VFR750 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.60
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:3人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 4.60 4.44 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.20 4.19 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.20 4.26 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.20 3.99 -位
取り回し 取り回しやすさ 4.20 4.17 -位
燃費 燃費の満足度 3.40 4.14 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.80 4.03 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

VFR750のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
32件
au携帯電話
0件
5件
カーシャンプー
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し4
燃費4
価格5

【デザイン】
スタイリッシュ

【エンジン性能】
下からスムーズに回ります、V4エンジン、カムギアトレーンの音がカッコイイ

【走行性能】
フロント16インチなど最新車と比べると足回りは不安になりますが慣れれば味があります

【乗り心地】
車体も軽く下からトルクもあるエンジンもあってヒラヒラ感が楽しい

【取り回し】
以前が旧車ネイキッドでしたのでそれと比べると軽く細身で扱いやすい

【燃費】
はっきり量ったわけではありませんが16〜18kmではないでしょうか?

【価格】
中古価格でのレビューになります。マイナー車種?でもあり手の届きやすい価格帯でした

【総評】
1986年製でマイナー車?でしたのでパーツがほとんど無いのは悲しいですが
スタイル良く乗りやすい楽しいバイクだと思います。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

きよ11さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5

高校時代からの憧れでしたRC30探しています。
できるだけノーマル状態の車両が希望していますが、どうか皆さん情報お願いします。
予算は一応180まで考えています。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

北風急行さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
10件
30件
自動車(本体)
3件
5件
デジタル一眼カメラ
0件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し4
燃費2
価格2

1代目VFR750F紺色。

メーターやハンドル周りもスパルタンさはありません

名神西宮〜東名東京〜東北道青森へ一日で走り切った。

2代目VFR750F。ネットオークションで仕入れ、自分で手入れして乗りました。

このころから講習会やジムカーナ遊びに目覚めました。

バイク弄りを覚えさせてくれたバイクでもあります。

 VFR750というカテゴリだと、VFR750F(RC24)、VFR750F-2(RC36)、VFR750R(RC30)があり、ついでに言ってしまえばVFR750P(RC35)という白バイやVFR750K(RC37)という教習車も入るのでしょうかね・・・
 私は平成5年ごろに1985年式VFR750Fの紺色を中古車で購入し、名神西宮〜東京〜東北道で青森まで一気に走り切る初めての北海道ツーリングに出かけるなどのツーリングマシンとして使っていましたが、その後講習会やジムカーナ遊びに使うため、ネットオークションで二代目となる白色のVFR750Fを購入しました。でもこのバイクの広い汎用性で、毎日の通勤から買い物まで快適に使うことができるバイクだったと思います。

【デザイン】
 このころのホンダはあまりレーサーイメージのバイクではなく、比較的優しいふっくらとした造形のカウルデザインです。ヘッドライト周りのアッパーカウルから流れるような曲線でミドルカウル、アンダーカウルへと刺激感がない一体感のある大人のデザインです。タンクからシートを通ってテールカウルに至る面もとてもスリムで、ナナハンという大型バイクであることを感じさせないコンパクトな作りです。
 このバイクが採用しているX型4気筒エンジンの幅のスリムさもあり、同時期に販売されていたCBR750スーパーエアロに比べてもスリムさが半端ではありません。

【エンジン性能】
 ホンダのX型4気筒エンジンは、前モデルのVF750Fからクランク角が変更されたためか、エンジンの回り方が変わっています。確か360度クランクから180度クランクに変更され、爆発間隔が等間隔に近いものとされたとのことですが、やはり並列4気筒の様な回転感覚ではありません。
 今のバイクでいえばクロスプレーンクランクを採用したヤマハのYZF-R1の排気音に近く低回転域ではバラバラとした音、回転を上げてもバ〜という感じのまま、トルクの盛り上がり感がないエンジンでした。
 逆に言えば低回転域から非常に強いトルク感があるエンジンで、並列4気筒の様な低回転域での失速感がありませんでした。
 

【走行性能】
 フロント16インチを採用した足回りは、切れ込み感を嫌ったのか安定志向でのセッティングです。このためジムカーナなどでのスポーツ走行では前のホイールが近いのに遠い感じがして前16インチの意味が今一つわからない感じです。
ただ、急旋回ではハンドルストッパーにステムが「カツッ」と音を立てて当たるくらい急激にハンドルが切れ込むので、その切れ込みに合わせて車体操作をしてやれば面白いくらい小回りが利きました。
 そんな軽快感がある反面、高速道路などでの巡航スタイルでは意外なほど落ち着いたクルージングもでき、よくストロークするサスペンションがショックを上品に吸収するため快適でした。
 トルク感が強いエンジンでゼロ発進のダッシュ力に優れていました。ただ、気持ち良いエンジンサウンドなどの官能性能には乏しく、ただカムギヤトレインの「キャンキャン」としたメカノイズが常に耳にまとわりつく感じがして、これだけは不快と言えるレベルでした。


【乗り心地】
 ジェントルな外観に相応しく乗り味もジェントルな部類でした。スポーツバイクと言いながらライダーにあまり仕事をさせず、バイクの方で仕事を終わらせてしまっているような感じです。

【取り回し】
 重量感を感じさせない車体で取り回しも良好でした。車体重量は200kg前後だったとと思いますが、やはり車体の細さが効いている感じでした。

【燃費】
 別機種のインプレでも書きましたが、ボクの大型バイクの燃費基準にリッター20kmというのがあります。おとなしいツーリングでの燃費が自分の場合、GL1500でもCB750でもZZR1400でもこのあたりの燃費でしたが、このVFR750Fに関しては少し悪い感じでした。リッター18kmあたりだったと思います。

【価格】
 当時のホンダのレーシングアイデンティティーだったV4エンジンを搭載したためか、新車時の価格設定は高いと思いました。ただ、販売実績が良くなかったためかモデル末期には結構なバーゲンセールを行っていたと記憶しています。

【総評】
 レーサーレプリカと言ってもいい構成の車体やエンジンを搭載しながらも、上品ともいえるデザインのカウリングで覆い、その乗り味もスパルタンらしさは全くない。公道で走るということを十分に意識したセッティングは軽快さの中に落ち着きも兼ね備えるという感じでした。
 おかげでツーリングを主体に、安全運転講習会や大会への参加、ジムカーナ遊びと、乗ることの幅を広げてくれたバイクでもあります。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

VFR750のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

VFR750
ホンダ

VFR750

新車価格帯:

VFR750をお気に入り製品に追加する <2

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意