NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S レビュー・評価

2020年10月30日 発売

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

  • 絞り開放から画像周辺部まで解像感の高い描写力を発揮する大口径超広角ズームレンズ。NIKKOR Zレンズの「S-Line」シリーズに属する。
  • 全長約124.5mm、約650gの短く軽量なボディと、開放F値2.8の高い描写力を両立している。
  • 従来品「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」と比べ、「点が点に写る」高い点像再現性や、ゴースト、フレアを効果的に抑える逆光耐性などが大幅に向上。
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥266,999

(前週比:+670円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥268,947

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥265,800 (24製品)


価格帯:¥266,999¥342,400 (43店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥320,000

店頭参考価格帯:¥267,000 〜 ¥285,120 (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:広角ズーム 焦点距離:14〜24mm 最大径x長さ:88.5x124.5mm 重量:650g 対応マウント:ニコンZマウント系 NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの価格比較
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの中古価格比較
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの買取価格
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの店頭購入
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのスペック・仕様
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのレビュー
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのクチコミ
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの画像・動画
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのピックアップリスト
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのオークション

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sニコン

最安価格(税込):¥266,999 (前週比:+670円↑) 発売日:2020年10月30日

  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの価格比較
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの中古価格比較
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの買取価格
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの店頭購入
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのスペック・仕様
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのレビュー
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのクチコミ
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sの画像・動画
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのピックアップリスト
  • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのオークション

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.89
(カテゴリ平均:4.59
レビュー投稿数:9人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
操作性 取り扱いは簡単か 4.91 4.52 27位
表現力 思い通りのイメージの写真が撮れるか 4.79 4.52 134位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.77 4.27 113位
機能性 AF精度やMF対応などの機能性 4.89 4.35 18位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Anglo10さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
24件
レンズ
2件
13件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
1件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
当機種プロテクターフィルター使用
当機種CPL使用
機種不明フィルターなし。ただし加算平均合成

プロテクターフィルター使用

CPL使用

フィルターなし。ただし加算平均合成

このレンズの購入の最大の決め手は円型フィルターが使えることです。それだけなら14-30F4Sでもいいわけですが星を撮る以上、必然とこちらとなりました。フィルターワークを重点にレビューします。使用期間は3か月です。

円型フィルターを使うために2種類のフードとキャップが存在するわけですが、フィルター用のフード&キャップは想像以上に大きいです。撮影中はキャップはどこかポケットに入れているものですがまず入りません。幸い、登山用のアウター胸ポケットには入ります。収納時も大きいのでその時は別に収納しています。キャップは2種類どちらも形状が特殊なので取り付けられる向きが決まっています。星撮影時など暗所で手探りで扱うには慣れが必要でしょう。

円型フィルターはプロテクトとCPLの2種類をKani製品で所有しています。これが個体差なのかもしれませんがフード装着時に引っかかりがあります。1番最初使用時にしっかり締めすぎて外れなくなり苦労しました。外れにくい=落ちにくいなので今は緩めに装着しています。なお112mmフィルターの中には広角で使用する前提ではないためか、枠が太くてケラれるものがあるようです。Kaniは大丈夫です。角型もKaniの100mmで使用していますがハーフNDを制限なく使えるのは18mm以上でしょうか。それ未満は角度によってケラれます。

レンズそのものはコンパクトで軽いです。適度な太さで握りやすいです。液晶表示で焦点距離が出るのは星景でとても便利ですね。

最後に描写ですが、Zマウントの大三元というイメージ通りでいいと思います。百聞は一見に如かずという事で貼り付け画像を参考にしてください。加筆するなら逆光耐性の強さでしょうか。ゴーストが出るだろうという状況でも出ないのはありがたいです。全く出ないわけではありませんが(作例5でゴースト発生)、どうやったら出るのかを逆に検証してみたいほどです。

追記:なぜか反映されなかった動画を追加

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tubasa888さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
25件
レンズ
16件
12件
三脚・一脚
1件
6件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5

再レビューしましたが、内容同じです。

誤字があったため訂正しました。


【総評】

広く撮影できます。

けれど使い方が非常に難しいので使うのが難しいレンズです。

それでも持っておきたい焦点域のレンズです。

被写体として考えられるのは

大きな景色

星の撮影

水族館の撮影

古い建物、建物の室内などを考えていました。

広角を使うと、さらに超広角がほしいと思ってしまいます。

16ミリを使うと、せめて14ミリとも思ってきます。

なので、ニコンの14-30F4は、とても魅力を感じました。

この焦点域をカバーするためにも、ニコンZかなあとも思いました。

とはいっても、広角ズームは必要と思っても、

私は、実際にはそんなに使う機会がありません。

使えるほどの、大自然を、いつも見に行けるほど、出かけられないからです。

とはいえ、そういう時のためにも、広角ズームは持っておく必要があると思っています

ニコンは、14-30F4と、14-24F2.8の2本をラインナップしています。

価格は別として、

どちらも魅力です。

14-30は、30まである。

24-70とのつながりを考えると、ある程度かぶった方が使いやすいかなあと思います。

また、フィルターが付けられる。

解像する。

逆光耐性も強いだろうと思います。

そうしているうちに、今度は、この14-24F2.8です。

F2.8としては、これまでになく、軽くて、小型です。

しかも、私の気にしていた、フィルターをつけられるという条件もクリアしています。

フィルターが付けられないと、レンズ面を汚してしまう、傷をつけそうと心配で、

私の性格では、使えませんでした。

11-24とか、8-15とか、14F2.8とか出目金レンズを購入、使用していましたが、

それが気になって、持ち出せませんでした。

なので、14-24F2.8でもフィルターをつけられるようになったのは、

大きなポイントでした。

私にとっては、ようやく使えるレンズとして所有し続けるレンズの対象となりました。

F4とF2.8を比較すれば、価格差が、かなりあるのですから、

F2.8のほうが、逆光耐性も、写りも当然良くなっているだろうと思います。

写りを判別するほどの目はないかもしれませんが、

これ以上のレンズはないと考えれば、記録として残すという面で、F2.8のほうが安心して使えます。

広角域のレンズの購入を検討するなら

14-24F2.8の1本にするか、

旅行用の14-30F4と星撮り用の20F1.8の2本にするかという

選択の仕方もあるのかなあとも思います。

F4とF2.8の2本を一応所有していますが、価格、使う頻度も考え、

今、どちらを所有し続けるか思案中です。

以下、レンズの印象です。


【操作性】

 非常に使いやすい。

【表現力】

 素晴らしい。

【携帯性】

 大三元としては、他のメーカーのF2.8と比べて、軽くて、小さい。

【機能性】

 フィルターを付けられるようになったのは、素晴らしいと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった7人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

水とブルースさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
ビデオカメラ
0件
2件
もっと見る
満足度4
操作性5
表現力3
携帯性5
機能性4
機種不明
当機種
当機種

当機種
   

   

NIKONからSONYかCANONに移行を検討中です。
このレンズのおかげでNIKONはまだ手放していません。
いいのはレンズが飛び出ていない点。また軽い点。14mmレンズが使いやすい。
悪い点ではないのですが、どこもかしこも評価の高いレビューが多くて、
実際使ってみて、確かにいいけどこんなもんかなあという感想の点になってしまった点です。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sを一緒に購入してこっちのレンズが 評判を超える写りで印象が良すぎて、NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sが 普通な印象になっているのかもしれません。(言ってもズームですし)
あとは、ピントなのかなんなのか、3割くらいシャープに感じない写真になっています。
これは自分の使い方の問題かなと思っていますが、他のレンズで同じような感想はないので 気になっています。

シャキッとした高解像な写りというより、 ある程度の湿度感を含むレンズだという印象があります。
ただ、多くのレビューがシャキッとした高解像な写りという方面なので、
この印象であっているのかなと思っていて、これからも使っていきたいと思います。

----------------------------------------------------
普段は、ネイチャー、野鳥を中心の撮影しています。
参考動画 ↓
御岳山(東京都青梅市)5月の映像、写真です。 (作中部分部分で、NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sを使用)
https://youtu.be/AQoz3hPTT-M

かわいいフクロウの姿です。 (作中部分部分で、NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sを使用) https://youtu.be/bvf4WEpiqzw

----------------------------------------------------

主な被写体
風景

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MusicAndDanceさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
48件
レンズ
6件
37件
コンバージョンレンズ・アダプタ
2件
2件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5

本レンズは下記の決意の元,購入に踏み切った1本です。

ミラーレス全盛に入り,ほぼ全てのハイエンド機を所有してみました。その中で,ずば抜けて素晴らしいのがニコンZ6II/7IIのEVFです。まるで素通しで被写体と対峙している様。さすが光学の雄。このことから,今後はニコンZシステムを充実させていき,他のシステムは手放すことにしました。

ズシリと重くても構わないのに,まさかの約650g!ライバルのソニーFE 12-24mm F2.8 GMが約847g。約200gも軽量。センセーショナルを巻き起こしたAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが約970g。約320gも軽量に。前玉に両面非球面レンズを配したこと,巨大なZマウント径,ミラーレスによる短いフランジバックによる。

バヨネットフードが2種類付属。フード HB-97を使うことで,前玉の前に112mm径のネジ込み式フィルターを装着できる。こういった点は何もニコンがやらずとも,ノーブランド各社が用意しただろう。フロント/フードキャップもこのレンズ専用設計で用意した始末。ちょっとニコンらしい賢さを感じない。

それから同時別売のこれらフィルター
ニュートラルカラーNC 112mm :55,000円
円偏光フィルターII 112mm:86,790円

このレンズは買えても,こんなに高いフィルターは買わないと思う。

肝心の写りは,周辺部まで高い解像度を維持し,特に14mm端でのコントラストは高い。AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDでお墨付き。

最後に,大三元の一役を担う本レンズは,圧倒的に軽量。NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sは約805gなので,24-70mmもあと100gぐらい軽量化できたのではと感じる。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひしひしさんさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:519人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
218件
レンズ
23件
168件
デジタルカメラ
2件
8件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種千葉県・外房で撮影
当機種千葉県・外房で撮影
当機種群馬県で撮影

千葉県・外房で撮影

千葉県・外房で撮影

群馬県で撮影

当機種神奈川県・三浦半島で撮影
当機種千葉県・外房で撮影
当機種茨城県・大洗で撮影

神奈川県・三浦半島で撮影

千葉県・外房で撮影

茨城県・大洗で撮影

購入から約5ヶ月、星景撮影で 10回ほど使用したので再度レビューいたします(写真は全て星景写真に貼り替えます)。

このレンズ & Z7Uの組み合わせで撮った写真は、SIGMA Art14 & D850 で撮ったそれよりもクリアな印象を受けます。レンズも軽い&コンパクトなので、今のところ不満はありません(敢えてあげるとすると、前回もコメントした後玉フィルター用のテンプレートが付いていないことかなぁ)。

流星群の写真を撮るのであれば、Art14 の f1.8 という明るさは魅力的ですが、絞ってもサジタルコマフレアが解消されないことやあの重さを考えると手放したことは全く後悔していません。
星を星として(点として)撮るという意味ではこのレンズが一番だと感じています。
より広い構図で撮る必要があるときは SONY FE 12-24mm F2.8 GM に軍配が上がりますが、そのケースに該当することも稀なので、このレンズを持ち出す機会の方が多いですね。

なお、S-Line の 20mm f/1.8 も気になりますが、SONY から出るという噂のある 14mm f1.8( https://www.sonyalpharumors.com/rumor-is-this-the-new-sony-14mm-f-1-8-gm-lens/ )に対抗して Nikon が尖ったレンズを出してくれることを期待し、まだ手を出さずにおります ^_^;

さて、レンズ自体に不満はありませんが、ボディ側にはリクエストはあります。
SONY a7V、a7SVを一緒に使っているせいか、暗闇下での構図確認に役立つ「ブライトモニタリング」機能がとっても便利であり 是非 Zシリーズにも似たような機能を搭載して欲しいです。
このことをSONY機以外のユーザーに話すと「何枚か撮りながら構図を決めればいいじゃん」と言われますが、高い金額を支払って購入しているのだから、便利な機能を求めるのは当然のことだと思っています。

【おまけ】
バカでかいフード(HB-97)は相変わらず使っておらず、星景撮影では KANI の角形フィルターホルダー、Partial soft Focus Filter、LPRF(光害カットフィルター)の組み合わせを、風景撮影では
500PF で使用中の NDフィルター Kenko Professional Filter(95mm、ND8)に KANI のフィルターアタッチメントと組み合わせて使っています。
後者は簡単に取り外しが出来るのでかなり重宝しています。

〔KANIホルダー:Nikon Z 14-24mm f2.8 S Holder for 100mm〕
https://www.loca.design/product-page/nikon-z-14-24mm-f2-8-s-holder-for-100mm
〔KANI角形フィルター:Starry Sky set for 100mm〕
https://www.loca.design/product-page/starry-sky-set-for-100mm
〔KANIフィルターアタッチメント:95mm Extension ring〕
https://www.loca.design/product-page/95mm-extension-ring


以下、前回レビュー時のコメント
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
予約受付前に Yodobashi の店員さんから聞いた話ではフィルター径が110mm超というあり得ないサイズでしたので、SONYへの移行を始めていたこともあり、FE 12-24mm F2.8 GM を導入。
その後に導入した S-Line の 70-200mm f/2.8 S があまりにも素晴らしく、このレンズがだんだん気になってしまい、手を出してしまいました。

【SONY FE 12-24mm F2.8 GM との比較】
星景写真を撮るならば、四角の星がしっかりと星(点)として写る Nikon の当レンズの方が一歩リードしています。
一方で、建築物や風景の撮影においては 2mm の差は大きく、 SONY の方が使い易いと感じました。
なお、いずれのレンズも光源の位置を気にせず構図を決められる点が素晴らしく、今まで所有していた超広角レンズの中でピカイチです。

【星景撮影用レンズとしての SIGMA Art14 との比較】
以前、星景撮影用に SIGMA Art14 を使っていましたが、Art14 は1段、1.5段と絞ってもサジタルコマフレアは解消されなかったので、明るさでは負けるものの星を星として撮る意味において Nikon の当レンズの方が使い易いと感じました。

【前玉フィルターについて】
前玉に円形フィルターを付けられるのが一つの売りですが、フード HB-97 があまりにも馬鹿デカく、持っていく気になりません。NiSiから発売された Natural CPL を調達したものの、未だに使ったことはありません。

【後玉フィルターについて】
ポリエステルフィルターを付けられるようになったのはとても良いことだと思いますが、、、
他のメーカーは付属品としてフィルターテンプレートが同封されていますが、Nikon でこのレンズを企画した人たちはその必要性について気がつかなかったのでしょうね。この点は大きな不満点です。

【総評】
「神レンズ」と呼んでいる人もいるくらい、素晴らしい描写を楽しませてくれるオススメの一本だと思います。
それと、この軽さ、コンパクトさは武器ですね!

参考になった39人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

TAKAHIRO1030さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
7件
マザーボード
0件
5件
レンズ
1件
3件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
当機種f2.8と明るく夜の手持ち撮影もしやすい
当機種逆光に強い
 

f2.8と明るく夜の手持ち撮影もしやすい

逆光に強い

 

待ちに待ったZのF2.8超広角ズームレンズです。
Z6で使用しています。

◯写り、表現
非常によく解像します。風景写真では木の葉や、地面の砂など細かいところまで綺麗に表現してくれて、できた写真をズームした時にその解像度にうっとりします。
ボケもなめらかで綺麗です。これまではFマウントのサムヤンの超広角単焦点を使用していましたが、ボケに芯のある感じが好みではありませんでした。(でもコスパの良いレンズです)
歪みもなく、人工物の撮影もバッチリです。
逆光耐性も文句なしで、今のところ日光に向けた写真でゴーストが入ったことはありません。
写りに関しては大満足です。今後夜景や星景撮影でもガッツリ使っていきたいと思います。

◯携帯性
付属のフードは大きいですが、レンズ本体はコンパクトだと思います。前玉の出っ張りも抑えられており、レンズを傷つける心配も少しなくなります。

◯機能性、操作性
良いと思います。ディスプレイは便利です。
AFは無音で尚且つ早いです。

◯総評
紛うことなき神レンズです。ニコン純正Zマウントの大三元超広角レンズということで、やはり高価なものではありましたが購入して良かったです。これからも風景、夜景など愛用していきたいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

星乃介さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種
   

   

D3とAF-S 14-24の衝撃的デビューから
早くも13年が経過した。

当時、究極とされた14-24/2.8は
未だに一級品であることは間違いない。
しかし、当時と違うのは、安価な選択肢
サムヤンやシグマといったサードパーティに
差を詰められてしまったことであろう。

特にD3デビュー以降、星景写真が
デジタルカメラの高感度化で一気に
コモディティ化したことで、より
広角レンズへの要求、注目は高まった。

今見直すと、Fマウント14-24/2.8は
開放ですと四隅が甘い描写になる。
とはいえ、相当なレベルでまとまっている。
サジタルコマフレアも、かなり抑え込まれていた。だが、やはり今の基準だと物足りなさも残る。

今回のZマウントで14-24を確保。
とにかく軽い。扱いやすい。
出目金ではないので、気を遣わなくて良い。

そして開放から四隅までしっかり解像している。開放で無限遠撮影しても、バッチリだ。

リアフィルターホルダーもあり、またフードにフィルターのネジも切ってある。

これまた、非の打ち所がないレンズである。
星の撮影は、下弦の月となってから行う予定。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BoyagerProjectさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:281人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
三脚・一脚
5件
1件
動画編集ソフト
0件
5件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5

再生する

作例
Z6IIのタイムラプス機能で即席作成してみました。

機種不明リアにソフトフィルターを試用してみました。
機種不明リアソフトフィルターに加え,ハーフNDにて街灯を抑えてみました。
機種不明F10で雲海上の太陽の光条を! 逆光をもろともしませんでした。

リアにソフトフィルターを試用してみました。

リアソフトフィルターに加え,ハーフNDにて街灯を抑えてみました。

F10で雲海上の太陽の光条を! 逆光をもろともしませんでした。

機種不明150x100mm角形フィルターを使用するため,ハンドホルダーを活用してみました。
機種不明リアフィルターは紫外線吸収フィルターに指紋をべたべたつけて使ってみました。
 

150x100mm角形フィルターを使用するため,ハンドホルダーを活用してみました。

リアフィルターは紫外線吸収フィルターに指紋をべたべたつけて使ってみました。

 

かの神レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」(2007年発売)を横目で見ながら,D800を使い始めた2012年から,この神レンズのver2発売を待ち続けてきました。
ずいぶん待ちましたけれど,期待以上のものを手にできました。

○開放四隅でサジタルコマフレアがほとんどない,ぱっきり!
○軽い!
○かっこいい!
○保護フィルターと角形フィルターを簡単に使い分けられる。
 112mm保護フィルターはバヨネットフードにつけっぱなし。ワンタッチで取り替え可能。
○100mm幅 角形フィルターが使える!
 14mm風景写真では,CPLフィルターを使用すると色ムラが目立ちすぎるので,圧倒的にハーフNDを使いたいです。せっかく100mm幅でそろえてきたので,何とかそれを使い回したくて,4番目写真のように,ハンドフォルダーを利用して何とか使っていました。
 しかし,kaniフィルターから12月中旬に「Nikon Z 14-24mm f2.8 S Holder adapter for 100mm」が発売とのこと。こちらを利用すると,スマートに着脱使用できそうです。

 11月末現在,Z6IIのlightroom Raw現像ができない上に,まだ満足な写真は撮れていませんが,現時点での感動の報告としてレポートしました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tsukougeiさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:807人
  • ファン数:17人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
15件
312件
レンズ
14件
61件
自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性5
機能性5
当機種ほのかに変わる、もみじを撮ってみました
当機種近い場面でも撮りやすいです
当機種森の中で、真っすぐに立つ樹々を撮ってみました

ほのかに変わる、もみじを撮ってみました

近い場面でも撮りやすいです

森の中で、真っすぐに立つ樹々を撮ってみました

当機種Capture NX-Dで現像してみました
当機種福岡の夜景を撮ってみました
当機種夕景でも重宝します。

Capture NX-Dで現像してみました

福岡の夜景を撮ってみました

夕景でも重宝します。

購入して2回目のレビューなので、数枚の写真を更新します。

印象とすれば、F2.8の14oとしては、小さく軽いです。

AFが静かです。

HB-97でコッキンのフィルターを使いたかったのですが、フード部があたるので、少し加工しようと思います。

持ち出しやすそうなので、様々な場面でこれから良い相棒となりそうです!

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった37人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
ニコン

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

最安価格(税込):¥266,999発売日:2020年10月30日 価格.comの安さの理由は?

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sをお気に入り製品に追加する <274

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意