スマート スマート フォーフォー 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スマート > スマート フォーフォー 2016年モデル

スマート フォーフォー 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スマート フォーフォー 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
BRABUS sports 2017年8月30日 マイナーチェンジ 1人
passion 2017年8月30日 マイナーチェンジ 1人
prime 2017年8月30日 マイナーチェンジ 1人
BRABUS Xclusive red limited 2016年12月6日 特別仕様車 1人
passion 2016年12月6日 マイナーチェンジ 1人
prime 2016年12月6日 マイナーチェンジ 2人
turbo 2016年9月1日 マイナーチェンジ 2人
passion 2016年1月1日 フルモデルチェンジ 3人
prime 2016年1月1日 フルモデルチェンジ 3人
満足度:3.80
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:17人 (プロ:2人 試乗:7人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.00 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.60 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.47 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.60 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.53 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.69 3.89 -位 燃費の満足度
価格 3.50 3.89 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スマート フォーフォー 2016年モデル

スマート フォーフォー 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:995人
  • ファン数:2人
満足度2
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格1

約半月試乗しました。隣は、嫁さんのN-WGNカスタム・ターボです。

車載燃費計と実燃費(満タン法)では、誤差−2km/Lです。

画像の大型バイクVERSYS1000よりは、スマートの方が燃費良いです。

   

N-BOXの燃費は、車載燃費計よりユピテルのOBDU表示の方が実燃費に近いです。

   

 C220d後期型が1ヶ月ほど入院したため代車で乗る機会がありました。
 ディーラーに注文をして、代車としてこの他「CLA180シューティングブレイク」や「SLC200スポーツ(試乗レビュー作成済み)」など乗り継がせていただきました。

 スマートは、以前から興味が有ったので楽しみな1台でしたが、じっくり半月試乗した結果(満足度等:採点)は、オーナーの皆様には申し訳ありませんが、点数のとおりです。

 車としてこのプライスを支払うなら車体の大きさを勘案して日本の誇る『軽四(ターボ)』の方がはるかに優れていると考えます。
 実際、自分のセカンドカーの現行型N-BOXカスタム・ターボ(レビュー作成済み)の方が価値が有ると確信しました。
 以下は、所有のN-BOXカスタムとの比較(一部C220dの前車ゴルフ7ハイライン含む)を交えたレビューになります。


【エクステリア】・・・3点
 スマートらしいデザインでありますが、リアエンジン・リア駆動にこだわる意義が判りません。(2シーターの方ならまだ意義があると思います。)
 本来なら2点としたいところですが、スマートとしてのデザイン込みで3点です。
 軽四規格に縛られたN-BOXの方がデザインも含めスペース効率に優れているかと考えます。


【インテリア】・・・2点
 明らかにN-BOXと比較して安っぽいです。
 リアドア・ウインドーの開閉なんて半世紀前に亡父が乗っていた初代マツダ・ファミリアを思い出しました。
 小物類等の収納力も不便です。


【エンジン性能】・・・3点
 リッターエンジンと考えれば合格なのでしょうが、普通に通勤で使用してもN-BOXと比べるとギクシャクしたエンジン特性と感じました。


【走行性能】・・・2点
 6速DCTの出来は、ゴルフの7速DCTと比べて明らかにギクシャクしてフィーリングが悪かったです。
 ギクシャク感は、CLA180シューティングブレイクや別の機会に数日代車で乗ったCLA180クーペの7速DCTでも感じたので、この分野では、フォルクスワーゲンの方が優れているんじゃないでしょうか。
 N-BOXのCVT(日本車でしか普及していないですが・・・)については、街乗りや高速でもスムーズです。
 輸入車の方が優れているはずの車体剛性もそれほど優れているとは、思えませんでした。
 N-BOXの車体剛性は、他の軽四と比べて(「N-one」「N-WGN」も所有しています。)ずば抜けて向上しているので贔屓目ですがスマートと互角と言えます。


【乗り心地】・・・2点
 価格やこのクラスで考えても悪いとしか感じませんでした。
 乗り心地、静粛性、どれをとってもN-BOXの方が上回っています。


【燃費】・・・3点
 通勤主体で、満タン法(車載燃費計よりマイナス2km/L弱の誤差がありました)で20km/L強でした。
 数値としては、合格ですがスマートはハイオクです。
 所有のN-BOXターボ(レギュラーガソリン)は、通勤主体で常に20km/L前後(燃費に気をつけて走れば画像のとおりです)なので、甲乙の差は明らかです。

【価格】
 上記の各項目記載の理由からプライスに価値が見いだせません。
 軽四の方が価値あります。
 スマートの下のグレード価格でも所有のN-BOXカスタムターボが購入できるわけです。
 百歩譲って同じ予算をかけるなら、違うインポートカー(下位グレードなら予算的にVWのUP位しかないですが)か国産コンパクトカーを選択します。

【総評】
 評価項目にありませんが、スマートの単なるクルーズコントロールと自動運転技術を含んだ前車追随機能付きクルーズコントロールのホンダ・センシング(全グレード標準装備)を比較すれば、プライスを含めてN-BOXの方に圧倒的な価値を感じました。

 故に総合評価2点(各項目の平均:小数点切り捨て)が自分として妥当な評価であると考えています。

 次期スマートは、電動(EV)車専用モデルになるようですが、自分としてはバッテリー(耐久性)性能など航続距離や充電時間等を考えればまだまだ現行のEV紗を含め購入しようと思いません。
 あと10年くらいは、C220dを購入したように時代遅れかもしれませんが、ディーゼルを主体とした内燃機関(百歩譲ってガソリンハイブリット)に拘りたいと思います。

*追記
 敢えてスマートに価値を見出すなら年間24万台も売れてそこら中で見るN-BOXよりも滅多に見ないスマートの希少性くらいしか感じられませんでした。
 いずれにしてもスマートを長期試乗出来たことは、良い経験でした。
 評価は、悪い結果となりましたが、フォルクスワーゲンの同クラス『UP』よりは、スマートの方が優れていると書き加えて終了とします。

比較製品
ホンダ > N-BOX カスタム 2017年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぱーまん1992さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

約7,500km走っての感想です。

〔エクステリア〕
 オートライト、レインセンサー
 後席シートベルトサイン(飛行機みたい)
 なんの不満もありません。
 後席の窓は手動 ミラーも手でばったん
 ただ、衝突警告センサーが雨のあとは故障します
 メルセデス系の車はおなじみたいですね。
 速度メーターの目盛が均等割ではないので
 そこは慣れかもしれないです。
 どなたかのレビューにもありましたが
 エアコンつけてないとフロントガラスが曇ります

〔インテリア〕
 本革シート 黒基調の内装ということで
 全体的にまとまっている印象です。
 ただ、ハザードランプの位置が本当に悪い。
 サンキューハザード焚くのにも一苦労です。

〔エンジン性能〕
 Eモードは、もっさりしてます。
 よっこいしょって感じが少なからずあります。
 Sモードは、リニアな加速をします。
 スーーーッと人馬一体で加速する感じです。

〔走行性能〕
 ストレスはありません。
 街乗り、峠越え、高速、全く問題ないです。
 ただ、アイドリングストップ機能だけは
 意図的に切ったほうがいいと思います。
 スコーンとアクセルが抜けて加速しないときが…
 ここだけは国産車に軍配があがりますね。
 踏切や一時停止からの発進時にドキッとします。

〔乗り心地〕
 渋滞時のノロノロが苦手
 ものすごくギクシャクします
 中〜高速域の乗り心地はさすが、というか
 どっしりとした粘りのある走り心地です。
 高速で100km/hを超えても余力あります。
 +40km/hまでは怖くないです。
 
〔燃費〕
 一般道(昼) 12km/L
 一般道(夜) 17km/L
 高速     26km/L
 エコな運転を心がければエアコン適温でも
 十分なスコアをだしてくれます
 
〔価格〕
 車両価格150万+ディーラーオプション40万円
 妥当かどうかはわかりませんが
 これだけ支払う価値のあるクルマだと
 私は思っているので不満はありません

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あわもんさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】 青に白色が鮮やかなコントラストが旨い。ちょっとだけスマート

【インテリア】 実にユニークな作りだが、それが個性となり、愛着がわく。比較的スピーカーも及第点で、調整すれば、ジャズが楽しい。リンクも素早い。
         シートは丁度の堅さと皮の品が合っている。

【エンジン性能】 非力なのでは無いが、ちょっと煩い。

【走行性能】 良い足回りだ。段差も、荒れ地もそれなりにそつなくこなす。カーブもさらりとしている。日本車のような腰のない足とは対照的だ。

【乗り心地】 腰のある足のお陰で、酔わない。RRは、良く出来ていると思う。

【燃費】 数値どおり。

【価格】 新古車は、お買い得かも

【総評】 全体にユニークだから良い。そこにこの車の本質的な楽しさやスマートさがある。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
徳島県

新車価格
234万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
25万円

スマート フォーフォーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Hitoh3さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
14件
自動車(本体)
2件
2件
キーボード
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

35年前からの独車乗りです。
現在はEクラス、POLO、SMART for four の3台を走らせています。

スマートは黒色、昨年10月からのデモカーを中古で購入しました。
コンビ二の駐車場(外気温時計38度)で、5分以上車内に二人でいましたが十分涼しかったです。
ただし、アイドリングストップは解除しています。
(シリンダー内が煤けるので、上記どの車も解除しています。)

車外温度30度の高速では、平坦な箇所で1/3も踏まない状態で100〜110km巡航してます。
踏み込めばゆっくり+40km以上まで加速します。
オートクルーズ100kmならきっちり巡航しています。
(ただしアップダウンの厳しいところは走っていません。)

この夏筑波の表スカイラインでも、Sモードで楽しく走れました。
パッションのタイヤと足回りは、ターボに比べ仏車的に柔らかいのでキャッツアイを軽くいなし、しかし足回り自体は実にしっかりかつしっとりしているのでコーナーを攻めるのが楽しい車です。

車外温度38度でエアコンフルモードの状況では、発進時下手にゆっくりアクセルを踏み込んでいくとモタ〜となりますが、スッと踏み込めばそれなりに引っ張ってくれます。
上記は国産車の一般的なON・OFFアクセルではなく、欧州車は踏み込み速度や踏み込み量で6速の切り替え回転数を積極的に変えるので、アクセルワークがとても重要な典型的例です。

実は馴染みの担当にNA車を薦められたのですが、正解でした。
ターボ車にも過去に2週間ほど代車で乗った経験はありますが、町中でそれほどの差は見当たりません。
逆に+100ccでNAの分だけトルクが太く、ターボ由来の発熱もないためエアコンがよく効きますから、リッターカーならNAで十分だと思います。

結論として、軽代わりでものすごく小回りの効く買い物車としてならNAのスマートは最良です。
ただしリッターカーですので、高速での加速はゆっくりですが、かっ飛ぶ走りはスマートには似合いません。
発売から夏を2回過ごした後のモデルですので、順次改良も進んでいるようです。
我が家のスマートは、家族中でお気に入りの車です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

METAL 666さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

旧型のスマート 1.3が、故障も多く不満もありつつも、それでも凄く気に入ってたのだが、ガソリン残量が全く分からなくなるという、深刻な故障が出て、また直して乗りたかったのだが、ディーラーが言うには、もうパーツが無いとの事で、泣く泣く買い替える事になった…

タコメーターがあって、加速力がマシなターボかブラバスが欲しかったのだが、旧型スマートを買った外車ディーラーにはパッションしか在庫が無くて、いつになるか分からない入荷を待ってる時間も無いしで、パッションを購入した。


【エクステリア】
×デザインは旧型の方が断然好きだった。特にリアとフロントのあの独特なライトがバツグンにカッコ良かったのに、何故良かった特徴を極端に変えちまうのか疑問…?? まぁ、車のマイナーチェンジあるあるだけど…

○やんちゃな顔と、コンパクトなボディは最初より気に入ってきたけど


【インテリア】
××(パッションとプライムは)タコメーターが付いてないのが本当に気に入らない!! かなりガッカリ…
そりゃ、無くても走れるけど、だからって排除するのはどうかと思うね。 次のモデルでは全てのグレードに付けるべきだと思う。

××あと、メーターにしても、旧型の様に実体のあるアナログメーターの方が好きだなぁ…

××CDプレーヤーをも排除された…個人的にこれもガックリしたなぁ…
時代遅れって思う奴も居るだろうけど、まだまだガラケーだし、CD派なもんでね。(CD派は要注意だ)
なもんで、ディーラーさんにCDプレーヤーを付けてもらった。

××旧型と違って、スピーカーが2つだけになっちまった…

××新型のパッションはガラスルーフじゃなくなっちまった…

◎後ろのウインドウは今回も手動なので、いちいちエンジン掛けないでも気軽に開閉出来て、これは良い!
開けてると、思ったよりも風は入るが、さすがにもう少し開いて欲しかったw
エンジンOFF状態でも手動で出来る部分は手動で出来る方が良いし、それもECOだと思う。

××初めて、ECOスタートストップなるアイドリングストップ仕様の車に乗ったが、局面によっては非常に危険だし、繰り返してればバッテリーにも良くないだろうしで正直、不要。
ECOという名の、押し付けがましいだけの邪魔くさいEGO機能でしかない。
付けたいなら付けても仕方ないが、OFFにしたらずっとOFFに出来る様にするべき。

×ドアを開けただけで、10秒ぐらいヘッドライトが点いたままになるし、イグニッション切って降りてもシフトレバーの所のオレンジ色のライトが何故か1〜2分間も点いたまま…ECOって何なんだ…??

×シートは旧型の様なヘッドレストが調節出来るタイプの方が良かった。

◎ステアリングは旧型よりカッコ良くなった!真ん中のスマートマークもカッコイィ!
◎ジャックナイフみたいなキーもユニークでイカす!w

【エンジン性能】
××街中で平坦な道だけを走る分には良いが、やはりパワーはもっともっと欲しい。
××シフトダウンした時、エンブレの掛かりが妙に弱い…

【走行性能】
◎MTモードとATモードを切り替えて走れる! 自分は常にMTモードだが、家族はATモードで走るので、これはやはり良い!
××但し、シフトレバーは、よりATに近づいたので、旧型の方が良かった。
旧型はバックギアとかが、いちいち見ないで直観的に操作出来たし。

○RRだからなのか、ハンドリングは軽やかで乗り易いと思う。

【乗り心地】
×前のシートはもう少し倒せて欲しかった。
×後はやはりもう少しスペース欲しいかな。大人が長時間はキツイと思う。

【燃費】
○「燃費は良いに越した事ない」程度にしか思ってないので、ちゃんと計ってないが、充分良い方だと思う。
×但し、ガソリンもう少し入って欲しい。

【価格】
×中古でならそう高くないが、エンジンのパワーが非力な割りに新車だとやはり高い。

【総評】
時代なのか、旧型に比べて、やはりナンでもカンでも電子制御されてるし、それ必要か??って思う余計な機能ばかりが多くなっちまったなぁてのが正直な所。

××やはりタコメーターは全てのグレードに付けるべきだし、エンジンのパワーも数値からして、どう考えたって足りない。
××アイドリング・ストップ機能とかはOFFにしたらずっとOFFに出来る様にするべき。
右折や坂道でも急に止まる訳だから、局面によっては非常に危険になりうる。

××CDは今でも日々発売されてる現役のメディアなんだから、CDプレーヤーはまだまだ必要。皆が皆スマフォで音楽聴く訳じゃないよ!!
エンジンパワーも含めて、決して安い価格帯じゃないし、欠点も多いけど、やはり外車ならではの、smartならでは良い部分もあるので、不満点も多いながらも、気に入ってはいる!
但し、次のモデルでは改善(戻して)して欲しい部分は沢山あるけど。


乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たつたつたつたつたつさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:182人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
13件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費5
価格5

新車購入としましたが、正確にはディーラーがナンバーを取得した走行18kmの新古車。7年間乗っていたFiat500 1.4Happyからの乗り換えです。
エクステリア:Fiatもそうだったが、前向き駐車をするとフェンダーが車止めに当たってしまうので注意が必要。

インテリア:本革シートは静電気があまり起こらずホコリっぽくないので良い。皮シートを選べたからこの車種にしたと言っても良い。シートヒーターは冬場の乗車時に快適。前席・後席ガラストップ、メーターパネルには多目的ディスプレイ、オートエアコン、オートワイパー、オートライト、コーナリングライト、前後席ルームランプ+読書灯、ヒーター付電動ドアミラー、速度連動オーディオボリューム、チルトステアリング、エアバッグは運転席+助手席+膝+側面、運転席ドア上部にサングラス入れ等々、リッターカーのくせに役満装備。ちょっとやりすぎでは。今どきは普通なんでしょうか。

エンジン・走行性能:最大の長所は小回りのよさ。片道一車線で少し広めの道路なら切り返しせず一発でUターンできる。エンジンが小さな割にはなかなか良い発進加速で、不足を感じない。6速DCTはきわめてスムーズ。ワインディングは、後輪を軸に前輪が切り込んでいくバイク的な感覚。前輪の接地感があまり感じられないので、スピードを出す気にはなれない。慣れの問題だとは思いますが。
シフトレバーは通常右側に倒れていて「D」「N」「R」「P」を切り替える。左側に倒すと前でシフトアップ、後でシフトダウンのマニュアルモードになる。下り坂のエンジンブレーキ使用時に便利。
排気音を外で聞くと、かなりみすぼらしい音。しかしルノー製らしいエンジンの性能自体は特に不満が出ない。エンジンを始動するたびECOスタートがONになり、ブレーキをしっかり踏むとエンジンがストップする。しかしエンジンストップと同時にエアコンも切れるので、夏場は始動のたびECOストップOFFボタンを押す必要がある。交差点の右折待ちなど、エンジンが止まって欲しくない時はブレーキペダルを軽く踏むくらいならエンジンストップしない。
坂道発進ではヒルスタートアシストが1秒くらい後退を防いでくれるらしいが、エンジンの再始動が早くないので不安。無難にサイドブレーキを使った方が良い。
通常のABSの他、ESP、EBDとかいうトラクションサポート機能があるらしい。さらにフロントウインドウの上部にカメラがあって、レーンの白線をはみ出しそうになると警告してくれるらしいが、大きなお世話という気がする。
バックするときの障害物センサーとオートクルーズ機能は使える。特にオートクルーズは高速道路走行の際などで速度を指定して走れるので、疲労の軽減に役立つ。あと、どういう原理なのかタイヤの空気圧を自動的に監視し、空気が減ると警告を出してくれるという機能も装備されている。

乗り心地::ハンドリングや車体の安定性を重視しているのか、スポーツカーのようにゴツゴツと固い乗り心地。長距離はしんどい。走行音も大きい。私は普段仕事で軽トラックに乗っていて、ほぼ同じ振動と騒音なので気にならないが、普通の乗用車レベルを想像しているとがっかりすると思う。こんな車でスポーツ走行なんかするわけないのだから、騒音はともかく足回りはもっとフワフワでよいと思うのですが。

燃費その他:普通に使って15km/L〜17くらい。Fiat500の10〜12kmから大進歩。オイル交換が4L缶で微妙に足りないので不経済。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
静岡県

新車価格
237万円
本体値引き額
70万円
オプション値引き額
0円

スマート フォーフォーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しまあゆさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

カーシェア(careco)でターボとプライムを二日続けて試乗しました。

新車価格は高すぎると思いますが、低走行距離の中古が値頃なのでセカンドカーとして購入を検討中です。

【エクステリア】
キャラの立ったデザインで、見た目は抜群でしょう。数が少ないのか街でもなかなか見かけません。派手なツートンもいいですが白やシルバーがなかなか上品です。

【インテリア】
前席では狭さは感じません。ステアリング左右の大きな操作ボタンが見た目も押しごたえも安っぽい、という以外は、素材感も満足のいくものです。シートもしっかりしております。ステアリングは太めです。

【エンジン性能】
ターボとプライムの両方で高速・一般道に乗りましたが、私は余り飛ばさない方なので、ほとんどの状況でターボは不要、プライムが丁度いいと感じました。ターボよりもプライムの加速プログラムの方が私には好感です。ただプライムに乗っていると一日に一回ぐらい、ちょっと瞬発力が欲しい(でも出ない)と思える場面はあります。例えば一時停止からの合流など。それでも私なら普段の「丁度良さ」を重視してプライムを選ぼうと思いました。ただ高速で静かなのはターボだと思います。

【走行性能】
デュアルクラッチの加速はアクセル踏みっぱなしでも非常にスムーズです。1速から2速への変速を除いては。踏み方によるのでしょうが、私の場合特にターボは2速への変速が唐突でヒョコヒョコしてしまいました。マニュアルモードを使って1速を引っ張れば非常にスムーズにつながります。2速以上はオートで問題ありません。

【乗り心地】
高速での走りは秀逸です。本当に楽。段差の処理も良好です。ただ、本当の一流欧州車の乗り心地とまではいかない。ターボよりプライムが好みですがターボも嫌な硬さではありません。低速でのシフトショックは良い印象を持ちませんが、気になる時はマニュアルモードがあります。

【燃費】
高速メインのルートでは20kmオーバーが出ました。

【価格】
新車価格は高いですが値頃の中古が多く、狙い目だと思ってます。

【総評】
びっくりするほど小さく曲がれます。どこでもUターンできそう。

坂道発進の問題。勾配によるんでしょうか、ヒルホールドアシストが効く時と効かない時があります。ある時、アイドリングストップが効いていて、エンジンがかかるまで、1mくらいズルズルと下がって後続車にクラクションを鳴らされました。これを知らずに運転するのは、はっきり言って危ないです。

高速では風切り音があります。ダッシュボードのビビリもたまに気になりました。

クルコンとスピードリミッターのスイッチがパチパチというメカニカル式なのは本当に良いと思います。入れっぱなしにでき、乗るたびにオンにする必要がありません。

トラック含め、出足の悪い車は世の中にいくらでもいます。そんな中に混じって走るぶんには、ターボでなくても、いやむしろターボでない方が快適だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wat0429さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

ローバーMini、初代BMWMiniと乗り継ぎ、BMWMiniがどんどん肥大化したので、これを選びました。
いろいろな要素が個性的(取捨選択が極端)、コンセプチャルな車で、300万を越える価格ですから、好みが合わなかれば割高かもしれません。
私は、自宅の駐車場が狭いので小回りの良い小さな車、長く乗るつもりなので、革張りが基本のラグジュアリでデザイン的な内装やデザインの楽しいエクステリア、走っていて楽しいことなど、長く好きになれる車を探していました。
でも、それなりに遠乗りするので、それなりに走ること、安全性能が最近の車のレベルを満たしていることなども重視。

内装:柔らかさの少ない黒い革張り、かなり男向きのデザインでしょうか、僕は大好きです。後付のダッシュボード上のタコマーター&時計は不要かな。

オーディア:この車の一番もったいないところ、高額な割に2スピーカーでスピーカーのレベルも不満は無いですが、もう少しランクアップして欲しいかも。

エクステリア:デザインの存在感はあります。初代BMWMiniのように長くのっても陳腐化しにくい完成度のあるデザインだと思います。

エンジン:ターボで加速は良いですが、たかが900ccクラス、やはり非力なので、駐車場などでの低速時の些細な段差、交差点での発射時など、アクセルコントロールは癖を覚えて少し丁寧に行う必要があります。

安全性:さすがベンツ製造、自動ブレーキは無いですが、その他は高級車並のレベルかと思います。

乗り心地:ローバーMiniには敵いませんが、かなり楽しいです。サスペンションが硬く無骨なホイルも起因し、段差では下から突き上げられます。意外とホイールベースは長いので(現行のMiniと同等)、高速でも不安感はありません。東京暮らしなので、ターボの恩恵は少ないです。RR特有の後ろから押し出す加速感ははじめての体験、面白いですね。視座が高いので、ミニワゴンに近い運転のし易さはあるかも。

意外な利点:後部をフラットにし、前座席を前へ倒すと大人が足を伸ばして眠れるスペースが作れます。照度を感知するオートライトなど、高級車並の機能はいろいろついているのですが、イメージ先行の販売戦略なのか、カタログだけ読むと解説が少なく損をしているかも。

個性が強いので、その個性が好きと思える、「出会った!」と思えた人だけ買うべき車かなと思います。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
東京都

新車価格
317万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
15万円

スマート フォーフォーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ronricoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
小柄でハキハキした印象のデザイン。
女性でも男性でもどちらでも嫌味なく乗れる。

【インテリア】
レザー、ブラックシートで、可愛さはそんなにない。
ルノー トゥインゴの方が女性ウケはいいと思う。

【エンジン性能】
街乗りもスムーズ。普段使いには文句ない。
プライムにも乗ったが、ターボの方が体感的にも楽に加速できるのでオススメ

【走行性能】
ターボは快適。
プライムも悪くないが、若干ギアがギクシャクするのが気になった。
とはいえ、並行検討したFIAT500とは比べ物にならないほど快適だが。

【乗り心地】
前席は快適。エンジン音はほとんど気にならない。
後部座席との間はそんなに広くないので後部座席に大人が乗るのはあまりオススメしない。子供なら余裕。

【燃費】
割愛
【価格】
新車ならちょっと勇気がいる。他のコンパクトの方が安いのに事故防止機能が充実しているのは不満。
【総評】
ターボは思った以上によかった。
惜しいのは事故防止機能。障害物センサーだけなのは物足りない。ボディ剛性などはしっかりしているので、それさえ強化されればコンパクトタウンユースとしては言うことないのだが

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

関東@豚ちゃんさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:465人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格無評価

【エクステリア】洒落たデザインで良いと思う。ホイールデザインあたり、やる気ありという感じ。
ただ、フロントライトにAUTO機能が無かった。今どき、どうなんでしょうね。

【インテリア】兄弟車のトゥインゴの方が、個人的には加飾も抑え気味で好み。フォーフォーは回転計がダッシュボード上に出ているが、あれ必要だろうか?メーターパネルを液晶化してるのだから、今更アナログ的演出は過剰なように思われる。また、標準オーディオの操作パネルが同ユニット本体の上にあるが、別途専用カーナビを設置してしまうと操作パネルを塞いでボタンが押しづらくなるのはマズイと思う。ハザードボタンも邪魔するし。やはりあれは、標準アダプタとスマホナビの一択になるのでは?

【エンジン性能】1Lのノンターボにしては加速も良く、過不足なかった。高速域でも十分伸びるし。A1もそのように感じたが、やっぱり車はエンジン性能が良いととても運転が楽です。

【走行性能/乗り心地】基本的に悪くないが、道路が上下にうねっていると、足回りで吸収しきれず、跳ね返りがある。そこが、ちょっと不満。モードが"E"になっていると発進でもたつく時がある。加速が付けばその後は快適になるが。ちょっと気になったのが、マニュアルモードでシウトダウンしてゆくとき、思いのほか、エンジンブレーキが弱い気がする。自分だけだろうか?
加筆:ホイールベースが短い割には直進安定性は良いように思う。以外?にも高速道路が快適だった。


【燃費】318km走行。給油量17.2L 燃費18.5km/L 満タン法

【価格/総評】小さい分、小回りも効くし、狭い場所で使うには良い車。けど、国産車でこれの代替えがきかないかというとそうではないと思う。フォーフォーやフォーツーでなくてはいけない理由ってなんだろうかと考えてしまう。それが、最大の疑問であり、トゥインゴとの価格差でもあるね。

レビュー対象車
試乗

参考になった7人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ボディカラーは7色8パターンを用意

リアゲートはフォーツーとは異なり一般的な上開き

インパネ右上の時計内蔵タコメーターが特徴

ターボはブラックのレザーシートがスタンダード

リアドアガラスは外側に押し開ける方式

リアエンジンとしてはフロアが低めの荷室

2015年の東京モーターショーで日本でのデビューを果たした現行スマート・フォーフォーは、ルノー・トゥインゴとの共同開発車で、生産もルノーの工場で行われます。当初は1L直列3気筒自然吸気エンジンのみの搭載でしたが、8月に同じ3気筒の0.9Lターボが加わったので、千葉県で行われた試乗会でチェックしました。

ボディサイズは全長3550mm、全幅1665mm、全高1545mmで、他のフォーフォーと変わりません。独特の2トーンカラーでスマートと分かる一方、フォーツーと同じリアエンジンを採用していることは判別しにくい造形となっています。

ターボはスポーティなイメージを持たせたようで、他のフォーフォーよりワンサイズ大径となる16インチの黒いアルミホイールを組み合わせ、インテリアはブラックのレザーシートを装備し、タコメーターと時計のコンビメーター、パドルシフト、ステンレス製ペダルなどが与えられています。

室内空間は自然吸気仕様と同じで、後席にも身長170cmの自分が楽に座れます。試乗した日は最高気温が30度を超える真夏日でしたが、標準装備されるガラスルーフは紫外線の遮断にも秀でており、サンシェードを引き出さなくても暑さは気になりませんでした。

ターボを装着した0.9Lエンジンは、最高出力は1L自然吸気の71psから90ps、最大トルクは9.3kgmから13.8kgmにアップしており、後者については自然吸気エンジンの約1.5倍になります。それでいて22km/LのJC 08モード燃費は同等です。

車両重量の増加は20kgに抑えられていることもあって、走り始めて最初に感じたのは力の余裕でした。自然吸気エンジンを積んだこれまでのフォーフォーは、加速の際はアクセルペダルをしっかり踏む必要があったのに対し、ターボはアクセルに足乗せるぐらいでも楽に流れに乗れます。

自然吸気版と基本的に同じ6速デュアルクラッチ・トランスミッションは、アクセルペダルを大きく踏み込んだ際に反応の遅れを感じたものの、パドルシフトを活用することで回避できます。

Dレンジ100km/hでのエンジン回転数は2300rpmぐらいと低く抑えられているうえに、エンジンが後方にあるので、高速巡航はこのクラスとしてはかなり静かです。リアエンジンということで懸念される直進安定性も、100km/hであれば問題ないレベルにありました。

乗り心地は少し前に乗った自然吸気版やトゥインゴより固めですが、しっとり感は残っています。ハンドリングは同じフォーフォーの自然吸気仕様と似ていて、リアエンジン独特の挙動はほとんど示しません。この点はフォーツーやトゥインゴと対照的な点です。最小回転半径は自然吸気仕様と同じ4.1mで、小回り性能は相変わらず驚異的です。

256万円という価格は、基本的に同じボディやエンジンを持つトゥインゴが100万円台に収まっていることを考えれば、割高に感じます。ターボエンジンの余裕は確かに魅力ですが、個人的には自然吸気エンジンにカラフルなファブリックシートを組み合わせたグレード、パッションがスマートらしいチョイスではないかと思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mike0404さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
ビデオカメラ
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格3

【エクステリア】 まだ珍しい、VW UPよりもスタイルは好き

【インテリア】 ちょっとチープだがこんなものかと?

【エンジン性能】 ちょっとパワー不足

【走行性能】 ハンドルが軽く、特に不満は無い(エンジンパワーがもう少しほしい)

【乗り心地】 少し硬いが問題ない

【燃費】 12kmくらい。高速では17km/lくらいですが、エアコンを使わなければもっと良くなりそうです。

【価格】 こんなものでは?

【総評】 タイヤのパンク修理剤が助手席の前足下にあって助手席の足元が狭い。後席下の空間がもったいないのでパンク修理一式を外して後席下に置きました。現在は助手席足元も広くなりました。ほとんど何も入らないダッシュボード、整備手帳も助手席下の空間に置いてます。RRエンジンは気持ち良い。ガラスサンルーフは前後にあって気持ち良い装備。エアコンの効きが良くない。循環にすると少し良くなります。後ろのドアがほぼ90度開くので乗り降りはVW UPより乗りやすい。オートライト、オートワイパーなど快適装備が嬉しい。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年6月
購入地域
埼玉県

新車価格
234万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

スマート フォーフォーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:572人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

 ルノートゥインゴの試乗車が未入荷だったので姉妹車スマートフォーフォー・パッションに試乗してきました。

 運転席の座面は地上から約58cmでした。
 ドアの開口部は地上から約38cmでした。
 運転席のフロアも地上から約38cm、ペダル付近はそれより数cm低くなります。
 どれだけフロアが高いか今お乗り頂いているクルマと比べてみてください。
 運転席に座って両足を揃えて真っすぐに伸ばすとブレーキペダルは両足の中央より数cm左側にあります。
 ブレーキペダルは左足の方が近いのです。
 ブレーキペダルとアクセルペダルの間隔も狭いので、トゥ&トゥにならないように気を付けてください。
 いざという時きちんとブレーキペダルが踏めるように必然的にシートは高く上げて後ろに下げることになります。
 ハンドルはチルト調整できますがテレスコピック調整はできません。
 以上よりゴーカートのように足を伸ばす座り方になります。

 ここまで運転席を後ろに下げると後席はかなりタイトです。
 つま先を運転席座面の下に潜らせて、膝は運転席シートバックに触れても、ふとももは座面から浮いてしまいます。 後席の背もたれは立っているし、窓は前ヒンジ式で後ろ側が数cm開く換気機能のみ。頭上こそ余裕はありますが、座った感じは2ドアスポーツクーペの後席のようです。後ろにもドアがあるだけ有難く思えってことでしょうか。

 助手席の足元はスロープのごとく角度が付いていて、ふとももを浮かさないように座るには運転席以上にシートを後方にセットしなければなりません。後席は子供用と割り切ってください。子供と言ってもチャイルドシートに座った幼児を持ち上げるとか辛そうです。

 助手席シートバックが前に可倒できるようになっていますが、水平までは下がりません。後ろに可倒すればするほど座面を上に前に移動しないと背中やお尻にフィットしないはずですが、座面は置いてけぼりです。これはシートバック調整軸が座面よりだいぶ高い位置にあるからです。
 後席もシートバックが水平まで下がらないので、助手席を前に倒しても車中泊モードにはなりませんね。リクライニングにもスリーピングにもならない可倒機構です。あくまで長尺物積載モードですね。

 運転席のシートバック調整軸も助手席同様に座面よりだいぶ高い位置にありました。ハンドルがなければ助手席同様に前に可倒できそうです。助手席同様にリクライニングしても背中とお尻の高さが合わず仮眠するのも苦しそう。
 座面のクッションは厚みも硬さもちょうど良い感じなんですけどね。

 動力性能は普通に流す程度の走りなら問題ないですが、アクセルをベタ踏みしても加速はゆったりしています。レスポンスはNA軽にさえ劣る気がします。30万円ほど高くてもターボ車を強くお勧めします。
 変速ショックは1〜2速で若干の段付きが生じますが、アルトやUPのシングルクラッチ式より断然いいです。2速以降はほとんど気になりません。カックんブレーキなのでブレーキペダルはそっと踏みましょう。
 ドアミラーは面積が小さいながらも周辺部の曲率が変わるのでワイドに見えます。
 
 室内はすごく静かです。アクセルベタ踏みでもうるさいと思いません。
 ハンドリングはスバル製だったころのサンバーの方が自然な感じがします。
(すいません、ポルシェに乗ったことないので比較材料がサンバーしか、、、)
 おそろしく小回りが効くし、路面そのものにも影響されない感じですが、余計なアシストが加わってませんかね?微妙な違和感が残ります。

 内装はポップなトゥインゴに対してシックなスマートでした。黒基調で安っぽさがないです。私は外見はトゥインゴの方が好きですが、内装はスマートの方が好きです。

 スマートとトゥインゴ両者の短所は ペダル配置 と 冷却性能 だと思いました。

 ハンドルを切れるようにしたのでタイヤハウスはそんなに小さくならなかった。重心適正化のために乗員をかなり前に座らせてしまった。それによって左ハンドル車ではおそらく問題にならなかったペダルオフセットが右ハンドルで顕在化した。

 冷却についてはエアコン全開にしても室内がなかなか冷えなかったこと(確認)。ラジエーターが遠すぎてエンジン自体の冷却性能が劣る可能性があること(推定)。エンジンルームが室内後方下にあり、そこからクルマが温められること(推定)。
 事実、試乗後にバックドアを開けてマットに触れたら温かくなっていて、マットをめくって鉄板に触れたらかなり高温になってました。

 スマートターボに300万円も出せる人がちょっと羨ましいと思いました。
車重1トン未満、レギュラーガソリン仕様、左ハンドル。こんなトゥインゴが出たら私も買ってしまうかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

スマートのフォーフォーが復活した。2代目スマートの時代に三菱コルトとプラットホームを共用するモデルとして設定された時期があったが、自然消滅のような形で絶版になっていた。今回の3代目スマートで復活したフォーフォーは、三菱に代わってルノーをバートナーとして開発された。3代目スマートのフォーツーはスマートだけのモデルだが、フォーフォーはルノーのトゥインゴと姉妹車の関係になる。

日本では、2015年の東京モーターショーでトゥインゴが先に公開されたが、発売はスマート・フォーフォーのほうが先になった。少なくとも外観デザインについては、フォーフォーとトゥインゴで明確な差別化が図られている。

スマート・フォーフォーには、日本自動車輸入組合が大磯プリンスホテルの駐車場をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、メルセデス・ベンツ日本が出展した広報車両に試乗した。試乗グレードはベースグレードとなるパッションだ。

外観デザインについては、フロント回りなどが先に発売されたフォーツーと共通で、フォーツーをストレッチしたのがフォーフォーというイメージである。

初代モデル以来、コンパクトなクルマの安全性という観点から採用されているトリディオンセーフティセルはフォーフォーでもフォーツーでも採用されていて、クルマの写真の白い部分がそれに相当するセーフティセルの部分はスチール製で、ブルーの部分は樹脂パネルである。

ブラックを基調にしたインテリア(グレードによってオレンジ内装もあり)は、ほとんどの部分が丸や楕円形をモチーフにしてデザインされている。初代モデルは相当にポップな感覚でデザインされていたが、今回の3代目モデルもそれを継承しながらも、比較的低価格のコンパクトカーらしくシンプルでチープな印象のほうが強い。もう少し質感が欲しいと思う。

フォーフォーという名前の通り、4ドアで4人乗りのモデルで、リヤドアは直角に近いくらいまで大きく開くので後席への乗り降りもまずまずといった感じ。特に乗降性に優れているわけではないが、逆に悪いわけでもない。

ただ、後席の居住空間はあまり広くない。足元空間にあまり余裕がないのはともかく、ヘッドクリアランスが小さめなのでやや圧迫感を感じる。日本のハイト系軽自動車などが大きな頭上空間を確保しているのとは違うクルマ作りだ。またリヤドアのウインドーは上下に開閉する方式ではなく、前側に付いたヒンジを使って外側に数cm程度開くだけ。空気を抜くことはできるが、風を入れることはできず、開放感に欠ける仕様である。フォーフォーではあるものの、後席にはあまり人を乗せないクルマということだろう。

搭載エンジンは直列3気筒1000ccの自然吸気DOHCで、6速のデュアルクラッチと組み合わされる。52kW/91N・mの実力は1005kg(試乗車はオプションの装着で1010kg)という車両重量に対してまずまず見合ったものだが、取り立てて良く走るというほどではない。最大トルクを発生する回転数は2850回転と比較的低めながら、最近のコンパクトカーにはダウンサイジングターボが搭載されていて、さらに低回転域から太いトルクを発生することを考えると、市街地などでの低速トルクにやや物足りなさも感じる。

また動力性能の数字は最高出力は軽自動車用の自然吸気エンジン並み、最大トルクは軽自動車用のターボ並みだが、日本の軽自動車は車両重量が800kg台と軽いので、走りの良さは軽自動車のほうが上位に来る。

エンジンにはスタート/ストップ(アイドリングストップ)機構が採用されているが、停止からの再始動はけっこうにぎやかで、騒音や振動によって再始動がはっきりと感じられる。このあたりも日本の軽自動車のほうが数段優れている。

逆にフォーフォーが大きな長所とするのはしっかりしたボディだ。前述のトリディオンセーフティセルなどによる高剛性ボディは、小さなクルマながらしっかりした感じの走りにつながり、安心感が得られる。また高剛性ボディは乗り心地の良さにもつながっている。このあたりは日本の軽自動車が遠く及ばない部分である。

エンジンをクルマの後部に搭載されるRR方式を採用することは、軽めのステアリングフィールにつながるが、手応え不足というようなこともない。フォーツーが3.3mという画期的な最小回転半径を実現したのに対し、ホイールベースが延長されたフォーフォーは4.1mとやや大きくなるが、それでもまだ小回りの良く効くクルマである。

またRR方式は横風安定性の悪さにつながる要素だが、これについては実際に確認できるようなシチュエーションはなかった。初代スマートに乗っていたときには、冬場に高速道路を走るのは大変だと思ったが、今のモデルでは改善が進められているはずだし、横風によって挙動が乱れそうなときには横滑り防止装置が働くから、まあ問題ないと考えていいだろう。

スマート・フォーフォーはベースグレードのパッションでも装備は割と充実していて、レインセンサー/ライトセンサー、クルーズコントロール、可変スピードリミッターなどが標準で付く。安全装備は先進緊急ブレーキは装備されないが、衝突警告機能は備えている。

パッションの価格は209万円で、これにパークトロニックのオプションが9万円だ。上級グレードのプライムにはパノラミックルーフや本革シート、パークトロニックが装着されて229万円になる。やや高めの価格設定といえかるが、フォーツーの価格が199万円だったことを考えると、意外に小さい価格差ということもできる。メルセデス・ベンツが作るコンパクトカーとして考えたら、これくらいの金額が妥当なところなのかも知れない。

最後に車両重量が1005kgというのは、日本市場のことを考えずに作られたクルマであることを示している。たったの5kg重いだけで、500kg刻みで変わる自動車重量税の区分がひとつ上になってしまうからだ。5kgのために500kg分を払うのは何とも悔しい。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:436件
  • 累計支持数:8318人
  • ファン数:22人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
ルノートゥインゴと兄弟車とのことですが、完全に別物のデザインです。
コンパクトなのに重厚感のあるデザインです。

【インテリア】
ブラックが基本で外装色がダッシュボードに使われています。明るい色だと楽しい感じですが、少々うるさい感じもあります。
内装のクオリティはまずまずですし、オーディオも標準で装備されて、特に必要な装備はなさそうです。
ステアリングがチルトしかしないのはAセグメント車なので仕方ないところでしょか。

【エンジン性能】
低速からそこそこトルクはありますが、普通のトルコンATであるためか、1.0Lのエンジンは良くいえばマイルドな感じで、タコメーターが無いので、どの程度回転しているのかがわかりませんが、踏み込むと軽自動車なみにうるさいです。

【走行性能】
走りは、見た目以上に重厚な感じで、軽快感は薄いです。

【乗り心地】
シヨートホイールベースですが、ヒョコヒョコすることもなく、普通な感じです。

【燃費】
良くわかりませんが郊外で18km/l程度のようです。

【価格】
どうしてもこのクルマが欲しいとか、お金持ちのサードカーで軽自動車は嫌といった購入者が対象のクルマでしようか。ナビを着けなくとも込み込み250万は超えそうですが、それを高いと感じるユーザーは止めればいいだけです。

このあたりが、実用車イグニスとは違うところです。
競合はないので価格評価は3です。

【総評】
先代が三菱コルトベースであったのに対し、今度のモデルはルノートゥインゴと兄弟車です。
個性のカタマリのような唯一無二のクルマになりました。

実用性より、面白さで買うクルマだと感じます。

軽自動車の代わりにもう少し安全性の高そうな軽自動車的なクルマが欲しい方におススメです。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

スマート フォーフォー 2016年モデル

スマート フォーフォー 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スマート フォーフォー
スマート

スマート フォーフォー

新車価格帯:222〜318万円

中古車価格帯:63〜258万円

スマート フォーフォー 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <50

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意