SSR-650TR レビュー・評価

2017年12月20日 登録

SSR-650TR

135mmFDBファンを搭載した80PLUS Titanium認証の650W電源ユニット

SSR-650TR 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,461

(前週比:+241円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥24,461

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,461¥37,242 (14店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国14店舗)最寄りのショップ一覧

対応規格:ATX 12V Ver.2.4 電源容量:650W 80PLUS認証:Titanium サイズ:150x170x86mm 重量:1.95kg SSR-650TRのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SSR-650TRの価格比較
  • SSR-650TRの店頭購入
  • SSR-650TRのスペック・仕様
  • SSR-650TRのレビュー
  • SSR-650TRのクチコミ
  • SSR-650TRの画像・動画
  • SSR-650TRのピックアップリスト
  • SSR-650TRのオークション

SSR-650TRSeasonic

最安価格(税込):¥24,461 (前週比:+241円↑) 登録日:2017年12月20日

  • SSR-650TRの価格比較
  • SSR-650TRの店頭購入
  • SSR-650TRのスペック・仕様
  • SSR-650TRのレビュー
  • SSR-650TRのクチコミ
  • SSR-650TRの画像・動画
  • SSR-650TRのピックアップリスト
  • SSR-650TRのオークション

SSR-650TR のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.26 4位
容量 容量は十分か 4.80 4.55 15位
安定性 安定して動作するか 5.00 4.43 9位
静音性 動作音は静かか 5.00 4.40 11位
コネクタ数 コネクタ数は十分か 5.00 4.40 9位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.40 4.29 17位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SSR-650TRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
0件
CPU
10件
2件
グラフィックボード・ビデオカード
9件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
容量5
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ4

【デザイン】
見えないところのものですが見た目にもこだわりが感じられます。

【容量】
650Wはそれほど大きくはないようですけど
650W限界近くまで引き出しても安定動作するので
用途に合えば安価な大容量電源より優れます。

【安定性】
これはもう安定の一言です。
OCCT V5.4.1で最大で1%程度変動が見られましたが
もともと±0.5%以内ということなのでそんなものでしょう。
がんがんCPUをまわしてもグラボをまわしても
ほぼぴくりともしない電源電圧はさすがです。

【静音性】
常時ファンがまわるノーマルモードで使用していますが
十分静かです。電源のファンよりその他のファンのほうが
うるさいので気になることはないです。

【コネクタ数】
この容量だと十分という感じがします。
GPUも8pin×2が取れるので容量的に不足はないです。
CPUも12Vが2系統取れます。

【サイズ】
コンパクトなほうとはいえ若干大きいので
ケースによっては干渉するかもしれません。
大きめのケースなら全く問題ないでしょう。

【総評】
コネクタに必要なケーブルだけを差すので
配線がすっきりします。エアフロ―の観点からも好ましいです。

低負荷から高負荷までとても安定した電源電圧を
供給できています。当然ノートラブルです。

ハイエンドGPUやSLIなどを使用しないのであれば
これで十分です。
ハイエンドGPUをフルに回すとかSLIとかだと容量不足です。

CPUはEPS 12Vが2系統いけるので、ハイエンドCPUにも対応できます。
80PLUS Titanium認証で効率も高く発熱も低い印象です。
ファンも静かです。

テスト用のアダプタとはなにかと思ったら
ただ電源だけで起動を確認できるだけの簡単なものでした。
SSR-650TDとの差異がそれと外箱くらいしかわかりません。

12年保証は安心感はありますね。長い目で見れば安い…んでしょうか…
価格としてはやはりいいお値段です。高価ですね。

24時間起動のメインPC用電源なので良いものを選びましたが
同容量という条件だと半額以下の電源も多い中で
シビアな安定性・耐久性を要求しないのであればここまでいらないのかも
しれません。ただ、電源は良いものを選んだほうがよいのは確かです。

各種保護回路も備わっていて万が一の時にも事故につながりにくそうです。

保証のためにも保証書や納品書などはきちんと保管しておきましょう。

電源本体は布の袋に入っていて高級感は抜群です。
本体隙間から見える内部もすっきりしていて機能美を感じます。

品質でいうと最高の電源と言ってよいでしょう。
電源を安く上げて予算をほかのパーツに回す選択肢もありますが
トラブルなく長く使いたいPCには保険としてこれくらいかけておくのも
ありかもしれません。

重さはけっこうずっしりとあります。
この容量クラスの電源としては重いほうだと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

豚焼定食980円さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
5件
0件
マザーボード
3件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
容量4
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ3
   

奥行は170mm、小型ケースは要確認。

   

今回はコンパクトで光らないゲーミングPCというコンセプトで組みました。
ケースはFlactal Design define mini cを使用。

【デザイン】
高級感があり、満足です。

【容量】
Seasonic WATTAGE CALCULATORにて、9700Kと今後交換を予定しているグラボ(RTX 2060Super)の構成だと650Wの電源みたいですね。
1世代前のBTOゲーミングPCだと、8700KとGTX 1070tiの構成で650WのGold電源というパターンが多かった記憶があります。
個人的には、Intelメインストリームのハイエンド(8086K、9700Kあたり)定格+ミドル〜ミドルハイクラスのGeforce(1070ti、2060Superあたり)で普通に運用する場合であれば、650WのGoldで問題ないかなという認識です。
9900K(←こいつはメインストリームではなくエンスー向け扱い)やRTX2080tiで組む、オーバークロック常用が前提、といったガチ勢なら話は別ですが、無駄に容量のデカい電源を買う必要はないと思います。
ケチ臭い事言いましたが、Seasonicのこのグレードは650Wと750Wで価格差がかなりあるんですよね…。

【安定性】
流石にSeasonicのフラッグシップ、ド安定です。

【静音性】
セミファンレスではなく、常時回す設定ですがほぼ無音(回っている事に全く気付かないレベル)です。

【コネクタ数】
下位のプラチナ認証FOCUS+の650Wと違い、CPU用8ピンが2本あります。
最近のZ390のマザーボードはCPU8ピン×2や8ピン+4ピンという構成がメインのようなので、650Wでこれらに対応するならこちらの電源がオススメです。
グラボも1枚挿し前提なら十分な数です。

【サイズ】
同社のFOCUS+シリーズ(140mm)と比較し、170mmなので長くなっています。
小型ケースで電源160mmまで、といった制限がある場合は注意が必要です。

【総評】
電源は見えない部分ですが、ある意味最も妥協してはいけない部分。
e-Sportsの普及に伴い、自作PC市場が活性化しているのは嬉しい限りですが、最近の若者はグラボばかり重点を置きすぎて、電源を軽視する傾向があるように思えます。
個人的に電源はSeasonic一択で、前回組んだ時は予算の関係でFOCUS+で妥協しましたが、今回は価格も下がってきたので迷わずPRIMEにしました。
12年保証という安心感、所有している満足感、共に安物電源では味わう事ができません。
本品は容量的にも、一般的な負荷のゲームをフルHDでプレイするライトゲーマーに最適な電源だと考えています。

ゲーミングPCにおいて、CPUやグラボが頭脳なら、電源は心臓です。
妥協せず良いものを選ぶ事をオススメします。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 犬 介 さん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
5件
15件
AVアンプ
1件
16件
イヤホン・ヘッドホン
7件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
容量5
安定性5
静音性5
コネクタ数5
サイズ5

Seasonic SSR-650TDというモデルがありますが、そのマイナーモデルチェンジした型がこのSSR-650TRになるかと思います。

デザイン: 触感のよい筐体です。実物見て決めました。全身アルミヒートシンクの『魂の力作』(スカイテック)には負けますけどこのモデルはかなり好きです。ただ、光らないです。質実剛健でよいと思いますけど。

安定性: 購入してから8ヶ月ですが今のところ不具合なし。体感的には気のせいかスムーズ感があります。初期不良さえ出なければたぷんメーカー保証期間の12年はいけるかな。。ちなみに『魂の力作』は11年目(実働8年)ですが未だ現役です。

コネクタ: 特に不足なし。今どきの電源らしくビデオカード用に8ピン×2があります。(ODINや魂の力作は6ピン×2でしたので、今のGeforce GTX1070やRadeon RX580以上になると一部のモデルしか動きません)。

容量: Core-i7 7770T&Radeon RX580なら650Wが一番適切な感じでした。ワットチェッカー測って300W前後のシステムだと最も効率が良いと思います。

▲不満: SATA用の電源ケーブルに関して。そのL字のコネクタ向きが反対タイプのケーブルも別売り又は付属していたらよかったと思います。(言葉の説明では伝わらないと思うけど、理由としては電源がPCケースの上に来る場合、下からケーブルを回してHDD/SSDに接続しないといけないから。←L字型だから反対向きにできない)(電源が下に来るPCケースの場合は気になりません)。

あとは、光沢の化粧箱がすり傷ついてて購入時から安っぽく見えた。マットな紙質がいいと思う。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SSR-650TRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SSR-650TR
Seasonic

SSR-650TR

最安価格(税込):¥24,461登録日:2017年12月20日 価格.comの安さの理由は?

SSR-650TRをお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[電源ユニット]

電源ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(電源ユニット)

ご注意