AH-D1200 レビュー・評価

2018年 4月下旬 発売

AH-D1200

  • 大口径50mmドライバー採用で、低域の量感と中高域の抜けの良さを両立したハイレゾ対応ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン。
  • 2軸式ヒンジの折り畳み機構を採用。収納スペースに合わせ、ハウジングを内側へ畳むフォールド・イン、平らにするフォールド・フラットを選べる。
  • 音質最優先のストレートケーブルと手元でiOSデバイスの操作ができるリモートケーブルの2種類が付属。リモコン部にはマイクも内蔵。
AH-D1200 製品画像

拡大

AH-D1200-BK [ブラック] AH-D1200-WT [ホワイト]
最安価格(税込):

¥14,490 ブラック[ブラック]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥14,490 ブラック[ブラック]

アバックWEB-SHOP

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥14,490¥20,075 (25店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥16,830 〜 ¥16,830 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ AH-D1200のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • AH-D1200の価格比較
  • AH-D1200の店頭購入
  • AH-D1200のスペック・仕様
  • AH-D1200のレビュー
  • AH-D1200のクチコミ
  • AH-D1200の画像・動画
  • AH-D1200のピックアップリスト
  • AH-D1200のオークション

AH-D1200DENON

最安価格(税込):¥14,490 [ブラック] (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月下旬

  • AH-D1200の価格比較
  • AH-D1200の店頭購入
  • AH-D1200のスペック・仕様
  • AH-D1200のレビュー
  • AH-D1200のクチコミ
  • AH-D1200の画像・動画
  • AH-D1200のピックアップリスト
  • AH-D1200のオークション

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:14人 (試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.26 4.17 190位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.72 4.15 56位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.61 4.14 67位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.65 4.07 38位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.53 3.81 36位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.53 3.77 32位
携帯性 コンパクトさ 3.76 3.79 239位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D1200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
0件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性無評価

家にはもとからMDR-1AM2を所持していたのですが、どうも聴き疲れる感じがしたので、先日こちらを購入しました。エージングを済ました上で比較いたします。
用途は主にPCで作業しながら音楽を楽しむためです。
--------------------------------------------------------
環境
PC→Zonotone 6N Grandio→ifi ZEN DAC→
 比較1 NOBUNAGA Labs 赤橙→AH-D1200
 比較2 MUC-S12SB1→MDR-1AM2
--------------------------------------------------------
【音質】
D1200は全体的にマイルドで上品ですね。控えめというわけではなく、一つひとつの音をバランス良く鳴らしていて心地良い、そんな感じです。ボーカルの声も1AM2より美しく聞こえます。
しかし悪く言えば、あまり突出した部分がない、2万円ほどの高級な"イヤホン"をお持ちならばそちらの方が幸せになれたり…

1AM2はD1200より音が全体的に少し前面に出ていて、言うなれば元気サウンド。分離感があり、「ドン、ドン」という低音も圧を感じとることができます。この低音部分は前機種である1Aより落ち着いていて良くなったとする意見が多いみたいです。音場は少し狭く、人によってはボーカルの声がたまに刺さったり、音の輪郭がシャープ過ぎる印象を持つ方がいるかも。

【装着感】
D1200・・・あるとすれば少し側圧が強いかな程度です(1AM2と比べて)。ですが使わないときはティッシュ箱やデスクトップPCに挟んでおけば多少ゆるんで快適な側圧になるんじゃないかなと思います。重さは260gですが有線&ハイレゾの部類で絞り込みをしてみても、そんなに重くはない方です(1AM2が軽すぎ)。

1AM2・・・側圧の弱さや随一の軽さ(187g)も相まって長時間でも疲れにくいと思います…が、こちらの方が蒸れやすい傾向ではありました。

おそらくその原因は2つあり、1つ目は1AM2のイヤーパッドは内径が「縦6p・横3.5p」に対して、D1200は「縦6p・横4p」で横が0.5pほど小さくなっていること。2つ目は装着時1AM2は耳とドライバーユニット(音を鳴らす機構)との距離が近いことです。これが全体的に音が少し前面に出ていると感じさせているのかもしれませんが、装着時の閉塞感を生み、また耳との間に隙間が少ないため蒸れやすくなってしまったのだと思います。しかし冷房の効いた部屋や冬場では問題ありません。

【遮音性&音漏れ耐性】
室内用のため、気にしていませんでしたが、D1200の方がどちらとも高いように思います。
室内でも左右前後に人がいる中での使用や、ここぞという時に集中して作業をしたい方にはD1200をお薦めします。

【総評】
ざっくりですが比較した2機種をまとめると・・・
○ 一つひとつの音を迫力あるサウンドで集中して聴きたい方は1AM2
(側圧の弱さと軽さで装着感良し◎しかし早くに蒸れる可能性と長時間は聴き疲れする可能性あり)
○ バランスのとれた上品な音で美しいボーカルの声を聴きたい方はD1200
(遮音性や音漏れ耐性良し◎しかし人によっては側圧が強かったり、平凡的な音と感じる可能性あり)
・・・といった感じです。

正直、感じ方は人それぞれなので店頭で装着してみて実際に聴いてみるのが1番ではあります。
質を求めるのであれば当然価格も上がりますし重量も上がったりしますので、そういった意味でも今回比較した2機種はとてもバランスの良い製品だと思っています。

最後に…できればバランス接続で聴いてほしいです。1ランクUPしますよ◎

比較製品
SONY > MDR-1AM2
主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ウッキウッキーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
146件
イヤホン・ヘッドホン
2件
42件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
26件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性4

一部評価を変更します。

私は耳が大きいため、こちらのヘッドホンで長時間聴いていると耳が一部押さえつけられる感覚があり痛くなります。
耳が大きい方は要注意です。

音に関しての評価の変更はありません。


「元のレビュー」

【デザイン】
デザイン自体はカッコイイと思います。ただ一部塗装のムラがありました。

【高音の音質】
女性ボーカルの声がとても綺麗に聴こえます。くっきりと澄んだ音です。長時間聴いていても全く聴き疲れしません。

【低音の音質】
高音とのバランスがいいと思います。必要十分です。

【フィット感】
耳をすっぽり覆ってくれるので、フィット感はかなりいいです。もう少し軽ければ有難いですが、特に不満はありません。
※最初はすっぽり覆われていると感じていましたが、私の耳が大きいせいで一番押し付けられる感覚があり、長時間の使用は難しく評価を下げます。

【外音遮断性】
室内でしか使用しないので無評価です。

【音漏れ防止】
室内でしか使用しないので無評価です。

【携帯性】
外に持ち出して使用する気にはなりません。外出時ならイヤホンを使います。

【総評】
11500円ぐらいで購入しました。価格を考えると十分満足しています。ソニー等に比べると知名度は劣りますが、その辺が気にならなければおすすめです。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぎたまん2さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
レコードプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

ONKYOグランビートにノブナガ水写リケーブル、バランス接続で普段ジャズ、ロック、ブルース等聴いています。初めてバランス体験しましたが、ハマってしまい他のヘッドホンに戻れない日々です。付属のノーマルケーブルでもなかなかの音質でしたのでヘッドホン本体の性能も良いんでしょう。あと遮音性は素晴らしいです。昔から単品コンポのメーカーと思ってましたが、流石です。リケーブル入れても約2万円ちょっと。今年一番のいい買い物でした。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CANONだいすきさん

  • レビュー投稿数:103件
  • 累計支持数:161人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
82件
ゲーム機本体
1件
59件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
47件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

※評価する製品を間違いましたので改めて。

【デザイン】
 ホワイトを購入しましたが、良い感じです。

【高音の音質】
 籠もった感じも無く良いです。

【低音の音質】
 物足りなさは全くありません。

【フィット感】
 付け心地は良いです。

【外音遮断性】
 室内用なので問題なし。

【音漏れ防止】
 室内用なので問題なしです。

【携帯性】
 室内用なので問題なしです。

【総評】
 高低偏りが無く良いヘッドホンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チオラさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
19件
22件
PCスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

音質については他の方が語られているように、柔らかな低音とギリギリ刺さらないところまで伸びている高音(特に優しい女性ボーカルの表現は透明感があり美しいです。)とややドンシャリながらも上手くまとまっており、現状の13,000円という価格なら非常にお買い得な機種だと感じます。
ですがひとつ欠点がありまして、男性ボーカルやハスキーな女性ボーカルの表現はどうも苦手なようで、かなり遠くの方から聴こえるような表現になってしまいます。
こちらの海外サイトに周波数測定グラフが記載されておりますが、300hz〜500hzの男性ボーカルで最も重要な部分が減衰しているのでそのように聴こえるのではないかと思われます。
https://www.on-mag.fr/images/stories/2018/08/xDenon_AH-D1200_frequency_response.jpg.pagespeed.ic.Jcl4UOpkrg.jpg

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tam-tam17701827さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:153件
  • 累計支持数:960人
  • ファン数:13人
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性4

最初に購入するヘッドホンとして非常にお勧めできるモデルです。

この価格でこのクオリティの音はイヤホンでは得られません。

1万円台でのヘッドホン選びに迷ったらこれを選んで後悔する人は非常に少ないと思います。

非常に多くのヘッドホンが、各メーカーから出ているので、ヘッドホン初心者は一体どれを選んでいいのか分からないのも無理ありません。

評価の高いレビューを参考にして購入したらモニターヘッドホンだった、という事もあり得ますので。
(実際、私がそうでしたから、笑 まあモニター系でも良いヘッドホンはたくさんありますが)
このDENON1200は1万円台と思えないほど、クオリティの高い音を鳴らします。
低音の量も充分でイヤホンしか使用した事が無い方はびっくりするくらい良いと感じるヘッドホンですね。

変なクセも無く、非常に聴きやすくヘッドホンの魅力をわかりやすく伝えてくれます。

もっとも様々なヘッドホンを試聴できる環境であれば、実機の音を聴き好みに合うヘッドホンを選んだ方が間違い無い買い物ですが。

しかし、そのような環境にあってもいざ大手家電量販店に行くと実に多くのヘッドホンがあり試聴するだけでも非常に時間と労力を要するものです。

密閉型、開放型、モニター系、と様々な分類があるので、詳しい知識を持った知人が居ない方はやはり最初の一本を決めるのは非常に難しいと思います。
音場の広がり、音抜けの良さ、解像度、臨場感、音質、音色、音の定位、……タップ!タップ!でしょう、笑

そんなヘッドホン選びに困っている救世主がこのDENON D1200。

優れたスタンダードなヘッドホンとして万人にお勧め出来る最初の一本です。



参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TKMN.comさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

【デザイン】
オシャレで高級感のあるデザインだと思います。ヘッドホンの左右が合っている状態で首にかけてイヤーパッドを水平にしようとするとスピーカー部分(?)が上を向くのが珍しいと思いました。

【高音の音質】
とてもクリアで解放的です。それでいて耳に刺さらず、聴き疲れしにくいです。素晴らしいです。

【低音の音質】
高音のクリアな音に意識が行きがちですが、低音もしっかりと綺麗に出ていると思います。

【フィット感】
比較的頭が大きい僕でもフィットしました。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングには劣りますが、イヤーパッドの純粋な遮音性は高いです。

【音漏れ防止】
外音遮音性以上に驚いたのが音漏れの少なさです。頭から外して音楽を流した状態でイヤーパッドを左右向き合わせてくっつけると音が消えます。

【携帯性】
折りたたみが可能です。キャリングポーチも付いてきますが、個人的にはハードケースが欲しいところでした。

【付属品】
ストレートケーブルとリモコン(?)付きケーブルの2つとキャリングポーチが付属しますが、ケーブルがいずれもゴム製で細く、断線しないかが心配です。ただし、ケーブルは着脱式なのであまり心配しなくても良いと思います。

【総評】
品質、価格共にとても満足しています。安すぎるんじゃないかという気がします。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Moto-yaさん

  • レビュー投稿数:119件
  • 累計支持数:565人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
64件
29件
ヘッドホンアンプ・DAC
13件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
   

おしゃれで質感高いデザイン

   

【購入経緯など】
 イヤホン一辺倒からJVC HA-SD70BT購入をきっかけに、すっかりヘッドホンに傾倒してしまいました。いろんな方の評価が高く、家電店で試聴し「これは良い!」と思っていたところで、今年の1月半ば頃にちょうどフジヤエービックの特価で1万円を切る価格だったため、衝動買い。

【デザイン】
 全体的におしゃれで洗練されたデザイン。特にヘッドバンドのオーガニックな曲線は、イヤーパッドのオーガニックな質感と相まって実に美しい!特価では白しか残ってなかったので白を購入したのですが、ハウジングの処理がサラッとした手触りでこれも良い。黒はシリコン系のコーティング?が施してあるような感じの手触りで、経年劣化しやすいのではないか、という印象。
 ただね、この、白。自分のようなおっさんには、ちょっとお洒落すぎました。どうも違和感を感じ。デスクワーク中に音楽を聴くのに使っていたのですが、うーん、黒の方がおっさんには合うかなぁ、という感じで。

【音質】
 さわやかで、突き抜ける感じで、ぎりぎり刺さらない高音。気持ち良い低音。実に心地よく、長時間聴くことができる音質です。女性ボーカルが綺麗に映えます。ただ、中低域というか、女性ボーカルの声よりもちょっと低いあたりというか、その辺りの音が少し薄い感じ。

【フィット感・取り回し】
 他の方々のレビューにあるとおり、フィット感は素晴らしい!3時間ぐらい着けけっぱなしでも大丈夫な感じ。折りたたみでコンパクトにもなるので、持ち運びも問題無し。布製のポーチも、幌布のようなほどほどの「堅さ」があって、良い感じ。付属ケーブルは安っぽくて頼りないゴムゴム仕様。うーん、ここですよ、ここ。DENONさん!

【総評】
 音質や装着感は非常に良いのですが、やはり白の「おしゃれすぎる」デザインに気が引けてしまって。ある時、店頭でAH-MM400を試聴したところ、装着さえ工夫すれば、中域の上質な音質はD1200よりも上だな!と感じ、加えてウッドの所有欲を満たしてくれるデザイン(おっさにも違和感ない?)に惹かれ、結局D1200を買取に出してしまってMM400を購入してしまった次第。
 しかしまぁ、総合的には非常にコストパフォーマンスが高く、素晴らしいヘッドホンですよ、本機は。このD1200と似たデザインでワイヤレスの新製品が出ましたので、価格がこなれてきたら手を出すかも・・・。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:172件
  • 累計支持数:563人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
27件
90件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
111件
その他オーディオ機器
5件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【購入動機】
往復3時間の特急通勤でカナルイヤホンを使っていたがやや飽きてきたのでスマホ・タブレット直結で使える軽量・高音質なものをPayPayのポイント(2.5万以内)で入手するため量販店で比較試聴した上で購入。

【デザイン】
素材感は値段なりのプラスチッキーな質感だが
アルミを使ったりして屋外でもガンガン使えるように強度補強されており見えない場所にも「安かろう悪かろう」にならないようなこだわりを随所に感じる。
機能性重視のコンセプトから設計されたデザインはDENONらしく好感が持てる。

【高音の音質】
かなり高い音域までスムーズに伸びているがハイレゾを意識した変な強調感がないので刺さることもなく絶妙なチューニングとなっている。
ホールの空気感やピアノ、ギターの倍音表現もとても美しくサウンドステージに閉塞感がない。

【中音の音質】
昔ながらのDENONトーンで1つ1つの音に力強さがある彫りの深い表現となっている。
ピアノの打鍵の重さやシンバル、ハイハットのアタック感がリアルに再現されている。
ボーカルは濃厚で音像に実体感がある。

【低音の音質】
50mmドライバーを採用しているためか、強調感のない歯切れのよい低音再現となっている。
ベースギターの音階が掴みやすくグルーブ感のある
ノリの良い表現となっている。
中低音から低音の繋がりが良くバスドラのキックから放たれるロ-エンドまでしっかり沈み込む低域の表現が素晴らしい。

【フィット感】
低反発のイヤパットが吸い付くようにフィットするのでやや蒸れは気になるが本体も軽く2-3時間のリスニングであれば苦にならない。

【遮音性】
フィット感が良いせいかノイキャンなみに音漏れや
環境音が抑えられている。
爆音で聴かない限り屋外での使用にも十分耐えうる。

【総合評価】
ハイエンド、ローエンドとも自然に伸びているが、
中音域が引っ込むことなく音の芯がしっかり感じられる。
ハイレゾという規格に踊らされることなく可聴帯域をしっかり聴かせてくれる音造りにDENONの強い拘りを感じる。
ヘッドフォン側の端子は2.5mmなのでリケーブルの
選択肢は少ないが、インピが低く、高効率なのでスマホ・タブレット直結での高音質再生をコンセプトに設計されているのかもしれない。
再生アプリとの相性が出やすいこともあり、アプリによっては高音域が刺さったりするものもあった。
色々アプリを試してみたがDENON AUDIOで再生すると最もこのヘッドフオンの持ち味が最大限に発揮でき、ピラミッドバランスの力強い躍動感のあるDENON TONEを堪能できると感じた。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

尾葦白正さん

  • レビュー投稿数:159件
  • 累計支持数:1397人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
46件
0件
スピーカー
20件
0件
PCスピーカー
12件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

この評価は、今の「1万円台前半」という価格を前提にしたものです。
率直に言って、出来過ぎの部類に入ると言えるでしょう。

私は1万円台後半でホワイトを買ったのですが、デザインを4点にしたのは、ハウジング部の素材が若干チープに感じたことが理由です。
ブラックとは質感が違うようですので、この評価はあくまでも「ホワイト」の場合です。無論、ホワイトでも、そこまで安っぽさが強いわけではありませんが、全て5点を付けるのは何となく憚られたので、私の偏屈さから減点したに過ぎません。
実際は5点でも良かったところです。

携帯性も、本機は2通りの折りたたみ方が出来ますので、これも便利なところですから5点満点をつけるべきところだったかも知れませんが、全体のサイズ感から「ポータブル」と言うのはちょっと大きいかな、という感覚的なものだけで1点減点しました。
もうこの辺りになると、我ながら「減点ありき」みたいなこじつけになりますね。

遮音性は、他の投稿者さんも言及されているように、かなり高い方でしょう。
世間的に、遮音性に定評のある他のヘッドフォンと比べても、全く遜色がないレベルです。
というより、アクティブ・タイプのノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォンでない限り、通常の密閉型ヘッドフォンで、本機以上の遮音性を求めても、もはや微差しか出せないでしょう。
本機より上の遮音性のあるモデルでも、そこまで大きな差にはなりません。
遮音性に関する限り、(ノイズキャンセリング機能非搭載モデルでは)ほぼ上限に近い水準だと思います。これ以上の遮音性を求めるなら、アクティブのノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォンを選ぶしかないでしょう。

肝心の音質面ですが、1万円前半の価格では、充分以上の質を持っています。
音色のキャラクターでは個人の好みが出てきますが、音の「質」という面で見れば上出来と言えるでしょう。
全体に地味なモデルに思えますが、本機の有する基礎体力は相当ハイレベルだと言えます。

1万前半の予算でヘッドフォンをお探しの方は、気に入るか否かは別として、とりあえず選択肢のひとつには絶対に加えるべきモデルだと思います。
この価格帯ですと、ソニーやオーディオテクニカ辺りの製品ばかりが取り上げられている気がするのですが、ここでデノンの本機を選択肢に入れることなくヘッドフォンを選んでしまうのは、非常にもったいないと思います。
実際、ヘッドフォンに詳しいマニア的な人でもない限り、デノンのヘッドフォンなど最初から眼中にないという人が多いのではないかと思います。ですが、これは本当に侮れない、隠れた名機と呼んで良いでしょう。
最近、ヘッドフォンの価格にインフレ傾向が見て取れますが、そんな中、本機は、特にこの価格設定に「デノンの良心」を感じます。
何となれば、販売価格はもう少し高額設定でも可能だったと思うからです。

これは、もっと注目を集めて然るべき、非常に優れたヘッドフォンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

しょうなん電車さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:202人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
18件
317件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
72件
スマートフォン
1件
23件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

普段は外出時にZX300直で
EX1000の4.4mmバランス対応、
ER4SR+onsoバランスケーブル
を使ってクラシックをメインに聴いています。現在NOBUNAGA LABS「赤燈」にリケーブルし4.4mmバランスで使用しており、20時間程たった状態です。


【デザイン】

一見ごく普通のヘッドホンの作りですが、ハンガー部の曲線美が印象的です。
ホワイトの方はハンガー、アームとカラーが分けられお洒落なデザイン、ブラックの方は黒でビシッと統一されたデザイン、それぞれ特徴的ですね。ブラックを選びましたが、個人的にはハンガー部はGC20のようなシルバーの色合いの方が好みではあります。


【音質】

空間の広さを満喫するところまではいきませんが、閉塞感などは全く感じさせず、高域から低域までバランスよく品のよい音質が楽しめます。バランスケーブルに換えたところ、音の輪郭が鮮明になるとともに前方からの聴こえや、楽器一つ一つの聴き分けがより明確になり、オーケストラを聴く楽しみが増えました。


【フィット感】

眼鏡をしているので干渉しないように、また耳とカップとの微妙なずれを気にしないよう慎重に装着するタイプなのですが、きちんと装着するとちょっと走った位でも問題なくフィットしてくれます。


【外音遮断性】

装着した瞬間に耳から入る雑音がかなり軽減されるのを実感できます。カナル型イヤホンとほぼ同等の遮音性が得られ、密閉型ヘッドホンとしての絶対評価はトップレベルです。


【音漏れ防止】

こちらもパッドがぴったり合わさった状態だとZX300の音量80でもほとんど漏れません。電車などで座席に座った状態ならかなりの大音量でも安心して音楽に没入できます。


【携帯性】

50mmドライバーを積んだヘッドホンがこのサイズに折り畳めるのは他の機種との差別化としては圧倒的なメリットになるかと思います。


【総評】

ヘッドホンを買うにあたり
@予算は1〜3万円位
A折り畳み可で鞄に入れて持ち歩ける
B4.4mmバランス接続にリケーブル可
を必須項目とした結果、当機とMDR-1AM2、ATH-MSR7bが候補となり試聴した結果、低域の質、量により1AM2との一騎討ち、遮音性や空間といった点でD1200に決定となった次第です。発売当初はそれ程注目してはいませんでしたが、NOBUNAGA LABSから4.4mmバランスケーブル「赤燈」が発売されたことが購入の引き金になりました。

普段は通勤鞄に入れて持ち運び、電車内で聴くことがメインですが、とにかくアラウンドイヤー型のヘッドホンが手の平+α程度のサイズに収納でき、周りへの音漏れを気にせず(ヘッドホンの場合この点が意外にハードルが高かったりする)、アコースティック系の音楽が楽しめる点が最大の売りでしょうか。

目下ワイヤレスに注目が集まる中、入門的な機種から一段飛躍して有線でもよいから外出時にできるだけ高音質で楽しみたいという要望に真っ先にお薦めできるヘッドホンだと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

second fiddleさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
11件
8件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
8件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

AH-D1200

MDR-1AM2

NOBNAGA Labs 水写でバランス接続

AH-D1200は4ヶ月ほど使用。
MDR-1AM2は半年ほど使用しました。
D1200の方を後から追加で購入している訳ですが、
これは1AM2を使っているうちに出てきた不満を
見事に解消していたのがD1200だったから。
使えば使うほど色々な不満が出てくる1AM2。
使うほどに良さがじわりじわり出てくるD1200。
両機を使ってみて感じた私の率直な感想です。
1AM2は約2万7千円で購入、D1200は約1万5千円
で購入してます。値段が逆だろう....と私は思います。
D1200が安すぎです。音、使い勝手の良さ、
トータルで1AM2の上をいってると思うので。

まず、屋外で使うポタホンとして遮音性と
音漏れ耐性の高さは非常に重要。
この時点でD1200の圧勝。流石にノイキャンの
ヘッドホンには到底かなわないが、密閉型
ヘッドホンの中でもかなり高い遮音性がある。
そして結構大きめの音量にしても音漏れしない。
だから憂鬱な通勤の電車の中でも好きな音楽に
没頭できる。←これ大事です。
1AM2の方はポタホンの中では最上クラスの
着け心地の良さがある。ソフトな肌当たりで
側圧も弱い。ヘッドホンを着けていると感じ
させない柔らかさ。ただし....それ故に遮音性や
音漏れ耐性が犠牲になっているとしか思えない。
イヤーパッドは柔らかくソフトな感触だけど、
反発力や弾力性が全然無い。万年床の敷き布団
みたいに潰れたら潰れっぱなし。パッド内の
クッション材がスッカスカに感じる。
逆にD1200はヘッドホン着けてます!とハッキリ
感じる装着感。側圧も1AM2より確実に強い。
それでもイヤーパッドの造りが良好なので痛みや
疲れのない装着感で長時間の使用も平気。反発力、
弾力性が高く中身がミッシリ詰まった感じのパッドが
使われている。
この2本を店頭の試聴機で試したとしたら、多くの人が
1AM2の方が良いと感じるはず。10〜15分くらいの
試聴・試着だったら、私も1AM2の方が断然イイと
答えると思う。しかし、いざ実戦に投入してみると
俄然使い勝手が良いのはD1200の方なんですよ。

次に音質について。
単純に解像度の高さで勝っているのは1AM2の方。
それ以外の部分はD1200の圧勝だと思う。
帯域バランスの良さ、空間表現の良さ、低音域の質、
音の自然な聞こえ方、そのいずれもが優秀。
1AM2は中〜高域の解像感が異常に高く感じるが、
音の輪郭がシャープ過ぎる。エッジが立ち過ぎで
棘を感じるし、不自然さを感じる時もある。
なのに低音域だけは輪郭が甘く緩い。私は1AM2の
先代までのMDR-1シリーズの音質が苦手で手を
出さなかった。私にはボワつく低音が支配的な
ヘッドホンとしか感じなかった。1AM2を初めて
試聴した時、この低音がかなり良くなったと感じた。
ブーミーな低音がスッキリと、凄く聴き易いバランス
になったように感じたんです。
しかし、しばらく使っていくと実は低音の質自体は
先代たちと大差ないと感じるように。。。単に低音の
音圧を抑えただけじゃないかな?と。何と言うか、
低音域そのものを一塊でボンッと出す感じ。
低音でも中域寄りから空気を震わすような重低音
まで幅があると思う。1AM2はそれらを描き分けて
いない。一方、D1200はそれらをシッカリ解像して
聴かせている。だから音の空間で下への深さがある。
ズズンッと底が深い。1AM2はこの下への深さが無い。
音場の縦幅が無いし、横方向への広がりも無い。
前後の奥行き感も無い。結局のところヘッドホン
としての音場感が乏しいということ。立体感にも
乏しい。全ての音が鼓膜に近いダイレクトさで
イヤホンで聴いているよう。
D1200もヘッドホンとしては音場は広くはないが、
ボーカルは前方に定位し、奥行き、縦幅の高さ、
横方向への広がりをそれなりに感じさせる立体感
がある。高音域の上への伸びは両機とも近いものが
あるが、1AM2は鋭さがあるので聴き疲れる。
水樹奈々の「深愛」という曲がある。凄く好きな
曲だが1AM2で聴くと耳にキンキンときて非常に
疲れる。こんなに聴き疲れる「深愛」を聴いたのは
初めてかも。
私は40代中盤のオッサンなので耳が衰え始めている
と思う。それでも1AM2の高域は疲れると感じるので、
聴覚が優れる人や若い人はもっと刺激や刺さりを感じる
のでは?と思う。D1200は上には伸びるが刺激や刺さり
とは無縁な高音域。

結果としてヘッドホンとはこうであって欲しいと
いうもの全てを無難に備えているのがD1200。
SONYなどと較べれば地味なメーカーであるDENON
ですが、オーディオ専業メーカーらしい質の良さを
感じました。実際に両機を使ってみて感じたのは、
これで価格が2万円台後半は高いと感じる1AM2、
これで1万5千円ほどで買えちゃうのは安すぎると
感じるD1200です。
因みに両機とも2.5mmバランス接続で使ってますが、
これもまたD1200の方が圧倒的に良くなります。

現在、外出時はD1200ばかり持って出掛けるので
1AM2の出番は無し。残念ながら綺麗なうちに売却
する予定です。
実は1AM2を購入する前、オーテクのATH-MSR7を
使っていたのですが、中〜高域は素晴らしい美音
でしたが屋外で使うには決定的に低音域の圧が不足
しており売却しました。その点でもD1200は不満が無く、
やはりトータルバランスに長けたポタホンである
と感じます。安いのに非常に良く造られている良品。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぽぴろす600さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:224人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
11件
ワイモバイル モバイルデータ通信(旧イー・モバイル)
0件
3件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性無評価

環境はPC(サウンドカード:Xonar DG)です。

[18/11/01] 要旨はそのままに簡略化と欠点を加筆しました。

【音質】
一聴して感じるのは低音の量感ですが、それにマスクされることなく中高音がクリアに響いてくれる暖かめ柔らかめ音質。高域は刺さらず、低域もローエンドがガンガン響くタイプではないため疲れません。特に何かに秀でるということはないですが、ゆえにどんなジャンル・用途にも使えるのではないでしょうか。映画やドラマ視聴にもオススメです。

【フィット感】
ポタ向けコンセプトとサイズ感でありながら、しっかりと耳を覆い、深さがあるので長時間も快適です。ドラマ視聴で4時間ほど問題ありませんでした。低反発のようなモチモチパッドの貢献が大きい気がします。側圧はティッシュ箱で少し緩めました。

【外音遮断性・音漏れ防止】
密閉型として問題ないレベルかと思われます。

【携帯性】
持ち出すことはなさそうなので無評価とします。

【欠点】
・ヘッドホン側のプラグが2.5mmミニプラグ(?)であること。探せば売ってますが、やはり3.5mmであって欲しかったとは思いますね。
・最近露呈したことですがパッドが外れやすい。少し捻るだけで取れるのでちょっと問題かなと思います。個体差もあるのかもしれませんが、携帯用で使う予定の人は注意かも。

【総評】
これまで密閉型は、ATH-A900より後は音質か装着感そのどちらかに不満があり、手放すことも2,3度ありましたが、ようやくどちらも不満なしの密閉型をゲットしたって感じがします。いろいろ手を出してきて自分の好みを測りつつあるというのもありますけどね。

D1100を考えると今後の値下がりも予想されますが、私は今の値段(¥15,000〜)でもオススメできるヘッドホンだと思います。気になったらぜひ試聴してみてください( `・ω・´)b 本レビューが参考になれば幸いです。それでは!

【WS1100】
最後まで当機と争ったWS1100の印象も書いておきたいと思います。
ソリッドバスシリーズだけあって、とにかく下の下の低音をぶつけてくる感じで惹かれるものはありました。しかし高域に刺さりを感じ、これは疲れそうだなと思ったのと、ベントが開けられていることによって密閉というよりはセミオープンのような印象を受けた2点が決め手となり却下しました。うるさい店内だったのでそれで外音遮断性に疑問を覚えたのかもしれません。それでも依然、かなり魅力的な音ではありましたね。装着感はD1200にやや勝ってたかもしれません。パッドも広かったですし側圧も緩め。ただ、肌に当たるパッド面が大きいせいか、あちらのほうがむしろ蒸れを感じました。

比較製品
オーディオテクニカ > SOLID BASS ATH-WS1100
主な用途
音楽
映画
ゲーム
その他
接続対象
PC

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シシノイさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:1382人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
121件
1689件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
142件
AVケーブル
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

このAH-D1200は、デノンのロングセラーD1100の上位機種として作られた機種で、良好な装着感と低音が響きつつ心地良いしとやかで上品な音質が特徴のヘッドホンです。
低音の量がD1100から随分と減り、多いながらもしつこくない量感、そしてボーカルが映える明瞭さなのが気に入っております。
ちなみにD1100は継続販売されるということで、D1200は後継機ではなく上位機種になります。比較の為D1100を改めて(都合3度目)買ってエージングしたのでその比較も含めて書いていきます。

●音質●
音はしとやかで上品、そしてボーカルが映えます。低音はやや多いながらもD1100ほどの過剰さはなく、全体的にまろやかマイルドにまとめ上げられた印象です。
注意として、線の細い繊細なイメージではなく、デノンとしての在り方を残しつつの、しとやか上品という方向性だと私は言語化させていただきます。
音場は密閉型としてはなかなか広さ。

【高音の音質】
高音は綺麗に伸びて、かといって痛くありません。特別何か特徴的というわけではありませんが、全体感の中できっちり仕上げてきた高音という印象です。
D1100比ではキツさが取れてマイルドになり、しかしベールが1枚剥がれた感じの明瞭さがあります。

【中音の音質】
主にボーカルについて、脳内よりやや前方、近い位置で透明感を伴い、浮かび映えます。
特に女性ボーカルとの相性は良いですね。聴いていて気持ちが良いです。
D1100は低音が支配的でボーカルはやや目立ちにくかったですが、D1200はしっかり明確にボーカルを捉えることが出来るようになっております。サ行等の痛さはなし。

【低音の音質】
量感はややあり、締まりはまあまあ、まろやかでドッシリとした重みが響きます。
デノンの特徴とも言える低音ですが、D1200ではD1100比で随分減り、そしてしとやかな低音になりました。まあD1100が過剰なほどズッシリ元気よくモリモリ響く感じだったのですが。
この低音だけを切り取って見ると個人的には特に言うことが無い低音なのですが、全体感のまとまりの中では丁度良い塩梅に仕上がっている低音だと感じました。

【音質総評】
全体のまとまり感がとても良いです。デノンのヘッドホンというとどうしても低音に目が行きがちですが、今回は全体で評価したい仕上がりです。

全体の音質として、下位機種のD1100と比較して大きな差を感じます。現在の価格差は1万円ですが、それを踏まえてでも、という音質差です。この先D1200の価格が下がれば下がるほどこの音質差は顕著になると思います。

ちなみに、D1100が発売当時1万5千円、現在発売から8年ほどで6千円まで落ちております。
D1200は現在1万7千円ですが、数年後にどこまで落ちるのかが気になりますね。1万円切ることは無いかもしれませんが、1万円とちょっと位まで落ちてくれればこの音質だと相当なおすすめ機種になります。

●装着感●
装着感は良好です。
重量以外の面では全てD1100以上、と言えます。逆に重量はD1100の圧勝ですが。
3年前に発売されたAH-GC20というワイヤレス+ノイキャン機種をベースに作られたのがD1200の装着感となります。この判断は正解だったと思います。

【フィット感】
耳元のフィット感はとても良いです。
耳を完全に覆えるパッドの深さと広さ、完璧。
パッドの素材はムチムチとしたもので、元はノイキャン機の為に作られたモノの為か耳をみっちりと覆って密閉空間を作り上げます。これが音質にも良い方向で影響していると感じます。
蒸れ感は密閉型故多少は仕方ないでしょうが、内部の空間が広いので他の密閉型よりはずっと快適です。

D1100は耳は完全に覆えるもののパッドが硬めの素材だったので、その点でD1200の優勢かと。

【側圧】
適切で問題ありません。

【頭頂部】
現行のデノン機の中で最も優秀なヘッドバンド、普通に快適で問題を感じません。
というかこれが本来あるべき普通のヘッドバンドなんですけどね…上位2機種の不出来なヘッドバンドは一刻も早く改善してもらいたいです。(嘆願済み)
D1100のヘッドバンドはやや水平になり、硬めだったため圧迫感がありましたが、D1200はそういったこともありません。

【重量】
252g(実測値)で普通です。公称値よりはやや軽いようですね。
ただ、ハウジングの構造の為かパッドの面積もしくは密着感によるものか、耳の周りに重いものが乗っかっているという感覚を実重量以上に感じる事は否めません。
特にパッドと側圧が馴染むまでの最初の数十分間にこの感覚が強いですね。装着後30分〜1時間ほどすると馴染み、この感覚は段々薄れてきます。(完全解消するかは別として)

また、189gで軽量だったD1100と比べるとこの重量大幅増はマイナス点となります。200gを切る重量の快適さというのは相当なものですからね。

【装着感総評】
かなり良い点が多く、唯一構造からくる偏りによる装着初期の体感重量の増加という感覚をマイナスして90点、星4.5つとします。
最後まで85点とするか迷いましたが、長時間装着した際にやはり90点に相応しい快適さだと感じたのでこの点数に。表記上はD1100との差別化の為にも星5つとしておきます。

D1100と比較するなら圧倒的な軽さによる快適さ、ただし頭頂部はややグイグイのD1100に対し、重量普通・体感重量増、しかしその他の点はとても優秀なD1200といった形です。どちらも耳を完全に覆い切れるという点では他の有象無象の装着感を一蹴します。


●●総評●●
上手くまとめ上げられた音、そして装着感の良好さを評価して星5つとします。
これはロングセラーD1100の上位機種としての期待にきっちりと応える出来ではないでしょうか。

今後は下位に低音元気でモリモリのD1100、上位にしとやか上品でボーカルの映えるD1200という体制となります。
音質自体はD1200の方がずっと良いですが、傾向は全然違うので、一度聴き比べてみても面白いかもしれません。

今後どこまで価格が下がるかは不明ですが、お勧めしたい機種が一つ増えたことは間違いありません。

比較製品
DENON > AH-D1100
主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった43

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D1200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AH-D1200
DENON

AH-D1200

最安価格(税込):¥14,490発売日:2018年 4月下旬 価格.comの安さの理由は?

AH-D1200をお気に入り製品に追加する <225

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

AH-D1200の評価対象製品を選択してください。(全2件)

AH-D1200-BK [ブラック] ブラック

AH-D1200-BK [ブラック]

AH-D1200-BK [ブラック]のレビューを書く
AH-D1200-WT [ホワイト] ホワイト

AH-D1200-WT [ホワイト]

AH-D1200-WT [ホワイト]のレビューを書く

閉じる