良さ 4.56 4.27 7位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 4.00 4.04 14位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.78 4.19 17位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

三菱ブレッドオーブン TO-ST1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
697件
ドライブレコーダー
0件
13件
マッサージチェア
0件
12件
もっと見る
満足度2
デザイン5
使いやすさ4
焼き上がり5
手入れのしやすさ4
サイズ3

焼きは秀逸です。
四つ切をよく食べるんですが、非常にもちもちで美味しく焼けます。
一枚しか焼けないですが、通常の焼きなら3分程で焼けます。
焼き目も上下一緒に、同じ程度について簡単に出来ます。

ただ注意が過熱状態だと、焼けなくなります。
通常は点滅してる所が、三回点滅になると加熱出来ないようになり、全く使えなくなります。
こうなるとしばらくは使えなくなり、冷えるまで30分以上はほっとくことになりました。
通常は3〜4枚程度で過熱状態になり、それ以上は焼けません。
トッピングや冷凍を使うと、2〜3枚でなりました。

最初はメーカーとしては一斤程度は焼けるようにしてる、と言ってましたが、一斤焼ける条件はどうなのか、と質問しましたが一切答えてくれませんでした。
メーカーとしては、過熱状態になると焼けなくなるのは仕様であり、異常ではない。
過熱状態も、場合によっては1〜2枚でもなる事がある。
一度なると、どれくらいで焼けるようになるかは状態によるので、一概には言えない。という事でした。
初期不良では、と問い合わせましたが、三菱からは仕様である、という事なので返品しました。
さすがに2人で使うには最低4枚は欲しいですから、トースターとしては使えないと判断しました。

使用人数
2人
主な用途
解凍
料理

参考になった18人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

尾葦白正さん

  • レビュー投稿数:161件
  • 累計支持数:1462人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
48件
0件
スピーカー
20件
0件
PCスピーカー
12件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ4
焼き上がり5
手入れのしやすさ5
サイズ5

この製品には久々に驚きました。
最近は家電不感症気味で、少々のことなら驚くこともなくなりましたが、これには「地味な驚き」がありました。

我が家では、基本は米飯が主食ですが、そればかり毎日では飽きるということで、たまに食パンを主食にすることがあります。そういう経緯もあって、既に以前にもレビューしましたが、パナソニックのNB-DT51や、そのひとつ前のNB-DT50を購入したわけです。
で、実際のところ、NB-DT51で何も問題なく、不満もありませんでした。それが何故、NB-DT51が現役で稼働しているのに、わざわざ別の、しかも価格も(トースターとしては)高い本機を購入したかと言えば、単純に「ちょっと良い食パン」を買って食べる機会が増えてきたことが理由です。せっかく「高級食パン」を食べるなら、焼き上がりにもトコトンこだわりたいという思いがあり、これまでにない焼き上がりの「こだわりトースター」はないものか、物色していたのです。

最近では、ご飯の世界でも10万円を超えるような「高級炊飯器」が飛ぶように売れる時代になりましたが、やはり毎日戴く主食を、よりおいしく食べたいというのは、人間として当然の欲求でしょう。
ご飯の世界でも炊飯器に高額なお金を支払うことを厭わない人が増えているならば、当然ご飯と並ぶ主食のひとつでもある「食パン」をおいしく戴くための「トースター」においても、こだわりの「高級トースター」があって然るべきだと思ったのです。事実、昔はトースターなど数千円もあれば充分買えた「安価な家電」でしたが、最近では話題のバルミューダを始め、トースターとしてはかなり高額なモデルが随分増えたように思います。
このように製品のランクが増えていくのは、消費者としては選択の幅が広がるということで、大変結構なことです。

今回私が本機を選んだ最大の理由は、やはり本機のウリである「やわらかな焼き上がり」にありました。
ハッキリ言いますが、この点「だけ」で本機を選んだのですが、これが正解でした。
普通に焼くだけなら、我が家には既にパナソニックのNB-DT51がありますので、これで充分満足のいく素晴らしい焼き上がりが実現しています。しかし、さすがに「ふわふわ、出来立て」のような焼き上がりは、NB-DT51ではどう逆立ちしても無理な注文です。そこで、他のトースターでは実現不可能な、唯一無二の焼き上がりを求めて選んだ結果が本機だったわけです。
ということで、現在我が家では、本機では「普通の焼き色が付く焼き方」は一切していません。普通の焼き方で食べたい時はNB-DT51を利用し、「真っ白な、ふわふわな焼き方」で食べたい時のみに本機を使っています。ちょっと贅沢な使い方ですが、これだけの用途で使うだけでも充分満足なのです。
本機は一回に1枚しか焼けませんし、使い勝手面では必ずしも良好とは言い難いところもありますが、それを補って余りあるほどの魅力がタップリと詰まっています。

最初に初めて本機で焼いた、ふわふわな焼き上がりのパンを食べた時の新鮮な感覚、衝撃は非常に心地よいものでした。
まさしく「ベーカリーでの、窯だし直後」のパンを食べているかのような感覚で、バターも何もつけずに1枚完食できる美味さがあります。特に、これで焼いたふわふわな食パンの「耳」を食べると、この凄さがわかります。耳がパサパサにならず、本当に柔らかいんですね。食べた時に、耳の部分が「細かいパン屑」になって下に落ちることが一切ないんです。一枚完食した後、テーブルの上を見ても、全くパン粉(パン屑)がないんですからね。
本機は、この「ふわふわな焼き上がり」の、ただ一点だけで絶大な存在価値があると言えるでしょう。
見た目もトースターらしからぬ落ち着いた風情があり、ここ最近では久しく感じることのなかった、「眺めているだけで思わずニヤニヤしてしまう」ような家電です。
パン一枚焼くだけのために3万近いカネが払えるか否か、という話になりますが、毎日のパンを、より美味しく、こだわりをもって食べたい人なら、3万払う価値はあると言いたいところです。

ここまで高評価しながら総合評価は4点ですが、これはやはり「人を選ぶ」製品だから、という理由で1点減らしました。
この「ふわふわ」な焼き上がりに、どこまでの価値を認めるかは、人によって大きく違うと思います。私個人では最大級の評価をしたいと思いますので、正直なところで言えば5点満点でもよかったところですが、そこまでパンの焼き上がりにこだわりのない方や、パンは耳や表面がカリカリの方が旨いという人には、ただ無駄に高額なだけの、無用の製品です。
他にはない、やわらかいフワフワの食パンを味わいたい人なら、これは絶品と呼びうる傑作トースターです。
1枚の食パンを時間をかけて、徹底的に、こころゆくまで味わい尽くして食べたい方には強くお勧めしたい製品です。

使用人数
3人
主な用途
温め

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:180件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ5
焼き上がり5
手入れのしやすさ4
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体。小犬のように愛嬌を覚えるデザイン。

食パンをセットしたところ。フタは高々と上がる。

コンソール。左から右へセットして行く。

「密閉」とあるが、焼いていると後ろから蒸気が出る。

最も濃い焼き色。

気になったパッキング。ユーザーが外せない構造。

高級トースターの基本はオーブントースター。オーブントースターは、パンの上にいろいろな食材を置いて食べられることにあるが、微妙な温度コントロールは、どちらかというと苦手。また、元祖高級トースターのバルミューダが、外サクサク、中モチモチとしたためか、その後の高級オーブントースターは、外サクサク、中モチモチを基本としている。が、人の食の好みは千差万別。
三菱は敢えて、オーブントースターではなく、鉄板焼きを基にしている。これは温度コントロールがより正確にできるためだ。三菱のブレッドオーブンは、この方式を用い、外から中までモチモチから、今の標準となっている外サクサク、中モチモチまで、かなり自在にユーザーの好みを反映したトースターを作り出した。

【デザイン】分厚い正方形という、ほとんど類例のない独特のデザイン。個性的であるが、品がある。このオーブンブレッドはテーブルで使うことが前提だろうから、品がなければ困る。テーブルの上であれこれテストしていると、取っ手が犬耳の様に見てきて、ちょっとほのぼのしてしまった。

【使いやすさ】オーブントースターが、他の食材を調理できるように、このブレッドオーブンも構成は鉄板焼きなので、牡蠣のバターソテー位は作れると思う。テーブルの上で、ちょっとずつ調理しながら食べるのも乙なものなので、そのニーズもあるだろう。しかし、三菱は潔く、パンのみに絞った作りとした。このため、使いたいモード(「トースト」「冷凍トースト」「トッピングトースト」「フレンチトースト」)を選択し、何枚切りの食パンであるかを選択、5段階の焼き色から焼き色を選択し、スタートさせるだけでOK。また前のインプットを覚えているんで、二度目からはより楽になる。
問題は、一枚焼きであることだろう。家族全員、同じタイミングというのは無理な話である。単に空腹を満たすのではなく、とことん自分の食事にこだわる人向けと言える。

【焼き上がり】見事の一言に尽きる。一番焦げた設定が、外サクサク、中モチモチでオーブントースター系の高級トースターと同じ。一番軽く焼いたのは、かなり生食パンに近い感触。それを含め5段階なので、かなり自分の好みまで追い込めると思う。また、焼いてみて足らない場合は、45秒延長焼きすることも可能。

【手入れのしやすさ】洗うことができないので「拭き掃除」。個人的には問題がないが、洗えないのを嫌がる人もいるかも知れない。私が気になったのは、パッキングの方だ。プレートが外れないため、パッキングが破損したら修理に出す必要がある。ここは、もう少し工夫が欲しいと思った。

【サイズ】驚くのは「厚み」。正直、かなり分厚いと思う。フタも分厚いので、開けるとかなりの迫力。設置面積は大したことはない。

【総評】高級トースターに、焼きの自由度を明確に付けた点がいい。久しぶりに、外も中もモチモチの食パンを味わえた。今は外サクサク、中モチモチの時代だが、まるごとモチモチのファンも多いのではないだろうか。とにかく、トーストにこだわる人は、一度試すことをお勧めしたい。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ブッヒィ〜さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:296人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
36件
プラズマテレビ
3件
29件
炊飯器
7件
17件
もっと見る
満足度2
デザイン5
使いやすさ5
焼き上がり5
手入れのしやすさ5
サイズ4

<はじめに>
個人的な家電オタクの研究です。個人の観点です。当該メーカーを否定したりバイアスを掛けたりしておりません。
個人の趣味として読んでください。

久しぶりに家電マニアをくすぶる商品が三菱から発売されたので購入した。

現在ティファール(T-fal)
トースト アンド
ライト(以降:T-falと言う)を所有していますので、
T-falと三菱TO-ST1との比較を中心にお伝えします。

<経過観察>
T-falとTO-ST1を焼き具合を中にして、5枚切り食パンを1枚同時に焼き上げ経過観察をした。
T-falは2分04秒で焼き上がり、すぐに2枚目を投入し、投入後2分10秒に2枚目が焼き上がった。
TO-ST1は1分50秒後から、背面からうっすら湯気が出て3分06秒で焼き上がり、2枚目はその後2分35秒で焼き上がった。

<味比べ>
T-falとTO-ST1を比較するうえで、1斤280円と所謂激安パン1斤88円と2種類の食パンを5枚切りにして
試食に使った食パンの製品名の公表は控えるが、一般的なスーパーで普通に入手可能な商品である。
超高級食パンは、非日常なものなので今回は用いなかった。
男性1人と女性2人で味比べをした。

どちらのパンも、TO-ST1はその食パンが持っている蒸気を逃がさず焼く、ふっくらモチモチ。
T-falは、適度に水分を蒸発させたカリ&サクッとな食感に仕上がります。
1斤280円の食パンは食感の違いは分かったが、激安パンはパン自体が美味しくないので差が出にくかった。
またTO-ST1で88円激安パンに下駄を履かせてT-falで焼いた280円に迫るというような味にはならなかった。
中級以上の食パンにTO-ST1を用いるのが適している。

ハード系のトーストをTO-ST1で焼いてみたが、やはりふっくらモチモトっという食感になり、
カリッとした食感が好きな人にはTO-ST1には向かないというのに全員が一致した。

ピザトーストも焼けるし、トンタイに食パンをセットする前に、トースト正面に薄く切ったバター片をまんべんなく載せて
焼き上げるという芸当はホップアップトースターには出来ない。

<冷凍食パン>
280円・88円とも冷凍庫に一晩寝かせ、どちらも冷凍パンモードで焼いてみた。
T-falは、ミミの部分などどうしてもヒーターから遠いところが焼きムラと解凍できていない部分があり、適当に追加焼きが必要である。
TO-ST1は、冷凍食パンと言うことを忘れるぐらい見事に完璧に解凍できており、焼きムラなど全くなかった。

さらに、引出式の冷凍庫が多い家庭用冷蔵庫において、どうしても食パンが曲がって解凍してしまったりすることがある。
その場合、ホップアップトースターには入らず苦労することがある。
何とか入ったとしてもホップアップトースターでは、焼きムラの差が激しくなってしまうことが難点である。
しかしTO-ST1は、本体内部に余裕があり、冷凍食パンが曲がっていても見事に焼き上がるのには脱帽した。
1ヶ月以上冷凍庫に放置し、冷凍焼けした食パンを試してみたが、冷凍焼けの氷部分もふっくらと焼き上げる蒸気に流用し
キレイに焼き上げていた。

<デザイン>
珈琲1杯700円する珈琲専門店にいらっしゃる男性陣にTO-ST1を見て頂いた。
パン焼き器らしからぬデザインに、話は2時間尽きなかった。
強いて言うなら背面の蒸気排出口をビス止メしているのは残念であった。

<手入れしやすさ>
焼き面がフラットで、シンプルな構造であるのでパン屑が入り込むような隙間がなく、手入れがラクである。

<TO-ST1のメリット>
1、冷凍食パンをムラなく焼き上げる。
2、デザイン
3、貴重な「日本製」

<デメリット>
1、焼き上げるのに時間が掛かる
2、消費電力が多め

<現実的な話>
今回T-falとTO-ST1を比べたからこそ、味の違いが分かったが、単体で感じられるかといういうと難しい。
また実売価格3万円を払ってでも、買い換えるかというと疑問がある。
またデザインや焼き行程のこだわりなど機械的な部分に感動する男性陣に比べて、
女性陣は、平日の朝に1枚しか焼けないのは煩わしい、同時にパンを食べられない、
ではホップアップトースターとTO-ST1を併用するのは狭い台所で・・。と冷ややかだった。

TO-ST1は休日の朝に優雅に。と言う場面に向いている。
ただ、冷凍食パンを焼くことが多い家庭においては、焼きムラを気にしなくて良いので重宝すると思う。

<最後に>
バブル期の三菱を彷彿とさせる、遊び心のある製品を製品化したことには敬意を払いたい
またTO-ST1という型式に三菱のこだわりを感じる。1枚焼き3千円のホップアップトースターもあるなかで
実売価格3万円のTO-ST1を市場に投入するリスクをとってまでもの姿に感銘しました。
こういう商品が増えてくれると、面白いと思います。
三菱から出たというのが、昔を知るマニアとしてうれしい。

比較製品
ティファール > トースト アンド ライト
使用人数
3人
主な用途
温め
解凍

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pokkamanさん

  • レビュー投稿数:110件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
74件
5件
電子辞書
16件
0件
ノートパソコン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
焼き上がり4
手入れのしやすさ5
サイズ4

【デザイン】
 目立たない感じで良いのでは。

【使いやすさ】
 焦げ付きやすいので、取説にあるように、一回一回拭く必要はある。あとは焼く前のバター塗り。水洗い出来ないものの、水拭きや乾拭きをするだけで繰り返し使っている。一回一枚しか焼けないので、一人暮らし向けと割り切って使う必要あり。続けて焼くときには、庫内温度のモニターなどないため、焼き具合を一段階軽くするか、ある程度冷ましてから使う必要あり。

【焼き上がり】
 しっとり焼けるのが特徴。ウインナーとブロッコリーを焼いてみたが、フライパンで焼くより味を閉じ込めて焼けた気がする。ただしやはり焦げ付きやすい。黒いからぱっと見分からなくても、拭くと黒くなるので分かる。フレンチトーストは室温に戻してから焼いた方がベター。また、フレンチトーストを焼くときに、バゲットの端の硬い皮だけの部分が当然乾いたままで焼いてしまったら見事に焦げていた。
 バゲットのように斜め切りしたものは、薄くなった部分が焦げ付かないようバターを塗っておくとよい。

【手入れのしやすさ】
 拭くだけにしている。鉄板を取り外せて丸洗いできた方がベターだが。

【サイズ】
 ちょっと厚めだが、オーブントースターを考えれば、大きすぎるということはない。

【総評】
 独創的な調理器具で、今後は透明で中の調理の具合が分かるとか、鉄板が取り外せるとか、スチーム機能がつくとか、さらに発展していく可能性を感じる。価格は二万円くらいまで下がれば普及するかもしれない。じきに別のメーカーが一万円くらいの類似品も販売するのでは。

使用人数
2人
主な用途
料理

参考になった12人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

viola9さん

  • レビュー投稿数:68件
  • 累計支持数:206人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
10件
5件
スピーカー
7件
6件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン3
使いやすさ5
焼き上がり5
手入れのしやすさ5
サイズ4

【デザイン】
シンプル。ビニール木目は少し安っぽい。

【使いやすさ】
蓋を開けて置くだけの超簡単。

【焼き上がり】
好みの焼き具合に段階調整できる。

【手入れのしやすさ】
卵を載せたりフレンチトーストを作ったりしなければ、
プレート状をサッと拭くだけなので簡単。

【サイズ】
コンパクト。

【総評】
1枚焼きしかできないが、美味しく焼けて
使い方と手入れの簡単さは他のトースターの比ではない。

使用人数
2人
主な用途
温め

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

chocolat...さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
10件
プロジェクタ
1件
4件
自動車(本体)
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ4
焼き上がり4
手入れのしやすさ3
サイズ3

4月下旬に届き1か月間毎日使用しております。
各社の最高のパンがトーストできるというオーブントースターも使用しておりましたが、ブレッドオーブンは別次元です。
表面が薄っすらサクッと、中はしっとりで、ホームベーカリーの焼き立てパンのようなパンの繊維がちぎれることなくなんとおいしいパンだとこと。なんとパンに耳が焼けずにふんわり!高級食パンではなく、普通のパン屋さんのパンが何倍も何倍も美味しく感じます。

<使いこなし>
・上面が焦げやすいのでトッピングトーストにするときにはバターかマヨネーズを全体に余すところなく塗ることで焦げにくくなります。
・チーズトーストは4枚切パンにマヨネーズを余すところなく塗って焼き具合は2/5がお勧め!
・エッグトーストは5枚切パンにマヨネーズで土手を作り、周囲にもきちんとマヨネーズを塗ってください。焼き具合4/5だとせっかくのパンが焦げてしまうので。3/5で焼くと半熟よりは生。卵は4/5がベストですが、パンがちょっと焼きすぎてしまう。

<お手入れ>
下面ヒーターは拭けますが、上面ヒーターについた汚れは全部は取り切れません。美味しさには関係ないので気にしないで使用するのがよいと思います。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

val1225さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

トースター
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
焼き上がり5
手入れのしやすさ3
サイズ5

焼き上がりは普通のトーストと明らかに違います。
まだ「濃いめ」モードしか使っていませんが、しっかり焼き色はついているのに、取り出すときに触れるとしっとりしています。
バターを塗ったりしているうちに表面の水分はある程度とんでいます。
「ふわふわ」モードだと本当に生食パン感は期待できると思います。
「濃いめ」で焼くと表面は香ばしく、中はしっとりふわふわでした。パンの耳もコシがある感じで美味しかったです。
5枚切り食パンだとしっとりが勝る感じでした。4枚切りも試しましたが、こちらの方がサクサクとしっとりのバランスが良い気がします。
薄切りのサクサクしたトーストがお好きな方は向いていないかもしれません。
トーストだけだとそれほど汚れないので、お手入れは問題ないです。ただ、フレンチトーストなど汚れるものは少々面倒かと思います。
バターをのせる程度だと、上側も汚れず大丈夫でした。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:653件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
焼き上がり4
手入れのしやすさ4
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体フタの内側

付属のヘラにはトーストの高さ制限の目安となるMAX線もプリントされている

裏面上方には蒸気口を備える

操作部

トッピングトーストの一例

5段階で選べる焼き色のサンプル

トースターブームの中、三菱電機が発売した、"新ジャンル"と呼べるトースト機。一般的なトースターで採用されているガラス管ヒーターで焼くのではなく、本体内にパンを密封し、ホットプレートのようなフラットな上下のヒーターでトーストする仕組み。これにより、トーストの美味しさを左右する、パンの水分や旨み、香りを閉じ込めて焼くことができるというものだ。

3月に行われたメーカー主催の記者向け体験会の取材後、実機をお借りして自宅で試してみた。

メニューは、トースト/冷凍トースト/トッピングトースト/フレンチトーストの4つ。それぞれパンの厚さによって、4/5/6/8枚切りを設定し、焼き加減を選んでスタートする。焼き加減はふわふわ/薄め/ふつう/濃いめ/サクサクの5段階だが、メニューによって選べるものと選べないものがある。

タイマーのようなものはなく、材料をセットしてスタートボタンを押すと、温度を検知して自動で制御される。モニターなどの表示部がなく、残り時間がわからないが、スタートとともにカチッカチッという時計のような音が鳴り、完成に近づくにつれて間隔が早くなり、完成するとアラームで知らせてくれる。

個人的におススメは、メーカーが"生トースト"と呼んでいる、焼き加減を"ふわふわ"にして焼いたトースト。トーストというよりは、パンを焼きたてに近い状態に戻すといった感じで、柔らかいパンが好きな人向け。トーストメニューでこれ以外の焼き加減にした場合は、他とあまり変わらない。この製品でしか楽しめない風味や食感が体験できる、"ならでは"の独自性で言うなら断然この食べ方だ。

また、トッピングトーストメニューも他の製品では味わえない"ならでは"のもの。パンと一緒に具材を蒸し焼きにするのに近い調理方法で、特に食パンの真ん中に生卵を落としただけのトーストは、目玉焼きとトーストを一度に作るようなもので簡単・時短かつ美味しい。目玉焼き上になった卵はいい感じに黄身が半熟になっている。

フレンチトーストメニューもおもしろい。通常はフライパンやオーブンで調理するものだが、焦げ付いてしまったりしてテクニックが必要で初心者は難しいが、本製品ならボタンひとつ。出来上がったフレンチトーストは、内側はふわっとしているが、外側の耳の部分がサクッとした歯触りで、他の調理器具では味わえない美味しさ。フレンチトーストは、もともとはかたくなったパンを食べきるために生み出されたフランスの家庭料理だが、トーストメニューの焼き加減ふわふわ設定と同様に、パンを美味しく復活させれてうれしい。

1枚ずつしか焼けないが、そんなに時間がかかるわけでもないので、個人的にはその点は苦にはならない。それ以上に、トースターとしての独自性に価値がある。

メーカーは推奨しないかもしれないが、高ささえ守れば、コロッケなどの揚げ物のリベイクにも◎。仕組みと原理を考えれば、蒸しながら両面を焼いて中はふっくら外側カリっという調理が得意なはずなので、料理好きな人ならさらなる活用法を思いつくかもしれない。

幅270×高さ140×奥行223ミリ、3.1キログラムと、卓上に置いても収納時もコンパクトで邪魔になりにくい点も高評価。調理家電らしからぬ木目調のデザインので、食卓に出したままでも生活感が出にくい。

ホームベーカリーで食パンを焼くことが多い我が家では、無添加のため2日目以降はすぐに冷蔵庫で保存してしまうので風味が落ちてしまいがち。しかし、本機があれば簡単に焼き立てのように復活ができるというのが大いに魅力に感じるため、製品返却後も購入を検討したい。

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

三菱ブレッドオーブン TO-ST1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

三菱ブレッドオーブン TO-ST1
三菱電機

三菱ブレッドオーブン TO-ST1

最安価格(税込):¥28,700発売日:2019年 4月25日 価格.comの安さの理由は?

三菱ブレッドオーブン TO-ST1をお気に入り製品に追加する <319

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[トースター]

トースターの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(トースター)

ご注意