Mojo レビュー・評価

2015年11月14日 発売

Mojo

  • USB DACを搭載したハイレゾ対応のポータブルヘッドホンアンプ。
  • D/A変換には、独自のアルゴリズムを用いたXilinx(ザイリンクス) 社「Atrix7 FPGA」を採用。
  • PCM 768kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能。
Mojo 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥34,790

(前週比:-200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,980

NTT-X Store

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥34,790¥74,800 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥35,980 〜 ¥35,980 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):2系統 ハイレゾ:○ Mojoのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Mojoの価格比較
  • Mojoの店頭購入
  • Mojoのスペック・仕様
  • Mojoのレビュー
  • Mojoのクチコミ
  • Mojoの画像・動画
  • Mojoのピックアップリスト
  • Mojoのオークション

MojoChord Electronics

最安価格(税込):¥34,790 (前週比:-200円↓) 発売日:2015年11月14日

  • Mojoの価格比較
  • Mojoの店頭購入
  • Mojoのスペック・仕様
  • Mojoのレビュー
  • Mojoのクチコミ
  • Mojoの画像・動画
  • Mojoのピックアップリスト
  • Mojoのオークション

満足度:4.38
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:48人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.05 4.31 -位
音質 音質の良さ 4.50 4.45 -位
操作性 操作のしやすさ 3.66 4.23 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 3.68 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mojoのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
ハードディスク ケース
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性1

ヘッドホンはBeyerdynamic T1 ・ DT990 ・ ATH-A2000Z ・ HD650 使ってます。
設備はパソコン → MOJO → ヘッドホンだけです。
リケーブル等してません。

前回のレビューに1つ追加します。
beyerdynamic DT990を購入しました。
バランス型(モニターヘッドホンとして売られている。)でスッキリした音、それでいて分離感はT1にほんの少し負けるかなぁていう位には良い。
それでいて12000円台で新品という超コスパでした。
バランス型でスッキリした音が好きならMOJOとDT990とmysoundを聞いてみて〜。
ドンシャリが強いっていう人も居るけど私は元々ドンシャリが好きだしそんなに気にならない。
もしキツイ曲があったらイコライザーで変更したら良いって位の話です。
私はドンシャリがキツク感じたらT1にヘッドホンを変えます。
イヤホンジャックが2つ付いてるから便利に使ってます。
(2つのヘッドホン(250Ωと600Ω)同時に繋いでいるけど音量があんまり変わらない。)



満足度
コスパ考えたら十二分に満足。
据置アンプを含めても予算が10万円以下なら間違いなく選択肢に入ってくると思います。
この値段で600Ωが鳴らせたので感動です。

デザイン
鳴らす為の必要最低限のボタンがあるだけです。
純正のカバーを付けていますが安っぽい感じはありません。

音質
コスパを考えて星5にしています。
低音から高音まで分離感が良くなり、スッキリ聞かせてくれます。
高音やヴォーカルが自然でとても良い感じになりました。
特にユーロビートが私の好みになりました。
分離感が上がってるのに音が痩せた感じにはなりません。

操作性・機能性
電源と音量の変更しか機能が無いので機能性は最低評価にしています。


短所・注意点
ドラムの分離感は上がっていますが、ホンの少し音が小さくなりおとなしくなった感じがします。
(イコライザーで治せるレベル)

MicroUSB端子が外れ易いのでガッチリ食い込むケーブルを用意する必要がある。
(ちょっと動かしただけですぐ外れるレベル)

もの凄く大きな音まで出せる(電源を切ったら音量は保存されている。)が音量が色でしか表現されていない。
別のヘッドホンを繋ぐとき等は特に注意が必要。

曲の最初又は最後が1〜2秒かな 出ない場合がある。
アプリとかによるのかも知れませんが私の環境では出ないことが結構あります。

デジタル入力しかありません。

イヤホンジャックでしか出力出来ません。

イヤホンジャックは2つ付いていますがバランス接続対応ではありません。

最初から付いているケーブルは充電専用で音楽が聴けません。

メーカーの人に聞いた訳ではありませんが、インピーダンスの低いヤツと繋ぐと音が鳴らない。
(私にとっては良い事ですがヘッドホンによっては全く音がならないので、試聴は必須だと思います。)


このポータブルアンプとアプリの相性を比較している所なのですが、

android版

有料で良いなら

1.NePLAYER (1800円) バランスよく音が綺麗になる。但し、イコライザーが無い(Android版)しヘッドホンとの相性問題はあると思う。フリーでお試しを。

2.jet audio+ (音もそこそこ好きですし、テンポ変更出来るのが〇) スッキリしていて全体に元気な音。
ユーロビートを聞く時にアプリ内課金のBongiovi_DPSを入れてSennheiser_HD570にしてからテンポを102%位にして聞いたりします。

3.HF Player (onkyo)(使うならアプリ内課金1000円で制限を外す方をオススメします。) 全体に分離感が高くて素直な音。悪く言うと味がない。でも音自体には深みというか味がある。

無料なら

4.mysound (yamaha) ピアノの音と金属からの音のノビが好き。分離感が高いヘッドホンと合う。スッキリではなく温かい音質。

5.foobar2000 スッキリではなく温かい音質。分離感が高いヘッドホンと合う。mysoundも元気ですがこちらも元気に鳴ります。


Windows版

6.fooobar2000 android版と同じだが設定次第で動画閲覧・テンポ変更・音響効果を持たせたりと色々出来る様になります。

7.TuneBrowser 全体にドンシャリでキンキンして聞こえてしまうなぁとか思わないでゼンハイザーのHD650で聞いてみて下さい。
このヘッドホンの為に作ったのかな?とか思いました。
(他のヘッドホンでも分離感や高音が欲しいって思った時はコレ試してみて〜。)

このアンプに どのヘッドホンそしてどのアプリを当てるのが良いかと検証してみたのですが、
独断で今の所
オーテク ATH-A2000Z と NePLAYER 又は HFPlayer
(修正 HD660→HD650)ゼンハイザー HD650 と TuneBrowser
AKG K712 と mysound 又は HF Player
beyerdynamic T1 又は DT990 と mysound 又は foobar2000

この辺が今の所見つけたお気に入りです。

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

おぐらですさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性3
機能性4

3 Lines Summary

1. バッテリーケ−ブル外しは素人でも簡単にできる。
2. しかしバッテリーケーブルを外しても発熱量は変わらない。音質も変わらない。
3. 24時間で電源が自動的に落ちる。しかし音質は素晴らしく、接続端子がシンプルなことを除けば、高コスパ据え置きDACとしての価値はある。

1年使用したので再レビューです。

(1)バッテリーケ−ブル外しは素人でも簡単にできる。
1.5mmの六角レンチで背面のネジを外してケースを開け、ケーブルを爪先でつまんで引き抜くだけです。
電子工作の経験ゼロの私でも簡単にできました。
ただ、ケースの内部にスペースがあまりなく、抜いたケーブルをケース内に収めるのにほんの少し頭を使いました。
注意点としてはスイッチのガラス玉(とその周辺部品)の散乱を防ぐためにも、必ずスイッチをある表面を下にして裏ブタを外す作業を行うことくらいでしょうか。

(2.3)バッテリーケーブルを外しても発熱は変わらない。音質も変わらない。
過去の口コミによれMojoにはサーマルカットオフ(温度上昇時に安全機構として電源が落ちる)機能があり、充電しながら使用するとこの機能が働き、そのうち充電が追いつかなくなり電源が落ちるとの考察がありました。
私も当初2.1Aの急速充電用のUSBポートからMojoにケーブルをつないで充電しながら使用していたところ、やはり同様のことが起こりましたので発熱の改善を期待してバッテリーケーブルを抜いたのですが、結果として発熱は全く改善しませんでした。
つまり、Mojoに充電ケーブルを接続した際の発熱はバッテリー由来ではなく基盤由来だったのです。
次にUSBの給電ポートを通常の1Aに変更した結果、発熱量がだいぶ抑えられるようになりました。
しかしながら、これでもやはり常時電源オンは不可能で、起動後24時間で電源が必ず落ちます。
24時間きっちりで落ちるので、これは時限式で電源オフになる機能がついているのだと思います。

少し手間ですが、その都度電源を入れ直してシステムのサウンド出力を変更する手間を嫌わなければ据え置き使用は可能です。

また、Mojoには出力が1系統しかありませんので、スピーカーとヘッドホンなどインピーダンスの異なる器具をつなぐには、別途アンプなどの準備が必要です。

【結論】
音質は素晴らしいです。その後、ADI-2 DACを購入しましたがCD音源などを私の環境で聞く分にはMojoの方が3倍以上する価格のADI-2より良い音で聞けることに気づいた時は正直驚きました。これは、ひとえにchord独自のアップサンプリング技術の恩恵なのだと思います。
もちろんアップサンプリングされた音が気に入るか、気に入らないかという好みの問題はあると思います。
私はchordを一方的にけなすヒトは@耳が悪いA個人の好みを絶対的な正義と信じて他人に押し付けるBハイレゾなどの高音質音源をアップサンプラーなどで聞いているCスピーカーや間に挟むアンプの性能で、chordのアップサンプリング技術によって作られた音質の差が、結果として認識できない羨ましい環境の持ち主
のどれかなのだと考えています。
いずれにせよMojoは中古で3万円前後という価格を考えれば、上記の手間を考慮に入れても据え置き使用は大いに選択肢に入る優れた製品だと思います。

参考になった11人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Heartbertさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
9件
タイヤ
1件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質4
操作性2
機能性3

【デザイン】
奇抜ですが小さいので気になりませんが、厚みがあり持ち出しには鞄が必須。
【音質】
iPhoneからカメラコネクションケーブルを介しマイクロUSBで接続、プレーヤーアプリはOnkyoHFプレーヤーでDSD5.6で再生
全帯域の立体感や厚みが出て、音の重心が下がります。薄っぺらいデジタル録音をリアリティある音に変えてくれます。
反面ハードロックのようなディストーションが掛かったり、最初から分厚い音にミックスした音源再生は、音抜けが悪くなる傾向があります。
【操作性】
ボリュームの操作が非常に煩わしく、かつ押しっぱなしになりそうな環境ではハイゲインな為危険です!
イヤモニのユニットを簡単に吹っ飛ばす過大出力に達してしまうので、扱いに注意!
【機能性】
プラグインプレイで簡単です。
【総評】
なにを聴いてもmojoの独特の味が乗ってしまう感があり、薬にも毒にもなり得ます。
新録のハイレゾ音源を聴くには、かなり期待できると思いますが、数十年前からコツコツCDから取り込んだ古い音源を再生すると、味付けが悪い方向に向く事もあります。
1番の問題点はバッテリーのヘタリが速く、1年程度でダメになる事です…
リプレイス用のバッテリーが今は入手できなくなった為、モバイルバッテリーで常に充電しつつ運用するしかない為、持ち出すことはあきらめ、据置として常に通電させ自宅のMacに繋ぎオーディオMIDI設定で出力をアップサンプリングして運用する事が主に成りました。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

貧しいゴリラさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性無評価
機能性無評価

【デザイン】
CHORD社は、膨大な次数のノイズシェーパーでノイズフロアを下げ、超ロングタップのデジタルフィルター(WTAフィルター)でオリジナルの信号を復元するという、二つの理論を、FPGAを用いて実行し、極めて高い音質を実現しました。
ノイズシェーパーは微弱な信号の復元のためにあります。(世の中には、24bitはおろか16bit精度にすら達していない製品が多いです。Mojoについては20bit程度の性能があるかと思います。)
DAC64からDAVEまで、この哲学は一貫したCHORDのアイデンティティとして製品に組み込まれています。

Mojoのデザインも例外ではなく、最廉価モデルにも関わらずパルスアレイDACと強力なアナログ回路が搭載されています。
Hugoと同等の性能のDAC部を持ち、アナログ部はHugoの方が強力ですが、テクニカルスペックは同等です。
Mojoのアンプ部はHugo同様に強力で、ほぼ全てのヘッドホンを駆動できます。大型ヘッドホンの代表格であるHD800やT1、K812も十分に良い音で鳴らせています。また、Mojoは低インピーダンス機を接続した際に面白い特性を発揮するようにデザインされています。
ちなみに、二つある3.5mm出力はアンプを共有しているためか、片方にヘッドホンを接続すると、もう片方の音が変わる場合がありました。

外見は非常にシンプルです。筐体はハイグレードのアルミ材で、カッチリしています。
ひかるボタンが三つ、電源、ボリュームの上げ下げが割り当てられています。このボタンによるオペレーションは実にシンプルに行われます。
入力は、USB、同軸、光の三種類で、私はどれを使っても音質の違いを感じられませんでした。
出力は先ほど申し上げた通り、3.5mmジャックの出力が二つあります。


【音質】
主にHD800を接続して聴いています。
HD800使用の際は、利便性のためにも、アナログアンプは接続せず直挿ししています。
Mojoのアンプ部はとても高い駆動力を持つので問題ないです。
ヘッドホンをしっかりと鳴らしている状態とは何かですが、わかりやすい目安としては音を大きくしてもうるさくないということです。(もちろんある一定の音量を超えればうるさく感じますが。)
対して、しっかりとヘッドホンを鳴らせていないと、音量は取れていてもうるさく感じます。

まず感じるのは、緻密な空間表現(空気感)です。
非常に良い定位感で、距離や位置までわかりそうです。(どのヘッドホンにおいても同じく定位が良いです。)
この定位の良さ、空間のリアリティはノイズフロアの低さとWTAフィルターのおかげでしょうか。
Watts氏によれば、音が発せられてから両耳に到達した瞬間の左右の時間差で人間は音源の位置を特定しているそうです。この左右の時間差が、狂わずに再現されることが、オーディオにおける定位の良さにつながります。
微弱な音の高い再現性と優れた過渡特性がもたらすのは空気感です。微弱音の高い再現性というのは、音源から発せられた音のリフレクションの再現です。優れた過渡特性がこれを正しいタイミングで耳に届けることでリアルでディープなサウンドステージが生まれます。
まとめると、楽器の音だけでなく、録音空間でなされる無数の音のリフレクションの微妙を再現と正確なトランジェントタイミングの再現こそが、空間表現、つまり奥ゆきの表現であり、立体感であり、定位の良さなのです。空間の表現のリアリティはこれら二つの要素に依存します。
次に、ローノイズなためか背景がとても静かです。
例えば演奏開始の音の立ち上がりの瞬間など、音が滑らかでエネルギッシュに暗闇の空間に浮かび上がる感覚があります。
真っ暗な静寂の背景で、繰り返される音の立ち上がりと消え入りを正確に描き出せるDACはこの価格帯ではMojoだけではないでしょうか。
他のDACでは、立ち上がり消え入りの刹那がぼやけて聴こえることが多いです。

CHORDのDAC全般の音に私が感じるのは、なめらかで分離が良く、緊張感があるということです。
静かな緊張感、重苦しくはありません。良い緊張感です。
この感覚がなんなのかは見当もつきません。黒い静寂の背景のためか、空間のリアルさのためか、それとも別の理由があるのか、本当に表現し難い、観念的なものです。
しかし、このなめらかさと分離の良さは、他でも感じたことがあります。Fuseというとても長いタップ長でアップサンプリングできるソフトがあるのですが、これで音源をアップサンプリングして聴いてみたところ、その音はとてもなめらかで、各楽器が分離されて聴こえました。
分離の良さの半分くらいは、ロングタップのFIRフィルターの効果が担っていると仮定できますが、あの原因不明の観念はWTAフィルターのなせるわざなのでしょう。

【総評】
CHORD社のテクノロジーをこの価格で楽しめるというのは、本当に素敵なことです。
彼らのプロダクトとしては非常に廉価な製品であるにも関わらず、一切手抜きのないデザインで感心するばかりです。

CHORD製品の音質、MojoのヒットはWatts氏の理論の正しさを裏付ける根拠です。
無限のタップ数を持つフィルターはリンギングを生まず、オリジナルの音を復元できるという主張は、今後FPGAの進化によってさらに実体感を増してきます。
CHORDのDACの進化はFPGAの進化と共にあり、新製品は改良されたアルゴリズムを搭載し、タップも多くなっています。
さらに、WTAフィルター+パルスアレイDACは原理的にクロックを必要とせず、ジッターもないという非常に合理的なデザインです。
オーディオファイルが非常にシビアになるところを完全に解決しうるデザインです。

CHORD社の主張が100%真実であるとは思いませんが、彼らのプロダクトや構想が先進的であることは事実です。
CHORDの未来のDACはどうなっているのか、楽しみで仕方ありません。
DAVEの次世代機が発表されたら、購入しようと思います。(価格が大きく上がらなければですが・・・)

おかしな表現があったので修正いたしました。

参考になった9人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tam-tam17701827さん

  • レビュー投稿数:153件
  • 累計支持数:658人
  • ファン数:10人
満足度2
デザイン3
音質5
操作性1
機能性3

まるでオモチャのような外観。5万相当の製品には見えませんね。
耳のこえたユーザーが絶賛する音質だとは認めます、正直。
ボタンも少なくシンプルで良いのですが。
しかし、このシンプルさゆえの弊害かも知れませんが、どのくらいのボリューム位置なのか全くわからない。
極めてハイパワーであるこのアンプ、実際に大きなボリュームでイヤホンを壊してしまったという事例をいくつも聞きます。
単に慣れの問題かも知れませんが慣れるまでに、うっかり大きなボリュームで再生してしまい爆音で大切なイヤホンが壊れたのではたまったものではありません。
何回か、操作はしましたが非常にわかりにくい、
色によって示唆していて、レッドが危険を連想させる大きなボリュームというのがかろうじてわかる程度。
こういった操作に慣れている方でもうっかりミスで、爆音再生という報告を聞く限り怖くて使えませんね。
よって音質が良いのは認めましたが購入には至りませんでした。

参考になった10人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nakaji02さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

mojo アンプ購入して、二週間で返品しました。泣
iPod touchでカメラアダプター繋げですが、差し込む所がグラグラになり再生してマイクロUSBの所がチョット動いただけで音楽が勝手に停止なります。音最高ですがマイクロUSBをもっと丈夫にしてほしかった。ソニーポータブルpha-2a に替えてもらいました。ヨドバシ店員さんありがとうございます。良い店です。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mokogenさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:130人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
4件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
5件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性4

ポータブルオーディオに目覚めてもうすぐ1年。

LotooのPAW5000 MKUを持っていて、光接続できる
ポタアンを探していたところ、本機にたどり着きました。
なお、本機は試聴せずに購入しました。
光ケーブルには、SAEC SUPRA SPDIFケーブルを使用。
ポタアンは他にPHA-2Aを所有しています。

【デザイン】
ナウシカのオームを思わせるボタンデザイン。自分は好きです。
手のひらに収まるコンパクトさはポータブルにもってこいです。

【音質】
タイトルにも書きましたが、PAW5000 MKUとの相性が恐ろしく良いです。

ヘッドホンはMDR-1AM2を使用していますが、音質はフラットな印象で
迫力が増す感じといったところでしょうか
ハイレゾ音源はもちろん良いのですが、本機の特筆すべき点は圧縮音源
でのリスニングです。
自分はiTunesで購入したものやCDを取り込んだ音源など、圧縮音源は一律
AAC 256kbpsで管理していますが、ものすごくよく聴かせてくれます。
PAW5000系をお持ちの方はぜひ光接続をして聴いてみてください。

【操作性】
電源を入れるだけの簡単構成。ボリュームも大小2つのボタンがあるだけの
シンプルな操作性です。

【機能性】
光接続のほか、マイクロUSB、同軸デジタルと入力端子は豊富。
iPhoneなどスマートフォンとも接続できるでしょう。
あとヘッドホンジャックが2口ありまして、二人同時に聴けるのかな
と思っています(試していないのでわかりません)

【総評】
ちなみにバッテリーは6時間は確実に持つのは確認しましたが、
8時間まで持つかどうかまではまだ試していませんです。
バッテリーの状態はランプでカラフルに表示されるのも評価プラスです。

しつこくてすみませんが、PAW5000をお持ちの方はぜひ光接続して
聴いてみてください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kazu_tinさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
スピーカー
1件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン3
音質1
操作性2
機能性2

結論から言わせていただきますと、Chordの音は全く良くないと思いますね。
私のイギリス人の友達が減った事から思い返すと、はっきりって彼らは人を騙すのが得意な人種(IMO)
最近、iPad 6thを購入したんですが。。。これに8 Playerをインストールして、MinimserverからNASの音源を鳴らしたほうが、Poly+Mojoよりもずっと音質はよかったですね。DACにFPGA/GateArray使ったからといってDAC Chipよりも音が良くなるなんてことはないと思いますし、どっちいが優れているとも言えないと思います。要は使い様なので・・・。もうイギリス製品は買いません!!!私のオーディーオ からどんどんMade In UK が減っていきます(笑)

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shige1さん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:416人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
141件
電動自転車
1件
17件
自動車(本体)
4件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性4

昨年、sonica DACを購入し、その音質と価格のバランスに驚いたのですが、やはりそれなりでしたので、自宅のオーディオシステム用のDACを探しておりました。
某オーディオショップで、以前Chord DAVEを自宅視聴させてもらったことがあり、その音質に驚愕したのですが、もう一つ価格も、高く踏み切れずにいました。再度そのショップにお邪魔し、話をしていたところ、もし、踏み切れないなら、一度mojoを据え置きDACとして使ってみてはと言われました。その店では扱っていないとのことなのですが、店に来るお客さんの何人かがDAVEと同じ傾向の音で据え置き型としても、いいよと言っているとのことだったのです。

そこで、某家電量販店で購入。数日使ってのレビューです。

環境はDELA N1A 改造機→USB→mojo→アキュフェースC2420→PASS 350→dynaudio confidenceC2という構成です。
mojo周辺のケーブルはその売り場で売っていた5000円前後のものです。

まず、以前DAVEで驚いたアコースティックギターや、ピアノのタッチが見えるような感じはDAVEほどではありませんがはっきりと感じます。音の立ち上がりが自然で鮮明な感じです。
また、音場の見通しが良く、一つ一つの音が際立っています。この点もDAVEに似ていると感じますし、現在メインで使っているエソテリックK03+外部クロックにまさるとも劣らない感じです。
特にエリッククラプトンのunplugedなどのアコースティックギターがふんだんに入っている音源ではハッとするような感じです。

DACはsonicaも含めあれこれ聞いていますが、わずか6万円弱でこの音が手に入るとは驚くしかありません。
実際、メイン機種にかけたお金はケーブルだけでMojoが2台買えてしまいます。
ポータブルアンプとしてだけでなく、十二分に据え置きDACとして使える音質だと感じます。
ただ、入力出力端子特にcoax入力がミニプラグという点が据え置き型としては難点でしょうか。

私のk03はすでに7年前の機種なので、コンピュータで言えばかなり旧型機ということになりますので仕方がないのかもしれませんがショックでした。

音質としては万人にお勧めできる機種だと思います。

再レビューです
その後、Polyで音がよくなるという話を聞いて、導入してみました。安定して再生できる環境の構築に少し苦労しましたが、音ははっきりと良くなります。単体の時よりも確実に別の世界を見せてくれます。ただし、dlnaサーバーからのwifi環境での再生しか試していないので、SDカードからの再生でどうなるのかはわかりません。
もし、安価にdaveの感触を確かめたいなら、mojo+polyが最安かもしれません。
詳しくはpolyの方にレビューを書きましたのでご参照ください。

参考になった12人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ROLEチカさん

  • レビュー投稿数:72件
  • 累計支持数:388人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
1件
1111件
デジタル一眼カメラ
4件
423件
ノートパソコン
3件
184件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

今更の評価かも知れませんが、久々の感動だったので書き込みます。

一見、何だこりゃ?だれが買うんだ?風の谷のナウシカのオームみたい。
これが最初に見た時の正直な印象でした。
当然、試聴するはずもなく、そのまま忘れ去りました。

ところがその後、NETの画像やら雑誌やらでちょくちょく目にすることに気がつきました。
何で?それで初めて興味を持って、こちらの掲示板やAmazonの評価を見てみました。
なんか、音質の評価が大変良い、今までのアンプとは一味違うらしい。
店によって値段が結構違うので、色々見ていると、Amazonで開封未使用品が40000円で出ていました。
サービスの心配はあるが、まぁ、これ位なら試してみるのも良いか、と半信半疑で買ってみました。

あけてみると何とも子供のおもちゃの様。
しかし、聴いてみて驚きました。これほど驚きは、ER4Sを初めてALOの真空管アンプで聴いた時以来です。
本当このポータブルアンプの音なのか?
全域に渡って解像度が高く、曖昧なモコモコしたtころが一切ありません。
音場もまずまず広く、音像定位もしっかりしています。
ソロ楽器とバックのオーケストラの距離感も表現してきます。
これは、アンバランスをバランスに変えた時以上の驚きでした。これならバランスはいらないです。そう思わせます。
いやバランスがある、ない等どうでも良い小さなことのように感じました。
敢えて言いますが、「その他大勢」のアンプとは明らかに鳴り方違う様に感じます。

最初、IE800で聴いたのですが、
このIE800、確かに音場はそこそこ広いのですが、どうも私には全体的にふやけた音に聴こえ、余り使用頻度は高くありませんでしたが、このIE800を別イヤホンの如く深く、朗々と鳴らします。
何だ、IE800は良いイヤホンじゃないか。恥ずかしながら、この時、初めて判りました。
自分中で評価の良くないHA-SW01も、このサイズで力強く鳴らします。
今現在は、ケーブルキットを購入し、大きさをiPhoneに合わせて、カメラアダプターケーブルで直iPod Touch 6Sに繋いで、一応ポータブルにして聴いています。
SE846、UMmasonでも聴きましたが、いずれも同様のすばらしさです。他にも色々と聴いてみるのが楽しみです。
デザインはこれでも良い、というか、これが良い。
改良要望は、あの筐体の中途半端な寸法、厚みとバッテリーの持ち位かな。
自分への戒めを含めて、皆さん、外見で判断したら損をしますよ。

さて、このMojoの兄貴分のHugo2なるものが出ているらしい。20万円超えとか。
恐ろしい位の解像度だそう。さて、どうする?
何とも悩ましい。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

iijanaikaさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:569人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
6件
13件
イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

【音質】
Mojoが異例の世界的大ヒットとなったのは、主にRob Watts氏のプログラムとフィルターによる独自の仕組み+CHORDのアナログアンプ設計によって、他では得られない音がここにあるからです。Hugo2やMojoを聴いてわかることは、まず、特に小さな音の粒立ちがきわめてよく、音が消え入っていく時の再現性、残響感が飛び抜けていいことです。また、無音の状態から音が出て消えていくまでの階調というか一連の流れが自然で、何かで色を付けたような人工的な感じがしません。Hugo2とMojoを何度も自分のヘッドホン、イヤホンで聴き比べましたが、楽曲によって空気感というか密度感がほんの少し変わるだけで、RCA出力を使わない再生ではその差はわずかだと感じました(もちろん再生する楽曲によるかもしれません)。特に録音のいいクラシックやジャズ、ボーカルなどを再生すると、他の機種では得られない音が楽しめます。

【D/Aとアンプ】
D/A変換部とアナログアンプ部、どっちがどうなのかを自分の環境で調べてみました。MojoにAEON FLOW、HD800、Polaris直結とMojo→ライン出力→Violectric HPA V281で増幅、の二通りです(ソースはiMac/Audirvana→Gustard U12→同軸)。V281はソースや上流の違いをそのまま出してくれる色づけのないきわめて優秀なヘッドホンアンプですが、これを通すと「CHORD風味」が少し薄くなるように感じました。ということは、アナログアンプもMojoの個性的な味の半分は担っていると考えていいと思います。

【組み合わせるヘッドホン、イヤホン】
アナログアンプが強力なので、どんなヘッドホンでも鳴らしきりますが、やはりHD800のような据え置き機を前提としたような機種は合わないように思いました。鳴らせるけれど、本領は発揮できないような。最近、プログラマーでコンサルタント(今はCHORD専属契約みたいですが)のRob Wattsのインタビュー記事を読み、彼が気に入って使っているのはMr.SpeakersのAEONだと知りました。試聴したことがなかったのですが、MojoやHugo2の音が気に入っているなら、間違いはないだろうと購入しました。組み合わせて聞いて「なるほど」「やっぱりこういう音か」と納得し、好きになりました。慣らしが終われば、実にキメの細かい美しい音色です。これとMojoは自宅デスクトップの簡易版ではベストだと感じました。

【使い勝手】
色球は、見れば綺麗だし、同時押しで減光できるので特に不満はありません。ボリュームも慣れれば1ステップごとなので手探りでもできます。電池の持ちもよく、1日頻繁に使ってもなくなることはありません。充電しながら再生すると電池に大きなストレスがかかるので、私は充電と再生はきちんと分けて使っています。ただし、地下鉄のような劣悪な音環境では単体プレーヤー(愛用はCOWON Plenue2)で十分なのでMojoを持ち出すこと自体少なくなっていますから、この小ささが活きる使い方をしていないというヘンなユーザーでもあります(気軽にデスクトップで使うことがもっとも多いです)。

【価格】
2018年1月現在、並行輸入品が41,800円、ヘッドホン祭などでの数量限定特価が42,800円なので、このあたりがこの製品の下限かと思います。

この音でこの価格なら買って損はないと思います。聴き慣れた音源とイヤホンorヘッドホンを持参し、まずご自身で試聴することをおすすめします。音の特徴が認識できたら口元がゆるむと思いますよ。

参考になった17人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

雨男Pさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

【デザイン】
奇抜で遊び心のあるデザインでなかなか気に入っております。
武骨なデザインも好きですが、このようなデザインも良いと思います。

【音質】
最近、旧世代フラッグシップのAK240を購入したため、比較した所、非常に似通った音色・音質であったため驚きました。
柔らかく、暖かいながらも非常に解像感の感じられる音作りとなっています。
中低域に強い圧が感じられます。そのためか曲によっては、中域にもやがかかった印象になり、暑苦しい、狭いというような印象を受け、音場の点では若干不利であるような印象を受けました。

【操作性】
操作系はシンプルですが、遊び心のための光るLEDの球に全て任せており、認識性には難があります。
特によく言われるように、音量は要注意で、ラインアウトと直挿しを行ったり来たりするような人は起動の際、一度音量を絞るなどの操作をお勧めします。
直挿し、ラインのみでの固定運用をされる方には、ボタンを押しっぱなしにするなどしなければ大丈夫です。

【機能性】
ポータブルDACとして入力端子が豊富で良いです。


【総評】
かねてから欲しかったmojoをようやく入手できました。
事前にAK240を手にする機会があったため、この程度かと思ってしまいましたが、よくよく考えれば過去のフラッグシップに迫るような音を奏でるDACアンプを、この価格で入手できるのは破格だと思います。
ただ、稼働時間の短さ、他のDAPやスマホと配線した際の可搬性など、一般的なポタアンと同じような制約が大きく、その辺りを許容できるか、でこの商品の価値は決まってくるかと思います。
外付け機器のPolyも発売されましたが、あの値段程の価値を感じられませんでしたので、私はShanling M1と接続し使用しております。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

opartsさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
30件
AVアンプ
0件
24件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
14件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性3
機能性3

購入して二週間です。
一部クチコミにも投稿してますので合わせて読んでください。

当初は、ようやくFLAC対応になったiphoneでもう少し良い音で聴きたいぐらいの気持ちでしたが
ちょっと驚きの音質なので、据置DACとしての感想です。
先入観が入るので具体的な機器名はあげませんが、CDPはOPPO、音質向上に特化したモデルとだけ(ただし電源周り、オペアンプ、マスタークロック等変更してあります)

さて
最初の問題は、同軸でつなぐ場合にMojo側のジャックが3.5mmのミニジャックである事でした。
これは皆様のお知恵をかり、映像用ケーブルが使える事が判明。
以前にSVHS用に購入していたハイエンド?ケーブルが役に立ちました。
接続に関してはその後、RCAピン→ミニジャック変換の製品を見つけ繋いでいます。
光でも試しましたが、Mojoは解像度が高いだけにケーブルの差が出ますね。
光はスピードがあり軽やかで、同軸はねっとり濃い音とでも言いましょうか
これは好みでしょう、今、CDP直接は同軸を使っています。

音質の感想はあくまで個人的感想です。
CDを聴いての印象です。

最初の印象は背景が静か、まさにデッドスムースです、とにかく聴いていて疲れない、ヘッドフォンを聴きながら寝入ってしまうなどは初めてでした。
バイオリン、ピアノは特に良いですね、それもソナタが
ストラドやグルネリの板のビビリ音までも聴こえます。

反面、ミックスダウン過多の70年〜80年代のロックは苦手なようです、中域のボーカルにかぶさるハーモニーやEGのディストーションの効いた音が、同じ音域でガサつくように感じます。
このあたりはHugo2ではどう処理されているのか聴きたいところです。

また、エージングには数日、使用にも30分位通電しないと本来の能力が発揮されませんね。
バッテリー残量は充電用マイクロUSB口の下に小さなLEDがあり、残量によって色が変わりますが、小さすぎて見えない(笑)

ここまではCDを聴いての評価ですが、手持ちの大部分がSACDの事もあり、何とかMojoで聴きたいといろいろやってみました。

数年前の掲示板などをあたり、HDMIの信号を分離する手があるのを知り、HDMIスイッチャーなる機器を購入してみました。
CDPからのケーブルを一旦スイッチャーに繋ぎそこで分離させる仕組みです、主にゲームソフトの音を高音質で聴きたいユーザー向けのようです。
スイッチャーからの出力は光と同軸です。
掲示板では機器によるが、SACDは176のPCMに分離させるとありましたが私の環境では88でした。
スイッチャーから先の機器による相互認証によるともありましたが、いろいろやっても変わりませんでした。
この点はスイッチャーを通さずにDVD/AUDIOで192が出せるので、他の要因ややり方があるのかもしれませんね。

※尚、私の購入したスイッチャーだけかもしれませんが、OUT側を繋がなくても88なのでそも相互認証をしているかどうかもわかりません。
また、電源をACアダプターで取るのですが、使わなくても出力されるし、アダプターを繋ぐと音が悪くなるので使わないようにしています。
さすが中華製ですね(笑)

スイッチャーを通してのSACDの音ですが、これは比較の手段がありません、主にSACDはマルチでアナログ出力で聴いていたので、この機器で分離されたPCM2CHの評価は避けたいですね。
ただDSD→PCMの処理は本来CDP内で行われてるはずで、スイッチャーが影響してるとは思えないし、なかなか良いと言っておきます。
ただCDの音はスイッチャーを通すのと、直挿しでは明確に差があります。
なので直挿しの同軸はそのままにして、SACDを聴く時に光をMojoに接続しています。

ちなみにOPPOのSACD出力設定は2ch、PCM、ビットストリームにしてあります。
順に言うと
同軸CDP直接>光CDP直接>光スイッチャー>同軸スイッチャー

今、高音質DACチップはESS社独占の感があります、私のOPPOもESSチップですが、CD音質に関してはMojoに軍配があがりますね。

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

a.ishiiさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

有線ブロードバンドルーター
1件
4件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4
   

   

オンキョー のDAC-HA200からの買い替えです。エティモティックリサーチ のER-4sを繋ぎ、またiPhone7とはオーディオクエストのシナモンUSBケーブルを通して繋いでます。
デザイン
オンキョー より小型化して、独特のデザインが目を引きますね。
音質
ちょっと内蔵アンプが弱いですが、DAC部は気合が入ってますね。
26000タップの2048倍オーバーサンプリングというモバイル機としては信じられないスペックにより、高い情報量と楽器の質感の色分け、透明な音場を生み出します。
しかしラインアウトモードにして、フォステクスのHP-V1を繋ぐと矢張り相当に音質は向上しますので、Mojo内蔵のアンプはそんなに期待しない方が良いです。
操作性
ボリュームの色が示す音量がよく分からない事が難点ですが、バッテリーの残容量を教えてくれるのはオンキョー より上です。
機能性
PCMは768Khz32ビット、DSDは11.2Mhzまで対応しているので十分です。
満足度
ヤフオク!にてアップルのカメラコネクターキット付きで36000円にて落札できたので、その値段としては満点と言える満足でしょうね。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

smile123thさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
12件
洋楽CD
0件
2件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性4

主に据置で使用しています。現在の再生機のDACよりはるかに性能がよいため、聞き比べると、音の広がりや位置が鮮明になったような気がします(あくまで私個人の感覚ですが)とにかくよい買い物でした、他のコード社の製品は高すぎて手がでないのでこれはコスト的にも最高です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mojoのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Mojo
Chord Electronics

Mojo

最安価格(税込):¥34,790発売日:2015年11月14日 価格.comの安さの理由は?

Mojoをお気に入り製品に追加する <445

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意