Redmi Note 10 Pro レビュー・評価

Redmi Note 10 Pro

  • 128GB

1億800万画素カメラを搭載した6.67型有機ELスマートフォン

<
>
Xiaomi Redmi Note 10 Pro 製品画像
  • Redmi Note 10 Pro [オニキスグレー]
  • Redmi Note 10 Pro [グレイシャーブルー]
  • Redmi Note 10 Pro [グラディエントブロンズ]

Redmi Note 10 Pro のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.19
(カテゴリ平均:4.05
満足度ランキングXiaomi Redmi Note 10 Proの満足度ランキング
レビュー投稿数:71人 (プロ:2人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.40 4.33 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.57 3.97 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.11 4.07 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 4.54 4.33 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 4.32 3.66 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 3.92 3.85 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

製品の絞り込み

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

こはくっくさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
レスポンス4
画面表示5
バッテリー4
カメラ4

値段に惹かれ即買いして1週間程だったのでレビューします
【デザイン】3万5000円とは思えない高級感。この値段帯で背面スリガラス、側面ステンレス加工なのにはとても驚きました。カメラのデザインも目立ちすぎずでいいと思います。

【携帯性】本体重量195g、ケースをつけると200gを超えてくるので人によっては重く感じるかもしれません。画面が6.67インチと巨大で、手が小さい自分だと操作に少しだけ難ありです。

【レスポンス】Snapdragon732Gを搭載しているので普段使いでは軽快に動いてくれます。ゲームもウマ娘などの3Dゲームでも良好に動いているので、CPUをゴリゴリ使うようなゲームでなければ軽快に動いてくれます。

【画面表示】有機EL120Hzディスプレイには感動しました。ヌルヌルです。3万5000円でリフレッシュレート120Hzはほんとにおかしい。うんおかしい笑。有機ELも発色が良く綺麗です

【バッテリー】バッテリー持ちもそこそこいいと思います。朝から1日使っても夕方には5~6割ほど残っているのでSNSやネットブラウジングなどの軽い使い方であれば2日持ちも余裕だと思います

【カメラ】カメラもこの価格帯とは思えないキレイさです。ただXiaomiの独自のソフトウェア調整なので好みが別れると思います。iPhoneやGalaxyの方が好みの人には少し向かないかもしれません。

【総評】コスパモンスターの一言。デュアルSiM、120Hz有機ELディスプレイ、綺麗なカメラ、これだけのものを搭載して3万5000円は多くの人が満足していただけると思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鶴ちゃんさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
67件
docomo(ドコモ)携帯電話
1件
15件
UQ WiMAX モバイルデータ通信
1件
11件
もっと見る
満足度3
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示4
バッテリー3
カメラ4

<2回目レビュー(1か月使用)>
この1か月なんだかなと具体的に感じた部分まとめ。
・着信音設定するとき強制的にテーマアプリに飛ぶ(オフラインだと飛ばない)
・プリインストールにシンプルな普通の着信音がない
・充電するとき音が鳴る(消せない)
・ミュートやDND解除すると音が鳴る(消せない)
・隙あらば広告オン(アプリ更新するとオン?)
・システムアプリの内容が読めない(タイトル途切れ、英語ですらないもの等)
・システムランチャーはページを直接増減できない(アイコン移動でしかページ操作できない、たぶん)
・端末水平状態で電話に出る(耳を近づける)と画面が消えない
・ロック解除のパスワード画面でテンキーにすると決定ボタンがない(戻るが2つ)
・通知ランプなし(アプリで解決…解決するが、あらゆる許可が必要で度々脅されるのでやはり標準機能でほしい)
・標準の常時オンディスプレイはぬるっと点く(パッと点かない)
・常時オンにできない
・謎の膨大なその他ストレージ領域(現在6.7GB占有)
・ゲームターボやクリーナーが単独でない(セキュリティに付属)
・ゲームターボの追加設定の効果が説明読んでもいまいち謎
・ゲームに限らずゲームターボに放り込むと正常動作するアプリがある(ゲームターボという名称に疑問)
・ダークモードだと項目の区切りが見えない
・設定から検索すると使えない機能も出てくる(背面タップとか)
・設定全般の統一感のなさ煩雑さ
・熱くなりがち

<1回目レビュー(1週間使用)>
6年前のASUSから乗り換え。
サブだの何だのないメイン一択の一般ユーザーでガジェヲタではありません。
1週間さわってみた感想は設定していてとにかく印象が悪い。
選んだ理由は今どきのスマホならなんでもよかったんですが、6年前のASUSじゃゲーム1つ入れたら一杯だったのでどうせならゲームにも強そうなコスパ良いと評判のこれを選びました。

MIUIの評判等は前もって調べ覚悟していたつもりでした。
設定なんて最初だけ我慢して一通りやり尽くせば気にならんだろう、いうて6年前のスマホからなら使い勝手もいいはずだろうと甘く見てました。
まさか着信音から躓くレベルとは思いませんでした。
とにかく何を設定するにもイライラします。なぜそこがそうなんだという細かい不満が山ほどあります。
ぐぐりゃいいやと思ってましたができて当然と思ってたものができなかったりするのでできないものはぐぐっても出てきません。
通知関連はASUSでも意識して設定しないと通知がこなかったのでその点は同じですが、設定してもいまいち信用できないのでしばらく併用してちゃんと通知がくるか確認しないと安心できませんね。

今のところええやんこれという好印象が1個もないです。事実として良いのはハードスペックだけです。
数値上のスペックにだけ魅かれた人なら満足できると思いますが、当たり前のスマホの使い勝手を期待するとxiaomiというメーカー自体が微妙なのだろうと思います。

ただ手にする前に一番危惧していたのは携帯性だったのですが、薄いので思ったよりはデカスマホの割には気になりません。
6年前のASUSと幅はほぼ同じ、縦が親指分長い程度でギリ許容範囲のサイズでしょうか。

悪印象スタートなのでここからは良い方にあがるしかないことを祈ります。

参考になった44人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Sinker99さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
0件
自動車(本体)
3件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】
とても良いです。
私は実機を見ずにネットからグレイシャーブルーを購入したのですが、グラディエントブロンズにすればよかったと少し後悔。

【携帯性】
かなり大きいのでよくはないです。

【レスポンス】
素晴らしいと思います。

【画面表示】
特に不満はないですが、抜群に綺麗という感じでもないです。

【バッテリー】
長持ちします。

【カメラ】
不満なし。

【総評】
お値段を考えると大満足です。
Micro SDカード、イヤホン差込口あります。
どんな使い方にも対応できる万能型のスマホだと思います。
このタイミングで発売されたのに5G対応じゃない点だけは残念かな。
あと、これはXiaomi端末すべてに該当する話だと聞いていますが、システムアプリを使う時、時々広告が表示されます。それが許せない方はスルーすべき。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nicuさん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:1039人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
10件
0件
水筒・ボトル・ジャグ
7件
0件
デジタルカメラ
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性3
レスポンス4
画面表示5
バッテリー4
カメラ4

良い点
・デュアルSIM+microSDの3スロット
・120Hz表示(思った以上に滑らかさが違う)
・メモリーが6GB
・バッテリー5020
・カメラセンサーが1/1.52と大型、広角カメラあり
・横指紋センサー、顔認証
・Biglobe D版購入、楽天VOLTEシム利用可(楽天LINK認証も可)
・最初から液晶保護フィルム貼ってある、透明シリコンケース付き

いまいち
・通知LEDなし(常時ディスプレイONである程度対応)
・おサイフケータイ非対応(Paypayは可)
・光学ズームなし
・Xiaomi
・追加:なぜかいくつか非Xiaomiアプリでもデータ収集させようとする。一応同意画面は出てくる。設定でOFFもできるが気持ち悪い。(Xiaomiアプリでは同意しないと使えないアプリあり。)

参考になった753人(再レビュー後:592人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドムドム@さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ3

購入前にここのレビューを参考に検討されている方も多いと思います。
6月6日のレビューで、知識が無いと正常にアプリからの通知させる事は難しい、相当な知識が無いと使いこなせない等と人の不安を煽るような事を何でわざわざ記載したのかは分かりませんが、その様な事は一切有りません。特別な設定をしなくても色々なアプリからの通知はちゃんと届きますし、暫く使用していれば使いこなせるようになると思います。。その点はご安心下さい。

【デザイン】
丁寧な仕上げで価格以上のクオリティーです。今迄使用していた某メーカーのフラッグシップ機と比べても遜色有りません。

【携帯性】
鞄に入れて持ち運んでおりますので、サイズ、重さ共に気になりません。

【レスポンス】
某メーカーのハイエンド機と比べますとたまに動作が遅い時が有りますが、余程重いゲーム等をしない限りは不満のないレベルです。
【画面表示】
これは非常に綺麗な上、スムーズに表示されるので非常に満足です。
【バッテリー】
容量は大きいのですが、若干減りは早く感じます。但し入れているアプリや何をするのかによって大きく左右されますので参考にはならないと思います。
【カメラ】
色々なシチュエーションで撮影してみましたが、かなり細部まで綺麗に撮影出来ます。
但しこれも表示させるディスプレイの性能や個人個人の感じ方によって大きく左右されると思います。
【総評】
大きな不満点も無く、購入して良かったです。心配していた独自UIも直ぐに馴染めました。MIUIは慣れると使い易いですし、良く考えられたUIです。
次に購入する機会があれば、またxiaomi機を購入したいと思います。
今後どんな機種が発売されるか楽しみですね。
余り参考にならないレビューで済みません。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

AZUYUIさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
レスポンス4
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

サブ機用にOCNにて購入し、メイン機(Huawei P30 pro)との比較も含めてレビューします。


【デザイン】
皆さんのおっしゃる通り、高級感がありとても3万円のスマホとは思えません。
カメラも出っ張りは感じますが、個性的でカッコいいです。

【携帯性】
持ってみると少しだけ大きく感じますが
全然気にならない程度です。
よほど手が小さくなければ、女性でも問題なく扱えるかと。

【レスポンス】
基本的な用途はNetflix、YouTube、ネットショッピングですが、全くストレスなく使えます。
ゲームしないなら、リフレ60hzでも十分かも。

メイン機(Kirin980)と比べると少しだけ遅くは感じますが
リフレ120Hzにすれば、体感はほぼ一緒ですかね。

ただ口コミにもある通り、Netflixの再生エラーやYouTube musicの通知が消えないなどの少々不具合はあります。
※人によっては、少しイライラするかも(^-^;

【画面表示】
これが一番気に入ってます。有機ELがホントにキレイです。
本体大きめな分、動画は迫力あってとても良いです。

正直メイン機・・・負けてる感じがします笑

【バッテリー】
毎日寝る前に充電する派なので、5020mAh使い切れませんね笑

私の場合、休み時間に動画見たり調べものしたりで、大体50%前後余ってます。
ギリ2日行けそうかな。

【カメラ】
こちらはメイン機に軍配ですね。子供の写真を急いで撮ることが多いので
P30 pro さすがって感じです。

ただ景色や花などのジャンルはメイン機よりも
鮮明でいい雰囲気の写真が撮れます。

この値段で、クオリティすごいなと思います。

108MPに関しては、場面によってはすごい写真が撮れそうです。
なかなかその場面に出会えませんが(汗)

【総評】
何度もしつこいですが、この値段を考えたら
クオリティ高いです。

防水やおサイフ機能などは無いですが、その分
カメラやディスプレイに特化してるイメージですね。

カメラが思ってたより良くないと聞きましたが
ハイエンドのカメラスマホと比べると劣るけど
場面によっては負けない写真が撮れるって印象ですね。

ただ私がよく使用するNetflixとYouTubeに不具合があり
少し残念でしたので、満足度★4とさせて頂きます。

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リオヌルメッシさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
4件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】
自分としては厚みがすごい気になるポイント 8.1mmは薄いイメージだったが、厚めに感じる。納品時から画面シールは貼ってあるし、スマート感もある。でかいカメラも好みです。

【携帯性】
まあ、でかいから携帯性はそれなりに悪いよねn

【レスポンス】
120HZはいいね^^。非常にヌルヌル^^。

【画面表示】
有機ELはやはり良いですね。

【バッテリー】
まあ、数値通りの持ちですね。

【カメラ】
あまり使わないけど、まあまあでしょ。

【総評】
自分はネット検索、軽いゲーム、SNSくらいなので これはいい感じですね。非常に適している。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うぱぴょんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1235人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
6件
デジタル一眼カメラ
0件
1件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン5
携帯性4
レスポンス2
画面表示5
バッテリー3
カメラ2

【デザイン】
色のグラデーションが綺麗。
カメラが出っ張っているけど、カバーを付ければ特に問題ない。

【携帯性】
今時このくらいの大きさのスマホが多い。

【レスポンス】
ゲームはしないので普通。

【画面表示】
ふつうにきれい

【バッテリー】
電池の持ちが超良い!!って聞いていたので期待し過ぎてしまいました。

【カメラ】
カメラにも期待し過ぎました。
10億画素あっても普通に撮影した写真とそんなに変わらない。
手振れ補正がないのか、ペットの撮影などはかなりブレる。きれいに撮れない。
遠くの景色と、マクロ、夜景はキレイに撮れます。

【総評】
アンドロイドにある緊急時情報が設定できない。
イヤホンジャックが上にある。
通知ランプが無い。
音の設定が面倒。
インスタの通知が時々来る。こないことが多い。
標準のファイルアプリを開くと広告が出てくる。
アプリをダウンロードすると広告が出てくる。
Frashairとなかなか接続できない。
広告が多く、設定が分かりにくい、色々使いにくい。

アップデートして不具合だらけです。
説明が難しいけど、不具合だらけです。

参考になった1234人(再レビュー後:601人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TMATKさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
4件
加湿器
0件
3件
スマートフォン
2件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示5
バッテリー2
カメラ4

Airpod proで音楽を聞いていますが、他機種にはない臨場感と重厚感があり最高に音質が良くなる。
サウンドエフェクトやイヤホンの種類を選ぶことで好みな音に変わるのが素晴らしい。
iPhoneやoppo reno aやmatepad proでairpods proを使うのとは段違いの音がする。
とにかく音が良い。スピーカー音もiPhone のようにこもっておらずスッキリした音で聞きやすい。


【デザイン】
比較的高級感がある。付属のケースが持ちやすくデザインも良いが充電時にカバーを開けるのが邪魔

【携帯性】
重心が均等なので重く感じないが、oppo reno aからの乗り換えなので持ちやすさ重さなどで少しストレスがある

若干の発熱がある人肌くらい
【レスポンス】
非常に快適。安定感もある
120hzはスクロール時のストレスがなくなる
ちょっとしたゲームならヌルヌル動く

【画面表示】
oppo reno aの有機ELと並べても圧倒的に綺麗で発色が良い
【バッテリー】
5000も積んでいるのにみるみる減っていく。寝る前フル充電で朝30%減っている。使っていないのに減りすぎ。oppoのように常時ディスプレイオンで時計だけだしているが、oppoは8時間放置しても10%しか減らない。

BIGLOBEモバイルで音声simだがセルスタンバイが常時トップ。トップと言っても300mhaくらいで5000もあるのに何故30%減ってるのか謎
使用している時は5分で1%ずつ減る勢い
【カメラ】
oppo reno aやiPhone XRよりは遥かに綺麗だが色合いが味気ない時も多く撮影シーンによる

【総評】
防水が簡易なのでお風呂で使えない。おサイフケータイにならない。バッテリーの減りが早くて1日持たないなどの欠点はあるが、画面の美しさ、カメラ性能、動画鑑賞などでも使える。

冒頭にも書いたが音が良く内蔵スピーカー及びワイヤレスイヤホンの音が他のスマホにはないクオリティに感じた

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

機種不明x0.6 広角
機種不明x1.0
機種不明x1.0

x0.6 広角

x1.0

x1.0

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
当方、映像の専門家なので、画面表示と写真画質を重点的にレポートします。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
前面はほぼ全面が画面。インカメラは画面内上端中央のパンチングホールに収まり、画面の有効面積が広いです。
背面もGorilla Glass5とのことで質感は良好。実売価格(4万円弱)を考えると、充分以上に見映えすると思います。

【携帯性】
比較的大画面と言える約6.67インチ液晶ディスプレイを搭載。コンパクトさよりも、大画面を重視される方に適すると思います。

【レスポンス】
SoCはSnapdragon 732Gです。処理能力は、各所からベンチマークが出ていますが、ミドルクラスの中で総合性能は少し上、3Dゲームは少し下、といったところ。SNSや一般的なゲームならストレスなく利用できると思います。

【画面表示】
6.67インチ/2,400×1,080画素と高密度です。本機はOLEDパネルを採用し、Redmi Note 9S(液晶)と比べると、視野角による見え方の変化が少なく、輝度ムラも極めで少なく輝度も700nits(ピーク1200nits)とパワフル。日中の屋外でも鮮明に見えます。
ほか、120Hz表示が可能で、スクロール時にブレが少なく、目が疲れにくいです。
パネルは広色域タイプで、スペックはDCI-P3 100%。Redmi Note 9SのNTSC比84%と比較すると圧倒的に広色域です。広色域ですが、設定「色彩」で標準を選択すると、非常にナチュラルなカラーで表示されるのは流石大手と思える部分。映像や写真の撮影および鑑賞にも適します。
YouTubeは当方の環境(Wi-Fiで常時200Mbps以上)で1440/60p HDR10再生が可能でした。ピーク輝度の高さが活きて、HDR映像の良さがはっきりと体感できます。因みに、HLGコンテンツは正しく表示されず、色が抜けたようになります。ご参考までに。(スペックにHDR10対応と明記されていて、HLGには非対応のようです)

【バッテリー】
バッテリーの持ちは使い方にもよるので評価が難しいですが、他モデルと比べても長持ちする印象。5020mAhの大容量バッテリーが効いていると思います。
なお、充電は最大33W急速充電が可能です。ちょっとした隙間時間にもしっかり充電できますので、バッテリー残量が心配になることは少なさそうです。


【カメラ】
作例を添付しています。
x0.6 超広角(16mm相当)は800万画素です。Mi 10 LiteよりもRedmi Note 9Sの方が好印象でしたが、本機はさらに上回る印象。コントラストの高さやシャープな描画は、メインの広角カメラに遜色なく、本機の大きな特長と言って良いでしょう。この画質なら、超広角も「高画質」と言えると思います。

x1.0広角(25mm相当)は1億800万画素センサーで撮像します。PCの4Kモニターで100%表示しても、抜け感、先鋭度、柔らかさも感じる階調表現など非常に良好。この価格帯のスマホとしては最高峰と言っても良いと思います。

光学望遠機能は無くx2.0以上はデジタル拡大(切り出し)です。スマホ画面上でも、解像度が不足し、塗り絵的な印象。SNS投稿と言えども、画質に拘るかたなら気になると思います。

動画は撮影例をYouTubeにアップロードしました。
https://youtu.be/kAYlEGywxaA
森の中で静止画に近い撮り方ですが、音声録音(鳥の鳴き声)も併せ、ご参考になれば幸いです。(画面両端で色収差が気になります)


【総評】
実売価格で4万円弱とお手軽ながら、本体外観は見映えが良く、高輝度のOLEDパネル、光学望遠は非搭載ながら高画質カメラ、33W高速充電と基本機能が充実。ミドルクラスモデルもココまで来たかと感心します。
写真撮影を含むSNSや動画視聴がメインという一般的なユーザーにとって、ワンランク上のクオリティーを体感できる高コスパモデルとしてお勧めできます。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

little君さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:242人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
9件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

当方以前からずっとメイン機がiPhoneで、サブ機でAndroidスマホを使用。
★ブラウジングスクロール時にカクツキで悩んでいる方へオススメブラウザーについて紹介していますので是非ご参考ください!
★LINE、Gmail、その他各種アプリからの通知がスリープ時に来ないという方は、設定方法を正しく見直してください。正しく設定すれば、スリープ時に通知は来ますので、端末自体には全く問題ありません。ご自分の設定ミスや知識不足が原因であるのに、端末のせいにしてはなりません。AndroidOSを
"完璧に使いこなす"には、相当な知識が必要となります。

【デザイン】良し。
この値段でここまでの高級感を出せるのはXiaomiの凄さ。

【携帯性】
もともと大型スマホが好みなので携帯性がイマイチなのは仕方ないですが、このサイズにしてこの重量は軽く感じます。メイン機のiPhone12 pro maxに比べたら体感的にめちゃくちゃ軽く感じます。

【レスポンス】なかなか良い。
スナドラ732Gのミドルクラスではありますが、リフレッシュレート120も相まってなかなか良い動きです。

【画面表示】 良い。

【バッテリー】かなり良い。
きちんと細かく設定すれば、相当消費電力を抑えられるので良い。アンドロイドOSの場合、デフォルト設定のままではダメ。

【カメラ】普通。

【総評】Androidスマホがメインの方であれば買い得と言えます。普段使いであれば、問題ないです。ゲームメインの方には向いてません。
スリープ状態ではほぼバッテリーの減り具合はゼロです。

【オススメブラウザーについて】
リフレッシュレート120に設定しても、Chromeブラウザーですとスクロールの際、カクつきます。
そこで多くのブラウザーをインストールして検証してみたところ、「Firefox Focusブラウザー」が相性良く一番滑らかさを体感できましたのでオススメです。

参考になった19人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RX-7乗りさん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:375人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
27件
6件
レンズ
5件
0件
ノートパソコン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー5
カメラ3

妻用に購入。
2年半ほど使った ZenFone Max Pro (M1) (以下M1)がある日突然電源が落ち、再起動すると「暗号化に失敗しました」「端末をリセットする必要があります」と表示され起動しなくなった。
ファクトリーリセットを行い復帰させたが、なんか調子が悪い(たぶんストレージのフラッシュメモリが壊れかけている)ので、Redmi Note 10 Pro(以下10Pro) に買い替え。
M1でもDSDV+microSDで運用していたので、10Pro をチョイス。
M1やその前に使っていた Moto G4 Plus(以下G4)や iPhoneSE(初代)との比較も交えてレビュー。

SIM1にbbExciteのデータSIM、SIM2にdocomoシンプルプラン(スマホ)契約SIMを入れ、SIM1のAPNを設定して通信/通話ができるようになった。

【デザイン】
今時の普通のスマホデザイン。
デザイン自体は可もなく不可もなくって感じでオーソドックス。
リアカメラの出っ張りが大きい。
質感は良い。
グレイシャーブルーが欲しかったが2021/05/23時点ではどのお店も売り切れ入荷待ち状態だったので、オニキスグレーを購入した。

【携帯性】
6.67インチディスプレイ搭載で筐体が大きいが、見た目より軽い感じで持ちやすい。
5020mAhの大容量バッテリーが搭載されており、モバイルバッテリーを持ち歩かないで運用できるので、軽めなスマホ+モバイルバッテリー込みの重さとして考えると軽いかもしれない。

【レスポンス】
Snapdragon 732G 搭載でそこそこ良い。
たまに引っかかりを感じる事があるが、概ねイラつかないレベルのレスポンスは有る。
M1に搭載されている Snapdragon 636 に比べるとだいぶレスポンスが良い。
10Pro程度のレスポンスがあれば、3年位は使えそうな感じ。

参考:Antutu v8.3.9 実測値は以下のとおり。
10Pro(Android 11): TOTAL 268068 / CPU 87154 / GPU 77299 / MEM 50725 / UX 52890
M1(Android 9): TOTAL 137219 / CPU 62400 / GPU 17011 / MEM 26925 / UX 30883
M1(Android 10): TOTAL 140258 / CPU 63636 / GPU 17150 / MEM 28234 / UX 31238

10Proの AntutuのGPUベンチマークの表示を見ていると(浜辺のシーンの次のFishEyeまで)、3Dグラフィックス性能は iPhoneSE(初代)と同程度に感じる。
※10Proの 3Dベンチマークは、蝶のところまで対応していた。
※M1も、iPhoneSE(初代)も 3Dベンチマークは、浜辺のシーンの次のFishEyeまでまでしか対応していなかった。


【画面表示】
表示品質はそこそこ綺麗。
有機EL搭載だが、M1(液晶モデル)と比べてそんなに劇的な変化は感じない。
6.67インチと大きくなり視認性は向上した。
また、長辺方向の表示領域が大きくなったので情報量も増えた。
ベゼルが小さく、表示領域は大きい。
晴れた日中屋外ではディスプレイが見辛い。
※明るくしてもiPhoneX、iPhone12Proなどと比べると全然見えない。

インカメラがピンホールタイプで、表示領域の隠れる部分が少ないので画面がかなり広く感じる。

120Hz表示はすごく良い。
ニュースアプリなどを使っている際に指で記事一覧を上下にスワイプさせた時のスクロールがかなり滑らかでいい感じ。カクカクがかなり減る。
※これに関しては自分が使っている iPhone12 Pro より画面スクロールは遥かに滑らかで見やすい。

【バッテリー】
5020mAhの大容量バッテリー搭載で、通常の使い方であれば2日位は平気で使える。
※メール、SNS、WEB閲覧、ニュースアプリ、ショップアプリなどを主に利用
※ゲームや、動画視聴は行っていない

【カメラ】
M1 に比べると起動は少し早いが、iPhoneSE(初代)よりは起動が遅い。
画質はふつうに良い。
マクロが便利。
超広角(0.6倍) FOV 118° が室内での撮影で使いやすい。
機能も沢山ついていて遊べそう。

【総評】
上に書いた理由で巷で評判の良い Redmi Note 10 Pro に買い替えた。
概ね評判どおりの印象。
対応バンドも豊富で 3Gも WCDMA BAND6 に対応しているので、FOMAプラスエリアも使える。
この性能、機能で 2021/05/23 現在 税込み\34,800.-なので多くの人にとって満足度は高いと思われる。
10Proは内蔵ストレージが 128GBあるので M1よりはフラッシュメモリに負担を掛けなくてすみそう。
3年間位は現役で動いてほしい。

M1から環境移行した。Android標準機能で移行(復元)したが、アプリがPlayストアからDLされるだけで、再設定がメンドクサイ(外部SDカードはそのまま移行した)。
※データ移行だけはiPhone同士が簡単で良いなと感じる

2016年7月ごろ G4を購入したが、当時のG4と同程度の価格でG4に比べ 機能も質感も大幅に向上した感じがする。
Redmi Note 10 Pro に対する満足度は結構高い。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

西川善司さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

再生する

再生する

その他
Redmi Note 10 Pro(下)とGalaxy Note 10 Plus(上)の3DMARK-WildLifeの比較

その他
Redmi Note 10 Pro(下)とGalaxy Note 10 Plus(上)の3DMARK-Sling SHotの比較

別機種画面サイズが6.67"のRedmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)
機種不明Redmi Note 10 Pro(左)とiPhone11(右)のサイズ感覚比較。画面四隅の丸みは似ている
機種不明Redmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)の3DMARK-WildLifeの比較

画面サイズが6.67"のRedmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)

Redmi Note 10 Pro(左)とiPhone11(右)のサイズ感覚比較。画面四隅の丸みは似ている

Redmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)の3DMARK-WildLifeの比較

機種不明Redmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)の3DMARK-Sling SHotの比較
機種不明Redmi Note 10 ProでTwitterの投稿画面。下にキーボードを出しても投稿画面は広い
機種不明パッケージ内容物。ソフトケースが付属。画面には保護フィルムが貼られていた

Redmi Note 10 Pro(左)と6.8"のGalaxy Note 10 Plus(右)の3DMARK-Sling SHotの比較

Redmi Note 10 ProでTwitterの投稿画面。下にキーボードを出しても投稿画面は広い

パッケージ内容物。ソフトケースが付属。画面には保護フィルムが貼られていた

 昨年からサムスンのGalaxy Note 10 Plusをメインスマートフォンとして使ってきたが、この4月に、自分が出演しているインターネットラジオ(Podcast)のBackspace.fmにて、Xiaomiの東アジアを統括するジェネラルマネジャーのスティーブン・ワンさんゲストに迎え、相当に突っ込んだ質問をぶつけた結果、その返答が興味深く、Xiaomiのスマートフォンに非常に強い興味を持つようになる。

■「Xiaomiのスマートフォン戦略を東アジア担当GMに聞く」backspace live #388
https://youtu.be/d-e-h4weeKI

 この番組の収録時期が、ちょうど、日本でのXiaomiの2021年の新製品発表会直近だったこともあり、実際に発売される製品を使ってみて欲しい、という申し出をいただき、実際に、「Redmi Note 10 Pro」(SIMフリー [グラディエントブロンズ])を提供頂く流れとなった。

 筆者の元に届くやいなや、Galaxy Note 10 Plusからメインのストフォンとして本機の活用を開始。
 本稿は、2021年4月から約2ヶ月間、使ってみた感想を記すものになる。

 筆者は、大画面スマホを好むので、ここ近年は6インチ以上のものばかりを使ってきた。
 Redmi Note 10 Proの画面サイズは6.67インチで、解像度は2,400 x 1,080ピクセル。
 対してGalaxy Note 10 Plusは6.8インチで、解像度は3040 x 1440ピクセル。

 ともにHDR映像の表示に対応しているが、そのコントラスト表現能力は、パッと見た感じでは同等。ただし、注意深く見ると、明部のピーク輝度はRedmi Note 10 Proの方が明るく感じる。

 Redmi Note 10 Proの画面で気になったのは四隅が、かなり丸みを帯びているところ。
 Galaxy Note 10 Plusも画面の四隅は丸くなっているが、その曲率半径がRedmi Note 10 Proの方がだいぶ大きい。

 まあ、人気のiPhoneの近年モデルが曲率半径を大きくしているので、その流行の潮流の影響を受けていると言うことなのだろう(写真欄にiPhone11との比較を掲載)。
 ここは好みが分かれるところかもしれない。

 まとめると、Redmi Note 10 Proの方が、若干、画面サイズが小さく、解像度が控えめ…ということになる。
 まあ、新品時(2019年時)の価格がGalaxy Note 10 Plusが10万円、Redmi Note 10 Pro(2021年時)は4万円前後なので、価格差を考えれば、このあたりの差異は妥当だは思う。

 カメラの性能は、Galaxy Note 10 Plusと同等か、それ以上の品質で、明るいシーンでも暗いシーンでも美しく撮れる。フォーカス速度も比較的早く、何の不満もなかった。

 サウンド再生品質は両者ほぼ互角な印象。
 Redmi Note 10 ProもGalaxy Note 10 Plusもちゃんと横長画面での視聴時に左右からステレオ再生が行われる。Redmi Note 10 Proはこの価格帯のわりには、かなり高音質だと思う。

 WiFiは両者共にWiFi5(802.11ac)までの対応となる。
 WiFi6(802.11ax)には未対応だ。

 Redmi Note 10 Proでも、ログインは、顔認証と指紋認証を活用したが、レスポンは極めて良好。
 Galaxy Note 10 Plusでも、顔認証と指紋認証を活用していたが、Redmi Note 10 Proの認証スピードはGalaxy Note 10 Plusに負けていない。

 Galaxy Note 10 Plusでは指紋認証については画面を触らなければならなかったが、Redmi Note 10 Proでは、電源スイッチに指紋センサーが付いているので、Redmi Note 10 Proを持って電源をいれる操作をするだけでパッとログインが完了するのが小気味よい。

 通常のスマホ活用シーンにおけるパフォーマンスについては、体感上、両者は互角だったが、ゲームプレイ時のパフォーマンスを気にする人も最近は多いので、客観的な評価をするためにゲーム系ベンチマークソフトの3DMarkの結果を示しておく(画像と動画の欄を参照)。

 比較的軽めのゲームを想定したベンチマーク「SlingShot」ではRedmi Note 10 ProのスコアはGalaxy Note 10 Plusのほぼ半分程度。

 対して、比較的重めのゲームを想定したベンチマーク「WilfLife」ではRedmi Note 10 ProのスコアはGalaxy Note 10 Plusのほぼ3分の1程度。

 3Dグラフィックスベースのゲームをプレイする場合、Redmi Note 10 Proでは軽めのゲームは問題なさそうだが、グラフィックスヘビーのゲームはやや難しそうである。

 2ヶ月間みっちり使ってみて、Redmi Note 10 Proは、ほぼほぼ、Galaxy Note 10 Plusの代替をこなすことができたので、使用感としてはほぼほぼ満足である。
 しかし、唯一、「Redmi Note 10 Proにも、この機能があったらよかったのに」と思わせたところがあった。

それは、Galaxy Note 10 Plusのペン入力機能。

筆者が、Galaxy Note 10 Plusを使っていた理由は、主にこのペン入力機能に惹かれたためだった。
Redmi Note 10 Proは、機種名にNoteの文字があるので、てっきりペン入力に対応しているかと思ったのだが、未対応だった。

次期モデルでは、Galaxy Noteよろしくペン収納対応でペン入力に対応して欲しい(笑)

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

katedamaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ2
機種不明夜景モードで撮影。
別機種同じ場所をmi note 10 liteで撮影。
 

夜景モードで撮影。

同じ場所をmi note 10 liteで撮影。

 

昨年の同xiaomI端末、mi note 10 liteからの乗り換えです。

【デザイン】
 個性的なカメラデザインですが、意外と縦に短く収まっているので持ちやすく感じます。写真を撮るときも指が映りにくく撮りやすいです。出っ張りは大きいですがケースをつければ気になりません。

【携帯性】
 サイズは大きいですが割と薄く、また200gを切っているので持ちやすく感じます。これまで200gを超えているスマホだったからか、手に持った際もかなり軽く感じます。

【レスポンス】
 動作はやはり早いです。mi note 10 liteも早かったですが、こちらは特に120Hzのリフレッシュレートがあり、スクロール時も目が疲れづらく視認性が良いです。snapdragon730Gよりも3Dベンチが上だからか、画質をそれなりにすれば原神をプレイしても引っかかりが少なく感じます。(mi note 10 liteと比較して)
 ただしやはりsnapdragon700番代のため、重い作業など、引っかかるときは引っかかります。発熱が少ないこととのトレードオフだと考えたほうが良いでしょう。

【バッテリー】
 持ちはそれなりに良いですが、120Hzのせいかmi note 10 liteと比べると割と短く感じます。一日ガッツリ使うと半日程度です。

【カメラ】
 本機の目玉機能のカメラですが期待ほど良くはありません。やはりセンサーの差なのか、64MPのmi note 10 liteより色も悪く、拡大するとややノイズが入っています。あとなぜかmi note 10 liteより通常撮影時のピクセル数が低いです。
 108MPの恩恵か、通常撮影で暗い場所でもはっきりと被写体を映すことはできますが、逆にやや明暗の差が出すぎておりライトなど白飛びしやすい印象です。逆に逆光時には物が黒潰れすることもあり、カメラ性能ではどんなシチュエーションでも安定して撮影できるmi note 10 liteには及ばないというのが率直な感想です。

【その他】
 ステレオスピーカーは音質もよく、価格からすれば充分だと思います。mi note 10 liteで使いづらく感じていた曲面ディスプレイですが、こちらはフラットディスプレイなので誤タッチが少なく本当の意味で横幅を広く使えるのも良いと感じます。

【総評】
 本機はredmi note 9sの後継で上位機種という位置付けで、mi note 10の下位モデルのmi note 10 liteと比べると劣る、というのが率直な感想です。もちろん価格を考えれば優秀なのに変わりはありませんが、カメラをメインに考えるならあと1万円出してmi note 10 liteを買う方が使い方には合っていると思います。
 ただしステレオスピーカーや120Hzのリフレッシュレートなど、本機にしかないメリットもありますし、普段使いの利便性を考えるならこちらに利があると思います。
 私個人としてはmi note 10 liteはカメラの代わりとして、こちらは普段使い用とするつもりです。

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パグウェルさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:322人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PC用テレビチューナー
0件
87件
外付け ハードディスク
0件
24件
ノートパソコン
0件
17件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス4
画面表示5
バッテリー5
カメラ無評価

【デザイン】
大画面かつ背面もガラス仕様で安っぽさもないので、値段を見ると本当にコスパが高いなと思います。
カメラの出っ張りが大きいので下向きに置くとガタつくのが気になります。  色はグレーとブルーで非常に悩みましたが、コンサバにグレーにしました。

【携帯性】
デカいので携帯性はメインのXPERIA5Aに比べるとやはり劣ります。

【レスポンス】
重たい処理をすることは余り無いですが、3年前のハイエンドであるAQUOSR2と遜色ないです。(GPUにおいては劣るようですが)
大きい画面で動画をみることがメインですが、ステレオスピーカーも相まって重宝しています。

【画面表示】
有機ELディスプレイに120Hzのリフレッシュレートを備えていて値段を見ると本当?と思ってしまいます。
全く問題なく綺麗に映るので評価は高いです。

【バッテリー】
5020mAと大容量で困ることは無いかなと

【カメラ】
余り使っていないのです無評価です。
ただスペックを見ると良さげです。

【総評】
ヨドバシカメラでOCNモバイル新規契約で16 千円程度と先ずは値段に吃驚です。
この値段でステレオスピーカー&#183;イヤホンジャック有り&#183;有機ELディスプレイ120Hzリフレッシュレート&#183;デュアルSIMと逆に信じ難いコスパです。

メインでも使えるかなと思いましたが、FeliCaが無いのが唯一の弱点でこれさえクリア出来れば良かったなと(自宅の鍵がFeliCaなので)
FeliCaが要らずに大画面のスマホが安く欲しいという方であれば、この機種に勝てるものが国内には現状見当たらない気がします。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意