TA-ZH1ES レビュー・評価

TA-ZH1ES

  • 独自開発の「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載し、DSD 22.4MHz、PCM 768kHz/32bitのハイレゾ音源に対応したDAC内蔵のヘッドホンアンプ。
  • すべてのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換する独自技術「DSDリマスタリングエンジン」やアップスケーリング技術「DSEE HX」を搭載。
  • 5種類のヘッドホン端子を装備し、変換プラグを介さずバランス接続対応の主要ヘッドホンを接続することができる。
TA-ZH1ES 製品画像

最安価格(税込):¥197,768 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥278,000
  • 発売日:2016年10月29日

店頭参考価格帯:¥197,768 〜 ¥244,800 (全国732店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ TA-ZH1ESのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TA-ZH1ESの価格比較
  • TA-ZH1ESの店頭購入
  • TA-ZH1ESのスペック・仕様
  • TA-ZH1ESのレビュー
  • TA-ZH1ESのクチコミ
  • TA-ZH1ESの画像・動画
  • TA-ZH1ESのピックアップリスト
  • TA-ZH1ESのオークション

TA-ZH1ESSONY

最安価格(税込):¥197,768 (前週比:±0 ) 発売日:2016年10月29日

  • TA-ZH1ESの価格比較
  • TA-ZH1ESの店頭購入
  • TA-ZH1ESのスペック・仕様
  • TA-ZH1ESのレビュー
  • TA-ZH1ESのクチコミ
  • TA-ZH1ESの画像・動画
  • TA-ZH1ESのピックアップリスト
  • TA-ZH1ESのオークション

満足度:4.26
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:23人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.61 4.31 16位 見た目のよさ、質感
音質 4.34 4.45 35位 音質の良さ
操作性 4.01 4.24 26位 操作のしやすさ
機能性 4.56 4.14 15位 搭載機能が充実しているか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

TA-ZH1ES

TA-ZH1ESのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
1件
3件
NAS(ネットワークHDD)
0件
3件
CDプレーヤー
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
   

自作ケーブル

   

MDR-Z1Rにベストな組み合わせだと思います。ただ、Z1Rはリケーブル前提です。付属ケーブルでは本領を発揮出来ません。当方は自作したオヤイデ製4N純銀撚り線にリケーブルし、このアンプの良さを理解しました。解像度、パワーとも申し分無く素性の良いアンプです。これ以上の組み合わせは無いと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

とっちゃんぼうや16さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

HD660s、800、800Sをバランスで聞いていますが、めっちゃ合います。
ドンシャリとか言われますがそれが特にHD800によく合います  私には最高ですね。
ありがとうございました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiro_29さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
   

   

【デザイン】
前面の金メッキ端子とブラックの筐体がかっこいいです。
公式にある対談記事には音以外に外観や中身の構造についても触れていて読んでいて面白かったです。

【音質】
ドンシャリ傾向が強いらしいですが使用しているヘッドホンがHD660Sなので聞き疲れは特に感じません。
聞いていて心地よいです。

【操作性】
リモコンでリマスタリング機能等を操作するときはオンオフしか出来ないのがちょっと残念です。
ウォークマンZX300と繋げて使用していますが専用ポートからだとコードが短すぎで専用クレードル経由でないと非常に使い勝手が悪いです。
専用クレードル経由の方が音質的にも良いらしいのですが自分にはいまいち分からず、取り回しの良さや充電も出来るといった事の方に大きな価値がありました。思いの外、質感も良かったです。
専用クレードルとウォークマン専用リモコン(音量操作は出来ないのでZH1ESのリモコンで二台操作になります)も買って出費は嵩みましたがベッドに寝転んで聞いたりする時に操作が容易になり快適な(ものぐさな?)リスニング環境になりました

【機能性】
様々な規格の端子を備え、DSDリマスタリング機能等豊富な機能があり満足しています。

【総評】
二十万を切っていたので購入に踏みきり2ヶ月ほど経ち、HD660Sのエージングも併せて進んで良い音を楽しめています。
先のレビューで自分の組み合わせや環境により耳がおかしくなってしまったかわいそうなお方によって評価が落ちていたので回復の為に星5にしておきます。(勧めづらい値段なので星4にするつもりでした)
購入する前は自分の使うイヤホンやヘッドホンで試聴するべきで長時間の使用は難聴一直線なので適度に休憩を取り入れた方が宜しいかと思います。



参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネガポジボーイさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
音質1
操作性3
機能性4
   

   

【デザイン】
まさにソニーといった感じでかっこいいと思います。

【音質】
最初はクッキリとした音で楽しかったです。しかしながら飽きが早いし聴いた後の疲労感がひどい。自分の使っているTH900との相性は今思えば悪かったです。ドンシャリの合わせ技のような音でボーカルは埋もれてしまっています。価格コムにこの組み合わせで使っている方もいらっしゃいますが、かなりのドンシャリ耳なんだと思います。自分はアニソンをよく聴くんですが、1時間以上聴くと「もういいかな…」って思っちゃいます。ドンシャリ大好きって人にはいいんじゃないですかね、それと分析的すぎて音楽を楽しめないので僕は嫌いですね。音楽性は断然UD-505の方が高いです。

【操作性】
操作性は悪くないけど、DSEE HXの種類の切り替えなどがリモコンでは操作できないのでそこがめんどくさいと思っている人はいると思います。(自分は問題ないですが)。

【機能性】
DSEE HXやDSDリマスタリングなど機能は必要十分にあります。

【総評】
自分の組み合わせではかなりドンシャリな音で聴き疲れがひどかったです。他の開放型のヘッドホンだったら違ったのかも?。自分は環境的にあまり音漏れするヘッドホンは使えないので…。1年毎日使ってオクで16万で売れたので商品価値は高いと思います。逆に言えばシャーシなどの構造やDSEE HXの技術などでお金がかかっているイメージです。自分はMP3も聴きますが、この機能は別に、絶対いるとは思わないです。
今はUD-505に乗り換えて、聴き疲れしない音で満足しています。そちらのレビューもぜひご覧ください。

参考になった10人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

フンベルトフォンジッキンゲンさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
3件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
電源タップ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性1
機能性4

☆SONY TAZH1ES 製品レビュー☆

【良かった点】
○ヘッドホンの潜在能力を100%引き出すことにより圧倒的な解像度と空間の広がりを感じました。

○基本的にSONY製品ならどのヘッドホンやイヤホンとも相性が良くそれぞれの個性に合わせた音を鳴らしてくれます。

○ボーカルがグッと近づきパーカッションやストリングスは力強く,より鮮明でリアルな音楽を楽しむことができる上にどちらかが誇張することなく完璧なバランスで上質な音を奏でてくれます。

○このアンプを使用することでよりキンバーケーブルの良さがわかりました。付属ケーブルよりも明らかに解像度,音の広がり等変化しているのがわかります。

○端子がたくさんあるのでヘッドホンやイヤホンの種類を選ばない点もオススメです。

○XLR端子も標準装備なのでゼンハイザーなどの他社製品を使用することも想定されている点も素晴らしいです。

○端子がフロントパネルに集約されているのもなかなか使いやすくて良いです。

○電源ケーブルがとても太くプラグには金メッキも施されSONYの本気度を感じます。

○放熱も大変優秀でPHA3のような強烈な熱を発することなく安定して一定の温度を保ってくれる点も優秀です。

○本体が温まると音質も向上します。

○バッテリーを積んでいないため劣化を気にすることなく使用できる点も良いと思います

【悪い点】
●ウォークマンと接続するケーブルがあまりにも短すぎる点は致命的です!充電ケーブルの半分以上も短く本体の上に乗せることができる程度の長さしかないのが大変使いにくいです。

●液晶パネルが上部についている点が見にくく,大きさも小さい点が使いづらいです。

【音質】
使用環境
デバイス / SONY NW-ZX300 シリーズ
ケーブル / キンバーケーブル MUC-B20SB1
アンプリファー / SONY TAZH1ES
ヘッドホン / SONY MDR-Z7
イヤホン / SONY XBA-N1
/BOSE sound true ultra apple

上記環境にてヘッドホンは圧倒的な駆動力により高解像度と空間の広がりが向上します。

具体的にはヘッドホンをアップグレードしたかと思うぐらいの変化が起こりました。

ヘッドホンの空間表現力はそのままに解像度はイヤホン並みのリアルさと行ったところでしょうか。

以前SONYストアにお邪魔して新型のZ7M2やZ1R,M7,M9 直挿しではまだこのオーディオのセットに敵わないような印象を受けました。

唯一互角だと感じたのは最新のIER-Z1Rのみでこちらを直挿しでも使うのと同等のような感じです。

XBA-N1では解像度,空間表現力の違いはアンプを使用するのとしないのとでは音の変化は歴然でキンバーケーブルを装着した,もしくはXBA-N3に変えたぐらいの変化が起こります。

相性でいうとヘッドホンは現在使っているMDR-Z7が最も合っていると思います。音の方向性が似ていることと音が濃密なためそれをアンプでしっかりと駆動させてやることにより素晴らしい音を奏でてくれる印象です。Z7M2はZ7とはまた違った味付けなので発売された年代が近い方が相性が良いように思いました。

【総合評価】
発売当時の30万円近い価格は高いと感じましたが現在はほぼ底値の20万円台で購入でき,ヘッドホン及びイヤホンをここまで高音質化できた点で言えば今回はヘッドホンの投資よりも価値のあるものであったと思います。全てにおいて平均点の高い製品で,音楽のジャンルを選ばない点も優秀だと思います。また,非ハイレゾでも十分ハイレゾ音源に迫る音質の良さと空間表現力がある点も大変魅力です。音の方向性は上品なドンシャリ傾向で,ハイブリッドアンプというだけあって双方の良さが十分に出ていると思います。SONYサウンドの完成形といった形なのでSONYサウンドがあまり好みでない方は購入するべきではないと思います。金額だけで見れば大変高級なアンプには違いありませんが他社製品ならもっと高額な値段がついてもおかしくはない製品の完成度です。本体が温まってくると気持ちアコースティックな曲に関して音が良くなるように感じる点も大変趣があって気に入っています。WALKMANもSONYさんが200時間以上のエージングを推奨しているため本製品にも同じようなことが言えると思います。購入当時から音が少しずつ良い方向に変化しているようにも感じられます。これからの音の変化にも期待が高まります。末永く大切に使わせて頂きたいです。絶対買って損はしないので自信を持ってオススメしたいです





参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Too Todenさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質2
操作性5
機能性3

【デザイン】
マッドブラックでがっしりとした感じでカッコいいです。ジャックを前面に並べてそれをデザインとしている所が好感が持てます。
【音質】
これが中途半端。デジタルとアナログのハイブリッドってメリットありますか?高域に靄がかかっていて高域が再生が曖昧な感じがします。抜け感が無くスピード感がありません。デジタルならデジタル、アナログならアナログでどちらかに絞って音作りをした方が良い結果が得られたにでは?って思います。聴いていて眠い音。暗い音質だなって感じました。音場の広がりも狭く残念です。次回モデルに期待ですね。
【操作性】
直感的に操作出来るので申し分はありません。
【機能性】
プリアウトの音質も良ければ良いのですが、こちらも中途半端。使い物になりません。こんなプリアウトなら付けなければ良かったのでは?って思います。
【総評】
世界のSONYなので操作面は文句の付け所がありませんが音質面でもう少し何とかならなかったのか?そこが非常に残念です。まあもう既に手放しましたが、SONYと言うだけで購入では無くちゃんと視聴した上で購入された方がいいでしょう。

参考になった9人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まくそにあさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
イヤホン・ヘッドホン
0件
1件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

購入してから1年8カ月程経ちますが、色々なヘッドフォンやアンプ等を接続し使ってみた感想を私なりにレビューしてみたいと思います。

【デザイン】
個人的にはとてもカッコいいと思います。
A4用紙サイズに良くぞ纏め上げたなと感心しますね。
豊富なヘッドフォン端子は複数のヘッドフォンをお持ちの方で、あれば重宝すると思います。

【音質】
解像度が非常に高く音場は広く出てくると思います。
ハイゲインにも対応しますので、当方所有のT1 2ndやHD800も
充分鳴らしきれていると思います。
本機の真骨頂はDSDリマスタリング機能だと思っています。
曲によって使い分けるのがオススメです。

【操作性】
購入当初は本体ボタンの使い方が煩わしいと感じましたが、設定をいじって行くうちに慣れてくると思います。
リモコンを使って操作した方が良いですが、ディスプレイ表示が真上なので、あまり離れた場所からの操作だとモード表示が見えないので注意が必要です。

【機能性】
DSEE HXの5つの設定モードから曲に応じて選ぶことができる。
DSDリマスタリング機能が使える。
MP3フォーマット等の不可逆音源もアップスケーリングをして再生出来る。

豊富なヘッドフォン端子、背面の入出力端子は複数の機器をお持ちの方でも安心して使えるのではないかと思います。

XLR4 ベイヤーダイナミック T1 2nd (別売のメーカー純正バランスケーブル)

4.4mmバランス ゼンハイザー HD800 (別売のメーカー純正バランスケーブル)

3.5mmバランス ソニー MDR-Z7 (別売のMUC-B20BL1バランスケーブル)

PRE OUT スタックス SRM-006tS (真空管ドライバーユニット) → SR-L500 イヤースピーカー
現在はプリアンプとして使用中のマランツ PM8006に繋いでいます。(RCA オーディオクエスト スカイVer.3 1.0m)

USB-B入力 ソニー HAP-S1 or ソニー NW-WM1A(BCR-NWH10にて接続) を繋いでいます。
(USBケーブル オーディオクエスト USB/DIA2/1.5M)

【総評】

ハイゲインのヘッドフォンも安心して使えますし、複数のBAユニットを搭載したインナーイヤフォンにも充分対応出来るのではないかと思います。(XBA-A3、XBA-300をMUC-M12SB1にてバランス接続にて使ってみました)

スタックスのイヤースピーカーをお持ちの方にもオススメしたいです。

但し、ホームオーディオにて本機をDAC機能として使用される場合は女性ボーカルとストリングスの重なる部分で、音の分離が甘くなる傾向があると個人的には感じました。
ボーカルが前に出て来づらい感じと言ったら伝わりますでしょうか?

ご購入の参考になれば幸いでございます。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

組紐屋の竜.さん 金メダル

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
145件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
96件
イヤホン・ヘッドホン
1件
45件
もっと見る
満足度3
デザイン4
音質4
操作性3
機能性3

AK4497 デュアルDAC フルバランスのUD505との比較になります。

もう手放しましたが、SONYのドンシャリ傾向の解像度の高い音質のフルデジタルアンプ採用 兼 アナログ回路補正型のD.Aハイブリッドヘッドホンアンプになります。

DAC性能は、AK4497 デュアルDACのUD505より1ランク下のAK4490 デュアルDAC/AMPのUD503と同等な感じですかね。

UD503自体 AK4490 デュアルDAC フルバランスでDAC性能が高いので、フルデジタルアンプ兼アナログ回路補正型 D.AハイブリッドヘッドホンアンプでUD503並みのDAC性能は大したものだと評価します。

現在の旭化成のフラッグシップDACチップAK4497 デュアルDACフルバランスのUD505よりは私が試した限りでは、DAC性能は1ランク下な感じでしたね。

フラットのUD503のバランス駆動との使い分け機程度の性能で、10MHz INのマスタークロックゼェネレーター入力もなく、クロックジッターの影響の受けにくい同軸デジタル接続でDSD2.8MHzのネイティブ再生も出来ず、何でもかんでもドンシャリ傾向の音質になるのがストレスとなりDAC性能の高いUD505に買い換えました。
但し、アンバランスの音質はTAーZH1ESの方がUD503より良かったですね。

接続環境は、HD800Sのバランス駆動、他アンバランスのヘッドホン、イアホンのバランス駆動です。

人気が有る様に決して悪くはないのですが、ドンシャリ傾向で聴きたくないアーティストの楽曲まで、ドンシャリ傾向の音になるのが嫌になって手放しました。

ドンシャリ傾向のノリノリの音が好きな人には良いと思います。

常にドンシャリ傾向の出音なので、ちょっと聴き疲れするのも手放した原因ですかね。

プリアウトの音質も当然ドンシャリ傾向が受け継がれるので、プリアウトさせても外部アンプと合わせずらく、使い憎かったのも手放した原因です。

プリアウトの音質が悪いと言うレビューも見かけましたが、頷けますね。

又、SONYの場合は電話もフリーダイヤルなので、製品の価格設定もちょっと割り高な感じですかね。特に高級機は…
高額値付けで有名な海外メーカーのHUGO2のメーカー、AKの高級機、ゾネフォンの限定高額機より価格設定は良心的だと思いますが…

では、どなたか購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

new3さん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:720人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
67件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
   

   

本機をHD820、HD800S、T1 2nd、mdr-Z7との組み
合わせ+バランス接続で1年ほど愉しんできた。
上記のどのヘッドホンとも相性が良くオールラウンドの
ジャンルをパワフルかつソリッドに表現してくれている。
強いて言うのなら1Zではなく1Aの延長線上にあるサウ
ンド傾向で繊細かつクール、解像度と音場感をグレード
アップした感じだ。柔らかさとアナログ感を得たい場合
「DSD remastering」機能が効果的。これによってOld
Jazやclassicも臨場感たっぷりで味わえる。
1Zのサウンドに魅力を感じ、購入を検討されている方は
据え置きスペースを確保出来るのであれば、ぜひ本機を
検討して頂きたい。本機は1Zのサウンド傾向に近づける
(DSD RM機能)事も可能であり、300〜600Ωの鳴らし
づらいヘッドホンの能力を余すことなく引き出してくれる。
またお値段も今は1Zよりも安い。
SONY渾身の力作かつ名機であり、本機と巡り会えれば
ヘッドホンアンプ迷走の旅に終止符を打つ事が出来るで
あろう。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

むかごろうさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

タイトルの通りただ時間が立てば音質、表現力、描写力が良くなるものではありません。
色々な音量で時間をかけて丁寧に鳴らしてあげないと良くなりません。0dBから100dBまで出来るだけ満遍なく使って育てあげて下さい。
時間をかけて素晴らしい音質にして下さい。その時至福の時間が必ずやってきます。このアンプはなかなか気難しいです。
頑張って下さい。ありがとうございました。

追伸
やはりこのアンプには、mdr-z1rにMUC-B20BL1の組み合わせが最高です。ケ−ブルもMUC-B20SB1よりMUC-B20BL1のほうが私には良いと思います。

参考になった9人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Tersolさん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:1024人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
276件
ビデオカメラ
2件
223件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
202件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

各種ヘッドホン端子を並べながらデザインとして成立

頑丈な押し出し成形のフレーム、背面の端子も質感は高い

T 1 2nd Generation (あまり相性が良いとは思えない)

MDR-Z1R (「ハズレ」の個体だったか?)

MDR-Z7 (素晴らしい鳴りっぷり)

XBA-Z5 (これほどまでに鳴るのか!)

これが四回目の再レビュー、つまり最後の再レビューとなる。
高いのだから良くて当たり前と星四つの評価としていたが、
最後に、やはり星五つの評価に改めておきたいと思う。

この SONY TA-ZH1ES は、これまでに自分が買った音響機器の中で、
単品としては最も高価なシロモノ。(購入価格は税込みで243,000円)

特に TEAC UD-503 との価格差相応の価値があるのか、
と考えると「ある」と断言はしかねるが、それでも TA-ZH1ES は、
これはこれで UD-503 とはまた違うウットリ至福の音を味わわせてくれる。

購入価格を度外視して、とにかく「ウットリ至福」の度合いだけを
評価するなら、それは当然ながら最高、星五つに値すると思える。

なお、前回のレビューから今回のレビューの間にUSBケーブルが
audio-technica AT-EUS1000 から audioquest Cinnamon に替わっている。
(下は当方の環境の詳細を含む audioquest Cinnamon のレビュー)
http://review.kakaku.com/review/K0000356650/ReviewCD=1124405/

【デザイン】
いかにもSONYらしくてカッコ良い。
各種ヘッドホン端子が揃っていてアダプター要らずで良い。

【音質】
S-Masterフルデジタルアンプならではの全域にわたる綺麗な音。
地の底から沸き上がるように圧倒的、かつ張りと締まりのある低音。

新品時は「解像感」の高いデジタルな印象が強いが、馴らしが進むと
「解像感」はそのまま、濃密で豊満、アナログ的な良さが出てくる。
「D.A.ハイブリッドアンプ」の馴らしには意外と時間がかかるよう。

自分の手持ちの(DAC兼)ヘッドホンアンプの中で比較対象となる
TEAC UD-503と比べても、TA-ZH1ESはとにかく力強さが際立つ。

本機での音楽鑑賞は、音がまるでシャワーの水のように当たってくる。
そのシャワーの水も、新品当初は粒の大きなものだったが、
馴らしが進むと非常に繊細な水流になったと感じる。
自分に直接は当たらない水の飛沫すら「爽やか」。

一方、UD-503での音楽鑑賞は、水で例えようにも、もはや霧ですらない。
心地良い風に吹かれながら、その空間の中にいるという感じ。
UD-503にはUD-503ならではの音楽鑑賞の世界がある。

UD-503 (AK4490)の音は、とにかく基準となる無音時の
「静けさ」を追求した結果として微細な音までもが浮かび上がる。
TA-ZH1ESの音は、微細な音までも、とにかく鳴る音を緻密に描き出す。

また、TA-ZH1ESには微細な音の再現性に加え、「パワー感」という魅力がある。
なみなみと溢れるパワーで駆動されると、ヘッドホン/イヤホンが朗々と、
しかも「締まった音」で鳴り、その「豊かな抑揚」に、例えばXBA-Z5など
「こんなにも鳴るイヤホンだったのか!」と新鮮な興奮を覚える。

この「爽やかさ」と「パワー感」を兼ね備えた
TA-ZH1ESの音には中毒性さえあるように感じられる。
(他のDAC兼ヘッドホンアンプの音では物足りなくなってしまうおそれ)

やはり同じSONYのMDR-Z7やXBA-Z5とは抜群に相性が良いが、
beyerdynamic T 1 2nd GenerationはUD-503の方が合っていると思う。
http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000026707/SortID=19371094/#20785325

【操作性】
リモコンは手に収まりやすい大きさで良い。
「DSEE HX」はリモコンでの操作はON/OFFのみで、
種類の変更は本体のボタンで操作しなければならない。

新品当初は「DSEE HX」をONにすると何故か音がキツい方向に振れたので
あまり使わなかったが、馴らしの進んだ今では好んで使うようになった。
そうなるとリモコンで「DSEE HX」の種類を変更できないことが不満。

【機能性】
「DSEE HX」や「DSDリマスター」はさておき、本機はアナログも含め、入力される
音信号を全て内部でデジタル処理して音を綺麗に整え直す仕組みになっている。
「8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター」、「S-TACT」、
「クリーンデータサイクル」、そして「D.A.ハイブリッドアンプ」
等々だが、これらは実際に効果的だと感じられる。

【総評】
同時に購入したMDR-Z1Rは自分の期待に応えてくれるヘッドホンではなかった。
高額な買い物だっただけに失望感も大きく、その悪夢を忘れ去るためには
MDR-Z1Rのみならず、このTA-ZH1ESも一緒に売り払ってしまおうかと
一時は考えたが、思いとどまり、TA-ZH1ESは手元に残した。
今は、本当に手放さなくて良かったと思っている。

前回のレビューではUD-503とTA-ZH1ES、どちらか一方しか
手元に残しておけないとしたら、UD-503を手元に残すことにするだろう
と書いたが、今ならTA-ZH1ESの方を手元に残すことにするだろうと思える。

星五つとするまでに一年半を要したのは、あまりにも高額な買い物だったので
心理的な減価償却に時間がかかったことと、もう一つ、このヘッドホンアンプは
意外なほどにバーンイン(馴らし)に時間がかかったこともあるように思う。

下の文は本田雅一氏がIFA2016で発表されたTA-ZH1ESを試聴しての感想を
「本田雅一のAVTrends」にて綴られたもの、本当に上手く的確に表現されていて、
今は全くその通りと感じているが、そうなるまでには(使う頻度にもよるだろうが)
自分のTA-ZH1ESの場合は一年ぐらいはかかったように思う。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/1017915.html

「質の高いアナログアンプが持つ、細やかな空気感の表現、
 音場の消え際がキレイにどこまで続くように減衰していく感覚。
 デジタルアンプにはない繊細な表現力と、ローエンドから中低域にかけた
 ”馬力感”のようなものが同居し、しかも一体感をともなって
 違和感なくまとまっている。」

TA-ZH1ESを「買って良かった」のは勿論だが、人に薦めるかと問われれば、
DAC兼ヘッドホンアンプに20万円超を費やせるのかというのがまず一つ、
それから、馴らしにかかる時間への辛抱強さも考慮すべきだろうと思う。
それでも、馴らしの進んだ先には、今自分が味わえているように、
中毒性すら懸念されるような至福の音が待っているはず。

比較製品
TEAC > UD-503

参考になった43人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ryu08さん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:597人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
342件
イヤホン・ヘッドホン
30件
250件
デジタルカメラ
11件
187件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
 

 

【デザイン】
一見ドカベンのようなデザインですが、シックなブラックの
シャーシは余計なことはせず、音質を追求するためのデザインと
感じます。フロントには各入力とボリュームのみ
トップは小さな液晶とボタンのみで、個人的には
高級感が漂って良いと思います。

【音質】
これはもう言うことなしです。
NW-WM1ZとNW-ZX300を繋げて聴いてみましたが
単独の時よりも、音の輪郭がしっかりして
スピード感、臨場感、定位感も増してリアルそのものです。
音場も広くなります。まさに聴いて音に酔いしれるとは
このことかなと思いました。

【操作性】
説明書を見なくても操作できるのが良いです。
もちろん説明書を見たほうが楽しいのですが(^^;)
それだけシンプルで使いやすいということですね。

【機能性】
詳細はSONYのサイトに詳しく載っているので省きますが
個人的に気に入ったのはD.A.ハイブリッドアンプでの音の歪の少なさと
DSDリマスタリングエンジンで全てのPCM音源をリアルタイムで
DSD11.2MHz相当に変換して再生というのが素晴らしく感じました。
やはり「音の出口に近い順からお金をかけなさい」というのは
名言だなと思いました。本当に素晴らしいです。

【総評】
今までNW-WM1ZもNW-ZX300も直挿しで聴いていました。
PHA-3も持っており、こちらも素晴らしいのですが
4.4mmバランスに移行する過程で使用頻度はほぼなくなりました。
ただやはり直挿しで聴いているとインピーダンスの低い
イヤホンは良いのですが、高いヘッドホンを使用すると
音量が取りづらいのと、ハイゲインにすると音の輪郭が荒くなる感じが
するので、やはりヘッドホンアンプが必要かなと思い
現在、愛用のHD660Sを持ってビッグカメラに行き試聴しました。
ほかに安くて良いものもありましたが、ウォークマンをメインで
使用することを考えた時、簡単で高音質となるとTA-ZH1ES一択かなと
思い購入するにいたりました。
HD660Sもローゲインで余裕でドライブでき大変満足しています。
Astell&Kern AK70 MKIIも使用予定ですが、少し機器を投入して手を加えれば
聴けますし、現在の自分にとってはTA-ZH1ESが最高の選択に感じます。
価格も一時期に比べてだいぶ落ち着きましたしね。
今はfinal D8000と OFCシルバーコートケーブル 4.4mが来るのが
楽しみでたまりません!!!
その時は改めてレビューしたいと思います!

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゼ クさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:68人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1033件
レンズ
1件
503件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
65件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
SONYらしいデザイン。
無駄なものを省いた意匠。ハイレゾという最先端のシステムを扱う箱に敢えてシンプルな
数少ないボタンのみの配列は嫌いではない。
前面に並ぶ、「これでもか!!」と言わんばかりの各種口径のプラグ差込口。
この辺りの意匠も嫌いではない

【音質】
SONY NW-ZX300 (B)  単体で聴くより暖かい音が出るように思う。
特にPCとの相性が良く、JRiver Media Center 22からアップサンプリングせずにそのままの
データーをTA-ZH1ES内でアップサンプリングして聴くと、DAPで聴くより芯がありその芯を
包み込むような音になる。

逆にDAP(私はSONY NW-ZX300 (B))を繋いで聴くと、ハイレゾ特有のさ行を指すような音になる。


【操作性】
特に説明書がなくともSONYのDAPを使っていたら問題なく使えると思う。
前面だけでなく、上部にディスプレイを付けたのは、ラックに入れずにデスクの上に置いて
TA-ZH1ESのデザインも楽しみながら音楽を心ゆくまで楽しんでほしいと言うSONYの
遊び心と解釈する。

【機能性】
出来れば固定されたアップサンプリング機能が選べるようになればいいと思います。
この辺りは今後のアップデートでも可能だと思います。

【総評】
35年以上昔、それまでラジカセで聴いていた歌謡曲を初めてステレオを買ってもらい
アンプとスピーカーから聴いたときの感動が蘇りました。
スマホから簡単に聴ける音楽が主流の現在ですが、何もなかったあの頃、ステレオで
聴く音楽のように、日常から離れたところにある、何か「特別感」を与えてくれるような機器であると感じる。


参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やべしさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
マウス
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

【環境】
主にMDR-Z1RとMUC-B20SB1(キンバーケーブル 4.4mmバランス接続)で使用しております。
iMacとUSB接続です。


【デザイン】
重量もありますし筐体はほぼ金属製で決して安っぽさは感じないのですが、伝統的なシルバーやゴールドのオーディオ機器とはデザインが大きく違う事もあって、オーディオラックの中では浮きやすいデザインに思います。
ブラックモデルが好きなOPPOなどの新興メーカーや、機能重視のAVアンプと並べるのであればぴったり合うのでしょうが。
個人的にはシルバーモデルがあれば良かったのになと思います。

あと、天板の四方を囲むように大きなスリットが入っていて、そこから内部にホコリが入りやすそうなのが気になります。(音質向上の為の工夫らしいのですが)
丁寧に使うのであれば、使わない時はカバーを掛けたほうが良いでしょう。


【音質】
ソニーらしいサウンドを突き詰めた感じです。

全体像を見れば低音が強めですが、解像度は失われておらずベースの弦の響きや、ドラムの音の細かい動きまでちゃんと聞こえてきます。
また、高い音もしっかり出ており、女性ボーカルの艶も失われていません。
それでいてドンシャリにならずボーカルはちゃんと最前面で歌っています。
アタック感も強くノリの良いサウンドです。

電子音を多用した流行りのポップスやロックには非常に相性が良い音だと思います。
好きな曲を聞いていると自然と顔が笑い出すような楽しさのあるサウンドです。
アニメのオープニングで使われるようなアニソンなんかも得意でしょう。

ただ、海外メーカーや古参のオーディオ機器メーカーが得意とする空間表現は苦手です。
音は耳のそばで鳴っている感じが強く、脳内定位も強いです。
またメリハリが強い分、聴き疲れも早いです。
メインはスピーカーという方やLUXMANあたりの音が好きな方には合わないかもしれません。

個人的にはコレはコレでアリというか、使い分けの選択肢の一つとして満足のできるサウンドでした。
特徴が強い分、使い分けに適していると思います。


【操作性】
ちょっと微妙な印象がちょっとあります。気になったのは以下2点。

(1) 出力先が同時に1つしか使えない
前面のずらっと並んだ様々な出力端子は良いのですが、出力先はどれか一つを選ぶ必要があります。出力先が何かは出力されている端子の上に小さな白色LEDが光るので、分かりやすいのですが、
 (従来の機器)
 アンプにヘッドホンを指す→ボリュームを調整する→聞く
 (TA-ZH1ES)
 アンプにヘッドホンを指す→出力先を切り替える→ボリュームを調整する→聞く
と一つ操作が増えているので、ヘッドホンを刺したけど出力先を違っていて音が出ない事に戸惑うことが今でもあります。

ヘッドホンを多数持っていて、
・6.3mmアンバランス接続なヘッドホン
・XLR4pinバランス接続なヘッドホン
・4.4mmバランス接続なヘッドホン
の3種を頻繁に切り替えて使う方の場合、ちょっと気になるかもしれません。

まあ、このサイズとこの価格で全系統にパラレルで出力できる出力を求める事は難しいでしょうから、仕方の無い事だと思います。

(2) ボタンやディスプレイが天面に配置されている
天面に操作ボタンがあるので、高さに余裕のないオーディオラックの中に入れてしまえば、本体の操作ボタンは操作しにくいです。たぶん、多くの方がリモコンをメインで使うと思います。
それは良いのですが、本体のディスプレイまで天面にあるので、本体設定を変更する際や、入力ソースを切り替える際には、天面を見るためにアンプの近くまで行く必要があります。

USBとUSB以外の入力ソースを頻繁に切り替えて使う方や、曲に合わせてDSEE HXのモードを切り替えたい方の場合、気になるかもしれません。

ディスプレイは小さくても前面に合ったほうが良かったと個人的には思います。


【機能性】
多種多様な出力端子が揃っているので、変換ケーブル要らずで良いです。
でも、この製品の価格帯から見ると、
・AES/EBU入力端子
・XLR 3pinバランス出力端子
の2つが欲しかったなと思います。

ソフトウェア面では、DSEE HXは5種類から選べるようになっており、それぞれ結構音が変わります、効果の薄いEQのように感じました。
DSDリマスタリングはDSEE HXよりは実感する効果が薄いですが、ON/OFFを聴き比べるとなんとなくONの方が臨場感があるような印象があります。


【総評】
色々聴き比べて好みのヘッドホンにMDR-Z1RやATH-ADX5000がある方なら購入してみる価値はあると思います。これらの機種の特徴をより高める方向に作用します。
ただ、好きなヘッドホンがHD800やT1という方の場合は、よく試聴してから購入を検討したほうがいいかなと思います。これらの機種の特徴とは相反する方向性を持ったアンプですので。

個人的には今まではT1やHD800向けの環境を構築していたのですが、それらに飽きが来ていてZ1Rの音が大変気に入り、Z1R向けの環境を探していたので大満足でした。
あと、HD650やHD700・PS1000なんかも意外と合います。

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マイルド75さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
57件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
25件
イヤホン・ヘッドホン
6件
15件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性5

MUSES02に乗せ換えたSC808でZ7を通して聴いていたが、Z1RかHD800Sが欲しくなったのでアンプから購入。
バランスキンバーケーブルとかの手持ちのソニー資産を活かすにはゼンのアンプでは無理なので、こっちを購入。


感想
単純に接続したら、高価なUSBケーブルより手頃な同軸デジタルケーブルの方が音が良かった。
オーテクのアートリンク同軸ケーブルやベルデンの1505Aや1506Aのカナレプラグ付きなど、お好みで。
音は少しづつ変わるが、どれもクッキリとした音が出る。ケーブルは最短の長さを選ぶこともコツ。
(SC808は同軸デジタル出力搭載なので有り難い)

JRMCのパラメトリックイコライザーで100%調整済みでMP3は再生しないので、DSEE HXは効かせない方が良い感じ。
最高音質と名高いJRMCならFLACでも十分いい音。(そういえば、このアンプはJRMCの最高音質であるPCMの64ビットを正しく認識しないのだが、64ビットなんて規格外なのか? 同軸入力ではビット表示なしでUSB入力では32ビット表示になる。これで正常なのかどうか判らないが、PCM352.8の32ビットにキチンと変換しているようだ。)

DSEE HXは倍音成分補完してプリセットイコライザーのような役割をしているので合わないと不自然な音になる時があるし、 スタンダード設定でも人工的な響きに感じる時がある。
何より、リクライニングチェアの両方の肘替えにマウステーブルをセットして、マウスとリモコンを手元に置いて聴き浸ってるので、
本体操作しか出来ないプリセットイコライザーは、曲・アルバム毎に変えるのが面倒で、使わなくなる。
操作性は、後継機種で改善して欲しい。 表示パネルは天板より前面の方が見やすいので改善して欲しいが、本体の高さ(大きさ)は2倍になってしまうか?
DSEE HX オフでもMUSE02と同系統の自然で音場の広い美音になるが、流石にチャンネルセパレーション150のMUSES02には一歩劣る、残念。 (DSEE HX オンでも高音成分が弱いと広がり感が出ないので、やっぱりMUSES02には劣る。) 
DSD REを常時ONにすれば少しはマシに成るのだろうが、空気感と左右分離感は違う。
もしかして、同軸でなくUSBで伝送してUSBの弱さを高価なアクセサリー類で改善すれば左右分離感は改善出来る?
でもUSBで四苦八苦するのは嫌なので、後継機種では同軸入力でもクッキリさと広がり感の両立した音が出るよう改良して欲しい。

音の広がり感は少し残念だが、据え置き型アンプに期待する高密度で力感溢れる音に関しては優秀。躍動感があると聞いてて楽しいし、力感・躍動感はロックだけでなく交響曲にも必須な要素と言える。 密度感・力感・解像度・分離度・音の硬柔に不満は無く、上手く調整されたアンプと言える。特質すべきはS/N比。ボリュームを上げてもクリア過ぎるので、人工的に感じる人が出てくるかもしれない程。

MUSES02のSC808で十分と思っていたが、Z7の能力を100%引き出すにはZH1ESが必要だったか。
再生の苦手だった交響曲もDSD REをオンにすると、自然な広がりのある音になる。元々解像度・クリアさが優秀なのでDSDのデメリットは少ない?
このZ7の音なら、Z1RやHD800Sを買う気力が再び無くなってきて困ってしまう。
でも、MUSES02並の左右分離感=密閉型ヘッドホンの外から聞こえるようなクッキリ音がZ1Rなら出せると言うなら、特攻しても良いかな。
Z1Rの高音キツイ感は、パラメトリックイコライザーで調整すれば問題ないでしょうしね。


視聴環境:壁コンセント直結のコイル・コンデンサー内蔵の電源ノイズフィルターから無メッキ二股コンセントでPCとこれを接続。
 PC側にアースし、空きコネクタ全てにオヤイデの電磁波吸収キャップやシートを被せて、空き電源コンセントにもオヤイデのキャップを埋め込み済み。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

TA-ZH1ES
SONY

TA-ZH1ES

最安価格(税込):¥197,768発売日:2016年10月29日 価格.comの安さの理由は?

TA-ZH1ESをお気に入り製品に追加する <313

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意