ESPIA W-ACE 205/60R16 92H レビュー・評価

ESPIA W-ACE 205/60R16 92H 製品画像

拡大

※ホイールは別売です

最安価格(税込):

¥14,479

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥14,479

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥14,479¥30,000 (10店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥15,359 〜 ¥19,400 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

ご利用の前にお読みください

  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの価格比較
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの店頭購入
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのスペック・仕様
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのレビュー
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのクチコミ
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの画像・動画
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのピックアップリスト
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのオークション

ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hファルケン

最安価格(税込):¥14,479 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月 1日

  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの価格比較
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの店頭購入
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのスペック・仕様
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのレビュー
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのクチコミ
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hの画像・動画
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのピックアップリスト
  • ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのオークション

ESPIA W-ACE 205/60R16 92H のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.33
レビュー投稿数:2人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
走行性能 ハンドル操作のしやすさ、加速の感じ方 5.00 4.28 5位
乗り心地 走行時の心地よさ、振動の伝わり方 4.50 4.33 26位
グリップ性能 雪道や凍った道でも安心して走行できるか 5.00 4.12 3位
静粛性 騒音を出さずに走行しているか 4.00 4.15 40位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スタッドレスタイヤ
2件
0件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地4
グリップ性能5
静粛性4

今シーズン新品で購入し、正月休みに本州から地元の北海道に車で帰り、このタイヤの性能を確認してきました。※前提として冬道の基本である、急発進・急停止・急ハンドル無し、車間をしっかり空ける運転でのレビューである事をご認識ください。

フェリーで北海道到着後、暖冬の影響でほとんど雪がなくガッカリ…でしたが、高速道路で札幌を超え、地元の内陸に向かうにつれ積雪が増え、ようやく雪道走行が出来ました。(気温はマイナス10℃)

まず高速走行ですが、積雪が固められた締まった圧雪路は制限速度で直進、緩いカーブになんら問題はありませんでした。ただし降雪直後の余り固められていない柔らかい雪道は、制限速度ではカーブで若干アウト側に流れていくシーンがありましたが、速度を少し落とすことでグリップが回復し破綻することはありませんでした。飛ばしすぎず急ハンドルを行わない限り、特に滑る事なく問題なしという印象です。

次に市街地(-5〜-10℃、常に積雪有り)ですが、交差点など磨かれた圧雪路でのゼロ発進はやはりFFでは少し空転します。(※これはどんなタイヤでも起こります ) しかしトラクションコントロールが効き徐々にグリップが回復してゆき、2,3秒後には空転は収まるといったシーンが殆どで、特に困ることはありませんでした。試しにトラクションコントロールをOFFにしてみましたが、空転時間は長くなるものの同じく徐々にグリップして噛んでいく感触が得られ、効きが実感できました。交差点を曲がる際の横グリップに関してはかなり良い印象で、滞在1週間の中で滑った記憶が無いくらいです。赤信号等での停止においても特に滑る印象はなく、普通にブレーキングすればABSも効くことなくちゃんと止まれました。結構なスピードが出ていた際に赤信号となり、急ブレーキを掛けたシーンが一度ありましたが、流石にこの時は滑ってABSが効きましたが停止線(看板)ギリギリで止まれました。止まることについて難は無いと思います。以前に履いていたYHのアイスガード5(2年目)と比べ、総じて同等かそれ以上の効きという印象です。

気になる点としては、夏タイヤから交換後に燃費が10%程度悪化したことです。これがタイヤの転がり抵抗↑のせいなのか、気温が低い事での悪化なのかわかりませんが、今後原因を切り分けたいと思っています。
走行音や乾燥路のレビューは皆さんが沢山しているので私はしませんが、気になることは特にありません。

このように、コストパフォーマンスの高い良いスタッドレスタイヤというのが私の感想です。これで2年目以降の持ちが良ければ言うことはありません。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

AIEngineerさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PC用テレビチューナー
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
1件
au携帯電話
1件
1件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地5
グリップ性能5
静粛性4

トレッド面の様子(タイヤ装着時)

トレッド面の様子(250km走行後)

燃費

回転方向表示

生産地表示

トレッドパターン

・総評
タイヤの慣らしもかねて、250km程運転しました。
内訳は高速道路6割、街中3割、山道1割です。

走行性能よし、グリップよし、乗り心地よしの素晴らしいタイヤです。
走行時は車の横揺れが小さく、カーブでは思った通りに曲がります。
ブレーキ時もカックンブレーキがほとんど起こらなくなりました。
タイヤでここまで乗り心地が良くなるとは驚きです。
ドライ路面・ウェット路面で強めのブレーキをかけましたが、何の問題もなくピタッと止まります。
水たまりの走行も、音がするだけでハンドリングに変化はありません。

強いて弱点を挙げれば、10〜40km/hで若干パターンノイズが聞こえますが、
ヨコハマ・アドバンdB v552と比較すればの話で、すぐに慣れるでしょう。

減りは少なく、燃費も夏タイヤと変わらず良好で、
今年が暖冬傾向ということを考慮しても、購入する価値のあるスタッドレスタイヤです。

・ESPIA W-ACEついての購入前の情報収集と購入先

購入前に店を回って聞き込み調査をいたしました。

店A 店員「住友ゴム製ならダンロップの方がいいんじゃないですか?」
     →ESPIA W-ACEのHPとタイヤ公正取引協議会の届け出データを
      参考にすると、
      氷盤路での制動距離:ESPIA W-ACE=11.5m
                    WINTER MAXX 02=12.0m
      従って、氷上ブレーキ性能では劣るどころか優れているとさえ
      言えそうです。

店B 店員「ファルケンですかー。スポーツ向けというイメージですね。」
     →確かに、ファルケンのプレミアムタイヤAZENIS FK510は、
      ヨーロッパで高評価らしいです。
      参考;https://car.watch.impress.co.jp/docs/review/1117370.html

まだ数が出ていないらしく、販売店もよく知らないようです。
パーツショップウェーブ尼崎本店で54,120円 (税込)で購入し、取り付けもしてもらいました。
店員さん達も初めてのタイヤらしく興味津々です。

・走行性能

加速も減速もレスポンスがいいことから、アクセルとブレーキの踏み込み量を調整することが少なくなりました。
カーブも狙った通りに曲がるため、ハンドル操作が楽です。
高速道路での無理な割込みを避けるために、急なレーンチェンジをした際は、
ヒラリ、ピタッという感じで、ハンドル操作への応答性とロールの収まりがとても優れていると感じました。

・乗り心地

これまで履いていたアドバンdB v552は心地よいエアサスペンションのような乗り心地でした。
一方、ESPIA W-ACEは一枚の鉄板の上に乗っているような感じで、
横揺れは少なく、ブレーキ時も車体が水平を保ったまま減速していきます。
突き上げはv552と比べた場合、あるといえばありますが、
段差の振動を素早く収束させて悠然と進んでいくESPIA W-ACEは安心感と運転の楽しさを感じさせてくれます。

・グリップ性能

ドライ路面・ウェット路面でのグリップに何の問題もありません。
思いがけず、強めのブレーキや急ハンドルとなることもありましたが、
タイヤからスキール音は出ませんでした。
走行時に窓を開けると、ジョリジョリッと地面を引っ掻くような走行音が聞こえます。
凍結路面でも引っ掻いてしっかりグリップするのではないでしょうか。

駐車場での据え切りでは、ハンドルがバネのように戻ることが無くなり、
パワステのうなりも少なくなりました。
これが、タイヤの剛性アップによる効果なのか、
サマータイヤよりも摩擦係数が減ったことによるものなのかは分かりませんが、快適になったので良しとします。
なお、晴れの日よりも雨の日のほうがハンドルが重たくなるため、ウェット性能はかなり高いかもしれません。
実際、ESPIA W-ACEのページでは、ドライグリップよりもウェットグリップの方が星の数が多くなっています。

耐ハイドロプレーニング性については、走行時に水たまりでハンドルを取られることが全くなかったことと、
Auto Bild誌のオールシーズンタイヤテスト2018およびウィンタータイヤテスト2018でESPIA W-ACEの「ラッセルパターン」に似たタイヤが「Straight Aqua」の項目で優位に立っていることからかなり信頼できるでしょう。

参考 http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2018-Auto-Bild-All-Season-Tyre-Test.htm
    http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2018-Auto-Bild-Winter-Tyre-Test.htm

・静粛性
10〜40km/hでフウォーというパターンノイズが聞こえますが、
それより速くなると、他の音に埋もれて聞こえなくなります。
滑らかな高速道路では静かですが、かなり粗い路面ではゴーというロードノイズが聞こえます。
おそらく、いつもはトレッド面の柔らかいゴムが路面の凹凸を吸収するのですが、
吸収できる限界を超えるとロードノイズが発生するのだと思います。
あくまで、ヨコハマ・アドバンdB v552と比較すればの話で、すぐに慣れるでしょう。

・寿命
250km走行して、トレッド面のヒゲが少なくなってきました。装着時と250km走行後の写真を添付します。

・燃費
アクセラハイブリッドで街中を1時間走行して24.9km/lとなりました。サマータイヤと変わりません。
燃費モニターの写真を添付します。

・その他
回転方向表示と生産地表示およびトレッドパターンの写真を添付します。

車タイプ
セダン

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ESPIA W-ACE 205/60R16 92H
ファルケン

ESPIA W-ACE 205/60R16 92H

最安価格(税込):¥14,479発売日:2018年 8月 1日 価格.comの安さの理由は?

ESPIA W-ACE 205/60R16 92Hをお気に入り製品に追加する <3

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スタッドレスタイヤ)

ご注意