Hugo BL [ブラック] レビュー・評価

2014年10月下旬 発売

Hugo BL [ブラック]

  • 192kHz/24bitに対応するTOS光/S/PDIFデジタル入力、独自設計のApt-Xコーデックを備える、携帯できるバッテリー駆動のUSB DAC。
  • FPGAプログラムによる「低歪みディジタル・ボリューム」を搭載し、高品位な音量調整を実現。ボリューム固定機能で、バッテリー駆動の単体DACとして利用可能。
  • 大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。約4時間のフル充電により、 8〜12時間の連続再生を実現する。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):2系統 ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ Hugo BL [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Hugo BL [ブラック]の価格比較
  • Hugo BL [ブラック]の店頭購入
  • Hugo BL [ブラック]のスペック・仕様
  • Hugo BL [ブラック]のレビュー
  • Hugo BL [ブラック]のクチコミ
  • Hugo BL [ブラック]の画像・動画
  • Hugo BL [ブラック]のピックアップリスト
  • Hugo BL [ブラック]のオークション

Hugo BL [ブラック]Chord Electronics

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月下旬

  • Hugo BL [ブラック]の価格比較
  • Hugo BL [ブラック]の店頭購入
  • Hugo BL [ブラック]のスペック・仕様
  • Hugo BL [ブラック]のレビュー
  • Hugo BL [ブラック]のクチコミ
  • Hugo BL [ブラック]の画像・動画
  • Hugo BL [ブラック]のピックアップリスト
  • Hugo BL [ブラック]のオークション

満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:19人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.05 4.31 -位
音質 音質の良さ 4.60 4.45 -位
操作性 操作のしやすさ 2.86 4.24 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 3.78 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Hugo BL [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん 殿堂入り

  • レビュー投稿数:407件
  • 累計支持数:3600人
  • ファン数:48人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
ヘッドホンアンプ・DAC
12件
795件
クレジットカード
53件
622件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5
   

   

hugo2がそろそろ発売されます、またpolyと同様の機能を備えたものをhugo2には適用させるようなので、据え置きとしての利用用途が増えそうです。
hugoには適用になるかは分かりませんが、方向性としてネットワーク対応は面白いですね。


HUGOとHUGO TTと利用しました。
mojoも含めてですが、それぞれにしっかりとした差がありますね。
イメージとしてはイヤホン用mojo、ヘッドホン用HUGO、スピーカー用HUGO TTと言った感じです。
駆動力を必要としないイヤホンだとそれぞれの差を体感しにくい部分もありますが、駆動力が必要なヘッドホンで利用すると差が出やすいですね。
LINE OUTは更に差が分かりやすいです。
目的により使い分けた方が良いですね。新しいから性能が良いとは言えませんので、利用用途に合わせて利用するべきでしょう。

【音質】
1.中高音強調、ボーカルものはいい感じ
2.音場はやや狭い
3.音は力強く、エネルギッシュという感じ
4.解像度は高く、他のヘッドホンアンプでは聞こえない音も良く聞こえる
5.ボーカルは近い
6.低音はややおとなしめ。ただし不足するほどではない
7.音は艶のある感じではなく、太く力強い感じ
8.味付けは非常に強いため、組み合わせ次第ではイヤホンやヘッドホンの個性が死んでしまう可能性あり
9.音場が狭く、中高音強調のため、オールジャンルが向いている訳ではない。多分クラシックなどの引いて聞く感じのジャンルはあまり向かない。前に出る感じのジャンルは強い

【機能面】
1.入力端子は豊富(4系統)
2.出力はバランスがないのでやや残念
3.設定を記録出来ないのでその都度設定が必要
4.駆動力は十分。T1やHD800といったヘッドホンを音量が取れるだけでなく、しっかり駆動できるレベル
5.端子の差し口が狭いためRCAも3.5mmも差さらないものがあるので注意が必要
6.バッテリー駆動時間が約10時間と長い
7.発熱はあまりしません
8.片手で扱うには大き過ぎるサイズ

【注意事項】
1.コストパフォーマンスは悪い
2.ポータブルというには大き過ぎる、片手での操作は困難
3.イヤホンでの利用では持て余すので、ヘッドホン利用の方が良いです
4.オールジャンルに向いているというより、得意不得意がハッキリしている感じの傾向がある
5.RCAで出力する時にボリュームを上げるとバチバチ音がするので、フルボリュームにする必要はない
6.端子の差し口が狭く深いため、接続できるか確認が必要
7.味付けが強過ぎるためLINE出力やイヤホン、ヘッドホン接続する時は、そちらの傾向まで強く影響するため、相性によってはバランスが崩れることもある強さなので、組み合わせには注意が必要
8.エネルギッシュな感じなので、イヤホンやヘッドホンもそういう傾向が強いと聞き疲れするほどの濃さになる可能性もあります

【据え置きとしての評価】
1.ポータブルアンプですが据え置きと比較しても見劣りはしないレベル(約15万位のイメージ)
2.設定を記憶しないので、音量調整は初期設定に合うようにアンプ側を調整した方が便利
3.ヘッドホン出力が良いため、据え置きのヘッドホンアンプと比較しても実力は十分あります
4.色付けが強いためアンプの傾向まで影響するので、組み合わせには注意が必要、相性は発生しやすい
5.RCA出力の時にボリュームを上げるとバチバチ音がするので、フルボリュームにすると危険。そこまで上げなくても十分です
6.バッテリー駆動のため充電回数を減らすためには、常時電源を接続せずに利用した方が良いでしょう。利用頻度が少ないなら、数回毎の充電で済むでしょう。
7.コンパクトなシステムを作るには最適。大きさが全てではないと思わせてくれる機種です

【ポータブルとしての評価】
1.スマホやiphone、数万円程度のDAPとは比較にならないレベルです
2.イヤホンで利用するには明らかにオーバースペックです。持て余している感じがするので、あまり快適とは言えないかも
3.ヘッドホン利用で実力相応という感じだが、ポータブル用途のヘッドホンはそこまで駆動力が入らないので微妙か
4.ポータブルとしての実力は高いけど、合うジャンルは片寄るので注意が必要
5.組み合わせるイヤホン、ヘッドホンは相性が出やすいので注意が必要

【AK240との比較】
1.ポータブル最高峰として比較されやすいが、音質的にはHUGOの方が上質
2.AK240はバランス接続時は音場が広めですが、そこと比較するとHUGOは狭いです
3.AK240とは個性が大分違うので比較はあまり意味がないかと思います。AKシリーズを数機種使ってきた人にはHUGOぱ濃すぎると感じるかなと思います
4.AK240はイヤホン利用前提、HUGOはヘッドホン利用前提。勝負する土台が違う気がします
5.AK240は据え置きと比較すると、力不足は感じるが、HUGOはいい勝負をしそうです
6.AK240は比較的どんなジャンルも使えるが、HUGOは得意不得意がハッキリする感じがします

【総評】
mojoが比較的手を出しやすい価格のため、人気がありますが、イヤホン環境ではHUGOとの差を感じにくい部分もありますが、300Ωとかの鳴らしにくいヘッドホンを利用すると差が分かりやすいですね。音色の違いはギラギラしてるHUGOに比べるとやや大人しめになってますね。
ヘッドホンを利用する人にはある意味終着点になりえるアンプですね。駆動力、音質などには問題はありません。LINE OUTも据え置き用途で利用できるレベルです。
ただし味付けが強いため、全てのジャンルに合う感じではありませんね。ゆったりした感じの音ではないので、そう言った物を求める人には合わないでしょう。LINE OUTも味付けが強いのでプリメインアンプなどの個性を打ち消す可能性もあります。相性は比較的出やすいので考慮は必要でしょうね。
HUGO TTも利用していましたが、ヘッドホンメインであるならHUGOで十分です。ヘッドホンアンプも強化されていますが、そこよりLINE OUTの方が強化されています。少なくてもLINE OUTを活かせるスピーカー環境がない人にはオーバースペックです。

参考になった16人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

458 イタリアさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
23件
エアコン・クーラー
0件
7件
プリメインアンプ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性3
機能性4

どうか、電源を入れた時に、毎回ボタンを押さなくても 設定が変わらず音がでるように鳴って欲しい

不満とすればその程度で

音質の向上等に大変満足しております。

価格以上の価値がある製品だと思います。


競合の中でもずば抜けた安定性とシンプルさ

デザインもかっこ良いと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン3
音質5
操作性1
機能性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ひと目でCHORDと分かるデザイン

オリジナルアルD/A変換ゴリズムを収めたFPGA

基盤に印字された「CHORD」もカッコイイ!

   

端子部(USB端子は反対側に搭載)

   

メーカーからサンプル機(プレス用)をお借りしてのレビューです。

【デザイン】
重厚な金属製の筐体、内部のチップや基盤が見える覗き窓など、CHORDらしい要素を持っていますが、成型の精度や仕上げは今ひとつで、ボタン、スイッチ、端子といったパーツからチープな印象を受けます。
光デジタル入力とヘッドホン端子(3.5φ)が奥まった場所にあり、プラグが太めのケーブルを接続できないのも注意が必要です。

【音質】
AK300の光デジタル出力を用い、SHURE SRH1840を組み合わせて試聴しました。
デジタル臭の無い滑らかさに驚きました。
汎用DACチップを用いず、独自のアルゴリズムを用いているのが本機の特徴ですが、一般的なDACチップでオーバーサンプリングした時に問題とされるリンギングやエコーを感じさせず、アナログライクで生々しさも圧倒的です。この特性は、倍音の響きの美しさにも存分に現れます。
音質云々以前に、音にストレスが無い・・・。音質傾向には皆さんそれぞれ好みがあると思いますので、高音質か否かの意見は一致しないと思いますが、「音のストレス」に注意して試聴されると、本機の良さが理解できると思います。

DSDはPC(SSD搭載のVAIO)、ケーブルはSUPRA USB 2.0 Mini Bを用いて試聴しました。
ファイルはマイケルジャクソンのBilly Jean(2.8MHz)で、S/Nが高く情報量の多さは申し分ありませんが、シャキッと元気な印象です。ユーザーによって、評価は二分しそうです。


【操作性】
ボタンやLEDに表示がなく、慣れるまで時間が掛かります。
民生用としては失格ですが、マニアにはこれくらい無骨な方が好まれるかもしれません。

【機能性】
入力はUSB、光デジタル、同軸デジタルのほか、Bluetoothにも対応しています。
デジタル入力時はLEDの色でフォーマットが確認でき、出力側の設定ミスなども容易に判別できて便利です。
出力はステレオミニ(3.5mm)が2つ、ステレオヘッドホン標準(6.3mm)が1つ、RCAステレオが1組と豊富で、ポータブルにも据置にも利用できます。

【総評】
外観は「粗い手作り風」を感じさせる無骨なものですが、CHORD独自のアルゴリズムによるD/A変換は他社製品にない特長です。
ストレスを感じず生々しい音色は特筆に値し、この点が気に入られた方なら、価格相応以上の価値を感じられると思います。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

P.T.さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
17件
イヤホン・ヘッドホン
0件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

・Mojoが思いのほかよかったので、ヘッドホン用としてこちらも購入しました。
 あわせて、HUGO用ミュージックプレーヤーとして、DP-X1も買い足し(結果は、別途DP-X1のレビューに書きます)。

・デザイン、操作性、音の特長等は出尽くした感がありますので、適した用途と残念な点、総評に絞って書きます。

【音質】
・よい。HD800で聴くと、P1−uとほぼ互角と思った。Mojo対比では、透明感に加え、HUGOは元気もある。人それぞれだと思うが、ヘッドホンとの組み合わせではこちらの方が好き。

【機能性】
・パソコンとUSBケーブルをつなぐだけで(ドライバは別途インストール)、高品質の音が聴ける。
 − Lavie Direct HZとの組み合わせでは、HUGO付属の安物?USBケーブルで何の問題もありませんでした。DDCもかましていません。←ケーブルを変えると、やはり音が変わります。訂正します。

・B&W D805の直接ドライブを試すと、結構高音質。音量もとれる。
 − すでにPhilwebで報告されているレビューと同じ感想を持ちました。通常はこれで十分な気がします。
 − 一方で、「ATCのスピーカーの直接ドライブを試した結果では、満足できる再生となりませんでした」との報告もいただきました。8Ω(開発者によれば、低いインピーダンスは不可)、88db(能率が高くないと音量がとれない)がスピーカーを鳴らす場合のしきい値のようです。
 ー 今まで、高価なUSBケーブル、DDC、アンプやヘッドホンアンプ用電源ケーブル、電源などを試していい音に追い込んできたことが嘘のようです。←やや大げさな評価でした。

(欠点)
・能力比結構軽量なので、長期出張や旅行の際は積極的に持ち出したいが、モバイルバッテリーでは充電不可(専用ACアダプタ必須)。
 ー ACアダプタが軽量なのは救いです。

・前回のボリュームを記憶しない(Mojoは記憶するのに・・・)。

・Mojoと異なり、入力自動認識ではなく、手動切り替え。しかも入力状態を示すLEDの色が微妙に判別しにくい。

・高音質ストリーミング再生(Tidal)の用途には、素のAndroid機(DP-X1)よりもiOSまたはソニー・ZX1・ZX2(デジタル出力可)との組合せの方が優れています(DP-X1のストリーミング再生でもHUGO・Mojoで音は出せますが、48kHz出力になるせいか、音質的に今一つ)。結局、パソコンとの組み合わせが一番楽で音質も問題なし。

・他のDAPと組み合わせて使う場合、上面にLEDがあるのは邪魔。

【総評】
・書斎の机の上に置いて、ヘッドホン(HD800)とスピーカー(B&W D805)用に使 っています。HD800は短いケーブルにリケーブルしました。机周りがすっきりし、 音質も満足。

・上記であげた欠点は些細なことであり、総合評価としては、大満足です
(Daveにも興味が沸いてきました。買わない<買えない>と思いますが・・・)。

【再レビュー】
・上で安物?USBケーブルでいい音、と書きましたが、USBケーブルを変えると、順当によい音になりました。まだ実力を発揮させてあげてないのかも知れません。

・スピーカーで音量とれるのは、MOJOも一緒でした。絶対無理と思っていましたので、これにはびっくりでした!
・ただし、HUGOにしても、MOJOにしても、B&W 805Dの特長である、高音はどこまでも伸び、全音域で力強い音、という訳にはいきません。「さすが、805D」と感心する部分もありますが、高音が詰まり気味で、あまり面白くありません。805Dを鳴らすのにHUGO、MOJOで済ます、というのは、ちょっともったいないかも知れません。

・なお、スピーカーを鳴らす実験は、市販のピンプラグ出しのスピーカーケーブル(JVCケンウッド ビクター ピンプラグ-先バラ 2本1組 CN-158A)を使いました。これではあんまりですので、ベルデンのスピーカーケーブルを使ってピンプラグ出しのスピーカーケーブルを製作してくれるネットショップを探して、HUGOと805をつなぐケーブルの作成を依頼したところ、「HUGOはヘッドホンアンプです。B&W805Dを鳴らすためには、別途アンプをご準備ください」という返信が返ってきました。「HUGOの実力、分かってないなあ」という気持ち半分、「まあ、その通りかもね」という気持ち半分で、「それでもいいから、作ってね」という交渉はしないで済ませています。

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うにゃにゃ!!さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
ホームシアター スピーカー
2件
0件
プリメインアンプ
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質2
操作性2
機能性2

【デザイン】
Chord独特の高い質感を感じさせます。覗き窓から見えるLEDや基板の景色は秀逸ですがオーディオラックに入れると全然見えないのが残念です。
【音質】
据置DACとして使用しましたが、音場が狭い、低音の線が細い、音がスピーカーに張り付くなど楽しめませんでした。
ヘッドフォンアンプとしてP7で聞いた際は、丁寧で活気があるかなと若干感じました。
全般的に私には合いませんでした。
【操作性】
音質が私に合っていれば大目にみるレベルなのですが、良くはないですね。
USB端子とか光ケーブル端子のカチッと感が無いですね。
【機能性】
据え置き用としてもポタアンとしても中途半端な大きさですね。
できればリモコンも欲しかった。
【総評】
期待しすぎました。コスパは悪いです。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

HD800を鳴らしこみたいさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
23件
8件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
10件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性1
機能性2

使用ヘッドフォン、HD800
比較DACアンプ、マランツHDDAC1

聴感上の解像度は巷で言われるほどとくに良くはない。
オーバーサンプリングされているからなのかどうかよくわからないが、
ピアノのグリッサンドのうねる時のうなり、輝きなどがうまく表現できない。音がのっぺり平坦で曇って丸い感じ。
高音が丸い。少しにじんだ感じもする。シンバルなどの鮮烈な感じがあまり表現できない。いろいろなジャンルの音楽でも同じ傾向。
オーケストラのフォルテがダイナミックレンジが狭い感じで胸にさし迫る感じの迫力がない。HiFiな感じがあまりしない。
ただすごく滑らかではあるので、滑らかな音が好きなひとは好む音かもしれない。
滑らかで確かに聴き疲れはしないが、なにを聴いてものっぺりしている。ヘッドフォンを大きめの音で聴くひとには向いているかもしれない。
安いマランツのHDDAC1のほうが音場が広く生々しさをよく表現できている。ここは、おそらく小学生とかでも分かる大きな差がある。
持っている方によるとmojoはhugoより音質でレンジ感などで一段劣るといわれているが、私はまだ比較試聴してないのでなんともいえない。
このDACアンプは巷ですこし過剰評価されているかもしれない、値段ほどの価値はないかもしれない。

追記

その後HD800以外の組み合わせを色々試してみました。
どうやらHD800と内蔵ヘッドフォンアンプの組み合わせがよくないんじゃないかと気がつきました。
内蔵アンプとHD800の組み合わせるはわずかにギラつきます。しかたなく外部アンプをつないで使う人が多いようです。
他のヘッドフォンですと上に書いたほど悪くないか、若しくはかなり良いことに気がつきました。
スタックスと組み合わせるのも滑らかさが最高にちょうどよくなることもわかりました。組み合わせによって全く評価が変わってしまうようです。
ちなみにmojoも試してみましたが、やはり噂どおりレンジが狭くてhi-fi感、空気感がありませんでした。誇張して書くとこもる感じですかね。
5〜10万円以上のヘッドフォンやスピーカーを使われる方がmojoではなくて無理してもhugoを使われることをお勧めします。

参考になった17人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のっこふさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
75件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
14件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性5
   

   

【デザイン】
一目で分かるCHORDらしいデザインですね
表面の質感とLEDもなかなかいい感じです

【音質】
分離が良くて解像度が高くあらゆる音が鮮明に描き出されるが丸めの音でキツさは感じにくいです
出音はフラットで繊細だがパワーがあり、中域はCHORDらしい独特な表現力の高さがあります
イヤホンよりはヘッドホンで聴いた方が相性は良いと思いますね

【操作性】
ボリュームが記憶されないのは面倒ですが慣れてしまえば気にするほどではないですね
入力の切り替えはどれがどの色か分かりませんね(笑)

【機能性】
デジタル入力が豊富でほぼどんなものとは繋げるので便利です
RCA出力もあるので据え置き機材とも簡単に使えます

【総評】
1年ほど使いましたがポタアンでは今でもこれを越えるものは見つかっていないです
MojoがHugoとほぼ同等だという意見も多く見かけますが一聴して分かるほどのクオリティーの差がやはりあると思います
具体的には高音の伸び、空間の広さ、音の制動性、フラットな音作りという点でHugoが明らかに上回ります(Mojoは狭い空間の中で低音が出すぎて高音がややマスクされるような印象があります)

あとは最近色々なところでスピーカーを試聴する際にHugoをDACとして使ってみているのですがDAC性能が凄まじく高いです
20万の据え置き機器でこのレベルの音が出せるものってほとんどないと思います
サイズが小さいのでさすがにスケール感は出にくいのですが、情報量と音の緻密さ、低域の解像度などは非常に優秀です

ポータブルアンプとしてはもちろん、DAC部が良くできているので据え置きを検討している方にも是非とも試して頂きたいです

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マジックパイさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性1
機能性3

単体DACとしての評価になります。

1、サウンド

モニター調のかっちりした音をオーディオ風にアレンジしたサウンドという評価がありますが、
自分も同意します。
音場感は若干小さくなりますが、実にパワフルな鳴り方をします。
楽器の音がそれぞれ軟式野球ボールのようなしっかりした弾力をもっています。
そのため音楽のリズムが非常にダイナミックに聞こえます。
音像型のスピーカーとベストマッチすると思います。
また、システム全体の音場が広すぎて楽器の存在感が薄すぎると感じる人にもいいかもしれません。

2、操作性

電源をオンオフするのがイライラする。
スイッチが深い溝の中にあって指先が届かん!切り替えにくい!
横着すると本体ごとつるつる滑るし、結局本体を片手でもって電源を入れてます。
あと、自分のマザーボードと相性が悪いのか
パソコンの電源をオフにした後にhugoの電源をオフにするとなぜかパソコンが起動します。。

3、アダプターをつけて使用したらダメ?

アダプターつけたまま使用してたら本体が異常なくらい発熱していました。
たぶん、バッテリーの寿命を縮めるので外す必要がある。
これもめんどくさいけど、バッテリーの存在はノイズレスなサウンドに寄与してる気もします。

4、持ち運びできるので視聴で役に立った

iphoneと一緒に持って行きゃパソコンも必要ありません。
おかげでベストマッチなアンプを探すことができました。
オーディオ機器は質よりもバランスと相性が重要なのでメリットだと思います。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shakkoさん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:143人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
16件
17件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
5件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

iPad,iPod用DACとしてAlgorysmSoloから始まり、
いくつかポータブルDACを購入してきましたが、
とうとう気が触れてしまい、物欲に負けてこいつを購入。
筐体色は無論、黒、ついでに買ったレザーケースも黒。

当方、ライブラリはALACで組んでいるものが多く(数万曲程度)、
ハイレゾ用でクリプトンからDLしたFLACファイルが2割程度と
高レートのファイルはそんなに多くはありません。
ですが、ONKYO HF Playerやradius NE Playerを使い、
ALACをアプコンにて利用しています。

利用環境ですがiデバイスから当DACへの接続は
カメラコネクションキットで行っています。
ヘッドホンはScosche REALM RH1056およびRH1060をメインに、
イヤホンはクリプッシュのX11やAstrotecAX-60など、
余り高価なものは使用していません。

ゾネホンのロメオやゼンハイザーIE800とかあるにはあるのですが、
ゾネホンは高価すぎ持ち歩きが不安な為、在宅用として、
IE800はイヤーチップがしくっりこなくて今の所お蔵入りさせています。
IE800もダブルフランジのものがつけば使えるんですがね。
私的には持ち歩きがメインの利用方法なので。

それでもミドルレンジのヘッドホンイヤホンで
十二分な性能を得る事ができており、非常に満足しています。
つい最近まで使用していた初代AlgorysmSoloやSU-AX7に比べ
音色に変な色付けがなく、
墨を落としたように真っ暗な背景はさすがとしか言いようがない。

曽根麻矢子さんのゴールドベルクの曲集を試聴に良く使うのですが、
その解像度の高さで演奏者の息遣いと鍵盤から引っ掻くような
クラブサン独特の音もしっかり聞こえて来る様な気がして、
その臨場感のある音にちょっとびっくり。
今までの使っていたDACに比べてモヤが掛かっていない事に気付かされるんですよね。

後はDSD音源を手に入れてみたい気もするんですが、ちょっと難儀ですね。
dBpoweramp CD Ripperなどを使い、
2000枚程度あるCDをハイレゾ化するのも手間がかかります。
今の所はソフトでのアプコンか、
ぼちぼち買ってDLするかで使っていこうと思っています。

そう言えば、購入者はシリアルを登録することで
タイムロードからのサービスが受けられるとあり、登録したのですが、
今だ連絡が無いのは何故なんだろう??

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

うらなり先生さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
13件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性2
機能性5

高い、でかい、起動するたびに入力情報を設定し直さなきゃならない
後ろ入力前出力でカバンの中の取り回しがめんどくさい
などなどの不満点はありますが
それらを軽く吹き飛ばしてしまう圧倒的な音質は圧巻の一言です
文章で書くよりまず聴いた方がいいです
まずは聴きましょう
聴いているうちにこのデカブツをどうやって持ち運ぼうかな?どうやって金を工面しようかな?と思案している事でしょう
バランス接続できない?
アンバランスでも圧倒的解像度とドライブ感を誇るこのhugoの前にそのような物は意味をなさないです
一切のノイズがなくどんなに音量を上げても決して破綻することがない澄み切った音質
気が付いたら爆音だったなんてことはザラの
聞き心地の良さ
もはや、後戻りはできないです
あと、iPhoneだとBluetoothがかなりシャリシャリになってしまったのが残念
聴けなくはないけどやはり有線に限りますね
ケーブルが邪魔な通勤や電車の中ではアリかもしれないが
本来のポテンシャルの30%くらいしか発揮できないのが残念でなりません

追記
Bluetoothを活用するためだけにapt-xに対応しているウォークマンを買ってしまいました
これはもはや有線と同じです
驚きました
外出時はウォークマンで決まりです
ソニー等他社のポタアンの大半は後ろにUSB入力が付いててカバンに入れる事を全然考慮してないとしか思えないものばかり
hugoはBluetoothで音質をある程度維持しつつ、ケーブル自体を不要のものとしました
他社も、見習いましょう






参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

KURO大好きさん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:705人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
31件
1079件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
515件
ヘッドホンアンプ・DAC
9件
333件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性1
機能性5

【デザイン】
質感の高い外装と個性的なデザイン。
派手な蛍光スイッチや大きめなロゴなどは好みが別れるでしょうね。
窓から内部の基盤を覗けてFPGAが確認出来るのは良いですね。

【音質】
音の分離が素晴らしく、クリアでソリッドな音質です。
解像度はひたすら高く、ダイナミックレンジやSN比の広さはトップクラスのサウンド。
それでいて音は滑らかなので、ヘッドホン、イヤホンには最適な音作りだと思います。
色付けの少ないサウンドなので、高性能なヘッドホン、イヤホンの使い分けをするユーザーには最適です。
このように、DACに求められる最適な音作りがされていて、DACとしての素性の良さを生かすためにアンプとしてもひたすら無個性です。
ライン出力が可能なので別途アンプを用意することで、好みのサウンドに味付けも可能です。
私は真空管を使用したTRX-HD82をヘッドホンアンプに使用していることもあり、こちらは温かみのあるサウンドで、音色の違いを楽しんでいます。

Hugoの特徴はDACとして汎用チップを採用していないことです。
FPGAにSpartan6を使用することで、2048fsのオーバーサンプリングを行い、高性能なノイズシェーバーを使用することでジッターフリーな信号を得ることで、非常に高度なDA変換を行っています。
さらにFPGAでアナログ回路を構成することで、非常にシンプルなディスクリートによるA級動作のアンプ
を実現しています。
このように、デジタル回路では大規模な構成とし、アナログ回路はひたすらシンプルな構成とすることで、クリアでノイズレスなサウンドを実現しています。
DACにFPGAを利用しているモデルは高級機ばかりで、この価格帯で実現しているのが素晴らしいです。


【操作性】
操作性は、はっきり言って悪いです。

電源スイッチの操作性
ボリュームスイッチの扱い
設定ボタンの役割分担の不明瞭さ
電源をオフにすると設定がリセットされること
ライン入力の設定が面倒なこと

まるで技術検証用の試作機並みの操作性です。


【機能性】
DSD128まで対応していますので、DACとして必要な機能は全て備えられています。
初期ロットでの問題は解消されて、ポータブルでも端子類は非常に豊富で満足出来ます。

願わくば、ファームアップで最近話題のDSD256音源まで対応して頂ければ嬉しいですね。


【総評】
据え置き用として購入しましたが、他にも休日のカフェでの利用、ヘッドホン、イヤホンの試聴用に利用中です。

PCからのUSB出力よりもスマートホンからHF Player
でUSB出力した音が好印象です。
電源使用量が多いPCはノイズの発生源であります。
スマートホンは高性能で省電力なので、デジタル出力用の再生機としては優れています。
SIMは入れず無線LANもOFFで通信関係は使用せずに機内モードで、音楽再生専用機として使用中です。
室内でもコンセントフリーで利用出来るのでとても便利です。

HF PlayerはDSDアップコンバート機能が搭載されていますので、そちらを積極的に利用中です。
個人的には解像度を落とさずに音の厚みが増しアナログ的な音質が得られますので、こちらが好みです。

HugoはDSD→PCM変換を行っており、再生機側でDSD変換するメリットは少ないです。
さらに内部的には2048fsのアップサンプリングも行っていますので、再生機側ではシンプルに出力しても全く問題ありません。
好みに合わせて利用可能です。

ヘッドホンはHD800、HD600、ESW10JPN、イヤホンはK10などカスタムIEMを中心に利用中です。

USB DAC&HPA入門機としてnano iDSD、nano iCANを利用していましたが、HD800導入を機会に上流環境の整備を検討していました。
バランス出力を視野に入れて、HDVD800を検討しましたが、DAC性能に不満があり、ES9018搭載DAC等、ハーフサイズのDACを色々検討していました。
しかしながら、予算30万円台ではHugoを超える組み合わせは見つけられそうにありませんでしたので、先ずは暖色系のHPAとしてTRX-HD82を購入し、値上げ前のセールにてHugoを購入しました。

Hugoがポータブルである理由は、

FPGAによるシンプルな回路構成であること
省電力であるために特別な放熱が必要無いこと
バッテリーを内蔵出来たことで電源回路がシンプルなこと

などです。

上位機種として、バランス回路を搭載したHugoTTが発売されました。
大規模なアナログ回路を搭載したので、高価で大型化しましたが、バリエーションが増えるのは良いことです。

このようにHugoは、ノイズ源を排除し、FPGAを採用することにより高性能でジッターフリーの回路を実現することで、据え置きのDAC&HPAを超える性能を実現しています。
好みの音質はそれぞれですが、ポータブルだという先入観を捨てて、音質の良さを実感して頂きたい機種です。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マイティ.ウイングさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:156人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
16件
47件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
32件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
28件
もっと見る
満足度1
デザイン2
音質4
操作性3
機能性3

【デザイン】あんまり格好良いデザインでは有りません。ネットの写真通りです。重量332gも有り、ポタアンとしてはデカいです。

【音質】解像度が高く、ソリッドな感じの音質です。その点はPHA−3に良く似ていますね。
PHA−3との比較になりますが、バランス接続出来ない機種なので、DSD5.6MHzをiPhone6、カメラコネクションキッド、USBケーブルで再生しても、音がゴワついて音源を活かせません。iPhone6、カメラコネクションキッド、USBケーブル、PHA−3、キンバーのバランスケーブル、mdr-z7ならDSD5.6MHzが活かせ素晴らしい音で音楽鑑賞が出来ますが。
ケーブル、ヘッドフォン等のポータブル環境でトータルプロデュースし、設計するSONYには到底敵いませんね。
入力端子は多く据え置きとしても使えますが、ベイヤーT1を余裕でドライブさせるアンプではないので、価格がかなり割高で、値段に全然見合っていません。
バランス接続にも非対応なので実売、9万円程度のポタアンだと個人的には思います。
屋外使用でこんなに出力の高いヘッドフォンをドライブさせる事は、まず有りませんからね。
【操作性】入力端子の多さ。変換プラグを使用しなくても良いので、その分ロスはないですかね。AKG Q701、k702、k712くらいはドライブ出来ますね。

【機能性】Bluetooth、ハイレゾ、DSD対応

【総評】タイトル通り、値段ほどの価値はまったく有りません。
このポタアンは、アンバランスのベイヤーT1以外のヘッドフォンを使用する人で、据え置き型のアンプを置く場所がない人に向いているポタアンだと思います。
金銭的にも余裕の有る人で。
このポタアンがこんなに好評価されているのが信じられません。
高額なので、高級品プラシーボ効果にかかっているのでしょうか。
冷静に製品の目利きがきく人は、20万円越えの贅沢なオモチャなんて酷評される人もいらっしゃいますね。
これを購入するのでしたら今だったら、PHA−3とマランツ HD DAC1等の複合機とOPPO HA-2を購入して、屋外、屋内、アンバランス、バランス接続と使い分けた方がよっぽどマシです。
自分的には、オーディオは高ければ良いのではないと思い知らされた一品となりました。
高い勉強料でした。又、オーディオ機器は後発で値段に見合った物が特にアンプとかは出てくるので、焦って高額の新製品に手を出さない方が無難です。
Hugoが、PHAー3と同じ価格でも、音は変わらないか、使用するヘッドフォンによってはPHA−3の方が音が良いので、PHA−3を購入しますね。バランス対応で、実用性も高いし、300gでちょっと軽いし、側面が流線型で持ちやすいし。
後発のハイレゾ、DSD対応の機種なので仕方ないとは思いますが。
ポタアンならPHAー3をお薦めします。

軽さ、取り回しの良さなら、OPPO HA-2ですかね。使用するイアホンはオーテク CKR9LTDとかse846、EX1000、IE800の様な比較的、音場の広いイアホンの方がHA-2には合うと思いますが。HA-2は、空間表現力の高いポタアンでは無いので。

後、据え置きは据え置きで分けて考えた方が良いと思います。使用するヘッドフォンによって選ぶアンプも違ってくるでしょうから。

参考になった21人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

niffyさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
レンズ
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン2
音質5
操作性1
機能性2

Chord Hugo

HugoとHD800

HugoとiPhone6 Plus(表)

HugoとiPhone6 Plus(裏)

ハイレゾ再生時は青色に光る

(参考)Hugoとmicro iDSD

ポータブル用途として評価します。

【視聴環境】
・PC(foobar2000)→(USB)→Hugo→HD800
・iPhone6 Plus(HF Player)→(CCK)→Hugo→EX1000等

【デザイン】
1.Chord社製品の購入は初めてで、どうもこの光り輝くLEDは同社のトレードマークのようですが、外で使うと目立ちすぎる。
2.スマフォ・DAP等と組み合わせて使うと中途半端な大きさとなり持ちにくい。片手での操作も難しい。縦長にするなど今時のスマフォ・DAP等にある程度合わせた方が良いと思う。
3.アルミ削りだしのボディは質感が良い。

【音質】
1.S/Nが非常に良い。ノイズが全く乗らない。
2.音は極めてクリア。無色透明。
3.音場はやや狭い。ただしソースによる。
4.解像度は非常に高い。128kbpsのMP3とか聞くと別物になる。

【操作性】
1.上部にあるボリュームは非常に使いにくい。しかもボリューム表面はツルツル滑るので操作しずらい。
2.電源スイッチが小さすぎる。しかもmicroUSB端子のすぐ横にあるので非常に操作しずらい。
3.電源OFFでボリュームや入力切替の設定がリセットされるため、再設定が煩わしい。
4.トスリンクの建付けが悪い。光ケーブルを引き千切るくらいの力を入れないと抜けない。
5.ステレオミニジャクの彫りが深く、一部のヘッドフォン端子が挿さらない。
6.入力切替のスイッチが、ケーブル配線等で密集しているUSB端子側にあるため、非常に押しにくい。純正のレザーケースを装着すると電源スイッチもろとも覆い被さるため操作できなくなる。
7.入力切替がLEDの色で表示されるが、これが分かりにくい。
8.microUSB端子が貧相すぎる。添付のmicroUSBケーブルを挿しても半分ほどしか挿さらないため強度的に不安を感じ、ケーブルのテンションに気を使ってしまう。実際、USBケーブルに触れると接続が切れる場合がある。USB-Bメスか、micro iDSDのようなカメラアダプタが直挿しできる形状にしてほしい。

【機能性】
1.PCM384kHz/32bit、DSD128/1bit対応、同軸・光入力等、およそハイエンドと言える必要最低限の機能は実装している。
2.Bluetoothは、Hugoの操作性の悪さを考慮するとベストな機能と言えるが、音途切れが発生する。
3.バランス駆動を実装してほしい。
4.SD USB端子は不要では?

【総評】
一応ポタアンに分類されているのでその視点で評価していますが、正直、ポータビリティとか全く考慮されてないのでは?と思えるほど使い勝手の悪いものでした。しかし、それでも星5つ付けざるを得ないほど音質が素晴らしい。音に全てをつぎ込んで、その他の事は完全に置き去りにされたような極端なモデルです。外で最高の音を聴きたい、据置きを整理して家でも外でもいい音を聴きたいという方には、現状では唯一無二の選択ではないでしょうか。不満は多々ありますが、ポタアンのレベルをリファレンス級まで引き上げたことについては大きく評価したいと思います。

同社のデザインもあり難しいかもしれませんが、次期モデルは、スイッチ付ボリュームとか入力セレクタの実装などマンマシンインタフェースを検討して頂きたいと思います。この音質に使い勝手がプラスされれば、その他のポタアンは不要になるかもしれません。

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

レスポンスの悪いウーファさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
17件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4
   

CD3000とHugo

   

【デザイン】 個人的には好きなデザインです。

【音質】正直ポタアンでここまでの音が出てくるとは思っていなかったです(良い意味で)

【操作性】特に不満はありませんが電源スイッチが小さいのが悔やまれる

【機能性】基本的な入出力はあるので、ただ使えないケーブルとかがある(物理的大きさの問題)

【総評】他のレビューでも言われてますが、電源を切ると設定等がリセットされるのが難点です。

このHugoを使うまではSONY社のPHA-2を使用しておりました、特に不満があった訳ではなかったのですが最近各社から個性的なポタアンが出ているので視聴をしていたのがきっかけでこのHugoを知りました。

ポタアンと言うとよくあるのが高インピーダンスのヘッドホンをつなげると低域がスカスカになって高域が暴れる事があります実際PHA-2でもありました、ただこのHugoに関してはそういったことがありませんでした。
現在はHugoにMDR-CD3000をつなげて聴いています、自分のは初期ロットのCD3000なので軽く20年を超えているものです(汗)
さすがにドライバーもへたっているはずなのですが前に使ってたPHA-2よりもより鮮明になり音場がさらに広がりました正直ここまで良くなった事に驚いています。
本来であればHD800用にP-700uを買う予定でしたが後悔はしていません(笑)

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こでぶじさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
イヤホン・ヘッドホン
0件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

これまで、SONY PHA-1の購入から10台以上のポタアンを購入してきました。
それぞれに音質や特徴がありましたがすべてを兼ね備え、すべてにおいて最高のポタアンがこれと言っていいでしょう。
現在主に、ifi nano iDSD,pioneer XPA700,ALO audio Mk3-B+ とこの1台になりました。
使用するプレイヤーによっても使い分けますが、AK240を接続する場合はHugoかALOがよく音が出ています。
iphone6+を使用する場合は、これまたHugoかifi nano IDSD。
walking時は、pioneer XPA700ですね。ただし、この機器は音全体はフラットで癖無く、音もよく出ていますがハイレゾ再生時には電池の持ちがものすごく悪いのが欠点ですね。
いろいろなシーンで使い分けますが、いずれにしてもHugoが究極の1台です。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Hugo BL [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Hugo BL [ブラック]
Chord Electronics

Hugo BL [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月下旬

Hugo BL [ブラック]をお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意