> > > > Vストローム650XT
ユーザーレビュー > バイク > バイク(本体) > スズキ > Vストローム650XT

Vストローム650XT のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.92
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:12人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 4.59 4.44 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.66 4.19 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.67 4.25 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.74 3.98 -位
取り回し 取り回しやすさ 3.91 4.17 -位
燃費 燃費の満足度 4.57 4.14 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.75 4.03 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Vストローム650XTのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

たらちゃんベイベーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
取り回し4
燃費5
価格5
   

   

【デザイン】
XTのチャンピオンイエローとくちばしのデザインは見てるだけで惚れ惚れ!

【エンジン性能】
アイドリングから溢れるトルクで、高回転になればフロントフォークが伸びきる位のパワーを発生。650tでこれだけあれば十分。

【走行性能】
納車した日にまず感じたのは、コーナリングが楽しい!安心して寝かせられる感じ。低速コーナーも高速コーナーもヒラヒラ走れる!そして前後のブレーキも良く効く。

【乗り心地】
身長168センチだと、足付きが両足のつま先になってしまう。ローシートを入れたが多少良くなりはしたが、気を抜くと車重もあるので立ちごけの恐れがあるので無理はできない。ハンドルも少し遠く感じ肩が痛くなることも…。しかし、シートの座り心地は大変良く長時間乗ってもお尻が痛くならないし、走り出してしまえばどこまでも軽く走っていってしまう。

【取り回し】
車高と車重があるので私にとっては取り回しに力が必要。下り坂に停める時はバックで停めないと出せないかも(笑)!?

【燃費】
街乗りで22キロ位。ツーリングで28キロ位。

【価格】
皆さんのおっしゃる通り650のアドベンチャーで100万切るのはGOOD!

【総評】
私にとっては大柄な車体だが、どこまでもどこにでも連れってもらえる相棒として乗ろうと思う。人生最後のバイクになるかも知れないが、スポーク1本1本きれいにしながら大事にしたい。

使用目的
ツーリング

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BAND OF BROTHERSさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
4件
0件
自動車(本体)
2件
1件
腕時計
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

【デザイン】
何故か女性ウケがよく、まわりの複数の女性がカッコいいと言ってくれています。2021モデルのオルトグレーメタリックを購入しましたが、ブルーの差し色のバランスが良く、クチバシや全体のボリューム感もすごくしっくり来ています。

【エンジン性能】
これは奇跡のエンジンですね。微低速でのトルク感や回したときの力強さ含め650ccとは信じられません。基本静かなので、朝の住宅地でも気を使わず、回したときのVツイン独特の鼓動感が、ジェントルながら素晴らしい心地よさがあります。あらゆる場面で扱いやすく、飽きさせないエンジンだと断言できます。

【走行性能】
鬼のような直進安定性と、ワインディングでもヒラヒラと気持ちよく倒せます。目を三角にするような走り方は似合わないバイクですが、退屈するようなハンドリングでは決してなく、どのような速度域でも飽きさせないと思います。あと、微低速でもトルクが十分なので、スズキ独自のアシスト機能とあいまって、Uターンなどがやりやすいです。

【乗り心地】
満点です。お尻も自分は全く痛くなりません。リアサスはダイヤルで標準より少し柔らかめに設定していますが、乗り心地が良いのに、カーブでの接地感もよく、素晴らしいです。

【取り回し】
それなりに重量があって、大きいバイクなので、何とも言えませんが、こんなものかと思っています。特に困ることは今の所ないです。

【燃費】
燃費を気にしたことがありませんが、今のところ平均燃費計の数字から、郊外のツーリングが多いですがリッター25km前後のようです。あまり回さずに燃費運転をするともっと伸びると思います。

【価格】
スズキというメーカーは素晴らしいですね。この内容で定価が税込み100万円を切るのはありがたい限りです。初のスズキバイクですが、感染者が多いのも頷けます。

【総評】
これまでいろんなバイクに乗ってきましたが、このバイクは自分には最高です。週末が近づくと、どこを走ろうかとウキウキさせてくれます。気をわずに自分らしく乗れるところもこのバイクの良さだと思います。
ーーー
先日、北の大地を約1900km走りましたが、起伏の小さい海岸部では何と平均燃費30km超え、満タンでの航続距離表示595km、しかもトルクモリモリで山道もグングン登り、高速走行での安定感は文句無し、おまけに丸一日走ってもお尻が音をあげない、エンジン音も飽きさせない、フェリーアクセスで夜間も走りましたが意外とヘッドライトも明るく、頼りになる相棒でした。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった20人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タカすぃ〜〜さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
3件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費4
価格5

【デザイン】Vスト250の方がカッコいいと思っていますが、650も自分好みなので大満足。車体の大きさも迫力があって◎
エンジンガードは必須オプションだと思います。

【エンジン性能】125ccからのステップアップで初大型の為他車との比較はできませんが、初めて乗った印象として、エンジンのガシャガシャ音が えっ?壊れてるの?って思ってしまった^^; これがVツインていうやつか〜 て感じでした。
バイク選びでエンジン性能を気にしない人、大型アドベンチャーバイクが欲しい人、という方には何の不満もないエンジンです。
パワーも十分すぎて、あり余ってます。タンデム時も発進、加速とも余裕です。

【走行性能】他車との比較ができませんが、通勤、ツーリング、ワインディング、何の問題もなく快適に走れます。
免許取得時に乗ったCB750とXJR1300に比べると、一本橋のような極低速走行が少し難しい。重心が高いせい?ローRPMアシストのせい?

【乗り心地】最高です。
シートはお尻痛くなりますが、もう無理!とはならないので1日ツーリングできます。前車GN125は2時間でもう無理でした。
タンデマーも少しは痛くなるけど、全然大丈夫と言っています。
スクリーンの暴風効果良いです。
ハンドガードがあるのて冬場も手が冷えにくい。夏場は暑いですが。
一つ残念なのは、クラッチレバーの位置調整ができないことです。ブレーキレバーはダイヤルで位置調整できるのに…。

【取り回し】Vスト650のデカさも気に入っているので、取り回しを苦に思ったことがありません。

【燃費】片側1車線の駅に向かう一本道を5キロ、ストップ&ゴー多い、すり抜け無し、で通勤メインだと、リッター16〜19。
タンデムでフルパニア状態の下道ツーリングだと、リッター24〜27。
ソロの下道ツーリンでも24〜27。(タンデム時と燃費の差がわからない)ソロでタンデム時の優しいアクセルワークをすればもうちょい伸びるかもしれません。
高速道路は走ったことがないのでわかりません。

【価格】650クラスのネイキッドやスポーツ系に比べると割高だか、大型アドベンチャーの中では一番安いし、装備も十分。
650だけどこの車格はもうビッグアドベンチャー。この価格でビッグアドベンチャーが乗れるなんて、お買い得。 とプロライダーの丸山浩さんがYouTubeで言ってました。

【総評】足つきが良くないと言われてますが、177センチの私は苦になったことがありません。
通勤、買い物、ツーリング、チョイ乗り、これ一台で何でもこなせます。原付との2台持ちとか必要ありません。
Vストの見た目が好き、アドベンチャーバイクが欲しい、という方には超おすすめです。

使用目的
通勤
買い物
ツーリング
頻度
毎日

参考になった10人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

LD@mc15eさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
12件
バイク(本体)
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格5

八幡平アスピーテライン

伊勢志摩スカイライン

純正状態ではフックをかけるところが無いが…

   

アイボルトに変えると途端にネット固定が使いやすくなった!

   

2019年9月までHONDA VTR-F(250cc)に6年半61000km乗り、そして新車Vスト白青に乗り換え。
2019年式 パールグレッシャーホワイト
現在14000km
VTR-Fとの比較になります(VTR-Fのレビューも書いてます)

【デザイン】
Vストといえば黄色のイメージでしたが、2019年3月のMCで白青カラーが追加され、「なんて美しい白青なんだ!デザインのヤ○ハの如く…!」と衝撃を受け、勢いで大型免許を取得、新車購入。それくらいに大好きなデザイン・カラーリングです。
見ているだけで冒険心をくすぐられる。

【エンジン性能】
フラットトルクで非常に扱いやすかったVTR-Fと性格が似ています。VTR-Fの大型バージョン、と言ってしまって差し支え無い。大型初心者の私でもとっても扱いやすいです。しかしそこは650ccのパワーとトルク、高速道路での100km/h + α巡航がすごく楽になりました。
ツーリングで多用する回転域2500-4000rpmでの、スロットル微開からジンワリ捻ったときのドロドロとしたV2のフィーリングは味わい深く楽しいです。それゆえ、原付1種の速度域でも全くストレスが堪らない。むしろ楽しい。
しかし「大型バイクならではのかっとぶ加速」「後続車をミラーの点にする加速」はVストに求めてはいけませんw それを求めるなら同エンジンで軽量・ハイパワーなSV650(Vストは69PSの215kg、SVは76PSの197kg)かMT07、CBR650F/Rを選びましょう。

意外な点として5000rpmくらいからの、ハンドルやステップへの微振動がそこそこあります。決して「手が痺れる」などの不快なレベルでは無いですが、誰もが「500km超乗っても全然疲れない」と絶賛する究極の旅バイクなので少し驚きました。

ローrpmアシストは神機構で、最初こそ半クラでググッと車体が不自然に前に出る感覚ですがものの数分で慣れ、ノロノロ渋滞やUターン時などで非常に役立ちます。

【走行性能】
車体剛性や純正タイヤ(BRIDGESTONE BATTLAX ADVENTURE A40)のグリップの高さのおかげか、VTR-Fよりもカーブを5-10km/h増しで安心して曲がれる感じです。
コンパクトなVTR-Fから大柄なVスト650XTに乗り換え、「上手く乗りこなせるかな…カーブ曲がれるかな…」と最初は不安でしたが、なんと言うか、跨ってクラッチミートで走り出すと「こうやって乗れば良い」とすぐにVストが教えてくれ、直線路でもカーブでも、数秒で慣れて走れてしまう。超微速の場合を除き、こんなにもフレンドリーな大型バイクはそうそう無いかと。

ライポジは意外にも前傾です。オフロードバイクのようにほぼ直立だろうと思いきや、ふと街中の窓ガラスに映る自分を見ると「ん?VTR-Fと前傾度変わらないぞ?」と。Vストのレビューの中に「ハンドルを交換してもっと手前になるようにした」というものが散見されましたが、こういうことだったのかと。
だからといって不快とかでは全然無く、むしろ直立より緩やか前傾なこの方がベストかなと。

ウインドスクリーンの防風は優秀。3段階中の一番低い位置(デフォルト)から弄ってないですが、VTR-Fよりも防風効果高いです。

【乗り心地】
長時間ライディングによるお尻の痛みは、ゲルザブ装着VTR-Fと比べると格段にマシになりましたが、それでもやっぱり痛くなりますw(Vストにはゲルザブ着けず) VTR-Fより1時間ほど延長される感じでしょうかw 誰もが「全然ケツ痛くならない完璧なシート」と絶賛するレビューを多数見てきて、かなり期待していたんですが、やはり僕のお尻ではダメだったようです(笑) Vストとはいえ、走行中は適度にケツを浮かせましょう。(←自分に言い聞かせてます)

【取り回し】
当方169cmで両足つま先が接地します。
降車しての取り回し、平地なら問題ないのですが、少しでも上り坂になると、やはりVTR-Fからプラス50kg増しは相当気をつけないとグラッときます(泣)
下り坂の駐車場に停める時はバックで入れないと、非常に痛い目を見ます。
筋トレ、筋トレ…

【燃費】
ツーリング使用で25-27km/L、最高で29km/L、街乗りオンリーで21km/L
(全て満タン法による実燃費)
昨今の大型ミドルクラスの中では標準的なほう。
このバイクで30超えは…高速道路を延々と90km/h巡航でもしない限りキツイです。

驚いたのはメーター平均燃費の精度の良さ。実燃費とプラスマイナス1くらいの差しかありません。200km以下の給油ではブレが大きくなることもありますが、300km以上の走行・給油ならかなり信用できる精度です。

【価格】
スズキの鬼値引きがあるので(笑) 同カテゴリのNC750Xやテネレ700と比べると相当お買い得ですw
欧州をはじめ、世界中で高評価された究極の旅バイクにしては安すぎるくらいです。

【その他】
タンデムシート周辺に荷かけフックが無い!(リアキャリアにあるが「かえし」が無くて心許ない。あとGIVIのベース設置しちゃったしw)
なので車体の埋め込みボルトを、ホームセンターで買ったアイボルトに。これでネット・フックが使えるようになりタンデムシート上に適当なカバンを固定できるようになりました。超便利に。(写真参照)
パニアケースありきのユーティリティはいただけない…

【総評】
アメリカンやW800のように強烈な鼓動感があるわけではない、かといってマルチのような官能的な回転計上昇・加速があるわけでもない。かっ飛ぶ加速も難しい。刺激あるエンジンを好む人には向きません。
しかし新東名の120km/h巡航も快適、且つ、30km/h巡航でも全くストレスが堪らない(むしろ楽しい)エンジンってそうそう無いと思います。

オトナの旅バイク。究極の旅バイク。「アルペンマスター」の異名。
絶景と "非日常" を求めて、Vスト650XTと共に旅に出る。

比較製品
ホンダ > VTR-F
使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バイクいいねさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
取り回し3
燃費4
価格5

リターンライダーです。
3年前から250ccで復活、今夏vStrom650XT 2018年式に乗り換えました。
主にツーリングに使用するのでロングツーリングに向いているvStromにしました。

MT-09 Tracer、vStrom1000とも迷いましたが燃費とレギュラー仕様ということでvStrom650に。

費用面で旧型とも迷いましたが、カッコが気に入ったので無理して新型にしました。

・デザイン
 vStrom1000と同様のデザインとなり、カッコよく気にいってます。
 林道も走りたいという思いよりXTにしましたが、チューブレスということでパンク不安がやわらぎうれしい限りです。

・エンジン
 爆発的なパワーはありませんが、十分なパワーがあります。
 250ccから乗り換えの私には十分です。
 低回転からよく粘り、中〜高回転も気持ちよく回ります。
 高速走行もしましたが、余裕で追い越し車線を走れます。

・走行
 曲がりやすいバイクだと思います。
 峠道も早く走れると思います。(私は腕に自信はありませんが)400kmの長距離ツーリングではお尻が痛くならず感激しました。

・足つき
 身長172cmの私ですとノーマルではやはり足つきは悪いです。
 ローアームリンクを入れて2cm程落としたところ思いのほか楽に跨げるようになりました。
 フロントはそのままで光軸を少し下げました。

・取り回し
 軽いので私はそれほど気になっていません。
 また小回り等で思いのほか、ローRPMが良いです。

・燃費
 街中で23km、ツーリングで26〜28kmくらい走りました。
 650ccでは燃費良いほうかと思っています。

・価格
 トラコンも付いてこの価格はかなり安いと思います。

・満足感
 必要十分なパワーがあり、どこでも走れ、燃費も良いので大満足です。


使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ババンガバンさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
3件
0件
ランニングシューズ
2件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
取り回し3
燃費4
価格4
   

   

【デザイン】
鳥のクチバシのような顔で愛嬌があります。
又、スポークホイールはオフ車っぽくて好き。

【エンジン性能】
これまでZZR1400.ZRX1200ほか1000cc以上ばかり4台乗り継いできて物足りなさを予想していたが、トルクがあり実用上、パワー不足を感じません。逆に振動が少なく急かさないエンジン特性なので心理的に快適です。但し、追越し加速は普通に遅いてす。

【走行性能】
タイヤが細いためか軽く旋回します。又、サスペンションがよく動き舗装の悪い道も安心して走れます。低速の強めのブレーキでABSが数回作動しましたが安心できます。

【乗り心地】
今まで乗ったバイクの中で1番。長距離走ってもケッが痛くなりにくく、ポジションが楽です。又、スクリーンがよく風をさえぎり、胸元とヘルメット下部は風の影響なし。

【取り回し】
650にしては大きいですがハンドルがよく切れ小回りができます。

【燃費】
まだ、1300km程しか走っていませんが約26km/L位

【価格】
妥当でしょう。前年モデルなので少し安く買えました。

【総評】
地味なバイクですか、スペックでは分からない乗り手に優しいロングツーリングバイクです。際立った所がないのが欠点です。忍者からの乗り換えですが長距離の快適性はVストが上です。
欲を言えば上位の1000CCと同じ電源ソケットやワンタッチで調整可能なスクリーンがほしいところです
(その後)
購入して2年半経過したが、やはり長距離ツーリングでの燃費とタンク容量大きいので500km以上給油不要なのとポジションが楽。なにより尖ったところかなくマイルドなので飽きないです。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった18人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

超ーーじ17さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
バイク(本体)
2件
7件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費5
価格4

【デザイン】
モデルチェンジ前の猫顔は好きでなく、購入リストに入っていなかったが、17年型に変わり一気に欲しくなり購入していました。
性能も大事ですが、デザインの大切さを改めて実感しました。
イエローだけがリムもゴールドなので、気に入っています。一番売れているようですね。

【エンジン性能】
トライアンフのタイガー800XCに発売開始から5年以上乗り、小さなトラブルも出てきたし、数年で定年を迎えるので維持費の安い250(カワサキ ヴェルシス250Xツアラー)に乗り換えましたが、車重が軽く足付きも良くなったものの、馬力が三分の一となったせいか、加速や高速巡航にもストレスを感じるようになり、1年経たずに乗り換えを決意しました。
650XTは、ようやく1000kmとなり慣らしも終わったところですが、回転を上げなくても加速感がイメージと合致し、高速巡航(100kmまで)でも全くストレスを感じることなく、長距離ツーリングがとても楽に感じます。
250では7000回転以上だったのが、650XTでは4500回転程度に収まるので、心にゆとりを持てます。

【走行性能】
まだ、慣らしが終わったばかりで、4500回転以上はあげていませんが、長距離ツーリングに使うのには十分ではないでしょうか。
もう少し高い回転を使うようになれば、その感想を改めて投稿するつもりです。

【乗り心地】
リアのショック調整が簡単にできるのがいいですね!
若干柔らかめにして乗っていますが、二人乗りはしたことがないし、ダートも少ししか走っていなのですが、今のところ不満はないです。

【取り回し】
250よりは当たり前ですが重たく感じますが、車重がほぼ同じのタイガー800XCよりは若干軽く感じます。
普段使うような状況において全く問題はなく、車格相当であると言っておきます。

【燃費】
慣らし中の回転をあげない状況で、エンジンはあたりが出ていない中ですが、25〜30kmは走りました。
650という排気量の割には燃費がいいと言えます。250バイクとほぼ同じです。レギュラーなので、財布にも優しいですね。
タイガー800XCは平均22km程度で、ハイオク仕様でした。

【価格】
ヴェルシス250や他メーカーの同系車と比較すると安いと思います。
これ以上高いと、乗り換えは不可能でした。
ただし、純正オプションの価格が高すぎると思います。全て社外品で揃えていくつもりです!(キッパリ)

【総評】
デザイン、車体価格、走行性能、取り回しに高評価を与えることができます。
今までスズキのバイクには全く関心が無かったのですが、Vストローム650は購入しても後悔することはないと言えます。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

屁理屈どっとcomさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
5件
498件
ツーリング
0件
16件
その他のバイク用品
0件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格5

【エンジン性能】
このエンジンは名機と言ってよいのではないでしょうか?1速アイドリングからでも発進できる低回転での力を持ちながらも、そこから谷なく澱みないパワー感で高回転域まで回ってくれます。
荒々しさやクセはありませんが、どんなシチュエーションでも疲れず安全に速く走れるこのエンジンこそVストに積むべきエンジンだと思います。
2気筒ですので、極低回転での粘りはありませんが、ツキの良さとトルクがあるので、Uターン等も驚くほどクイックに回れます。
ただこの特性も言いにくい事ですがシート高が高い事もあり技術が拙い方ですとUターン等、低速度域での乗りにくさ怖さを感じてしまう要因になってしまうかもしれません。
Vツインエンジンですが、3千回転以下でないとVツインらしいパルス感は正直感じにくいです。それ以上の回転域になるとパルス感は鳴りを潜め綺麗に回っていきます。
市街地では充分過ぎると感じるエンジンも高速道路に入るとちょうど良いパワー感という印象に変わります。ちょうど良いとは言え、レッドが1万回転からで100キロでも4000回転位ですので、飛ばし気味の4輪を楽々とペースメーカーにしての巡行が可能です。
が、大きい車体と2灯のヘッドライトの威圧感からかすぐに譲られるのは逆に困ってしまいますが。
峠等ではその実用回転域の広さから、ほとんど3速固定でかなりのアベレージスピードで走る事が可能です。

【走行性能】
車高は高いものの乗り味はオンロードバイクに近いのではと感じます。フロントに荷重が乗りやすいディメンションがそう感じさせる要因なのだと思います。
とは言え、荒れたダートを走ってもフロントタイヤがつっかかってリヤが暴れるような感じも無く、結構ガンガン走れてしまうので、本当にバランスの良いマシンなんだと感動します。
峠などのコーナーでは安定感抜群でありながらヒラヒラと曲がれますが、さすがに17インチの純粋なオンロードマシンと比べるとクイックに曲がる感覚はありません。が、コーナーを曲がる時の安心感とスピードのバランスレベルが高いので、緊張感無く楽しめます。実際にコーナー進入時にフロントブレ
ーキを引き摺りながらでも、リヤブレーキを引き摺りながらでも挙動に違いはあれ安定感が破綻する事はありません。
ダートでも意外とスタンディングし易いポジションもあって、かなり走破性能は高いと思います。が、タイヤもあって寝かし込み過ぎるとフロントが切れ込んだり、低いギヤでタイトに曲がろうとするとプッシュアンダー気味になりますので、抜群のツキの良さのエンジンである事もあって、タイトな林道では
クラッチに指をかけている時間は長くなります。しかし実際に林道を走行してみて、ガレ場で真横になるくらい振られても収束するバランスの良さがありますし、ツーリングマップルに載っている林道であれば、まったく問題無く、景色を楽しみながら余裕で走破できるポテンシャルがあると確信できました。
もっと振られ出したらどこに行くか分からないような緊張感を伴う感じになるのではと想像していたので、ますますこのバイクが好きになってしまいました。
ただ舗装路では抜群の安心感を感じさせてくれるABSがダートで作動してしまうと、かなり制動距離が延びてしまうので、この点は注意が必要です。特に荒れた路面の下り区間であえて作動させてみると、減速感をほとんど感じさせず空走してしまうので、その点を想定しながらの走行が必要です。

【乗り心地】
抜群に良いシートと、楽なポジションもあって文句のつけようがありません。最高です。この乗り心地の良さは例えば、他車種と地球一周レースをすれば、疲労感を感じさせない抜群の乗り心地と大きなタンクからくる航続距離の長さ、程良いパワーとサイズ感等の理由から一番最初に帰ってくるのはV−STROM650であってもおかしくないのではと思う程です。
【取り回し】
最初に跨った時には、そのタンク周辺のボリューム感から不安になりましたが、800キロ走ったツーリングから帰ってきた時には不安感は払拭され、大きさをまったく感じなくなりました。
また足つきに関してですが、私の173センチ90キロ越えの体形ですと、両足ですと前足底まで、片足ですとあとちょっとで踵がつくかなという感じです。バイクのバランスの良さとスリムさもあって不安感はあまり感じません。それにしばらく乗ると体が馴染んでくる+シートがヘタってくる+サスもヘタってくるのもあって足つきは改善されますからね。

【燃費】
これだけのフレキシブルエンジンでありながら、燃費性能も高く、先日のツーリングで65キロ6速で鼓動感と景色を楽しみながら走っていると、燃費計で30.2キロとなっていました。
高速・ワインディング・ダートを走ったツーリング全体としての燃費は29.3キロでした。
普段の通勤使いでは21キロ程走ります。

【総評】
このバイクを一言で言うのであれば、それは
       「自由だ」
この一言に尽きると思います。

仕事があったり、家族があったりしながらも束の間でも自由を欲するライダーであれば一回は乗ってみて下さい。
年齢など関係無く、それぞれが思う形の自由へ
V-STROM650XTが連れて行ってくれると思います。

追記。最近、マシンに慣れてきたのもあってか、一定以上コーナーリングスピードを上げると、コーナー立ち上がり付近でリヤサスが沈み過ぎてフロントの接地感が薄くなり開けきれない症状がでてきました。かといってサスを締めると跳ねてVストらしさが失われてしまうので、やはりそこそこで走るマシンなんだなと感じてます。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
毎日

参考になった39人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

红枣さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
5件
バイク(本体)
2件
1件
外付けHDD・ハードディスク
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格5

【デザイン】
最初はノーマル650見てええーって感じだったが、XTになって全体バランス断然よくなった。バッタ顔から鳥顔に変わり、それが強調されてより愛着が持てる。愛馬とうか愛鳥というか他に似てない個性がいい感じ。バイクの地味さを補う赤がいいです。

【エンジン性能】
XJR1300からの乗り換えですが、必要十分ではあります。Vツインの感じも悪くなく、トコトコ〜タタタ〜どぅるるるーんと不満なく回ってくれます。前車は一速や二速でフルスロットルは加速も音も怖いくらいで、エンジンが心配になるくらいだったが、これはスムーズにリミッターまで淀みなくスムーズに回りストンと回転数が落ちます。5000回転超えると気持ちいいトルクを感じます。無理な追い越し以外は十分でしょう。発進時のクラッチミートも簡単でエンストもしにくくUターンも問題ありません。しつけが良いという意味ではXJRより断然よい。ただ、坂道や高速の追い越しでもうちょっとだけトルクがあればという気も無くはないですが、まあ贅沢かな。あと静かなので刺激は少ないです。まあそういうバイクじゃないけどね。2速で引っ張れば一応ドルルーンといい音出してくれますのでそれが刺激といえばそうかな。

【走行性能】
思ったより軽く、パタパタとよく気持ちよく素直に曲がります。ワインディングも楽しめます。酷道も怖くない。高速もシールドのおかげでビッグネイキッドよりはるかに楽で全く問題ない。ちょっとしたオフやがれ場も全く問題なし。本格オフロードは重いので無理ですが、ツーリング先で出会うフラット林道はこなせます。以前のXJRでは恐ろしくて進めなかった路が今では余裕です。カーナビにある道ならほとんど行ける気がします。これが最高に心にやさしい。

ブレーキもふつうに効きます。ABSで既に2度ほど救われました。XJRならロックして事故ってたと思います。

追記)と思ってたのですが、未舗装路ではAbs効きすぎてズルズルと制動距離伸びます。下の鋭角カーブで、止まれず膨らみすぎて溝に落ちちゃいました。油断は禁物です。

【乗り心地】
どこまででもいけます。300kmなら尻はまったく気にならん。500kmで少し疲れるかなという程度。
172cmにはハンドルが少し遠いので、腕がだるくなったり肩が凝る気もする。
追記)お尻の位置調整でなんとかなります。今は慣れました。

【取り回し】
大柄ですが、1300にくらべると軽い。気も楽です。172cmの標準体型ですが押せます引けます。乗ったままでもバックできます。ノーマルシートで足つきは最初心配しましたが、プリロード一番低くして慣れれば軽いので問題なし。靴底にも5oアップのソール入れてさらに安心。リアボックス着けるとさらに沈みます。今では全く気になりません。

追記)ただエンジンガードやリアボックス着けて満タンだと少し重くなり、ぐらっとくるときあります。

180401追記)
未舗装路や悪路ではやっぱりまだ大きく重いです。
雪と氷が残る下り坂に突っ込んで、Uターンするのに往生しました。三人がかりでおい汗かいて💦Uターンでした。理想はもう10kg軽いことかな。

【燃費】
最高に良いです。峠軽く回して27km/L、6速多めツーリングでは30km/L、街乗りと郊外で26km/Lくらいか。
高速80kmだと35km行くんではないかな。

追記)この前200kmくらいのツーリングで33kmL行きました。

【価格】
XTなんで少し高めですが、ヘプコエンジンガード、ETC、ナックルガード、USB、ヘルメットロックつけて乗りだし90万ちょっと超えでした。650CCということを考えるとまあ普通かな。13年前は1300CCで同じ額でしたから。

【総評】
買ってよかった。期待していた部分(軽さ、楽さ、エンジン、燃費、道路を選ばない懐の深さ)が思いの通りだったのでかなり満足しています。スタイルも見れば見るほどよく感じます。やっぱりワインレッドが最高だな。長く乗りたいと思います。

追記)約5000km走った今も変わりません。楽しく楽チンに距離伸ばしてます。日帰りツーリング心理的距離が以前より100km伸びました。朝10時に出て夜8時帰宅、うち8時間タカタカ乗って400km。それで帰宅後も心地よい余韻が残る。

最後に、エンジンガードは必須アイテムです。いろんな意味で元取れますよ。

180401追記)
13000km走行しました。コツがわかって来たので乗る楽しさは以前よりも増してます。エンジン最高です。前より回すようにしてるためなのか、自分がダイエットで10kgも軽くなったためか、よりトルクフルに感じるようになりました。以前は1300ccだったので、アクセル開度が不足していたのかも。
ハンドリングも入力と体重移動のコツがつかめて来たので快適です。スタイルもより個性と愛着を感じるようになりました。ただトラコンは今でも欲しいかな。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった21人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

爺-shockさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
1件
0件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
   

有名な撮影スポット『千里川の土手』

   

身長170cm、体重63s、年齢55歳のシニアライダーです。 ツーリ○グセローからの乗換えです。

【デザイン】
鳥類のクチバシを連想させるフロントフェンダーがこのバイクを購入した最大の要因だと言っても過言ではないです。
山好き・キャンプ好き・バードウォッチング好きの私のライフスタイルにピッタリ来ました。

【走行性能】
静かなエンジン音、フラットダートなら走れる走破性、大きな風防と大きなシートによる高速道の快適性、燃費の良さ、全て満足しています。

【シートの高さ】
唯一の欠点?が足つきの悪さです。ネットで検索してパイツ○イヤーの50mmローダウンキットに辿り着きました。ローシートと合わせると70o下がるので、両足がベッタリ着きます。年齢とともに筋力・反射神経の衰えを感じるので、この低さは大きな安心感につながります。 高速道・フラットダート(田圃の畦道や川原)とも走行性能に問題ありません。
ただノーマルのサイドスタンドは使えなくなります。 ネットでいろいろ探しましたが、デイ○ナのショートサイドスタンドが一番リーズナブルでした。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

源氏の滝さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヒーター・ストーブ
1件
0件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格4
   

   

購入にあたってこのコラムを参考にしたので、私も一筆書かせていただきます。
20年ぐらいリッターネイキッドを乗り継いできました。
寄る年波で重量が負担になってきたのと元々このタイプに興味があったのでKTM
を狙ってましたがやはり高い。
1000が出たのを契機に本格的に乗り換えを考えましたがやはりお高い・・・。
650は以前から見てましたが、のっぺりしたスクーター然とした顔つきがどうも・・・。
そうするうちにクチバシ付きが発表され、これならと・・・。
トルクはそれなり、ありあまってません。必要ならシフトダウンしてください。
パワーも同様。
排気量が半分ですからね。でも必要充分です。
4気筒と違ってトルクやパワーがギューンと立ち上がる印象はなく直線的です。
どのギアで走ったらよいのか迷う時があります。
このバイクはエンブレが非常に効くので、出来るだけ高いギアで走りたくなるのですが
あまり上げるとギクシャクします。
燃費は最高、元々良かったんですが、11,000超えたあたりからアタリがついたのか
ますますよくなりました。
通勤で25、一般道の流し走行なら30キロ前後、高速でも25キロ前後(やや飛ばし気味)
4000回転(95キロ前後)以下に抑えれば伸びるみたいです。
私は身長173cmですが足の指の付け根がなんとか踏ん張れる程度。
足を下すとステップと干渉するので、後ろ側に下すと多少ましです。
ローダウンはなし、道路の凹凸の激しいところではドキッとすることがあります。
ハンドルは遠くはないですが、幅が広いのでハリケーンのライザー入れてます。
エンジンガード、自前のフォグランプ、SWモーテックのラックでトップケース付けてます。
もう、何もいらん感じです。
軽量なので取り回し楽です、タイヤの負担が軽いのか滑る怖さがありません。
まだ慣れないとこがあって不満がないことないです。
Uターン左折などクリッと回りたいとき、意識して寝かし込んで前輪に舵角をつけてやると良いんですが、
ハンドルに力を入れないような癖がついててなかなか上手くできません。(思い切って寝かせられない)
それさえできれるようになれば・・・。
もっと早くこっちに来ていたら良かったかも?
スクリーンもよく効いてますよ。ネイキッドのバイザーやミニカウルなんてないのと一緒。
ヘルメットの口元のベンチが効かなくなったのが唯一の不満かな・・・。
夏場のメッシュジャケットの涼しさが少しスポイルされてあつくなったかも・・・。
でも、タンクやサイドカバーなどチープですが全てカバーされててちっとも熱くないのが感動でした。

使用目的
通勤
ツーリング

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

anityaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し4
燃費5
価格5
   

   

【デザイン】2つ目のヘッドライトデザインがお気に入り。
性能でV-STROM 1000と迷いましたがデザインで650XTにしました。

【エンジン性能】650ccのVツインです。皆さんの比べる車種で評価が変わります。
私は他のミドルクラスと比べても悪くないと思いますが。

【走行性能】良く走って曲がって止まります。普通にツーリングするので在れば文句なし。
普通に走れない人にはおすすめ出来ません。

【乗り心地】ツアラーバイクなんで快適です。

【取り回し】軽量バイクからの乗り換えなんで最初は大柄で重いバイクだと思いましたが、慣れなんでしょうか?大きな割りに軽量だと思うように成りました。
この手のバイクはやはり足つきがネックです、174cm 60kgだと両足はつく物の、多少不安が有り納車時にローダウンリンクを入れて貰いました。

【燃費】高速29〜30 一般道26〜32 ツーリング平均28〜30 最高34 最低22

【価格】他のアドベンチャーツアラー系バイクと比べてもバーゲンプライス価格だと思う。

【総評】距離650キロの連続高速移動をしましたがお尻は痛く成りませんでした、少し肩こりましたが。
遠くに行こうと言う気にさせてくれるバイクです。
私は通勤や街乗りでは乗りませんのでツーリングでの評価に成りますが一言、快適です。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Vストローム650XTのレビューを書く

この製品の価格帯を見る

Vストローム650XT
スズキ

Vストローム650XT

新車価格帯:968000968000

Vストローム650XTをお気に入り製品に追加する <35

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【Myコレクション】リスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意