> > > > シルバーウイング GT600
ユーザーレビュー > バイク > バイク(本体) > ホンダ > シルバーウイング GT600

シルバーウイング GT600 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.40
(カテゴリ平均:4.45
レビュー投稿数:5人 
  1. 5 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 4.20 4.44 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.00 4.19 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.20 4.25 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.40 3.99 -位
取り回し 取り回しやすさ 2.80 4.17 -位
燃費 燃費の満足度 3.80 4.13 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.00 4.02 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

シルバーウイング GT600のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度3
デザイン4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地4
取り回し2
燃費4
価格3

車歴は約30年になります。
GR50→RZ50・タクト→GB400TT・レブル・FTR250・C50→ディバージョン400・モンキー→フォーサイト・CD125K・リード100→Gマジェ400といったマイナー車を乗り継いできました。
レビュー車は主にツーリングに使われていた2010年式GT600です。距離5600キロで譲り受けました。
納車後、都内一般道中心の使用で2000キロ程度走った感想になります。

【デザイン】
フォルツァとのデザインコンセプトを統一しマイナーチェンジにより進化した顔になりました。高速では少し背中からの巻き返しはありますが空力特性は優れたデザインだと思います。足元も思ったより風はあたりません。ミラーは後方確認も十分で思ったより幅は無くすり抜けはしやすいと思います。個人的にはシールドの端が若干目線にかかる為、あと4、5センチ短い方が好みです。正面から見たとき黄色のウィンカーレンズが野暮ったいです。海外仕様のクリアレンズにしてほしかった。。。

【エンジン性能】
無印に比べ低燃費に振ったセッティングですが以外にローギアードで街乗りはし易いです。ツインエンジンらしいトルクフルで吹け上がりも気持ちの良いフィーリングです。シングルエンジンに慣れていた自分には新鮮です。加速中の排気音は良く言えばBMW、エンジンノイズはベンリィ125のようなジャラとした独特の金属音がでます。
デザイン、車体設計なのでしょうがエンジン熱がこもり易く水冷だけでは追いつかないくらい放熱性が悪いです。走行中は問題ないのですが停まった途端水温計が跳ね上がり夏場は止まる度にラジエーターファンが回りっぱなしです。

【走行性能】
前車種のGマジェ400との比較になりますが重心が高い車種です。よってすり抜け時のわだちやコーナーリング中、道路の継ぎ目では車体が振られます。特に低速時のターンや曲がるときなどハンドルが反動でブルブルしますので驚かないでください。HONDAのビッグスクーターはこんなフィーリングです。また、前車に比べてリア荷重よりの車です(トップケースつけてるので尚更!?)よってフロントの接地感も弱い気がします。(だから乗りにくいという訳ではありません。GTの特性に合った乗り方、曲がり方を見つければ大丈夫です!)私はステップを足で踏ん張った時にお尻がヒップレストに密着する位置まで調整し車体を安定させています。路面の状態の悪い場所や高速でのコーナー、横風が強い時などはこの簡易ニーグリップで対応しています。
両車比較するとワイディング、交差点でのコーナーリングは低重心そして固めの足と開発コストのかかったモノコックシャーシのお蔭でGマジェの方が安定しています。ややもっさり感はありますがカチッと寝かせて曲がるスクーターという印象。一方重心の高いGT600は体重移動や頭の位置を変えるだけで反応するクイック感はあります。無理な力を入れなければ自然にハンドルが切れ込んでいきますので大柄な車体の割にはタイトに曲がれます。ただし重い車重の為、下りのコーナーは減速してもブレーキ緩めればニュートラル状態なので再び車速が上がり、アクセル空けるタイミングが遅れると「おっとっと」という感じになります。よって、どうしてもブレーキを引きずりながらのコーナーリングになってしまいます。
両車のフィーリングを例えるとGマジェはアメリカンバイク、GT600は4輪のワゴン車っていう感じです。
ブレーキですが車重があるためブレーキに慣れるまで「止まらない車だな」って思っていました。ABS無車両ですがブレーキもHONDA特有の握りこんだ奥で効くという感じですので初期制動は強くありません。他車種より乗り換えのユーザーさんは乗り始めはお気を付けください。(何度も言いますが決して効かないブレーキではありませんのでご安心を)一言付け加えるとコンビブレーキは好きではありません。リアは単独でロックしてくれた方が好みです。
あとノーマルタイヤですがドライ路面は問題ありませんがウェット時は結構滑ります。トルクもあるせいで白線の上では結構ズルッといきます。雨天時も乗られる方はライフは短いかもしれませんがウェット性能の良いタイヤに履き替えた方が賢明です。

【乗り心地】
足回りが固かった前車種に比べ前後ショックともにダンパーも効いており乗り心地は良いと思います。特にシートの作りは良く長距離でもさほど疲れません。タンデムシートは広さ、腰のサポートもあるので安心感があると好評です。歴代のバイクの中で一番アクセルが重く長時間の高速移動は手首が少々疲れます。

【取り回し】
動き出せはUターンも含めて取り回しは楽です。しかし、停まっているときは正直、重いです。私が体力ないのでエンジンかけてないと押す気にもなりません(笑)駐車時、下り気味の駐車場にはお気を付け下さい。重くて一人では下げられませんよ!そういう場合は面倒でもお尻を坂下に駐車すること!!
メインスタンドは個人的には重いです。パンクしたら絶対一人でセンタースタンドかけられません!!もちろんパンク修理キットと自転車用ですが高圧ポンプを携行しています。(スクーター全般ですがパンク修理キットは積んでおいた方が良いです)

【燃費】
街乗り17〜18Km、高速22〜23Km(メーターパネル内の燃費計は少しハッピー計です)

【価格】
2010年式の距離5,600キロの程度の良いGTを45万で譲っていただきました。
よってコスパは満足しています。
正直、新車では買おうとは思っていませんでした。
ディーラーで新車、買えば乗り出しで100万近くなると思います。
あと20万くらい安ければよいのですが

【総評】
前車のGマジェ400の出来が素晴らしかったせいか少しネガティブな感想が多くなって申し訳ないです。ユーザーの用途によりますが個人的にはあまり長く乗らないかもしれません。スクーターは、やはりゲタ感覚で乗れるモノが自分には合っているように思えます。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鰻丼さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地5
取り回し3
燃費4
価格2

スカイウェイブ400から乗り換えです。
他にバンディット1250Sに乗っています。
【デザイン】
個人的には前の縦2灯の方が好きでした。しかしそれ以外は気に入っています。デザインは好みの問題なのでこの程度で。

【エンジン性能】
低速重視のセッティングです。町中でのスタートダッシュではこれ以上の性能は必要ないと思われます。しかし高速域の性能は不十分。120キロ辺りから上はのんびりした加速で、140キロ以上は息切れ状態です。スカイウェイブ400と比べると、低速域の加速は圧倒的。しかし高速域はさほど変わりがない。

【走行性能】
タイヤがバイアスなのとフレーム剛性が足りないせいで常にフワフワ感がつきまといます。ツーリングでのんびり走行を楽しみたければ気になりませんが。高速道路で追い越しレーンで速い車の流れに乗ると怖い思いをします。重心がリア寄りのせいでフワフワ感がいっそう増し、前輪の接地感がほとんど感じられなくなり、どこに飛んでいくかわからない恐怖が襲ってきます。高速域ではスカイウェイブ400の方が安定している。

【乗り心地】
シートは疲れ知らずの座り心地です。一日中乗っていてもお尻が痛くなりません。リアシートの高さがあるので、タンデムでもパッセンジャーの視界が良いです。フワフワ感も乗り心地という点で見れば高評価に寄与します。

【取り回し】
重量があるので悪いです。また走行中の取り回しも、ホイールベースが長い分悪いです。ミラーがハンドルに付いている点は評価できます。

【燃費】
都内でバイク便で使って18km/l。ツーリングで25km/lくらい。

【価格】
性能を考えるとコストパフォーマンスは悪いです。ホンダの安心感にどれだけお金をつぎ込むか…ですね。

【総評】
バイクの基本的な構造は原付スクーターをただ大きくしただけ。大型スクーターとしての練り込みがほとんどと言って良いほどない。そのためその性能を最大限発揮しようとすると破綻する。そんなことをせず、ツーリングだけでのんびりと乗る分には非常に楽ちんなバイク。600の性能は余裕として使わないのがベター。
あと身長163cmの私だと、スクリーンのカーブが悪い位置にあり、視界が歪んで見えます。雨の日は非常に怖く、時には立って運転することも。電動スクリーンが欲しい所です。
細かいトラブルはスカイウェイブに比べて少ない。
メンテは楽。

使用目的
通勤
ツーリング
仕事用
頻度
毎日

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キリサーフさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能2
乗り心地4
取り回し4
燃費4
価格4

【デザイン】
以前のシルバーウイングより好きです。
ハンサムな顔になったと思います。
ヘッドライトがHi・Low1灯づつなのは残念。

【エンジン性能】
回さなくても充分走ります。静かに加速できるのは、ツーリングもそうですが、
街中でもストレスが少なくなります。
ただし、エンジンの冷却効果が少ないようで、夏場は常にラジエターファンが回っています。

【走行性能】
以前、スカイウェーブ650に乗っていたので、それとの比較ですが、サスペンション容量が
少なく感じます。無理な運転ではなく、少し軽快に走ろうとすると、サスペンションがフワフワします。
(自分のだけかな?)車名にGTがついているのに、これは少し残念ですが、
無理せず、走るのがあっているかもしれません。
普通に乗っている分には非常に快適です。

【乗り心地】
長距離も疲れ知らずですし、短距離も楽です。ハンドルもちょうどいい高さですね。
その為、雨の日や荒れた路面でも安心して乗れます。

【取り回し】
車重もあるので、楽ではないですが、重量級大型バイクと比べると、
普通レベルかな?スカイウェーブ650は重量+抵抗がかかっていましたので、
それと比べたら、まだマシです。

【燃費】
ツインの600ccで都内20km、ツーリングで26kmは凄いなーと思います。
さすがHONDAエンジンです。

【価格】
中古市場なら、400ccと変わらない価格帯で、購入できました。
400ccでもよかったのですが、せっかくならという事で600ccを
選択。

【総評】
久々に現行モデルのバイクに乗りましたが、燃費、パワー、エンジンの完成度は高く、
バイクってここまで進化しているんだ!って感動しました。

長距離の足に大型バイクを持っているので、通勤+ツーリングの足として
購入しました。通勤では以前、スカイウェーブ650、スカイウェーブ250に
乗っていました。250より、もう少しパワー欲しいなぁと
思って買い換えたのですが、通勤ではちょっともったいなかったかな?と思います。

他の方の意見にもありますが、シート下の収納は排気量の割には
スペースが小さく、真ん中あたりがシートの出っ張りに当たるので、
収納する際に、少し工夫が必要です。
収納だけなら、スカイウェーブ250の方が上ですね。

あと、今のスクーターなのに、シガーソケットが標準で付いていないのは、
残念ポイントです。

比較製品
スズキ > スカイウェイブ650
スズキ > スカイウェイブ250
使用目的
通勤
買い物
ツーリング
頻度
毎日

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ボレックスさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
6件
DVDプレーヤー
0件
2件
PC用テレビチューナー
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
取り回し2
燃費3
価格2

【デザイン】旧型と比べると良くも悪くも普通になりました。

【エンジン性能】CVTなので、ハッキリ言ってよく分かりません。お約束のオイル漏れはありました。パワー的には充分です。

【走行性能】スクーターであることを考えれば走る・曲がる・止まる、全て良くできています。ただ、発信時にガラガラうるさかったり、加速時(三千数百回転付近)にベルトがバタつくような振動とノイズが出て不快です。

【乗り心地】まずまずです。大径ホイールの車両に比べると不満が出ます。

【取り回し】重いです。スクーターは腰で支えにくいので、余計にそう感じます。

【燃費】街乗りで19km/l前後。高速走行のみなら25km/lです。

【価格】高いです。

【総評】初期型の発売から十年も経っているのに、オイル漏れやベルトのバタつきなど、良く知られている問題点を放置状態なのが疑問です。昔のホンダとは違いますね。また、この手のスクーターとしては高重心なので低速時は注意しないと立ちゴケし易いです。街中では決して快適ではありません。重量とセッティングのせいでゼロ発進が遅いです。反面、高速道路では至って快適です。エアマネジメントも優れていてロングツーリングでも疲れにくいです。個人的には思っていたほど熟成されていないと感じています。購入を検討されておられる方には、出来るだけ試乗されることをお勧めいたします。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

滅私奉公さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し3
燃費4
価格4

【デザイン】
今時のデザインながらどこか落ち着いた感じがあって良い。特に横から見た白黒ツートンカラーは目に鮮やかで大変カッコいいです(カラー:ホワイト)。
【エンジン性能】
加速に谷間が見当たらず、いつでもどこでも十分な速さ。さすがツインエンジン。おかげで余裕を持ったジェントルな運転に自然となります。
【走行性能】
重くて重心が高いスクーターなのでスポーツ走行は止めた方が良いかと。攻めさえしなければ何の不満もありません。
【乗り心地】
乗車姿勢はソファーと言うより椅子に近い感じ。足つきは良くありませんが、走り出すとフロントタイヤが14インチと大きい事もあり、大変乗り易いです。
【取り回し】
よろしくない。全ては車重のせいですが、シート両脇のタンデムバーがシートに近接し過ぎていて親指をバーとシートの間に入れてガッシリと掴む事が出来ないから輪をかけて扱い難いです。ちなみにセンスタは異様なほど簡単に立てる事が出来ます。
【燃費】
排気量に見合った普通の数字。巡航で20km/l以上、Stop&Goで18km/l。
【価格】
250スクーターの価格と比較して普通に見えますが、それでも高いと思ってしまう。近年のバイクの価格がそもそもおかしい気がします。
【総評】
普段の足としては明らかにオーバースペックで、峠を攻めたりしなければロンツーでも極楽マシンとして大活躍するでしょう。ただ、収納はちょっと残念な感じで、完全なフラットスクエアになっておらず、底の方はメットに合わせた楕円型に抉った形状です。
初めてビッグスクーターを買う方はもっと気楽に扱えるマシンを選んだ方が良いでしょう。パワーが欲しくて乗換える方にはお勧めです。

使用目的
通勤
買い物
ツーリング
頻度
毎日

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

シルバーウイング GT600のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

シルバーウイング GT600
ホンダ

シルバーウイング GT600

新車価格帯:

シルバーウイング GT600をお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意