NW-WM1A [128GB] レビュー・評価

2016年10月29日 発売

NW-WM1A [128GB]

  • フルデジタルアンプ「CXD3778GF」を搭載し、DSD11.2MHzまでのネイティブ再生に対応したハイレゾ音源対応「ウォークマン」。
  • 直径4.4mmのヘッドホンバランス端子を採用。ヘッドホンアンプの出力を向上させ、高インピーダンスのヘッドホンもしっかりとドライブできる。
  • 4型タッチパネル液晶を搭載。音楽再生に特化した新ユーザーインターフェイスを採用し、よりスムーズに操作できる。
NW-WM1A [128GB] 製品画像
最安価格(税込):

¥104,923

(前週比:-1,030円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥104,923

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥104,923¥141,820 (35店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥104,923 〜 ¥129,470 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:128GB 再生時間:33時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth NW-WM1A [128GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-WM1A [128GB]の価格比較
  • NW-WM1A [128GB]の店頭購入
  • NW-WM1A [128GB]のスペック・仕様
  • NW-WM1A [128GB]の純正オプション
  • NW-WM1A [128GB]のレビュー
  • NW-WM1A [128GB]のクチコミ
  • NW-WM1A [128GB]の画像・動画
  • NW-WM1A [128GB]のピックアップリスト
  • NW-WM1A [128GB]のオークション

NW-WM1A [128GB]SONY

最安価格(税込):¥104,923 (前週比:-1,030円↓) 発売日:2016年10月29日

  • NW-WM1A [128GB]の価格比較
  • NW-WM1A [128GB]の店頭購入
  • NW-WM1A [128GB]のスペック・仕様
  • NW-WM1A [128GB]の純正オプション
  • NW-WM1A [128GB]のレビュー
  • NW-WM1A [128GB]のクチコミ
  • NW-WM1A [128GB]の画像・動画
  • NW-WM1A [128GB]のピックアップリスト
  • NW-WM1A [128GB]のオークション

NW-WM1A [128GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.68
(カテゴリ平均:4.25
レビュー投稿数:68人 (プロ:1人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.47 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 3.36 4.36 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 4.44 3.91 -位
音質 音質のよさ 4.78 4.23 -位
操作性 操作性のよさ 3.85 3.78 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.18 3.37 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.61 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-WM1A [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:88人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
51件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
48件
デジタルカメラ
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト3
拡張性3

【デザイン】
ジャック部のみを余分にレイアウトしつつ無駄の無いデザインが斬新で、高級感もある。

純正ケースは一種類一色のみと、少し寂しい。
ブルー、イエロー、パープルなどの派手なカラーリング展開があると面白かったと思う。 SONYさん もったいないです。

あと、しいて言わせて頂くと
歩くWALKMANロゴに戻して欲しい。

【携帯性】
ZX300を2年使っていたので、重く感じる。
その分、アイテムとしての所有感はある。

【バッテリ】
ZX300と同等の減り具合です。

【音質】
ZX300 + XBA-Z5 + キンバーケーブル からのDMPアップグレードですが、ZX300とWM1Aとの差が予想以上で驚きました。
S/Nアップによる静粛と、全域の情報が加わった出力により、低域も自然に鳴らせるようになりました。
ZX300で鳴らしきれていると思っていたXBA-Z5も、WM1Aを使うと まだ伸びシロがあったと感じました。


【操作性】
期待していた後継のZX500がAndroidとなってしまい、そのため思い切ってWM1Aにグレードアップしました。
理由はデフラグしても最後まで快適に使えたAndroidスマホを知らないから。ZX500が該当しなければ良いのですが...

【付属ソフト】
Music Center for PCはXPERIAを認識しない劣化駄作ソフトですが、Media Goがあれば快適です。
ソフトころころ変えないで!

【拡張性】
現代のフラグシップ機なのに曲名表示のできるリモコンが存在しない。
WM1 自体の開発で燃え尽きている感が否めない。
その分、WM1の様な素晴らしいDMPが生まれた訳で ユーザとしては感謝しか無いのですが、欲を言わせて頂くとオプションでは もうひと頑張りして欲しかった。

【総評】
今までZX300と比べて、WM1Aは多少音質は良いと聞きながらも大きさや、重さ 等の理由から避けていました。
しかし昔、カセットのウォークマンを普通に使っていた私にとって実はWM1Aの大きさは許容範囲であったことと、重量は音質の為の質量であると受け止める事もできたので購入に至りました。
結果、大きさや重量の問題も無く、ZX300との音質差は多少ではなく別物と、良い事尽くしでした。

ジャンル
R&B
歌謡曲
ロック

参考になった18人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

hiro_29さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤーアクセサリ
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト1
拡張性5
 

 

先月のことになりますが価格.com最安がZX507と数千円違いであること、次のフラッグシップモデルもウォークマンポートが廃止されてタイプCになったらTA-ZH1ESと繋ぐ専用クレードルが活かせなくなるということ、画面が大きいのでクレードルに乗せている時の操作が楽になるかもということで今さらながら購入

他よりも安いのでちょっと不安でしたが同じく先月購入したMDR-Z1R同様、同梱されているシグネチャーシリーズを写した紙にIER-Z1Rが写っていたので19年製ということに安心しました


【デザイン】
一目で高級機と分かるその威容は三年経つ今も色褪せないと思います
それまで高級さを感じていたZX300が途端にチープでおもちゃの様に見えてしまったのは衝撃です

ZX300に比べて液晶の解像度がとても良くて大きい画面に映るジャケットを見たときの満足感も高く、操作感もグッと良くなりました

【携帯性】
少しかさ張りますが重さも含めて携行に苦を感じたことはありません。人は重さにも高級さを感じとるので絶妙なところを攻めていると思います

【バッテリ】
ウォークマンだけあってバッテリー持ちが良いのは流石です

【音質】
表現は得意では無いので割愛しますがZX300との差は明らかで200時間のエージング効果も体感できました
良い音を携帯出来るというのは幸せなことですね

【操作性】
開発者がデザインしたイメージで操作すると心地よく操作出来ます。個人的にはサイドの電源ボタンのクリック感がもう少し欲しかったです

また、ツイッターで見掛けましたが専用クレードルに乗せる際はレザーケースだと厚みにより干渉してしまい乗せられないようです

クレードルに乗せるとその重さによりぐらつきますが軽く操作すれば極端にはぐらつかないので慣れれば問題無いかなと思います

自分は画像の様に付属のスペーサーのSサイズを本来の装着箇所ではなく接着剤で場所を定めて固定してみましたがぐらつきはだいぶ抑えられて良い感じです
画面が大きいのでこの使い方での操作性も良くなりました

【付属ソフト】
Music Center for PCはアップデートで多少はましになったようですが自分はいまいち慣れず前のバージョンに戻して管理しています

【拡張性】
専用リモコンはお値段高めというかリモコンにあるまじき高さですがこれが有るか無いかでだいぶ違うので是非持っておきたいところです

ケースはAmazonで売っているTPUケースでウォークマン本体のデザインも楽しんでいます
前面が微妙にカバー出来ていないという欠点は操作時以外はバンナイズのふわふわケースに入れることで解決しました(この時にリモコンの便利さを感じます)

このふわふわケースはポーチ等に比べてかさ張らないのでとても気に入っています


【総評】
タイトルとなり、少し大げさにもなりますがWM1Z共々ウォークマン史上であることはもちろん、徐々に増え始めてきた4.4mm規格搭載DAPの先導者、開拓者としてもその名が刻まれる歴史的銘機と言っても過言では無い出来栄えとなったウォークマンではないかと思います
幾度のアップデートを経て進化するその姿は発売当時からのオーナーさんにとっては共に成長していくウォークマンでもあると思うと羨ましい限りです

手にした喜びはとても大きいものですがこうなるとイヤホンのZ1Rもという具合に沸々と物欲が湧いてくるのが最近の困り事でしょうか

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ifleetさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
1件
ノートパソコン
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト2
拡張性4

年齢が分ってしまいますが、音楽を携帯する=持ち出す為に初めて買ったのは、カセットテープを再生するウォークマンでした。

デジタルオーディオプレイヤー(以下、DAP)を買ったのは、iPod Classicで次がiPod Touchだったり、iPod nano貰ったり、いくつか変遷がありました。音楽は好きですが、決してオーディマニアではないせいか? 本当に久しぶりにDAPを買いました。

iPhoneには音楽は入れていませんし、最近は外で音楽聞く時はクルマの中だけです。

しかし、最近になってもっと良い音で音楽を聞きたい、どうせならハイレゾで、と思いついてこのウォークマン、NW-WM1Aを買った次第です。

実は、買ってまだ数日のレビューですから、あまり深くない内容かもしれません。

買ったのはソニーストア、同時購入で
・イヤホン:IER-M9
・MUC-M12SB1:交換用?リケーブル用のケーブル ※在庫切れで注文し、届くの待っています。
・SR-128UY2A:マイクロSDカード 128GB
・CKL-NWWM1:ケース
・USBケーブルを2本
ケースに入れますから液晶保護用のシートとかは買いませんでした。

【2019/06/29追記】
エージング後に再レビューと言っておきながら時間が経ちました。
アンバランス・バランス両方の接続で合計400時間ほど動かしました。やはり、エージングはすべきですね。
ヘッドフォンを変えていなくてもエージング後は音の解像感が明らかに変わります。
特に高音域は抜けが良くなります。またはヒトのボーカルは吐息の様子も分かってしまい、最初はややぎょっとしました。
尚、エージング後は、リケーブル用のMUC-M12SB1は止めて、製品添付のケーブルにしています。理由は、このケーブルが
NW-WM1Aに向かないらしいからです。
尚、実は最近ヘッドフォンを買い増し?して、IER-Z1Rと一緒に使っていますが、さらに解像感は磨きがかかった感じです。
しかし、やはり低音はちょっと不満です。

【デザイン】
色とモノとしての存在感を感じさせる形は少々無骨かな?と思いましたが、堅牢さがあってかなり好きなほうです。デザイン的に少し残念なのは、本体ではなくケースを閉じた状態で充電用のケーブルがさせないので、充電時や音楽ファイルの転送時、つまり本体下部にUSBケーブルを挿す時、少々使い勝手が悪いような。


【携帯性】
257gですが、ポケットに入れて持ち歩くには少し重いような気がします。NW-WM1Aよりも更にグレードの高いNW-WM1Zの購入を見送ったのは、高価なことも去ることながらあの重さ、455gという重量だったりします。

重量以外は、手への収まりも良く、本体の厚みも操作の確実さを補完するようで良好です。衣類が薄くなってポケットなんかが少なくなる季節にどうやって持ち運ぶか、課題になりそうです。

【バッテリ】
90%で充電が止まるいたわり充電にしていますが、今のところ電池切れにはなっていません。NW-WM1Aもスマホと同じように使い切って充電ではなく、70%くらい使用で充電が良さそうです。但し、充電には少し時間がかかる印象です。

【音質】
本体の要素だけではないかもしれません。
いずれもハイレゾ音源とCDの比較になりますが、イコライザー等の音質調整は行っておらずソースダイレクトだけの再生で少し低音が弱い、ずっしり来る感じがないように思いました。昔々、CDでラベルのボレロを聴いた時より重厚感が物足りない気がします。いずれもカラヤンでベルリンフィルのものですね。

しかし、一方でこれまたCDを持っているグレン・グールド演奏の"Bach: The French Suites Nos. 1-4, BWV 812-815"(フランス組曲)はなんでしょう?音の空気感の表現力や細かな描写の切れが明らかに違います。高音は秀逸と思います。

【操作性】
メインの画面がサクサク操作出来る感じは良好です。さすが高いだけはあります。
サイドの物理ボタン、電源や音量も操作しやすいです。但し、付属ソフトに通じるものもありますが、U/I自体はそれほど優れている訳でもなく、液晶がタッチパネルであることを活かせていない気がします。

【付属ソフト】
ソニーは、昔からソフトの開発力は弱いですね、最近とみにそう感じます。
私はMacOSを主に使いますが、Content Transfer for Macでしたか? 音楽ファイルを転送するアプリは出来が良くないのか? ファイルをドラッグ&ドロップすると割とアプリが落ちがちで意味もなく異常終了します。(私の場合、OSはMacOS 10.14のMojaveですから動作確認の範囲外かもしれませんが。)また、このアプリは見た目も貧弱で、本当におまけのソフトなんだと思います。

【拡張性】
ハイレゾオーディオの知見が豊富では無い為、拡張性は分りません。BluetoothとマイクロSDカードが使えるのは便利です。

【総評】
今のところ費用対効果に満足しています。
所有欲も満たしてくれます。しかし、どこかでイヤホンは買い替えるかもしれません。取りあえず、200時間くらい動かしたら再度レビューを更新します。

参考になった15人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Takex4さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
1件
レンズ
3件
0件
カメラバッグ・リュック
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4
   

SRS-HG10とBluetooth接続

   

【デザイン】
安っぽくなくてそれなりに厚みがあってとても良い
【携帯性】
ボディバッグに入れて持ち運ぶので全く気にならない
【バッテリ】
1日使って途中でバッテリーが切れたって事は今のところ無い
【音質】
良い。出口が良いと更に良くなる
【操作性】
液晶タッチパネルと側面スイッチの組み合わせは使いやすい
【付属ソフト】
付属ソフトってあったっけ?
【拡張性】
ジャック2種類にWMポートにBluetoothも付いているので充分では?
【総評】
普段はNW-WM1AとMDR-Z7M2をバランス接続で使用
出かける時はWI-1000XをBluetoothメインで使用
ヘッドフォンを使いたくない時はSRS-HG10を使用

今までiPhone1台で全てを済ませていたが、バッテリー消費とデータ容量が増えすぎたので音楽専用機を買う事に。
結果とても満足している
音の好みは個人差があるので・・・自分的にはとても満足している
操作性は悪くは無いのだが、再生順のバリエーションを増やして欲しい
残念だと思ったのはZと同じ256GBで販売して欲しかった
ポートに関して賛否あるみたいだが貧弱な端子ですぐ壊れるよりは良いと思う
SONY純正でWMポートからの変換ケーブルを色々出せば良いのに

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆるちゃさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性2
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性3

小さい頃から今までずっとウォークマンばかり買ってきましたけど、これは素直に綺麗にはなってます。

ipodも試しに買ってみたりしましたが、デザインと広告でブランドとして上がってきた会社なだけで特に音は普通でした。

ウォークマンは今はないですけどXシリーズを買ったときにはじめて音が綺麗とか分かるようになりました。

昔は新しい機種になってもただ単に音を変えてるだけで売ってるのかなって思ってましたがこのWM1Aは音が丁寧に聞こえます。

実はこの機種はスピーカーがあまりいいものでなくても綺麗に聞こえます。(高性能なスピーカーだとそれに応じて更にグレードアップできる音の拡張性のあるプレーヤー)


『メリット』

・音が綺麗なのはこのご時世当たり前になってきてるので、スピーカーやヘッドホンなどで音の拡張ができる点が大きい。性能のよくないものでも逆に楽しめる。

・意外にも電池持ちがいい。(学校仕事をしてる通常の一日サイクルの方での使用だと数週間もちます。)

・独自のOSらしく、無駄な機能がなく音のみの機能が多彩。

・横ボタンがめちゃくちゃ便利。


『デメリット』

・重くて分厚い。鉄のインゴットを持ってるみたいな感覚です。

・色は一色のみ。

・昔の機種から変わってないですがとにかく音楽ファイルの画像の読み込みが遅い。


デメリットに関しては上2つは仕方ないなーとは思いますけど、余分な機能がないのに読み込みに時間かかるのは何でかなって思います。

ウォークマンは間違いなく音に関してどのメーカーよりもトップクラスだとおもいます。BOSEなどとは違い、生で聞く音そのものの音を出してくれるので、好き好みというよりは、本当の音を聞きたい方用ですね。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

オ−ディオdeストレス83さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
10件
CDプレーヤー
1件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
バッテリ5
音質4
操作性3
付属ソフト2
拡張性無評価

【使用ヘッドフォン&イヤホン】
ゼンハイザー ヘッドフォンHD-800S
ゼンハイザー イヤホン   IE-800S

【デザイン】
高級感があり、良いデザインだと思います。

【携帯性】
スマホの携帯性になれた現在では、やはり大きく重く、携帯性の魅力で所有する機種ではないかと思いますが、高音質ハイレゾプレーヤーを気軽に持ち運べるという意味では、素晴らしいパッケージングだと思います。

【バッテリ】
よく持つ方だと思います。

【音質】
やはりNW-WM1A最大の魅力は音質にあります。ゼンハイザーHD-800Sと共に購入し、当初はこの組み合わせで聴いていましたが、300Ωのヘッドフォンの駆動はバランス接続、ハイゲイン出力にしても明らかに力不足で、イコライザー、各種音質設定で何とか聴ける音になりましたが、HD-800Sをフルスイングした音ではないので、結局イヤホンのIE-800Sを追加導入。IE-800Sでは駆動力十分で、バランス接続、ソースダイレクトONで聴いています。

一番驚いたことは、SN比が非常に良く、女性ボーカルの透き通ったノイズのない歌声の再生能力は凄いですねー。当方ホームオーディオがメインオーディオなので、それなりに電源、ラインケーブルにもこだわっていますが、本機のノイズレベルの低さには敵わないです。おそらく供給電源の違いだと思いますが、WM1Aは高音質設計なバッテリー駆動のため、余計な電源ノイズが混入しないんですよねー。それほど家庭用電源にはノイズが多いということを思い知らされた次第です。

再生音は余計な着色なく忠実に再生される傾向なので、ボーカルの色気や深い感情表現、楽器の繊細なタッチ、指の動き、響きの再現性という意味では、圧倒されるほどの再生音ではなく、淡々と忠実にありのまま鳴らす傾向の再生音だと思います。IE-800Sとの組み合わせでは、低域方向は厚みがあり解像力も十分で、中高域は活き活きと爽快感があり、意外と広い音場を奏でてくれます。

【操作性】
側面にある物理ボタンは手探りでも操作しやすいです。
画面操作は他メーカーのものと比較していないため、慣れれば問題ないかと思います。

【付属ソフト】
使いづらいですねー。未使用です。

【総評】
ホームオーディオがメインなので、就寝前に寝室で聴くためにサブオーディオとして購入しました。ゼンハイザーの音が好きなので、IE-800Sをソースダイレクトでベストに音を奏でる本機は、ヘッドフォン&イヤホンの音質特性を損なわないよう黒子に徹したDAPといえると思います。しかもそこそこハイエンドクラスのイヤホンをフルスイングさせる能力を持つWM1Aは、コスパも良い機種ではないでしょうか。SNが良く淡々と忠実に再生するハイ・スタンダードDAPと言えるでしょう。

ジャンル
ジャズ
ロック

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:128人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
0件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

透明シリコン製カバーケース

バランス接続用イヤホンケーブル

液晶保護シートをきれいに貼るコツ

■使用イヤホン
・有線タイプ:JVC HA-FW01
・ワイヤレス(Bluetooth)タイプ:SENNHEISER CX6.00BT
★あくまでも音質に関してはこれらの組み合わせによる感想となりますので、DAP単体の音質ではないことをあらかじめお断りしておきます★

●音質
やや低音寄りの帯域バランスで、中高音は極めて繊細でありながら弱々しくならずしっかりフォーカスされた音が聞こえるところ、荒々しさや刺々しさをなくし、むしろ丸みというかふくよかさがあるところ、緻密さ濃厚さも加わって全体的にしっとりとした上品で優雅な美音で気持ちよさを感じたのが意外でした。
従来のいわゆるSONY(ウォークマン)の音質は、明瞭感を強調し派手目(ドンシャリ)で元気はあるが、逆に軽薄になりがちで重み深み広がりなどの音場表現や上品さに乏しく、どこか物足りなさ不満さを抱かせる音作りのイメージでした。
ところが、WM1Aの音はそのイメージを覆すように、ただのドンシャリではなく今まで足りなかった音場をうまく表現し直しハイレゾらしい上品さを加えて、これぞSONYが作る高品位なオーディオだとアピールしていることを実感させるような仕上がりだと感じたしだいです。
ちょっと誉めすぎだったかもですが、私個人としては昔のSONY(ウォークマン)イメージからだいぶ変わった(良くなった)と率直に思ったしだいです。
「音質設定」を弄ってみましたが、「ソースダイレクト」をOFF(他の音質設定はすべてOFF)にするだけで鮮度や解像度が落ちて、薄いベールやフィルターをかけたようなややモヤモヤした感じがしました。
いくらデジタルとは言え、「DSEE HX」「DCフェーズリニアライザー」「バイナルプロセッサー」「ダイナミックノーマライザー」のいくつものデジタル信号処理を通せば音の鮮度は少なからず劣化するはずです。
「DSEE HX」について言えば、失われた情報を復元するものではなく、あくまでも補完・補正するものです。
言い方を換えると本来あるべき姿(事実・真実)に基づいて再現するのではなく、ある理想の姿に向かって推論だけで再現するようなことなので、聴感上の音質改善的な効果はあっても必ずしも原音に近づく(ピュアを追求する)という機能ではありません。
「アップスケーリング」処理だけなら単純に音質向上と言えたかもしれませんが、「高域補完処理」においては逆に音の不自然さを生じる可能性もあり得るので、あまり過信できる機能ではないと承知したうえで使うのがいいかもしれません。
また、私の耳では「DCフェーズリニアライザー」や「バイナルプロセッサー」も効果が微妙?でした。
「ダイナミックノーマライザー」も楽曲によっては再生途中で急激に音量が変化して違和感となる場合があり使っていません。
これらWalkmanの「音質設定」は他社プレーヤーにはない差別化機能と言えますが、音楽を聴くことの楽しさや感動に絶大な効果を発揮するから他社プレーヤーより優れていると言い切るほどではないと思います。
結局、楽曲の鮮度が保持される「ソースダイレクト」ONが、私にとっては十分満足のいく設定だと思っています。
私のようにあまりメリットを感じないようであれば無効にしておくのがベターかと思います。

●良い点
1)音質については上記の通り過去のイメージから大きく良くなった。

2)PCとのUSB接続がマスストレージ方式であるため、プレーヤー側のメモリデバイスがPC(Windows)上のドライブとして認識されるので、普段よく使うファイル管理ツールがまともに使えて楽曲ファイル整理するとき都合がいい。

3)バッテリーが意外と長持ち

4)Bluetooth接続時の音質も意外となかなか良く、有線接続に比べて音質の落差をあまり感じさせない良い印象です。

●悪い点(不満点)
1)「フォルダ」検索モードで再生する楽曲を選択するとき、「任意のフォルダ上の楽曲すべて一括選択して再生」ができない。
(他社のプレーヤは大抵できるようになっている)

2)電池残量のパーセント数値表示がない

●その他
最近のウォークマンとして当たり前だと思っていたWi-Fi通信機能がWM1Aにはありません。

●まとめ
操作面(UI仕様)で少し不満が有りますが、音に関しては上級レベルで価格もふまえた上で個人的には十分満足しております。
また、ポータブルとしては大きく重いボディで気にする人がいると思いますが、私の場合はポータブル性よりも音質優先で選んでいますので、この程度の大きさと重さは気にしていません。
むしろ、アンプにパワー感がありイヤホンやヘッドホンを鳴らしやすく実力を発揮しやすいと思います。
(別途ポータブル・アンプを用意する必要性もありません)
最後に、WM1Aの音質を例えるなら、
★「上品で魅惑的な薄化粧美人」★
プレーヤー任せで上品に色付けされた音をラグジュアリー感覚でリスニングすることができるプレーヤーで、ちょっと気分を変えて気軽に音楽を楽しむ、あるいは少し気合いを入れて本気モードで音楽を聴く、そのどちらにも応えてくれそうな気持ちにさせてくれます。

追記
●安価なオススメ関連グッズ(添付写真参照)
1)透明シリコン製カバーケース(Amazon 2千円弱 中国製)

2)「MEE audio UNIVERSAL MMCX BALANCED AUDIO CABLE」(1万円前後)
ベースのプラグは2.5mm4極ですが、4.4mm5極(Walkman用)/3.5mm4極/3.5mm3極の3つのL型変換プラグがセットになっていて(どのプレーヤにも接続可能で)お買い得です。

3)液晶画面保護シート(Amazon 1千円以下)
(私は光の反射が嫌だったのでノングレアタイプを選択)
ほこりや気泡もなくきれいに貼るコツは、浴室(風呂場)で作業することと、シートの一辺をメンディングテープでプレーヤーに位置決めしてから仮止めし、仮止め側からシート裏面の台紙をサッとはがし、シートが自然と勝手に画面に張り付くのを待てばOKです。
あとは密着するようきれいな布で表面を押さえておけばよいでしょう。

ジャンル
ジャズ
その他

参考になった10人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

xbagus2018さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン2
携帯性2
バッテリ4
音質3
操作性2
付属ソフト1
拡張性1

ソフトで困った事を書きます。gretestというクイーンのアルバムをハイレゾのflack96kでe-onkyo musicからダウンロードしてnw-wm1aの内部メモリーにコピー&ペーストしたところ wm-1aのアルバム選択画面 つまりsonyのウォークマンにほぼ共通にインストールされているosでクイーンのgretestというアルバムを選択したところ、sdメモリーカードにインストールしてあった同じ名前のgretestというロッドスチュワートのアルバムとニールヤングのgretestというアルバムがごちゃまぜになって表示される。つまりアルバムの題名が同じという事だけであたかも1つのアルバムとして認識されてしまう。世界的な企業のソニーが作ったものがこんな酷いソフトを搭載しているとは呆れます。

国としては大嫌いだけど、iriverのsp1000とかse100のソフトの洗練された操作性と比べると日本人として、恥ずかしく思います。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のるとんさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
6件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性1
バッテリ5
音質4
操作性5
付属ソフト3
拡張性3

SE846 バランス接続によるレビューです。

【デザイン】
無骨で、特にありません。

【携帯性】
冬はコートのポケットに入りますが、夏場は厳しいです。ワイシャツのポケットに入りますが、厚さと重みが凄いため、かなり見た目が不恰好になってしまいます。音質とのトレードオフと考えます。

【バッテリ】
ZX300と比較して、体感では同じ程度に感じます。このクラスのDAPとしては、非常にバッテリーのもちが良いです。

【音質】
ここが決め手でした。少し前にZX300を購入したものの、どうしても低域の質に満足できず、WM1Aに乗り換えました。
ZX300の低域は、一瞬出ているように思えて、一番下の重低音(バスドラムなど)は出ていません。それに対して、WM1Aは低域がしっかりと下の方まで出ています。また、解像度も段違いです。たまにレビューでZX300はWM1Aに並んだ、ZX300とWM1Aの違いは好みの差だ などと見かけますが、明らかに2ランク以上違う音質です。

【操作性】
とても良いです。再生画面からすぐに各種音質設定の画面に移動できて、便利です。しかし、基本的にはソースダイレクトで使用しています。

【付属ソフト】
これは他の皆様のご指摘通りだと思います。

【拡張性】
特になし。

【総評】
大きさと重さが何とかなればと思いますが、音質の為の物量の多さと考えれば、致し方無いのでしょう。もしもZX300とWM1Aで悩まれている方がいれば、WM1Aを断然おすすめ致します。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スカーレットデビルさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
167件
イヤホン・ヘッドホン
3件
28件
プリメインアンプ
1件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト3
拡張性5
   

   

【デザイン】
大きくもなく小さくも無い手に馴染む程度の大きさである。

左右の出っ張りが握りやすさに一役買っている。
タッチパネルだけで無くハードボタンが付いている点が高評価である。

音を楽しむのに暗い部屋の中で明かりを点けず聞いている時、タッチパネルの光が邪魔をする。
手探りで操作できる事が好ましい。

【携帯性】
このサイズの物を胸ポケットに入れ街中を歩くには重量もある為にオススメしない。

カーゴポケットや鞄などに入れて聞く文には問題は無いサイズである。

【バッテリ】
5,6時間程は聴けるから良いのでは無いでしょうか
何十時間も連続で聞くことはないので聞き終わったら充電しとけば不便はありません。

【音質】
結論から書くと
音の海をゆく船のようなものである。


使用して1年経ても飽きが来ない。同じ曲を聴いていると新しい発見すらある。

何度かのアップデートを経て実装されたバイナルプロセッサーは新たな顔を見せてくれた。
SONYの説明の通り、デジタルのクリアさシャープさとアナログの暖かさや丸みが合わさったような音を出す。

今までのように高音や低音、中音域と言ったくくりでは逆に上手く説明を出来る気がしない。

部屋の中央に座り自分の為だけ、目の前で歌ってくれている。その様な音を出す。

学生時代からWalkmanを使ってきてCD、MD、メモリースティックとデジタルの進歩にWalkmanは歩みを共にしてきた。それを聴いてきた中でNW-WM1Aは過去最高のミュージックプレイヤーである。

【操作性】
アップデートにより使いにくかったブックマークとプレイリストを編集追加するときの鈍さは大幅に改善され不便は感じなくなった。

強いて言うならインデックスが欲しい

【付属ソフト】
これは何とも言えない。
困ることは無いが不満はある。

何度も管理アプリを変えないで欲しいそれだけ

【拡張性】
これは素直に嬉しい
昔のようにメモリースティックで無く、汎用的なSDカードを使えることは嬉しい。

あとBluetoothは他人のカーオーディオ機器で聴くのに接続するのに便利であった。

【総評】
バランス接続に関して書くのは何処に書くべきか迷ったので総評の欄に記載します。

MDR-1Rをバランス接続で繋げ聴いている状況での音は何度も書いておりますが、実にリアル

艶めかしいの一言

繊細なモニターチックな音を求めてた時もありましたが、今はこの生に近い音が実に心地良い

勿論、モニターのように一粒の繊細な音の始まりと終わり、キレ方も出せる。

バランス接続ではその様にユーザーの好みの音を徹底的に出してくれる。
数値を変える、ヘッドホンを変える音源の質を変える…

色々と変えれば応える機種
表現できる機種

そしてバランス接続で一番感動したのは最近のことではありますが、バイナルプロセッサーの効果ですね。


バランス駆動してることでヘッドホンは遺憾なく駆動し音を奏でてたと思いきや、本当に滑らかに音の出だしと余韻は驚きでした。

目を瞑ればもうそこは音の世界

私の趣味の曲達は8000曲を超えてその海の中を悠々と漂い奏でる

そんな逸品

良い買い物をしたと思う

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

xbagus2019さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性1
バッテリ4
音質3
操作性2
付属ソフト1
拡張性3

当方ほかにa&ultima sp1000 cpを持っているのでそれとの比較になります。

サンディスクの400gのメモリーを入れて使っております。nw-wm1aでクラッシック音楽を聴く場合 音源の情報があまり多く表示されない。つまり例えばカラヤン指揮のウイーンフィル演奏のベートーヴェン第9の交響曲だった場合 CDからリッピングしたファイルだとするとこのファイルの音源にたどり着くまでの情報の表示ができない。つまり表示されるスペースが少ないのでこれにたどりつけない。それに比べてsp1000は表示されている情報が多いので容易に目指す音楽を選ぶことができる。また音源をチョイスする時にはアルバムのアートワークがないと不便に感じるのだがsp1000の場合にはCDをリッピングした時 例えばdB powerampを使ってリッピングした時にアルバムアートワークを入れ忘れても事後的にamazonなどから画像をコピーしてファイルのフォルダーにペーストしてあげるだけで容易にアルバムの選択画面できちんと表示されるがnw-wm1aではそれができない。私はどちらも自宅で使っていて持ち歩かないが、nasにリッピングしたファイルをsp1000は付属のソフトにak-conectoがありこれで聞くことができる。astell&kerunのdapは入門機のak70mk2でもできるがウオークマンは、zx-2などのアンドロイド搭載機種以外はできない。音に関しては他の方がたくさんレビューしているので今回はしないがsonyももう少しハード面だけではなくソフトも考えて作ってもらわないと困ります。akの商売のやり方はあまり好きではないし信頼性からもsonyを選びたいと思っています。高いお金を払ってわざわざ韓国製を選んでいるわけではないのです。




参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

new3さん

  • レビュー投稿数:98件
  • 累計支持数:832人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
70件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
14件
35件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性5
   

   

他メーカーのDAPも複数台保有してますが、 SONYですとZX2、ZX300からのグレードアップとなります。同シリーズの「1Z」と大いに悩んだ結果、私は「1A」を優先選択しました。 「1Z」の音の芳醇さや緻密さは他のDAPでは感じ得ないアナログチックな素晴らしさがあります。classicやold-jazzをを聴くには最高でしょう。ただ全てのジャンルをカバー出来る音質テイストではないと私は感じました。 (ある意味とても個性が強い)私はfusionやAOR系をメインに聴くので音にスピード感やキレ、メリハリ感を求めます。「1Z」の音はちょっと軟らか過ぎ+原音クオリティーに敏感反応し過ぎることが私にはネックとなりました。
オールラウンド性(聴くジャンルを選ばない) は「1A」の方が間違いなく高いと思います。
単に高級だから「1Z」ではなく、自分が聴くジャンルで選択(若しくは使い分け)する事が大切ではないでしょうか。
また「高級マルチドライバー+バランス接続」でないとWM1シリーズの特徴が味わえないかのようなコメントが多いですが、そんなことはありません。アンバランスでも十分に音質の向上(ZX2、ZX300からでも)を感じられますので本機にグレードアップする価値は間違いなくあります。
バランス駆動+リケーブルすれば勿論、解像度&メリハリ感のアップを望めます。音質という事だけで言うならば本機はZX300よりも全てに於いて上であり、2機種には明確な差異が在ります。携帯性に拘らないのであれば多少無理をしてでも「1A」を選ぶべきです。本機はSONYの技術と拘りが凝縮されたオールラウンド&傑作DAPではないでしょうか。
*追記:純正リモコン(RMT-NWS20)は 必須アイテムだと思います。有ると無しでは 操作性が雲泥の差です。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった49人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りゅうせい-OREX-さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
42件
0件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性2
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト2
拡張性無評価

 はじめてのハイエンド帯のミュージックプレイヤーです。
購入してから3か月ほどが経ち、バランス、アンバランスともに十分にエージングできたと思います。
仕様イヤホンは、audio-technicaのATH-LS400に純正のバランスケーブルのHDC314A/1.2です。


【デザイン】
 ハイエンド帯のものとしては普通なのでしょうが、やはりそれなりに大きく厚いです。それでも、すらっとした無駄のないフォルムが個人的には良いです。アルミのひんやりとした質感と背面のすべり止め加工がアクセントになっており、手持ちの時もしっかりグリップできると思います。(ケースに入れて使う場合は、その恩恵は受けられませんが)


【携帯性】
 大きさに見合った重さだと思いますが、私は半月もたたずに気にならなくなりました。以前はiPod nanoに携帯用のアンプを繋げていたので、大きさや総重量としてはほぼ変わらず、むしろ前よりスマートに使用できています。とはいえ、Yシャツの胸ポケットがいっぱいになる大きさで、重量的にも厳しいので、服のポケットに入れて使うというより、カバンに入れてケーブルだけ出して使うという様な形になると思います。入れてもズボンや冬用のしっかりしたコートのポケットで、携帯用としてはギリギリの重さだと思います。
 店頭で比較した感じでは、兄弟機のNW-WM1Zは、大きさ同じの重さ1.5倍以上(感覚的に2倍近い)でかなりズッシリくるので、手持ちはもちろん服のポケットを想定した使用はできないでしょう。


【バッテリー】
 いたわり充電機能を使用しており、FULL充電でもバッテリー容量の90%程度の状態で使用しています。
 個人的な使用感としては、音量30(最大120)、ハイレゾ相当のスケールアップ機能などの音質設定ONで聞き流した場合、FLACソース(CD)では約18時間、MP3(320K)では30時間弱といった印象です。スケールアップ機能などを使わないソースダイレクト再生なら+1割くらいは伸びると思います。
 バッテリーは十分に感じますが、ディスプレイを頻繁に点灯するとやはり減りがはやいので、筐体横にある音量や再生ボタンを基本的に使っています。


【音質】
 購入し、初めて電源を入れた時にも表示されたのですが、本機は200時間以上のエージングにより本来の性能を発揮するということでした。実際、エージング前と後では音は確実に良くなり、とても楽しく聴いています。
 最初は、以前使用していたiPod nano+アンプと同じくらいの音を出していたように感じ、そこまで悪くはないと感じていました。しかしエージングが進むと、同じ音源(MP3)の曲でも、今まで聞こえていなかった音(バックコーラスの伸びや複数のヴォーカルの個性など)が聴こえるようになってきました。聴き込んだと思っていた曲でも新しい発見があって、音楽の楽しさを再発見した気分でした。
 また、ソースによっても少し雰囲気が変わり、MP3ではメインのヴォーカルが前に出てはっきりと聴こえてくるのに対して、FLAC(CD)では少し奥から柔らかい声が届いてくる印象を受けました。
 接続でも音の印象は変わり、アンバランス接続では目線の高さより少し高めの位置からしっかりと届くメインのヴォーカルを中心にサウンドが両脇からそれを支えているような音でした。定位感としては、高さの低い二等辺三角形といった感じです。イメージとしては、扇状の小ホールで舞台より少し低い位置で聴いている印象です。
 バランス接続の場合だと、空間が全体的に広がった印象を受けました。目線より高めの位置から響いてくるヴォーカルと、両サイドからパワフルな(特に低音がしっかりした)サウンドがヴォーカルと同じくらいの強さで主張してきます。定位感は正三角形です。それでも、3音がケンカせずに1つの曲としてまとまっていて、元気な感じで聞こえてきます。イメージとしては、野外のライブ会場で高いステージから音が降ってくるような印象でした。
 また、(これは使用しているケーブル素材の違いかもしれませんが、)アンバランスよりバランス接続の方が若干全体の音がクリアに聞こえました。


【操作性】
 今までクリックホイール機だったので、タッチパネルの操作性についてはほぼ素人なのですが、特に問題もなく使えています。
 左手で持って右手で操作する仕様のため、上下スクロールバーが画面右に固定されています。利き手によっては使いづらいかもしれません。
 一つだけ明確な欠点があるとすれば、起動に一分程度の時間がかかることです。待っている時間というのは長く感じるもので、音楽を聴こうと思って電源を入れても、すぐに聞くことができないというのは少なくないストレスを感じてしまいます。出先でも良い音が聴けるということで、これは我慢しますが。


【付属ソフト】
 他の方のレビューを見てもMusic Centerにはあまり良い評価がありませんでした。そこまで様々な機能を使っていたわけではない私から見ても、確かにiTunesと比べると見劣りしてしまいます。音楽ファイルを直接転送できるウォークマンシリーズには必須というわけではないのでこのままでもいのかもしれませんが、機能が向上するといいなぁという淡い希望を抱きつつ、CDをFLACで取り込むのと機器への転送にのみ使用しています。
 曲数が増えると(50曲を超えたあたりから)動作が遅くなってしまい、起動にも終了にも多少の時間がかかるため、かなりストレスが溜まります。残念です。


【拡張性】
 詳しく調べてはいないですが、単体で十分なので無評価です。


【総評】
 価格が価格なので、購入には勇気がいりましたが、今では非常に満足しています。ある程度大きくても、音を聴けば許せてしまうほど楽しく聴いています。
 私は試していませんが、イヤホンが変わればまた違った音を奏でてくれるでしょう。
 気になる方は、ご自分のイヤホンをもって一度試聴されることをおすすめします。

ジャンル
その他

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

びびくおさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
3件
デジタルオーディオプレーヤーアクセサリ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト2
拡張性3

◆はじめに
まだ20代前半の拙いレビューですが、少しでもお役に立てれば幸いです。
1Zを購入して、1Aの優秀さを改めて感じたので、1Zとの比較も合わせてレビュー致します。

◆デザイン・携帯性・バッテリー
・SONYと言えば黒。シンプルなデザインで持ちやすく、個人的に好きです。
・私は感覚が麻痺してしまい、この程度では重いと感じなくなりました(笑)
・ポケットで運用できますし、バッテリーの減りも特に気になりません。
・DAPという、外で高音質を楽しむという本質は十分クリアしていると思います。

◆音質
私はZX2から1Aに乗り換えましたが、十分に価値がありました。
但し、バランス接続での話です。バランス接続の予定が無い方に1Aはもったいないと思います。

1Aは、音の傾向があっさりしているので、ジャンルを問わず、全体的なまとまりで音楽を聴けます。
個々の音、というよりは全体で聴く感じなので、意外にMP3や収録が悪いハイレゾ音源もすっきり聴けたりします。
なので、純粋に音を聴くのが楽しい!という感じです。
逆に言うと、ハイレゾやDSDなど良い音源の恩恵は少ないかも知れません。

1Zは、かなり濃厚で奥行き、立体感があるので、ある楽器だけを追いかける、とかボーカルだけに恍惚とする、
など、個々の好きな部分を存分に楽しむ事ができます。
但し、音が悪い曲はその悪さをありありと表現するので、1Aでよく聴いていたのに、聴かなくなった曲が結構あります。
ロックやポップス中心だったのが、クラシックやジャズを中心に聴くようになりました。
音を楽しむ、から、音を求める、に変わってしまい、本末転倒だと思うこともあります(苦笑)

例えるなら、
1Aは全教科を合格点取る優等生タイプです。
1Zはある特定の分野において覚醒する、芸術肌タイプです。

人間においても優劣が付けられないように、DAPも同じだと思います。

◆その他
・音楽を聴く事に特化した独自OSは良い。
・MusicCenterは残念です。
・SONYの別売りのBluetoothリモコンがあると便利だと思います。

◆満足度
1Aはコスパも良いですし、本当に優秀だと思います。
万人におすすめできるDAPです!

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

comeback太郎さん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
86件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
69件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
29件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト2
拡張性3

【デザイン】
ZX2より背幅が短くなり分厚くなったけど


オーディオデザインとして悪くない
【携帯性】
ZX2を持ち歩いていたのでWM1Aも普通にポケットに入れて持ち歩いてる

重さと厚さは慣れれば問題ない
【バッテリ】
公称33時間とあって減りが早いかと思ったけど


ZX1より電池持ちが良く実用的で不満はない
【音質】

使用イヤホンは10proのGND分離ケーブルと
4.4mmプラグの自作ケーブル


ZX2ではDSEE HXを使ってたけど

WM1AのPhone Outの出力が上がったのでSource Directで聴いてる


GND分離で聴いても公称60mw+60mw(16Ω)あるので全域に躍動感や音の広がりもあり
アンバランス出力も悪くない


ZX2の総合30mw(16Ω)より進化を感じる



バランス出力ではアンバランス出力に比べ



出力が250mw+250mw(16Ω)と高出力になり


電池の再生時間もアンバランス出力と変わらない仕様となっている(Sonyに確認済み)


バランス出力の感想としてはアンバランス出力に比べ



音がフラットかつ音場表現が自然に感じた


一つ一つの音が繊細に聞こえるけど


EDMやHipHopの様な曲でもしっかりパンチの効いた低音を鳴らす



出力が上がった事によりアンプのパワーの余裕を感じる



インピーダンスの高いイヤホンやヘッドフォンには


出力ゲインをMidとHiに切り替える事が出来るので
音量を取るにも問題ない仕様になっている



NW-WM1Aの為に10proをバランス対応させたので
当分、この仕様で使っていく





【操作性】
WM1A自体は使いやすく
特に不満はない


Bluetoothのコーデックがapt-xとapt-x HDに対応したので
拡張性も増したので良い


別売りのリモコンをBluetoothを通して使用する事も可能だけど自分は買わない



【付属ソフト】
Xアプリの劣化版

WAVにジャケ写を貼れなくなった

曲をウォークマンに転送するだけなら問題ない
【拡張性】
Bluetoothでリモコンが使えたり

Bluetoothのコーデックがapt-xやapt-x HDに対応した反面

ポートからのアナログ出力が出来なくなった
【総評】
music center PC以外は特に不満はない


Phone Outの出力が上がったので


ヘッドフォンやイヤホン選びの幅が広がったので


ZX2より進化してる点が多い



ZX2からの買い替えでも満足出来る仕様になっている

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-WM1A [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NW-WM1A [128GB]
SONY

NW-WM1A [128GB]

最安価格(税込):¥104,923発売日:2016年10月29日 価格.comの安さの理由は?

NW-WM1A [128GB]をお気に入り製品に追加する <662

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意