NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] レビュー・評価

2019年11月 2日 発売

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] 製品画像
最安価格(税込):

¥64,980

(前週比:-318円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,980¥93,749 (37店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥64,980 〜 ¥71,631 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の価格比較
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の店頭購入
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の純正オプション
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビュー
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のクチコミ
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の画像・動画
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のオークション

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]SONY

最安価格(税込):¥64,980 (前週比:-318円↓) 発売日:2019年11月 2日

  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の価格比較
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の店頭購入
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の純正オプション
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビュー
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のクチコミ
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]の画像・動画
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のオークション

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.08
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:38人 (プロ:2人 試用:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.51 4.37 11位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 4.66 4.36 7位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 2.69 3.90 24位
音質 音質のよさ 4.33 4.23 21位
操作性 操作性のよさ 3.76 3.77 17位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.16 3.37 13位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.90 3.57 12位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ2
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性3

 ZX300からの買い替えです。aupay祭りと,カセット表示のギミックにやられて買い替えを決意しました。結果,満足しています。既に沢山の方がレビューしていますので簡潔に…
【デザイン】
 ZX300からあまり変わらず,買い替えがバレずに済むという点でとてもいいです(笑)
【携帯性】
 この大きさでこの音質を実現しているのが◎。ただし次の項目がやはり…
【バッテリー】
 皆さんのおっしゃるとおり。いろいろ対策を講じても,うっかり主電源を切るのを忘れると,次に持ち出そうとするときに電池残量がなくて悲しい思いをすることがあります。ストリーミングを使用した際の電池の減り方は,かなりスリリングです。
【音質】
 ZX300から明らかに向上。特に3.5mmアンバランスの改善ぶりは目覚ましいです。とはいえ本領を発揮するのは4.4バランス端子の方です。DSEE HXはとてもいい働きをしてくれます。CD相当以下のときにはONに,ハイレゾ再生時はOFFにしています。上位機種とは比べていませんが,この価格でこれだけ本格的な音を出してくれたら満足です。
 操作時や曲間のポップノイズは我慢できない程ではないものの,目立ちます。公式に説明があってもいいのではと思います。
【操作性】
 個人的にandroidに慣れていないので地味にイラッとすることが多いのは仕方ないとして,Macとの相性の悪さが使い勝手を損ねています。Android File Transferは使い勝手が今ひとつ。ZX300ではマスストレージに対応していてFinder上で操作できていたので,明らかに退化しています。
 SDカードスロットは慣れの問題ですが,ZX300の方が手間いらず(トレイなし)でした。 
【付属ソフト】
 mora qualitasとyoutube,自分の場合はこれにapple musicを加え,世界中のあらゆる音楽にアクセスできます。すごい時代になりました。ただし,SONYとして「mora qualitas」をどうしたいのか,というところで疑問がないわけではありません。そもそもこの機種が出た際,公式HPではspotifyを推していました。また,いまだにSONY自身からmora qualitasに対応するネットワークプレイヤーが発売されていません。ウォークマンに話を戻すと,本来ならZX300やWM1A,WM1Zでも,PC等経由でmora qualitasからダウンロードした音源を再生する機能をアップデートで装備するくらいのフォローがあってもいいのではないかと思います。私はmora qualitasの立ち上げ時からのユーザーですが,もっとSONYグループ全体で盛り上げてほしいです。
【その他】
 カセット表示は楽しいので,テープの残量表示をリアルにするとか,ぜひ発展的に進化してほしいです。バイナルプロセッサーはとても面白いアプローチですが,SONYといったらカセットデッキの実績が大きいはずなので,ぜひカセットごとの音質の違いをシミュレーションする機能を搭載してほしいです。他のメーカーにも開放して,例えば「TDKのADっぽい爽やかな音」を再現して,それをユーザーが曲ごとに選べるとか…と妄想しています。
 それと,せっかくの「ウォークマン」ブランドで膨大なレガシーがあるのですから,歴代のカセットウォークマンのデザイン自体を画面上にシミュレーションしてくれたらいいのにと思います。2代目ウォークマンやDDのデザインならそのまま画面上で操作もできそうですし。もっとウォークマン世代の「元若者」を熱くさせるような遊び心や趣味性を打ち出してほしいです。それも「SONY」を選ぶ立派な理由になると思います。
【総評】
 このクラスのDAPを選ぶ際,最初からウォークマン一択,という方も少なくないと思いますが,その期待を裏切らない出来と言えます。評判が良いがゆえに期待も大きく,次のモデルチェンジは大変ではないかと思います。今より更に音質を向上させて,もう少し本体が大きくなってもいいからバッテリーを強化して,ストリーミングできる便利さはそのままに…って,これではもうそのまんま1Aや1Zの後継機です。うまいタイミングで発売されたら正直,「ウォークマンに10万超えなんて…」と思っていた自分も買い替えに走ってしまうかもしれません。これからもSONYに期待しています!

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

2年未満のオーディオ初心者さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
72件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
37件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
0件
6件
もっと見る
満足度1
デザイン5
携帯性5
バッテリ2
音質2
操作性1
付属ソフト2
拡張性1

1Aユーザーから見た4ヶ月近く使っての結論を追記します。
2ヶ月半使用した感想は下記本文参照してください。

結論
1.プレイヤーとして価値無し
2.OS面もアプリを正常に機能出来ず残念

プレイヤーとして使うなら、本体の粗を目立たせないリスニング系演出派イヤホンの使用が向いてるかと
生憎その手の機種を持ち合わせていないが、手持ちのier-m9とier-m7ではm7の方がまだ聴ける
精確に余すところなく描写する機種より、漏れ有っても勢いで乗り切るタイプ向き
打楽器等にはまるで向いておらず、敢えて507でどうしても聴くならストリングス向き

直挿しではier-m9とm7で聴く気が起きない音質ですので、私は1Aをbluetoothレシーバーにして507の音源をLDAC接続で飛ばすサーバーとして使う事としました。
基本的にCD購入してリッピング・1Aに取り込みして聴くのですが、購入出来ない廃盤や1桁2桁高騰してプレミア価格になったアルバムをAmazon HD使って聴く為に507を残しています。
プレイヤーとしては使わない・使えないので勿体ない使い方ですね。507である必要有りません。CD入手出来るなら手放してます。

Android搭載dapとして国産最上位の507ですが、音質は中華・韓国に大きく劣る様です。
私は中華・韓国製ではOS面で不安を感じた為にsonyを選びました。
しかしながらOS面でも問題が目立ち始めました。
たとえばAmazon HD
オンライン・オフラインを切替えてもタブが誤表示はまだ良い方
マイミュージックから削除を押しても削除出来ないアーティストが複数出て来ました。
Amazon HDはスマホ2台タブレット2台PC1台と507にインストールしていますが、誤表示や削除出来ない不具合が出るのは507だけです。ちなみに空き容量は充分で、本体使用23%の14GB/64GB  カードも153/253と余裕ある状態です。
マイミュージック削除を他の機種で行い、507のマイミュージック更新を掛けても削除が出来ていません。完全に507の不具合です。
アプリが正常に作動しないのはAmazon HDだけでありません。他もタブレットでは正常作動するが507では作動しない不具合が起きています。タブレットは決して上等な製品でなくAmazonタブレットですが、507で起きる不具合は現れていません。

sonyに対する信頼は無くなりました。
音質とコスパが上でも、不安があった中華・韓国製を選ばなかった事を後悔し始めた4ヶ月目のレビューを以上で終わります。

以下本文

通勤時間(片道1時間)2ヶ月半使用しての感想です。
通勤に使う前に事前に家で250時間のエージングを行っています。
2年前に300を購入
その2ヶ月後に1Aを購入してWALKMANとして507は3台目です。
出口はier-M9に4.4mmキンバー接続、イヤピはeイヤのカスタムです。

購入きっかけはAmazon HDダウンコンバート回避とキャッシュバックキャンペーンを知り、以前からレビューで1Aに遜色ないとか肩を並べるとか、近付いたとか書かれてあり1Aの8割ぐらいの音質を当機に期待して買いました。

比較対象は通勤時間に2年弱聴いてきた1Aです。
300は1Aを購入してからは使わず予備としていましたが、507購入後に手放しました。
他に自宅では据え置き環境にてAmazon HDやiTunes、ダウンロードしたハイレゾをミュージックセンターで聴いています。

結果はタイトル通り残念な音質でした。
一言で言えばラジオかテレビ音声を聴いてる様で、ただ鳴ってるだけ
カーオーディオで例えるならパワーアンプ経由の鳴り方が1A、パワーアンプ未設置が507の鳴り方ににています。

明瞭でなく平坦な音質が気になり楽曲が楽しめませんでした。
それも好きなアルバムを嫌いになりそうなぐらいに
音色、温度、響き、アタック、濃度、定位、解像度など全てにおいて明瞭さの無い曖昧な音
音場もただ左右に曖昧に展開しているだけの奥行きの無い平べったい鳴り方
本当にラジオを聴いてるみたいです。

騒音著しい昨今のコロナ対応・窓開け走行の地下鉄通勤で聴いてさえ、1Aとの大きく明確な差を感じます。

そもそもメーカーも1Aの半分程度として開発・販売したのでしょう
1Aが100点なら300は30点、507は50点
製品名には、そんな意味合いが有ったと思います。

そこをレビューを信用して過大な期待をした私が悪かったのだと反省しています。

たしかに30点から50点に上がったのですから507は300より1Aに近付いた とは言えます。
しかし507と命名してあるのに70点や80点を期待して買ったのですから責任は己にあるという事でしょう

よって1Aユーザーにとっては合格点に遠く及ばない50点程度(かなり甘い採点ですが)の音質
bluetooth接続で充分な鳴り方ですので、リモコンが使えない不自由さを取り戻す為にもワイヤレスイヤホン・ヘッドフォンを接続してヘッドフォン側で音量や再生・停止、曲の送り戻しを操作する事をオススメ致します。
私はコレを買い足す予定です。

Shanling ネックバンドタイプのBluetoothアダプター「MW200」

507の為に高価なケーブルやイヤホンを買い足す必要は無いので、他に回した方が得策だと思います。

蛇足になりますが、アマゾンアプリに音質の悪さの原因があるのかとmora qulitasやw.ミュージックでも確認しました。
結果多少の差異しかなく、アマゾンアプリ由来の曖昧さ不明瞭さ、平べったさでは無さそうです。

更に悲しい結果として

アマゾンタブレットの端末性能
16bit/48kHzからのデジタル出力、DACとヘッドフォンアンプに接続で聴くAmazon HDと

507の端末性能
24bit/192kHzで聴くAmazon HDでは
前者が圧倒的に上でした。

ビット深度やサンプリングレートが上にも拘わらずAmazonタブレットに音質で負けるDAP
もちろんDACやアンプが異なるといってしまえばそれまでですが、一応WALKMANとしてAndroid対応最上位機種なので多少は満足出来る鳴り方をして欲しい思います。

この先ソニーには900,或いは1A+といった本当に1Aと肩を並べるAndroid対応DAPの開発を強く期待したいと思います。

ジャンル
ロック

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nkym1016さん

  • レビュー投稿数:124件
  • 累計支持数:456人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
25件
30件
イヤホン・ヘッドホン
13件
31件
ノートパソコン
4件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

【デザイン】
WALKMANらしいかっこいいデザイン。
【携帯性】
持ち運びはしないが、苦にならなそう。
【バッテリ】
悪いのは知っているが、使ってみるとそんなに悪くは無い。
最も、スマートフォンのような電池持ちを期待してはいけない。
【音質】
NICEHCK NX7 + NICEHCK C16-2 4.4mmケーブル
アイマスのハイレゾ音源・CD音源をよく聞く。
兎に角低音の厚さが物凄い。
塊でアタックしてくる。
中高音も程よく出ていて、ハイレゾイヤホンでないはずなのにハイレゾ感が凄い。
【操作性】
動作はたまにカクツクが、スマートフォン感覚を求めなければOK。
【付属ソフト】

【拡張性】
Type-Cはとても良い。
【総評】
ヤフオクで64800→クーポン適用61300円→マイナポイント適用56300円で新品で購入。
fiio m11 proと迷ったが、予算83000円だったのでZX507とバランスケーブルを買うことにしたが、大正解。

ジャンル
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pexhangさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
携帯性3
バッテリ1
音質2
操作性2
付属ソフト無評価
拡張性無評価

デザインは主張も激しくなく、気に入っています。携帯性もまずまず。

バッテリーは話になりません。
4コアとも待機時でも1.2ghzと高クロック維持で、これではバッテリーが持たなくて当たり前です。その上性能も低くて最悪と言っていいでしょう。

音質に関しては、エージング済み・ONKYO E900M(バランスリケーブル)にて。
音場のバラバラ感が凄いです。
分離どうこうではなく、音のまとまりがありません。
低音は輪郭がハッキリせず不透明、高音はSONYらしいというか伸びがない。
そしてボーカル域には透明感がない。
ONKYOのこのイヤホンは、中高音域が得意で、低音の量感こそ控えめながら輪郭はハッキリするはずなのに...
とても税込7万払う価値はありません。
iPhoneに1万程度のDACつけた方が遥かにマシです。

操作性は最悪の一言。
これは画面の小ささとAndroidを軽快に処理できるCPUパワーがないことです。
また、物理ボタンも配置が悪い。
なぜ音量の下に早送り巻き戻しなのか。
そして早送りと巻き戻しの間に再生/停止ボタンを入れるのはやめてほしい。
手探りでパッと操作できません。
そしてUSBの位置。なぜ左側....

とにかく総じて金額に対して性能が低すぎます。買うのは控えた方がいいでしょう。

拡張性と付属ソフトはAndroid端末なので無評価とします。

ジャンル
ジャズ
ロック

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタルinさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
15件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
13件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
もっと見る
満足度3
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質3
操作性無評価
付属ソフト無評価
拡張性無評価

WM1Aを利用しており、レビューを見てみると案外差が小さいような気がした
ので、許容できる範囲の差であればと思いハイレゾストリーミング目当てで購入してみました。
実は購入前に量販店で視聴して微妙だったのですが、
こういう物はある程度使ってみないとわからないので期待して買っちゃいました。
が、やはり明確に違うように感じたので、自分のような人のために書きます。
<WM1Aとの差>
分離・・・2〜3ランク下がります。音場も狭い。
音の密度・・・はっきりWM1Aより劣ると感じました。
低音・・・これが一番差が大きいように感じました。
低音の輪郭がぼやぼやです
<総評>
音一つ一つのパワーと分離感を高いレベルで両立させている
WM1Aとはどちらも明らかに劣る音質です。
BTイヤホンの代わりに使おうかなと思いましたが、得られる音と使うときの不便を比べて置き換えるほどのものではないというのが個人的な結論です。

中身の基板の画像を見れば投入されている物量や
設計のこだわりが違うのは明らかで、
そこから音が違うことは冷静になればわかることですが、
レビュー等を見て期待していた部分もあったので残念です。

少々辛口になりましたが、基準をWM1Aとしたときの話です。
環境・個人差等あるのですべての場合において当てはまるわけでは無いと思いますので
ご注意ください。
<2020/08/23>
表現を一部改めました。
<2020/08/24>
比較環境を書き忘れていたので書きます。
・イヤホン
SONY XBA-H3
SONY IER-M9
H3クラスのイヤホンでもはっきりわかるレベルの差です。
・再生環境
純正アプリ、ストリーミングアプリどちらも試しましたが
機種間の差に比べれば微々たるものでした。

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Brasil_Vagabondさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質4
操作性3
付属ソフト3
拡張性3

基本的にクラシック、それも、器楽曲ではなくオーケストラなどの合奏曲をコンサートホールと同じように再生したいという気持ちから、DAPの世界へと足を踏み込んでいますので、非常に厳しめの評価になっています。他のジャンルの曲を気軽に良い音で聴きたいということであれば、それは十分な評価になると思います。他のジャンルを低く見るつもりは毛頭ありませんが、クラシックのオーケストラ曲は、ダイナミックレンジが広大で、なかなか自宅のオーディオ装置で忠実に再生することは難しいと思うからです。

【デザイン】
デザインに不満はありませんが、YOUTUBEなどのストリーミングの再生には、コンパクトさと反比例し、画面、画素数が小さく、ちょっと見にくいと感じることがあります。音楽プレイヤーなのだから、文句をつけるところではないですかね。

【携帯性】
FiiO M15(約310G)と比べると、本機は164Gで、断然持ち運び向きです。Astell&Kern AK-SR25(約180G)よりも若干軽いです。この軽さなら、スマホと一緒に持ち運んでも大丈夫です。FiiOはちょっと据え置きタイプな感じです。純正のケースを検討しましたが、純正はかなり高いので、安いポリウレタン製のソフトカバーとガラス保護フィルムを貼っています。これだけで、安心感が出ます。

【バッテリ】
さほど、使い込んでいないのですが、半日使っても7割程度バッテリーは残っているようです。おそらく使い方次第で消耗度合いは違うのではないでしょうか。ネットでは、「ハイレゾストリーミング」をONにすると、消耗が激しいという記述がありました。

【音質】
 音質をガチで比較すると、秋葉原のE-イヤホンという専門店で試聴(2020年7月)した、値段が、2倍お高いFiiO M15はやはりいいです。さらに上品で自然な音がします。
 Astell&Kern AK-SR25も本機と同レベルの音がしますが、YOUTUBEはインストール出来ないとのことで、対象から除外しました。このことは、Astell&Kernのホームページにも記載があります。
 本機も悪くないのですが、FiiO M15と比べると値段相応という感じはします。また、イヤホンには同じくソニーのIER−M7をバランス接続で使っています。とても相性はいいようで、CD音質、ハイレゾ、録音時代の違いなどが如実に感じられます。バランス接続で使うと、より音質が良いのがはっきりと分かります。アンバランス接続では、足元がふらっとする印象があります。
 また、エージングをする前と後では全然違います。バランス、アンバランスごとに200時間エージングするように書かれていますが、性能を発揮するには必須です。

【操作性】【付属ソフト】【拡張性】
 主体は、512GBのSDXCカードにFLACの音楽ファイルを入れて聞いています。また、YOUTUBEやAMAZON MUSICなどのストリーミング再生にも使い、なかなか重宝します。
 ソフト関係が問題です。日本製はソフトがちゃちですね。ソニーのソフト(Wミュージック、Music Center for PC)を使っていますが、それほど良いとは思いません。Music Center for PC は、長時間立ち上げていますといつの間にか終了しています。(ホームページも宣伝ばかりで実がないし、moraもインターフェースがすごく悪くて使いにくく、何年経っても改善されません。)OSがAndoroidなので、他のアプリで使おうと考えています。
 自動車でカーナビと接続しようとするとBluetooth接続しかできません。本機は、DAC機能がないことと関連するのかも知れませんが、スマホの場合、Android Auto / Apple Car playというアプリを入れると、USB接続ができるのですが、説明書には「カメラや電話などの機能を必要とするアプリ(Android Autoなど)はインストールできない」と堂々と書かれていて、カメラや電話の機能を省いて使えるようにしてくれと言いたくなります。「Bluetoothは品質落ちるやろ、オマエ、音楽プレイヤーやろ」と言いたくなります。
 こうしてみると、DAPは、機能だけを考えると、限りなくスマホから電話とカメラ機能を省いただけだと思います。

【総評】
オーケストラを、スピーカーより良い音で聴きたいという願いは、本機とバランス接続のイヤホンにより叶えられたと思います。やはり、DSDのハイレゾはCDの音質に比べると大きな違いががあり、良い音で聴くにはソースを選ぶということになります。CDに録音された交響曲ではやはり、厳しいものがある、しかし、ハイレゾであれば微かな音で始まり、轟音になる交響曲でも、どんな楽器がどこで鳴っているのかわかります。
もちろん、部屋のスピーカーで交響曲などをコンサートホールのように聴ければ一番良いのですが、これは難しい。しかし、ヘッドホン、イヤホンを使えば、手軽に実現できる。鼓膜に近いカナル型イヤホンを使えば、安いコストで実現可能だと思います。これから、食わず嫌いだった交響曲、それもマーラーやラフマニノフなどの大曲をじっくり聴いてみたいと思います。以下のブログにも関連したことを書いていますので見ていただければ、うれしいです。
https://brasileiro365.com/2020/08/08/%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3-nw-zx507-%e3%81%a7%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%be%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/

以上

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kobamiさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:234人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
19件
タブレットPC
3件
11件
イヤホン・ヘッドホン
6件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性5
付属ソフト5
拡張性5

文句なし。

発売日1日前にソニーストアから到着して早9ヶ月。
手放さず、ファームアップ待った甲斐がありました。
安定感、音質、エフェクト、重量、質感、ボタン操作、どれをとっても現状、倍の価値になった感あり。

ハイレゾストリーミング再生に購入したiBassoどうしよう。。。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あしはやじじさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:257人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
27件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
1件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト5
拡張性4

いつもの通り、こちらに動画をアップしています。
https://youtu.be/JqFz8vd92BQ

バランス接続ケーブルを使って聞いてみたレビュー動画はこちらです。
https://youtu.be/Ok_PPEMItxU

キャンペーンを組み合わせて実質62000円弱で購入しました。
SONY 8000円キャッシュバックキャンペーンはあと1週間で終了です。
SONYさんの回し者ではないですが。。。ただのファンです。

【デザイン】
すっきりして手で持ちやすい形状で良いと思います

【携帯性】
DAP中級機の中では軽い方ではないでしょうか

【バッテリ】
Androidなので、1日持ちません。
また、待機中の消費量も大きいです。
でも、Android搭載のDAPだとこのくらいだと割り切ってます

【音質】
MMCXのバランス接続ケーブルを別途購入して、初めて聞いてみました。
SONYの商品ページの絵の通り、楽器の広がりと分離している感じがわかります。
アンバランスでは味わえなかった音質を初めて体験しました。
これまでワイヤレス専門だったため、やはりケーブルは煩わしいです。
仕方ないかなぁ。

【操作性】
Androidなので、別に不自由ないです。

【付属ソフト】
Wミュージックアプリのカセット表示は良いのですが、A100シリーズのサイズ感でないと昔のウォークマンみたいに見えないです。
あと、ブラウザとかYoutubeアプリはもっさり動いて、おまけ程度かな。
普段はスマホやタブレットで見るので必要ないです。
音質設定は細かく設定できていいです。(でも、専らすべてOFFのダイレクトONで聞いてますが)
Google PlayでAmazon Musicをインストールして、Amazon Music HDを30日間無料として使って聞いています。これも初めてのストリーミングでハイレゾ体験。
めちゃくちゃ音質が良いので、ずーっと聞いてられます。
ただし、ダウンロードしていないと、音質は通信状態によって途切れたり、標準音質に戻ったりします。

【拡張性】
何を評価すればいいのかわかりませんが
アクセサリは保護ケースは保護フィルムも1000円以下のやつが入手できます。
あと、100均の電子タバコ入れあたりが使えそう。
microSDカードは128GBも使えそうです。
Bluetooth5.0、Wi-Fi、USB Type-Cって答えればいいのでしょうかね?

【総評】
バッテリーがネックです。
Android OSを起動してWi-Fi ON状態で一日放っておくと、10%とかになったりします。
電源OFFでも少しずつ放電しているので、この辺りを改善してほしい。
それ以外は、DAPとしては大満足です。

ジャンル
R&B
ロック
その他

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ntelさん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:361人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

Nintendo Switch ソフト
10件
0件
マザーボード
0件
7件
タブレットPC
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ3
音質5
操作性5
付属ソフト5
拡張性5

ハイレゾを高音質で聞きたく購入しました。
同時にヘッドホンもMDR-1AM2を購入して、4.4mmバランスで聞いてます。

最初の素直な感想は、スマフォ+WH-1000XM3と、そんなに音質の違いを感じませんでした。
特に4.4mmバランスは「解らない」が本音です。

しかし、音楽専用機で聞くと、若干クリアな気がします。
また、エージングが進むにつれて差が出てきた気がします。

Androidは賛否両論でしょうが、僕は良かったと思います。
正直、いちいちパソコンにつなげたりするのは面倒です。

ウオークマンで直接曲を買ってすぐ聞ける・・・断然便利です。

バッテリーは意外と気になりません。
使う人の使い方次第だと思います。

僕の場合は、家で1日2〜3時間聞くだけですから、バッテリーに困った事はありません。
外でガンガン使う人は厳しいかもしれませんが・・・

まとめると、

・音質はエージングが進むと○
・Androidは○
・バッテリーは△
・4.4mmバランスは「僕は解らない」

です。

ジャンル
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

消える魔球さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
7件
イヤホン・ヘッドホン
2件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト3
拡張性4

NW-ZX1を使用していましたが、故障し、ワイヤレス対応に不満もあったので、この機種を入手しました。

【デザイン】程よい手触り、大きさ。手に馴染む感じが個人的には好きです。丸みを帯びているのと、スイッチ類が大きいのも助かります。私はシンプルで好きです。

【携帯性】ケース次第と思いますが、シャツの胸ポケットに入れるものでは無いと思います。外出の際はワイヤレスで使用することが多いでしょうから、鞄の中に入れて携帯してます。鞄にいれず携帯と一緒にパンツのポケットに入れると少々重さが気になります。なお、純正ケースも武蔵野も高いので、私はAmazonでクリアソフトケース(ガラスフィルム付属)を購入し、100均で買った布ケースに収納していますが、これで十分です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07ZLSYRRY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
なお、外出中は主として携帯からのテザリングでAmazonHDを聴いていますが、携帯の通信量もそれほど消費しないのでストリーミングの虜になっています。

【バッテリ】持ちが悪いとの評判ですが、私の1日の視聴時間からすれば十分持ちます。ただ、旅行等で連続使用すると確かに厳しいと思います。

【音質】一聴しただけで、NW-ZX1とは次元が違いました。音が良くなるというのは、私が思うには
☆音のヴェールが取れて鮮明になる。
☆聞こえなかった音が聞こえるようになる。
☆各楽器の音がリアルになったり、音に芯が聞こえるようになる。
☆高音、低音双方にレンジが広がる。
☆分解能が上がり、各々が明確に聞き取れるようになる。
等々を指すと思いますが、私の場合今回全てに合致しました。
特に分解能が上がったのと、各楽器の音がリアルになったのがとても良かったです。

視聴には有線でHD598。ワイヤレスでWF-1000XM3とNUARL NT01AXを利用しています。
まだ、エージングが終わっていないので終了後が楽しみです。

【操作性】Android 端末なのでその辺りが評価の分かれ目ではないでしょうか。私はiMacを使用していますが、Mac環境ではMusicCenter for PCもContent Transfer も作動せず、挙げ句の果てにはiMacと接続してもMacがNW-ZX507本体を認識しません。ソニーのサポートにあるようにMacにAndroid File Transfer をインストールして、このソフト経由でないと転送もできません。
また、Google playでは曲順がグチャグチャになるので、結局ライブラリから直接使用することになります。ということでMac使いの方のストレスを増進すること間違いなし。もう少し、こちら側に来てくれても良いのに。
加えてネット上にも「NW-ZX507をMac環境で使い倒す」みたいなサイトはございませんので手探りです。

一方、ストリーミング はAmazon HDもSpotifyもジャケ表示が綺麗で、使用感に問題はありません。もちろんAmazonで作成した従来のプレイリストはそのまま使えます。ただし、このNW-ZX507上でプレイリストを作成しようと思うと画面が小さい分少々手間取るので、AmazonのプレイリストはPCで作成した方が良いと思います。排他モードはまだAndroid端末には実装されていないようです。

【付属ソフト】Android端末なので、私からみたら不要なソフトもあるものの、Mac環境から整理する方法がわからず。ご存知の方がいたら助けてください。現在良い再生ソフトはないものか捜索中。こちらもご存知の方、おられたらご教示くださいませ。

【拡張性】WAVをAudioGateで192kHzにアップサンプリングして転送しているので、内臓の64GBはすぐ満杯になってしまいます。ソニーの64GB microSDカード使うか、1TBの他社SDにチャレンジするかも思案中。

【総評】デジタルガジェットはやはり進歩するんだなぁ、音というのはまだまだ良くなるんだなぁ、ということを実感しました。特にヴァージョンアップでハイレゾストリーミング対応してくれたので音源に関しては無限と言っても良いですね。スマホの通信量をそれほど食わないのも嬉しい誤算。ストリーミング音源を聴くならこの機種です。一方スマホもPCもApple派としては、Android端末に戸惑うことばかり。もう少し「for Mac」を充実させてほしいというのが正直なところです。

他の高級なDAPならば、もっと素晴らしい音がするのかもしれませんが、私は現在このZX507があれば十分。ストリーミングで色々な音楽を聴くことができる楽しみが増えました。従来音源も良い音でリフレッシュしてくれるので、有難い限りです。入手して良かった。これでバランス型のヘッドフォンを入手したらもっと凄いんだろうな。やっぱりウォークマンっていいな^^

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

PC−9801BX2さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
11件
イヤホン・ヘッドホン
11件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

ANIUTAというストリーミング配信を聞くためAndroidDAPでないといけないのと動作の安定性が欲しいのででこの機種を購入しました。
現在使っているイヤホンはwestoneのW80にFiioのLC-4.4B FIO-LC44をつけて使っています。
ヘッドフォンはP9 SignatureとATH-WP900をバランス接続で使っています。
この機種を購入後2万円ほどで買ったZEN DACに音は負けているなと思いますが、出先で聞ける音としては満足しています。
mora qualitasのハイレゾにも対応し、ダウンロードすればオフラインでも聞くことができるので非常に重宝しています。

ジャンル
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

K_63104さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
22件
レンズ
0件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト3
拡張性4

2020.5.28 アップデートによる追記
--------------
2019.11.28 アップデートによる追記
--------------

パイオニアのXDP-300RにMDR-1AM2でバランス接続をしていました。
この組み合わせでも十分に満足していたのですが、やっぱりソニー謹製DAPは気になっており、
今回ZX507を購入しました。
エージングはおよそ200時間終了。
主にXDP-300Rとの比較

【音】
音の輪郭がハッキリし、分離が進み、音場は広い印象です。
音の響きは豊潤で弦の揺れやバスドラムの余韻などが感じられます。
低音側が若干強調されていますが、煩わしさはなくリッチな音響の味付けとなっています。
(※DSEE-HXなどの音響設定はせず、ソースダイレクトでの感想です。)

ZX507の後にXDP-300Rで聴くと「こんなにドンシャリだったんだ・・・」と思いました。
エージングも終了し、当初に比べて音の響きが柔らかくなってきました。しっかりと分離されていますが、そのエッジが耳に刺さるような印象がなくなりました。

【筐体】
XDP-300Rよりもスリムで小さいです。重さはあまり変わらない印象です。
ただ、そのせいでやはり液晶サイズは小ささを感じます。
角がとれて丸みのあるスタイルなので、手に持った時に手になじむ感じがいいです。
スーツの内ポケットやワイシャツの胸ポケットに入れてもアタリなどは気にしなくて済みそうです。
シルバーを購入しましたが、落ち着いたたたずまいはさすがSONYという感じです。

【UI・操作性】
UI自体はそんなに奇抜ではなくマニュアルを見なくても一通りは迷わず操作できます。
ただ液晶が小さく必要な情報がギュッと詰め込まれている感じがして画面が窮屈です。
XDP-300Rの画面の大きさが懐かしいですが、筐体のコンパクトさによるトレードオフなのでこれは仕方ないですね。

操作でここがいただけないな・・・と思う点
(1) プレイリストがZX507本体では作れない (※ZX300ではできたようなのにナゼ・・・)
→2020.5.28のアップデートでブックマーク機能が強化(999個まで作成、名称変更可)され、これで私の求めていたプレイリストの代替ができますので満足です。

(2) データベースの更新に時間が掛かる。XDP-300Rではバックグラウンドで更新できたのに
XZ507では更新中はその他の操作ができない。

(3) 曲を流して液晶を消した状態(いわゆるスリープ状態)から画面を復帰させたときに
表示のリフレッシュが行われず、スリープしたときに表示のままとなることが多い。
-->2019.11.28のアップデートで解消されました。※リフレッシュに若干のもたつきはありますが…

(4) ハードウェアでの音量調整がボタンなのは面倒。XDP-300Rのダイヤルの方が楽だった。

○そのほか、「次のキューに追加」などができませんが、このあたりの操作性については、アンドロイドウォークマンなので、好みのプレイヤーを入れて、聴き方のスタイルに合せて再生アプリを変えています。

【まとめ】
XDP-300Rから買い替えてどれだけ満足できるのか?これに悩みZX300は見送りました。
今回のZX500はZX300からの音質向上も見られるとのことで思い切って購入しましたが、
音楽を聴いていて「音がいいなぁ」と曲に浸れることが多く、結果はとても満足しています。

ジャンル
ロック

参考になった16人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RIZZI2000さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
4件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ1
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価

-----2020年5月29日 更新-----
昨日のソフトウェアアップデートでようやくamazon music HDやmora qualitasのハイレゾ再生に対応してくれました。
最大192kHz/32bitのハイレゾストリーミング対応。
このアップデートでグンと魅力が上がりコストパフォーマンスが良い製品になったと思います。
バッテリーの持ちはさらに悪くなりますが音楽の楽しみ方は増えました。
これでandroidを採用したメリットが大きくなり、ZX300との差別化が出来たのではないでしょうか。

今後も良いアップデートを期待しています。
-----2020年3月27日 更新-----

発売日より使用していますが、最新のアップデートを適用しても不具合があるため評価を下げました。

・W.ミュージックで再生中に突然電源が落ちる

・Bluetoothイヤホンとの接続が不安定で、ペアリング情報が消えることがある。

・WiFiなどをoffにせずにハイレゾ再生していると6時間程度しかバッテリーがもたない。

尚、SONYに点検に出したところ、これで【正常】とのご回答を頂きました。

音は良いのに残念です。
--------------------------------------------



-----3.5mmアンバランスについてレビュー追加、改版しました----

ZX300からの買い替えです。
メーカー公式アナウンスで200時間のエージングで本来の性能が出るという点はZX300と一緒ですね。
バランス端子側は200時間を超えました。現在はアンバランス側のエージング中です。

イヤホンは
バランス側- beyerdynamic XELENTO REMOTE
ケーブル- final 4.4mmシルバーコート

アンバランス側- final MAKE1(デフォルトチューニング)

【デザイン】
大きさ、パッと見た印象はZX300と同等です。
【携帯性】
持ち運びが苦になる事は無いと思います。
【バッテリ】
android OSになったのでZX300より減り方は早いです。
ただし、w.ミュージックアプリで音楽再生だけでしたら10時間以上連続再生できました。
スマートフォンと同様に画面を開く頻度が高かったり他のアプリを使えば電池持ちが悪くなるのは仕方ない事かと。

【音質】
ざっくり言うとZX300よりクリアになり、音に立体感を感じます。
ZX300はウォームな音、悪く言えば一音一音が曖昧なところがありましたが低音域のフォーカスがしっかりして締まりのある音になりました。
その恩恵でボーカルが低域に埋もれず生き生きとして心地よいです。
それらの特徴をうまくまとめ、良いチューニングがされていると思います。

驚いたのが3.5mmのアンバランス側の音質です。
ZX300はバランス接続とアンバランス接続の差がとても大きくバランス専用機のようでしたが、ZX507のアンバランスは音の重心が下がり芯が通った音になりクリアさも増しました。
もちろんバランス接続の方が音場の広さ、ボーカルの艶、低音域の締まりで勝りますが、アンバランスとの音質差はこのZX507は小さくなりました。

イヤホンによってはアンバランスの方が聴き疲れしないかもしれません。final make1はアンバランスとの相性がとても良いです。

ヨドバシカメラなどでイヤホンの試聴をする場合、試聴機はほとんど3.5mmなのでイヤホン選びの際に役立ちそうです。

DSEE HXはZX300に比べかなり進歩しています。
ハイレゾ音源の他にCDからのリッピング、amazon music HD(もちろん16bitにダウンコンバートされてます)を聞いていますが、かなりハイレゾ音源に近く、効果をしっかり享受できます。

【操作性】
w.ミュージックアプリを立ち上げてからの操作はZX300とほぼ同じなので違和感なく使えます。

【付属ソフト】
普通にMUSIC CENTERを使っていて不便は感じません。
【拡張性】
無評価

【総評】
デジタルオーディオプレイヤーとして素の部分はZX300からしっかり音質向上されています。

もう一つのセールスポイントのストリーミング再生はandroid OSの仕様上、amazon music HDはダウンコンバートされますがDSEE HXで補正できるので快適に聞けています。

CDの販売、ダウンロード販売が衰退の一途を辿る中でストリーミング対応android搭載walkmanとなる流れは納得です。
時代にマッチしつつZX300から基本性能を確実に向上させてきたZX507。
私は長く使うと思います。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった26人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:113件
  • 累計支持数:671人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
44件
Bluetoothスピーカー
7件
3件
スマートフォン
7件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ2
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性4

以前はバランス接続でZX300とXELENTOを使って接続していたのですが、ノイズキャンセリングヘッドホンを使うことのほうが多く、気づくとXELENTOを紛失し行方不明になりましたがさほど困らなかったので、アンバランス出力した際にノイズキャンセリングヘッドホンからいい音が聞こえるようにしたいと思っていました。
前のZX300はバランス接続はいい音でしたが、アンバランス出力は凡庸で、某量販店でZX507と比べたら明らかに劣りました。
バランス接続の有線イヤホンは静かなところでしか使えない場合が多く、ノイズキャンセリングヘッドホンの音質をよくしたいと思っていました。
今回はAndroidとなりバッテリー性能が著しく落ちましたが、3時間の外出で80%程度(ほとんどAACファイル再生時)と許容範囲内だったので、寧ろストリーミングの音楽が流せることに買ってから高い利便性を感じました。ダウンロードしておけばテザリングしなくてもサブスクリプションの音楽が聴けて気に入っています。電池の問題は、遠くに外出するときはモバイルバッテリー必須ですね。ここはトレードオフでしょう。
肝心の音質は、WH-1000XM3やWI-1000XM2でアンバランス出力で接続してみると、低音の量感や奥行が確実に伸びて躍動感がある音になりました。バランス接続は以前の環境がそろえられないためXBA-N3BPの普通のケーブルで再生しましたがバランス接続ですごくよくなったイメージはそこまでないイメージです。
有線のイヤホン沼の世界はお金をかけたらきりがないし紛失したら怖いということと、ノイズキャンセリングヘッドホンのほうが、周囲の騒音を気にしないでシームレスで使えることから、基本的にアンバランス出力、たまにバランス接続で今後つなごうと思います。
今後はバッテリー容量を増やしたり電力性能がいいSoCを使ってSONYさんも精進してほしいです。

【再レビュー】
MUC-M12NB1を再度購入し、XBA-N3と合わせて聞いたところ、バランス側で聞いた場合の音質も良くなっていると感じました。やはりコンデンサを刷新したからでしょうか。
バランス接続でもXBA-N3BP付属ケーブルではポテンシャルを発揮できないことが改めて分かった。
4万円以上の高額なリケーブルは不要と考えるが、ある程度ケーブルもマシなものにしないとバランス接続の威力が発揮できないと感じた。

参考になった9人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pampomさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
スマートフォン
3件
0件
docomo(ドコモ)携帯電話
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
携帯性5
バッテリ2
音質4
操作性2
付属ソフト2
拡張性2

【デザイン】 ソニーらしいデザインでよいと思います。

【携帯性】 軽薄すぎず重すぎずという感じですか。ちょうどよいと思います。

【バッテリ】 悪いです。夜に満充電して放置し、朝見たら89%でした。アンドロイド機なの  で、私は通信を切っていますが、それでも減りがはやいです。できるだけもたせるには、通信切り、照明は半分、bluetoothは使う時だけにするとよいです。

【音質】 この小ささでバランス接続ができるのがいいです。WM1Zも持っていますが、一度バランスを聞くと、アンバランスには戻れません。WM1Zよりずっと安い本機でどれくらいの音が出るのか不安でしたが、まあ満足できます。質のよいイヤホンを使えばさらによさを味わうことができます。

【操作性】 よくないです。非アンドロイドの場合は、設定は一種類で、マニュアルなんか読まなくても操作できますが、本機の場合、音質設定にはすぐたどり着けるものの、それ以外の設定はグーグルの方の設定でやります。最初はなかなか見つけられませんでした。最初にPINで解除するのも非常に面倒くさいです。電池持ちを考えてスリープ時間を短くすると、頻繁に4桁のPINを打つ必要があります。私はスリープを最長の30分にしました。

【付属ソフト】 アンドロイドは不要だと思います。本機のようなソニーでも高音質機を求める人はストリーミングで聞きますかね。

【拡張性】 保護カバーは革製で高いです。小さいので、私はデジカメケースに入れています。

【総評】 前述したように、WM1Zを持っていますが、これは惜しみなく高級パーツを使っている関係でびっくりするくらい重いです。ポータビリティとしては不適なので、本機のような軽くてバランス接続できるものはありがたいです。音はよいので、10万円以下で高音質化したいと思っている人はお勧めです。ヘッドホンアンプ無しでも十分いけます。アンドロイド機にしたのが難点です。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]
SONY

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

最安価格(税込):¥64,980発売日:2019年11月 2日 価格.comの安さの理由は?

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]をお気に入り製品に追加する <167

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意