NW-WM1AM2 [128GB] レビュー・評価

2022年 3月25日 発売

NW-WM1AM2 [128GB]

  • ハイレゾ再生対応高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載したポータブルオーディオプレーヤー「ウォークマン」(アルミ切削筐体モデル)。
  • アルミ切削筐体と内部には無酸素銅切削ブロックを採用し、透明感のある音質と力強い低域を実現。5.0型HDのタッチパネル液晶を搭載。
  • 「DSDリマスタリングエンジン」を搭載し、独自のアルゴリズムにより元のデータの情報量を損なわず、すべてのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換。
NW-WM1AM2 [128GB] 製品画像
最安価格(税込):

¥144,800

(前週比:-3,200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥144,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥144,800¥182,440 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥148,000 〜 ¥176,000 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:128GB 再生時間:40時間 インターフェイス:USB3.2 Gen1 Type-C NW-WM1AM2 [128GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-WM1AM2 [128GB]の価格比較
  • NW-WM1AM2 [128GB]の店頭購入
  • NW-WM1AM2 [128GB]のスペック・仕様
  • NW-WM1AM2 [128GB]のレビュー
  • NW-WM1AM2 [128GB]のクチコミ
  • NW-WM1AM2 [128GB]の画像・動画
  • NW-WM1AM2 [128GB]のピックアップリスト
  • NW-WM1AM2 [128GB]のオークション

NW-WM1AM2 [128GB]SONY

最安価格(税込):¥144,800 (前週比:-3,200円↓) 発売日:2022年 3月25日

  • NW-WM1AM2 [128GB]の価格比較
  • NW-WM1AM2 [128GB]の店頭購入
  • NW-WM1AM2 [128GB]のスペック・仕様
  • NW-WM1AM2 [128GB]のレビュー
  • NW-WM1AM2 [128GB]のクチコミ
  • NW-WM1AM2 [128GB]の画像・動画
  • NW-WM1AM2 [128GB]のピックアップリスト
  • NW-WM1AM2 [128GB]のオークション

NW-WM1AM2 [128GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.47
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:22人 (プロ:1人 試用:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.51 4.37 4位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 3.09 4.35 9位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 4.69 3.90 3位
音質 音質のよさ 4.95 4.24 2位
操作性 操作性のよさ 4.04 3.77 3位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.62 3.36 4位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.82 3.57 4位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-WM1AM2 [128GB]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

PC−9801BX2さん

  • レビュー投稿数:98件
  • 累計支持数:349人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
30件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
11件
スマートフォン
10件
9件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4

電池持ちがいいのでこの機種を選びました。
音に関して、出力に少し不安があるものの付属の再生アプリだと心地よく聞ける音を出してくれます。
ただ、AmazonMusicHDなどサブスクのものを聞くと純正のアプリで聞いた時よりだいぶ聞き心地が悪くなってしまいます。
SONYに問い合わせるとアプリにより音が変わることは十分考えられるとの返答をいただきましたが、やはり付属のアプリのような音を出すのは難しいようです。(音に関する機能はすべて切っていてもだいぶ違う音になります)
また、AmazonMusicHDの曲を4000曲くらいmicroSDにダウンロードしたらアプリが重くなりAmazonMusicが使い物にならなくなりました。(これに関してはSoCの力不足なのかmicroSDに問題があるのかはわかりません)

この機種で一番困ったところは、fiioのK9ProESSとの接続がうまくいかなかったことです。
相性の問題のせいか使えませんでした。
iFiのNEO iDSDと接続したところ普通に使えたので、機器の不良ではないと思います。

イヤホンを使い外で長時間聞く人にはいい機種だと思います。

ジャンル
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

hiro_29さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
8件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤーアクセサリ
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト1
拡張性3

【デザイン】
WM1Aから継承されており、段差のおかげなのか手に持った時の持ちやすさがとても良くしっくりきます。

アルバムアートのサイズはWM1Aから据え置きなのでもう少し大きかったらなと思いましたが、改めてWM1Aを見たら画面いっぱいに表示されるのが逆に窮屈に感じたのでこれぐらいがちょうど良いのかも?とも感じました。

曲によって背景の色が変わる演出も素敵でとても気に入りました。

液晶の発色の良さや鮮明さはWM1Aと並べ、どちらも最大輝度にして同じアルバムアートで見比べていったところWM1Aから一、二段落ちてしまった感じです。ZX300からWM1Aに変えたときは画面のきれいさに感動したものですが今回はその逆でこの点はがっかりでした。それでもZX300よりはきれいでしたが…
話によると音質と液晶などで開発部隊が分かれているらしく、音質優先な結果でこうなったのかなと思っています。
音楽以外にもアルバムアートも楽しみたかったので本体が大型化したのなら液晶も他メーカーのDAPの様に1920x1080のフルHDだったらなという思いもあります。ここは気が早いですがM3に期待しています。

【携帯性】
重さは増しましたがポケットに入れていても特に苦には感じません。

【バッテリ】
流石のウォークマンで余裕を感じさせてくれます。

【音質】
開梱したてで現在愛用しているエージング済みのWM1Aと同等か上回る感じで200時間のエージングを経た暁にはどれほどになるのかとワクワクさせてくれます。

【操作性】
スマホほどではありませんが特に問題はありません。

【総評】
デザインや音質、使い勝手は満足行くものでしたが口コミに投稿した通り、電源ボタンを押した際にバックライトが点灯してスリーブ復帰に時間が掛かったり、スリーブ復帰せずにそのまま消灯するという個体を引いてしまいました。

問い合わせの結果交換対応となり、良品が確保出来ましたとのことで安心したのも束の間、届いた交換品は上記の不具合がより高い頻度で起こり、これを良品とするのがあのソニーなのかと大変悲しく思います。

再度問い合わせたところ、現在問い合わせを多数頂いていてすぐには回答出来ずご迷惑をお掛けしておりますとのことでした。

ツイッターでも同様の不具合が複数上がっており、二度の交換でも変わらずという方も居られるほどで、たまたまでは無くロット単位で不具合が出ているのではないかと思えます。(シリアルナンバーは2台を比べたところ100番ほどの差でした)

このまま内々に済ますのか、公式で正式なアナウンスを出すほどになるのかは分かりませんが、現時点ではこの評価とし、今後の経過を追記して行きたいと思います。


※9月18日追記です

一週間を期日に最終日まで待たされた回答は検討対策にさらに時間を要するということで、修理に出したら直ったというツイートを頼りに返事ついでに修理について聞いたところ、回答の方はかなりの時間を要する見込みですので希望通り修理対応をと案内を受け修理へ。

本日、ようやく手元に帰ってきて確認したところスリープ復帰の遅延は無事完治されており、覚悟していた修理傷や形跡も全く無く、購入から不具合に気付いて早一ヶ月、ようやく安心して使えるようになったので評価は少し戻しておきます。
続々と同じ現象の不具合やそれに対するサポートとのやり取りが上がっていますが、未だアナウンスの一つも無く販売を続けているのは残念に思います。

他の方のやり取りを見るとこの現象をソニーとしては現状不具合とは認識していないとのことでしたが、修理の明細書には検証の結果不具合を確認しましたとあり、箇所はパネルとあったので液晶に問題があるのだと思われます。

今回の件は本当に残念でなりません。これが仕様の範囲内となってしまわなければ良いのですが………

参考になった32人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

WINNIMさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:322人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
688件
スマートフォン
4件
145件
au携帯電話
5件
96件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性3

音質(バランス接続)のみについてレビューします。試聴曲はロック・ポップス。
Fitear MH334 Studio Referenceでの評価です。ケーブルはFitEar Cable 007B 4.4 OFC。

色々語り尽くされているようなのでまず本機のエージングについて語りたいと思います。
私は本機の不具合によって新品交換してもらい奇しくも2台の新品を試すコトができたのですがその個体差に驚きました。

1台目は鳴らし始めから聴いている最中に低域がモリモリ上がってくる現象が頻発し、結局150時間程度その現象に悩まされました。私はコレを低域オバケと呼んでいます。低域オバケがいないときは素晴らしく見通しの良い透明度の高い空間で味のある音を奏でてくれているのですが、低域オバケがいるときは空間が濁り見通し悪くなるのでとても不快です。電源落としたり2時間くらい鳴らしっぱなしで放っておくと治まっているのでコレがコンデンサの暴れだなと理解していましたが、かなり頻発するので治まるか心配になる程でした。割合としては150時間以内の6割以上が低域オバケ滞在状態です。そして150時間を超えると今度はふいに低域の量感が減り高域が荒々しくなる現象を迎えます。コレも頻発します。とりあえず強引に200時間回しましたがコンデンサの暴れは治まりきれませんでした。200時間回したところで新品交換品が届いたのでそのまま回収されていきましたが、あの様子だとまだエージング不足でしょう。

2台目は鳴らし始めからとても良い音。多少高域が暴れていますが1台目で感じた空間の透明度より更に透明でS/Nのめちゃくちゃ良い澄み切った空間でした。また、1台目では感じなかった頭蓋骨を飛び抜けていく残響感を得るコトができ、なんだコレ(*'ω'*)となりました。試聴しているイヤモニは4BAで少なからず閉塞感を感じるモノですが、その閉塞感が取っ払われ脳内にホログラムが展開されたような粒立ちの良い音像が定位します。但しコレは良録音に限り、S/Nの悪いクソ録音ではそれなりのクソっぽさを暴くので聴きたくなくなり、自然と良録音ばかり選んで聴くコトになってしまいます。

とはいえ、2台目でも時折高域が暴れ出す現象がありました。聴いている最中に分かるレベルです。例えばシンバルですが、定位よく粒立ちの良い音像で左右に展開していたかと思うとふいに定位を見失い音像が散りまくり脳天に散らばる現象です。けどコレはすぐに治まるし、気づかない場合もあるかもしれないレベルです。1台目のような頻発とはいえず変化も大袈裟なモノではなくエージング180時間以上経過したあたりでその現象はほぼ無くなりました。

そして驚くべきコトは、1台目であれだけ悩まされた低域オバケがこの2台目では1度も出てこないコト。
最初から気づいていましたが本機にはエージング中に明らかな個体差が生じるようです。コレは同じく本機を使用している方にも訊ねたいところですが、おそらくエージング後の音質にも少なからず個体差があると考えて良いかもしれません。散見する評価のバラつきを見てもそう思います。

例えばf特について、フラットとする人もいれば低域よりとする人もいます。個人的には聴感上フラットで録音に忠実な再生をしてくる機種だと思います。最近のバランス対応DAPは軒並みその傾向ではありますが。。

また、かつて廉価帯SONY機のシルキーで薄っぺらいデジタル臭さも無く、この上なく澄み切った空間で味のある音を奏でる本機の特徴は中華・韓国系DAPとは一線を画すモノで十分差別化されうるDAPと思えます。

あと一点だけ、本機の空間表現について、頭蓋骨を飛び抜ける滑らかな残響感を挙げますが、やはり最近のESS DAC勢とは違い音像はやや大振りで上下左右方向へある程度の広がりを見せるものの高級ESS勢程ではありません。
下は無く、上方向のみへの残響の広がりには特化しているとは言えますが実はコレが厄介にもなり、上へ響くタイプは奥行き方向への広さとのトレードオフというポタオーディオの原則みたいなモノが昔のポタアン時代から存在し、本機も奥行き方向(Z軸)への広がりは乏しいと言わざるを得ません。私はコレを勝手に「音質量保存の法則」と名付けます。とはいえ最小限の立体感は得られているので個人的には十分満足しております。

経過を自身の縁側で語っております。興味のある方は覗きに来てください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モモchanさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
6件
イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性1
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価

NW-A106からの買い替えです。
仕事中にAmazon MusicをBGMとしてストリーミングで聞きたいだけなので、音的にはA106で十分すぎます。
ただバッテリー持ちがあまりにも悪く、ZX507でも似たような口コミが多かったため、分不相応な耳を持ちながらも当機種を購入しました。

【デザイン】
開梱一番デカイです。
カセット時代のウォークマンを彷彿とさせます。
個人的には武骨で格好いいと思います。

【携帯性】
私は家で固定して使うのがメインなので気にしませんが、まあ最悪でしょうね。
持ち歩くことを想定していないような作りです。
ポケットはまず無理でカバンに入れて持ち歩くのが無難でしょう。
とは言っても、カセット時代はあれを持ち歩いていたので、WALKMANはWALKMANです。

【バッテリ】
A106と比べると非常に満足しています。
1日5時間程度の使用なので2日おきに充電しても40%は切りません。

【音質】
価格だけあります。
驚いたのがBluetoothで接続してもA106とは違います。
LDAC接続でもDSEE Ultimateが使えるというのもあるかもしれませんが、全域の輪郭がはっきりしています。
有線(アンバランス)で聞くと更に差が広がります。
今まで聞こえていなかった音も聞こえるので、聞きなれた曲も新鮮な感じで聞けます。
AZ60で聞いていましたが、家では有線になりそうです。
バランスでの音も聞いてみたくなり、安物ですがバランス対応のイヤホンも注文しました。

【操作性】
画面が大きいので操作しやすいです。
たまにスリープからの復帰に時間がかかることがあり、そこだけが現時点での不満点です。

【拡張性】
本体の容量があるのでSDカードは使っていません。
128GBですが、実容量としては100GB弱程度が使用できます。

【総評】
A106のバッテリーが普通であれば私の用途としては十分でした。
音は格段に良くなり所有欲も満たせますが、そこに10万以上の差額をかける価値があるかどうかだと思います。
個人的にはそこまでの価値は無いと思います。
が、用途的にこんな分不相応な買い物をしても後悔は全くしていません。
そのくらい素晴らしい音です。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

価格質問アカさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
4件
ネットワークオーディオプレーヤー
0件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4

【デザイン】
おしゃれな感じです。
アマゾンで売ってる1200円ほどの黒いTPUケースを付けてますが、高級感ありますね。

【携帯性】
携帯性はちょっときついかもしれないです…。
重い重いと言われてる200g程のPixel6が、この機種を持った後だと軽く感じます。
やはりずっしり感はありますね…。
私は家で聞くのメインなので気になりませんが、持ち出す人は同じ重さのものを携帯してみて、常用できるか確かめたほうが良いかもしれません。

【バッテリ】
これは長持ちですね。
長持ちと言われてたNW-A50と遜色ないレベルです。
自分の使い方なら一日一、二時間の使用でバッテリー40パーセントから80パーセント(バッテリーに優しいらしい?)の区間運用での充電でも一週間に一回程度の充電で持ちそうです。

【音質】
音質は文句なしです。
UM Pro50(5万のイヤホン)をアンバランス接続でエージングは10時間未満ですが、今まで薄かったと言うのでしょうか?ドラムの音とか楽器の音がくっきりと聞こえてきます。生き生きとしてるというのですかね?

NW-A50でAAC320kbpsをハイレゾ(24bit/96kHzなど)に変えたときの感動を1とすると、NW-A50からこの機種への変更はその感動の2倍以上になります。
音楽を聞くのがますます楽しみになりました。
ここからさらにエージングやイヤホンを変えてバランス接続して音質がさらに良くなるのかと思うと、楽しみで仕方ないです。

【操作性】
操作性は完璧とまではいかないが、少し待たされるのを妥協すれば文句はないかなって感じです。
たまにスリープからの復帰で待たされることもあります。
しかし、この音質なら我慢できますね。

【付属ソフト】
付属ソフトと言うのはMusicCenterでしょうか?あれは癖はあるものの悪くはないかな?くらいですかね?W.ミュージックのことなら、自分が使ってる分には不満ありません。

【拡張性】
今のところ拡張はしないのでよくわかりません。
USB Cだけなのはシンプルで良いとも言えるかもしれませんね。

【総評】
音はとにかく素晴らしい。予算があって毎日いい音楽を聞きたいと思ってる人は是非試聴や購入をとおすすめしたいです。
私は試聴なしで買いましたが、後悔はないです。
貯金は大分減りましたが…

現在この機種とイヤホンはUM Pro50(5万円くらい)でアンバランス接続してます。入荷次第IER-Z1Rが届くらしいので、届いたらバランス接続をして再レビューしたいと思います。

ジャンル
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

十Raphaelさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:529人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
15件
レンズ
5件
0件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト4
拡張性4

XBA-N3BPにキンバーのMUC-M12SB1のバランスリケーブルで聞いています。

【デザイン】
荘厳なフルメタルボディ。
大きく美しい画面。
所有する喜びが湧き上がります。

【携帯性】
大きくて重いので、携帯性を求めるのはお門違いです。

【バッテリ】
容量は3000くらいあるらしく、スマホと同じくらいあるので流石にもちはいいです。
ですが、音楽以外のソフトは無効にして、Wi-Fiと電源はこまめに切ってます。

【音質】
まるで氷の化石と呼びたくなるような透明感。空間に広がる美しい音の余韻。
歴代のウォークマンを聞いてきましたが、これほどの解像感と透明感は初めてです。

【操作性】
XPERIAを使ってますが、あれ?重いぞ?とスマホと間違うくらい操作性はいいです。

【総評】
カセットの時代からウォークマンを愛用してきました。
直前ではZX507を使っていましたが、これはそれを凌駕する音質です。
まだ10時間くらいしか聞いていませんが、それでも毎回心を揺さぶる音を出してくれます。
人それぞれ音の好みや音楽のジャンルがあると思いますが、私にとっては一生ものの棺桶に入れて欲しい最後のウォークマンです。

ーseason2ー

やっとメーカー推奨のエイジング200時間を超えました!
やはり違います。
何というか、一段と音の広がりにコクが増している・・つまり一晩置いたカレー、賞味期限が切れたヨーグルトのような濃密なコクが透明感溢れる音と共に広がります。

まぁ、機械は機械ですが、たまごっちのように育成もできるし、ひょっとして生きてるんじゃないの状態です。
全てを忘れ、やんごとなき時間を過ごすなら、このウォークマンは最強の音楽野郎です。

参考になった15人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ochi3さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
22件
ホームシアター スピーカー
1件
2件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性5
 

 

公式にはサポートされていないと思いますが、Android Autoでクルマに接続することもできました。

この場合、USB経由でデジタル信号を出力するだけなのでアナログ段に奢られた高音質パーツも高解像度処理も意味を成さないはずなのに、それでも同じように接続した ZX-507と較べて数段良い音になります。

Amazon Music UnlimitedからダウンロードしたHD
音源をクルマで楽しむ上では、現時点のベストではないでしょうか。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みっち2008さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
5件
レンズ
0件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト3
拡張性3

NW-WM1AM2が届いて2週間ほど使ってみたところで、レビューをいたします。比較の対象は以前から持っていたNW-WM1Aです。型番をいちいち書くのも面倒なので、NW-WM1AM2を「新型」、NW-WM1Aを旧型と呼ぶことにしましょう。旧型は独自仕様のLinuxで、時刻表示すらない(時計は内蔵なのですが)という純音楽プレーヤー仕様でした。新型は汎用Android11です。

Androidという気になるのは「48kHzの呪い」(笑)です。Androidの内部のルーチンは、44.1kHz以下のサンプリング周波数の音声トラックを48kHzにアップサンプリングします。それがデフォルトの仕様です。アップサンプリングって、聞こえはいいですけど、とどのつまりは演算でサンプリング点を増やしている、その方法は内挿とか云ってますけど、早い話が比例配分に毛の生えたようなものでしょう。オーディオ的音質を問題にすると、これはないがしろにできません。

もちろん、そんなことはソニーも当然ながら分かっていて、ウォークマンの純正音楽プレーヤーソフト「W.(ダブルドット)ミュージック」を使うかぎりは、ちゃんと16bit/44.1kHzの音声トラックはそのまま(アップサンプリングされることなく)内部DACへおくられて再生されます。そのための特製のルーチンがあるのです。ただし、サードパーティの音楽プレーヤーソフトでは、このソニーの特製のルーチンを使うことができないので、Android標準ライブラリを使うことになり、44.1kHzの音声トラックは48kHzにアップサンプリングされてしまいます。(一部のソフト、例えばUAPPは独自ルーチンを持っていて、このアップサンプリングを回避できますー後述)

わたしの音楽ライブラリの大部分を占めるのは、音楽CDから取り込んだ音声トラックであり、16bit/44.1kHzです。(ハイレゾの効用は疑問に思っているので、ほとんどありません)聴く音楽はクラシック・オンリー、それも18世紀・19世紀独墺音楽限定、ジャンルはオペラ、交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽、ピアノ、となります。
「W.ミュージック」は楽曲のファイル名の桁数が少ないので、とても使いにくいです。これは前からですが、クラシック音楽はファイル名がやたら長いものが多く、不便です。新型はAndroidなので、サードパーティの音楽プレーヤーソフトが使えます。これは大変なメリットで、期待していたところです。

先ほど触れたUAPP(USB Audio Player Pro)は7年ほど前に購入したものです。当時Androidスマホに外部USBを付けて音楽プレーヤー化する目的で買いました。その後はずっと使っていなかったのですが、バージョンアップを繰り返して、今ではとても高機能の音楽プレーヤーソフトに仕上がっています。そして、UAPPは、Android機が内蔵しているAudio Chipを探して、これを独自のドライバーで駆動できるのです。むろん機種を選びますが、ソニーのXperiaはたいていオーケーのようで、それでWM1AM2にも期待していたのです。予想どおり使えました。(UAPP側の設定でハイレゾダイレクトドライバを選び、本体側の設定で、ハイレゾストリーミングをオンにする必要があります)

あとは、有名なPoweramp、それとまったくのフリーウエアであるfoobar2000(PC用でお馴染み)を使ってみました。PowerampにもUAPPと同様に内部DACを使う実験機能があります、ただ残念ながらWM1AM2はエラーになって使えませんでした。このため、Powerampもfoobar2000も音楽CDからリッピングしたトラック(16bit/44.1kHz)が16bit/48kHzにアップサンプリングされて再生されます。

まとめとして、新型はUAPPを使うのが快適です。旧型はむろん「W.ミュージック」一択となります。そこで新型と旧型の音質比較ですが、条件を揃えるため、どちらも「W.ミュージック」を使って試聴しました。ちなみに、音源は上記ジャンルの音楽ライブラリーで、1TBのmicroSDXCカードに700GBくらいの容量で入っています。新型はもちろん、旧型も1TBを認識します。
新型・旧型とも音質はとてもよく、たしかに「ラジオ級」ではなく、「オーディオ級」の出来栄えです。メーカーのいい分では、だんぜん新型が勝る!、ということになっているのですが、わたしには新旧型でさほどの音質差は感じられませんでした。むしろ曲種によっては、旧型の方が暖かい心地よい音に聴こえます。ただ、複雑な管弦楽曲では、新型の方がクリアーで解像度が高いと感じました。より細部までが見通せる感じです。

結論として、新型は音質(解像度)で旧型よりやや勝り、サードパーティの音楽プレーヤーソフトが使える点で、大きく使い勝手に勝ります。今から買うなら、むろん新型でしょう。ただし、旧型の音質は決して悪くないです。中古で安価に買えるのであれば、旧型を入手する価値は十分にあります。なお、新型はかなり大きくなっており、特に両者を純正レザーケースに入れた場合、新型は旧型の2-3割増しくらいのヴォリューム感となります。これはちょっとマイナス点ですね。

以上です。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

氷河期第一世代さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
1件
イヤホン・ヘッドホン
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性2
付属ソフト4
拡張性3

【デザイン】
デザインはすっきりしてよい。ただ、裏の滑り止めは、ケースなしだと傷がつきやすい。

【携帯性】
大きいが思ったほどは重くない。

【バッテリ】
前がZX2だったので慣れてはいるが、Androidはやっぱり減りが早い。
ただ、大容量なので持ちはする。

【音質】
これは前がZX2のせいもあるが、凄まじく良くなった。
HA-FX1100は籠った音だと思っていたが、DAP側の能力不足によるものだったらしい。
とにかく素晴らしい。

【操作性】
これが一番気になるが、もっさりだし、オートパワーオフからの立ち上がりもとにかく遅い。
さっと使い始められないのが少しストレス。

【付属ソフト】
可もなく不可もなし。

【拡張性】
特に要望もないが、usb-cやwifi等で機器を繋げられるのはよいかと。

【総評】
とにかく音が良いので、とりあえず満足です。

ジャンル
ジャズ
ロック

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じゃがいも農家mmさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:302人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
1件
AVアンプ
2件
2件
自動車(本体)
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性無評価
   

Wミュージック押すとでたり、再生ボタンを画面でタッチした時に出ます

   

みなさんと、使い方違うと思いますので、参考にならないかもしれません。

ヘッドホンもイヤホンも持ってません。

WM1Aからの買い足しで購入しました。

専門店で車にハイエンドオーディオ組んでまして、ハイレゾなど車で楽しむのが主な使用です。
まだサブスク使ってません。

デジタルアウトでDSPへ入力なので、この機種にある素敵なDACなども使ってません。
CDのリッピング音源なども、車に付けたオーディオ側でハイレゾにアップコンバートして聞いてます。
ハイレゾはもちろん「mora」で購入してます。

ケーブルは「M&M DESIGN」のを使ってます。
このケーブル高いですけど、最強!!
オプションで端子の近くを柔らかいのに出来るんですね‥ 失敗しました。

「ifi」のOTGケーブルにレグザットも使ってます。

まず、前の1Aの音質は
高域は真面目で少し個性がないような感じで、低域はタイトでスピード感があり最近の曲なんかいい感じでクラシックは少し物足りない感じ。情報量もあって疲れない音。
どこか都会的な感じする時もあって、さらに前に所有していた「ZX100」より全てにおいて進化を感じていました。

SONYストア札幌が4月1日で5周年との事でしたので、「ZX100」を下取りに出してお昼に予約しました。
何か素敵なプレゼントがあるに違いないと思ってましたが、ありませんでした(笑)
3月下旬にキャンペーンしてましたもんね。

入荷は5月下旬予定って、言ってましたけど2週間できました。

(予算あれば、金買いたかったです!S/Nも良かったんでクラシック聞く方は金ですねZ)

早速音出して、200時間聞いた気がしますが、30時間ぐらいでおおよそエージング済んだような感じしました。
1Aの時はそんな感じしなかったんですけど‥

肝心の音は、やはり空間が広がり定位もよくてステレオ感も増して、
晴天の青空感ありましたね、(アップデートするまで‥は?)
ソニストで聞いたイヤホンとかヘッドホンとは少しイメージ違いました。

女性のボーカルなんかもよく響いて伸びるので気持ちいいです。

音量は前より少し上げないと同じ音量にならない感じあるので、細かい音も相当出てますね。
クラシック聴きますと、より楽器の音しますし低域も響いてよくなりますので、
ポップスなんかは曲によってはお上品な音になっちゃいますね。
JAZZ最高!楽器系いい感じ!

買ってよかったです!!

もう少し良くなっていくんだろうなーーとは思ってます。
前の純正OTGケーブルは音質に「ひとくせ」あった気がしてます。

タイプCになって充電もデータのやり取りも早いです。

あと、プレイリストは、最後の曲が終わると自動停止ですね。

mp4の動画入れてみまして、動画は映りますが、音出ないですね。
バランスとかだと出るのかな?

欠点は、使い心地で
電源ボタンを約3秒押し続けてから、SONYのマークが出て
立ち上がるまでに数十秒かかり、さらにWミュージック押してからも数秒かかります。
そして曲決めてから、「OK」要求されて、タッチしたらやっと音出ます。
(画像添付しました)

エンジン切ったら自動で停止してくれます。(スリープ状態)
エンジンかけたら一度ケーブル抜きさししないと「OK」要求してくれない時がほとんどで曲選んだり再生ボタンだけでは音出ません。
これが面倒です。コンビニ寄ったらこんな感じです。

システムによって動作に差があるのかもしれないです。
購入前にZX507で音出しのチェックした時は、この画面出なかったような

SONYさん助けてください。

1Aは電源すぐ入って、横についてる物理再生ボタンですぐ音出たので、いい方法ないか探してます。
電源ボタン押して、画面が出て、再生タッチでも音でましたよ。


電池は1Aで
8時間か10時間だったのが
1AM2で
10時間から12時間くらいに伸びました!

AACとか、たくさん聞くと電池伸びる気がします。
192kHzの24ビットのFLACとか聞くと消耗が早い気がしてます。
容量に比例するんですかね。

以前のあのケーブルなくてもタイプCで充電できるんですから、スマートです。

あと、この個体なのか、車のシステムなのかまだ結論出てませんが、
真の実力の音が出るまでに(温まるまでに??)30分から1時間くらいかかるかな??
DAPの宿命かもしれないですね。

発熱は1Aよりありますね。


札幌が温かくなってくると考え変わるかもしれません。


令和のコソコソ話しをしますと‥‥

アップデートして音少しこもった気もしてます。

ただ、同じ日に液晶フィルム貼ったし
データも20GBから、100GBくらいまで入れたし
128GBのマイクロSDカードも指したし

まあ‥シンプルに使った方が音いいのかな?
気のせいかな?

答えはまだ、わかりません(涙)

参考になった8人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

James Phil Taylorさん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:930人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
83件
イヤホン・ヘッドホン
15件
18件
スマートフォン
4件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性2
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト4
拡張性5
   

Cayin C9(ポタアン)と接続

   

3.5o、4.4o共に100時間経ったので
気づきや経験したことを加筆します。
ちなみにワイヤレスは30時間くらいです。

●起動後、30分位で音が安定する
(エージングが進むとこの時間が短くなる?!)
●電源ONから起動完了まで何も操作しない方が
ストリーミングアプリ起動時の安定性が高い
●ストリーミングアプリは絞った方が
(できれば2つ以下)挙動が更に安定する
●プリインストールアプリの強制停止は挙動に
影響(試した限りでは±両面あり)
●Andromeda等の高感度イヤホンは3.5oで
ノーマルゲインの方がノイズレス
●アンプにつなぐなど、ラインアウト的な
使い方をする場合は音量MAXの120よりも
少し下げた112前後のほうが音がよい
●充電時間の完了目安はあまりあてにならない
●ストリーミングアプリからのDL音源は本体か
MicroSDで別々に管理する方がお勧め。
不具合でもマイライブラリへ影響を与えず
他のストリーミングサービスへの乗換も楽

最後に、他の方の書き込みにもありますが
4月21日のセキュリティアップデートで、
Amazon Musicが起動しなくなり
再起動するも解消せず、
再インストールになりました。

そうなると設定からやり直しで、
当然、最高音質でダウンロードした音源も
やり直しになり手間が増えました。

本機の評価はかわりませんが
この辺りは確認してから
リリースしてほしいものです。

・・・・・・【過去のレビュー】・・・・・・

発表後すぐにソニーストアで
NW-WM1AM2、ZM2共に試聴し一晩考え
AM2を公式ストアで購入することにしました。

試聴時の印象は、
懸念していたNW-ZX507ほど
モッサリ感があまり感じられず
本体のクオリティが高いことと
結構大きく重くなったなという位でした。

購入するまではNW-WM1Aと
Hugo2+2goの併用でしたが、
Hugo2+2goを使い始めてから
ストリーミング再生にハマり、
手軽にストリーミングできるDAPが欲しくなり
Hugo2+2goは手元に残し、
WM1Aを入れ替えることを前提に
これまで試聴を繰り返してきました。

NW-ZX507は
軽いのはとても魅力的ですが
画面が小さすぎてタッチしにくいのと
ストリーミング再生での不具合も多く
音がもう少し良ければということで除外。

AK-SP2000Tは
同機の口コミにも書きましたが
価格と音のバランスで除外。

Fiio M17は
音で迷いましたが大きすぎて除外。

WM1ZM2は
Hugo2+2goを手元に残すことにしたので
重さとAM2との価格差で除外。

購入の最終段階で迷ったのは
同価格帯のHiBy RS6で
多機能かつ音も好みなのですが
本体細部のクオリティでSONYに傾き、
NW-WM1AM2に決めました。

まず、音ですが
MicroSDの音源を専用アプリ
Wミュージックで再生した
以下のイヤホンでの印象です。

・4.4ミリはDita/Final shichiku kangen
・3.5ミリはTechnics EAH-TZ700
※いずれも付属の純正ケーブル
・ワイヤレスはSONY WF-1000XM4

購入して1週間、バランス30時間、
アンバランス20時間、ワイヤレス3時間の
トータルの使用が50時間超えたところです。

エージングで印象が更に変わると思いますが
解像度が高く、広くなった印象に加え
音の濃さも相まって音に厚みを感じます。

また、エージングでの変化ですが
音の繋がりや滑らかさが徐々に増し
艶っぽくなってくるイメージです。

ワイヤレス再生も満足度高く
スマホ(Xperia5ii)のワイヤレス再生よりも
かなり高音質に感じられます。
WF-1000XM4の本領発揮という感じです。

使い勝手ですが、元々WM1Aユーザーであり
使い難いHugo2+2goでも苦にならないので
操作性含めて気になることはありません。

一方でやや残念な点は
・大きい。ケース装着時は更に大きく感じる
・ラインアウトモードがない
・ハイゲインでもそこまで大きなパワー出ない
・電源オフから本体の立上がり時間が長め
などです。

少し脱線しますが
純正ケースは大きさだけでなく
手触りがツルツルしているので
馴染むまでは滑りやすいので注意が必要です。

肝心のストリーミングですが
主にAmazon MusicとSpotify、
YouTubeを利用していますが
Wi-Fi環境が整っている所以外は
オフラインモードで利用しています。

ハイレゾストリーミングは
本体のAndroid側の設定から音を開き、
ハイレゾストリーミングをオンにして
再起動すればOKです。

アプリの特性によって印象は異なり
Wミュージックより音質は劣りますが
ストリーミングは
月1,000円以下の定額で聴きたい曲や
レコメンドによる新たな音との出会いがあり
その意味ではとてもリーズナブルに感じます。

私の場合、以下の順で良く感じました。
@本体やMicroSDの音源をWミュージック再生
Aオフラインモード Amazon>Spotify
Bストリーミング Amazon>Spotify≒YouTube

更にAmazon Musicで
360 Reality Audioも試しました。
イヤホン、ヘッドホンの対応・非対応に関らず
対応ストリーミングサービスを楽しめ
スマホ(Xperia5ii)再生よりも音は鮮烈です。

しかし、1割位の確率で音飛びがあり
通信環境かと思い色々試してみましたが
環境を変えても一定程度発生するので
暫く様子見てみようと思います。

また、Amazon Musicでの不具合?ですが
プレイリストの編集や
オフライン再生するための曲のDLが
上手く行かなかったことが何度かありました。

スマホにも同じアプリを入れて
スマホ側で編集したものを同期したり、
一度ログアウトして再ログインすることで
DL以外はおおむね問題解消しましたが
こちらも暫く様子見ようと思います。

上記のような小さなトラブルはありますが
概ね満足しています。

これからは
ストリーミングで気に入った音源を
e-onkyoやmoraで購入し本体やMicroSDに落し
Wミュージックで再生しようと思っています。

この先のエージングによる音の変化と
新たな音楽の出会いを楽しみたいと思います。

参考になった26人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:174件
  • 累計支持数:1025人
  • ファン数:4人
満足度4
デザイン4
携帯性1
バッテリ無評価
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

ソニーストアで手持ちのZX507と比較して、
IER-Z1Rのような鳴らしにくそうなイヤホンでは本領発揮して、
SE846のような軽い負荷でも動かしやすいイヤホンだと低音過多になりました。

とにかくエネルギッシュでパワーもあるので、駆動が難しいような多ドラのカスタムIEMを動かすには向いているでしょう。
SE846にはオーバースペックで、携帯性も落ちたため、すぐに買おうという気持ちにはなりませんが、
ソフトウェアがZX507より新しい点など、いつかは買い換えたいと思っています。
買い換えたら、試用から所有の再レビューをします。

【総評】
総合点で★-1なのは、携帯性が悪くなっていることです。今までストラップでぶら下げていたのですが、重さからして、専用のポーチでも買わないと可搬性は厳しいでしょう。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GX☆☆♪さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
6件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
3件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト3
拡張性3

 Sony故なのか発売間もないのに評価が余りに低く驚きました。この価格以上では評価が厳しくなるのは理解できるのですが厳し過ぎる評価に驚きます。自身は推奨の200時間のエ−ジング後の音を楽しみにして本日からエ−ジングを開始しました。
 ただ、現状であっても音の粒立ちも良いDAPだと思いました。ヘッドホンとイヤホンを色々と変えながら聴くと従来のSonyに対して抱いていたイメ−ジよりフラットで音域が広く、変に盛った帯域がなくて好印象を持ちました。
 
 自身はネットのSony Shopで購入し、試聴はしませんでしたが音質は問題はありませんでした。ただ、躯体は大きいので実物を見る事をお勧めします。操作性はOSがアンドロイドに変わったといってもウォークマンなので過去から使用していれば混乱することはないと思います。
 動作のもっさり感は、搭載CPUの性能がスマホと比べると劣るので同様の使用では、その様な評価となる可能性があるかもしれませんが音楽再生機としては特に遅延もなく問題はありません。MVの再生も何も問題はありませんでした、音楽再生機として楽しむ分には十分な能力があり、付加的要素をどの様に捉えるかで変わるのだと思います。

追記 エ−ジング後の変化(バランス)
 推奨の200時間を超えたので改めて聴くと全体的に音に纏まりが出て全体的に散見していた角が取れた感があります。非常に抽象的なもの言いなのですが年数を重ねたウイスキ−やワインと同様て年数を経て円熟味が加わるのと同様の効果があったとみています。ただし、エ−ジングそのもを否定する人は読み飛ばして下さい。
 全体的にベ−スやサブベ−スの輪郭が明確となり透明度が増しました。全体的に音の解像度と奥行きのある広がりは文句の付け様がないレべルで初期状態とは比べものになりません。プラシボ効果を排除するために他のDAPやDACとの比較をしましたがSony A100シリーズとifi やFiio DACの組み合わせでは、DAP単体とDAP+DACの組み合わせでは、出力の違い以外はNW-WM1AM2の方がバランス的には優等生であると思いました。
 ただ、出力の要するヘッドホンやイヤホンでは力不足があるので使用する出力先によっては検討が必要となると思います。

 アンバランスのエ−ジングも終了し、バランス共に200時間を超え再評価をします。2本のイヤホンでアンバランスとバランス、更に周波数範囲7-40000Hzと10-20000Hzを4.4mmと3.5mmケーブルで比較しました。
 アンバランスの解像度とバランスの解像度の違いはイヤホンの再生周波数帯の影響が大きく4.4mmケーブルを用いたワイド周波帯の方が解像度は説明するまでも高い結果でした。ただ3.5mmアンバランスで比較すると後者の方がウォ−ム感が強く解像度の切れが若干、損なわれるも十分以上の再生能力がありました。
 私はクラッシック等の多楽器と音域を必要とする場合や多重に音が重なった曲ではバランスが一長あるとは思いましたがロックやフォ−ク等の極端に楽器の少ない場合はアンバランスが良いと感じました。この辺りは好みの問題だとは思います。
 その中でヘビ−メタルを聴くとバランスでは歪と倍音で音が濁り多少不愉快さもあって、アンバラスに変えると心地良い音になるのでジャンルやイヤホン、ケ−ブル等で調整が楽しいDAPであるとも思いました。私は現琉が良ければでこそのイヤホンであり、ヘッドホンでありケ−ブルやイヤピ交換の性能が生きると再認識させられました。

 試聴にあたってはダイレクト再生でイコライザ−等の使用しておらず素の音の評価のみです。気付いたのは、イヤホンとの組み合わせで詳細な検証が必要なのですが当初は中低音域に本の僅かに籠りを感じました。エ−ジングで随分と解消されましたが今も少しあります。ただ、イヤホンの交換で解消するものを見つけたので常用に問題は無いのですが今後の変化に期待しています。

  SONY WF-1000mk4による評価は改めてTWSの限界を知るだけでした。音質的にはTWSの中では良い部類と言われている当該、製品であってもアプリのイコライザ−を用いらないとストレスを覚える音質で調整しても有線の足元にも及びません。LDACの音質有線での接続で音質以外に気付いたのはバッテリ−の消耗が激しい事でした。基本的にNW-WM1AM2の本来の性能を楽しむには言わずとも有線接続が必要だと云えます。
 蛇足なのですがらonkyoのHi-ResアプリのHF Playerを入れて聴いた感想は、本体の能力を生かしきれず全体的なチュ−ニングが合っておらずイコライザ−用いて調整しても今一でした。ただ、歌詞やイコライザ−のダイアグラムがリアルタイムで見れるのは面白かったのですが何故か高周波帯の音が反映されておらず不具合が発生するのかもと思いました。

 これまでの感想はあくまでも個人の主観なので参考程度にして下さい。今、NW-WM1AM2の音は本当に心地良い音で一つ次元の違う音響環境を手に入れた感じがしています。駆動時のもっさり感を指摘する人がいますがパスワ−ドを打ち込むために画面をスワイプをスマホ並みの速さで行うと追従できない等の現象はありますが本来の音響機器として使用する分には特には問題は無く、それをどう評価するかは個々の判断なのだと思いました。もし購入したなら200時間エ−ジング後の素晴らしい世界が待っています(^^♪

参考になった36人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

maruboriさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:238人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
11件
デジタル一眼カメラ
2件
11件
レンズ
5件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト5
拡張性4

【デザイン】
アンプ部の盛り上がりが好印象

【携帯性】
携帯には困らないが良いとは言えない

【バッテリ】
ここ1、2年ではFiiO M15・Shanling M6 Pro・同M3X・Sony ZX507を使用しましたが、私の使用方法では本機が最も保ちが良いです。M3Xより頼もしいとは意外でした

【音質】
私にとっては非常に好ましい音質です。あくまでも個人的感覚ですが、クリアすぎる音(FiiO製品)が苦手で、本機はややウォーム寄りという印象です。WM1ZM2(試聴)・ZX507との比較では、WM1ZM2 > WM1AM2 >> ZX507という印象でした

【操作性】
ZX507に比べて画面が広いことと、M15、M6 Pro、M3Xに比べてレスポンスが良いことから非常に好感触

【付属ソフト】
付属ソフトウェアは最小限(少ない方がうれしい)ですが、プレイヤーアプリが文字化けしない・Google Playがすんなりと使える・ストリーミングアプリがストレス少なく使える等、M15・M6 Pro・M3Xと比較して圧倒的に好印象です

【拡張性】
私の用途では全く困りませんが拡張性は高くはないと考えます。LINEOUT端子が有ればホームステレオやカーオーディオに出力でき、楽しみ方が増えたかも知れません

【総評】
2022年春時点では「普段持ち歩くイヤホン用※のAndroid DAP」としての完成度が別格の製品であると考えます
※手持ちのヘッドホン(focal Utopia)も十分に満足な音を鳴らしてくれます

ジャンル
ジャズ
R&B
歌謡曲

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に。

バランス出力端子

操作部

メーカーから試聴機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
イヤホンは、Final A8000, DUNU EST112 ほか、いろいろ組み合わせて確認しました。
ZM2との比較も交えて。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
造形はZM2と同じですが、背面の一部パネルが、ZM2は削り出し、本機はプレス品で、ZM2で見える2本のネジ(トルクス)が本製品にはありません。

【携帯性】
サイズは、ZM2と同じです。
重量はZM2が約490gなのに対し、本機は約299gと軽量です。
重量でZM2か本機かを決める方はいないと思いますが、軽量性はアルミの特長と言えます。

【バッテリ】
ZM2と同等です。条件によりますが、例えば、FLAC 96kHz/24bitの場合、最大約40時間とのことです。最も消費電力が高いと思われるDSD 11.2896MHz/1bit再生時で約9時間ですので、実用充分以上だと思います。

【音質】
ZM2と共通して、このレベルまで来ると、「質」の問題よりも、好みによるところが大きいと思います。
まずZM2と共通して気が付くのは音の勢い。前シリーズと比べるとエネルギッシュ。静寂の中なら音が鋭く立ち上がり、そのコントラスト、S/Nが魂を揺さぶります。
ZM2との違いですが、ZM2は柔らかくウォームな印象を受けるのに対し、本機は軽快で炭酸飲料にように弾けるような爽快感が魅力。絶対的な質としては、ZM2の階調表見の滑らかさや、低域の低く深い粘りが一枚上手に感じますが、聴感としてはユーザー自身が好みの違いで判断すべきだと思います。価格差も横に置いておいて、ZM2は銅シャーシの最高峰、本機AM2はアルミシャーシの最高峰…という考え方が良いと思います。
アルミは素材としては安価ですが、経験から、ステンレスなどよりもオーディオ用途として適していると思います。開発者によると、アルミにもいろいろある中、音質が良いと思うモノを選択されているそうで、この辺りも信頼に値すると思います。

【操作性】
ZM2と共通です。音楽再生のUIは、Android端末でプレーヤーソフトを起動するタイプです。
ディスプレイは液晶タイプの5型で解像度は1280x720ドット。スマホと比べると動画の視聴には不向きですが、前モデルと比べると液晶の視野角性能が良く、斜めから見ても黒浮きしにくい印象です。

【拡張性】
ZM2と共通です。Type-Cコネクターを搭載しています。USBメモリを接続して、楽曲データを本機内のストレージにコピーできました。
本機をUSB DACとして使用することもできます。

【総評】
NW-WM1ZM2が気になりつつ、予算的に本機に…という方も多いかと思います。
しかし先述の通り、このレベルまで来ると、質よりも好みで選んだ方が良いと思います。両機を上下ではなく、ZM2は銅シャーシの最高峰、本機AM2はアルミシャーシの最高峰と考えると、考えが整理できるのではないでしょうか?
ZM2のリッチなサウンドも魅力ですが、本機の爽やかで軽快なトーンを気に入られる方も多いと思います。

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-WM1AM2 [128GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

NW-WM1AM2 [128GB]
SONY

NW-WM1AM2 [128GB]

最安価格(税込):¥144,800発売日:2022年 3月25日 価格.comの安さの理由は?

NW-WM1AM2 [128GB]をお気に入り製品に追加する <343

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意