GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB] レビュー・評価

2021年 2月22日 登録

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]

  • GeForce RTX 3060を搭載したオーバークロック仕様のビデオカード。デュアルファンクーラー「TWIN FROZR 8」を採用している。
  • LEDカラーのカスタマイズが行える「Mystic Light」に対応。ディスプレイ出力端子にDisplayPort 1.4a×3、HDMI 2.1を搭載し、4画面出力をサポート。
  • フレームレートを高めるAIレンダリング「DLSS」、ディスプレイ同期技術「G-SYNC」などをサポートし、ゲーミング環境に必要な機能を備えている。
GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥57,220

(前週比:-200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥57,220¥67,151 (14店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥57,220 〜 ¥66,999 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 3060 バスインターフェイス:PCI Express 4.0 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:GDDR6/12GB GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の価格比較
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の店頭購入
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のスペック・仕様
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のレビュー
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のクチコミ
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の画像・動画
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のピックアップリスト
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のオークション

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]MSI

最安価格(税込):¥57,220 (前週比:-200円↓) 登録日:2021年 2月22日

  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の価格比較
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の店頭購入
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のスペック・仕様
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のレビュー
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のクチコミ
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]の画像・動画
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のピックアップリスト
  • GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > MSI > GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.98
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:8人 
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.58 5位
画質 画質のよさ 4.67 4.58 51位
機能性 機能の豊富さ 4.49 4.23 38位
処理速度 処理速度の速さ 4.22 4.38 58位
静音性 動作音は静かか 4.37 4.30 50位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.80 3.59 46位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ウーンドウォートさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
4件
CPU
2件
3件
メモリー
4件
0件
もっと見る
満足度3
安定性5
画質無評価
機能性4
処理速度3
静音性4
付属ソフト無評価

【安定性】
GeForceなので安定性では右に出るものはありません
どのゲーム・ソフトでも問題なく動きます
【画質】
ディスプレイの解像度に依存するので無評価
【機能性】
特徴としてCUDAコア以外にも第2世代RTコアと第3世代Tensorコアを搭載し、前者はレイトレーシング処理に、後者はAI処理に特化しています
実際にゲームにおいてレイトレーシングを使用しましたが、省電力性能やフレームレートを犠牲にしてまでレイトレーシングに拘る必要性を感じなかったので今は全く使っていません
一方でTensorコアを活用したDLSSによるアップスケーリングは個人的にかなり重宝しています
極力解像度を犠牲にせずにフレームレートを大幅に向上させることができるので、ゲームが非常に快適になります。これはもっと対応するゲームが増えてほしいなと感じました
【処理速度】
1080p環境においては不満はありませんが、以前使用していた2070superよりも少し劣るかなと感じました
詳しく調べてみたところ、消費電力も性能もほとんど2070と大差がないようです
【静音性】
本モデルはセミファンレスなので、アイドリング時やブラウジングなどの低負荷時にはファンが完全に停止します
以前使用していた2070superのファンにはこのシステムが無かったので全体的にかなり静粛性が高くなりました
高負荷時でもTGPが170W程度なので、デュアルファンでも十分静かで冷えます(RDR2プレイ時で大体65℃)
【付属ソフト】
使ってないので無評価
【総評】
現在のミドルレンジを担うモデルとしては丁度いい性能があると思います
しかし、明らかに価格が割に合ってません
今回私は友人から本モデルを4万で譲っていただきましたが、同性能の2070は今や3万で取引されているのを考えると、今の3060の価値はせいぜい3万後半から4万程度だと思います
5万も6万もの価値はありません

Nvidiaは一体いつまで価格を釣り上げたままでやり通すつもりなのでしょうね
正直レイトレーシングにも価値を感じなかったので、このまま不当な価格で売り続けるのなら次はRadeonに乗り換えても良いかなと思いました

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

トナン777さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト5

 旧PCではradeon6850 GDDR5 1GBで信長の野望やDX10などをプレイしてましたが、少しでもキャラクターが増えると、ガタつきやノイズがのり、遅延も多々ありました。
 昨年末に新PCを作成しましたが、グラフィックカードが高騰していて、購入をためらっていましたCPU内蔵グラフィックでだましだまし使っていました。インテルグラフィックカード発売を待っていたのですが、年初予定がどんどん遅れていつになるのかわからない中、ついに新PC用にGeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]を購入してしまいました。4k 120PでAOEシリーズをプレイしてみましたが、超滑らかな動きでびっくりしました。信長の野望も合戦シーンが滑らかで、もっと早く購入したかったと思うほどです。

【安定性】
 最新のゲームはプレイしていないため、何とも言えないですが、少し前のゲームならば画質を上げても想像以上に滑らかに動いてくれて、フリーズなど皆無です。

【画質】
4k 120Pでもゲームによると思いますが、上記のゲームについては美しく描画処理されています。

【機能性】
描画処理設定は、各種ソフト上で簡単に行えるのでよい時代になったなあと思います。昔はグラフィックカードメーカーのツール上での設定も必要でした・・・

【処理速度】
Windows11の基本画面上の処理(officeやインターネット閲覧、システム的なものなど)もサクサク動くようになりました。上記の各種ゲームはゲーム上のシステムですべてを最高品質にしても滑らかに動作します。感動しました。

【静音性】
CPU(Core i7 12700K)の水冷クーラーファンが頑張って動きすぎるので、グラフィックカードファンの音は聞こえません・・・

【付属ソフト】
MSIのHPからダウンロードして使うようになっています。機能がありすぎて、まだ勉強中です。

【総評】
 RTX3080 12GBモデルが欲しかったのですが、2倍以上の価格だったため、また、RTX4080か4070発売までの繋ぎのつもりで購入した割には、私のゲーム環境では想像以上に役立ってくれているので、次はRTX5080とかまで必要ないかもしれないと思うほど大満足です!
 処理の重たいゲームをプレイする方、予算が潤沢な方は、もっと上のグレードの方が良いと思います。私のようなプレイスタイルの方は、RTX3060でも十分かと思います。実際に、購入してわかるような点が多々ありますが、少しでも購入に迷っている方のお役に立てればと思い投稿してみました。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジェーニオさん

  • レビュー投稿数:80件
  • 累計支持数:885人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
12件
0件
キーボード
6件
0件
マウス
6件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度4
静音性5
付属ソフト4

【安定性】
このMSIのビデオカードは私の環境ではド安定しています。落ちることもありませんしカク付くこともなく、意味不明なエラーメッセージも出ません。ハードウェアの面でもそうですが、ドライバも完成度が高いと思います。

【CPU】Ryzen 7 3770X/AMD
【CPUクーラー】虎徹 MarkU/サイズ
【マザーボード】 ASUS TUF GAMING X570-PLUS/ASUS
【ビデオカード】MSI GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6857/MSI
【メモリ】G.Skill DDR4メモリ DDR4-3600 32GBKit(16GB×2枚組)/G.Skill
【電源】Corsair RM750-2019- 750W PC電源ユニット 80PLUS GOLD PS862 CP-9020195-JP/Corsair
【ケース】Fractal Design Define R6 ? Gray USB3.1 Gen2 USB-C/Fractal Design

【画質】
DisplayPort×3にHDMI×1の4画面同時出力が可能です。解像度は最高で7680×4320なので、いわゆる8kモニターへのDot By Dotが可能です。現状、これ以上の必要はないと思います。色味なども不満はありません。

【機能性】
AfterburnerやDragon Centaerで簡単にオーバークロックできますし、ファンのコントロールも自在です。何度になったら何パーセントファンを回転させるなどのユーザー定義の設定を複数保存できます。

グラボのLEDライトを好きな色に好きなタイミングで光らせるなどのプログラムもできます。透明ケースを使用していて、中を綺麗に見せている方には良い昨日だと思います。

【処理速度】
私はゲームをほぼやりません。グラボの使用目的は動画のエンコードの速度アップです。今は大抵のエンコソフトがGPUやGPUのメモリを使用できるようになっているため、グラボの性能が高いとエンコの速度も速くなります。

フリーソフトの『XMedia Recode』は、以前の環境『MSI GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC』だと、起動に30秒くらいかかっていたのですが、この『MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G VD7552』に交換したら5秒程度で起動しました。

動画の編集は『TMPGEnc Video Mastering Works 7』で行っているのですが、編集のプレビューで出てくる画像の処理が爆速になりました。TV番組を録画してCMカットなどを行っていたのですが、その作業が物凄く快適になって良かったです。

GPUもそうですが、やはりメモリ12GBが大きいのだと思います。動画編集ソフトでの先読みやキャッシュで威力を発揮しているようです。

【静音性】
静音性は素晴らしいです。デフォルト設定だとセミファンレスで、40度くらいまではファンが回転しない完全なる無音となります。ただ、ファンの回転や停止を繰り返すと寿命が短くなると言われているので、私はAfterburnerで最低でも40%回転させるようにしています。それでもケースの中に入れてしまえば音は全く聞こえません。

冷却性能も素晴らしいです。温度を見ていましたが、性能をほぼマックスで使った高負荷時でも最大55度(5月室温25度)でした。ファンの回転数は60%もいきませんでした。この状態だとグラボのファンの音は少し聞こえてきました。

アイドル時では33度でよく冷えます。このデュアルファンは静音で冷却性能も素晴らしいです。GPUをフルに使った高負荷時はどのグラボでもファンはブン回って音がするので、フル稼働時のファンの音がうるさいのはどれも一緒で、そこは仕方がありません。

アイドル時〜中負荷時に静かかどうかが重要だと思っていますが、その点これは合格です。ケースに入れてしまえばグラボのファンの音は聞こえません。

【付属ソフト】
ケーブルやドライバなどが入ったユーティリティCDなどの付属品はありません。ドライバもネットで自分でDLする必要があります。Windows 10で使用しましたが、ドライバがなくてもモニターはメインモニターのみ映ります。マルチモニターにしている場合、ドライバーをインストーすると有効にな」り映るようになります。

使用するだけならドライバーさえ入れればあとの推奨ソフト(Afterburner、Dragon Center)は入れる必要はありません。

Afterburner→ファンのコントロール、オーバークロック(MSI以外のグラボでも使える)
Dragon Centae→ファンのコントロール、オーバークロック、各種モニター(MSIのグラボ専用)

両方入れても片方だけでもどちらでも問題ありません。操作が簡単なのはAfterburnerです。細かいオーバークロックや、詳細な温度やファン回転数などの表示を必要としないならAfterburner、より細かい情報を見たい、弄りたい人はDragon Centaerといったところでしょうか。

【総評】
動画のエンコード速度アップで毎回グラボを買っているので、ゲーム目的がメインであろうグラボユーザーからは少し痛んだとは思いますが、それはそれで参考になればな…と。

エンコ速度アップも良かったのですが、ファンが予想以上に静かで、なおかつよく冷えるのは素晴らしいです。

消費電力も以前の物と比べて最大出力時で10Wしか増えていないのも良かったです。ただ、補助電源は8pin+6pinと2本必要なので注意してください。


より詳細なレビューは以下のブログで掲載しています。
http://kansou-review.com/msi-geforce-rtx-3060-gaming-x-12g-vd7552/

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:152件
  • 累計支持数:1540人
  • ファン数:43人

よく投稿するカテゴリ

CPU
16件
158件
マザーボード
16件
85件
CPUクーラー
8件
55件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度4
静音性5
付属ソフト3

ベンチマーク比較

HWいNFO64でGPU確認

ゲーム中のGPU−Z After Burnerで制御

パッケージ&本体

補助電源は8+6pin

RTX3060に換装

グラフィックカードもやっと発売当初の価格帯に近づいてきました。
GeForceも次世代RTX4000番台が秋以降に発売されそうで、今からの在庫処分もありそうで今からRTX3000番台に買い替えもありかもしれません。
まあ1年前から買いたい気持ちはありましたが、価格高騰で手が出なかったのが正直な気持ちですが昨年初売りでRTX3070が7万円台であったときに買っておいたらと・・・

個人的にはゲームといってもWorld of tanksをメインでプレイしているので、最高設定やウルトラ設定でもGTX1660ti以上があればフルHDで144Hzは維持できます。
メイン機がRTX2070super、サブ機がGTX1650でしたが、どうもGTX1650では満足できるパフォーマンスが達成できず、更に高負荷時のファンのノイズが気になっていました。
中設定でギリギリ144Hzが出る程度で買い替えを考えているときに、今回のRTX 3060 GAMING X 12Gが目に留まり、○○市場のポイントも貯まっていたので結果的にRTX3050を下回る価格でGetできました。

★サブ機のPC構成
【M/B】TUF GAMING B560-PLUS WIFI
【CPU】Core i5-11400
【GPU】RTX 3060 GAMING X 12G
【RAM】CMK16GX4M2A2666C16
【クーラー】ML240 V2 ARGB
【M.2】WDS500G2B0C
【M.2】980PRO MZ-V8P500B/IT 
【HDD】ST1000DM003
【PSU】CORSAIR RM650x
【ケース】CORSAIR Air540

★ベンチマーク比較
RTX2070super:RTX3060:GTX1650  *RTX2070superはi9-10900Kにて計測
【FF15】
スコア = 10237:9276:4152
【FF14】
スコア = 22397:20807:10586
平均フレームレート = 81:73:42
【Wot Encore】
スコア = 26532:24386:10154
フルHDでのベンチマークスコアは当然の結果でしたが、World of tanksクラスの軽めのゲームなら RTX3060でWQHDモニターでも144Hzは確保できそうで将来的にも使えるグラフィックカードと言えそうです。

★ベンチマーク時の消費電力&GPUクロック
FF14やFF15ベンチマーク時のGPU Powerは169.7WとTDP170Wまで消費している状態です。RTX 3060 GAMING X 12Gは電源コネクタが8-pin x1 / 6-pin x1ですから、150W+75W=225Wまで許容範囲なので、GPUクロックが最大1972MHzまでブーストするので、電源的には余裕があります。
GPUクロック;1837MHz  
私の固体ではベンチマークやゲーム中は1920Mhz〜1972MHzで推移します。MSI Afterburnerを用いて10%くらいはオーバークロックできそうですが、しばらくはそのまま使用したいと思います。

★ベンチマーク時の温度&ファン回転数
低負荷時にファンの回転を停止するセミファレンス機能Zero Frozrに対応していますが、そのままの設定でゲームをするとあっという間に60℃を超えてきますので、基本ゲーム中はAfter Burnerによるファン制御を有効にして40℃までは30%の設定で1000rpm前後で回転させて冷却しています。
ちなみに最大回転数は3400rpmです。
フォンのノイズはMSI自慢の最新クーラーTWIN FROZR 8を搭載していますので、冷却性能は抜群ですし、1800rpmまではほとんどノイズは気になりませんでした。
最近はGARAKUROをメインで使ってきましたが、ASUSやMSIは流石冷却ファンが優秀だと感心します。

★気になる点
保証期間が1年ですね!
最近は2〜3年のグラフィックカードが多いように思いますが、少し残念というか改善して欲しい点でもあります。
サイドのロゴMSIはLEDで光りますが、GeForce RTXのロゴが光らないのが残念です。
グラフィックカードも縦置きならファンが光るのがいいですが、RTX 3060 GAMING X 12Gのファンの形状ではLEDファンの採用は難しそうですね!

★総評
ミドルレンジモデルではRTX3060かRTX3060tiが人気ですが、それほど重いゲームでなければRTX3060で十分でしたね!
World of tanksでウルトラ設定でもフルHD環境で200〜240Hzはキープできますから今後のWQHDモニター導入でも144HzをカバーできそうなRTX 3060 GAMING X 12Gでした。
★紹介ブログ
RTX3060 GAMING X 12Gをget!
http://umizaru.fc2.net/blog-entry-242.html

レベル
自作経験豊富

参考になった14人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ザビエル9さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
5件
PCケース
2件
3件
CPUクーラー
3件
0件
もっと見る
満足度1
安定性5
画質3
機能性5
処理速度5
静音性1
付属ソフト無評価

同社のGTX1060 GamingX 6GBからの乗り換えです。ゲームと動画編集で使用しています。

ボード差し替えてNVIDIAのサイトからドライバーDL&インストールするだけで簡単に換装出来ました。

劇的に変わったのは動画のエンコード時間。
PowerDirector18のハードウェアアクセラレータを使用して動画編集を行っていますが、
エンコード時間がGTX1060のおよそ半分程に短縮されました。
(1280*720 20分程の動画でエンコ3分くらい)
ゲーム配信でのリアルタイムエンコードも結構期待できるかも。

※追記※
静音性はとても良い、と前回レビューしましたが、
アサシンクリードシンジケートをプレイしてみたら爆音でファンが回り始めました。
静音ケースでないとかなり耳障りです。
GPU周辺のエアフローの問題かなと思ったのですが、ゲーム外での使用時でもGTX1060と比べて使用率が10%程多いです。
でもゲームの描画に関しては全く不具合はありません。(FullHDでプレイ)
この辺りはもうすこし検証してみたいと思います。

Ryzen2700X & 850W GOLDの電源を使用していますが、安定動作しています。

1つ気になった点は、同社のGTX1060に比べてヒートシンクが厚くなっています。
GTX1060は38mm、RTX3060は45mmでした。
PCIスロットを多用している人は注意が必要かもしれません。


---2022/2/11追記---
壊れました。
OS再インストールしてみたらドライバのインストールもできなくなりました。
同社のGTX1060は4年経っても何の不具合もないのに…
発売日当日に飛びつくのはハズレを引くリスクがありますね。
高い勉強代でした…

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった9人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ダルフィーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
39件
イヤホン・ヘッドホン
0件
3件
SSD
0件
2件
もっと見る
満足度4
安定性5
画質無評価
機能性5
処理速度3
静音性5
付属ソフト無評価

FanSpeedをAuto運用

FanSpeedを30[%]固定

連続2周目が終わった際のスコア

かなり特殊な使い方なので参考になるか分かりませんが。

【M/B】ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
【CPU】Intel Core i7 9700K
【CPU Cooler】Thermalright AXP-200R + ENERMAX UCCLA14P
【MEM】CFD W4U2666BMS-8G 8GB×4(32GB)
【SSD】Main:WesternDigital WDS500G2B0B(SATA 500GB システム用)
【SSD】Sub:SanDisk SDSSDXPM2-500G-J25(NVMe 500GB ゲーム用)
【Case】Fractal Design Define R5 Black
【P/S】ENERMAX EPF750EWT
【OS】Windows10 Pro 64bit

CPUのクロックは全コア同期でTurboBoost上限4.3[GHz]で運用。
MEMは特にOC等は無し。
ケースファンは吸気のが強くなるように調整。
計測時の室温は20[℃]前後。

GPUはAfterBurnerにて下記のように設定して普段は運用。
・PowerLimit:58[%](下限値)
・TempLimit:65[℃](下限値)
・CoreClock:-502[MHz](下限値)
・MemoryClock:-502[MHz](下限値)
・FanSpeed:Auto

普段使いだとGPUファンが回らない為、GPU温度は42[℃]前後を推移。
この状態でFF15ベンチを回し始めた時のハードウェアモニタが1枚目のスクショ。
約62[℃]でGPUファンが回り始め、約42[℃]でGPUファンが止まる模様。
ファンスピードをAutoで運用するとファンが回ったり止まったりして、GPU温度が安定しないことによるパーツへの負荷を考えるとゲーム時のAutoは避けた方が良さそう。

2枚目のスクショはGPUファンスピードのみ30[%]固定に変更してFF15ベンチの連続2周目が終わった際のハードウェアモニタのもの。
ファンスピード30[%]だと殆どファンの音は気にならないので、ゲーム中はファンスピードを固定にしたほうが良さそう。
その際のベンチスコアが3枚目のスクショ。


ゲームをやらなくなり以前持っていたGTX 1080Tiを手放してCPU内蔵GPUでPCを使用していたが訳あってVGAが必要になった為、この製品を購入。
1080Tiの時も同様の設定(ダウンクロック等)で使用していたが、体感できるほど性能ダウンしないことを体感していた為、この製品でも同様に設定。
案の定、ベンチマーク数値も劇的に下がるわけでもないし、それほど体感出来ないことも確認。
VGAを搭載している時点で消費電力を気にするなって言われればそれまでだが、発熱を大分抑えられることを考えれば十分選択肢として有りなのでは?と思う。

普段使いでファンレス運用出来るのは、かなり有難い。
今はあまりゲームをしないが、する際にもファンスピードを固定で回せば十二分に冷えるので、かなり満足。
唯一不満があるとすれば、金額の面だけ……かな?

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

holoholoさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
18件
自動車(本体)
1件
16件
スマートフォン
0件
12件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト5
 

ベンチマークテスト:3DMark:Time Spy

ベンチマークテスト:FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

 

下記PC構成でベンチマーク実施

【CPU】Intel Core i7-10700K
【MB】MSI MPG Z590 GAMING PLUS
【RAM】SanMax SMD4-U32G48M-29Y-D 16Gx2
【MainStrage】WD BLACK SN750 NVMe SSD 1TB
【SubStrage】WD BLACK SN750 NVMe SSD 1TB
【GPU】MSI GeForce RTX 3060 GAMING X 12G
【PowerSupply】Seasonic PRIME-PX-1000S
【CPUcooler】Noctua NH-U12A
【Housing】NZXT S340

ベンチマークテスト:3DMark:Time Spy
WQHD解像度の「Time Spy」のスコアは約9,000ポイント
フレームレートもGraphics test1で約57fps、Graphics test2でも約49fpsを記録
WQHD解像度のゲームなら高画質で快適にゲームを楽しむことができます。

Time Spy 総合:9063
Graphics score:8718
Graphics test1:57.76 FPS
Graphics test2:49.28 FPS
CPU score:11690
CPU test:39.28 FPS

ベンチマークテスト:FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
WQHD解像度の判定は“快適”で、高画質設定でも全くストレスなく
ゲームを楽しむことができます。

高品質 1920×1080 ウィンドウ
スコア:8316
評価:快適

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てぃらみすわらび餅さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
画質5
機能性3
処理速度5
静音性5
付属ソフト2

購入した理由について私はPSO2というネットゲームをプレイしているのですが3/3にグラフィックアップデートが入りました。
結果、フルHDでは買い替えの必要がないといわれていたGTX1660tiがフルHD環境で温度が80°を下回ることなくファンが回りっぱなしカクツキも多くなっていたため買い替えを決めました。
が、昨今のマイニングブーム、半導体の供給不足でまともに低下で買えるのがこの酷評だらけのRTX3060くらい。
ただ、もともとGTX960、GTX1660tiとハイエンドを使うつもりがなかったことと有名ブロガーさんの多くが【価格さえ下がれば】と書いていたので購入を決意。
アークさんで定価価格で購入しました。
価格についてはこのRTX3060がマイニングに不向きで転売ヤーの餌食にならなかったため今でも定価が多いです。
ただ、ドライバーで制御しているらしく今後解除され3060もマイナーの餌食になる可能性はあります
(間違ってたらごめんなさい)
私見ですが、値下がるまで待とうとか3060ti供給されるまでは・・の考えは甘いかもしれません。
事実、転売ヤーが最近目を付けているのがCPU、GPUらしく今後も品不足が続く可能性があります。
(ネット店舗にはありませんがフリマアプリにはたくさんありますね・・・・)


144hzモニターでプレイしていますが目に見えて画質の向上、なめらかさがわかりました。
また、マルチプレイ環境でもカクつくことなく60°前後で保たれているのはかなり良いです。
レイトレーシングにも対応しており省電力。60系の正統進化であることは間違いないと思います。

まとめとしてどんな人におすすめできるかというと
・960-1060くらいの環境で【今すぐ】買い換えたい人。4k環境が予定にない人。
・電源が650くらいまでしかなく私のようなにわか知識しかなくPCを再構築できない人。
(グラボ差すだけなら私でも出来ました)
かな。

2070以上使ってる人は完全にいらない子です、コスパ悪すぎ。
ただ、【悪いのは価格だけ】で、ボロクソに書いてる人は3060tiや3070を引き合いに出しているため
3060が決して使えない子というわけではありません。(すべての人がハイエンド環境があるわけではありません!)

完全に今までと比べコスパ悪すぎの子ですが、今後グラボが値上がり続ける【かも】しれませんし、
値下がったら値下がったでミドルユーザーにはおすすめだと思います。





【安定性】
・すごく良い。PSO2、APEXでは60°以上超えない

【画質】
・すごく良い。フルHDでの話ですが

【機能性】
・微妙。ASUSのアプリのほうが使いやすく見やすかった。

【処理速度】
・ロード時間とかも変わった気がします。早い。

【静音性】
・良い。冷えてる割にうるさく無い。

【付属ソフト】
・付いてないためダウンロード、MSIアフターバーナーがASUS GPUTWEAKUと比べて見づらい使いずらい。ただ、マザボがMSIなのでドラゴンセンターで一括管理できるのは良い。

【総評】
・これで4万くらいだったらオススメって感じ、ただ、ネットの酷評ばかり信用せず何が悪く何が良いのかをしっかり調べた方がいいと思います!


3/21追記
PSO2 NGSでも設定6ウルトラで問題なく動作しました。

また、マイニングもドライバが突破され出来るようになり価格も10万近くになりました。予想通りですが悲惨ですね。

重視項目
その他

参考になった24人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]
MSI

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]

最安価格(税込):¥57,220登録日:2021年 2月22日 価格.comの安さの理由は?

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G [PCIExp 12GB]をお気に入り製品に追加する <377

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意