トヨタ プリウス 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウス 2015年モデル

プリウス 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:プリウス 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
A 2018年12月17日 マイナーチェンジ 1人
Aプレミアム 4WD 2018年12月17日 マイナーチェンジ 1人
Aプレミアム ツーリングセレクション 4WD 2018年12月17日 マイナーチェンジ 1人
S ツーリングセレクション 2018年12月17日 マイナーチェンジ 2人
A 2017年11月1日 マイナーチェンジ 4人
A ツーリングセレクション 2017年11月1日 マイナーチェンジ 1人
A ツーリングセレクション 4WD 2017年11月1日 マイナーチェンジ 1人
Aプレミアム ツーリングセレクション 2017年11月1日 マイナーチェンジ 1人
E 2017年11月1日 マイナーチェンジ 1人
S Safety Plus 2017年11月1日 特別仕様車 3人
S Safety Plus Two Tone 2017年11月1日 特別仕様車 2人
S ツーリングセレクション 4WD 2017年11月1日 マイナーチェンジ 1人
S Safety Plus 2016年8月8日 特別仕様車 14人
S Safety Plus 4WD 2016年8月8日 特別仕様車 1人
A 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 37人
A 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 5人
A ツーリングセレクション 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 26人
A ツーリングセレクション 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 3人
Aプレミアム 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 17人
Aプレミアム 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 3人
Aプレミアム ツーリングセレクション 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 13人
Aプレミアム ツーリングセレクション 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 1人
E 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 3人
S 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 29人
S 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 2人
S ツーリングセレクション 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 21人
S ツーリングセレクション 4WD 2015年12月9日 フルモデルチェンジ 6人
満足度:4.12
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:228人 (プロ:1人 試乗:67人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.63 4.34 156位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.55 3.93 143位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.98 4.13 104位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.20 4.21 118位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.25 4.05 98位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.78 3.89 2位 燃費の満足度
価格 3.72 3.89 88位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウス 2015年モデル

プリウス 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

2018年12月マイナーチェンジのAに乗ってます。車はそれほど興味のあるものでもなく、車にはそれほど拘りがなく、しかし、必要なので乗っています。今回の乗り換えは、早くから予定して乗り換えたので、珍しく、スペックをしっかり読み込んだし、口コミやyouTubeで走りを観ました。

納車時、ディーラーで「エコモードでいいです」と言われ、一月ほどエコモードでノロノロと立ち上がる走りをしていました。通勤で片道10kmで燃費26kmくらい。

ノーマルモードでさっと巡行スピードに乗せた方が燃費がいいと読み、ノーマルモードにして発進時はブーンと速度を上げる走りにしたら、燃費29台以上になりました。昨日、100kmほど近くの観光地を走ってきたら31km台に今現在なっています。

期待以上の燃費の良さで満足しています。スタンドの割引期限が過ぎるのを気にしないとならない、Hi

HUDがついていますが、便利だと思います。YouTubeで要らないというようなのを観ましたが、私は便利だと思う。発進時の踏み込み具合がビジュアルに分かるし、NAVI情報も出て、私はお気に入り。HUDが燃費向上に貢献しているように思っています。

内装は、値段の割にチープかなと思います、それが気に入らない訳ではありません。他にコストかけてるから仕方ないのだと、あまり拘りのない私は気にしていません。

バックモニターカメラが、エアでプシュッとできるのがあると後で知り、それは残念。というのは、雨の日に帰って車庫入れバックするとカメラに水滴が付いて見えづらい。ガラコで撥水しました。カメラ位置も水滴付着要因があるみたい。

最後に思い出した。雨天に高速を走っていて周囲をセンシングするセンサが利かなくなったメッセージが出て、パーキングでセンサの水滴を拭き取ると直った。それ以来同様なことはありません。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
兵庫県

新車価格
284万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

発酵打算さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ
1件
17件
ノートパソコン
1件
15件
自動車(本体)
1件
12件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費5
価格3
 

バンパーの両脇は黒い蓋のまま

シートヒータースイッチは使いやすい場所に

 

 前期型プリウスAプレミア4WDも、購入から3年、7万キロ走行に近付いたので、同一グレード後期型 に買い換えた。(オプションは寒冷地仕様とナビレディーセットのみ)本体値引き29万、下取り(買い取り)は180万でした。ディラーオプションは何もつけていない。前期型からほとんどの装備を移植した。
【エクステリア】
 前期型では、バンパーの両脇の「黒い蓋?」をフォグランプでふさげたのに、後期型はツーリングセレクションを選択しない限り「黒い蓋」のままだ。前期型購入の際は「ここがみっともないのでフォグランプを」とセールスがフォグランプ装着を勧めたのに、後期型は「あきらめるかツーリングセレクションを」とな。フォグランプは小型で丸いフォグをバンパー下に装備してますが、トヨタ他車と同じもの。コストダウンが見え見え!カーブを曲がる際の左右の光の広がりも悪い!ヘッドライトはおとなしいデザインになったが、前期型と並ぶと明らかに安っぽい。ユニットを小型化しただけ?と疑いたくなる。リアのコンビランプも、横長になったとはいえ、テールランプユニットが小さくなり、コストダウンを感じる。バックランプも2個から1個になった。「ランプ切れてますよ」と、駐車場で、他のドライバーにご指摘いただきました・・・。
【インテリア】
 本革シートとシートヒータースイッチは改良され◎に。内装は話題の白便器から黒のピアノブラックに変わり、デザインに統一感は感じる。しかし、白い方が夜間の運転時に、コンソールに置いたものが見やすかった。埃も目立たなかった。追加装備はシートペンチレーション。まあ、北国では何回使うか疑問だが、シートが熱いときは楽かも。(まだ使ってません)。良くなったのはスイッチの位置。センターコンソール両脇にシートヒーターとペンチレーション機能のスイッチが配置された。調節も2段階から3段階に細かく温度設定できる。これは◎だ。革シートは前期型は滑って滑って大変だった。運転席もなじむまでに1年2万キロかかった。後席は最後までつるつるのまま。それが後期型は、初めから滑らない。後席住人からは「楽です」との感想をいただきました。ただ、後席背もたれの高さが低くなり、前期型につけていたラゲッジ一体型マットが合わない。なぜ低くなったのか?。室内ランプは、前席足下のみLED化して雰囲気が良くなったが、室内灯やドアカーテシランプ、ラゲッジランプとくら〜い電球のまま。自力ですべてLEDに変えた。3000円少々でぐっとゴージャスになるなら安いもの。
【エンジン性能】
 エンジン音が静かでなめらかになった。坂道などでエンジンに負荷がかかると、ごろごろ感のあるエンジン音が苦しそうに聞こえたが、後期型はスムーズに回転が上がる。マウントやエンジン自体の改良か?前期型はマウント(インシュレーター)が貧弱で、エンジンがかかった際に、結構なショックや音、ビリつくような感じを受けた。これも後期型は、改良されたみたい。
【走行性能】  
 エンジン(パワーユニット)は、走りが力強くなった。アクセルの設定が変わったのかも。前期型はエコモードでは、かなり踏み込みが必要だった。かったるいのであまり使わなかった。後期型のエコモードは、前期型のノーマルモードみたいな感じ。後期型ノーマルモードはアクセルが敏感になった感じだ。それが走りを力強く感じさせる。
【乗り心地】
 これは思った以上に変わっている。7万キロ近く走った前期型と新車の後期型であまり違いを感じない。タイヤが同じトーヨーでもJJ64になって、ごつごつ感がでたことと、足回りが堅くなり、後期型は路面のざらざら感や小さなでこぼこをいちいち伝えてくる。「疲れない。燃費がいい。どこまでも行きたくなる。」この感覚は・・・。10連休での高速2000km走行で、大きく変わった。車に鈍感な妻も「前の車(前期型)とは全然違う。疲れる。」というのだから事実だろう。高速でのがたがたごつごつはごめんだ。
【燃費】
 5度以下の燃費が改善しているかも。10度を超えれば私の使い方では軽く30kmを超える燃費は健在!
【価格と総評】
 第二世代トヨタセーフティーセンスではない!レーントレーシング機能や標識の認識など、カーロラスポーツ並に装備はない!唯一、リヤクロストラフィックアラートセットオプションで装着できるのみ。中古車市場でも買い取り価格暴落。昨年秋に「230万」だった買い取り価格が、1万5千キロ走行、年落ち、マイナーチェンジ、を経て、「150万」に。一番高かったのがディーラー下取り(事実上の買い取り)で、「180万」。中古車狙いの人は今が買いかも?LEDヘッドライトの雪対策まったくなしのまま。また怖い思いをするんだなあ〜。ほんと、何も見えなくなる。かの訴訟大国で売っているプリウスはどうなっているのだろう。ワイパーは、骨組みありのデザインワイパーに。まあ、前車のエアロワイパーは拭きが悪かったので、改良?コストダウン?いつの間にか、オイルエレメントも昔ながらのカートリッジ式に。パーキングブレーキも予想を裏切り足踏み式メカニカルブレーキのまま。流れるウィンカーなど見向きもせず・・・。
 コネ久テッドカーがうたい文句だがセールス曰く「都市部じゃないと・・・」です。これで本体価格6万円アップは何に使われたのか。
自分の車の使い方では、たぶん、次期モデルも買うだろう。カローラスポーツとは明らかに違う乗り心地、今後発売されるカローラ系がハイブリット4WDでも装備しない限り、選択肢はプリウスしかないだろうなと思う。ただ、多少価格が上がっても先進の予防安全を含む安全装備装着をお願いしたい。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
青森県

新車価格
336万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぴっぐぅさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

今回、台車で借りたプリウスの感想です。(170km/day)
【エクステリア】
 →好き好みあるかと思いますが、縦型のフロントランプはなんとなく苦手です。しかしMC後はその問題も解決したので新車で買うのであれば問題なし
【インテリア】
 →こちらもMC前は随所に白色が使用しており、特にステアリングの白いプラスチックはトイレの便座を彷彿させるものでなんとなく 
   嫌でした。MC後はブラックを基調としているため、以前より内装に嫌という感情はなくなりました。
ただコクピットから、シフト・ドライブモードのボタンなどの部分は30系プリウスのほうが私は好きでした。
【エンジン性能】
 →1.8L+モーターなのでスピードも出ますし、トルクもありますよね・・・
【走行性能】
 →ハンドルは切った分だけ、直に曲がるのでカーブなどは怖くないです。
   トルクがあるため低速から、アクセルに足を乗せるだけで「スッー」と車が進んでいきます。
【乗り心地】
 →個人的にはしっかりとタイヤが路面をとらえている印象を受けました。(普段、当方が乗っているシエンタHVと比べて)
【燃費】
 →パワーモードでの運転でしたが28-29Km/Lぐらいは出ました。カタログ燃費の70-80%ぐらいなので優秀かと思います。
【価格】
 →レンタカーで借りたのでプリウスのHPを見てになりますが、オプションをつけた際に、やや割高な印象を受けました。
   しかし乗り心地や、走行性能などを考えるとしかたないのかも・・・
【総評】
 →インテリア以外は特に不満はありません。これだけよくできているからこそ、インテリアのチープさが余計目立ちます。
   トヨタ車全部にいえると思いますが、トヨタ車ってなんとなく、「このクラスはこの装備でいいよね」って開発される方の思いを
   感じてしまいます。
   他の車も含めてそういうのがなくなればいいのになぁと思っています。
   今後のこの車に期待したいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shun0827さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3

ブラックのSを新車で購入し、2年半。あと半年で初回の車検というタイミングで、レビューをしてみたいと思います。

件名のとおり、買って後悔はしていませんが、
正直、買い替えを検討しています。

【エクステリア】
マイチェン前に購入しましたが、嫌いではないです。
夜間の斜め45度からの見た目は買ってよかったなーと思えるかっこよさでした。

【インテリア】
トヨタ特有の安っぽさはあり。
Sですとソフトパッドもほとんど使用されていません。また、一番気になっているのが運転席シートのファブリックのへたり。毎日乗っているというのもありますが、2年ちょっとでこんなに劣化してしまうのかと。助手席と比較して目に見えて劣化しています。

【エンジン性能】
元々そんなに飛ばす方ではないので、不足ありません。常にスポーツモードにしていればストレスなく加速してくれます。

【走行性能】
こちらも個人的には問題ありません。

【乗り心地】
街乗りは悪くないです。
高速だと、ロードノイズは結構入ってきます。

【燃費】
35000キロ走行し、燃費は23キロを超えています。
給油をする回数が本当に減りました。

【価格】
ハイブリッド車、トヨタ品質の安心の動力性能と耐久性に、お金を払っていると思っています。
逆にいうと、300万円を超える車でも、それ以外の部分は非常に安っぽい。

コストカットが要因かわかりませんが、部品を2度対策品と交換しています。
ワイパーの異音での交換と、トランクルームからの異音での交換。

【総評】
購入当初は満足していましたが、2年を超えて、売却を検討しています。

300万円近くで購入し、10年乗るぞと意気込んでいましたが、エンジンやハイブリッドの根幹の部分以外のシートや部品の劣化が思った以上に早く、色んな部分でコストカットの影響を感じています。

良い車ですが、最近は他社の車の質感も上がってきていますので、燃費以外の点で優位性を感じません。

それが、売れ行きにも現れているのではないでしょうか。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
愛知県

新車価格
247万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
10万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちゃ〜んさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
11件
メンズグルーミング
1件
1件
自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
プリウスにしては全体的に高級感があります。
ただ、リアのライトもLED仕様にしてほしかったです。

【インテリア】
私の選んだグレードでも十分高級感があります。
内装ライトはやさしいブルー系です。
ナビやドライブレコーダー関連との連動機能がありすぎて、使いこなせるかわかりません。

【エンジン性能】
まだ3日しか乗っていないので何とも言えませんが、街乗りであればエコモードで十分です。

【走行性能】
街乗りでエコモードしか試していませんが、問題ないです。

【乗り心地】
車高がやや低いため、乗り降りがややしにくいです。
Aグレード以上は、運転席助手席が2枚ガラス?になっているため静かです。

【燃費】
言うことなく、満足です。

【価格】
安全性能面やT-Connectサービスがあることを考えれば、安いのではないでしょうか。

【総評】
1月23日契約で、4月13日納車です。
まだ3日しか乗っていませんが、満足しています。
長く乗ることを前提にしているのであれば、トータル的に十分満足できると思います。
前の車が120系プラドだったので、機能・性能・燃費の良さにはびっくりです。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
山梨県

新車価格
292万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
25万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ts.ロッキーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ
0件
5件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
1件
ロードバイク
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】マイナーチェンジして僕がいやだった箇所がデザイン変更されたので星三つです ヘッドライトの形 テールランプの形とひかり方 LEDアクセサリーランプ フロントバンパーの形状 後ボディーカラーではブルーメタリックが前のモデルより明るくなって良くなったと思います でもこの車のデザインはいろんな人の意見を聞きすぎて出来上がった感じがします 空力、燃費、居住性すべてを満たさなければいけなかったでしょう、好きな形かと聞かれたら ?です でも僕にとって車のデザインはそれほど重要ではありません

【インテリア Sツーリングなのでシート、ハンドルの表皮は合皮ですし センターコンソールはピアノブラックでは無いし 高級感はないかも分かりませんが運転席のポジション ハンドルの大きさ シートの座りごごち グラフィックメーター位置(見やすい高さ) 後席に座ったときの膝まえの広さ 天井と頭のクリアランスは問題ないと思いますし、ドアミラーの高さも見やすい高さにあるし、 すごく考えて設計されている室内空間だなと感じます

【エンジン性能】普段街乗りしている分にはハイブリッドで静かだし問題無いが峠道を走っているとハッキリ言って物足りないです、これは購入する前から分かっていた事なので仕方ありません しかし僕は初めてハイブリッド車を所有して車が静かに音も無く走る事がこれほどに楽なのかと感心しました 若い頃はマフラーを替えて排気音を大きくしたりしてましたが今ではもっとモーターで走って欲しいなぁとか思います。

【走行性能】峠道を走るときエンジン性能は物足りないと書きましたが コーナリング性能は悪くない 前に乗っていた車より速くコーナーを抜けていきます 街中の交差点もくるっとまわって右左折できますし乗っていて楽しいです

【乗り心地】215/45/17インチのタイヤなのに細かい振動は抑えてくれます(素人の感想です) 自分でホイールやタイヤをカスタムしてインチアップして扁平タイヤ履いてる車とは全然違います 乗り味は固めですが、嫌味な振動はしっかり消してくれるので僕は乗り心地イイと思います

【燃費】それほど距離を走っているわけではないので 具体的な数字はわかりませんが 燃費と走りの高い次元での両立がこの車の真骨頂ではないでしょうか

【価格】オプションにお金をなるべくかけないで下取りと値引き(これは営業マンが頑張ってくれました)とでハイエンドな軽四よりチョット高い値段でした 性能やクオリティを考えると高くは無いと思っています 具体的な値引きの額は書かないでおきます

【総評】世の中には速い車 高級な車 すごい走破性のある車 いろいろな個性のある車がありますが このプリウスという車はすべてが中途半端と言うより すべてがちょうどイイ車なのかなと思います。 トヨタは社長が豊田章夫社長になってからイイ車造るようになりましたね。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Sakura‘sさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格3

【エクステリア】
好みの問題。
私は嫌いじゃないです。

【インテリア】
ちょっと安っぽいです。

【エンジン性能】
まあまあです。
排気量並みですね。

【走行性能】
4WDを実感できる場所を走ってないので、なんとも言えないが、今のところ不満は無い。

【乗り心地】
車内で仮眠する事が多いのだが、シートを倒した時に腰のあたりに大きな段差ができて寝にくい。
ドライブ中もシートがしっくりこない。
現在シートポジションを試行錯誤中。

【燃費】
約1000km走って、現在は24km/L
練習すればもう少し伸ばせそう。

【価格】
支払い総額420万円

【総評】
後悔しない為に、最上級グレードに欲しいオプション全部つけたが、価格が高くなりすぎた。
はじめてのハイブリッド車だったのですが、練習しないと燃費を伸ばせません。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
愛知県

新車価格
347万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アオクジラさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア1
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3

「うわ、すごい顔つきだなあ、んでも、いずれ慣れる日が来るのかなあ・・」
と思ったのが、現行プリウスの登場した2015年末。3年経ちましたが、そんな日はまだ来ません…。

閑話休題。

主に走行性能について書こうと思う。
目玉のハイブリッドパワートレインはぶっちゃけ、前モデルと較べると雲泥の差でイイ。いや雲泥の差でマシという表現の方が正しい。

前モデルは軽くアクセルペダルを踏んでも
「ノー…。ワタクシは加速したくありません。燃費悪くしたくないから。」とあっさり拒否る。それはもうマゾには堪らないドSクルマだった。クルマがそんな調子だったから、プリウス乗りはパカパカとアクセルベタ踏みするクセが付く、とすら言われた。(イメージ的には納得)

でもこの、ルックスをイジられるモデルになってからは、嫌々ながらもちゃんと聞く耳をもってくれる、相当フツウのクルマになった。
乗心地も良くなってフツウになった。
燃費は更に向上したらしい。

やっぱりこのクルマ最大の魅力は「燃費」なのだと思う。給油の度、その低燃費具合、給油金額の小ささにお得気分をゲットする。地味ながら定期的に気分を良くしてくれる。それが醍醐味。燃料費安いから、遠出だって気楽になれる。

であるならば、他者の追随を許さないほど鬼低燃費であるのに、フツウのクルマに近いドライビング感覚を持てるという両立が、実はとんでもなくミラクルゴイスーな特徴なんじゃないかと思う。
フツウであるスゴさ。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さとエマさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
 

 

購入してちょうど6カ月経過。走行距離1万キロ突破したのでレビューします。
購入前はホンダのグレイス、フィットHV、日産ノートe-power等と比較検討してました。


【エクステリア】
何かと酷評されていますが慣れるとそうでもない。乗り始めると愛着がわくしフロントは好み。
むしろプリウス=近未来感 を連想するならば無難なものよりこれくらい攻めたデザインでもいいと思う。遠近どこから見てもパッと見てすぐに「あ、プリウス!」とわかります。


【インテリア】
プラスチックを多用していますが、内装を高級っぽく見せるワザはさすがトヨタ車だなぁと思います。
ブラックで艶があるプラスチックなので、傷がつきやすいのと、ほこりが目立つのが気になりますが不満はありません。ハンディワイパーとかで拭けばいいし。
途中からマイチェン?でブラック内装を指定するとセンターコンソールもブラックになりましたね。シフトノブ周りだけは白のままだったので、どうしても嫌でオプションでブルージュエルに変えました。いい感じ。
コンソールトレイとシフトノブ周りは白だと皆さんおっしゃるように陶器…というか、トイレみたいですよね笑
夜間のライトに連動して、センターにある薄明かりのスポットライトと、ぼんやり足元を照らしてくれるライトは夜の飛行機みたいでおしゃれ。
センターメーターもフルカラーで色んな情報が出てきて先進的で、視認性もよくとても良い。
唯一残念なのが収納の少なさ…。グローブボックスも狭い。車検証入れるとほぼ何も入らなくなります。普段から車に荷物積まないからいいけど。
空力を意識したためか見切りも悪い。歩行者、自転車の巻き込みには注意必要。だからこそ車線変更時等にブラインドスポットモニターがあるのはほんとに重宝する。
後方も見にくいのでバックカメラは必須だと思います。


【エンジン性能】
ノーマルモードなら別に日常使いでも困らないし、高速の合流などいざというときの加速も気にならない。エンジンはかなり唸るけど山道もモーターと協同してさくさく走ってくれます。
エコモードにするとかなりもっさり…というか重たくなる。燃費もノーマルモードと全然変わらないので普段からノーマルモードで走ってます。
ホンダやスバルのように「アクセル踏んだら踏んだ分だけ反応して加速」というようなスポーティ感求める人には物足りないかもしれないけど、HV車だしトヨタ車だし…笑
自分は満足ですね。


【走行性能】
スピードを出しても、しっかりとステアリングを掴んでいなければ…というような、手に汗握るような不安定感はない。ステアリングががしっとしてて直進安定性が高いですね。
ブレーキもよく効いてくれる。先代までのカックンブレーキは大幅に改善されてると思う。
ただ、回生ブレーキと油圧ブレーキが切り替わる時にペダルがすっぽ抜ける?ような感じがして、効きが一瞬悪くなる時がある。
そして山道の下り坂とかで電池の充電がいっぱいになると油圧ブレーキのみに切り替わるのでブレーキフィーリングが大幅に変わって(つまり効きが弱くなって)ひやっとすることがたまにある。
改善されたとはいえやはりガソリン車のブレーキ感覚とは違うので、多少の慣れは必要だと思います。


【乗り心地】
TNGAの恩恵なのか、HV車で電池を積んでるため重心が下に向かってかかってるからなのか、17インチタイヤを履いてるからなのか、、
トヨタ車にしてはかなり硬めの足回り(感じ方は個人差があると思いますが)
自分は硬めの乗り心地が好きなのでこれくらいが丁度いい。いい意味でトヨタっぽくない味付け。
トヨタ車独特のフワッとしたような感じはなく、かといって不快な突き上げはなく、しなやかでマイルドな乗り心地。
ダブルウィッシュボーンが効いて段差などをしっかりいなしてくれるし、ばたつきも少ない。カーブもロールせずスピードを出してても怖い感じがしない。
そしてHV車だけあって静粛性はかなり高い。グレイス、フィットHV、ノート等比べて、遮音性は圧倒的にトヨタ車が優れてると思った。
皆さんおっしゃるようにロードノイズは少し気になります。 タイヤのせいかな?
今まで車酔いしやすかった人を乗せても車酔いしなくなったので乗り心地が改善されてるのは間違いないと思います。


【燃費】
夏場はエアコン25度、平均燃費28キロ前後。
冬場はエンジン結構回ってるので22〜24キロ前後。暖房切ってシートヒーターのみで走ればいいんだろうけど、合成皮革シートは冷たいし寒いので笑
HV車の宿命だと思いますが、暖房効き始めるのに時間かかります。5キロくらい走ってようやく暖かくなる。グリルシャッターついてるから先代よりはマシなのかな?
一回の給油で1,000キロは確実に超えます。大満足です!


【価格】
マイチェン前だったので値引き頑張ってくれてAツーリング総額乗り出し270万くらい。
安くはないけど、先進の安全装備、燃費、走行性能、乗り心地等考えれば妥当だと思います。


【総評】
総じていいクルマ。
さすがトヨタが力入れて作ってるだけはあるなと。 売れる理由がよく分かる。
大事に乗ろうと思います。最高!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
茨城県

新車価格
292万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぐでたろうさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
前期型に比べると、万人に受け入れられやすいデザインへと変化した。テールランプの造形をもう少しだけ頑張って欲しかった感はあるが、充分満足。ネット上では前期型を含めて「醜い」と酷評するヒトたちもいるが、そこまで酷いだろうか...?醜いと断言するヒトたちの「美しい」と感じるクルマのデザインを教えて欲しいものだ。たぶんそのクルマが10人中10人が好きになることはないだろうから。
【インテリア】
高級感はないが、チープとも思わない。シンプルで分かりやすい作りで、エアコンの操作のしやすさは秀逸。独特のシフトレバーもはじめはとまどうが「手のひらの先でちょいと動かす」という開発者の狙いが分かると、ひたすらイージーに、楽に操作できるようになる。
【エンジン性能】
速いクルマではないが、日本の生活場面ではまったく不足のない性能。踏み込めば音はするが、不快な音ではない。
【走行性能】
ハンドリングも素直でよく曲がるし、高速域ではどっしりと安定。ドライバーの思い通りに操れて、人馬一体感がある。
【乗り心地】
17インチのタイヤだが、硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい感じ。段差はしっとりといなして、蛇行した道でのロール感も皆無。合成皮革のシートの座り心地も良くて、長距離運転でも本当に疲れない。ずっと乗っていられる感じ。
【燃費】
特に意識した運転をしなくても、真冬でもリッター20km前後は確実に走る。燃費がいいので、どこまでもドライブしたくなる。
【価格】
安いクルマではないが、性能を考えると納得。しかし、カローラスポーツにはついている電動パーキングブレーキとブレーキホールドがなくて、最新のToyota Safety Senseでもないことだけが残念無念。
【総評】
素晴らしいクルマです。とにかくこんなに楽に運転できるとは思いませんでした。ハイブリッド車の完成形だと思います。売れる理由が分かります。大事に乗っていきたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
岡山県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ギモンギモンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
薄型テレビ
0件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

よくプリウスの加速についてかったるい等の意見がありますが、その場合はパワーモードにすれば良いだけの話と思います。その為プリウスは3つのエコ、ノーマル、パワーモードを備えているのです。私もエコモードは嫌でノーマルモードでほぼ満足しています。プリウスでもパワーモードだと相当加速は、良くなります。もの足りないと思われる場合は、パワーモードを試して見て下さいね。

使用目的
買い物
レジャー
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
長崎県

新車価格
319万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

YPVS.さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
328件
自動車(本体)
4件
102件
タブレットPC
0件
16件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

試乗車上がりの2年落ち5000キロ車を200万ちょいで購入

シャトル、ヴェゼル、C-HR等で悩みましたが
コスパとバランスが良さそうなプリウスを選択
納車後1500キロレビュー

◆エクステリア◆
トヨタにしては攻めたデザインですが気に入ってます
AE86と同じスーパーホワイト2が今でも現役なのにビックリ

◆インテリア◆
30系より相当クオリティが上がっています
下位グレードでもレザーステアリング標準なのが素晴らしい
昔のトヨタではあり得ない

圧迫感のあるデザインにしては中も十分広く
大人四名迄なら十分くつろげます
シートの出来も中々!シートレールの剛性感もかなりあります

車高の低さ+サイドシルの幅広からくる乗り降りのしにくさ
お年寄りには乗り降りが厳しいかな

そして雨天時サイドシルの汚れがズボンに付きやすい点は改善してほしい
(ドアの下部を長くしてボディが濡れないようしてほしい)

あとはユーティリティが弱い
トヨタさん頼みますよ!
各席分USBソケットとラゲッジのシガーソケット欲しいです

◆エンジン性能◆
必要十分以上の動力性能
(軽くスロットルを踏むともっさりですが踏み込むと意外と速い)
CVTらしいスムーズな駆動系
もう少しEVパワー+電池容量があればモーターだけで流れに乗れるのだが
それは流石に厳しいですね(PHVもありますしね)

◆走行性能◆
全車速クルコンが便利
オートハイビームは今ひとつ・・対向車はしっかり認識しますが
前走車を見逃す(前車がいるのにハイビームになる)
事が多いので使っていません
乗り心地も秀逸(15インチにインチダウンしてます)
ロードノイズはやや気になりますが許容範囲内(純正トーヨー)

低重心の割にアンダー傾向が強すぎて
ハンドリングを楽しむ感じのクルマではありませんが
(パワステの重さ設定も自分で出来ると面白いのに)
快適にクルーズするクルマとしては中々良いクルマだと思います

設定画面で自分好みに色々設定出来るのも今時のクルマっぽくて◎
パワーメーターはアクセルを踏む加減が視覚的に分かりやすく◎

◆燃費◆
田舎の通勤片道13キロでリッター28キロ前後(メーター読み)
高速に乗るとやっぱり燃費が落ちますね
まだ一度しか高速ドライブ(往復240キロ程度)しておりませんが
雨天80から90キロ巡航(大人4名乗車)で26から27キロ前後でした

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
燃費追記(2018.7.27)
購入してから6000キロ程度走りました(今真夏)
猛暑の中エアコン効かせて片道15キロ程度の田舎から市街地に向かう
通勤でメーター読みリッター27キロ前後
(たぶん満タン法で25キロ前後)
冬場や春秋のエアコン無しヒーター無しだとメーター読みで33キロ前後
(満タン法でリッター30キロ前後)
といったところです

電動エアコンなのでアイドリングストップでも
エアコンの効きは抜群ですが
駆動バッテリーがすぐ無くなるので
エンジン可動時間がどうしても伸びてしまいます

私は冬場はシートヒーターだけ使う派なので(一人の時は)
夏場の燃費低下は避けられませんね
4キロから5キロぐらいは下がってしまいます
(それでも十分燃費は良いです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆価格◆
軽自動車が200万超える時代を考えれば
新車総額300万前後は仕方ないのかな???
今から買う方は後期型を待つほうが良いと思います
(2018年中にマイナーチェンジらしい)
アルファードに搭載されている
進化型のセーフティーセンスが付くと思われるので
(標識認識、レーンキープアシストなどなどが追加)
今すぐ買うなら程度の良い中古がいいかも

◆総評◆
試乗等のちょい乗りだけだともっさり感満載のプリウスですが
エコモードでも50%以上アクセル踏むと予想外の速さを見せます
絶対的パワーは無いですがモーター+エンジンが生み出すトルク感は中々
実用車としては十二分以上の動力性能

全体的なクオリティとバランスも良く
総額300万以下の普通車&通勤車では一押しです!
長距離ドライブも疲れませんのでもちろん旅行のお供にも良いです

◆余談◆
中古なので純正ナビ9インチが付いてきましたが
あれに20万以上出すのはオススメしません
(唯一バックモニター機能は良いですが価格を考えたら
今時、全方位モニターでも良いのでは?)

30万弱もするナビなら有機ELぐらい付けて欲しいところ
今時感圧式の低解像度の安物液晶付きであれば高すぎ過ぎ
CellularモデルのiPad等を付けたほうが良いです
常に最新地図が無料!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
購入後1万キロを超えたので最終レビュー(2019.01.05追記)
・生涯燃費はメーター読みで30キロ

●トラブルが一度だけありました
旅行中突然モーターアシストが死亡
充電もアシストも出来ない状況に
たまたま近くのトヨタがあったので見てもらい
ECUのアップデートにてとりあえず解決
ディーラーが全国津々浦々にあるトヨタの安心感
ECU
899834737000から899834737300へ

●以前のレビューでマイナーチェンジにて
最新型のセーフティセンスが搭載されるのでは?と記載しましたが
残念ながらセーフティセンス系装備は据え置きに
マツダみたいに激しい年次改良しすぎるのも考えものですが
資金力のあるトヨタが出し惜しみをするのは如何なものかと

●一つ気になっている点は車高が低すぎる事(最低地上高)
駐車場の輪止めには当たりませんが道の悪い田舎暮らしだとよく擦ります
当方は雪国ではありませんが雪国だとかなり使い勝手が悪いのでは?

●余談ですが高速道路で高燃費を叩き出すポイントは
クルコンを使いつつもマメな速度調整をする事です
勾配登りではあまりエンジン負荷が掛からない程度に設定速度を下げてあげ
逆に勾配降りでは加速を利用して設定速度を上げて上げると
90から100巡航でもメーター読み30キロは狙えます(路面はドライ)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった54人(再レビュー後:29人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヤンマ569さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格3


【走行性能】走行性能のところでの追記ですが絶対的な動力性能的には平均的なものになりますが、周りの交通の流れに合わせて走る分には全くストレスを感じさせません。街中をキビキビ走ってくれます。モーターのアシストもあるため実際の排気量を上回るトルク感を感じます。ブレーキのタッチも少ない踏力から制動します。
この車を開発した方も日本の道路事情をよく研究してるなと言うセッティングです。
基本性能の良い車です。

レビュー対象車
試乗

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あきらさんたさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人
満足度1
エクステリア1
インテリア2
エンジン性能2
走行性能1
乗り心地1
燃費4
価格2

最初は慣れない借り物のせいかと思いましたが視界が悪いように感じます。
内装
シートは平凡なファブリックもう少し硬めでもいいかな。
外装は独特で好みは大きく分かれそうです。
奇抜なデザインとは相反してプレスラインは平凡でした。
燃費の為なのかドレスアップ仕様との差別化のせいなのかホイールが今時珍しい厚めのタイヤでボディーの奇抜なデザインから浮いてしまう感じです。

内装はプラスチッキーな感じでデジタルメーターは最近の外車みたいにナビ画面になる訳でもなく大きな進化はしておらず安っぽく感じました。
これなら普通の針のがいいです。

乗り心地
街乗りでは柔らかい足回りがショックを吸収しますが、そのせいなのか、はたまた剛性が低いからなのかは分かりませんが長距離だと疲れます。
長距離や高速多い人にはもう少しガッシリしてて欲しいところです。
走行性能
モーターなので初めから最大トルクが出るので出だしはスムーズ過ぎるくらいです。
ストップ&ゴーが多い環境の人には利点かもしれませんね!
ただ、坂道では意外と結構唸ります。
調べてみるとエンジン自体は1.8リッターの割にはトルクや馬力がないんですね。
300万近い車としては内装も音も安っぽい感じがします。
ハイブリッド乗る人は割り切ってるしそもそも気にしないのかもしれないですが、ドライブ好きな私には残念なところです。
ハイブリッドカーに求める事でないと言われ兼ねないですが、ドライブが楽しい車とはお世辞にも言えなかったです。
燃費は乗用車なので高速のが燃費よくなりそうなイメージある人が多いかと思いますが、高速乗るとむしろ少しずつ下がっていきます。
流れてる国道走ってる時は伸びていくので想定速度が意外と低いのかな。

高速一般道合わせて700キロくらい走って満タン法で燃費は23くらいだったと思います。

一番の不満はやはり視界が悪く車両感覚を掴みにくいのと発進とブレーキの感覚が変わっている事でしょうか。
慣れである程度どうにかなるのかもしれませんが、元々視界がいい物と比べたらその差が埋まったりより安全に乗りこなせるという事はないので、そこは減点です。
昨今の車はやけに燃費の為のデザイン性?ばかり優先しがちな物が増えたように思います。
これは他のメーカーにも言える事ですが、機械が進化して来たとは言え運転するのはドライバーなので多少の燃費より運転しやすいデザインで作って欲しい。

世間の風習は燃費優先しがちなのかもしれませんが、よくよく考えたら燃費より安全や命のが大事ですし、乗りにくいという事はより疲れやストレスが溜まるって事とも言えますし。

と余計な事言いましたが、総評として通勤や送り迎え日帰り旅行などには足としての車にはマッチしてると思います。
社用車によく見掛ける理由がよく分かります。
車通勤の人にはとてもマッチしてると思います。
使う環境や価値観次第ではいい車です。
レンタカーで長距離乗るかタクシーや遠くまで車通勤の人にはいいと思いますが、殆どの一般人ではメリットってほどメリットではないように感じます。
たまたま私とは合いませんでしたが、知人で乗ってる人や以前お世話になってた営業の人に聞いた話ですが、ガソリン代で実際節約になるならないってよりただ数字上げてくのが趣味って人も結構いるらしいので、考え方次第でしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

陽気なタロウさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

8月にレンタカーで約1300km走行してみた感想です。
(2018.12、内容を一部訂正しました。評価は大きく変えていません。)

【エクステリア】
 私は割と好きな方ですね。リアにかけて流れるようなサイドビューは素晴らしいと思います。個人的な意見として、車のデザインは、数多くの車種が走る街中で一目で車種が判別できるような独創的なものが良いと思うので、これは「アリ」。
 ただ、カクカクして、中央に向かって無理やり引き延ばされたような形状のヘッドライトは、間近で見ると、酷評される理由も分かる気がしました。

【インテリア】
 Sグレードでも十分。一目見てチープさは一切感じない。ただ、カーナビ周りなどのインテリアパネルは細かいホコリが目立ちます(ホコリがつきやすい)。エアコンパネルも操作しやすいです。
 収納スペースは少ない。特に助手席周りの収納スペースが乏しい。グローブボックスは車検証や取説でほぼ埋まりますし、足元のドアポケット(?)は小さくてB5サイズの冊子すら入らない…。
 見栄えを良くした分、実用性を損なった印象です。

【走行性能・エンジン性能】
 常にノーマルモードで走りましたが、不満は一切感じませんでした。加速力も必要十分。峠道の登り坂ではエンジンは唸りますけど、それは他車でも同様。うるさいと感じる方は、ハイブリッドに期待しすぎなのかもしれません。

【乗り心地】
 段差を乗り越える時の衝撃の吸収がグッド。不快な突き上げは一度も感じなかった。また、シートの出来も良いのだろう。座り心地がよく体が安定するので、カーブでも体が大きく揺さぶられない。長距離走行でも(同乗者含めて)疲れにくい。

【燃費】
 1300km走った平均燃費は26.4km/l。高速や市街地間を結ぶバイパス、田舎の国道を中心に走行。結構エアコンも強めにかけている夏場でのことなので、一切文句なし。
 プリウスは高速巡航すると燃費が低下します。実際、始めに高速400km走り続けたときの平均燃費は24.3km/l。逆に燃費が良くなった(平均燃費が上がった)のは、(1)やや交通量があり55キロくらいで流れる国道を走ったとき、(2)緩やかなカーブが続く山中の道路で、40〜60キロ内での加減速が続いたとき、でした。50キロ程度だとEV走行が継続的に可能なこと、また多少の減速がある方がバッテリーの充電が行えるためでしょう。

【価格】
 後日、ディーラーで見積もりを取ってもらいました(現在新車購入を検討中。プリウスは候補にありませんでしたが・・・)。
Sセーフティープラスは結構お買い得。下手に車体価格がプリウスより安い車を買うより、装備内容を考慮すると結構得かもしれない。コンパクトカーではオプション設定の装備が、プリウスだと標準装備化されるためです。Aツーリングとかになると、やはりそれなりの値段になります。

【その他】
・車内空間・・・噂通り、後部座席の頭上空間が狭い。身長・座高が高い人には窮屈に感じるでしょう。アクアと大して変わらない。前列に関しては以外と頭上空間に余裕がありました。
・「音」・・・車内の静粛性は非常に良いです。エンジン音も静かですし、ロードノイズも気にならなかった。ただ、ピラー周りからの風を切る音が少々気になりました。空気抵抗は特に抑えている車種のはずなんですが・・・。

【総評】
 燃費と乗り心地は素晴らしかったが、収納スペースや後部座席の居住性とか「実用性」に関わるところは不満あり。でも、5日間のレンタカーでの移動中十分満足できました。レンタカーでこれほど(良い意味で)印象に残ったのは珍しい。良かったです。
 販売台数トップ3をなす、アクア、日産ノートと比較すると、プリウスには価格差以上の価値があるように思いましたが、それでも数十万の差はありますので、アクア・ノートで不満がなければ強いてこちらを選ぶ必要はなく…。この3車の販売台数が拮抗している理由も、何となくわかりました。

乗車人数
3人
レビュー対象車
中古車

参考になった24人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

プリウス
トヨタ

プリウス

新車価格帯:251〜347万円

中古車価格帯:98〜540万円

プリウス 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <1200

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意