バーグマン200 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.51
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:65人 
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 4.05 4.44 53位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.36 4.19 26位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.50 4.25 20位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.27 3.99 18位
取り回し 取り回しやすさ 4.55 4.17 24位
燃費 燃費の満足度 4.08 4.13 37位
価格 総合的な価格の妥当性 3.74 4.02 30位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

バーグマン200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格4

町乗りで一番使う出だしからの加速楽しいバイクですね♪こんな楽しい加速で
燃費30以上驚きです!今まで燃費10の
2stオフロードだったのでこの加速でこの燃費は優等生ですね!この楽しさはバーグマン乗りしか知らない秘密ですねー(^o^)♪

使用目的
買い物
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zakozakozakoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
取り回し5
燃費5
価格無評価

2016年式、2,500km走行の中古車。納むくみ車は2019年8月10日。
納車後約500km走行での感想。
スクーター歴は、
リードSS50→アドレスV50→アクシス90→●リード100→
スカブ400→シルバーウイング600→スカブ250→●PCX125→●バーグマン200
●は今でも乗ってます。

【デザイン】
〇 良くも悪くもスズキです。個人的には好き。
〇 最近の250cc以下のスクーターは没個性の中、10年前のデザインを貫いている潔さは賞賛もの。

【エンジン性能】
カタログスペック普通。
199ccで馬力18・トルク1.7で特筆すべきものはありません。
ショートストロークなので回転はスムーズですが、トルク感はありません。
回してなんぼのエンジンです。

【走行性能】
■エンジン:
〇 高回転域を上手く使えるようにセッティングされています。
× 約4000回転でクラッチ繋がります。なので渋滞の低速トロトロ運転は苦手。
・フルスロットルで一気に7500回転弱まで回ります。
・時速100kmで7000回転丁度。
・巡航速度は110km以内です、120+kmは出ます、たぶん。
■シャシー:
〇 スクーターのフレームと考えれば全くOKです。
× あえて言うと、中速コーナーで轍があったり、舗装が悪かったりすると車体がよれます。
■ブレーキ:
〇 良く効きます。ただし初期タッチの反応は鈍い感じがします。
〇 後輪のディスク・キャリパーが前輪と同じものが使われている。たぶん。
× ディスクのホイールへの固定がボルト3点のみです。強度的に大丈夫かと思う。
ABSは付いてません。

【乗り心地】
■サスペンション
× 硬めです。舗装の悪い道は辛い。
・リアサスは調整できます。
■シート
思っていたより良くなかった。
× シート自体は大きいですがクッションは薄めです。なので長距離は辛い。
× 身長180です、前席シートの最後端に座っても、膝を完全に延ばせないです。

【取り回し】
・良い。
〇 車重は軽くはないが低重心なので扱いやすい。

【燃費】
〇 とにかく良いです。約500km走って、リッター37km。スカブ250より10良い。
・高速で100km以上は燃費悪いです。80で走ればリッター40はいきます。

【価格】
× 新車なら買わない、高い。
〇 中古車は安いので買い。人気がないので盗難の心配も少ない。

【総評】
良い。
シートが体形に合っていないだけ。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

白馬の貴公子さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
1件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
取り回し5
燃費4
価格4

【デザイン】まあ、ちょっとレトロっぽいところが私は好きです。なんか最近は、ガンダム系のデザインが受けてますが、年寄りにはちょっとね。

【エンジン性能】たしかに、150CCクラスよりは余裕があります。昔PCX150に乗ってましたが、パンチがバーグマンにはあります。

【走行性能】
雨の日は、後輪が、滑ります。タイヤは、高性能なやつに変える予定です。

【乗り心地】少し柔らかいです。リアのサスを一段かたくする予定です。


【取り回し】やはり軽いです。前車MT-07だったので、楽です。

【燃費】まだ正確には計測してません。

【価格】少し高いと思います。オイル交換を2000km事にやる事を考えるともう少し安くても。

【総評】走りよりも、景色やその土地の空気を感じるには良いバイクです。さっと止めて、さっと写真撮るのに良いかなあ。乗り降りがし易いのが一番です。取り回しが悪いと乗らなくなるしね。
あと、リアキャリア付ける人の為にボディにねじ穴はじめからあけておいて、ゴムとかでふさいでおけば良いのに。せっかくネジ受けを作ってあるのに。

使用目的
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

永遠のペーパーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

免許自体は数年前からもってましたので原付きから乗り換えました。5月に納車して先日高速にも乗って慣らしを終えました。新車のL9です。
所持経験は ヤマハ2stジョグ→スズキ アドレスV125Sリミテッド→バーグマン200

【デザイン】
最初に観たときは「うーん」という感じでしたが何度か観るうちに「結構いいかも」と思うようになりました。今では気に入っています。
ライト横のくの字になってるところが癖になりますね。

見た目は大きく見えると思います。正面からではバーグマン400と同じサイズに見えますが、後ろから見るとシートがデカイだけで意外とコンパクトにまとまっています。
シートに跨ると原付きと変わらないポジションに収まりますし、ハンドルも同じ感覚で握れます。それでいて足を前に投げ出せるので原付きよりも車体を保持しやすく安定感があります。

タコメーター類は非常に見やすいです。時計も大きく、燃費計も燃料計も走行距離も走行中にひと目でわかります。
回転計は特に見ていておもしろいくらい動くのでよそ見しないようにするのが大変です。

【エンジン性能】
乗っていて楽しいと思えるエンジンだと思います。
クラッチが繋がって動き出すのに4500rpmくらい回さないといけません。それ故走り出しこそ若干遅れますがそこからは速いです。
アクセル開けたままだとすぐに60km〜70kmまで行ってしまいます。
「ヒュイーン」という高周波のような音と低音の唸りがしますが、うるさいとか不快なノイズというわけではありません。
他のビクスクなどに比べると発進時や坂道ではちょっと勇ましく優雅な音ではないかもしれませんが、スポーツ系の音が好きなら良い音だと思います。
高速道路では110kmで巡航しても余裕だと思います。90km〜110km付近が一番快適だったかもしれません。登坂でなければ120kmまでは普通に出ると思います。110kmで7500rpmでした。回転数を見る限り130kmが実用限界でしょうか。
それ故に、サッと追い越しをして走行車線に戻りたい時に苦労する場面もあるかもしれません。ですが必要最低限以上には性能があると思います。

【走行性能】
車重かエンジンの特性上、渋滞は苦手です。低速の安定感がイマイチなときがあり、チマチマ進むような場面ではいちいち回転数が微妙なところまで上がってしんどいです。特に停止→短距離進むような場面が一番不安定になります。
ブレーキとエンジンブレーキはよく効きます。信号視認してから徐行までエンジンブレーキなんてことも余裕です。
地形追従性能は高いと思います。なぞるように段差を超えてくれます。アドレスでは身構えていたような段差もなんてことありません。
スクリーンは正面から来る風がそよ風レベルになるので気持ち良いです。高速ではそうもいきませんが無かったらどうなっていたのでしょうか…かなり軽減してくれていると思います。

【取り回し】
とても軽いと思います。原付きに毛が生えた程度の重量なので押して歩くこともできますし、脚付きがいいので跨がりながら両足で前後移動できます。
カーブや狭い交差点でも原付きと変わらない感覚です。

【燃費】
そこそこ信号でひっかかるような町中で37km/L 高速100km巡航で31km/Lでした。納車当時慎重に乗っていた時は燃費計が44km/Lまでいきました。

【価格】
定価398,000でしたがイモビアラームとグリップヒータをつけたので乗り出し\450,000でした。他の車種を見ても妥当か、若干安いと思います。

【総評】
原付きと250ccのいいとこ取りをしたようなスクーターです。器用貧乏なわけではなく本当にいいとこだけを取ったような理想の塊だと思います。
原付きのように軽く取り回しがよく、250ccに勝るとも劣らないパワーとレスポンスがあり、充実の収納があります。
通勤がメインなのでこの収納は助かります。鞄や雨具+その他を適当に突っ込んで運べるのは大きいですし、ツーリング先などでお土産買っても余裕です。ただ、水がぬるま湯になる程度には熱くなるので冷たいものを長時間入れるにはむきません。
通勤と買い物とたまに遠出という乗り方であればバーグマン200は候補の一つに入れるべきです。

使用目的
通勤
買い物
ツーリング
頻度
毎日

参考になった12人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ばらちゃん200さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
取り回し5
燃費5
価格5
   

   

4月にL7を新車で購入。慣らしの1000キロを終え、初回点検と同時にリコールを実施。少し走った感想です。今までグラストラッカー→小マジェ→グラマジェ250→エストレヤ→NC700X→バグ200と乗り継いでいる30代前半です。

【デザイン】
飽きにくい愛着が持てるデザインだと思います。バイク屋さんに聞くと購入している年齢層は高いようですが、20代、30代でもマッチすると思います。キャリアに黒いホムセン箱を付けましたが、似合っていると思います。

【エンジン性能】
慣らしとリコールを済ませて本格的にアクセルを開けましたが、思わず「なんじゃこれ!」と言ってしまう程、速く感じます。最初のほんのコンマ何秒くらいは迷いがある感じですが、それ以降は滑らかに加速していきます。加速は感じるのですが、身体を持っていかれるような不快な加速では無く、バイクと一緒に身体がついて行くような気持ちのいい加速です。

【走行性能】
特に変なくせも無く、思った通りに操れる走る歓びがあるバイクだと思います。カーブが多い山道は楽しいですし、高速やバイパスは安定しています。

【乗り心地】
長距離走ってもお尻が痛くなりにくく、疲れにくいです。
低速だけは不安定になりがちです。タイヤをシティグリップにすると良くなるようなので、こっそり変えようと思っています。
足付きが良く、後ろの妻が乗り降りする時や信号待ちは安心感があります。タンデムシートが低くて広く、タンデムステップも大きいので妻も安心感があるようです。

【取り回し】
大型が重くて乗り換えたので、大満足です。向こう側に倒れそうになっても余裕で引き戻せます。

【燃費】
気にしていないので分かりません。

【価格】
比べるバイクがないですが、実売価格は安いと思います。

【総評】
大型から乗り換えましたが、パワー不足など感じず、取り回しと走行性能を高次元で両立している数少ないバイクだと思います。自分にとっては凄くフィットしていて、今までで1番満足度が高いです。バイクを選ぶ基準はブランド、デザイン、スペック、価格等ありますが、結局はしばらく乗ってみないと分からないことを思い知らされました。


参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tpttx768さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
18件
スマートフォン
1件
3件
バイク(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し5
燃費3
価格5

【デザイン】
コンサバなデザインなので、新しくもありませんが古くもなりづらい。シートの大きさが大柄な印象を与えますが、全幅と前方投影面積はPCXと大差なく、PCXが通れる空間はバーグマンも行けます。

【エンジン性能】
エンジンというか駆動系セッティングの話になりますが、完成されています。アフターパーツの入る余地がありません。
トルクピークの6000rpmから上を巧妙に使って変速していきます。
これと160kgの車重が奏功して、見た目より遙かに俊敏な加速をします。
軽二輪なので高速走行に特別な余力はないものの、多少の登坂を含め、延々100km/h巡航することに何らストレスはありません。

【走行性能】【乗り心地】
純正タイヤはライフに特化しているのか、雨の横断歩道やマンホールが怖い。

【取り回し】
廃番になったスカブ250に比べて50s軽く、他社現行250モデルに比べてもなお20s軽く、滅茶苦茶ラクです。

【燃費】
ツーリングで36km/L、都内を這いずり回って24Km/L 。
燃費はブン回しても悪化しませんが、ゼロ発進の回数に素直に比例します。

【価格】
他社150勢に対し、+50cc、広大なラゲッジ、ロングスクリーンが追加されると考えれば、定価は高いですが実勢価格はバーゲンですね。

【総評】
規制前L6を滑り込みで買い、2年ほど使っています。
フルフェイスを横(!)に二つ飲み込むラゲッジ、吊しで改造スクーターのような駆動系、軽さ、風防など美点は多々。でも規格一杯の250ccでないと損だと考える人が多いのか、売れませんね。注目すべきは馬力ではなく軽さなのに。
長年いろいろ乗ってきた人には良さが分かるであろう、中庸の徳、足るを知る実用車です。

参考になった50

このレビューは参考になりましたか?参考になった

法執一郎さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
2件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し4
燃費4
価格3

L8モデル所有です。

ハンドル周りの振動が酷いと言われておりましたが、改善が進んだのかL8では
それほどでもありません。L4からちょっと後位のモデルまでが顕著だったのでし
ょうか?比較をしてませんので程度は不明ですが・・。
尚、振動はあくまでハンドル部のみで、SR400の様にボデイ全体が震えること
はありません。

私のグループでは高速道路を主体とし山間部を含め日帰りで500km前後走り
ますが、どんなシチュエーションでも十分に対応します。市街地では大型より機
敏性が良く、また、高速でも必要限度の最高速が得られること、山道でも加速を
してくれるなどから、大型車等とのツーリングでも驚くほどの大きな差はありません。

現在、私は走りの環境や車両特性に飽きないようにエストレヤとFZ6を保有して
いますが、バーグマンに対してのトータル的な満足度が、これまでの飽き性の自
身からは想像がつかないほどの予想以上のものであったため、複数台所有の経
済的な面や無駄な面も含みますが、近々、他車両を処分しバーグマン1台にする
予定です。(200cc以上のスクーター所有は人生初であり、スクーターはバイクで
はないと勝手に思っていた自分ですが・・・。)

今後も、時には目を三角にして走りたいなど、走りの部分につき卒業を決めた方
であれば、複数台所有でなくとも大変おススメできる車両と思います。
(排気音やメカの部分など感性的なものでの選定は当然別です)

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バグに夢中さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し5
燃費5
価格4

30年ぶりリターンライダーです。
今千キロです。
身長175。足つきが抜群によいです。ツーリング中、信号待ちで地面に両足ついて伸びができます。
軽いとはいいませんが、両足ベタつきなので平地なら足で移動できます。
パワーはそこそこあります。信号待ちからはそこそこダッシュできるので街乗りが楽です。
高速も百キロまでなら普通に出ます。それ以上は出さないので、レポートできません。

リアキャリア、47リットルのトップケース、ラジエーターガード、ETC付きL8新車です。
3年の自賠責付けて58万くらい。
高いですが、まぁこんなもんでしょう。

三百キロくらい乗るとお尻が痛いです。
横風が強いとちょっち怖いです。
慣れればよくなるのかな。
この二つが今のところの悩みです。

使用目的
買い物
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

★ノリさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
13件
掃除機
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格5

スクーター歴は30年以上になります。軽2輪のカテゴリーで乗り継いできました。俊足に引かれL8を購入しました。イタ車の200との比較になります。
ポジションは完全にビックスクーターです。足を前に出して乗るスタイルです。足着きはいいので当方174cmだと余裕のベタつきになります。イタ車はシートをまたで挟めるので、ニーグリップ風に乗れます。隼よりもシート高が高いので眺めが良いです。
加速は同じようなショートストロークエンジンですので2台とも気持ち良く回り、エンブレも効きます。L8は0-80キロは8秒弱と充分な性能で車に煽られる事はありません。イタ車は6秒弱です。最高速もクローズドコースで両者ともほぼ一緒です。
燃費もL8は30キロ切った事はありません。自動車専用道路で通勤してます。イタ車は25キロです。インジェクションは優秀です。
積載性能は圧倒的にL8の勝利です。一泊2日の旅行なら入りそうです。同じ200cでありながら性格の違うスクーターです。ロングツーリングはL8,都内近郊はイタ車と気分により乗り分けています。L8の
実売価格はかなりお安いので購入しても不満は少ないでしょう。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ねこねこソフトさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ペンタブレット
2件
0件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費3
価格4

デザイン:お尻がおっきくてかわいいです。お尻がおっきいのでアドレスと同じ速度で走っていても煽られないので少しバイクに乗るのが好きになりました。

エンジン性能:出だしの音は少し勇ましいですが、同じアクセル開度でもアドレスなら60キロのところ、80キロは出ています。アイドリングの振動はガタガタしますが、走りだせば振動は無くなります。快適です。

走行性能:アドレスと比べてもっさりした動きですが、ブレーキ性能が全く違います。同じ速度でもフロントタイヤが破綻することなく安全に止まれます。

乗り心地:シートがふかふかでサスペンションも良いのか道の段差のショックをよく吸収しています。フロントのシールドが走行風を防いでくれるので雨の日や寒い日は助かります。

取り回し:平地なら楽々です。重心も低いので160キロあるとは思えない取り回しです。

燃費:片道15キロを渋滞ありで60分。燃費はリッター当たり27キロと表示。満タン法では25キロ。すり抜けすれば30キロはいくかもしれません。

価格:定価は高いですが、値引きは10万円以上あったので、乗り出し40万でした。

購入して3年たち、3万キロになりました。メットインが41リットルあるのでリアボックスが要らない。シールドが大きく走行風が当たらないので疲れないし、加速も良く、お尻が大きいので車の意地悪も少なくなりました。(アドレスの時はすり抜けしないと煽られたり幅寄せされたりして凄く怖かった。)最近の悩みはセンタースタンドを立てるとメットインが閉まらなくなりました。サイドスタンドだと閉まります。

安いし速いし軽いしお勧めですよ!乗れば乗るほど好きになる乗り物です。

使用目的
通勤
買い物

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

warunamekoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し4
燃費3
価格4

原付二種の物足りなさから、軽二輪スクに乗り換えたいけど、ビクスクは大きすぎてイヤで、必然的に選択肢が、PCX150,N-MAX155,MAJESTY-Sになっている多くの方々の1人です。

ちなみに、アクシストリートには5年乗り、自賠責の更新やら、前後タイヤの交換などが必要なタイミングとなり、乗り換えする運びとなりました。

買い換え候補車両の主な条件としては、
・シート下スペースの充実度
 → リアボックスは付けたくない。
 → ヘルメットと濡れた雨具をいれたい。
・高速走行時の安定性
 → 高速道路も「乗れます」では不満。
 → 2人乗りでもある程度は走れる。
・250km 以下で給油はちょっと早い
 → 300kmツーリングなら無給油で帰りたい。

こんな変な条件ばかり挙げると、上記3車種は該当せず、もはやバーグマン200一択でした。
ジェットヘルが2個入るのも大きなアドバンテージでした。

【取回し】
ショップの店員も口々に「軽いっ!」と驚きます。
200キロ上等のビクスクを想定して触れるので、160キロのバーグマンには拍子抜けするようです。

【走り】
信号待ちからの発進は、6,500回転でスムースに前に出れます。それ以下ではモタつきます。
争ったことはありませんが、発進は速い原付二種に負けます。

90km/hまでスルスルと加速し、快適です。
80〜90km/hくらいが最も気持ちいい速度域となります。

【タンデム】
当然、走り出しで重さは感じますが走り出してしまえば、「あっ、いたの?」という感じで、着座スペースもしっかりと独立しているので、窮屈間はありません。
高速も追い越し車線でなければ、全然イケます。
左車線をおっかなびっくり走る必要もありません。
比較的速度域の速い二車線区間の東北道などでの長距離は、厳しいかもしれません。
基本的に100km/h巡航は余裕です。

【燃費】
私の走りが方が微妙なのか、28km/Lくらいです。
ツーリングでは余裕の30オーバーです。

【価格】
乗り出しは自賠責5年で41万程度です。
2014年式、走行距離2,500km

【カスタム】
元々カスタム車両でナックルバイザー、バックレスト、マフラーなどは、社外品がついていましたが、購入後、ETCとハンドルフレーズ(振動対策で必需品)を取り付けました。
今はドラレコを付けるか真剣に悩んでいます。

【最後に】
私の要望を全て体現してくれるバイクです。
長く付き合うにはピッタリだと感じます。






使用目的
通勤
ツーリング
頻度
毎日

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちゃーりー僕さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費4
価格5

5月中旬にバーグマン200・L7(2017年色)を新車で購入しました。

バイク経験:80年代のバイクブームのCB50S、250cc/4ST/Twinにはじまりいろいろ乗り継いで40年近く

バーグマンの現在の状況:
現在慣らし終盤、常用域は6000回転まで。意図せず7500回転くらいまで回してしまったことも何度か。
取り説では、「アクセル開度1/2」との記載がありますが、アクセル開度で言われても制御しにくいですね。発進加速時 xx回転、定速走行時 xxkm/hって、書いた方がわかりやすい。

【極低速】
前愛車アドレスV125(K9)は半クラ回転域が狭く、開けると“ガツン”、閉じると“ガクン”という感じ、それに比べると半クラ回転域(3500〜4500回転)を意識してコントロールすることにすぐに慣れ、安定感も寄与して極低速は扱いやすく渋滞ノロノロの二人乗りでも足を下ろさず乗れます。

【アイドリング時振動】
信号停止中に、(1)ハンドルから手を離す、(2)グリップに手を置く、(3)前後ブレーキを握るのどの状態でも、真後ろの車のナンバーは読めます。(1)はさすがにゆれますがしっかりみれば読める程度。当たり前ですが(1)→(3)の順に振動量は減ります。不快なレベルとは思いません。エンジン自身の振動が大きいわけではなく、構成要素の共振の総体によって波がハンドルの先に出てるわけですね。排ガス規制への対応で、排気関連部材の重量増があったといううわさ話を読みましたが、これが振動減に寄与しているのか、もしくは制震ウィイトを仕込んだのか(憶測です)、心配するほどではありませんでした。ちなみにアイドリングは1600rpmです。

【加速】
下道での穏やかな乗り方だと、ピョンと5000回転までタコメータが上がり、6000回転くらいでシフトアップ、すぐに60km/hに達してアクセルを戻す、という感じ。アドレスのような瞬発力のある乗り物がスタート時、頭一つ先に前に出ますが、釈迦力にならなくても10m先では並んでいます。フル加速すると7500回転でシフトアップになりますが下道ではかなり目立ちます。

【燃費】
ベッドタウン(南側)から大阪市内(梅田)までの30kmで、32km/Lです(50km/hで流れる国道(信号多し)を7km、60km/hで流れる幹線15km、市内渋滞路8km)。

【乗り心地】
慣らし運転を早期に終わらせたいので、ベッドタウンと大阪(梅田)まで30kmを何度も往復していますが、苦になりません。アドレスだと「がんばりました」的な妙な達成感がありますがバーグマンではそれがどうしたという感じです。実は私、頸椎の手術をしておりまして、頭に風圧がかかると辛くなるのですが、速度を上げてもスクリーンが効果を発揮してくれて平気です。慣らし運転が終わっても、都心への通勤に常用したくなっています。

【価格】
四月末に2018年版の新色が発表された直後、2017年色を買ったので、かなり安い設定でした。迷っていたNMAX155にリアボックスやスクリーンを付けるより安かったです。

【その他】
インターネットのレビューやYouTube(初期モデルが圧倒的に多い)を沢山チェックしていましたが、数々のネガティブ情報に躊躇していたのが悔やまれます。もっと早く決断していればGWにツーリングに行けてましたね。高い買い物なのですから、車のように試乗が当たり前であれば決断が速かったかも。ネットの世界では問題を抱えているほうが書くエネルギーも大きく、見るほうも印象にも残る(=心配だから)ので、どうしても蓄積し、問題情報が増幅していくのでしょうね。モデルを重ねて改善しているということか、単に私の感覚が鈍いだけかもしれませんが、なにはともあれ私にとってバーグマンはバランスのいいマシンで「足」から「ツーリング」までこなせるオールラウンダーです。

【その他2】
スマホをナビ代わりに使っていますが、みなさんマウントは、バックミラー共締めのバータイプが多いですね。私はひらめいたんです。ハンドルを見て。マジックテープ(ベルクロ)を2本、ふんどし状に組み合わせて、又のところにスマホを貼ればいいではないかと。着脱簡単、あと残らず、振動皆無、操作性快適。写真をどうぞ。これができるのはカバードハンドルの特権ですね。製品化したいくらい。

【追加レビュー】
先日、高山せせらぎ街道を中心にツーリングに行ってきました。
高山までは、高速を300kmほど走行。フロントスクリーンが風をコントロールしてくれるのと、エンジンの静かさでまったく疲れません。100km/h巡行は余裕でエコランプがつきっぱなし、燃費は40km/lを記録しました。追い越しも巡行状態から、+20km/hは一気に加速して危なげがありません。100km/h巡行で回転域は6800rpmで、振動も全くなく高速だからと言って高回転で走り続ける感じではなく、加減速の多い市街地と使う回転域は変わりません(下道ではトップギアにはなかなか入らないということでしょう)。
ちなみに、せせらぎ街道のような下道では、42km/l。
さらに後日、高野山の奥の龍神スカイラインを結構なペースで攻めてきました(注意:倒しすぎると、アンダーカウルを擦ります)。CVTとFIが常にいい回転域で動くので、(6000〜8000rpm)力強く気持ちいいスポーツ走行ができます。スクーターに持っていたイメージが払しょくされました。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった68人(再レビュー後:50人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はるきみさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
14件
バイク(本体)
2件
2件
洗濯機
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
取り回し3
燃費3
価格4

【デザイン】カッコ良くはないかもしれませんが、ボリューム感があり、よくまとまったデザインだと思います。何より足つきを良くするためにフットレストに切り欠きが入っているのは、デザイナーの良心を感じさせます。シート下のスペースはもちろん、その他、収納が多く使い勝手もよいです。フロントコンパートメントにシガーソケットが内蔵されているのも助かります。
 
【エンジン性能】2014年式のL4ですが、低速トルクがもう少し太ければと思います。4000-5000rpmではトルクもなく、フィーリングも悪く、発進時や徐行時には少しだけ気を使います。6000-7000rpmは非常に軽やかに回り、スピードものってきます。ただ、全体的に回しても楽しくなく、鼓動感も邪魔なだけで、実用性重視のエンジンなのだと思います。もう少し、スムースに回ればとてもいいのにと思います。新型は改良されているのだと思います。
 
【走行性能】どんなシチュエーションでも過不足はありません。通勤で高速を使うため少し不安がありましたが、走行車線を使う限りは全く不足はないです。NAの軽よりは速いですし、どんな道でも流れに乗って走ることができます。ターボの軽には負けますが。

【乗り心地】もう少しスムースだと気持ちよいですが、悪くありません。

【取り回し】初め見た時は、げっ、でかいと思いましたが、取り回しも思ったほど悪くなく、なにより、高速を走るにはこのくらいとサイズと馬力が必要になりますので、必要最低限の大きさとったところでしょう。

【燃費】燃費を気にせずに走って、1リッター当り37km程度走ります。

【価格】妥当だと思います。中古で乗り出し26万円で購入できましたが、新車で買っても後悔はなかったと思います。

【総評】どんな場面でも使える優れた道具です。もう少しトルクがあって、もう少しスポーツ走行ができればと妄想したりもしますが、ここまで望んではいけないでしょう。長く乗っていきたいと思います。

使用目的
通勤
頻度
毎日

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Gaku-T.さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

【デザイン】
2017年12月にマットチタニウムシルバーメタリックの新車を買いました。
娘と見に行って、私が色を決めたのですが、娘は白がいいと言っていました。
今から思えば、もともとヨーロッパ風のちょっと地味目なデザインなので、白の方がよかったかなと思っております。買うときは汚れのことを気にしたのと、当時の新色の方がいいかな、と思ったわけですが。
現在8ヶ月目で7600km走行しておりますが、デザインとしては、特別「かっこいいな」と思うわけではないですが気に入っております。

【エンジン性能】
アドレスv125sからの乗り換えだったのですが、最初の1000kmのならし運転の間はできるだけ6000回転までで乗っておりました。しかし、慣らし運転の間はずっと「アドレスの方がよかった、なんで買ってしまったんだろう」と思っていました。後でわかったことは、6000回転を超えてから力が出てくるんですね。慣らし運転が終わってからは滑らかに気持ちよく加速してくれますし、高速道路も普通に走る分には全く不足はないと思います。
何度かガソリンを蓋のところギリギリまで入れたら、しばらく走行中にエンストを繰り返しておりました。それ以来、金属の穴の部分よりは上には入れないようにしたらエンストはしなくなりました。私の場合はエンストの原因はガソリンの入れすぎでした。

【走行性能】
エンジンのパワーに比して車体が比較的軽いのだと思いますが、街中、山道、高速道路、どのような道でも滑らかに線の上を走るような感じで走れます。アドレスとの圧倒的な違いはブレーキだと思います。よく効きます。
意外に曲がるときに倒しても安定しているので、バイクを信用して曲がれます。

【乗り心地】
大きめの風防の効果が素晴らしいです。私はよく娘と二人乗りをするのですが、風防のおかげで会話が出来るようになりました。少しぐらいの雨なら濡れないですし、とにかく疲れがありません。
高速道路は特に風防の恩恵を受けていると思います。ただ、横風が強いときは少しもっていかれる感じがしますが、それは風防がなくても同じでしょう。

【取り回し】
160kgという事なので、軽くはないですが、数字通りかと思います。重心が低いので、一度ちょっと道路のななめになったところでサイドスタンドを出そうとしてバランスを崩したときに持ち直せませんでした。ゆっくりと静かに倒しました。。

【燃費】
7000回転ぐらいで一定の速度で走っているとおそらく40km/l走ります。しかし、色々な道をストップアンドゴーをしながら走っていたら平均はおそらく32-34km/lぐらいに収まるのではないでしょうか。完全に街中だけで走っていると30km/lギリギリぐらいになると思います。

【価格】
グリップヒーターをつけて全部で50万ぐらいでした。絶対的な値段はPCXより高いのですが、色々考えると高くはないと思います。

【総評】
ここの評価項目にはありませんが、何より40Lのシート下のスペースは驚きです。形もドーンとあいているので使い勝手が良いです。
買う前に色々なレビューなどを参考にして、バーグマン200を比較しているものを拝見しますと、やはり「中途半端」というコメントが多かったと思います。確かに、排気量ももっと大きければ高速は楽でしょうし、もっとゆったりと乗れるでしょう。しかし、+40kg増えて失う取り回しの良さは辛いところです。
総合的に見て、減点するところが(好みの部分でいう)デザインぐらいしか無いかと思います。移動の手段として見たら、素晴らしいバランスだと思います。SUZUKIしか目を付けていない、競争相手のいないバイクだと思います。
このバイクを選ぶにあたって、ここのレビューを一番参考にさせて頂きました。ですので、少しでも参考になればと思います。

使用目的
通勤
買い物
ツーリング
頻度
毎日

参考になった69

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ロードキングクラッシックさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

新車の250ccのビッグスクーターは、諸経費入れて乗れるまでに、75万円以上と高い。乗り出し価格50万円以下で新車のスクーターを探しました。自分なりの求めるスペック等の条件は、高速道路走行が可、前後輪ブレーキは、油圧式ディスク(ドラムは嫌い)、燃費35km/リッター以上、高速道路の法定速度に無理なく耐え、そのパワーを出力できる安定したエンジン及び排気量、原チャリとは、明らかに区別できるスクーター本体の大きさ、シュガーソケット付き、燃料タンクの容量など検討した結果、スズキバーグマン200ccを購入しました。チョイ乗りから高速道路走行まで、すべてカバーできる良いスクーターです。ETC2.0も付けてもらいました。ビッグスクーターは、横幅が大型バイクと同じくらい長いので、街乗りでのすり抜けは、リスクありと判断し、150と250の中間サイズである200ccを選択しました。結果、大満足です。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

バーグマン200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

バーグマン200
スズキ

バーグマン200

新車価格帯:533500533500

バーグマン200をお気に入り製品に追加する <164

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意