『ONKYO HF PLAYERで威力を発揮!!』 TEAC AI-301DA-SP-S [シルバー] 猫満魔さんのレビュー・評価

2015年 8月上旬 発売

AI-301DA-SP-S [シルバー]

  • DSD 5.6MHzやPCM 192kHz/32bitのUSB入力と、高音質aptXコーデックを含むBluetoothにも対応した、ハイレゾ対応のDAC搭載ステレオプリメインアンプ。
  • パワーアンプ部には40W + 40W (4Ω) の出力を持つ、デンマークICEpower社製Class-Dアンプを採用。また、ヘッドホン出力にはCCLCを備える。
  • 2系統のS/PDIF入力を備え、同軸デジタル入力は最大192kHz/24bitまで、光デジタル入力は最大96kHz/24bitまでサポートする。
AI-301DA-SP-S [シルバー] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

定格出力:15W/8Ω/28W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω 再生周波数帯域:2Hz〜100kHz アナログ入力:2系統 AI-301DA-SP-S [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の価格比較
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の店頭購入
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のスペック・仕様
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のレビュー
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のクチコミ
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の画像・動画
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のピックアップリスト
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のオークション

AI-301DA-SP-S [シルバー]TEAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 8月上旬

  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の価格比較
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の店頭購入
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のスペック・仕様
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のレビュー
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のクチコミ
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]の画像・動画
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のピックアップリスト
  • AI-301DA-SP-S [シルバー]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > TEAC > AI-301DA-SP-S [シルバー]

『ONKYO HF PLAYERで威力を発揮!!』 猫満魔さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-301DA-SP-S [シルバー]のレビューを書く

猫満魔さん

  • レビュー投稿数:142件
  • 累計支持数:485人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
21件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
1件
スマートフォン
8件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
操作性3
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子3
サイズ5
ONKYO HF PLAYERで威力を発揮!!
   

リアルタイムDSD5.6MHz変換中

   

【デザイン】
シルバーメタリックで高級感はあるとまで言えませんが、
チープさもない。及第点です。

【操作性】
基本的に不満は無いのですが、
DSDやハイレゾ再生しているかどうかのシグナルがありません。
これは音響メーカーとしてお粗末では・・・?

【音質】
音質はさすがと言った所。ノイズのレビューがあったが今のところ私は気になる所なし。
ICEpower社製のデジアンを積んでいるが、デジアンっぽさはあまり感じず素直に音を増幅する感じです。
DACはBurrBrown PCM1795を1個使用。TEACの上位機種は同DACを2個積んでいるが、今の自分にはこれで十分かなと。
DACによる音の変化や劣化も感じず、スピーカーの音質をそのまま活かせている気がします。
コスパ対比という前提では音質は最高クラスだと言って良いでしょう。


【パワー】
自分の用途ですと必要にして十分。スピーカーは同じTEACのS-300NEOを使っていますが、
全く無理なく自然に鳴らせております。PCオーディオ・コンパクトオーディオならばこれで十分でしょう。
但し1時間以上使うと発熱が結構あります。排熱性の良い場所に置くことをお勧めします。

【機能性】
DSD5.6MHz対応やBluetoothもapt-x対応しているので、
オーディオ初〜中級者には十分満足できる機能だと思います。
単独でのアップサンプリング機能が無いのが唯一の残念な所でしょうか。
ただ、ONKYO HF PLAYERがあれば添付写真のようにリアルタイムDSD変換が出来ますので化けます。
手持ちのFLAC音源をDSD化で楽しめる事はできます(但しスマホの電池はモリモリ減りますが・・・)
DSDを聴くには当然DSD音源が必要ですが、DSD音源自体が1曲あたりの値段は高額なので、
私は主に手持ちCD音源をDSD5.6MHzにアップサンプリングして、DSD音源を楽しんでいます。
一昔前はDSD音源を楽しむには高価なSACDプレーヤーと割高な価格のSACDを買わなければいけませんでしたが、
最近は一気にDSDの敷地が下がったな〜と思うこの頃です。

【入出力端子】
一通り揃っているがUSBの使い勝手が悪い。
USB Type Bなんて普通使わない。変換アダプタが必要。
またUSB単独の再生も出来ないので、本当にUSB-DAC機能用途だけの端子なのですが、
それなら余計にUSB-Aにする方が良かったと思うのですが・・・

【サイズ】
PCオーディオには十分にコンパクト。よくこのサイズでこれだけの機能を詰めたなと思います。
またTVとの連携で電源ONするのでホームシアター的な使い方もできますが、
そういう使い方をする方にもこのコンパクトさはイイのではないかと思います。

【総評】
やはりPCM変換で無くネイティブDSD5.6MHz機能があってこの価格は非常に魅力です。
単独では何ら機能しない本機ですが、今の時代はPCやスマホも1人1台ある時代ですから、
そうしたIT機器を利用して高音質を楽しむ、というのが本機の最大の利点です。
もし本機の機能を有したコンポもしくはプレーヤー+アンプを買おうとすると10万円コースだと思います。
とりあえずネイティブDSDをまずは経験してみたいという方は¥35000の本機を入門的に買ってみるのは大いにありだと思います。
但しくどいようですが本機単独での高音質再生はできませんので、スマホやPCでUSB-DAC出力ができる方が前提になります。
そうでないとBluetoothかLINE入力等になりますが、その使い方であれば本機以外をご検討された方が良いでしょう。


レベル
中級者

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-301DA-SP-S [シルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AI-301DA-SP-S [シルバー]
TEAC

AI-301DA-SP-S [シルバー]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 8月上旬

AI-301DA-SP-S [シルバー]をお気に入り製品に追加する <254

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意