805 D3 [ローズナット 単品] レビュー・評価

805 D3 [ローズナット 単品]

  • 「ダイヤモンド・ドーム・トゥイーター形式」を採用した、スタンドマウント型のスピーカー。
  • 「コンティニウムコーン」は音域に悪影響をおよぼす可能性があるブレークアップ挙動を打ち消し、オリジナルに近いミッドレンジ・パフォーマンスを実現。
  • 「トゥイーター」を無垢のアルミニウム板内に格納することで、剛性の高いプラットフォームを実現。澄み切った音を再生する。
805 D3 [ローズナット 単品] 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2015年10月

販売本数:1本 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 再生周波数帯域:34Hz〜35KHz インピーダンス:8Ω 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • 805 D3 [ローズナット 単品]の価格比較
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の店頭購入
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のレビュー
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のクチコミ
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の画像・動画
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のピックアップリスト
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のオークション

805 D3 [ローズナット 単品]Bowers & Wilkins

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2015年10月

  • 805 D3 [ローズナット 単品]の価格比較
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の店頭購入
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のレビュー
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のクチコミ
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の画像・動画
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のピックアップリスト
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のオークション

805 D3 [ローズナット 単品] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.83
(カテゴリ平均:4.54
レビュー投稿数:12人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.63 4.43 21位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.83 4.38 15位 高音部の音質の良さ
中音の音質 4.83 4.43 17位 中音部の音質の良さ
低音の音質 4.28 4.17 39位 低音部の音質の良さ
サイズ 4.91 4.44 15位 省スペース性・コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

805 D3 [ローズナット 単品]

805 D3 [ローズナット 単品]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:102件
  • 累計支持数:663人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
30件
998件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
496件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
332件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

   

   

【デザイン】
B&W伝統のデザインです。
「ダイヤモンド・ドーム・トゥイーター」はインテリア的にも優れていて満足感があります。


【高音の音質】
ダイヤモンド・トゥイーターのサウンドに魅せられて憧れていました。
臨場感に溢れた高音の響きの良さは絶品です。


【中音の音質】
押し出しの強い分厚い中音はリアリティーを感じさせるサウンドです。


【低音の音質】
良く引き締まったスピード感のある低音が特徴的です。
フロアー型ならではの迫力のある分厚い低音こそ期待出来ませんが、アコースティック楽器を小気味良く綺麗に鳴らすのにはベストな選択だと思います。

低音の量感を期待されるのなら「804 D3」を選択するべきだと思いますが、このサイズからは想像し難いサウンドなので、実際に聴いて頂ければと思います。


【サイズ】
これだけのサウンドを響かせながらも、とてもコンパクトで文句無しに満足しています。


【総評】
805シリーズは旧モデルも含めて全て試聴しており、特に前作「805Diamond」は充実した中高音に魅せられまして、購入しようか悩みながらも保留していました。

「805 D3」は高価過ぎたこともあり、購入候補から外していました。

昨年末にSACDプレーヤー「SA-12」を購入したことで、スピーカーシステムの更新も検討することにしました。

DIATONEの「DS-77HR」を長年使用しており、音質には満足でしたが、サイズが大きく部屋を整理したかったのが買い換えの理由です。

スピーカースタンドに乗せるのであれば、フロアー型スピーカーも設置面積に違いは無いのですが、設置場所を柔軟に選べる汎用性の高さでは「ブックシェルフ型」が有利です。

1本10万円を超えるスピーカーを他人に勧めるのであれば、フロアー型を最優先にするのが合理的でしょうし、例えばペアで100万円以内との括りで選ぶなら「RUBICON8」や「702 S2」 と、「805 D3」のどちらが優れているのかと聞かれれば、回答には困るでしょう。

販売店でザックリと試聴を進めると「KX-3PII」、「EPICON2」、「705 S2 」が好みでしたが、どれも総合的にはフロアー型の「RUBICON6」には見劣りする印象が有りました。

DALIのリボン型ツイーターの音色は好みですが、これを搭載するのは全てフロアー型なのです。

これを超える中高域のサウンドを期待するなら、やはりDiamondツイーターが思い浮かび、あらためて「805 D3」と「EPICON2」、「805 D3」と「705 S2 」をそれぞれ別店舗で比較試聴してみました。

「805 D3」と「EPICON2」の比較では、中高域の押し出しの強さがまるで違い、Jazzピアノを聴いていて楽しいと感じるのは断然「805 D3」でした。

「805 D3」と「705 S2 」の比較では、音色の違い以前に明確なクオリティの違いを感じ、妥協して「705 S2 」を購入すれば絶対に後悔すると思いました。
700系のモデルは音場感に優れ、オーケストラ再生には向いていますが、それなら低音の充実したフロアー型の上位機種が有利です。

決め手となったのは「805 D3」の小音量再生時にバランスが優れ、厚みを失わないサウンドです。
そして低音の響きが床に伝わりにくいメリットもその理由です。

小型スピーカーのサウンドをニアフィールドで聴けば、小音量でも満足出来ますが、リスニングポイントが限定されてしまいまう欠点が有ります。

「DS-77HR」は音量を十分に上げれば「805 D3」にも全く見劣りしないサウンドが得られますが、小音量時には帯域バランスが崩れてしまいます。

夜間の音楽鑑賞がメインなので、小音量でも楽しく聴けるのは、何にも代え難いメリットであると感じています。
マンション住まいである私の用途に最も合うモデルが「805 D3」でした。

これから一生涯使う可能性が高いスピーカーとして、「805 D3」を購入することにしました。

先日「805D3 Prestige Edition」が発売され、「805 D3/MR」の展示処分品が出ていたのでそれを購入しました。
発売以来3年間、販売店のマランツコーナーのメインスピーカーとして設置されていたものです。

私の場合は年間の使用時間が短いことが予想され、最初からベストな音質で聴けることにメリットを感じて、あえて展示品を選択しました。

使用機器は

SA-12  SACDプレーヤー
HPA-WEVT25  真空管アンプ

となります。

真空管アンプの音色が好みなので、手持ちのアンプを利用することにしました。
「Western Electric VT-25」を利用した真空管ヘッドホンアンプです。

出力の小さなA級シングルアンプですが、スピーカー再生も可能で、出力が最大で1W程度ですがこの真空管ならではの響きの良いサウンドを奏でます。

また真空管アンプとしては充実した低音再生も特徴的で、インピーダンスが8Ωで能率が88dBの「805 D3」であれば、音量不足も全く感じません。

真空管アンプには、2Wayスピーカーの繋がりの良さがピッタリで、「805 D3」との組み合わせでは音のエッジが緩くなり過ぎずに、滑らかでも力強さや繊細さ、切れの良さを失わない充実したサウンドが得られます。

SACDは繊細で階調表現が滑らかな「SA-12」で組み合わせとしては良いと感じます。

設置はスピーカースタンドの利用がベストでしょうが、私の場合フローリングに座って聴くので、スタンドは高さが合わせづらく、TV用で利用中のローボードラックを利用することにしました。

ラックに直置きすると低音が全く響かないので、スペーサーとして「SUNSHINE ABA V30」を導入しました。

スピーカーケーブルはQEDのハイエンドケーブル「SIGNATURE GENESIS SILVER SPIRAL」を使用しています。
中低音を中心に音の厚みがあって、明瞭さと滑らかなさを兼ね備えたサウンドで、聴き疲れは全くしません。

これらの利用により、十分に質の高い低音が得られ、このサイズでこれだけのサウンドが得られれば、大型スピーカーには戻る必要は無いと感じています。

とても高価ですが、それだけの価値があるサウンドで、素晴らしいスピーカーだと思います。

参考になった7人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Bachcantataさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

【デザイン】
音質を優先した合理的なデザインです。チョンマゲも極上の高域の為でしょうね。

【高音の音質】
圧倒的です。ただし、ダブルウーハー搭載の上位モデルと同質のツィーターのようですから、高域過多になりやすいです。コントロールに気を付けましょう。高域調整は間違いなく玄人好みです。アンプの質、ケーブルの選び方に極めて敏感で、間違えるとすぐにキンキン、スカスカ、カンカンになっちゃいます。

【中音の音質】
中低域を新開発コンティニュアム・コーンが担います。2ウェイ独特の反応の速さ、透明感、ブレの無さは至福です。どれほどフルオーケストラが鳴り響いていても後方のトライアルの微細な響きを容易く不動の定位感で再現します。全く飽和しません。驚きを通り越して恐ろしくなるときもある程です。高解像度になり過ぎて、逆に削ぎ落としコントロールが至難とも言える部分です。

部屋全体がソース内の残響音の緻密な再生で響きますし、CD再生では余程録音が良くないと難しいですが、多くの高音質SACD再生ですと、楽器が宙にフワッと浮かび上がって前後左右に美しく広がります。
音像はスピーカー後方に広がりますが、アンプの選び方で変化します。一般的な鳴らし方は後方展開を生かすと思います。d3世代になり、実にたやすく音が前に飛んで出るようになったと思います。

【低音の音質】
私のシステムですと30Hzから音圧を感じることが出来ますが、ソースによって低域の表現は様々変化します。概してクラシック再生には問題を感じませんが、ロックや打ち込み系のソースは低域が(ドンシャリ味にすっかり慣れきった大多数の耳からすれば)弱い、不足と感じるでしょう。同じ曲でも、例えばピアノジャズ、ビル・エバンスの「Explorations」の一曲目「Israel」のCD盤とSACD盤を比較するとスピーカーサイズが変化したのではと錯覚するほどの低域量感をSACD盤では感じます。良質な低域実現は高品位なパワーアンプの必要性は言うまでもないですが。

【サイズ】
今まで大型スピーカーを使い草臥れて(笑)きたせいか、すこぶる小型です。ただし、スタンドないし何かの台が必要になりますので、テレビ台の上にテレビの左右に置くにしてもスペースを意外と必要とします。
またツィーターの形状からスピーカーの上にはものを置けないので、本棚に溶け込ませようと、例えば2枚棚板を上下挟んで使うことは不可能です。従って、スピーカーの上部は天井までデットスペース!?です(笑)。スピーカーの上にレースを敷いて小物やぬいぐるみ、お気に入りのフィギュアをキャワイらしく乗せる!事は不可能なのです。

【総評】
自作から始まり、タンノイスターリング、オートグラフミニ、ソナスファベールガルネリ、アマティ等々思い出すと多くのスピーカーを使ってきましたが、いずれも力量不足で鳴らしきれませんでした。この805d3はそれらに比べたら問題にならない程鳴らしやすいと思います。
当然800シリーズ末弟だけあり、兄貴達と同様こだわると深みにモロハマって超金食い虫です(笑)。
スピーカーケーブルの下にインシュレーターを左右5個ずつ置いていますが、部屋の掃除等でなにかの弾みにケーブルがインシュレーターから床にズレ落ちただけで音が変化してしまうほどの、ただただ驚愕しちゃうクリティカルな再現能力を秘めています。

いいオンナ(オトコでも!)にはホンマ金が掛かりますがアレと同じですね(笑)。いいオンナ(オトコ)同様!?、805d3は金を掛けただけ喜び楽しめる美しさを与えてくれますが、同時にさらなる苦悩がやってくる!?現代小型スピーカーでは最高峰のひとつです。


システム構成
パワーアンプ アキュフェーズ P-7300
プリアンプ アキュフェーズ C-3850
SACDプレーヤー アキュフェーズ DP-750
パワーコンディショナー Isotek EVO Sigmas

アナログケーブル アキュフェーズ ASLC-10 x2
電源ケーブル APL-1 x3
電源ケーブル EVO3 SEQ20A/1.0m

805d3専用スタンド KRYNA Stage (S60-805D328T)
オーディオボード arte SEISIS-C6555 x1
オーディオボード arte SEISIS-C5045 x2
オーディオラック Quadraspire Q4D VENT

参考になった11人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

elasoteric0312さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
61件
Bluetoothスピーカー
0件
1件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

システム変更に伴い、再レビューです。

805d3を使い始めて1年8ヶ月経ちますした。

メタルからクラシックまで幅広く楽しんでいます。
このスピーカーは、後ろから横から音像が現れ、その主張する佇まいとは裏腹に完全にその存在感を消します。それでいて力強く、圧倒的に精密に聴かせてくれます。
どんなジャンルであろうと、どんな音源であろうとクッキリとクリアに表現します。本当にブックシェルフ??と誰もが思うに違いないほど十分すぎる低域の再生力は、エージングが進むにつれどんどん重心が下がり、輪郭がクッキリとした綺麗な低域がどんどん出てきます。
前に使っていたJBLの38cmの低域とはまた違い、805d3の透き通ったクリアーな低域再生の方が自分にとっては好ましく、自然に感じます。

ダイヤモンドツィーターの通称「ちょんまげ」による高域の表現力、再生力は言うまでもありません。
やはりクラシックは抜群の相性としか言いようがなく、10畳の寝室にコンサートホールを作り出します。

小型BSのフロントバスレフは設置にも有利で、自分のようにあまりスペースが取れない場合でもそれほど神経質になる必要は無く、扱いやすいと思います。

総じて、絶対に買って満足出来るスピーカーだと思います


システム詳細
LINN AKURATE DSM (デジタルストリームプレーヤー+マルチインプット・ステレオプリアンプ)
LINN AKURATE 4200 (4chパワーアンプ)
QNAP HS-251S+ 500GB (Nas)

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

戦争を知らない還暦さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
5件
25件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
19件
プリメインアンプ
2件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ4

試聴した感想です。
詳細な分析は他の人のほうが、参考になります。
100万円のこのスピーカー、素晴らしいの一言につきます。
しかし、他のスピーカーを試聴していくと、同じレベルの音質のものが、いくつかありました。
価格を見てみますと、80万円、65万円、40万円、30万円など。
さすがに、これ以下の価格では805D3と同等の音質のスピーカーはありませんでした。

で、100万円に★5つ。

ここは、正直な感想を書けば、非難されるので!

参考になった14人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

風と木の詩さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ4

購入した当初は、中音がざらつき、高音はきつく、どうなることかと思いましたが、時間がたつにつれ、だんだんと解消されていきました。
他の方がおっしゃられているとおり、100時間前後の慣らしが必要かと思われます。
しかし、150時間経過後も、中音のざらつきは改善されませんでした。どうやら、今まで使っていたスピーカーケーブルとラインケーブルが、このスピーカーと合わなかったようです。
スピーカーケーブルとラインケーブルを交換した現在は、805D3が奏でる音楽を楽しんでおります。


【デザイン】
ちょんまげが可愛いです。最初は違和感がありましたが、慣れてしまいました。ピアノブラックの色も綺麗で満足。

【高音の音質】
解像度が高く、どこまでも伸びていき、透き通るような音です。

【中音の音質】
ほんのり艶があり、ボーカルを美しく奏でてくれます。歌い手の息遣いや、唇の湿り具合まで、よく表現してくれます。ボーカルは、少し前に出てくる感じです。

【低音の音質】
中高音のように、特筆するところがありません。普通によく鳴ってくれています。量感はありませんが、低音を求めていないので、特に物足りなさはありません。

【サイズ】
ブックシェルフ型にしては、少し大きめでしょうか。

【総評】 
購入当初は色々ありましたが、現在は満足しております。
不満があるとすれば、音量を一定まであげないと、満足感が低いことでしょうか。
低音量時の音が悪いというより、一定の音量まで上げると、音がよく感じるポイントがあるのです。
慣らしが済んだので、アンプをより高解像度なものに変えてみようかなと思っており、LUXMANの、L-590AX2か、L-550AX2を購入してみようかな、などと思っております。

【システム】 
アンプ:LUXMAN L-550A2
DAC:LUXMAN DA-06
スタンド:SOUND ANCHORSの805専用(重心が低く、中低音より。ボーカルは少し前に出る。高音は付帯音を感じることなく、すっきりしている)
ボード(スタンド下)KRIPTON
インシュレーター:audio-technica AT6099
スピーカーケーブル:ZONOTONE 6NSP-1500 Meiste
ラインケーブル:VITAL バイタル VAM-265
ラインケーブル(アンプのショートピン):LUXMAN JPR-100
電源ケーブル(アンプ):LUXMAN JPA-15000

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

バッハの宗教曲が好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
11件
もっと見る
満足度4
デザイン2
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質4
サイズ5

100時間のエージングが終了しましたので、レビューします。
(200時間以上経ってからとも考えましたが、当分先の話でいつになるかわからないので)
私が以前から所有しているB&W CM6S2と比較しながら評価しようと思います。


説明書には15時間、かつ、7日間のならし運転が必要と書いてありましたが、これは間違っていました。
100時間のならし運転が必要です。
まず、音質ですが、エージング15時間後からは相当上がりました。50時間後からも相当上がりました。
でも、CM6S2より上かと言われてばよくわからないですね。それについては後ほど説明します。

キンつきもかなり減りました。75時間後でもキンキンしていたんですが。
しかしまだキンつきます。少し疲れる音です。CM6S2は完全にキンつきません。


805D3は非常に細かい音の固い粒が濃密に鳴る感じ。
CM6S2は粒感がぜんぜん無いです。805D3が細密な点画なら、CM6S2は不自然さのない線画です。
まあ線画の方がなめらかですけど、でもこのような点は805D3の方が面白いですね。線画的なSPは安物でも大量にあふれていますから。
上記のようにCM6S2の響きって普通っぽさがあるんですが、805D3は濃い上にキラキラ感があってリッチな感じがします。(キンつきの副産物の可能性あり)
しかし805D3は濃いがゆえに明瞭さに欠けるように感じるときもあります。CM6S2はスッキリしてて見通しは良いですよ。そして音の伸びがいいんです。気持ちがいい音です。


ピアノ曲は805D3の方が正確にピアノの音色を表現しています。これと比べるとCM6S2は音が歪んでいるのがわかります。
逆にパイプオルガン曲だと、とくに低音がCM6S2だときっちり正確に鳴らしているのに対して、805D3は明らかに表現力が足りていません。


805D3は全く色付けのない音色で「これが正しい音です」という感じですが、
CM6S2は「私は面白く鳴ります」という感じです。CM6S2は高音と低音が顔の前まで迫ってくるようなキレの良さヌケの良さがあり、
抑揚の激しい音楽(例えばショスタコーヴィチの交響曲10番、12番とかベートーヴェンの交響曲5番、9番など)は迫力があり、聴いていて爽快です。
それを聴いた後に805D3で鳴らすと物足りなさは感じますね。
しかし、古楽の管弦楽は805D3の方が非常に上品で高貴な鳴り方をするんですよ。




あと、今回は私以外にも評価者がいます。
友人のプロのヴァイオリニストを家に招いて、805D3とCM6S2を聴き比べてもらいました。
(友人は非常に高価な楽器をいくつか持っており、音にはシビアです)

・低音、中音、高音が均等に出ているのは805D3
・聴きやすいのはCM6S2
・(声楽曲で)音がクリアなのは805D3。でも管弦楽を聴いたらどちらも同じ程度に感じる。
・2つのSPは結構音色が違うが、音質がどちらが上かは全然わからない。



私も正直、805D3とCM6S2どちらが音質が上かわかりません。

人間というのは、高額を支払って購入したものを悪いと思いたくないものですよ。無意識に無理矢理良い物だと思おうとするものですよ。
そのプラセボ効果があっても、「正直、805D3とCM6S2どちらが音質が上かわからない」というのは、本当にこの2つのSPが僅差なんだと思います。
私も本当なら「あー805D3買ってよかった」とすんなり思いたいですよ。

一般的な所得の若者はわざわざペア100万円の805D3を買う必要はないんじゃないかと思いますね。



この私の話って高額オーディオの価値観を破壊するわけですが、
こういう話をすると高額オーディオ崇拝者の方から「アンプとプレーヤーが安物だからだろ。高額のSPは同程度の高額のアンプとプレーヤーが必要」と言ってくると思うんです。
私は「ああ、2017年にもなってまだその話か」と思います。
海外では頻繁にブラインドテストが行われており、アンプとプレーヤーは高額品も低額品も音質は同じ。音色が違うだけ。というのは証明されきっているし、(正確に言えば人間の耳では音質の差異を聞き分けることはできない)
日本でもブラインドテストが行われて「アンプとプレーヤーは高額品も低額品も音質は同じ。音色が違うだけ」という結果が発表されており、
価格.com内でもそのことはすでに語りつくされています。(そこでも高額オーディオ崇拝者の方が執拗に口撃していましたが、相手をする側は気の毒だと思いましたよ。私は争いに巻き込まれるのはゴメンです)

そういえば、ゴールドムンドが超高額ハイエンドプレーヤーを発売して、実は中身は2万円のパイオニアのプレーヤーだったことがありました。
オーディオ評論家も購入者達もまったく気が付かなかったわけです。
これにはもう1つ事実があります。それはメーカーと技術者は「アンプとプレーヤーは高額品も低額品も音質は同じ。音色が違うだけ。だから外側だけ立派にして中身は安物を転用してもバレないから金儲けしよう。ほんと、アンプ、プレーヤー、ケーブル等はぼろい商売だわ」とわかっていることが証明されました。

ここまで話して、まだ高額オーディオ崇拝者の方はこう言ってくると思います。「それって他人の話じゃん。自分で聴いて判断したわけじゃないくせに」
実は、1年前私もブラインドテストしました。SPはELACの50万円ぐらいの物。アンプはONKYOのフラグシップモデル45万円とONKYOの一番安いアンプ(オープン価格。実売25000円前後)
友人に手伝ってもらって作業しましたが、何度聴き比べても音質の違いが判らない(本来なら、価格差からして一聴してはっきりわかるほど圧倒的に音質差がないとおかしいんですよ)
メーカーが同じなので音色の系列は同じ。似通っている。しかし両方ともフラットな音色であるが、一方とくらべるともう一方のほうが元気がある。多少。
結局最後までどちらが高額品かわかりませんでした。




805D3とCM6S2でも同じことが言えます。

【100万円と30万円のスピーカー。本来なら、価格差からして一聴してはっきりわかるほど圧倒的に音質差がないとおかしいんですよ】

比較製品
Bowers & Wilkins > CM6 S2 [ローズナット ペア]
使用目的
クラシック・オペラ
設置場所
その他
広さ
12〜15畳

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

背中にエンジンさん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:247人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
27件
0件
スピーカー
6件
17件
プレイステーション4(PS4) ソフト
11件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

最初、チョンマゲにはう・・・・ん?と思いましたが慣れですね。むしろ、あのチョンマゲから音が突き刺さってくる位に感じられてイイです。
自分の好みが高音が綺麗な事が前提ですが、
高音、最高です。キンキンした高音では無く、磨き上げた音と言う感じです。
中音は高音とのバランスが高い次元で取れた音です。女性ボーカルものを良く聴きますが、高音と一緒に伸びやかです。
低音、星4つとしましたが、低音が好きな人からしたら物足りないかなぁという視点での4つです。自分的には5つです。

納品されて、最初に聞いた時には「悪くないけど・・・この程度かなぁ?」と思いました。音が薄く感じましたが、100時間小さな音で鳴らし続けた後は、高〜低音が素晴らしいバランスで混じり合って音楽を聴かせます。

まぁ、値段は安くは無いです。スタンドは必需ですし、自分は社外品のスタンドとの組み合わせでほぼ90万です。
音の唯一の欠点は、ある音量より下げた場合に急激に音の厚みが消えてしまう事です。ただ、これはアンプの方によるものかなと思います。
恐らく、置き場所と値段を考えて自分にはこれが最終的な到達点だと思います。

アンプはアキュフェーズE-470を使用しています。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ホビオさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
34件
スピーカー
1件
16件
薄型テレビ
0件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

【デザイン】  チョンマゲスタイルは触れたら壊れそうで怖いし、好きじゃないけど。。音質のために必要なら割り切るしかないかと思い無評価とします。

【高音の音質】 最高ですね。

【中音の音質】 申し分ありません。

【低音の音質】 まだ5時間しか稼働してないのでこれからのエージングに期待します。

【サイズ】 小型のブックシェルフなので問題ありません。KRYNAの専用スタンドに置いています。ソファーに腰掛けて聞くにはちょうど良い高さです。

【総評】 今年還暦になる自分へのご褒美として購入。スタンド込みで定価で約100万というのは一般サラリーマンが買えるギリギリの価格だと思います。カミさんには理解できない価格なので内緒にしていますが多分1/10位の値段だと思っているでしょう。。
販売店の話では売れ行きが好調のようで、11月下旬に予約して2か月待ってようやく納品されました。

まだエージングもしてないので低音がスカスカでイマイチですがその他は気に入っています。
中高音の音質はセッティングしたばかりでも圧巻のレベル差を感じます。

今まで自分が使ってきたスピーカーは左右のスピーカーの間に音場があってその中で各楽器が定位するのですが、805D3は左右のスピーカーの外側にまで広がりを感じさせてくれます。2チャンネルのスピーカーでこのような音に包まれる感覚は今まで味わったことがありません。これがスピーカーが消えるという感覚なのでしょうか。。

曲によってはスピーカーの外側に楽器が定位して聴こえ、楽器から出た音が細かい粒子となって漂い自分を包み込む感覚です。
聴いていて思わず顔がにやけて幸せな気持ちになりました。805D3は自分にとってあがりのスピーカーになりそうです。

次に替えるとしたらアンプかな。。
最後にシステム全体を書いておきます。

CDプレーヤー SA-11S3
ネットワークプレーヤー DNP-2500NE
HDDプレーヤー HAP-Z1ES
プリメインアンプ E-370  


使用目的
ジャズ
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Brasil_Vagabondさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

クラシック音楽では、カナダ人ピアニストのグレン・グールド(1932-1982)の演奏を主にに聴いています。録音時期が、1950年代から1980年代の初めまでのため、遥か昔の録音を如何に良い音で聴くかということに腐心しています。ジャズもよく聴きます。
これまでB&W CM8を使っていたのですが、雑誌の評価や知人の口コミによりこちらに買い換えました。買い替えにあたっては、日頃聴いている何枚ものCDを、量販店に持ち込み2度じっくり試聴させてもらいました。
なお、上位機種の804D3、803D3、802D3は予算の制約から検討していません。
【使用システム】
CD/SACD Player:YAMAHA CD S-3000 AMP:LUXMAN L-550AX

【高音の音質】
特徴的なツィーターにより、突きとおすような美しい音が出ます。この余裕のあるリアルな高音が、このスピーカーの最大の魅力だと思います。これまでチェンバロという楽器にそれほど魅力を感じていなかったのですが、このスピーカーによりチェンバロの音色の魅力をはじめて認識することができました。

【中音の音質】
音域全体に言えることですが、解像度の高さが半端ではないです。オーケストラを聴いても各楽器が見事に分離して聞こえます。このCDには、こんな音が入っていたんだと気付かされることがたびたびあります。

【低音の音質】
低音は不足しているわけではありませんが、大人しい印象です。

【サイズ】
よく言われることですが、ブックシェルフ型なので広くない部屋でも使いやすいサイズです。

【総評】
これまでオーディオ装置でオーケストラを聴くのには無理があると諦めていましたので、器楽曲、小編成の室内楽を中心に聴いていました。しかし、このスピーカーを使うと、交響曲でも十分自宅で楽しむことができます。マーラーの交響曲ですら、録音が良いものは、コンサートホールにいるような感覚を味わうことができます。また、細部にわたって聴かせますので、「このCDにはこんな仕掛け(音)が入っていたんだ!」と発見することもしばしばです。
ブログでもこのあたりのことを書いています。brasileiro365で検索してみてください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ホワイトビートさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
55件
スピーカー
1件
37件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

エージングが100時間を超え、完全に化けたので、再レビューです。

10時間以上のエージングで、ウーファーが動いても筐体がほとんど動かなくなるので、その筐体の上に乗っているちょんまげも揺れないため、かなりキン付かなくなります。美しい高音としっかりした中域、切れの良い低音が鳴りますが、まだまだこれは仮の姿でした。

エージングが100時間を超えると、完全に箱の音はなくなり、音だけが空間に浮かび上がります。その音がとてつもなく正確で、繊細で、これまでに聴いたことがない音が聴こえて来ます。大変クリアで細かい音まで聴こえ、レスポンスが良く、生っぽく、高音から低音までフラットなのに、全体としてのまとまりもあります。この音は、次元が異なるとしか言いようがありません。


■システム
電源:信濃電気 HSR-1000
DAP:SONY NW-A16 V1.10
AMP:PRIMARE I32
サブウーファー:ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファーTD316SWMK2は、遅れがなく、レスポンスが良く、量感があるため、7畳では最強の相棒です。隠し味として足しています。)

使用目的
ロック
その他
設置場所
その他
広さ
6〜7畳

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

martin0045さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
4件
スピーカー
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

今までマッキンPA-7000でハーベス・コンパクト7ES-3を鳴らしており。CDプレーヤーは友人から譲り受けた珍しいWADIAと購入したソウルノートのCDプレーヤーを使用しています。ハーベスには力強い音のWADIAがよく合いもっぱらWADIAを使用しておりました。
ハーベスはボーカルや弦楽器などをとても心地よく綺麗にならす為に、聴きながら寝てしまう事もよくあり気に入っておりましたが、
ただシンバルの音等は綺麗ですが柔らかく何か最近物足りなく感じてきて、硬質な音のするスピーカーが欲しいと思い断ち電気店に行きました。
JAZZにはマッキンに定番のJBLと思い、聴きに行った電気店で偶然聴いたB&Wの中高音の綺麗な音に惚れて購入しました。
購入に際しB&W805とマッキンは相性が悪いというレポートを結構見たので心配していましたがそんな心配は無いようです。
設置した時はハーベスより小型なので低音が物足りないのは仕方ないと少しガッカリしておりましたが(最初はマッキンのイコライザーを使い低音を上げて聴いていました)、エージング後はすっかり化けました!(今はイコライザー無しで使用してます)エージングCDで30時間ほど慣らしをし、現在とても素晴らしい音でなってきています。不思議な程スピーカーの外側と奥に音場が広がってきて歌声などは目を閉じると中央で口の開いている様が感じられます。低音もハーベスより下の音が出てパワフルに感じますし中高音も抜けの良い綺麗な音が出ます。
ただ何故かB&W805d3とCDプレーヤーの相性は、どっしりした音のWADIAより緻密で繊細なソウルノートの方が、音の分離が良く音場の雰囲気も表現できる様です。ともかく音場再現に優れ中音域の現実感が素晴らしく、低音も高音も私的には全く問題なく出る素晴らしいスピーカーだと思います。当分このスピーカーの音に酔いしれそうです。(素人の私的な感想でした)

比較製品
Harbeth > Compact 7ES-3 [ペア]
使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

YS-2さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:209人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
590件
薄型テレビ
0件
170件
スピーカー
3件
154件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質3
サイズ5

設置完了

今月入荷の貴重な1セット

これは安物…

 

バイワイヤで

スパイクは必須

 

【デザイン】シルバーのミッドレンジとダイアモンドツィーターはやはり特徴的。ツィーターはぶつけたら「ポロっ」と取れそうで怖いが、完全に固定してないので、一安心。ローズナットの質感も◎。
専用スタンドも同時に購入したが、こちらも◎。

【高音の音質】鳴らし始めなので、多少高域はキツイ。でも、歪感は無い。アンプ側で調整を試している最中。

【中音の音質】ヴォーカル、ヴァイオリンはしっかりと届く。

【低音の音質】このサイズに求めるのは所詮、無理。前使用機の4429の方が勿論出ていたが、その多少「緩い」低域から比較すれば、音楽ソース次第では小気味良くスパッと出るものもある。設置直後はスパイクにはせず、付属のゴム脚にしての動作確認だけしたが、やはりスパイクでの設置と、スタンドの各ネジ類の増し締めは必須。音が締まります。

【サイズ】スタンド込みで50kgを越える4429から比べれば、小さく、軽くしたくて代替したのも理由のひとつ。概ね妥当。

【総評】今までのオーディオ暦で、スピーカーはDIATONEとJBLのみだったが、初めてのそれ以外の製品。お店での試聴でほぼ一目惚れ。
11月上旬にお店に発注。月末に日本に入ってくる10セットの内の1セットを確保していただいたが、現時点で恐らく日本でも一般家庭に実売、設置したのは未だ数十軒らしい。
SP端子は穴が開いていない為、長めにコード被覆を剥いて巻きつける必要があるので、バナナ又はYラグは必要。昨日、この二つでとりあえずお茶を濁しておきました。
スピーカースタンドのシルバーの塗装は弱い。バナナプラグを落としてしまい、塗装が欠けたのは残念。
これからガンガン鳴らしてみて、どう変化していくか楽しみ。

今年の初めから、ツイーターのアッテネーター交換、Lux球プリアンプの歪感で点検からアンプ代替、LuxADプレーヤーのアームベースの特注加工と色々「歪感」と戦ってきたが、これで完結。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
その他
広さ
8〜11畳

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

805 D3 [ローズナット 単品]
Bowers & Wilkins

805 D3 [ローズナット 単品]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2015年10月

805 D3 [ローズナット 単品]をお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意