スピードライト EL-1 レビュー・評価

2021年 2月12日 発売

スピードライト EL-1

レンズ交換式カメラ「EOS」シリーズ用の外部ストロボ

スピードライト EL-1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥109,280

(前週価格なし) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥109,280¥139,700 (29店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥128,000

店頭参考価格帯:¥125,730 〜 ¥125,730 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

調光方式:E-TTL II/E-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):60 重量:572g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/モデリング発光/マルチ発光/ハイスピードシンク スピードライト EL-1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • スピードライト EL-1の価格比較
  • スピードライト EL-1の中古価格比較
  • スピードライト EL-1の店頭購入
  • スピードライト EL-1のスペック・仕様
  • スピードライト EL-1のレビュー
  • スピードライト EL-1のクチコミ
  • スピードライト EL-1の画像・動画
  • スピードライト EL-1のピックアップリスト
  • スピードライト EL-1のオークション

スピードライト EL-1CANON

最安価格(税込):¥109,280 (前週価格なし) 発売日:2021年 2月12日

  • スピードライト EL-1の価格比較
  • スピードライト EL-1の中古価格比較
  • スピードライト EL-1の店頭購入
  • スピードライト EL-1のスペック・仕様
  • スピードライト EL-1のレビュー
  • スピードライト EL-1のクチコミ
  • スピードライト EL-1の画像・動画
  • スピードライト EL-1のピックアップリスト
  • スピードライト EL-1のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > フラッシュ・ストロボ > CANON > スピードライト EL-1

スピードライト EL-1 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.41
レビュー投稿数:1人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
光量 調光範囲の広さ 5.00 4.43 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.00 4.16 -位
操作性 取り扱いは簡単か 5.00 4.29 -位
機能性 各種搭載機能は便利か 5.00 4.29 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スピードライト EL-1のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

shimashima0703さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:398人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
2件
フラッシュ・ストロボ
5件
3件
デジタル一眼カメラ
6件
0件
もっと見る
満足度5
光量5
携帯性4
操作性5
機能性5

再生する

製品紹介・使用例
ニッシン製ストロボ外部電源と組み合わせ、フル発光させています

スペックは従来機を凌駕しているがこの高価格。この時代にこんな条件でキヤノンが送り出してきた新作ストロボはどんな具合なのか?と思い購入してみました。

【光量】
600EX-RT系と全く同一です。クリップオンストロボとしてはこれ以上ない光量です。

【携帯性】
ヘッドがとにかく大きいです。それに関連して操作部も横幅が大きく、バッグへの収まりは間違いなく悪化しました。付属のケースもとにかく大きく、そのままカメラバッグには入れたくない大きさです。しかし重量は見た目ほど重くありません。
ヘッドの大きさは、もはや定番になりつつある折りたたみソフトボックス用の「Sブラケット」「S2ブラケット」どちらにも入りません(操作部側のボディなら挟める)ので、オフカメラ派の人はちょっと注意が必要です。

【操作性】
最新世代であり、ジョイスティックを採用した操作部はストレスなく操作でき、従来機はなんだったのか?と思えるほど快適です。
青色の液晶画面も、晴天屋外でもハッキリ見えるのでとても良いです。

【機能性】
「LP-EL」という専用リチウムイオン充電池しか使えませんので、従来のように「エネループの充電忘れちゃったからコンビニで単3アルカリ買ってくる」のような使い方は不可能になりました。(カメラ用のLP-E6とは厚みも長さも異なるので使えませんし入りません)
ただ、現在はGodoxやProfotoなど多くの機種で専用リチウムイオン充電池方式が採用されているため、特別ネックになることも少ないと思います。充電器は中級機など多くのカメラで使われるLC-E6が、本機のバッテリーでもそのまま使えるのは大変にありがたいです。

この機種の一番のポイントは高い調光性能にあると言えます。TTLオートで撮ってもとにかく露出を外さない。今までのキヤノンユーザーなら誰しもが経験している「ストロボ撮影の時、調光精度ではニコンに勝てない」というジレンマはもう感じることがありません。
最新の制御機構と、超微小発光ができるようになったことの組み合わせで実現しているのでしょうか?通常撮影でもハイスピードシンクロ撮影でも、驚くほど正確に調光してくれるようになりました。完全に別次元で、この調光精度のために本機に買い替えても絶対に損はしません。

連続発光性能に関してはしっかりと試していませんが、日常のスナップ撮影での「指連写」くらいならチャージタイムを気にせず撮影ができます。
外部電源を組み合わせれば、フル発光で約0.5秒くらい?異次元の高速チャージが実現します。

ニコンの純正ストロボのように、ストロボの配光パターンを3段階に切り替えができるようになっています。この機能も実は結構ありがたかったりします。
バッテリー残量も、メニューから見る必要がありますが%表示が可能です。

【総評】
GodoxはともかくProfotoよりも高額で、10万円を超えるクリップオンストロボという時点で尻込みしてしまいますが、本機の持っているポテンシャルは間違いなく最高かつ最強です。

オフカメラ撮影がメインの人には、純正の送信機(ゼンダー)であるST-E3-RTがバージョンアップだけでお茶を濁してきたこともあり、後幕シンクロ撮影ができるなどのメリットはあるにしても、正直えらく高価なだけでお勧めできないと言えます。

しかし、オンカメラで直射・TTLオートで使うような仕事をしている人は間違いなく買った方が良いです。そのくらい価値があります。

難しいのがブライダルのような「直射はほとんどせず天井バウンスが基本、先端に社外アクセサリーを装着して使う、モノブロックストロボと組み合わせて使うこともある」ような方だと思いますが、こういったユーザー層には正直ProfotoやGodoxの方が合っていると思います。

従来機と異なる部分が多く、その価格もあって売れ行きは大変に鈍いそうですが、キヤノンユーザーがストロボで抱えていた不満を(価格とヘッドの大きさ以外は)一気に全て解決できる機種です。買って損はしません。

レベル
プロ

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

スピードライト EL-1のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

スピードライト EL-1
CANON

スピードライト EL-1

最安価格(税込):¥109,280発売日:2021年 2月12日 価格.comの安さの理由は?

スピードライト EL-1をお気に入り製品に追加する <60

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(フラッシュ・ストロボ)

ご注意