RX-V385 レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価

RX-V385

  • HDR/4K映像伝送やBluetoothにも対応した5.1ch AVレシーバー。
  • 上位機種にも使用されている2chステレオ仕様のバーブラウン384kHz/32bit D/Aコンバーターを3基搭載。
  • 2.0ch〜3.1chスピーカー接続時に、バイワイヤリング対応のフロントスピーカーの高音と低音を独立したアンプで駆動するバイアンプ接続&駆動に対応。
RX-V385 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥25,447 (前週比:-880円↓)

  • メーカー希望小売価格(税別):¥48,000
  • 発売日:2018年 4月下旬

店頭参考価格帯:¥34,900 〜 ¥34,900 (全国731店舗)最寄りのショップ一覧

サラウンドチャンネル:5.1ch HDMI端子入力:4系統 オーディオ入力:2系統 RX-V385のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • RX-V385の価格比較
  • RX-V385の店頭購入
  • RX-V385のスペック・仕様
  • RX-V385のレビュー
  • RX-V385のクチコミ
  • RX-V385の画像・動画
  • RX-V385のピックアップリスト
  • RX-V385のオークション

RX-V385ヤマハ

最安価格(税込):¥25,447 (前週比:-880円↓) 発売日:2018年 4月下旬

  • RX-V385の価格比較
  • RX-V385の店頭購入
  • RX-V385のスペック・仕様
  • RX-V385のレビュー
  • RX-V385のクチコミ
  • RX-V385の画像・動画
  • RX-V385のピックアップリスト
  • RX-V385のオークション

RX-V385 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:3人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.69 4.33 5位 見た目のよさ、質感
操作性 5.00 3.85 1位 リモコンや本体の操作のしやすさ
音質 5.00 4.46 6位 臨場感、音質の良さ
パワー 5.00 4.46 7位 最大音量の大きさ
機能性 4.63 4.39 14位 機能が充実しているか
入出力端子 4.69 4.33 8位 端子の数
サイズ 3.00 4.00 26位 省スペース性・コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RX-V385

RX-V385のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
9件
タブレットPC
2件
5件
薄型テレビ
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
音質無評価
パワー無評価
機能性5
入出力端子4
サイズ3

サラウンドヘッドホンでゲームを楽しんでいましたが、
本物のサラウンド環境を試したくなりこの機種を選びました。

現行のサラウンドシステムはサウンドバーばかりになってしまい
物理的に5.1chなシステムを希望する場合は
多ch対応のAVアンプと別売りのスピーカーを
自分で組み合わせる必要があることに面食らいましたが。

接続機器はPC、PS4 Pro、WiiU、Switch、PS3です。
同時購入したスピーカーはYAMAHA NS-P40です。
リアスピーカー用のスタンドはヤフーショッピングで5000円位のをチョイス。

【デザイン】
機能が付加された上位機種と変わらないデザインで
特に不満は無いですが、通風口から内部の基盤が丸見えで少し心配です。

【操作性】
画面に表示される各種メニューが見やすく使いやすいと思います。
音量調節すると画面にdB表示されるのも親切で良いです。
ほとんどリモコンで操作できるので本体側で使ってるのは
入力切替とボリュームくらいです。

【音質】
128kbpsのMP3で満足できる耳なので全く分かりません。無評価です。
リアスピーカーを正しい方向に設置するのに苦労しました(関係無い)
YPAOという自動音場調整も自分には効果が今一実感できませんでした。

【パワー】
音量は大きくしないのでエコモード固定です。無評価です。

【機能性】
HDMI2.0世代の規格にフル対応しており、
4KもHDRも心配無用です。ゲーム環境として文句無しです。

【入出力端子】
ゲーム機との接続なのでもっぱらHDMIを使用することになりますが
4系統なので必要十分かと思います。
(私の環境では前段にサラウンドヘッドホンのプロセッサ(3系統)も
接続し、実質6系統という使い方をしています)

【サイズ】
大きいです。ATXサイズのPCケースを置いたようなサイズ感です。
奥行はだいぶ小さいですけども。

【総評】
どんな映像信号も受け付け、サラウンドで鳴り安定しています。
心配していた映像遅延も、HDR時含め全くありませんでした。
未使用時のHDMIパススルーもしっかりやってくれます。
とても信頼できる機器だと思います。

設置場所
リビング

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

デイ555さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
AVアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ3

Bluetoothとバーチャルシネマフロントの機能が欲しかったのでこの商品を購入しました。
購入したからわかったのですがBluetoothヘッドホンを受信する機能が付いてた事。AVアンプのステレオジャックはおまけ程度なのか壊れやすいので困る事は無くなりそうです。

部屋の構造上フロントにしかスピーカーが置けないのでバーチャルシネマフロントのシステムに頼る事になったのですがしっかりサラウンドの広がりを感じます。サラウンドスピーカーに耳を傾けるとリヴァーブとディレイが適時調整されてるのが分かります。

低価格だったので音には期待してなかったのですが手を抜かない作りで驚きました。DENON55SGシリーズで5.0の環境で聴いた感じは中音メイン高音寄り、でもキレのある低音も出力しており聴き疲れしにくく好印象。時代の進歩もありますが低価格でもこれだけ満足いくものに逢えたのは久々で次のAVアンプもヤマハ製品にしようかと早くも思わせてくれました。

設置場所
寝室・自室

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Takuya Yamamotoさん

  • レビュー投稿数:172件
  • 累計支持数:372人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
19件
0件
アニメ(DVD・ブルーレイ)
14件
0件
プリメインアンプ
11件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ3
 

DSP-AX420

RX-V385

 

【デザイン】かつて私はYAMAHAのDSP-AX420というAVアンプを愛用していました。それと比較すると、かなりシンプルになり、すっきりしたデザインになったと思います。

【操作性】上記写真のようにDSP-AX420のリモコンはボタン数が多い割にスリムな形状で、ボタン一つ一つが小さく使いづらいものでしたが、今回のRX-V385はテレビ用リモコン並みにボタンが減り、使いやすくなりました。音量の調整が小音量時の分解能が高く、微妙な音量調整ができるが良かったです。

【音質】2chステレオとしての音質を比較しました。比較対象は、ONKYOのA-9050、YAMAHAのA-S301何れもD/Aコンバーター内蔵のプリメインアンプです。海外POPS、DISCO music、山下達郎を聞きました。RX-V385のSWはなし設定としました。また、すべてデジタル入力でアンプ内蔵のDACを使って再生しました。結論的には、RX-V385は他2機種と比較し、低音の押し出しは同等。特に、同じYAMAHAだけあって、S-301とよく似た音です。中高域が綺麗で明るいサウンドでした。

【パワー】有り余るほどです。

【機能性】すばらしいのはSWの設定です。かつてはSWのON/OFFのみの機能しかアンプ側が持っていませんでしたが、RX-V385はSWを同相接続か逆相接続か選択でき、また、クロスオーバー周波数も設定できます。つまり、このアンプを使う場合、SW側は何の機能もないパワードSWで良いわけです。そうすると、SWをそろえる際の価格を抑制できます。他の機能は試していませんが、FM/AMチューナー付きでBluetooth対応、USBディスク対応しているので十分ですが、通常のAVアンプが持っているネットワークレシーバー機能がありません。これは価格から見て割り切った切り捨て方をしたのでしょう。

【入出力端子】必要十分です。

【サイズ】標準的なプリメインアンプより大型で、決して小さいとは言えません。

【総評】RX-V385のライバル機で同価格帯のもの(SONY STR-DH190、DENON AVR-X550BT)は、スピーカー端子がフロント以外プッシュターミナルでいただけません(SONYのSTR-DH770を除いて)。それに対し、モデルチェンジでRX-V385は全てねじ式ターミナルに変更したのが好感が持てます。機能や性能は他社と横並びなので、こうした違いが売れ行きに影響するのでは?
若干不満を言えば、ACコードが直引き出しであることはコスト的にしょうがないとしても、アンプなんですから、もっと太いケーブルを使っていただきたかった。また、音を鳴らしていない状態でも、結構発熱があり、天板が熱いです。もう少し、発熱を低くできないかと思います。
あと、できれば、STR-DH770と比較したかったです。

比較製品
ヤマハ > A-S301
DENON > AVR-X550BT
SONY > STR-DH590
設置場所
寝室・自室

参考になった8人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

RX-V385
ヤマハ

RX-V385

最安価格(税込):¥25,447発売日:2018年 4月下旬 価格.comの安さの理由は?

RX-V385をお気に入り製品に追加する <136

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意