α5100 ILCE-5100 ボディ レビュー・評価

α5100 ILCE-5100 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥40,000 (前週比:-2,800円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年 9月 5日

店頭参考価格帯:¥48,490 〜 ¥48,490 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2470万画素(総画素)/2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 連写撮影/秒:6コマ 重量:224g α5100 ILCE-5100 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α5100 ILCE-5100 ボディの価格比較
  • α5100 ILCE-5100 ボディの中古価格比較
  • α5100 ILCE-5100 ボディの買取価格
  • α5100 ILCE-5100 ボディの店頭購入
  • α5100 ILCE-5100 ボディのスペック・仕様
  • α5100 ILCE-5100 ボディの純正オプション
  • α5100 ILCE-5100 ボディのレビュー
  • α5100 ILCE-5100 ボディのクチコミ
  • α5100 ILCE-5100 ボディの画像・動画
  • α5100 ILCE-5100 ボディのピックアップリスト
  • α5100 ILCE-5100 ボディのオークション

α5100 ILCE-5100 ボディSONY

最安価格(税込):¥40,000 (前週比:-2,800円↓) 発売日:2014年 9月 5日

  • α5100 ILCE-5100 ボディの価格比較
  • α5100 ILCE-5100 ボディの中古価格比較
  • α5100 ILCE-5100 ボディの買取価格
  • α5100 ILCE-5100 ボディの店頭購入
  • α5100 ILCE-5100 ボディのスペック・仕様
  • α5100 ILCE-5100 ボディの純正オプション
  • α5100 ILCE-5100 ボディのレビュー
  • α5100 ILCE-5100 ボディのクチコミ
  • α5100 ILCE-5100 ボディの画像・動画
  • α5100 ILCE-5100 ボディのピックアップリスト
  • α5100 ILCE-5100 ボディのオークション

α5100 ILCE-5100 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.84
(カテゴリ平均:4.62
レビュー投稿数:6人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.35 4.52 -位 見た目のよさ、質感
画質 4.32 4.54 -位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 3.45 4.30 -位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 3.65 4.16 -位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.52 4.26 -位 軽さ、コンパクトさ
機能性 3.68 4.42 -位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 3.68 4.33 -位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 3.48 4.43 -位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α5100 ILCE-5100 ボディ

α5100 ILCE-5100 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性3
機能性3
液晶2
ホールド感3

一眼レフを買うと決めたものの全くの初心者なので、一体何を買えばいいのか分かりませんでした。

友人に聞いたりネットで調べた結果、ミラーレスが初心者には軽くて扱いやすそう!となってミラーレスに決定。
スペック廚(画素数とか)なのでソニーか富士の二択でしたが、ネームバリューのあるソニーが良いと思って本機種を購入!

何となく抱き合わせ商法のキットレンズは買う気にならなくて本体だけ購入&シグマの単焦点3つを揃えましたが、結局正解だったのかも。

今は本で勉強して知識もついたのでわかりますがキットレンズは室内や夜景を撮影するには暗すぎるので、購入を検討されている方は明るい単焦点(望遠かマクロ)とズームレンズ(GかZ)を買うのをオススメします。

ということで、以下項目ごとに評価していきます!


【デザイン・携帯性・ホールド感】
現代的なソニーらしいデザインで、従来の一眼!みたいなゴテゴテした感じは皆無。
ただコンパクトさと携帯性を追及しすぎて、ホールド感とバランスが悪いので持ちづらいかも。

レンズはいわゆるパンケーキがいくつかあるので、こういうレンズを使うのが正解かなと個人的に思います。
もしくは焦点距離16-70mm or 18-105mmのズームレンズ。

【画質】
これはレンズに依存する部分が大きいと思いますが、キットレンズは中途半端でイマイチな性能なのでボディ単品買いを強く推奨します。
ある程度予算を出してもいいなら上述のズームレンズ。あまり出せないならシグマのDNシリーズ(単焦点)がオススメ!

高感度は個人的に1200ぐらいまでが許容範囲。APS-C機では次いで富士かニコンあたりが評判いいですね。
実用3200いける!と言ってる人もいますが、PCなど大きい画面で見るとやはりノイズが目立ちます。
夜景を撮る時もむやみやたらに3200とかはNG!

ちなみにアップしている写真はシグマの単焦点で手持ち撮影したものですので参考までに。
明らかにぶれてるのもありますけど、これならまだどうにか...なりそうな気もしますよね?

本体に手振れ補正がないのでレンズに補正があるものを選ぶと吉。
でも、なくてもどうにかなると個人的に思います。

.基本的な絵作りに関して言うと...撮って出しのJPEGは全くといっていいほど使えないのでLightroomでの現像が必須かも。
全体的に黒っぽい絵がでてきますが、個人的には無駄に重くて胃もたれしそう。。
このあたりは定評のある富士が強いのかな....

個人的に一番ダメだと思うのはオートホワイトバランス!
スマホと比べるのも違うけど、最新のiPhoneの方が適正な場合が多いように思います。
このあたり他メーカーの方が明らかに良いですね。

まぁ値段を考えるとこんなものなのかな...と納得できます!
商品撮影などはグレーカードなどを使うといいかも。


【操作性・液晶】
操作性はメーカーによって個性が出るので、良し悪しというよりは好みの問題かなと思います。
ただコンパクなボディなので他メーカーのなんちゃらダイヤルとかは無いのでそこは不便かもしれませんね。
各種撮影モードは直観的に使えてわかりやすいのででいいかも!


液晶は標準的で可も不可もなく。
ただ...露出が変わっても画面に反映されないのでたまに意図しない写真を撮っちゃうことも。
オリンパスあたりはその辺しっかりできてるので、ここはマイナス点。


【バッテリー】
すぐにオフになるしミラーレス機の中なら標準〜少し良い方かも。
単焦点とかなら電池が長持ちするという眉唾物の情報もありますが真相は如何に...


【機能性】
下位機種だから当然手振れ補正の搭載もなし。
ソニーは結構上位と下位でハッキリ区別しますね。


長くなりましたがこんな感じです。

「カメラの知識も増えたいま、もし買うなら本機種を選ぶか」と言われると....間違いなく選ばないです(笑)
APS-Cならレンズの種類が豊富で多彩なフィルター機能のある富士を選んだ方が満足できると思います。
富士の絵が気に入らないというならRAWを自分で編集すれば済みますしね...

最後になりましたが、カメラ楽しいので皆さんも買ってみてください!

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

松平竹千代さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:301人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
15件
レンズ
10件
2件
デジタルカメラ
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性2
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感3
機種不明
   

   

購入したのは2017年で使い始めてさほど時間もたっていません。
購入した物は新品ではなく新古でした。ただ値段的にはα6000と大差なく少々悩みましたがあくまで持ち運び重視コンデジ感覚での運用目的での選択です。ちなみにα6000を4年使用→α6500所有状態です。
発売から時もたっている機種なので、あえて他レビュー様の記事内容に触れる感じでのレビューにしてみます。

【操作性】
他のレビュー者にもある通り「何故fnボタンを無くしたか」α5100の欠点はこれに付きます。fnボタンさえあれば売り上げにも影響したでしょう。その位重要なボタン(機能)です。
差別化を図りたかったのか「初心者にはfnボタンなんて要らないだろ&オートで撮れ」との声が開発陣から聞こえてきそうです。まぁメーカーからしたら「fnボタンを多用するユーザーはα6000を選択するだろう」の結論だと思います。
流石に最近はメニューからの操作にも慣れたのでもう良いですが、もし後継機の可能性があるなら本体のズームレバーなんて要らないからfnボタン付けろと。

【画質】
画質に関しては特に問題もなく、α6000とほぼ互角というか解らないレベルです。またAPS-Cセンサーサイズの恩恵でJPEGから弄っても破綻しづらいです。こういう部分でRX系の1インチと比較にならない差があります。
所有の単焦点レンズを付ければ当たり前ですが1インチ機をしのぐシャープかつ綺麗なボケを表現してくれます。
「1600万画素機のほうが階調豊か」については過去にα37を使用していましたが私も思い当たる節があります(笑)

【AF-C】
こちらの他レビュー様にある通り、実はα6000でも同じでして日中屋外以外の場所ではかなりAF-Cではピントを外しやすいです。私も同じように殆どAF-Cを使わずAF-Sでの運用です。
ただ念の為にα6500では薄暗い中でも鼻で笑っちゃうレベルでAF-Cでガチピンが来ます。

【シャッター音】
開発の担当者は絞首刑で良いと思います。看板に泥を塗ったという事で、あの世で井深と森田に詫びて下さい。

【総評】
手持ちに複数のEマウントレンズを所有の方なら家族用にこのボディがあれば「言い訳」になると思いますしタッチシャッターでお子様も取り扱える唯一のEマウント機です。
あまり写真にカリカリしないで少々気軽に撮るには良いボディだと思います。かつてRX100M3も所有していましたが現在はこちらがその役目を果たしています。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

携帯カメラさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:301人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
170件
デジタルカメラ
4件
130件
イヤホン・ヘッドホン
12件
102件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶2
ホールド感2

NEX5Tにはフラッシュが付いていないためα5100を購入しました。
α5100+SEL1018で主に使用しています。
他にはEOS M3+11-22mm
X-A2+XF10-24


デザイン ホールド感
NEX-5Tのほうが重厚感があって好みです。
グリップがNEX-5Tよりも浅くなってホールド感は減少しています。
どうせパンケーキつけてもレンズが出っ張るのだから無理して浅くする必要はあるのでしょうかね?
パンケーキつけた時にレンズとツライチくらいのグリップにしても良いのでは?
α6000のグリップが非常に握り易いので羨ましい限りです。
せめてNEX-5Tくらいのグリップ性が欲しかった。


画質
食べ物や人物など柔らかい表現が好まれるような場面ではX-A2やEOS M3。
風景や建物などの人口無機物にはα5100の絵作りが向いているように感じました。
ライブビューがザラザラしているので画質がわるく感じますが撮影した後の写真はちゃんと綺麗です。
BIONZ Xですが高感度はあまり強く感じずFUJIのほうが高感度に強く感じます。
APS-Cとしては普通なのでしょうか。
1600万画素であったNEX-5Tの方が諧調豊に感じてしまうのですが個人の感性の問題なのでしょうかね?


操作性 機能性
NEX5TからFnボタンとコマンドダイアルが無くなりタッチパネルで設定が出来なくなりましたが頻繁に使う機能はボタンに割り振ることが出来るのでなんとかなります。正直ベースですと一個足りませんけど・・・
しかしながらどうせレンズがボトルネックとなって大きくなってしまうのにNEX5Tよりもここまで操作性を劣化させて少しコンパクトにする必要はあったのか?と疑問に思います。
タッチパネル搭載機種としてはEOS M3、ニコ1 J5と使ってきましたが本当にサクサク設定することが出来ました。
エントリー機種にこそ欲しいタッチパネルで設定を行いたいのにタッチで出来るのはタッチフォーカスかタッチシャッターのみ。
それなのにNEX5TからFnボタンを消滅させるとはワケがわかりません。
α6000との明確な差別化でしょうか?
NEX5Tはタッチパネル搭載でしたがボタンカスタマイズにてボタンで設定するほうが早かったです。


水準器が無くなったのは個人的には大きな痛手です。
SEL1018で広角撮影することが多いので水準器は欲しかった。


SEL1018は27mm換算で最大撮影倍率0.1倍と寄れなく大きく写せません。
もっと大きく写したいという場面ではどうしようも無いと思っていましたがα5100のズームレバーが役に立ちます。
超解像ズームやスマートズームで大きく写すことが出来ます。
ボケや画質にそんなに拘りは無く後でトリミングするのが面倒臭いという私には大変便利な機能です。
寄れないというSEL1018の弱点を見事にカバーしてくれています。


液晶は3インチなのですが黒帯部分が広く他の機種よりも小さく感じます。
タッチで選択できるエリアな訳でも無いのに勿体無い使い方だと思います。


CANON FUJIとの比較でα5100の優位点はHDRやDROの搭載と検出輝度範囲がEV-1〜20。
EOS M3は測距輝度範囲 EV2〜18
X-A2は不明だけど暗所でのAFが合わないとの評価が多い。

これなら暗所にて上記他機種よりも強いと期待しました。
結果は暗所で全然顔認識しません。
暗所でAF合わないと評判のX-A2で認識する場面で認識せず、測距輝度範囲EV2〜という暗所で使い物にならなさそうなスペックのEOS M3で認識する場面で認識しません。
EV-1〜20って本当かよ???
他機種は暗所にて輪郭が出ていて顔が薄暗いくらいでも顔認識でフォーカスしてくれます。
α5100は液晶で顔がはっきりわかるくらいになっても全く顔認識が作動しません。
そういうものだと割り切って露出を合わせてスローシンクロすれば問題なく写るのですが、顔にフォーカスが来てないのは精神衛生上よろしくないです。


携帯性
他のシステムに比べると軽くてコンパクトですね。
α5100+SEL1018=508g
X-A2+XF10-24=760g
EOS M3+EF-M11-22=586g


一番わけがわからないのがスピーカーから出るシャッター音をオフに出来ないこと。
当機が発売された頃から他社ではサイレントシャッターが採用される流れだったのに当機はスピーカーからわざわざ盛大なシャッター音を垂れ流す糞仕様です。
これをオフにすることが出来れば何も文句は言いませんがオフにすることが出来ません。
糞仕様もいいところです。


散々ぼろくそ書きましたが良いところも沢山あります。
・軽量コンパクト
X-A2+XF10-24=760gなんてデカくて重くて辛さがにじみ出てしまいます。バッグの占拠率が非常に高くて出掛ける時はバイクツーリングのパッキングの気分を毎回味わえます。

・スマートフォンシンク(他社には無い素晴らしいアプリです。)
今迄カメラで撮った画像をスマホに全転送するアプリなのですが他社には無いんですよね。
いちいち選択せずに一気に送れるのでとても便利です。

・HDRとDRO(あるととても便利です)
FUJIにはHDRは無し。EOS M3のは使い物にならない。オリはISO200固定。ニコン1はスローシャッターで使用不可。


APS-Cで軽量コンパクトで基本オートでEマウントに使用したいレンズがあるという方なら価値のある製品だと思います。
個人的にはNEX-5Tに内蔵フラッシュ搭載でシャッター音をオフに出来る機種が出ればなぁと思うところです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

らいおんは‐とさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
436件
カーナビ
1件
13件
デジタル一眼カメラ
2件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

α6000所有しておりますが、サブ機&普段の持ち歩き用として購入しました。

画質と持ち歩きやすさを両立できるCanonのG7Xの購入を考えていましたが、
α5000シリーズも意外と軽量コンパクトで、自分の中で持ち歩き許容範囲内でした。
レンズやバッテリーも共用できるのでα5000シリーズに内定。

α5000の未使用本体がネットオークションで格安で売られていましたが、
α5000と5100の性能差は値段差以上に大きく感じられたのでα5100に。

【デザイン】
α6000と違いマットな感じに。
6000より高そうに見えるのは気のせい?

【画質】
素人には十分すぎる画質です。

【操作性】
α6000では味わえないタッチパネル。タッチした所にピントを合わせて撮ってくれる。
とても便利。そのくせ設定画面はタッチパネル非対応。うーん…。
液晶を反転させて自撮りも可能です。使わないけど…。
α6000より半年ほど後発なので細かい部分がブラッシュアップされてたりします。

【バッテリー】
良くはないけどそれほど悪くもない。
専用のチャージャーと予備バッテリーはあったほうがいいかな。

【携帯性】
かなり良い。小さめのカバンにも入れていけます。
持ち歩きには20mmのパンケーキレンズ(SEL20F28)を付けて使用しています。
純正のボディケースも気になりましたがせっかくのコンパクトさがスポイルされるのでそのまま使ってます。

G7Xで304g、α5100+SEL20F28で352gで約50g重たいのですが、
G7Xはコンパクトでズッシリ感がありますが、α5100は持ちやすさもあり、重たさをさほど感じません。
1インチセンサーより大きいAPS-Cサイズの機種をこのサイズと重量で持ち歩けるのは素晴らしい。

【機能性】
α6000に引けを取らない機能です。
EVFがなくて不便に感じることもありますが、タッチ液晶でカバーできています。

【液晶】
タッチパネルなんだしもう少し大きくてもいいかなと思います。

【ホールド感】
コンパクトなのでα6000ほどガッチリはつかめませんが、G7Xよりは大きい分しっかりホールドできます。

【総評】
この性能をコンパクトに持ち歩けるのはいいですね。
まず持って行かない事には性能は活かせませんから。
メイン機の座を脅かすサブ機になりそうです。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

teruzo7さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
34件
レンズ
0件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

NEX-5Rの後継と思って普段のスナップや旅行用に購入しました。
2ヶ月半使用したのでレビューを書いてみます。

普段はキットレンズとシグマの小さい単焦点を使いますが、『facebookやテレビ観賞向けなら』超キレイに撮れます。高速AFのおかげでシャッターチャンスにも強いです。この用途なら2400万画素は必要ないんですけど、暗所性能やダイナミックレンジはコンデジとケタ違いなので、うまくハマるとプロみたいと褒められるような絵がとれます。標準のカラーバランスも悪くありません。

逆に、等倍で観賞したり大判で印刷するようなハイアマの方は要注意です。
上で書いたのと逆に聞こえるかも知れませんが、ハイブリッドAFのAF-C追従は等倍で見ると全然合っていない事が多いです。動体では50%縮小表示でもピンずれが分かっちゃうような写真ばかりという事もありました。(それでもフルHDテレビの全体表示なら分からないのです)
AF-Sモードなら速くないもののヒット率が上がるので私はAF-Cモードを封印しました。

あとクチコミで判明した通り、スピーカーのダミーシャッター音をオフにできません。間違っても本格スペックを目指したα6000と中身が同等などと思ってはならず、iPhoneのようにリキまないで色々遊べるガジェット、トイカメラと思えば大変優秀だと思います(^^

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

chocouniさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
36件
ビデオカメラ
0件
17件
デジタルカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

α7S購入を機に、それまで買い揃えたEマウントレンズ(APSC)を売却したものの、どうしても手放せなかったお気に入りのSEL2418Z。
α7Sでは500万画素程度にクロップされてしまうので、「こいつを活かすため」にとα6000を買いに行ったのだが、なぜだかα5100を手に帰宅。
以下は本機+SEL2418z、FE2470zとの組み合わせにおいて動画撮影に限ったレビューです。

デザインは秀逸、質感はそこそこ。
操作性は、上位機種に比べたらボタンの数が少ないのでそれだけアクションを要しますが、カスタムボタンの割り当てを利用すればそれなりに実用的になります。
ホイールボタンの右側は誤って押してしまうことが多いので、動画撮影の時はグリップをつけるなどして、なるたけ本体をホールドしないようにしております。

最も驚いたのは「ファストハイブリッドAF」で、条件にも拠るのでしょうが、こりゃもう完全にハンディカムを超えておりますね。
感度を「高」にしたら、むしろ実用性を失うほど。
あまりに驚いたので、レビュー動画にありがちな「手前に空き缶を置いたり外したり」を意味もなく繰り返してしまいました。

残念なところはNEX5シリーズから受け継いだ負の遺産…「熱停止」問題です。
音楽もののライブを撮影してみたのですが、7分あたりから「温度上昇警告」が。
照明がガンガンにあたっているステージ上ならまだしも空調の効いた客席でこれなら、とても真夏の屋外では連続撮影なんで出来ませんね。
液晶を少し浮かせたら、幾分かマシになるのでしょうか?
このままではとても、撮り直しがきかない場面での撮影には使えません。


[追記]

液晶を浮かせて撮影したら、何とか29分完走できました。
ただ15分を過ぎたあたりから温度上昇マークが点滅し、いつ停止するかわからない状態ではありましたが…。
熱停止は筐体の小型化とトレードオフの関係にあり、また静止画しか撮らない人にとってはまったく関係のない話なので、筐体の大型化をもってこの問題に対応するのは本末転倒。
そこで考えたのだが、動画の連続撮影のために空冷システムを備えた縦グリを作ってみたはいかが>sony様?
炎天下や、長い動画を撮る時だけそれを使うから。
8000円までなら買いますよ。







レベル
プロ
主な被写体
人物

参考になった27人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α5100 ILCE-5100 ボディ
SONY

α5100 ILCE-5100 ボディ

最安価格(税込):¥40,000発売日:2014年 9月 5日 価格.comの安さの理由は?

α5100 ILCE-5100 ボディをお気に入り製品に追加する <141

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意