レブル1100 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.60
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:10人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 4.60 4.44 12位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.70 4.19 10位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.50 4.25 14位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.10 3.98 21位
取り回し 取り回しやすさ 4.70 4.17 15位
燃費 燃費の満足度 3.70 4.14 37位
価格 総合的な価格の妥当性 4.70 4.03 11位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

レブル1100のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

タムランさん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:859人
  • ファン数:3人
満足度3
デザイン3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地2
取り回し4
燃費3
価格3

【デザイン】
特徴的な4連ヘッドライト、タンクやフレームの塗装はきれいであり、フロントフォークのインナーチューブにわざわざコーティングまでしているので高級感がある。オプションのスクリーンカウルやバッグのデザイン性もかなりまとまっていて好印象です。その一方でハンドル周りのスイッチ類がどことなく安っぽい感じ。触った感触のみならず、レンタル個体でどのような管理をされていたか不明ですが、セッティングボタンやパーキングレバーを押し込んだら戻ってきませんでした。スプリングやゴムの耐久性が低いのかなと勘ぐってしまいました。またリアシートはボルト止めで簡単に外せない。故にシートバッグの装着がとても不便です。USB電源はシート下にあって接続のたびにつけ外ししなきゃいけないし、この場所は埃だらけになるので使いたい気分になりません。

【エンジン性能】
派生モデルの多いエンジンですが、このバイクではかなりの低回転トルク仕様でレッドゾーンも低く設定されている。しかし突然トルクが立ち上がることはなく、電子制御スロットルのおかげでギクシャク感はほとんどないです。また、走行モードによるキャラクターの変化が大きく、Standardモードでも少々控えめなパワーであり、Rainモードになると本当に大型バイクか疑いたくなるほど出力カットされます。Sportモードで排気量なりの力が出て本領発揮な印象。並列2気筒ですが鼓動感は十分あり、純正マフラーでも十分なドンドコサウンドを聞けます。発熱量は排気量相応。夏は熱くてキツいかも。

【走行性能】
X-ADVに乗っていたときも感じたけどホンダのDCTは変速がとてもスムーズで優秀です。クルーズコントロールは地味に便利でありがたい。追従機能がないから微妙と思われがちだけど、Canncel&Resumeをワンタッチでできるからそこまで煩わしさは感じないし、高速道路走行時の手の疲労感はだいぶ減ります。

【乗り心地】
シートは柔らかめではないが、サスペンションがよくできています。特にリアはリザーバータンク付きのツインショックを採用しているだけあり、突き上げ感は意外と少なかった。クルーザーはシートとタイヤが近く、乗り心地の点で不利な構造なのに頑張っていると思う。ただポジションがかなり独特で、まずフットレストが4気筒車を凌駕するレベルのワイドさで、凄まじい股開き状態になります。気をつけないと股の筋肉をつってしまうほどです。ハンドルのほうは、幅はちょうどいいですが、グリップがかなり前にあり個人的に遠すぎて背中が突っ張りました。この日常生活でまず取らないような姿勢がけっこうしんどく、お世辞にも楽とは言い難いです。

【取り回し】
233kgある上に意外とロング&ワイドな車体なので、取り回しは良好とは言い難いです。ただし、重心とシートがともに低いので1100ccのバイクとして考えると、悪くはないと思います。跨ったままの押し引きも可能。

【燃費】
ツーリングペースで走ってリッター20キロくらい。排気量を考えるとまあまあですが、燃料タンクがデザイン性を重視した影響で低容量になっており、がんばっても250km走れません。

【価格】
DCTモデルで120万と安価ではないですが、1100ccの排気量、走行モード・クルーズコントロールなどの上級装備が一通りついて、オプションも充実していることを考えるとけっこう良心的な値段だと思います。

【総評】
電子制御スロットルとDCTの出来の良さに感心しましたが、乗車姿勢があまりにも個性的過ぎて自分には合わないバイクでした。ネット上のインプレ記事の受けがいいことや、外人さんが颯爽と走るPVを見て思わず購入してしまいそうですが、実物を見て試乗してから決めることをお薦めします。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スウイッシュさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:605人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
10件
299件
バイク用ヘルメット
2件
1件
バイク用マフラー
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

 

 

「夏こそレブル。」久々のツーリングでレブルに乗った感想です。昨日は最高気温33度の真夏日だったんだけど,真っ昼間のツーリングを敢行しちゃいました。実は,冬のツーリングの寒さに辟易として,NC750X買っちゃうわ,しばらくレブルでツーリング行ってなかったんだけど,NC750Xとの比較がしたくって,一週間前と同じ海抜1500m級の高原まで約8時間500kmのツーリングに。そしたら,思いのほか快適で,ここち善い疲労感に満足したのでレブル1100のレビューします。

【デザイン】
無駄をそぎ落としたデザインは,見るものにバイクの本質的な魅力を感じさせずにはいられません。ある意味完成されたデザイン。それ故に,無駄なもの(快適装備)を付けたくなくって,カスタムも進みません。当然,僕のレブルは冬は寒いし積載性もありません。見た目が全てって感じだけど,所有者的には満足してるし,こいつは絶対に手放せません。

【エンジン性能】
排気量が1100ccもあるから,そこそこパワフル。元々アフリカツインのエンジンだから,どっちかっていうとショートストロークのエンジンなんだけど,クランクマスを重くすることで低回転の粘りを作ってます。そのせいか,高速巡航時から,さらに加速させる際に,クランクマスの重さを感じて,ギアを1つ落として加速させることがあります。また,タイトなコーナーが連続するようなワインディングの登りでは,レブルはNC750Xより低いギアに入れて曲がってるような気がします。多分,トルク特性の違いだと思います。NCよりはトルクが太いけど,おいしいとことろがNCと比べたら狭いせいなのかな。(NCのトルクバンドが異常に広いせいだから,比べるのはかわいそうな気もします。)

【走行性能】
曲がりやすさでいうと,高速コーナーではレブル(レブル>NC),タイトなワインディングではNC(NC>レブル)って感じです。レブルはどこでも,とにかくよく曲がります。でも,タイトなワインディングではトルクを持て余す場面があるんで,その違いかもしれません。(自分は常にいつでもどこでもスポーツモードなんで,スタンダードモードだと違うかもですが・・・。)高速巡航性能は互角(NC=レブル)です。どちらも排気量があるからそんなに違わないんだけど,何せNCにはカウルがあって・・・。それを補ってるのがレブルのオートクルーズコントロールって感じです。

【乗り心地】
ポジションは明らかにNC750Xが楽なんで(NC>レブル),サスペンション性能はリア2本サスでは限界があります。車高も低いしね。NCと比べちゃったら明らかに不利なのがハンドル位置とシート。ハンドル位置はさすが教習車,NC750Xは自然なポジションです。対するレブルは前に足を投げ出す分,NCと比べると腰に負担がかかります。シートも自由度が足りません。自分は2pバックシートにしてるんで,ノーマルシートよりは,まだ,ましだと思ってますが,それでもNCに比べると自由度は足りません。まあ,CBRなんか乗るよりは,よっぽど楽なのは間違いないので,文句はないんですけど。あくまで比較の問題です。(ポジション:アドベンチャー>アメリカン>スーパースポーツ)

【取り回し】
取り回しの良さのよさは足つき性の良さに比例します。シートが低いレブルは取り回しに関しては最高です。ツーリングでヤバそうな路地でも気にせず入っていけます。いざとなったら両足でちょこちょこと・・・。

【燃 費】
リッター20kmそこそこ?今回,給油が心配で山に上がる前に一回,山から下りて高速乗る前に一回,計2回,給油しましたが帰ったらスッカラカンでした。

【総 評】
カウルが無いからレブルって風がもろ体に当たるんだけど,夏はそれが心地よい。山の中の高速なんて最高です。トンネルなんか寒いくらいで下界の暑さが嘘みたいでほんと気持ちよかったぁ。レブルってエンジンからの熱風が太ももの下流れてくんで,全然暑くないんだよね。後,オートクルーズコントロール。こいつのおかげで高速で楽にクルーズできるってのも良くって,たまに腰うかしたり疲労低減を図れたのも良かったです。冬の寒さに負けてNC買っちゃったけど,夏ならレブルでもツーリングありかな?って思っちゃいました。まあ,ロングツーリングなら絶対,カウルがついてて,ポジションも楽なNCに軍配が上がるのは間違いないんだけどね。(興味があったら?NC750Xのレビュー参照)

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった59人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

djpoplinさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク用ヘルメット
2件
0件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
取り回し5
燃費3
価格5
   

   

バイク歴20年、中型ビグスクを乗り継いできた人間のレビューです。
絶対評価に努めますが、相対的になっているとしたらビグスク比となります。
こいつに乗るために大型ATとりました。
DCT購入1ヶ月3000km走った時点のレビューです。

【デザイン】
ブラックアウトされたボディ(と艶やかで色気のあるボルドー)
凝縮感と筋肉質なお腹周り。
太くてデカい足回り。
一眼にライト4つの個性。
まずは見た目に惚れて購入しました。

【エンジン性能】
- 0-100加速が公道No1というデータ(非公式)もあるように、低速中速トルクがモリモリでギア比もそれに準じているのであろう。それは同時に低速での安定性にもつながりまさにアクティブセーフティ。
回していくとどこまで加速するんだろう、という奥深さも感じるし、不用意にキックダウンさせると比喩じゃなく体を持ってかれる。
- エンストは2回。超低速をアクセル開度で調整していたとき発生。
どちらも右折時だったから下手したら後続にハネられてたよ・・・
- 1速でアクセルの遊びとって「コツン」と当てるくらいの位置に半クラ?のような挙動ができる。
長続きはせずすぐクラッチ繋がるが、リアブレーキと合わせてうまく使いこなせば超低速Uターンなどもできそう。

【走行性能】
- 直進安定性は言わずもがな。重心低いしトルクあるのでタイヤがしっかり地面を掴んでいるようで、強風の日でも安心感が段違い。
- 峠はまだ走ってないし自分から走りにも行かないため、よくで言われている「倒せる」は実感できていない。
- USERモードでP3T2EB1D1が自分にとっては最適。

【乗り心地】
- サスは初期状態のまま、想像通り。超快適ではないがとくに不満はない。
- タンデマーは1時間が限界とのこと。タンデムシートが小さいし端が丸っこくなっているので乗りづらそう。
- 問題は乗車姿勢。169cm筋肉体型だが明らかにハンドルが遠く、かなり不自然な体勢を強いられる。
セットバックライザーもしくはハンドル交換を本気で検討するレベル。
日本人でレブル1100の乗車姿勢が最高!ってなる人はあまり多くないのではないか。とにかく試乗してある程度の時間乗って納得した上で購入すべし。

※2022.06追記
ハンドルライザーを導入し手前に引いたことで乗車姿勢は解決しました。
何時間乗っても問題なし。

【取り回し】
重心が低いので重さはあまり感じない。小回りもできる。

【燃費】
満タン法、都内街乗りメインで17、幹線道路や高速メインで22から26。
中型に比べると燃費悪いと感じるが大型だしこんなもんなのかな。
引き続きエコ運転に努めます。

【価格】
新車でメンテナンスパックやら微カスタムやらで総支払い140万弱。完全にバーゲンセール。ホンダの戦略モデルなのか?利益出てなさそうで申し訳なくなってくる。

【総評】
やっぱり趣味だし見た目とか所有感のウェイトは高め。
6速2800回転80km/hで高速の左車線をドコドコ走るのがレブル1100DCTの最高の楽しみ方だと思っています。
あとは眺める。

Web記事やインプレ記事がインターネットに溢れているが鵜呑みにせず、必ず試乗することをおすすめします。納車は1年待ちだけど試乗車はたくさんあります。

自分としては最高のバイクで間違いない。でもそれは全員にとって最高というわけではない。
つまり意外と乗り手を選ぶかも。

参考になった11人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

びるびるさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
2件
7件
洗濯機
1件
2件
外付けHDD・ハードディスク
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
取り回し5
燃費5
価格5
   

バイザー、ミラー、シートバッグ

   

【デザイン】
 ギラギラパーツは一切なく、精悍でおっさん臭さがありません。
 前のめりハンドルに、高い位置のステップ。
 ふんぞり返って乗るバイクではありません。

【エンジン性能】
 スポーツモードでは緊張感のある十分に速い加速をします。
 スタンダードモードではダルくて平和な加速です。
 教習車でできるような2速徐行は無理。20km以上でないとノックする。
 振動(=アメ車のような味わい)を期待してはいけません。
 鼓動感も音も控えめで善良な反逆者?です。

2022.5 追記
高速道路では極めて使い良いです。
6速100km/h3800rpmにオートクルーズ
設定し走行車線を流し
前方走行車に追いついたら
追い越し車線に出てアクセル一発。
6速〜130km/hがトルクバンドと
ピッタリ重なるので加速爽快。
走行車線に戻ってアクセル離せば
元の100km/h巡航に戻るの繰り返し。


【走行性能】
 前後の荷重移動とか気にせずとも素直にあっけなく曲がります。
 止まりそうな速度でないと曲がれない鈍重なアメ車とは違います。
 かと言ってストファイやスポーツに食らいつける限界性能が
 あるわけじゃありません。 熱くなってはいけません。
 
2022.6追記
 左折小回りで左ステップを擦ることが増えました。
 タイヤ性能に余裕あるので、もう5度だけバンク角深いといいのにと感じています。

【乗り心地】
 80km/hくらいでギャップ超えるとキックバックがキツイ。
 コーナリング性能とのトレードオフなんでしょう。
 上質からはほど遠い。
 やわらかめには少ししか調整代がないのでフワフワはムリ。

2022.5追記
高速道路で走行車線キープレフト
なんぞクソ喰らえです。
穴ボコボコでキックバックで
いつか事故ります。
路面状態が「まとも」な真ん中を
堂々と走りましょう! 

【取り回し】
 ネイキッドよりは大回りだけど6m幅ならUターンできる。
 またがったままバックは楽チン。 
 グラっときたときのファイト一発性もよい。
 ステップの位置が特殊なので降りて引き回すときは高確率で
 スネやふくらはぎにアタックしてくる。悶絶保証。

2022.6追記
【メンテナンス】
 オイルとフィルタ交換の作業性は良好。
 オイルはG1指定→クルマ用の5w-30で添加剤少ないものを共用。
 フィルタはモノタロウのNO-14-A(¥299)を流用。
 庶民エンジンってすばらしい。

【燃費】
 20〜25km/l 加速の良さに対してこれならなんの文句もない。
 オイルや煙を撒き散らさないし臭くないしFCRみたいに気難しくもない。

【価格】
 ありがたい  それ以外の言葉がみつからない。
 22年4月現在 材料高、円安、半導体不足、ロックダウンで
 少なくとも3ヶ月間の生産停止。 そして新規予約も停止。
 次期EURO6対応モデルは性能Down、価格大幅UP必至。
 このさき二度とこのレベルのコスパは戻ってこない。
 買える見込みがある方は一刻も早いご決断をおすすめします。

【総評】
 魅力的な性能や装備は残し、ギミックを廃したホンダの戦略的勝負モデル。
 35年前のバイクブームでレプリカに乗り、今レブル11に乗れることは幸せ。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった16人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

首輪の人さん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:297人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
3件
165件
スマートフォン
2件
76件
グラフィックボード・ビデオカード
8件
24件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費3
価格5

【デザイン】
アメリカン過ぎない和製アメリカン。
シンプルで無駄の無い形状が気に入っています。
インナーチューブまで黒になっていてブラックなら黒一色でまとめたのがとても迫力がある。
赤の方は迫力というより黒が赤を際立たせてかなり上品な感じに仕上がっています。
私は夏場にタンクが熱くなあるのを避ける為に赤を選びました。

【エンジン性能】
回せばどこまでも加速していきそうな勢いのあるエンジンです。
他の大型と違ってスピードリミッターが設定されてるので180km/h制限のようです。
通常はハーレーのようなドコドコ感のあるフィーリングですが、アクセルを開けると様相が変わってクルーザーっぽくない音に変わります。
急加速する際は前屈みにならないと後ろに体が置いていかれるので注意。

【走行性能】
DCT版を購入したのでDCT版のレビューです。
DCTは初めてだったので、他機種の記事を読んでみてイマイチかもしれないと思っていましたが、車のATみたいな感じだったので安心しました。
一気にアクセルを開ければギアをダウンさせて猛烈な加速をしてくれますし、流したいときは丁度良いギアに自動的にアップダウンしてくれるので、1000kmちょい走った感じでは好感が持てます。
たまにもっと早めにギア上げて欲しいってところはありますが、燃費を気にし過ぎなところからくるジレンマでしょうか。
タイヤが太いですから直進安定性は抜群で、カーブも通常のアメリカンより車体を倒せる分楽に曲がれます。
慣れるまではエンジンガードを擦るんじゃないかとついつい確認してしまいましたが・・・

【乗り心地】
多少の凸凹なら前後サスが全て吸収してくれてずっと平らなところを走ってる感じです。
かなり埋まり込んだマンホールの上を通ったりすると流石にお尻に衝撃がきます。
椅子も極厚の柔らかめなので座ってて疲れないですが、ゲルザブを使うと1日300km以上走ってきても全くお尻が痛くならないです。
レブル特有の足付きの良さも信号待ち等で疲れない良いところです。

【取り回し】
椅子にお尻がひっかけられるので跨ったまま後退が楽に出来るのは良いです。
前進はさすがに車体の重さを感じるところがある。
今まで乗ってきた車種があまり足付きの良い車体では無かったので、足付きでこんなに変わるのかと感動しました。
Uターンも以外に簡単に出来ますが、怖い人には自分の足を使って少しずつ方向転換できるのは良いです

【燃費】
レブル1100の唯一の欠点。
50km/h以上である程度走り続けられるなら23km/L以上まで伸びますが、渋滞等にハマると12km/Lくらいまで落ちます。
結局は概ねカタログ値まで平均燃費は収束します。
メーターをRange表示にして乗っていますが、これ以外の表示にはちょっと怖くて出来ないです。
なぜかと言うと、メーターの1メモリ目と最後のメモリは意外と長いのに、間のメモリは瞬く間に減っていくので残念量が分かりづらくて燃料計がアテにならないからです。
山道を通るなら余裕を持っておきたいですので、このRange表示はかなり参考になります。
平坦ならRange表示通りかそれ以上に伸びて、山道だと表示の7割くらいといった感じです。

【価格】
とにかく安いですね。
最初はCB400SBに乗り換えを考えていましたが、レブル1100が発表されてこちらに切り替えました。
大型免許も10万円で取れますから、合せたってそんな差にはならないと急遽取りに行ったくらいです。
アフリカツインやNT1100の価格と装備を考えたらもう20万アップくらいの設定でも良かったのではと思う。
1台売れるごとに赤字になってる気がする。

【総評】
価格、乗り心地、走破性、オンロード用としてはこれ以上ない出来だと思う。
やっと慣らし運転も終わったところなので、これからはもっとエンジン性能を活かした走りを楽しめると思うとわくわくが止まりません。
250ccからの乗り換えだったので燃料代がかなり上がって懐事情は良くないですが、バイクの免許を取った動機がアメリカンに乗りたいというものだったので、20年以上経ってやっとレブル1100に出会って夢叶ったので満足度は★5です。

【追記】
5月初旬に発注して2月にやっとスクリーンカウルが届いてRebel1100が完成しました。
取り付けたパーツについてのレビューを追記します。

・純正スクリーンカウル
やっこ型ですが、幅はそんなにないのでハンドルが露出します。
それが原因で、カウルからの気流が全てハンドル部分に流れてくるので、高速道路を走るとハンドルに手が吸い付くような感じになります。何かしらの理由で手を離す際に障害となるので、ナックルガードとの併用をお勧めします。首への気流の流れは無くなるのでネックウォーマーが必要なくなりました。
それから、一定の速度というよりある程度の強風を受けると中央の穴が笛のような音を鳴らしてしまうため、簡単な加工(部分的にメッシュを貼るなど)が必要です。

・純正サイドバッグ&サポート
概ね良いです。生地も頑丈で防水加工もしっかりしてます。
欲を言えば、ワンタッチ着脱できるサイドバッグの種類をヘプコ&ベッカーのC-bowみたいに増やしてほしい。

・キジマのハンドル(メーター)マウントバー
メーターの上に横向きカーナビを設置する感じで使えるようになるので視点変更が少なくなる。
上記スクリーンカウル等との併用は出来ないので、カウル無しの人だけにおすすめ。

他にもカスタムはしましたが思うところがあるので以上です。
以下は個人的におすすめするカスタム(自分ではやる予定の未実装)です。
・モリワキのクロスツインフルエキゾースト
・大型トップボックス&リアキャリア
・ミラー交換

レブル1100は旅バイクにオススメなので積載量盛りが良いかなと思います。
魅せるバイクにする場合はディアブロ寄りカスタムになっていきます。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった11人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

短足りたーんらいだーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し4
燃費4
価格5
   

いろいろカスタムしてます。

   

【デザイン】
デザインは好みがあるでしょうが、いかにもといったアメリカンではないスタイリッシュなところに好感がもてます。

【エンジン性能】
1100CCエンジンはパワー不足はありません。トルクフルでとても運転しやすいです。

【走行性能】
ワインディングでも結構速いですよ。

【乗り心地】
ドコドコ感が好きな方にはたまりませんね。ハンドルがちょっと遠いので、肩がこるのが玉に瑕です。

【取り回し】
重量がある割に重心がかなり低いため、取り回しは楽ではありませんが安心です。

【燃費】
このクラスのエンジンとしては普通です。ただ、燃料タンクがもう少し大きいといいですね。

【価格】
言うことなしのバーゲンプライスです。

【総評】
とてもコストパフォーマンスに優れ、乗り手を選ばないバイクで人気があるのは当然ですね。DCTモデルは大型バイクに乗りたい女性にお奨めのバイクです。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぶらっびあさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

リアプロジェクションテレビ
0件
46件
腕時計
3件
13件
炊飯器
1件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費3
価格5

低重心のせいなのかタイヤが太いせいなのか分かりませんが、低速時の車体安定性がレブル250と比較にならないほど素晴らしい。また、車重を感じさせない加速性能にビックリです。軽く感じます。
ステップの位置がレブル250よりやや前にありますが、足を地面についた時にレブル250のようにステップに足が当たらないのでとても良い。
グリップヒーターがあるとこんなにも手が温かいのですね。レブル250はグリップヒーターがついていなかったので、止まる度にエンジンに手を当てて温めていました。
身長172p、股下74pで胴長短足肥満体形の私ですが、レブル250の車高69pよりレブル1100の車高70pの方が足つきはピッタリくる感じです。座高が98pもあるのでハンドルも全く遠く感じません。まるで私の体にオーダーメイドしてくれたようなバイクです。
このバイクに乗ってしまったら、もう他のバイクには乗れない気がします。

使用目的
買い物
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

もうどーにも止まらないさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
8件
46件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費4
価格5

再レビューです。少し書き足します。
書き足すのは「乗り心地」と「燃費」です。
シャドウファントムに10年乗ってたので比較的な内容になります。

【デザイン】
ツーリングの途中、前車への反射で気づいたのですが、ヘッドライトの色が、見る角度によって黄色からブルー、グリーンへと変化する様です。自分じゃ見れないけどかっこいいなあと思いました。
乗っているとタンクが大きく感じられて大型に乗っていると意識させられるデザインだと思います。
メーターの情報は、運転していて欲しいと思うすべての情報が網羅されています。時計、外気温、燃費、走行距離残、ギアポジション、燃料…ないのは放射能濃度くらい?(笑)

【エンジン性能】
とにかく音が良い。中速で走っているとズドドドドと低音が響いて、うれしくなります。
燃費はハイオクでリッター27kmでした。ファントムはハイオクにすると燃費が2〜3km向上したので、レブルもそうなのかもしれません。
燃料ゲージが点滅して残4リットル、そこまでで240km走れたので、ハイオクで300kmくらいの航続距離はあるんだなあと思います。もちろん走り方にもよりますが。

【走行性能】
ポジションはファントムとほぼ同じで、足位置だけ上げたような感じです。軽い前傾ポジションです。
足位置上げた分、最初自分には窮屈に感じましたが、慣れるんですね。2日乗ったら気にならなくなりました。
よく言われる右側のでっぱりは、長めのブーツを履いて乗ると気にならなくなります。
ニーグリップはしやすくて、下半身だけできっちり車体をホールドできます。今までのアメリカンではないことの証なんでしょうね。

【乗り心地】
追加:ライディングモードをユーザー設定できるのですが、P(出力レベル)を最大、T(トルコンレベル)を最大、EB(エンジンブレーキ)を最小、D(回転数レベル)を最低にすると、どの速度域で走ってもズドドドドとトルクフルに走ります。フィーリング最高です。出足もメチャ速いですけどトルコンが効くので怖くなりません。

余裕のトルク、DCTの気楽さ、素晴らしい音、乗り心地悪いわけがないです。

【取り回し】
両足べったりでまたがったままで何でもできます。

【燃費】
追加:昨日今日で700km走って、ハイオク24リットル消費したのでリッター29kmでした。満タン法です。バイクのメーターの計算値では24kmとなっていたので、実際はそれよりもだいぶ良いみたいです。高速・峠・街中など普通のツーリングでの値です。ライディングモードは「乗り心地」のところで説明したモードです。

前に書きましたがハイオクで27km/l。
渋滞のない郊外の幹線と高速を90キロくらいで走行。燃費的にはこれ以上ないといいう好条件の下です。

【価格】
安いと思います。

【総評】
気負わずに乗れてどんなシーンでも快適に走れるバイクです。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった28人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

@かめちゃんさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
3件
12件
自動車(本体)
1件
9件
au携帯電話
0件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
取り回し5
燃費3
価格5

【デザイン】
これが好きでなければ買って無い。レブル500にあった右足への当たりは、
この1100になっても健在ではありますが、そこまで気にならない程度になってます。

【エンジン性能】
さすがアフリカツインの1100を低速にふってるだけあって、
日常の使い勝手は全く問題なく、高回転域でも不快感は無いです。
ただ87psなので、弾ける様な加速・・・とまでは・・・。
いえ、侮ってました。
スポーツモードなら、フロントが持ち上がる位パワフルな加速を披露します。
トラクションコントロールが有るおかげで、安心出来ます。

【走行性能】
クルーザーモデルとしては、レブルシリーズはバンク角もそこそこ確保されていて、
このレブル1100も自分の技量では、一般的な峠道でバンクセンサーがガリっと行く事は無かったです。

【乗り心地】
少々硬めかと思います。1ヶ月点検時にリアサスペンションを1段階弱めて貰いました。
自分の体重58kgでは上記対応で跳ねる様な挙動は無くなったので、丁度いいかと思ってます。
スクリーンカウルが有れば、高速で120km/h走行時もヘルメットへの圧はほとんど有りません。
カウルの風切り音は少々気になりますが、快適にクルージング出来ます。
(163cmの自分はですね↑)

【取り回し】
大型二輪としては、240kg近い車体と思えない重量感で、足バックや前進が出来る為。
非常に取り回し易い車体です。サイドからの引き起こしも軽いですしね。
ただ、取り回ししやす過ぎて、駐車場の砂利などに踏み込むとやはり重いので、
そこは注意しないといけないなと思いました。

【燃費】
自分が通常の使い方で約19km/Lです。燃料タンク13Lなので走行200kmを目安に、
ガソリンスタンドを探す事になります・・・。燃費は排気量相当ですがもう少し航続距離があると、
いいなぁって無いものをねだっておきます^^;
8割近く高速を使った所、24km/Lまでは向上しましたが。
自分のレブルはこれが上限値です。

【価格】
ETC2.0、各種エンジンコントロール、グリップヒーター、クルーズコントロール、DCTと、
排気量1082ccで有る事を考えたら、乗り出しで130万円を切るこの車体は破格かと思います。

【総評】
レブルシリーズの頂点に君臨するこの1100は、近場もそこそこの遠出も、全て
それなりにこなせる良いバイクかと思います。長距離は・・・タンクがね^^;

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった40人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

獅子と虎さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し5
燃費4
価格4

 初めて対面したときの印象は「小さっ!」
 でも168cmしかないのでペタンコ靴だと跨がってみたところ両踵着地ならず…。
 シャドウファントム(750)に印象はそっくりだけどハンドリングはかなり良行。ネイキッドのシート高を下げた感じのポジション。Z900RSからの乗り換えでも違和感無し。
 ただ、右側ステップにエンジンからの出っ張りが影響して足の置き位置がしっくりこないのはかなり不満。
 オートスピード解除時に減速されると同時にシフトダウンする構造でショック起きるがそれが少し強い。
 シャドウファントムの様にバンクセンサーまで接地する心配が無いので安心。
 ハンドル位置が良好なのと、最適なシートの高さで、倒れにくい印象。
 北海道は、冬に滑り止めの為に細かい石を撒くので初夏に飛び石が多い。
よって、プラスチックパーツが多いほど傷だらけになる。5月中は注意!
今回も、ヘッドライトのリムにあたる部分を傷付けてしまった。
 この車体のスタイルでシャフトドライブの商品が出たなら即買いしたい。
 

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

レブル1100のレビューを書く

この製品の価格帯を見る

レブル1100
ホンダ

レブル1100

新車価格帯:110121

レブル1100をお気に入り製品に追加する <56

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意