ベスパLX150 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 車体のデザイン及び機能性 5.00 4.44 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.67 4.19 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.67 4.25 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.67 3.98 -位
取り回し 取り回しやすさ 5.00 4.17 -位
燃費 燃費の満足度 4.00 4.14 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.00 4.03 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ベスパLX150のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ぐがちんさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
1件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
3件
腕時計
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
取り回し5
燃費4
価格3
   

楽しかったツーリング先にて

   

 前車のホンダ・フリーウェイ(メットイン)に長く乗り続け、便利な軽二輪スクーターは手放せない存在になっていました。買換え候補としてもコンパクトなスクーターが良いと考え、国産のニューモデルをずーっと待っていたのですが、出る車種はみんな巨大化。期待していたものが全然出てこなかったため、ついに国産はあきらめ、イタリアやアジアから輸入されているスクーターを吟味して「ベスパLX150ie Touring」に乗り換えることにしました。

【デザイン】多くの模倣を産んだ、スクーターの普遍形。かつてオールド・ベスパに憧れ、手が届かなかったオジサンとしては、そのイメージを残しつつ現代的になったコンパクトな丸いお尻がカッコいい。LXは最近ベトナム工場の生産らしいが、アジアン・メーカー設計の車に比べて光りモノはシンプルで効果的に配置されていて、デザインはさすがイタリアだなと感じる。

【エンジン性能】イタリアの4ストがこんなに回るとは正直、思ってもいなかった。プルンッ!とかかり、ビィーンと走る。まるで国産の原チャリみたいな感覚で、重厚感や味わいを期待していると裏切られる。エンジン周りを見ても、排熱ファンの配置やVベルト変速・駆動部、エアクリーナー位置など、かなり国産スクーターのエンジンを研究したんだろーな、と思われる。マニエーティ・マレッリ製燃料噴射により始動はあっけなく簡単。ベスパだと思って身構えていると拍子抜け。発進時の反応は良く、力強くスッと出る。40キロ近辺でエンジンだけ回って車速が伸びない感覚が一瞬あるが、その域を過ぎると60〜80キロまで良く伸びてくれて気持ち良い。高速道路では、全開にはなるがメーター読み100キロは出せる。ただし90キロを越えてからは伸びが鈍る。メットイン・ボックス内は直下のエンジン熱で相当熱くなる。アイドリング時にエンジンの鼓動でVベルトがベルトケースに当たる音がするのが気になる。

【走行性能】コンパクトな車体で、かつ重心の近くにモノが集まっている感があり、ヒラヒラと軽快に走る。前輪11インチなので小回りが利き、日ごろの足代わりとして申し分ない。高速道路での直進性は普通。特に不安な感じもしないため、時々高速に乗る位の使い方なら何の問題もない。片持ちサスは左右で感覚が違うと言われるが、フルバンク近くまで倒すコーナーで比べてようやく右より左(片持ち側)のほうが安定感あるかな?というくらい。ほとんど差異は感じない。自動遠心クラッチなのでエンジンブレーキは有効には利かないのに停車寸前まで引きずる感じが残る。その分、前輪ディスクブレーキが良く速度を落としてくれる。前車が後輪フットブレーキだったので、スクーターでは普通となった左手ブレーキはまだあまり好きではない。

【乗り心地】座り心地は悪くないが、着座位置が高く、乗車姿勢が起きていて背筋を伸ばして座らされるので、決して安楽とは言えない。高速での風圧はかなり大変である(拙車はミニスクリーンが付いているため、少し効果あり。)。シート角あまり落とされていないので、両カカトまで着かない(筆者の身長=174センチ)。タンデムシートは、座面面積は普通だが、足の置場が小さいため、カカトステップに、つま先は外開き姿勢となる。前後サスは、原チャリスクーターよりはストロークがあり良く動くものの、大型バイクの本格サスには及ばない。まあ並程度。

【取り回し】原チャリ並みの小さい車体で、車重は相応にあるものの、取り回しは良好。ビクスクでは狭くて置けない駐輪場でも潜り込める。メインスタンドは軽い。

【燃費】4ストなので当然、混合しなくて良い。期待ほど良くなく、街乗りリッター24キロ、遠出で34キロくらい。燃料計が早目に動くので、そんなに走っていないのに残量がどんどん減り始めて驚くが、逆に残量警告灯が点灯した段階でもまだ結構ガソリンが残っている。輸入元ではハイオク推奨としているが、レギュラーでも問題なく走っている(ただし自己責任)。給油時はよほど気をつけないと必ず給油口からの吹き返しがある。

【価格】安くはない。だが、買って損したとは思わない。

【総評】かつてのベスパは、相当な気合いと覚悟がなければ乗ることが許されない高嶺の花であった。それに比べ、現代のベスパは、国産も真っ青の、手軽で便利な日常のツールとして付き合えるようになっている。面白くなくなったとも言えるが、より多くの人に使ってもらえる進化というのは機械の目指す方向として間違っていない。もしデザインや質感だけに魅かれて手に入れたとしても、後悔しない一台になると思う。

【手放すに当たって最終レビュー】
訳あってLXを手放すことになったので、餞別としてここに総括しておきたい。
2バルブ時代のエンジンだったが、驚くべき耐久性だった。500km程のツーリングを何度もこなし、南アルプス2000m級の峠越えなんかも経験したが、一度も故障しなかった。高速道路を何度も乗ったが、快適なのは90km/h強といったところ。鈍足トレーラーの後ろに付いて走る癖がついた。小径ホイールなのに直進性はなかなかのものだった。
タンデム用の足置き場が小さく、私は市場で売られている専用後付けステップを購入し付けていた。
取り回しは軽二輪のバイクとしては最高に近く、街のお買い物と長距離ツーリングを両立できる稀有なスクーターだった。
車体は跳ね石などで塗装に小さい傷がつくことはあったが、ケアしていたので錆は発生しなかった。シートのヒンジのピンがズレて開けたシートがグラついたり、シートの鍵とロックをつなぐワイヤーが切れ、シートが開かなくなったのがトラブルらしいトラブルだった(薄い鉄定規を突っ込んでロック爪を直接動かして開けた。この部分のパーツは販売がないとのことで、以後、シートロックは無効にした)。
現在のLXは、タイヤサイズ変更やLEDヘッドライトの装着などを経て、ますます完成度が高くなったと感じる。ピアジオ社にはミニマムベスパとして、引き続きプリマベーラとの併売継続を希望する。

使用目的
買い物
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった27人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

babycarさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
32件
レンズ
0件
31件
バイク(本体)
2件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格3

スクーター歴は過去にマジェスティ250、シルバーウィング600、アドレスV125、スクーピー50など国産を色々と乗り回してきました。スクーターの全走行距離合計で5万キロは超えています。できるだけ皆さんの参考になるレビューができればと考えています。よろしくお付き合いください。

【デザイン】
イタリアのデザインで、最新型なのにどこか温かみを感じるレトロさが残っています。国産車には真似のできない味ですね。買って一年近くなりますが飽きのこないデザインだと思います。今でも新鮮に感じています。
大きくて丸いライト、フロントスカートの曲線美、ボディサイドのシェイプ、ステップのストライプなど温故知新です。また、どんな色でも美しく見える秀逸なデザインは長年に渡り完成されたもの(伝統美)であることを強く感じさせます。

【エンジン性能】
インジェクションタイプではないのですが必要にして十分です。国産車の125ccよりは力強い感じです。瞬発力はアドレスV125程度ですが中高速域での伸びがアドレスとは違います。ヨーロッパ生まれなので80km/h〜120km/hくらいまでのスピードの域が得意なようです。加速重視の方はプーリーなどをちょっといじるだけで結構満足できるかと思います。
アイドリングの音は国産車に比べ1割増しくらいで見てください。走行中の音は国産車とほとんど変わりません。アクセルのタッチも良好です。

【走行性能】
直進安定性が良いと思います。高速コーナーでの安定性も十分です。スチールモノコックボディの良さを感じることができると思います。ブレーキも国産車レベルの標準的な効きです。なので急制動での安心して乗ることができます。21世紀のべスパは一昔前の国産スクーターと同等の性能だと感じています。

高速道路での大人2人乗りでは100km/h巡航が問題なく行えます。さすがに上り坂での追い越しや向かい風での追い越し加速は150ccですが必要にして十分です。むしろ無理な加速追い越しなどをしなくなったので事故の心配が少なくなったことが大人の乗り物であるといえます。

【乗り心地】
サスペンションの味付けなのか、デフォルトでの低速域ではやや硬めと感じたときがありましたが乗りなれてくると疲れないことがわかりました。スポーツ的な硬めではなく初期設定が大柄な外国人を想定しているからかもしれません。高速域では丁度良い柔らかさで巡航できます。100km/h以上では少し柔らかいと感じる方もいるかもしれませんが調整で硬くできますのでお好みで。

【取り回し】
ボディサイズはアドレスV125を一回り大きくしたくらいです。特に高さが違います。ハンドルの高さが10cmくらい高い印象です。一般的な中型スクーター同等。走る時の目線が高くなり、地面から離れるのでアドレスと比して体感速度が遅く感じられます。その分周囲に注意を払いやすくなります。原付2種と同程度のスペースに駐車できるのが最大のメリットです。

国産250よりは全長・全幅が小さく高さはほぼ一緒と思ってください。全長はアドレスV125よりこぶし2つくらい長いくらいです。シートがやや高めなので足つき性が若干悪いです。大きめのシートは楽なのですが小柄な人だとつま先立ちになるかもしれません。スーツで乗るとくるぶしが若干見えるくらいでクールに乗りこなせるイメージです。

重量感ですが中型スクーターに乗ったことのある方なら軽く取り回せるでしょう。片手でハンドルもって傾けても軽く引き起こせるレベルです。原付からステップアップした方でもすぐに慣れる重さです。125ccに小さい荷物を積んだ程度。万一倒しても女性でも起こせる重量なので見た目よりは軽量と感じる方が多いかと思います。

【燃費】
日本では中途半端な150ccですが燃費を考えるとベストチョイスと言えます。
都市部で全開STOP&GO走行をしても20km/hは出ます。ツーリングなら30km/hは出ます。今求められるのはこのサイズではないでしょうか。燃費も良いし高速道路も乗れるベストミニマムスクーターです。メーカーの宣伝が下手なのか流行らないのが不思議です。
通勤で使っていますがお財布に優しい燃費です。

【価格】
新車だと割高感ありますが、たまに低走行の中古車や新古車が割安で出ています。30万円台で買えたらお買い得といえるでしょう。駐車スペースのことを考えても原付+αの場所を確保できるのであれば検討されてはどうでしょうか。いざというときに高速道路に乗れるスクーターとして原付感覚で保有できることを考えれば総合的に安いお買い物となるでしょう。天気の良い日にオープンカーに乗る感覚でタンデムツーリングできます。

【総評】
街で乗っても絵になるクールなスクーターです。スーツで乗っても、カジュアルで乗っても絵になるスクーターはあまりないのでオススメです。
総合的に見て大人のスクーターですね。小さいのにピンク色のナンバーでないのも良いです。ちょっと停めておくにも気兼ねなく停めることができるサイズも魅力的です。
シート下のボックスにはフルフェイスヘルメットが入ります。ほとんどの国産ヘルメットを納めることができるスペースがあります。フロントのボックスにはetcを入れて高速を楽しんでいます。
心配していた故障など皆無で安心しています。21世紀のvespaは何も心配することなく走ることを満喫することができます。
LX150、国産スクーターに味を感じなくなった大人の紳士・淑女にオススメです。

使用目的
通勤
買い物
頻度
週3〜4回

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ボアアップさん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:4794人
  • ファン数:84人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
59件
45件
バイク(本体)
5件
59件
デジタルカメラ
48件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費3
価格3

 マンションの駐輪場の関係で、Vecstor150に乗っていました。距離的に足回りのメンテナンス時期が来ましたので、前から気になっていたLX150ieを新車で購入しました。購入後、まだ3000Kmまで乗っていませんが、インプレッションを載せます。
【デザイン】
 これは好みが分かれると思いますが、私がVespaを選択した一番の理由でもあります。アメリカンと同様、女性からの評価が高いです。金属外装のため、塗装が四輪車と同じでしっかりとしています。車用のワックスで手入れすると、艶が良いです。
【エンジン性能】
 Vecstorと比較すると、低速時の加速感はこちらの方が良いですが、概ね同じ感じです。幹線を含め一般道で過不足ないエンジン性能です。20Km程度の高速にも時々乗りますが、問題なく走れています。
【走行性能】
 低速時の安定感は高いです。前輪が片持ちですが、とくに問題は感じません。慣れもありますが、ウィンカーレバーが若干操作しづらいように思います。ieとなって馬力が若干上がったせいか、加速でのもたつきが少なくなっているようです。寒いときの始動性にも期待しています。
 フラットフロアのため、足元に荷物を置くことができます。また、シート前に引き出し式のコンビニフックがあり、意外と便利です。フロントボックスは鍵付ですが、走行中に開閉が可能です。位置が低いため、出し入れはあまり楽ではありませんが、500ccのペットボトルを入れておくこともできます。
 メットインはGTSよりも幅があり、XLサイズのジェットも入ります。
【乗り心地】
 身長173cmですが、足付きが悪いようには感じません。むしろ視界が良く疲れづらいように思います。ショックは調整可能ですが、初期設定では若干固めかもしれません。
【取り回し】
 全長180cmのため、原付2種と変わりありません。小回りが利くので、狭いところでも方向転換ができます。
【燃費】
 私はハイオクをつかっていますが、一般道で32Km程度です。高速では35Km程度にはなります。ガソリンはレギュラーでもOKのようです。
【価格】
 自賠責5年で乗り出し価格は50万円でした。軽二輪としては安いですが、Vecstorなどと比べると少々高いですね。
【総評】
 置き場所の関係で、Vecstorを乗り継ぐかVespaかの選択でしたが、Vespaを購入して満足しています。ロングスクリーンとボックスを搭載しましたので、実用性も高いです。ロングスクリーンはこまめに清掃が必要ですが、快適なため、私は真夏でもはずす気にはなりませんでした。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ベスパLX150のレビューを書く

この製品の価格帯を見る

ベスパLX150
ベスパ

ベスパLX150

新車価格帯:

ベスパLX150をお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意